2021-186M 「ボクたちはみんな大人になれなかった」☆☆☆★★

Sbokutachighaminnnaotonani邦題:ボクたちはみんな大人になれなかった
時間:124分
公開:2021-11-05
製作年度:2021
製作国:日本
配給:ビターズ・エンド、Netflix
製作総指揮:
製作:山本晃久
監督:森義仁
脚本:高田亮
原作:燃え殻
撮影:吉田明義
音楽:TOMISIRO
出演:森山未來 | 伊藤沙莉 | 東出昌大

作家の燃え殻が2016年に発表したデビュー作「ボクたちはみんな大人になれなかった」を映画化。1995年、ボクは彼女と出会い、生まれて初めて頑張りたいと思った。彼女の言葉に支えられ、がむしゃらに働くボクだったが、1999年、彼女はさよならも言わずに去ってしまう。ボクは志していた小説家にはなれず、ズルズルとテレビ業界の片隅で働き続ける。2020年、社会と折り合いをつけながら生きてきた46歳のボクは、いくつかの再会をきっかけに“あの頃”を思い出す。主人公を森山未來、ヒロインを伊藤沙莉が演じ、大島優子、東出昌大が共演。数々のMVやCMを手がけてきた映像作家・森義仁が長編初メガホンをとり、「そこのみにて光輝く」の高田亮が脚本を担当。2021年11月5日からNetflixで配信され、同日から劇場公開。
僕よりもニ周りチョイ若い世代の物語。酸いも甘いも知り尽くした大人から振り返ると、当時は人生かかる一大事だったことも、フツーでしかない。という真理は、みんな同じ。そして僕らの世代は寺山修司の「書を捨てよ町へ出よう」という映画を体験済みなのだ。11月5日から劇場公開。Netflix配信も同時とのこと。だが、一人モニターで眺めるのでなく、やはりスクリーンで観たい作品である。他の観客と共感しつつ観る作品だ。

| | コメント (0)

2021-165M 「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」☆☆★★★

Shiroacademy2021邦題:僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション
時間:101分
公開:2021-08-06
製作年度:2021
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:松岡宏泰 大田圭二
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
原作:堀越耕平
撮影:
音楽:林ゆうき
出演:山下大輝、岡本信彦、梶裕貴、稲田徹、中村悠一、三宅健太、吉沢亮

「週刊少年ジャンプ」連載の同名コミックを原作とする人気アニメ「僕のヒーローアカデミア」の劇場版第3弾。原作者の堀越耕平が総監修を務め、全世界を舞台にした壮大なオリジナルストーリーで描く。世代を経るごとに混ざり合う“個性”が人類を終焉に導くとする思想「個性終末論」を掲げる謎の集団「ヒューマライズ」。世界中の個性保持者の殲滅をもくろむ彼らは、個性を強制的に暴走させ崩壊へと導く「個性因子誘発爆弾」を世界各地に仕掛ける。全世界のプロヒーローと彼らのもとでインターン中だった雄英高校ヒーロー科が招集され、各地で爆弾の回収任務にあたることに。エンデヴァー事務所でインターン中だった出久・爆豪・轟の3人も、日本から遠く離れた国オセオンへ向かうが、任務中に事件に巻き込まれた出久が指名手配されてしまう。タイムリミットが迫る中、世界を救うべく奔走する出久たちだったが……。

| | コメント (0)

2021-163M 「ドライブ・マイ・カー」☆☆☆

Sdrivemycar邦題:ドライブ・マイ・カー
時間:179分
公開:2021-08-20
製作年度:2021
製作国:日本
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:中西一雄 定井勇二
製作:川村岬 松下幸生 奥村景二 中部嘉人 鈴木仁行 久保田修 五老剛
監督:濱口竜介
脚本:濱口竜介 大江崇允
原作:村上春樹
撮影:四宮秀俊
音楽:石橋英子
出演:西島秀俊(家福悠介)、三浦透子(渡利みさき)、霧島れいか(家福音)、パク・ユリム(イ・ユナ)、ジン・デヨン(コン・ユンス)、ソニア・ユアン(ジャニス・チャン)、アン・フィテ、ペリー・ディゾン、安部聡子(柚原)、岡田将生(高槻耕史)

村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベネチア国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と幸せに暮らしていた。しかし、妻はある秘密を残したまま他界してしまう。2年後、喪失感を抱えながら生きていた彼は、演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島へ向かう。そこで出会った寡黙な専属ドライバーのみさきと過ごす中で、家福はそれまで目を背けていたあることに気づかされていく。主人公・家福を西島秀俊、ヒロインのみさきを三浦透子、物語の鍵を握る俳優・高槻を岡田将生、家福の亡き妻・音を霧島れいかがそれぞれ演じる。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞。ほか、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の3つの独立賞も受賞した。

 

 

| | コメント (0)

2021-154M 「時をかける少女(2006)」

Stokkkae邦題:時をかける少女(2006)
時間:100分
公開:2006-07-15
製作年度:2006
製作国:日本
配給:角川ヘラルド
製作総指揮:
製作:
監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子
原作:筒井康隆
撮影:
音楽:吉田潔
出演:仲里依紗 、石田卓也 、板倉光隆 、原沙知絵 、谷村美月 、垣内彩未 、関戸優希

| | コメント (0)

2021-146M 「東京リベンジャーズ」☆☆☆

Skyorevange 邦題:東京リベンジャーズ
時間:120分
公開:2021-07-09
製作年度:2021
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:
製作:石原隆 池田宏之 松本智
監督:英勉
脚本:高橋泉
原作:和久井健
撮影:江崎朋生
音楽:やまだ豊
出演:北村匠海(花垣武道/タケミチ)、山田裕貴(龍宮寺堅/ドラケン)、杉野遥亮(橘直人/ナオト)、今田美桜(橘日向/ヒナ)、鈴木伸之(清水将貴/キヨマサ)、眞栄田郷敦(三ツ谷隆/ミツヤ)、清水尋也(半間修二/ハンマ)、磯村勇斗(千堂敦/アッくん)、間宮祥太朗(稀咲鉄太/キサキ)、吉沢亮(佐野万次郎/マイキー)

北村匠海が主演を務め、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、間宮祥太朗、吉沢亮ら豪華若手俳優の共演で、和久井健の人気コミック「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化。ダメフリーターの花垣武道は、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタと彼女の弟・ナオトが、関東最凶の組織・東京卍曾に殺されたことをニュースで知る。その翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落したタケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップする。過去の世界でタケミチがナオトに「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことにより未来は変化。現代に戻ったタケミチは、死の運命から逃れ刑事になっていたナオトと出会う。刑事になったナオトから「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。力を貸して欲しい」と言われ……。監督は「映像研には手を出すな!」「ぐらんぶる」の英勉。
ヤンキーがガチ喧嘩する青春覇権ものは、一定の需要がある。若い女子観客が多かった。きちんとストライクが投げられたのだろう。

| | コメント (0)

2021-128M 「夏への扉 キミのいる未来へ」☆☆☆★

Snatsuhenotobira邦題:夏への扉 キミのいる未来へ
時間:118分
公開:2021-06-25
製作年度:2021
製作国:日本
配給:東宝、アニプレックス
製作総指揮:
製作:
監督:三木孝浩
脚本:菅野友恵
原作:ロバート・A・ハインライン
撮影:小宮山充
音楽:林ゆうき
出演:山崎賢人(高倉宗一郎)、清原果耶(松下璃子)、夏菜(白石鈴)、眞島秀和(松下和人)、浜野謙太(坪井強太)、田口トモロヲ(遠井教授)、高梨臨(佐藤みどり)、原田泰造(佐藤太郎)、藤木直人(ロボット)

ロバート・A・ハインラインの名作SF小説「夏への扉」を、「キングダム」の山崎賢人主演により日本で映画化。舞台を日本に移して再構築し、人生のすべてを奪われた科学者が時を超えて未来を取り戻す姿を描く。1995年、東京。ロボット開発に従事する科学者・高倉宗一郎は、亡き父の親友だった偉大な科学者・松下の遺志を継ぐプラズマ蓄電池の完成を目前にしていた。愛猫ピートと松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する宗一郎だったが、信頼していた共同経営者と婚約者に裏切られ、自身の会社も開発中のロボットや蓄電池もすべて奪われてしまう。さらに宗一郎は人体を冷凍保存する装置・コールドスリープに入れられ、2025年の東京で目を覚ます。監督は「坂道のアポロン」「フォルトゥナの瞳」の三木孝浩。主題歌は、人気アニメ「鬼滅の刃」「ソードアート・オンライン」などで知られるLiSA。
星の数ほどあるSF小説で僕が最も愛しているハインラインの名作。まさか日本で映画化されるなんて。企画した勇気に敬服する。読者の数だけピートのイメージがあるのに。。

| | コメント (0)

2021-126M 「パンケーキを毒見する」☆☆★★

Spancake邦題:パンケーキを毒見する
時間:104分
公開:2021-07-30
製作年度:20212
製作国:日本
配給:スターサンズ、
テレビマンユニオン
製作総指揮:
製作:河村光庸
監督:内山雄人
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:石破茂、江田憲司、前川喜平

「新聞記者」「i 新聞記者ドキュメント」などの社会派作品を送り出してきた映画プロデューサーの河村光庸が企画・製作・エグゼクティブプロデューサーを務め、第99代内閣総理大臣・菅義偉の素顔に迫った政治ドキュメンタリー。ブラックユーモアを交えながらシニカルな視点で日本政治の現在を捉えた。秋田県のイチゴ農家出身で、上京してダンボール工場で働いたのちに国会議員の秘書となり、横浜市議会議員を経て衆議院議員となった菅氏。世襲議員ではない叩き上げの首相として誕生した菅政権は、携帯料金の値下げ要請など一般受けする政策を行う一方で、学術会議の任命拒否や中小企業改革を断行した。映画では、石破茂氏、江田憲司氏らの政治家や元官僚、ジャーナリストや各界の専門家に話を聞き、菅義偉という人物について、そして菅政権が何を目指し、日本がどこへ向かうのかを語る。さらに菅首相のこれまでの国会答弁を徹底的に検証し、ポーカーフェイスの裏に隠された本心を探る。
相当にバイアスがかかった極左的な政権批判、政府を揶揄、日本ディスり。自民の裏切者も堂々と、官僚の極左スパイも堂々と。

| | コメント (0)

2021-121M 「HOKUSAI」☆☆★★★

Shokusai邦題:HOKUSAI
時間:129分
公開:2021-05-28
製作年度:2020
製作国:日本
配給:S・D・P
製作総指揮:
製作:中山賢一
監督:橋本一
脚本:河原れん
原作:
撮影:ニホンマツアキヒコ
音楽:安井輝
出演:柳楽優弥(葛飾北斎(青年期))、田中泯(葛飾北斎(老年期))、玉木宏(喜多川歌麿)、瀧本美織(コト)、津田寛治(永井五右衛門)、青木崇高(高井鴻山)、辻本祐樹(瑣吉/滝沢馬琴)、浦上晟周(東洲斎写楽)、芋生悠(麻雪)、河原れん(お栄)、城桧吏(葛飾北斎(少年期))、永山瑛太(柳亭種彦)、阿部寛(蔦屋重三郎)

「富嶽三十六景」など生涯を通して3万点以上の作品を描き残したといわれる江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の知られざる生涯を、柳楽優弥と田中泯の主演で映画化。町人文化が華やぐ江戸の町の片隅で、食うこともままならない生活を送っていた貧乏絵師の勝川春朗。後の葛飾北斎となるこの男の才能を見いだしたのが、喜多川歌麿、東洲斎写楽を世に出した希代の版元・蔦屋重三郎だった。重三郎の後押しにより、その才能を開花させた北斎は、彼独自の革新的な絵を次々と生み出し、一躍、当代随一の人気絵師となる。その奇想天外な世界観は江戸中を席巻し、町人文化を押し上げることとなるが、次第に幕府の反感を招くこととなってしまう。青年期の北斎を柳楽、老年期の北斎を田中が演じ、重三郎役を阿部寛、人気戯作者・柳亭種彦役を永山瑛太、歌麿役を玉木宏をそれぞれ演じる。監督は「探偵はBARにいる」シリーズ、「相棒」シリーズの橋本一。
テーマに選んだ主人公が大物過ぎて、処理しきれずに空回り。それなのにオリジナルなエピソードを入れて、もっと脚本を絞って磨かねばならなかったな。

| | コメント (0)

2021-119M 「地獄の花園」☆☆☆★★

Sjigokunohanazono邦題:地獄の花園
時間:102分
公開:2021-05-21
製作年度:2021
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:加藤達也 櫻井雄一 山邊博文
製作:石原隆 細野義朗
監督:関和亮
脚本:バカリズム
原作:
撮影:奥平功
音楽:宗形勇輝 植田能平 眞鍋昭大
出演:永野芽郁(田中直子)、広瀬アリス(北条蘭)、菜々緒(安藤朱里)、川栄李奈(佐竹紫織)、大島美幸(神田悦子)、松尾諭(藤崎麻理)、丸山智己(工藤早苗)、勝村政信(冴木妙子)、遠藤憲一(赤城涼子)、小池栄子(鬼丸麗奈)、ファーストサマーウイカ、近藤くみこ、かなで、室井滋

OLたちの華やかな職場の裏で、拳を戦わせる壮絶な派閥争いがおこなわれていたというバカリズムの奇想天外なオリジナル脚本を、Perfumeやサカナクション、星野源のMVを手がける関和亮監督のメガホン、永野芽郁主演で映画化。ごく普通のOL生活を送っているかのように見える直子。しかしその裏では社内の派閥争いをかけ、OLたちが日々ケンカに明け暮れていた。ある日、中途採用されたOL・蘭と直子は一緒にカフェめぐりをするなど友情を深めていくが、蘭の正体はスカジャンがトレードマークのカリスマヤンキーOLだった。蘭の入社をきっかけに、直子の会社が全国のOLたちのターゲットになってしまい……。主人公・直子役を永野、蘭役を広瀬アリスがそれぞれ演じ、菜々緒、川栄李奈、大島美幸(森三中)、小池栄子に加え、勝村政信、松尾諭、丸山智己、遠藤憲一らが全員OL役を演じている。

| | コメント (0)

2021-112M 「星空のむこうの国」☆☆★★★

Shosizoranomukounokuni邦題:星空のむこうの国
時間:93分
公開:2021-07-16
製作年度:2021
製作国:日本
配給:エイベックス・ピクチャーズ
製作総指揮:
製作:勝股英夫 石川光久
監督:小中和哉
脚本:小林弘利
原作:
撮影:高間賢治
音楽:木住野佳子
出演:鈴鹿央士(昭雄)、秋田汐梨(理沙)、佐藤友祐(尾崎)、伊原六花(愛弓)、福田愛依(圭子)、平澤宏々路、高橋真悠、川久保拓司、有森也実

「七瀬ふたたび」などで知られる小中和哉監督が1986年に手がけた劇場長編デビュー作を、「蜜蜂と遠雷」などで注目される鈴鹿央士を主演に迎えてセルフリメイクしたSF青春ラブストーリー。作家で脚本家の小林弘利が原作・脚本を手がけ、パラレルワールドに迷い込んだ少年の恋の行方を描く。高校生の昭雄は、2カ月間ずっと同じ美少女の夢を見続けていた。そんなある日、昭雄の前にその少女・理沙が現れる。理沙はある約束を果たすため、もうひとつの世界線に生きる昭雄のことを呼び続けており、そんな彼女の純粋な思いが昭雄を呼び寄せたのだ。33年に1度のシリウス流星群の接近を前に、まっすぐに惹かれ合う昭雄と理沙だったが……。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧