2021-141M 「竜とそばかすの姫」☆☆☆★

Sryutosobakasunohime邦題:竜とそばかすの姫
時間:121分
公開:2021-07-16
製作年度:2021
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:
監督:細田守
脚本:細田守
原作:細田守
撮影:
音楽:岩崎太整 ルドウィグ・フォシェル 坂東祐大
出演:中村佳穂(すず/ベル)、成田凌(しのぶくん(久武忍))、染谷将太(カミシン(千頭慎次郎))、玉城ティナ(ルカちゃん(渡辺瑠果))、幾田りら(ヒロちゃん(別役弘香))、森川智之(ジャスティン)、津田健次郎(イェリネク)、小山茉美(スワン)、宮野真守(ひとかわむい太郎/ぐっとこらえ丸)、森山良子(吉谷さん)、清水ミチコ(喜多さん)、坂本冬美(奥本さん)、岩崎良美(中井さん)、中尾幸世(畑中さん)

「サマーウォーズ」「未来のミライ」の細田守監督が、超巨大インターネット空間の仮想世界を舞台に少女の成長を描いたオリジナル長編アニメーション。高知県の自然豊かな田舎町。17歳の女子高生すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と2人で暮らしている。母と一緒に歌うことが大好きだった彼女は、母の死をきっかけに歌うことができなくなり、現実の世界に心を閉ざすようになっていた。ある日、友人に誘われ全世界で50億人以上が集う仮想世界「U(ユー)」に参加することになったすずは、「ベル」というアバターで「U」の世界に足を踏み入れる。仮想世界では自然と歌うことができ、自作の歌を披露するうちにベルは世界中から注目される存在となっていく。そんな彼女の前に、 「U」の世界で恐れられている竜の姿をした謎の存在が現れる。主人公すず/ベル役はシンガーソングライターとして活動する中村佳穂が務め、劇中歌の歌唱や一部作詞等も務めた。謎の存在「竜」の声は佐藤健が務めた。ベルのデザインを「アナと雪の女王」のジン・キムが担当するなど、海外のクリエイターも参加している。

 

| | コメント (0)

2021-132M 「都会(まち)のトム&ソーヤ」☆☆★★★

Stomusoya邦題:都会(まち)のトム&ソーヤ
時間:104分
公開:2021-07-30
製作年度:2021
製作国:日本
配給:イオンエンターテイメント
製作総指揮:
製作:
監督:河合勇人
脚本:徳尾浩司
原作:はやみねかおる
撮影:一坪悠介
音楽:日向萌
出演:城桧吏(内藤内人)、酒井大地(竜王創也)、豊嶋花(堀越美晴)、渡邉心結(真田志穂)、山下森羅(東川綾子)、吉原徠地(西本健一)、りきまる(西沢達夫)、田村飛呂人(幕井涼太)

はやみねかおるの人気児童推理小説シリーズを映画化。勉強も運動もごく平凡な中学生の内藤内人は、ある日の下校途中、学校一の秀才で大企業の御曹司・竜王創也がひそかにゲーム作りをしてる秘密基地に潜り込んでしまう。そこで正体不明のゲームクリエイター集団「栗井栄太」が新作ゲームのテストプレイヤーを募集しているということを知った内人は、創也とともに、街中を舞台にした新作リアルRPG「エリアZ」に挑むことになるが……。内人役を「万引き家族」「約束のネバーランド」の城桧吏、創也役を本作で映画デビューする酒井大地が演じる。そのほか、創也に思いを寄せる同級生の堀越美晴役に多数の映画・ドラマで活躍する豊嶋花、創也のお目付け役兼ボディガードの二階堂卓也役で中川大志、ゲームクリエイター集団「栗井栄太」のメンバー役で市原隼人、本田翼、森崎ウィン、玉井詩織(ももいろクローバーZ)が共演する。監督は「かぐや様は告らせたい」シリーズの河合勇人。

| | コメント (0)

2021-109M 「るろうに剣心 最終章 The Beginning」☆☆☆★

Sruroubigning邦題:るろうに剣心 最終章 The Beginning
時間:137分
公開:2021-06-04
製作年度:2021
製作国:日本
配給:ワーナーブラザーズ
製作総指揮:
製作:高橋雅美 池田宏之 千葉伸大 瓶子吉久 森田圭 田中祐介
監督:大友啓史
脚本:大友啓史
原作:和月伸宏
撮影:石坂拓郎
音楽:佐藤直紀
出演:佐藤健(緋村剣心)、武井咲(神谷薫)、新田真剣佑(雪代縁)、青木崇高(相楽左之助)、蒼井優(高荷恵)、伊勢谷友介(四乃森蒼紫)、土屋太鳳(巻町操)、三浦涼介(沢下条張)、音尾琢真(呉黒星)、窪田正孝(清里明良(回想))、渡辺大(新井青空(回想))、福山雅治(比古清十郎(回想))、神木隆之介(瀬田宗次郎)、赤間麻里子(小野花梨)、北村一輝(辰巳)、有村架純(雪代巴)、江口洋介(藤田五郎(斎藤一))

和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化し大ヒットを記録した時代劇アクション「るろうに剣心」のシリーズ完結編となる2部作の第2弾。原作では緋村剣心が過去を語る形式で物語が進む「追憶編」をベースに、剣心が不殺の誓いを立てるに至るまでの物語と、彼の頬に刻まれた十字傷の謎に迫る。剣心に復讐するべく東京を総攻撃した上海マフィアの頭目・縁との壮絶な戦い。その理由は、剣心が「人斬り抜刀斎」と恐れられていた幕末へとさかのぼり、剣心が自らの手で斬殺してしまった妻・雪代巴の存在、そして十字傷の謎へと繋がっていく。かつての剣心の妻・巴を有村架純、シリーズ史上最恐の敵となる縁を新田真剣佑がそれぞれ演じる。緋村剣心役の佐藤健、神谷薫役の武井咲、相楽左之助役の青木崇高、高荷恵役の蒼井優、斎藤一役の江口洋介らおなじみのキャストも再結集。
とりあえずこのビギニングでシリーズ冒頭に接続する。ドラクエ3のような気分。

| | コメント (0)

2021-085M 「街の上で」☆☆☆★

Smatinouede邦題:街の上で
時間:130分
公開:2021-04-09
製作年度:2019
製作国:日本
配給:「街の上で」 フィルムパートナーズ
製作総指揮:
製作:遠藤日登思 K・K・リバース 坂本麻衣
監督:今泉力哉
脚本:今泉力哉 大橋裕之
原作:
撮影:岩永洋
音楽:入江陽
出演:若葉竜也(荒川青)、穂志もえか(川瀬雪)、古川琴音(田辺冬子)、萩原みのり(高橋町子)、中田青渚(城定イハ)、成田凌

「愛がなんだ」の今泉力哉監督が、下北沢を舞台に1人の青年と4人の女性たちの出会いをオリジナル脚本で描いた恋愛群像劇。下北沢の古着屋で働く青年・荒川青は、たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったりしながら、基本的にひとりで行動している。生活圏は異常なほどに狭く、行動範囲も下北沢を出ることはない。そんな彼のもとに、自主映画への出演依頼という非日常的な出来事が舞い込む。「愛がなんだ」にも出演した若葉竜也が単独初主演を務め、「少女邂逅」の穂志もえか、「十二人の死にたい子どもたち」の古川琴音、「お嬢ちゃん」の萩原みのり、「ミスミソウ」の中田青渚が4人のヒロインを演じる。成田凌が友情出演。
下北沢!なんとも現在(いま)を描いている青春映画なのに、昭和の匂いがプンプンする。

| | コメント (0)

2021-048M 「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」☆☆☆★

Srezerohyyouketu邦題:Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆
時間:80分
公開:2019-11-08
製作年度:2019
製作国:日本
配給:角川ANIMATION
製作総指揮:
製作:
アニメーション制作:WHITE FOX
監督:渡邊政治
脚本:横谷昌宏
原作:長月達平
キャラクター原案:大塚真一郎
撮影:
音楽:末廣健一郎
出演:小林裕介(ナツキ・スバル)、高橋李依(エミリア)、内山夕実(パック)、水瀬いのり(レム)、村川梨衣(ラム)、新井里美(ベアトリス)、子安武人(ロズワール・L・メイザース)

 

長月達平の同名ライトノベルを原作とするテレビアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」の新作エピソードとなるOVA第2弾。テレビシリーズ第1期の前日譚となる物語で、ヒロインのエミリアと精霊パックが出会い、エミリアがルグニカ王国の王選に臨むまでを描く。かつて世界を滅亡の危機に追い込み、400年を過ぎた現在も人々から忌み嫌われ続けている“嫉妬の魔女”。伝説によると、彼女は紫紺の瞳を持つ銀髪のハーフエルフであったという。雪と氷に覆われたエリオール大森林に1人きりで暮らすエミリアは、嫉妬の魔女に瓜二つという理由で、人々から魔女と恐れられていた。誤解され、傷つきながらも小さな希望を持って孤独な日々を送る彼女の前に、小さな猫の姿をした精霊が現れる。
危うく世界を滅亡させかけ、400年経過しても人々から嫌われてきた“嫉妬の魔女”は、銀髪のハーフエルフで紫紺の瞳だったという。雪と氷に覆われたエリオール大森林で暮らすエミリアは、“嫉妬の魔女”に似ているという理由で、人々から恐れられている。孤独でも希望を捨てずに生きるエミリアの前に、ある日、灰色の体毛の猫の姿をした精霊が現れる。

 

| | コメント (0)

2021-047M 「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」☆☆☆

Srezeromemory邦題:Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow
時間:68分
公開:2018-10-06
製作年度:2018
製作国:日本
配給:角川ANIMATION
製作総指揮:
製作:
アニメーション制作:WHITE FOX
監督:渡邊政治
脚本:横谷昌宏
原作:長月達平
キャラクター原案:大塚真一郎
撮影:
音楽:末廣健一郎
出演:小林裕介(ナツキ・スバル)、高橋李依(エミリア)、内山夕実(パック)、水瀬いのり(レム)、村川梨衣(ラム)、新井里美(ベアトリス)、子安武人(ロズワール・L・メイザース)

 

長月達平による人気ライトノベルを原作に、異世界に迷い込んだ少年の過酷な闘いを描いたテレビアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」の新作エピソードとなるOVAを劇場上映。呪いの元凶である魔獣ウルガルムを倒し、アーラム村の子どもたちを救ったスバルたち。ようやく平穏な日常を手に入れたかに見えたが、実はスバルはある極秘ミッションに挑んでいた。ところが、変装していたにも関わらず、すぐに村の子どもたちに正体を見破られてしまう。そのミッションとは、エミリアとのデートコースの下見で……。原作者の長月がシナリオ監修を担当し、テレビ版も手がけた渡邊政治監督が引き続き監督を務めた。ナツキ・スバルたちは、呪いの元凶だった魔獣ウルガルムを倒し、アーラム村の子供たちを守り抜いた。平和な日々が訪れたかと思いきや、スバルは変装し、エミリアとのデートコースの下見をするという秘密のミッションに挑んでいた。当日は、なぜか季節外れの寒さで中止することになりました。原因は、エミリアと契約している大精霊パックの魔力が増大する発魔期となり、冷気が駄々漏れとなったためでした。そこで、スバルは、寒さで降り積もった雪を利用して近くの村人たちも呼んで雪祭りを開催することにしました。

 

| | コメント (0)

2021-036M 「ミッドナイトスワン」☆☆☆★★

Smidnightswan邦題:ミッドナイトスワン
時間:120分
公開:2020-09-25
製作年度:2020
製作国:日本
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:
監督:内田英治
脚本:内田英治
原作:
撮影:伊藤麻樹
音楽:渋谷慶一郎
出演:草なぎ剛(凪沙)、服部樹咲(桜田一果)、田中俊介(瑞貴)、吉村界人(キャンディ)、真田怜臣(アキナ)、上野鈴華(桑田りん)、佐藤江梨子(桑田真祐美)、平山祐介(桑田正二)、根岸季衣(武田和子)、水川あさみ(桜田早織)、田口トモロヲ(洋子ママ)、真飛聖(片平実花)

 

草なぎ剛演じるトランスジェンダーの主人公と親の愛情を知らない少女の擬似親子的な愛の姿を描いた、「下衆の愛」の内田英治監督オリジナル脚本によるドラマ。故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立つ、トランスジェンダーの凪沙。ある日、凪沙は養育費目当てで、少女・一果を預かることになる。常に社会の片隅に追いやられてきた凪沙、実の親の育児放棄によって孤独の中で生きてきた一果。そんな2人にかつてなかった感情が芽生え始める。草なぎが主人公・凪沙役を、オーディションで抜擢された新人の服部樹咲が一果役を演じるほか、水川あさみ、真飛聖、田口トモロヲらが脇を固める。
発想は「ライムライト」「街の灯」か。基本的にチャップリン的なるエモーション。

 

| | コメント (0)

2021-024M 「ミセス・ノイズィ」☆☆☆★★★

Smrsnoisy邦題:ミセス・ノイズィ
時間:106分
公開:2020-12-04
製作年度:2019
製作国:日本
配給:ヒコーキ・フィルムズインターナショナル
製作総指揮:
製作:井出清美 植村泰之
監督:天野千尋
脚本:天野千尋、松枝佳紀
原作:
撮影:田中一成
音楽:田中庸介 熊谷太輔
出演:篠原ゆき子、大高洋子、長尾卓磨、新津ちせ、宮崎太一、米本来輝、洞口依子、和田雅成、田中要次、風祭ゆき

「フィガロの告白」の天野千尋が監督・脚本を手がけ、隣人同士の些細な対立が大事件へと発展していく様子を描いたサスペンスドラマ。小説家で母親でもある吉岡真紀は、スランプに悩まされていた。ある日、突如として隣の住人・若田美和子による嫌がらせが始まる。それは日を追うごとに激しさを増し、心の平穏を奪われた真紀は家族との関係もギクシャクしていく。真紀は美和子を小説のネタにすることで反撃に出るが、その行動は予想外の事態を巻き起こし、2人の争いはマスコミやネット社会を巻き込む大騒動へと発展していく。主人公の小説家・真紀を「共喰い」の篠原ゆき子、隣人の美和子を「どうしようもない恋の唄」の大高洋子、真紀の娘を「駅までの道をおしえて」の新津ちせがそれぞれ演じる。2019年・第32回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門出品。

| | コメント (0)

2021-017M 「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」☆☆☆★★★

Smishimazenkyoto邦題:三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
時間:108分
公開:2020-03-20
製作年度:2020
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:
監督:豊島圭介
脚本:
原作:
撮影:月永雄太
音楽:遠藤浩二
出演:三島由紀夫、芥正彦、木村修、橋爪大三郎、篠原裕、宮澤章友、原昭弘、椎根和、清水寛、小川邦雄平野啓一郎、内田樹、小熊英二、瀬戸内寂聴

1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島の生き様を映したドキュメンタリー。1968年に大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、全国的な盛り上がりを見せた学生運動。中でももっとも武闘派とうたわれた東大全共闘をはじめとする1000人を超える学生が集まる討論会が、69年に行われた。文学者・三島由紀夫は警視庁の警護の申し出を断り、単身で討論会に臨み、2時間半にわたり学生たちと議論を戦わせた。伝説とも言われる「三島由紀夫 VS 東大全共闘」のフィルム原盤をリストアした映像を中心に当時の関係者や現代の識者たちの証言とともに構成し、討論会の全貌、そして三島の人物像を検証していく。ナビゲーターを三島の小説「豊饒の海」の舞台版にも出演した東出昌大が務める。監督は「森山中教習所」「ヒーローマニア 生活」の豊島圭介。

 

| | コメント (0)

2020-230M 「私をくいとめて」☆☆☆★★★

Skuitomete邦題:私をくいとめて
時間:133分
公開:2020-12-08
製作年度:2020
製作国:日本
配給:日活
製作総指揮:
製作:鳥羽乾二郎 多湖慎一 與田尚志 永田勝美 川村岬 竹内力
監督:大九明子
脚本:大九明子
原作:綿矢りさ
撮影:中村夏葉
音楽:高野正樹
出演:のん(みつ子)、林遣都(多田くん)、臼田あさ美(ノゾミさん)、若林拓也(カーター)、前野朋哉、山田真歩、片桐はいり(澤田)、橋本愛(皐月)、岡野陽一(コロッケ屋)

 

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人がおらず、ひとりきりの暮らしにもすっかり慣れた31歳の黒田みつ子。そんな彼女が楽しく平和に生活できているのには、ある理由があった。彼女の脳内にはもう1人の自分である相談役「A」が存在し、人間関係や身の振り方に迷った際にはいつも正しい答えをくれるのだ。ある日、みつ子は取引先の若手営業マン・多田に恋心を抱く。かつてのように勇気を出せない自分に戸惑いながらも、一歩前へ踏み出すことを決意するみつ子だったが……。みつ子の親友・皐月役で橋本愛が出演し、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来となるのんとの共演が実現。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧