2021-173M 「聖☆おにいさん 第III紀」☆☆☆★

Sseionisaun3邦題:聖☆おにいさん 第III紀
時間:55分
公開:2020-01-24
製作年度:2020
製作国:日本
配給:S・D・P
製作総指揮:山田孝之
製作:
監督:福田雄一
脚本:福田雄一
原作:中村光
撮影:
音楽:
出演:松山ケンイチ(イエス)、染谷将太(ブッダ)、山野海(松田さん)

イエスとブッダが東京・立川でルームシェアをして暮らすというシュールな設定で人気を集める中村光のギャグマンガ「聖☆おにいさん」の実写ドラマ版第3期。漫才コンテストに挑むためのネタ作りに励み、暑さをしのぐために入ったファミレスで長時間滞在し、カラオケボックスでは神がかりな演出を起こしてしまうなど、イエス&ブッダの聖人コンビが繰り広げる、相変わらずな日常を描く。スタッフ&キャストは、監督・脚本に「銀魂」「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一、製作総指揮に山田孝之、イエス役に松山ケンイチ、ブッダ役に染谷将太とこれまで同様。NHK総合でのテレビ放送とNetflixでの配信に加え、期間限定で劇場上映される。

| | コメント (0)

2021-172M 「聖☆おにいさん 第II紀」☆☆☆★

Sseioniisan2邦題:聖☆おにいさん 第II紀
時間:分
公開:2019-06-06
製作年度:2019
製作国:日本
配給:パンチとロン毛 製作委員会
製作総指揮:山田孝之
製作:
監督:福田雄一
脚本:福田雄一
原作:中村光
撮影:
音楽:
出演:松山ケンイチ(イエス)、染谷将太(ブッダ)、山野海(松田さん)、山田裕貴(警察官)

東京・立川でルームシェアをして暮らすイエスとブッダの日常を描く人気ギャグマンガを、「銀魂」「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督が実写化したドラマの第2期。動画配信サイト「ピッコマTV」での配信に加え、期間限定で劇場上映もされる。第2期では、住み慣れた立川を飛び出し、パソコンオタクのイエスがずっと行きたかった、オタクの聖地・秋葉原に降り立った2人が、行く先々で「奇跡」よって笑いを巻き起こす姿を描く。第1期から引き続き山田孝之が製作総指揮に名を連ね、松山ケンイチ&染谷将太という実力派の2人がイエスとブッダをそれぞれ演じる。そのほか、ゲストキャラクターとしてイエスを補導する警察官役で山田裕貴が出演。

| | コメント (0)

2021-171M 「聖☆おにいさん」☆☆☆★

Sseioniisan1邦題:聖☆おにいさん
時間:77分
公開:2018-10-12
製作年度:2018
製作国:日本
配給:S・D・P
製作総指揮:山田孝之
製作:
監督:福田雄一
脚本:福田雄一
原作:中村光
撮影:
音楽:
出演:松山ケンイチ(イエス)、染谷将太(ブッダ)、山野海(松田さん)、佐藤二朗(医者)

イエスとブッダが東京・立川のアパートでルームシェアをしながら下界でのバカンスを楽しんでいるという設定が話題を呼び、アニメ映画化もされた中村光の人気ギャグ漫画を実写ドラマ化。動画配信サービス「ピッコマTV」での配信に加え、期間限定で劇場上映。俳優の山田孝之が製作総指揮を務め、山田とは「勇者ヨシヒコ」シリーズなどでタッグを組んでいる福田雄一が監督・脚本。イエスを松山ケンイチ、ブッダを染谷将太と実力派の2人が演じるほか、福田作品常連の佐藤二朗も出演。

| | コメント (0)

2021-167M 「場版 アーヤと魔女」☆☆☆★

Sahyatomajo邦題:劇場版 アーヤと魔女
時間:83分
公開:2021-08-27
製作年度:2020
製作国:日本
配給:
製作総指揮:
製作:鈴木敏夫
企画:宮崎駿
監督:宮崎吾朗
脚本:丹羽圭子 郡司絵美
原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
撮影:
音楽:武部聡志
出演:寺島しのぶ(ベラ・ヤーガ)、豊川悦司(マンドレーク)、濱田岳(トーマス)、平澤宏々路(アーヤ)

「ハウルの動く城」の原作でも知られるダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名児童文学を、スタジオジブリが同社初の長編3DCGアニメとして映像化。1990年代のイギリスを舞台に、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、奇妙な家に引き取られ、意地悪な魔女と暮らすことになる姿を描く。孤児として育った10歳のアーヤは、なんでも思い通りになる子どもの家で何不自由なく暮らしていたが、ベラ・ヤーガと名乗るド派手な女とマンドレークという長身男の怪しげな2人組に引き取られることに。魔女だというベラ・ヤーガは手伝いがほしかったからアーヤを引き取ったと言い、魔法を教えてもらうことを条件にアーヤはベラ・ヤーガの助手として働きだすのだが……。宮崎駿が企画し、宮崎吾朗が監督を務めた。主人公アーヤの声を若手女優の平澤宏々路が担当するほか、寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳らがキャストとしてそろう。2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション作品。2020年12月30日にNHK総合で放送。2021年には、テレビ放送版に一部の新カットなどを追加した「劇場版 アーヤと魔女」として劇場公開。
唐突にハッピーエンドになだれ込む。

| | コメント (0)

2021-164M 「孤狼の血 LEVEL2」☆☆☆★★

Skorohnoti2021邦題:孤狼の血 LEVEL2
時間:139分
公開:2021-08-20
製作年度:日本
製作国:東映
配給:
製作総指揮:
製作:村松秀信 木下直哉 山元一朗 丸橋哲彦 堀内大示 與田尚志 藤田浩幸 五老剛 吉村和文 丸山伸一 田中祐介 檜原麻希 鈴木貴幸
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
原作:柚月裕子
撮影:加藤航平
音楽:安川午朗
出演:松坂桃李(日岡秀一)、鈴木亮平(上林成浩)、村上虹郎(近田幸太)、西野七瀬(近田真緒)、早乙女太一(花田優)、斎藤工(橘雄馬)、吉田鋼太郎(綿船陽三)、滝藤賢一(嵯峨大輔)、中村獅童(高坂隆文)、音尾琢真(吉田滋)、矢島健一(友竹啓二)

柚月裕子の小説を原作に、広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いて評判を呼んだ、白石和彌監督による「孤狼の血」の続編。前作で新人刑事として登場した松坂桃李演じる日岡秀一を主人公に、3年後の呉原を舞台にした物語が完全オリジナルストーリーで展開する。3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれて殺害された、伝説のマル暴刑事・大上の跡を継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡。権力を用い、裏の社会を取り仕切る日岡に立ちはだかったのは、上林組組長・上林成浩だった。悪魔のような上林によって、呉原の危うい秩序が崩れていく。日岡役を松坂、上林役を鈴木亮平が演じ、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工らが脇を固める。前作に続き、白石和彌監督がメガホンを取った。
テレビ東京出資作品。鈴木亮平がなかなかすごい。

| | コメント (0)

2021-162M 「子供はわかってあげない」☆☆☆★★

Skodomohawakatte邦題:子供はわかってあげない
時間:138分
公開:2021-08-20
製作年度:2021
製作国:日本
配給:日活
製作総指揮:
製作:筒井竜平 吉田憲一 佐藤美由紀 久保田傑
監督:沖田修一
脚本:ふじきみつ彦 沖田修一
原作:田島列島
撮影:芦澤明子
音楽:牛尾憲輔
出演:上白石萌歌(朔田美波)、細田佳央太(門司昭平)、千葉雄大(門司明大)、古舘寛治(朔田清)、斉藤由貴(朔田由起)、豊川悦司(藁谷友充)、高橋源一郎、湯川ひな、坂口辰平、兵藤公美、品川徹、きたろう

田島列島の人気同名コミックを上白石萌歌主演、「南極料理人」「横道世之介」の沖田修一のメガホンで実写映画化。ひょんなことがきっかけで意気投合した美波ともじくん。美波のもとに突然届いた「謎のお札」をきっかけに、2人は幼い頃に行方がわからなくなった美波の実の父を捜すことになった。女性のような見た目で、探偵をしているというもじくんの兄・明大の協力により、実の父・藁谷友充はあっさりと捜し当ててしまった。美波は今の家族には内緒で、友充に会いに行くが……。主人公・美波役を上白石、もじくん役を「町田くんの世界」の細田佳央太がそれぞれ演じ、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治らが脇を固める。

 

 

| | コメント (0)

2021-161M 「キネマの神様」☆☆☆★

Skinemanokamisama邦題:キネマの神様
時間:125分
公開:2021-08-06
製作年度:2021
製作国:日本
配給:松竹
製作総指揮:
製作:房俊介 阿部雅人
監督:山田洋次
脚本:山田洋次 朝原雄三
原作:原田マハ
撮影:近森眞史
音楽:長村翔太
出演:沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子

松竹映画の100周年を記念した作品で、人気作家・原田マハの同名小説を山田洋次監督が映画化。“映画の神様”を信じ続ける男の人生と、彼を取り巻く人々との愛や友情、家族の物語を描く。映画監督を目指し、助監督として撮影現場で働く若き日のゴウは、撮影所近くの食堂の娘・淑子や仲間の映写技師テラシンとともに夢を語らい、青春の日々を駆け抜けていた。しかし、初監督作「キネマの神様」の撮影初日に転落事故で大きなケガを負い、作品は幻となってしまう。大きな挫折を味わったゴウは夢を追うことを諦めてしまい、撮影所を辞めて田舎へと帰っていった。それから約50年。かつて自身が手がけた「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める。「男はつらいよ」「学校」「釣りバカ日誌」など松竹の看板シリーズを手がけてきた山田監督がメガホンをとり、山田監督作に数多く携わってきた朝原雄三も脚本に参加している。現在のゴウを沢田研二、若き日のゴウを菅田将暉が2人1役で演じる。ゴウ役は当初、志村けんが務める予定だったが、志村が新型コロナウイルス感染症の肺炎により降板、後に死去したことから、かつて志村と同じ事務所でもあった沢田が志村の意思を継ぎ、代役としてゴウを演じることになった。

 

 

| | コメント (0)

2021-158M 「サマーフィルムにのって」☆☆☆★

Ssummerfilm邦題:サマーフィルムにのって
時間:97分
公開:2021-08-06
製作年度:2020
製作国:日本
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:
製作:今野義雄 小西啓介 多湖慎一 川瀬賢二 篠田学
監督:松本壮史
脚本:三浦直之 松本壮史
原作:
撮影:岩永洋 山崎裕典
音楽:剣持学人
出演:伊藤万理華(ハダシ)、金子大地(凛太郎)、河合優実(ビート板)、祷キララ(ブルーハワイ)、板橋駿谷(ダディボーイ)、甲田まひる(花鈴)、ゆうたろう(隼人)、小日向星一(駒田)、池田永吉(増山)、篠田諒(小栗)

元「乃木坂46」の伊藤万理華が主演を務め、時代劇オタクの女子高生が映画制作に挑む姿を、SF要素を織り交ぜながら描いた青春ストーリー。同じく伊藤主演のテレビドラマ「ガールはフレンド」を手がけた松本壮史監督が伊藤と再タッグを組み、長編映画初メガホンをとった。高校3年生ハダシは時代劇映画が大好きだが、所属する映画部で作るのはキラキラとした青春映画ばかり。自分の撮りたい時代劇がなかなか作れずくすぶっていたハダシの前に、武士役にぴったりの理想的な男子、凛太郎が現れる。彼との出会いに運命を感じたハダシは、幼なじみのビート板とブルーハワイを巻き込み、個性豊かなスタッフを集めて映画制作に乗り出す。文化祭での上映を目指して順調に制作を進めていくハダシたちだったが、実は凛太郎の正体は未来からタイムトラベルしてきた未来人で……。主人公ハダシを伊藤が演じるほか、凛太郎に金子大地、ビート板に河合優実、ブルーハワイに祷キララとフレッシュなキャストがそろった。
映画「愛」に溢れかえる、トキカケ、ナツトビラ。

| | コメント (0)

2021-142M 「かそけきサンカヨウ」☆☆☆

Skasokekisankayou邦題:かそけきサンカヨウ
時間:115分
公開:2021-10-15
製作年度:2021
製作国:日本
配給:イオンエンターテイメント
製作総指揮:
製作:
監督:今泉力哉
脚本:澤井香織 今泉力哉
原作:窪美澄
撮影:
音楽:ゲイリー芦屋
出演:志田彩良、鈴鹿央士、中井友望、鎌田らい樹、遠藤雄斗、石川恋、鈴木咲、古屋隆太、芹澤興人、海沼未羽、鷺坂陽菜、和宥、辻凪子、佐藤凛月、菊池亜希子、梅沢昌代、西田尚美、石田ひかり、井浦新

人気作家・窪美澄の同名短編小説を「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉監督のメガホンで映画化。高校生の陽は、幼い頃に母の佐千代が家を出て、父の直とふたり暮らしをしていた。しかし、父が再婚し、義母となった美子とその連れ子の4歳のひなたとの4人家族の新たな暮らしが始まった。そんな新しい暮らしへの戸惑いを、同じ美術部に所属する陸に打ち明ける。実の母・佐千代への思いを募らせていた陽は、絵描きである佐千代の個展に陸と一緒に行く約束をする。陽役をドラマ「ドラゴン桜」「ゆるキャン△2」などで注目され、今泉監督の「パンとバスと2度目のハツコイ」「mellow」にも出演した志田彩良、直役を井浦新が演じるほか、鈴鹿央士、石田ひかり、菊池亜希子らが顔をそろえる。

 

| | コメント (0)

2021-139M 「空白」☆☆☆★★★

Skuhaku邦題:空白
時間:107分
公開:2021-09-23
製作年度:2021
製作国:日本
配給:スターサンズ、KADOKAWA
製作総指揮:
製作:河村光庸
監督:吉田恵輔
脚本:吉田恵輔
原作:
撮影:志田貴之
音楽:世武裕子
出演:古田新太(添田充)、松坂桃李(青柳直人)、田畑智子(松本翔子)、藤原季節(野木龍馬)、趣里(今井若菜)、伊東蒼(添田花音)、片岡礼子(中山緑)、寺島しのぶ(草加部麻子)

「ヒメアノ~ル」の吉田恵輔監督によるオリジナル脚本作品で、古田新太主演、松坂桃李共演で描くヒューマンサスペンス。女子中学生の添田花音はスーパーで万引しようとしたところを店長の青柳直人に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれて死んでしまう。娘に無関心だった花音の父・充は、せめて彼女の無実を証明しようと、事故に関わった人々を厳しく追及するうちに恐ろしいモンスターと化し、事態は思わぬ方向へと展開していく。悪夢のような父親・添田を古田、彼に人生を握りつぶされていく店長・青柳を松坂が演じ、「さんかく」の田畑智子、「佐々木、イン、マイマイン」の藤原季節、「湯を沸かすほどの熱い愛」の伊東蒼が共演。
登場人物全員コミュ障なドラマ。役者が全て至高の演技。なかでも寺島しのぶの存在感には鳥肌がたつ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧