2022-178M 「ヘルドッグス」☆☆☆★★★

Shelldogs邦題:ヘルドッグス
時間:138分
公開:2022-09-22
製作年度:2022
製作国:日本
配給:東映、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:
製作:ウィリアム・アイアトン 村松秀信 勝股英夫 藤島ジュリーK.
監督:原田眞人
脚本:原田眞人
原作:深町秋生
撮影:柴主高秀
音楽:土屋玲子
出演:岡田准一(兼高昭吾)、坂口健太郎(室岡秀喜)、松岡茉優(吉佐恵美裏)、金田哲(三神國也)、木竜麻生(勝所杏南)、中島亜梨沙(ルカ)、大場泰正(大前田忠治)、酒向芳(阿内将)、MIYAVI(十朱義孝)、吉原光夫(熊沢伸雄)、村上淳(番犬)、尾上右近(サロンの常連客)、杏子(恭子)、田中美央(俵谷)、北村一輝(土岐勉)、大竹しのぶ(衣笠典子)

岡田准一が「関ヶ原」「燃えよ剣」に続き原田眞人監督と3度目のタッグを組んだクライムアクション。深町秋生の小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」を映画化した。

愛する人が殺される事件を止められなかったことから闇に落ち、復讐のみに生きてきた元警官・兼高昭吾。その獰猛さから警察組織に目をつけられた兼高は、関東最大のヤクザ「東鞘会(とうしょうかい)」への潜入という危険なミッションを強要される。兼高の任務は、組織の若きトップ・十朱が持つ秘密ファイルを奪取すること。警察はデータ分析により、兼高との相性が98%という東鞘会のサイコパスなヤクザ・室岡秀喜に白羽の矢を立て、兼高と室岡が組織内でバディとなるよう仕向ける。かくしてコンビを組むことになった2人は、猛スピードで組織を上り詰めていく。

兼高役を岡田、室岡役を坂口健太郎が演じるほか、松岡茉優、北村一輝、大竹しのぶ、MIYAVIらが顔をそろえる。

| | コメント (0)

2022-176M 「沈黙のパレード」☆☆☆★★

Schinmokunopaade邦題:沈黙のパレード
時間:130分
公開:2022-09-16
製作年度:2022
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:大多亮 荒木宏幸 中部嘉人
監督:西谷弘
脚本:福田靖
原作:東野圭吾
撮影:山本英夫
音楽:菅野祐悟 福山雅治
出演:福山雅治(湯川学)、柴咲コウ(内海薫)、北村一輝(草薙俊平)、飯尾和樹(並木祐太郎)、戸田菜穂(並木真智子)、田口浩正(戸島修作)、酒向芳(増村栄治)、岡山天音(高垣智也)、川床明日香(並木佐織)、出口夏希(並木夏美)、村上淳(蓮沼寛一)、吉田羊(宮沢麻耶)、檀れい(新倉留美)、椎名桔平(新倉直紀)

東野圭吾のベストセラー小説を原作に、福山雅治演じる天才物理学者・湯川学が難事件を鮮やかに解決していく姿を描く大ヒット作「ガリレオ」シリーズの劇場版第3作。

数年前から行方不明になっていた女子高生が、遺体となって発見された。警視庁捜査一課の刑事・内海によると事件の容疑者は、湯川の大学時代の同期でもある刑事・草薙がかつて担当した少女殺害事件の容疑者で、無罪となった男だった。男は今回も黙秘を貫いて証拠不十分で釈放され、女子高生が住んでいた町に戻って来る。憎悪の空気が町全体を覆う中、夏祭りのパレード当日、さらなる事件が起こる。

キャストには内海役の柴咲コウ、草薙役の北村一輝らおなじみのメンバーが集結。前2作に続いて西谷弘が監督、福田靖が脚本を手がけた。

 

 

| | コメント (0)

2022-170M 「HiGH&LOW THE WORST X」☆☆☆★★

Shighandlowtheworstx2022邦題:HiGH&LOW THE WORST X
時間:119分
公開:2022-09-09
製作年度:2022
製作国:日本
配給:松竹
製作総指揮:
製作:
監督:二宮“NINO”大輔、平沼紀久
脚本:増本庄一郎 渡辺啓 平沼紀久
原作:高橋ヒロシ
撮影:
音楽:中野雄太
出演:川村壱馬(花岡楓士雄)、吉野北人(高城司)、佐藤流司(泰志)、神尾楓珠(中越)、福山康平(ジャム男)、龍(芝マン)、鈴木昂秀(辻)、うえきやサトシ(清史)、中島健(中岡)、森崎ウィン(基晃)、前田公輝(轟洋介)、塩野瑛久(小田島有剣)、葵揚(沢村正次)、小柳心(仁川英明)、荒井敦史(志田健三)、坂口涼太郎(サバカン)、中本悠太(須嵜亮)、三山凌輝(天下井公平)、永沼伊久也(砂防天久)

男たちの熱い友情と闘いを描く「HiGH&LOW」シリーズと高橋ヒロシ原作による不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」のクロスオーバー作品「HiGH&LOW THE WORST」の続編。

SWORD地区最凶の不良高校・鬼邪高校で頭を張る花岡楓士雄は、数々の伝説を持つ最強の男・ラオウをたずねて、戸亜留市の鈴蘭男子高校を訪れていた。その頃、須嵜亮という最強の男の力を手に入れたSWORD地区の瀬ノ門工業高校の頭・天下井公平は、鎌坂高校と江罵羅商業高校を傘下に加えた「三校連合」を築き、勢力を拡大。やがて三校連合による鬼邪高狩りが始まる。

主人公・花岡役の川村壱馬をはじめ鬼邪高校、鳳仙学園のメインキャストが前作から続投するほか、「NCT 127」のYUTA(中本悠太)、「BE:FIRST」のRYOKI(三山凌輝)らが顔をそろえる。

前作から高橋ヒロシの『クローズ』とコラボして鈴蘭まで登場!なので、見ねばなるまい。

| | コメント (0)

2022-153M 「バイオレンスアクション」☆☆★★

Sviorenceactihon邦題:バイオレンスアクション
時間:111分
公開:2022-08-19
製作年度:2022
製作国:日本
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:ウィリアム・アイアトン
製作:
監督:瑠東東一郎
脚本:江良至 瑠東東一郎
原作:浅井蓮次 沢田新
撮影:高野学
音楽:瀬川英史
出演:橋本環奈(菊野ケイ)、杉野遥亮(テラノ)、鈴鹿央士(渡辺)、馬場ふみか(店長)、森崎ウィン(金子)、大東駿介(アヤべ)、太田夢莉(だりあ)、猪塚健太(クラ)、箭内夢菜(りっか)、兵動大樹(国津)、くっきー!(謎の大男)、佐藤二朗(三代目)、城田優(みちたかくん)、高橋克典(木下)、岡村隆史(ヅラさん)

橋本環奈が、ゆるふわの専門学生で凄腕の殺し屋という2つの顔を持つ主人公を演じたアクションエンタテインメント。小学館「やわらかスピリッツ」連載の浅井蓮次と沢田新による人気コミックを実写映画化した。

ピンク髪のショートボブでゆるふわな雰囲気を漂わせる菊野ケイは、昼は日商簿記検定2級合格を目指して専門学校に通いながら、夜はアルバイトをするという日々を送っている。そのバイトとは指名制の殺し屋で、ケイはそこで指名ナンバーワンの実力を持つ凄腕の殺し屋だった。ある時、学校帰りのバスでビジネスマン風の青年テラノと出会ったケイは、胸が高鳴りながらも、そのままいつも通りバイト先へ。この日の依頼は、巨大なヤクザ組織を仕切る3代目組長から、ある人物を殺してほしいというものだった。そのターゲットとは抗争の渦中にいるヤクザの会計士の男で、その男こそ昼間のバスで出会ったテラノだった。

ケイ役を務める橋本を筆頭に、テラノ役の杉野遥亮、ケイに思いを寄せる同級生・渡辺役の鈴鹿央士ほか、馬場ふみか、森崎ウィン、大東駿介、太田夢莉、佐藤二朗、城田優、高橋克典、岡村隆史ら豪華キャストが個性的なキャラクターたちを演じる。メガホンをとったのは「おっさんずラブ」「極道主夫」などの人気作品を手がけてきた瑠東東一郎。

ハリウッド映画のC級設定に、チープな日本映画の予算で仕上げた珍味を楽しめ、という高度な作品咀嚼が必要な、ある意味アート映画。

| | コメント (0)

2022-131M 「ビリーバーズ」☆☆★★

Sbelbers邦題:ビリーバーズ
時間:118分
公開:2022-07-08
製作年度:2022
製作国:日本
配給:クロックワークス、SPOTTED PRODUCTIONS
製作総指揮:
製作:藤本款 久保和明 直井卓俊
監督:城定秀夫
脚本:城定秀夫
原作:山本直樹
撮影:工藤哲也
音楽:曽我部恵一
出演:磯村勇斗、北村優衣、宇野祥平、毎熊克哉、山本直樹

漫画家・山本直樹がカルトの世界を通して人間の欲望をあぶり出した同名コミックを、「アルプススタンドのはしの方」の城定秀夫監督が実写映画化。とある無人島で暮らす2人の男と1人の女。宗教的な団体・ニコニコ人生センターに所属する彼らは、互いをオペレーター、副議長、議長と呼び合い共同生活を送っている。瞑想、見た夢の報告、テレパシーの実験など、メールで送られてくる様々な指令を実行しながら、時折届くわずかな食料でギリギリの生活を保つ日々。それは俗世の汚れを浄化し、安住の地を目指すための修行とされていた。そんな彼らの日常はほんの些細な問題から綻びを見せはじめ、互いの本能と欲望が暴き出されていく。「ヤクザと家族 The Family」「東京リベンジャーズ」など話題作への出演が続く磯村勇斗が映画初主演を務め、「かくも長き道のり」の北村優衣、「罪の声」の宇野祥平が共演。

なんじゃこりゃ。情報を入れなさすぎで観てしまった。止めとけばよかった。

| | コメント (0)

2022-128M 「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」☆☆☆

Shagarenkanketxusaigonorensei邦題:鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成
時間:124分
公開:2022-06-24
製作年度:2022
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:
製作:東立 高橋雅美 池田宏之 阿部隆二 藤島ジュリーK. 森田圭 岩上敦宏 細野義朗 中野伸二
監督:曽利文彦
脚本:曽利文彦 宮本武史
原作:荒川弘
撮影:橋本桂二
音楽:北里玲二
出演:山田涼介(エドワード・エルリック)、本田翼(ウィンリィ・ロックベル)、ディーン・フジオカ(ロイ・マスタング大佐)、蓮佛美沙子(リザ・ホークアイ中尉)、本郷奏多(エンヴィー)、黒島結菜(ランファン)、渡邊圭祐(リン・ヤオ役/グリード)、寺田心(セリム)、内山信二(グラトニー)、大貫勇輔、ロン・モンロウ(メイ・チャン)、水石亜飛夢、奥貫薫(サラ・ロックベル)、高橋努、堀内敬子、丸山智己、遼河はるひ(イズミ・カーティス)、平岡祐太、山田裕貴(ゾルフ・J・キンブリー)、麿赤兒、大和田伸也、舘ひろし(キング・ブラッドレイ)、藤木直人(ユーリ・ロックベル)、山本耕史(アレックス・ルイ・アームストロング)、筧利夫(フー)、杉本哲太、栗山千明(オリヴィエ・ミラ・アームストロング)、風吹ジュン(ピナコ・ロックベル)、佐藤隆太(マース・ヒューズ中佐)、仲間由紀恵(トリシャ・エルリック)、新田真剣佑(スカー)、内野聖陽(ヴァン・ホーエンハイム役/お父様)

荒川弘の大ヒット漫画を山田涼介主演で実写映画化した「鋼の錬金術師」の続編となる完結編2部作の後編。暴食のホムンクルス、グラトニーに飲み込まれてしまったエドたちは、エドが思いついたある方法により脱出に成功する。そんな彼らの前に、エドとアルの父ホーエンハイムと全く同じ外見の謎の男が出現。「お父様」と呼ばれるその男は、兄弟がこれまで戦ってきたホムンクルスたちの生みの親だった。国家の秘密と「約束の日」、ホーエンハイムの過去など様々な謎と真実が解き明かされていく中、エドとアル、軍の暗部に立ち向かうマスタング、そして賢者の石を求めてやって来たシン国の皇子リンたちは、国家全体を揺るがす恐ろしい陰謀を阻止するべく戦いへと身を投じていく。

シリーズを見続けてきてしまったので、最期までお付き合い。ほぼ義務。

| | コメント (0)

2022-117M 「ドロステのはてで僕ら」☆☆☆★★

Sdorosutenohatenibokura邦題:ドロステのはてで僕ら
時間:70分
公開:2020-06-05
製作年度:2020
製作国:日本
配給:トリウッド
製作総指揮:
製作:大槻貴宏 吉田和睦
監督:山口淳太
脚本:上田誠
原作:上田誠
撮影:山口淳太
音楽:滝本晃司
出演:土佐和成(カトウ)、朝倉あき(メグミ)、藤谷理子(アヤ)、石田剛太(コミヤ)、酒井善史(オザワ)、諏訪雅(タナベ)、中川晴樹(ナリタ)、角田貴志(フルヤ)、永野宗典(キンジョウ)、本多力(イシヅカ)

「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる人気劇団「ヨーロッパ企画」の短編映画「ハウリング」をリブートした劇団初となるオリジナル長編映画。とある雑居ビルの2階。カトウがテレビの中から声がするので画面を見ると、そこには自分の顔が映っていた。画面の中のカトウから「オレは2分後のオレ」と語りかけられるカトウ。どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差でつながっているらしい。「タイムテレビ」 の存在を知った仲間たちは、テレビとテレビを向かい合わせて、もっと先の未来を知ろうと躍起になるが……。主人公カトウ役の土佐和成をはじめとする劇団メンバーのほか、朝倉あき、藤谷理子らが出演。原案・脚本を劇団の代表である上田誠、監督を劇団の映像ディレクター、山口淳太が務める。
「今」が持続できるなら、遙か未来のバタフライ効果なんか知ったこっちゃない!という勇気あるクライマックスに草。

| | コメント (0)

2022-110 「PLAN 75」☆☆☆★

Splan75邦題:PLAN 75
時間:112分
公開:2022-06-17
製作年度:2022
製作国:日本・フランス・フィリピン・カタール
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:小西啓介 水野詠子 國實瑞惠 石垣裕之 フレデリック・コルベ ウィルフレド・C・マナーラン
製作:水野詠子 ジェイソン・グレイ フレデリック・コルベ マエバ・サビニャン
監督:早川千絵
脚本:早川千絵、ジェイソン・グレイ
原作:
撮影:浦田秀穂
音楽:レミ・ブバル
出演:倍賞千恵子、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実、ステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美

これが長編デビュー作となる早川千絵監督が、是枝裕和監督が総合監修を務めたオムニバス映画「十年 Ten Years Japan」の一編として発表した短編「PLAN75」を自ら長編化。75歳以上が自ら生死を選択できる制度が施行された近未来の日本を舞台に、その制度に翻弄される人々の行く末を描く。少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度「プラン75」が国会で可決・施行され、当初は様々な議論を呼んだものの、超高齢化社会の問題解決策として世間に受け入れらた。夫と死別し、ひとり静かに暮らす78歳の角谷ミチは、ホテルの客室清掃員として働いていたが、ある日突然、高齢を理由に解雇されてしまう。住む場所も失いそうになった彼女は、「プラン75」の申請を検討し始める。一方、市役所の「プラン75」申請窓口で働くヒロムや、死を選んだお年寄りにその日が来るまでサポートするコールセンタースタッフの瑶子らは、「プラン75」という制度の在り方に疑問を抱くようになる。年齢による命の線引きというセンセーショナルな題材を細やかな演出とともに描き、初長編監督作にして第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品。初長編作品に与えられるカメラドールのスペシャルメンション(次点)に選ばれた。ミチ役で倍賞千恵子が主演。磯村勇斗、たかお鷹、河合優実らが共演する。
 予告では、自発性姥捨て山系ディストピアものとしてアピールしている。果たしてどう裏切ってくれるか楽しみ。なぜ欧州が一定の評価をしてのか。最近の邦画「鈴木さん」や洋画では「ザ・サークル」のような、羊頭狗肉なワンアイデアに辟易しているので。
 数カ国から映画助成金を集めてる。凄い組成だ。落ち着いた、若さが出すぎない演出も、詰めの説明が雑。音楽が素晴らしかった。外国の方だった。
 主題の是非は観客にぶん投げているが、シニカルな寓話になっておらず、リアルな、検討すべき政策だとも思わせる。それほど高齢化は「映画でディストピアとして描く」というシャレにならないほど深刻。
 楢山節考が僕らの世代には刺さります。すなわち老母と生活を共にする、という状況での母子愛と「口減らし」という掟の葛藤の物語。本作は、「今」の高齢者、家族を喪失し、孤独独居の(かつて景気が良く、元気にイケイケだった)高齢者の処置に、絶望の安楽死を合法的に選択できる社会を描いています。まあ現代の「口減らし」の掟の別名ですね、PLAN75は。聞きとれませんでしたが、政府は対象年齢を65に計画してるような背景もあるようでした。昭和の僕らは「楢山節考」に素直に感涙を流せますが、本作は背筋が凍る。家族とか集落とかのレベルでなく、日本国としての口減らし政策のマルチバースな未来。

| | コメント (0)

2022-109M 「峠 最後のサムライ」☆☆☆★

Stohge邦題:峠 最後のサムライ
時間:114分
公開:2022-06-17
製作年度:2022
製作国:日本
配給:松竹、アスミック・エース
製作総指揮:
製作:大角正 木下直哉
監督:小泉堯史
脚本:小泉堯史
原作:司馬遼太郎
撮影:上田正治 北澤弘之
音楽:加古隆
出演:役所広司(河井継之助)、松たか子(おすが)、香川京子(お貞)、田中泯(河井代右衛門)、永山絢斗(松蔵)、芳根京子(むつ)、坂東龍汰(小山正太郎)、榎木孝明(川島億次郎)、渡辺大(花輪求馬)、AKIRA(山本帯刀)、東出昌大(徳川慶喜)、佐々木蔵之介(小山良運)、井川比佐志(月泉和尚)、山本學(老人)、吉岡秀隆(岩村精一郎)、仲代達矢(牧野忠恭(雪堂))

幕末の動乱期を描いた司馬遼太郎の長編時代小説「峠」を、「雨あがる」「蜩ノ記」の小泉堯史監督のメガホン、役所広司、松たか子、田中泯、香川京子、佐々木蔵之介、仲代達矢ら日本映画界を代表する豪華キャストの共演で映画化。徳川慶喜の大政奉還によって、260年余りにも及んだ江戸時代が終焉を迎えた。そんな動乱の時代に、越後長岡藩牧野家家臣・河井継之助は幕府側、官軍側のどちらにも属することなく、越後長岡藩の中立と独立を目指していた。藩の運命をかけた継之助の壮大な信念が、幕末の混沌とした日本を変えようとしていた。「蜩ノ記」に続いて小泉監督作に主演する役所が主人公となる継之助に扮し、継之助を支え続ける妻おすがを松が演じる。
ニッポンが震えても、僕は震えなかったし、「熱い心」は伝わらなかった。

| | コメント (0)

2022-108M 「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」☆☆☆★

Spascavilldog邦題:バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版
時間:119分
公開:2022-06-17
製作年度:2022
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:小川晋一 松岡宏泰 石塚紘太
監督:西谷弘
脚本:東山狭
原作:アーサー・コナン・ドイル
撮影:山本英夫
音楽:菅野祐悟
出演:ディーン・フジオカ(誉獅子雄)、岩田剛典(若宮潤一)、新木優子(蓮壁紅)、広末涼子(冨楽朗子)、村上虹郎(蓮壁千里)、渋川清彦(冨楽雷太)、西村まさ彦(千鶴男)、山田真歩(小暮クミコ)、佐々木蔵之介(江藤礼二)、小泉孝太郎(捨井遥人)、稲森いずみ(蓮壁依羅)、椎名桔平(馬場杜夫)

アーサー・コナン・ドイルの名作探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案に、ディーン・フジオカ演じる犯罪捜査コンサルタント・誉獅子雄と岩田剛典演じる精神科医・若宮潤一が数々の難事件に挑む姿を描いたテレビドラマ「シャーロック」の劇場版。原作シリーズの中でも人気の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフに、不気味な島で暮らす華麗な一族をめぐる事件を描く。瀬戸内海の離島で、日本有数の資産家が莫大な遺産を遺して変死した。資産家は死の直前に、娘の誘拐未遂事件の犯人捜索を若宮に依頼していた。真相を探るべく島へやって来た獅子雄と若宮の前に現れたのは、異様なたたずまいの洋館と、そこに住まう華麗な一族の面々と怪しい関係者たち。島に古くから伝わる不気味な魔犬の呪いが囁かれる中、島内で新たな事件が連鎖的に発生し……。監督は「容疑者Xの献身」の西谷弘。
ドラマを見ていないので予習ご出来ていない。世界観が不明なまま鑑賞へ。
ドイルの原案だというが、チゲーだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧