2020-112M 「一度も撃ってません」☆☆☆★★

Sitidomouttemasen邦題:一度も撃ってません
時間:100分
公開:2020-07-03
製作年度:2020
製作国:日本
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:
監督:阪本順治
脚本:丸山昇一
原作:
撮影:儀間眞悟
音楽:安川午朗
出演:石橋蓮司(市川進)、大楠道代(市川弥生)、岸部一徳(石田和行)、桃井かおり(玉淀ひかる)、佐藤浩市(児玉道夫)、豊川悦司(周雄)、江口洋介(守山秀平)、妻夫木聡(今西友也)、新崎人生(ポパイ/南雲雄平)、井上真央(福原歌留多)、柄本明(連城孝志)

「半世界」「エルネスト」の阪本順治監督、「野獣死すべし」「探偵物語」の丸山昇一脚本によるハードボイルドコメディ。18年ぶりの映画主演となる石橋蓮司が、冴えない小説家と伝説の殺し屋という2つの顔をもつ主人公を演じる。ハードボイルドを気取る小説家の市川進。まったく原稿が採用されない時代遅れの作家である市川には伝説の殺し屋・サイレントキラーというもう1つの顔があった。しかし、彼は一度も人を撃ったことがなく、旧友である石田から依頼を受け、標的の行動をリサーチするだけだった。しかし、石田が中国系のヒットマンから命を狙われたことから、市川にも身の危険が迫る。石橋のほか、大楠道代、岸部一徳、桃井かおりと日本映画界を支えるベテラン俳優陣が顔をそろえる。

50歳台までには、この映画の空気感、鳥肌がたつほどの痛懐かしさを感じることはできないだろうな。さらに、あの時代のゴールデン街を知らないとね。残念ながら若い批評家には不評な作品らしい。しかし、僕は作品の全体像を絶賛したい。故藤田敏八や長谷部安春に監督してもらっても素敵だろう。この場に必須の原田芳雄は、確かに作品に存在感を示している。桃井かおりが独白する!市街で機動隊相手に石投げて、逃げて...のくだり。中学生時代に彷徨ってた新宿で遭遇した。その記憶の同時代性に泣く。

 

 

 

| | コメント (0)

2020-106M 「ソワレ」☆☆☆★

Ssoware邦題:ソワレ
時間:111分
公開:2020-08-28
製作年度:2020
製作国:日本
配給:東京テアトル
製作総指揮:
製作:豊原功補
監督:外山文治
脚本:外山文治
原作:
撮影:
音楽:
出演:村上虹郎(岩松翔太)、芋生悠(タカラ)、岡部たかし、康すおん、塚原大助、花王おさむ、田川可奈美、江口のりこ、石橋けい、山本浩司
『わさび』などの外山文治が、和歌山を舞台に撮り上げたドラマ。高齢者施設で出会った若い男女が、ある事件をきっかけに逃避行を繰り広げていく。『武曲 MUKOKU』などの村上虹郎、『恋するふたり』などの芋生悠、ドラマ「不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事」などの岡部たかしのほか、康すおん、塚原大助、花王おさむ、田川可奈美、江口のりこ、石橋けい、山本浩司らが出演する。
役者を目指して東京に出ていた岩松翔太(村上虹郎)が、高齢者施設で演劇を教えることになり、故郷である海辺の街に戻ってくる。そこで働く山下タカラ(芋生悠)と出会った翔太は、ある出来事を契機にして彼女と共に逃避行を始めることに。

| | コメント (0)

2020-070M 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」☆☆☆★

Sevaq邦題:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
時間:95分
公開:2012-11-17
製作年度:2012
製作国:日本
配給:ティ・ジョイ
製作総指揮:
製作:大月俊倫、庵野秀明
監督:庵野秀明、摩砂雪、前田真宏
脚本:庵野秀明
原作:庵野秀明
撮影:
音楽:鷺巣詩郎
出演:緒方恵美(碇シンジ)、林原めぐみ(アヤナミレイ)、宮村優子(式波・アスカ・ラングレー)、坂本真綾(真希波・マリ・イラストリアス)、三石琴乃(葛城ミサト)、山口由里子(赤木リツコ)、石田彰(渚カヲル)、立木文彦(碇ゲンドウ)、清川元夢(冬月コウゾウ)、長沢美樹(伊吹マヤ)、子安武人(青葉シゲル)、優希比呂(日向マコト)、麦人(キール・ローレンツ)、大塚明夫(高雄コウジ)、沢城みゆき(鈴原サクラ)、大原さやか(長良スミレ)、伊瀬茉莉也(北上ミドリ)、勝杏里(多摩ヒデキ)

 

| | コメント (0)

2020-069M 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」☆☆☆★

Sevaha邦題:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
時間:108分
公開:2009-06-27
製作年度:2009
製作国:日本
配給:クロックワークス=カラー
製作総指揮:大月俊倫、庵野秀明
監督:庵野秀明、摩砂雪 、鶴巻和哉
原作:庵野秀明
脚本:庵野秀明
撮影:
音楽:鷺巣詩郎
出演:緒方恵美(碇シンジ)、林原めぐみ(綾波レイ)、宮村優子(式波・アスカ・ラングレー)、坂本真綾(真希波・マリ・イラストリアス)、三石 琴乃(葛城ミサト)、山口由里子(赤木リツコ)、山寺宏一(加持リョウジ)、石田彰(渚カヲル)、立木文彦(碇ゲンドウ)、清川元夢(冬月コウゾウ)、長 沢美樹(伊吹マヤ)、子安武人(青葉シゲル)

| | コメント (0)

2020-068M 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」☆☆☆★

Sevajo邦題:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
時間:98分
公開:2007-09-01
製作年度:2007
製作国:日本
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:スタジオカラー
監督:摩砂雪 、鶴巻和哉
脚本:庵野秀明
原作:庵野秀明
撮影:福士享
音楽:鷺巣詩郎
出演:緒方恵美 、林原めぐみ 、三石琴乃 、山口由里子 、立木文彦 、清川元夢 、緒方恵美 、三石琴乃 、山口由里子 、林原めぐみ 、立木文彦 、清川元夢 、結城比呂 、長沢美樹 、子安武人 、麦人 、関智一 、岩永哲哉 、岩男潤子 、石田彰

| | コメント (0)

2020-066M 「勝手にふるえてろ」☆☆☆★★★

Skatteni邦題:勝手にふるえてろ
時間:117分
公開:2017-12-23
製作年度:2017
製作国:日本
配給:ファントム・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:大九明子
脚本:大九明子
原作:綿矢りさ
撮影:中村夏葉
音楽:高野正樹
出演:松岡茉優(江藤良香)、渡辺大知(二)、石橋杏奈(月島来留美)、北村匠海(イチ)、趣里(金髪店員)、前野朋哉(最寄駅の駅員)

 

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告られた!」とテンションがあがるが、「ニ」との関係にいまいち乗り切れず、中学時代から同級生の「イチ」への思いもいまだに引きずり続けていた。一方的な脳内の片思いとリアルな恋愛の同時進行に、恋愛ド素人のヨシカは「私には彼氏が2人いる」と彼女なりに頭を悩ませていた。そんな中で「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこう」という奇妙な動機から、ありえない嘘をついて同窓会を計画。やがてヨシカとイチの再会の日が訪れるが……。監督は「でーれーガールズ」の大九明子。2017年・第30回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、観客賞を受賞した。
コロナ自粛でアマゾン。初回から2度目。松岡の良さは格別。

 

 

| | コメント (0)

2020-061M 「ヴァイブレータ」☆☆☆★★

Sviv邦題:ヴァイブレータ
時間:95分
公開:2003-12-06
製作年度:2003
製作国:日本
配給:ステューディオ スリー=シネカノン
製作総指揮:
製作:高橋紀成
監督:廣木隆一
脚本:荒井晴彦
原作:赤坂真理
撮影:鈴木一博
音楽:石川光
出演:寺島しのぶ、大森南朋、田口トモロヲ、戸田昌宏、高柳絵理子、牧瀬里穂、坂上みき、村上淳、野村祐人

アルコール依存症の女性レポライターと長距離トラック運転手が織りなす、行きずりの愛の物語。監督は「刑事まつり/刑事VS刑事」の廣木隆一。赤坂真理の同名小説を基に、「KT」の荒井晴彦が脚色。撮影監督に「1980」の鈴木一博があたっている。主演は、「赤目四十八瀧心中未遂」の寺島しのぶと同じく「赤目四十八瀧心中未遂」の大森南朋。第77回本誌日本映画ベスト・テン第3位、日本映画主演女優賞(寺島しのぶ)受賞、日本映画新人女優賞(寺島しのぶ)受賞、日本映画助演男優賞(大森南朋)受賞、日本映画脚本賞受賞、第60回ヴェネチア国際映画祭出品、第46回ブルーリボン賞主演女優賞(寺島しのぶ)受賞、第25回ヨコハマ映画祭2003年日本映画ベストテン第1位、作品賞受賞、監督賞受賞、脚本賞受賞、主演女優賞(寺島しのぶ)受賞、助演男優賞(大森南朋)受賞、第16回東京国際映画祭コンペティション部門出品、優秀女優賞(寺島しのぶ)受賞、日本映画ペンクラブ賞会員選出ベスト5日本映画第5位、芸術文化振興基金協賛作品。

| | コメント (0)

2020-057M 「うた魂♪」☆☆☆

Sutatama邦題:うた魂♪
時間:120分
公開:2008-04-05
製作年度:2008
製作国:日本
配給:日活
製作総指揮:
製作:
監督:田中誠
脚本:栗原裕光 田中誠
原作:
撮影:鈴木一博
音楽:林祐介
出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、岩田さゆり、森下能幸、田中要次、山中崇、加勢大周、利重剛、ともさかりえ、間寛平、薬師丸ひろ子

北海道のとある町。高校の合唱部に所属するかすみは、歌っている自分が大好きで、ルックスにも才能にも自信満々。しかし、憧れの生徒会長に、歌っている時の顔を“産卵中の鮭みたい”と言われて自信喪失。そんな彼女の前に、合唱をこよなく愛するヤンキーの権藤が現れて……。函館イルミナシオン映画祭第8回シナリオ大賞を受賞した脚本を夏帆主演で映画化。ヤンキー高校生・権藤をお笑い芸人のゴリ(ガレッジセール)が演じる。
当時気になっていたが結局タイミングが合わずに見逃していた。まあ、見逃していても問題はなかったようだ。

| | コメント (0)

2020-056M 「サマータイムマシン・ブルース」☆☆☆★★

Ssummertimemachine邦題:サマータイムマシン・ブルース
時間:107分
公開:2005-09-03
製作年度:2005
製作国:日本
配給:東芝エンタテインメント
製作総指揮:
製作:本広克行
監督:本広克行
脚本:上田誠
原作:上田誠
撮影:川越一成
音楽:HALFBY
出演:瑛太 、上野樹里 、与座嘉秋 、川岡大次郎 、ムロツヨシ 、永野宗典 、本多力 、真木よう子 、升毅 、三上市朗 、楠見薫 、川下大洋 、佐々木蔵之介

 

2007年9月以来久しぶりに観る。アマゾン。以下は初見の感想。
本広監督が肩の力を抜いて作り上げた佳作。たぶん原作になってる舞台劇がすっごく完成度高いんだろうなって思う。時間旅行のどたばたが計算されて矛盾なく きちんと筋が通っているから安心してクライマックスまで堪能できる。それぞれの俳優の生き生きとした明るく一生懸命な演技がね。映像的にも監督がこころみ てる特殊効果は成功してる。真夏のかげろうのような風景のゆらめきが、ある夏の一日の一瞬が永遠に続く物語の鍵になってる「不思議」さをうまく表現して る。こういう作品をみると、やっぱり脚本が良くなきゃね、って思うし、それを表現する俳優が適役だったり、そう動かす監督がいい仕事してたりっていう全部 の要素が奇跡のようね揃った映画って素敵って心から思うわ

 

 

 

| | コメント (0)

2020-043M 「コンフィデンスマンJP プリンセス編」☆☆☆★★

Confidence2020邦題:コンフィデンスマンJP プリンセス編
時間:124分
公開:2020-05-01
製作年度:2020
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:石原隆 市川南
監督:田中亮
脚本:古沢良太
原作:
撮影:板倉陽子
音楽:fox capture plan
出演:長澤まさみ(ダー子)、東出昌大(ボクちゃん)、小手伸也(五十嵐)、小日向文世(リチャード)、織田梨沙(モナコ)、関水渚(コックリ)、瀧川英次(ちょび髭)、前田敦子(鈴木さん)、ビビアン・スー(ブリジット・フウ)、白濱亜嵐(アンドリュウ・フウ)、古川雄大(クリストファー・フウ)、滝藤賢一(ホテルの支配人)、濱田岳(ユージーン)、濱田マリ(ヤマンバ)、デヴィ・スカルノ(元某国大統領夫人)、石黒賢(城ケ崎善三)、生瀬勝久(ホー・ナムシェン)、柴田恭兵(トニー・ティン)、北大路欣也(レイモンド・フウ)、竹内結子(スタア)、三浦春馬(ジェシー)、広末涼子(韮山波子)、江口洋介(赤星栄介)

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版第2弾。世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンドが他界した。10兆円とも言われる遺産をめぐりブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟が火花を散らすが、執事トニーが相続人として発表したのは、誰もその存在を知らない隠し子ミシェルだった。世界中からミシェルを名乗る詐欺師たちが“伝説の島”ランカウイ島に集結する中、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もフウ家に入り込み、華麗かつ大胆にコンゲームを仕かけるが……。共演には、劇場版前作「ロマンス編」の竹内結子、三浦春馬、テレビドラマ版の広末涼子、江口洋介らシリーズでおなじみのキャストに加え、「町田くんの世界」の関水渚、「アクシデンタル・スパイ」のビビアン・スー、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」「EXILE」の白濱亜嵐らが新たに参加。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧