2018-075M 「空飛ぶタイヤ」☆☆☆★

Soratobu 邦題:空飛ぶタイヤ
時間:120分
公開:2018-06-15
製作年度:2018
製作国:日本
配給:松竹
製作総指揮:
製作:
監督:本木克英
脚本:林民夫
原作:池井戸潤
撮影:藤澤順一
音楽:安川午朗
出演:長瀬智也(赤松徳郎)、ディーン・フジオカ(沢田悠太)、高橋一生(井崎一亮)、深田恭子(赤松史絵)、岸部一徳(狩野威)、笹野高史(宮代直吉)、寺脇康文(高幡真治)、小池栄子(榎本優子)、阿部顕嵐(門田駿一)、ムロツヨシ(小牧重道)、中村蒼(杉本元)、柄本明(野村征治)、佐々木蔵之介(相沢寛久)
テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名ベストセラー小説を、長瀬智也主演で新たに映画化。ある日トラックの事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社社長、赤松徳郎が警察から聞かされたのは、走行中のトラックからタイヤが突然外れたという耳を疑う事実だった。整備不良を疑われ、世間からもバッシングを受ける中、トラックの構造自体の欠陥に気づいた赤松は、製造元であるホープ自動車に再調査を要求する。しかし、なかなか調査が進展を見せないことに苛立った赤松は、自ら調査を開始。そこで赤松は大企業によるリコール隠しの現実を知ることとなる。長瀬が主人公の赤松役を演じる。監督は「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-073M 「オーバードライブ」☆☆☆★★

Overdribve 原題:OVER DRIVE
邦題:オーバードライブ
時間:105分
公開:2018-06-01
製作年度:2018
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:吉崎圭一、市川南
監督:羽住英一郎
脚本:桑村さや香
原作:
撮影:木村信也
音楽:佐藤直紀
出演:東出昌大(檜山篤洋)、新田真剣佑(檜山直純)、森川葵(遠藤ひかる)、北村匠(海新海彰)、町田啓太(益田順平)、要潤、吉田鋼太郎(都築一星)
東出昌大と新田真剣佑が公道自動車レース「ラリー」に生きる兄弟を演じるヒューマンエンタテインメント。真面目で確かな腕を持つメカニックの兄・檜山篤洋と、世界ラリー選手権へのステップアップを目指す天才ドライバーの弟・檜山直純。篤洋の助言を無視して、無謀で勝気なレースを展開する直純はラウンドごとに篤洋と衝突を繰り返し、いつしかチームにも険悪なムードが漂い始めていた。ある日、直純の新しいマネジメント担当として、ラリーの知識がまったくない場違いな遠藤ひかるがやってくる。そんな彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そしてチーム全員を巻き込む試練だった。東出が兄の篤洋、新田が弟の直純、森川葵がひかるをそれぞれ演じる。監督は「海猿」「暗殺教室」など数々のヒット作を手がけた羽住英一郎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-069M 「犬猿」☆☆☆★★★

Kennen 邦題:犬猿
時間:103分
公開:2018-02-10
製作年度:2018
製作国:日本
配給:東京テアトル
製作総指揮:
製作:
監督:吉田恵輔
脚本:吉田恵輔
原作:
撮影:志田貴之
音楽:めいなCo.
出演:窪田正孝(金山和成)、新井浩文(金山卓司)、江上敬子(幾野由利亜)、筧美和子(幾野真子)、阿部亮平、木村和貴、後藤剛範、小林勝也、角替和枝
「ヒメアノ~ル」の吉田恵輔が4年ぶりにオリジナル脚本でメガホンをとり、見た目も性格も正反対な兄弟と姉妹を主人公に描いた人間ドラマ。印刷会社の営業マンとして働く真面目な青年・金山和成は、乱暴でトラブルばかり起こす兄・卓司の存在を恐れていた。そんな和成に思いを寄せる幾野由利亜は、容姿は悪いが仕事ができ、家業の印刷工場をテキパキと切り盛りしている。一方、由利亜の妹・真子は美人だけど要領が悪く、印刷工場を手伝いながら芸能活動に励んでいる。そんな相性の悪い2組の兄弟姉妹が、それまで互いに対して抱えてきた複雑な感情をついに爆発させ……。和成役を「東京喰種 トーキョーグール」の窪田正孝、卓司役を「百円の恋」の新井浩文、由利亜役をお笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子、真子役を「闇金ウシジマくん Part3」の筧美和子がそれぞれ演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-065M 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」☆☆★★

Jojo 邦題:ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
時間:118分
公開:2017-08-04
製作年度:2017
製作国:日本
配給:東宝、ワーナー・ブラザース
製作総指揮:
製作:
監督:三池崇史
脚本:江良至
原作:荒木飛呂彦
撮影:
音楽:
出演:山崎賢人(東方仗助)、神木隆之介(広瀬康一)、小松菜奈(山岸由花子)、岡田将生(虹村形兆)、新田真剣佑(虹村億泰)、観月ありさ(東方朋子)、國村隼(東方良平)、山田孝之(片桐安十郎)、伊勢谷友介(空条承太郎)
シリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦の大ヒットコミック「ジョジョの奇妙な冒険」初の実写映画化作。東宝とワーナー・ブラザース映画が初タッグを組み、原作の第4部「ダイヤモンドは砕けない」を、三池崇史監督×山崎賢人主演でスクリーンに描き出す。共演には神木隆之介、小松菜奈、山田孝之、伊勢谷友介ら豪華キャストが集う。美しい海辺の町・杜王町(もりおうちょう)に暮らし、見た目こそ不良だが心根は優しい高校生の東方仗助は、「スタンド」と呼ばれる特殊能力の持ち主。仗助のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものを直すことができるというものだった。一見すると平和に見える杜王町では、このところ不審な変死事件が続発しており、一連の事件が自分とは別のスタンドを使う者たちによる犯行だと知った仗助は、町を守るために立ち上がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-027M 「去年の冬、きみと別れ」☆☆☆★★

Kyonennofuyu 邦題:去年の冬、きみと別れ
時間:118分
公開:2018-03-10
製作年度:2018
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:高橋雅美
製作:
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
原作:中村文則
撮影:河津太郎
音楽:上野耕路
出演:岩田剛典(耶雲恭介)、山本美月(松田百合子)、斎藤工(木原坂雄大)、浅見れいな(木原坂朱里)、土村芳、北村一輝(小林良樹)
芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のパフォーマーで、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」などで俳優としても人気の岩田剛典主演で実写映画化。婚約者との結婚を間近に控えた新進気鋭のルポライター耶雲恭介は、盲目の美女が巻き込まれた不可解な焼死事件と、容疑者の天才写真家・木原坂雄大について調べはじめる。しかし真相を追ううちに、いつしか抜け出すことのできない深みに飲み込まれていく。耶雲の婚約者・百合子役に「ピーチガール」の山本美月、事件の容疑者・木原坂役に「昼顔」の斎藤工。「犯人に告ぐ」の瀧本智行が監督を務め、「無限の住人」の大石哲也が脚本を担当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-037M 「関ヶ原」☆☆☆

Sekigahara 邦題:関ヶ原
時間:149分
公開:2017-08-26
製作年度:2017
製作国:日本
配給:東宝、アスミック・エース
製作総指揮:
製作:
監督:原田眞人
脚本:原田眞人
原作:司馬遼太郎
撮影:柴主高秀
音楽:富貴晴美
出演:岡田准一(石田三成)、役所広司(徳川家康)、有村架純(初芽)、平岳大(島左近)、東出昌大(小早川秀秋)、北村有起哉(井伊直政)、伊藤歩(蛇白/阿茶)、中嶋しゅう(赤耳)、音尾琢真(福島正則)、松角洋平(加藤清正)、和田正人(黒田長政)、キムラ緑子(北政所)、滝藤賢一(豊臣秀吉)
司馬遼太郎の名作小説を、岡田准一、役所広司、有村架純ら豪華キャスト共演で映画化。「日本のいちばん長い日」「わが母の記」の原田眞人監督がメガホンをとり、石田三成の義を貫いた生き様を軸に、関ヶ原の戦いを真っ向から描き出す。幼くして豊臣秀吉に才能を認められ、取りたてられた石田三成は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていた。そんな三成の下には、猛将として名高い島左近や伊賀の忍びの初芽らが仕えるようになるが、秀吉の体調が思わしくないなか、天下取りの野望を抱く徳川家康は、言葉巧みに武将たちを自陣に引き込んでいった。そして1598年8月、秀吉が逝去。1600年9月15日、毛利輝元を総大将に立てた三成の西軍と、家康率いる東軍が関ヶ原で天下分け目の決戦に挑むこととなる。主演の岡田が不器用で人間味あふれる新たな三成像に挑み、役所が天下取りの野望に燃える家康役を演じる。さらに三成を命がけで守りながら彼に密かに恋心を抱く忍び・初芽役で、有村が本格時代劇に初挑戦した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-036M 「祈りの幕が下りる時」☆☆☆★★

Inorinomaku 邦題:祈りの幕が下りる時
時間:119分
公開:2018-01-27
製作年度:2018
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:
監督:福澤克雄
脚本:李正美
原作:東野圭吾
撮影:須田昌弘
音楽:菅野祐悟
出演:阿部寛加賀恭一郎、松嶋菜々子浅居博美、溝端淳平松宮脩平、田中麗奈金森登紀子、キムラ緑子浅居厚子、烏丸せつこ宮本康代、春風亭昇太大林
阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の翼 劇場版・新参者」に続き、阿部が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる。父との確執、母の失踪など、これまで明かされることがなかった加賀自身の謎が明らかとなる。東京都葛飾区小菅のアパートで滋賀県在住の押谷道子の絞殺死体が発見された。アパートの住人も姿を消し、住人と押谷の接点は見つからず、滋賀県在住の押谷が東京で殺された理由もわからず捜査は難航する。捜査を進める中で加賀は、押谷が中学の同級生で演出家の浅居博美をたずねて東京にやってきたことを突き止めるが……。演出家の浅居博美役を松嶋菜々子が演じるほか、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、伊藤蘭、小日向文世らが顔をそろえる。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」「3年B組金八先生」など数多くのヒットドラマを手がけた福澤克雄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-014M 「GODZILLA 怪獣惑星」☆☆☆

Kaijuwakusei 邦題:GODZILLA 怪獣惑星
時間:90分
公開:2017-11-17
製作年度:2017
製作国:日本
配給:東宝映像事業部
製作総指揮:
製作:大田圭二
監督:静野孔文、瀬下寛之
脚本:虚淵玄
原作:虚淵玄
撮影:
音楽:服部隆之
出演:宮野真守(ハルオ・サカキ)、櫻井孝宏(メトフィエス)、花澤香菜(ユウコ・タニ)、杉田智和(マーティン・ラッザリ)、梶裕貴(アダム・ビンデバルト)
日本が誇る「ゴジラ」シリーズ初の長編アニメーション映画。巨大な怪獣たちが支配する2万年後の地球を舞台に、故郷を取り戻すべく帰還した人類の闘いを描く3部作の第1部。20世紀末、巨大生物「怪獣」とそれを凌駕する究極の存在「ゴジラ」が突如として地球に現われた。人類は半世紀にわたる戦いの末に地球脱出を計画し、人工知能により選ばれた人々だけが移民船で旅立つが、たどり着いた星は人類が生存できる環境ではなかった。移民の可能性を閉ざされた船内では、両親の命を奪ったゴジラへの復讐に燃える青年ハルオを中心とする「地球帰還派」が主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断。しかし帰還した地球では既に2万年もの歳月が流れており、ゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた……。「名探偵コナン」シリーズの静野孔文と、「亜人」の瀬下寛之が監督をつとめ、「PSYCHO-PASS サイコパス」の虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当。「シドニアの騎士」「亜人」などセルルックの3DCGアニメーションを多く手がけるポリゴン・ピクチュアズが制作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-235M 「北の桜守」☆☆☆

Sakuramori 邦題:北の桜守
時間:126分
公開:2018-03-10
製作年度:2018
製作国:日本
配給:東映
製作総指揮:
製作:
監督:滝田洋二郎
脚本:那須真知子
舞台演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
撮影:浜田毅
音楽:小椋佳、星勝
出演:吉永小百合(江蓮てつ)、堺雅人(江蓮修二郎)、篠原涼子(江蓮真理)、岸部一徳(山岡和夫)、高島礼子(島田光江)、永島敏行、笑福亭鶴瓶(居酒屋たぬきの主人)、中村雅俊(岡部大吉)、阿部寛(江蓮徳次郎)、佐藤浩市(菅原信治)、毎熊克哉(岩木)、安田顕(杉本久)、野間口徹(木村学)
女優・吉永小百合の120作目となる映画出演作で、吉永主演の「北の零年」「北のカナリアたち」に続く「北の三部作」の最終章に位置付けられるヒューマンドラマ。吉永と堺雅人が親子役で共演し、「おくりびと」の名匠・滝田洋二郎監督が、戦中から戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と子の約30年にわたる軌跡を丁寧に描き出した。1945年、樺太で家族と暮らしていた日本人女性・江蓮てつは、ソ連軍の侵攻によって土地を追われてしまう。息子2人を連れて北海道の網走にたどり着いた彼女は、過酷な環境や貧しさと戦いながら息子たちを必死に育て上げる。71年、てつの次男・修二郎はビジネスで成功を収め、15年ぶりに網走を訪れる。しかしそこに長男の姿はなく、母はたったひとりで夫を待ち続けながら慎ましい生活を送っていた。すっかり年老いた母の姿を見て、札幌で一緒に暮らすことを決める修二郎だったが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-231M 「イヴの時間 劇場版」☆☆☆

Evenojikan 邦題:イヴの時間 劇場版
時間:106分
公開:2010-03-06
製作年度:2010
製作国:日本
配給:アスミック・エース
製作総指揮:
製作:長江努
監督:吉浦康裕/スタジオ六花
作画監督:茶山隆介
脚本:吉浦康裕
原作:吉浦康裕
撮影:
音楽:岡田徹
出演:福山潤、野島健児、田中理恵、佐藤利奈、ゆかな、中尾みち雄、伊藤美紀、沢城みゆき、清川元夢、杉田智和、山口由里子、水谷優子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧