2024-202M 「大いなる不在」☆☆☆★

Soinarufuzai邦題:大いなる不在
時間:133分
公開:2024-07-12
製作年度:2023
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:近浦啓 堀池みほ
監督:近浦啓
脚本:近浦啓 熊野桂太
原作:
撮影:山崎裕
音楽:糸山晃司
出演:森山未來(遠山卓)、真木よう子(遠山夕希)、原日出子(遠山直美)、藤竜也(遠山陽二)、三浦誠己、神野三鈴、利重剛、塚原大助、市原佐都子

長編デビュー作「コンプリシティ 優しい共犯」がトロント、ベルリン、釜山などの国際映画祭に招待され高い評価を得た近浦啓監督の第2作。森山未來が主演を務め、藤竜也と親子役で初共演を果たしたヒューマンサスペンス。

幼い頃に自分と母を捨てた父が事件を起こして警察に捕まった。知らせを受けて久しぶりに父である陽二のもとを訪ねることになった卓(たかし)は、認知症で別人のように変わり果てた父と再会する。さらに、卓にとっては義母になる、父の再婚相手である直美が行方をくらましていた。一体、彼らに何があったのか。卓は、父と義母の生活を調べ始める。父の家に残されていた大量の手紙やメモ、そして父を知る人たちから聞く話を通して、卓は次第に父の人生をたどっていくことになるが……。

主人公・卓を森山未來が演じ、父・陽二役は「コンプリシティ 優しい共犯」でも近浦監督とタッグを組んだ藤竜也が務めた。卓の理解者となる妻の夕希役は真木よう子、行方知れずの義母・直美役は原日出子。第71回サン・セバスチャン国際映画祭のコンペティション部門で藤竜也がシルバー・シェル賞(最優秀俳優賞)を受賞。第67回サンフランシスコ国際映画祭では最高賞のグローバル・ビジョンアワードを受賞。

| | コメント (0)

2024-196M 「キングダム 大将軍の帰還」☆☆☆★★★

Skingdom2024daisyogunkikan邦題:キングダム 大将軍の帰還
時間:145分
公開:2024-07-12
製作年度:2024
製作国:日本
配給:東宝、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:大好誠 飯沼伸之
製作:瓶子吉久 澤桂一 桑原勇蔵 門屋大輔 市川南 松本拓也 松橋真三 弓矢政法 杉浦修 名倉健司 本間道幸 舛田淳
監督:佐藤信介
脚本:黒岩勉 原泰久
原作:原泰久
撮影:佐光朗
音楽:やまだ豊
出演:山崎賢人(信)、吉沢亮(エイ政)、橋本環奈(河了貂)、清野菜名(羌カイ)、山田裕貴(万極)、岡山天音(尾平)、三浦貴大(尾到)、新木優子(摎)、吉川晃司(?煖)、高嶋政宏(昌文君)、要潤(騰)、加藤雅也(肆氏)、高橋光臣(干央)、平山祐介(蒙武)、山本耕史(趙荘)、草刈正雄(昭王)、長澤まさみ(楊端和)、玉木宏(昌平君)、佐藤浩市(呂不韋)、小栗旬(李牧)、大沢たかお(王騎)

原泰久の同名人気漫画を実写映画化した大ヒット作「キングダム」シリーズの第4作。

春秋戦国時代の中国。馬陽の戦いで、隣国・趙の敵将を討った秦国の飛信隊の信(しん)たちの前に趙軍の真の総大将・ほう煖(ほうけん)が突如現れた。自らを「武神」と名乗るほう煖の急襲により部隊は壊滅的な痛手を追い、飛信隊の仲間たちは致命傷を負った信を背負って決死の脱出劇を試みる。一方、その戦局を見守っていた総大将・王騎は、ほう煖の背後に趙のもう一人の化け物、天才軍師・李牧(りぼく)の存在を感じ取っていた。

信役の山崎賢人、えい政役の吉沢亮、楊端和(ようたんわ)役の長澤まさみ、王騎役の大沢たかおらレギュラーキャストに加え、前作から参加したほう煖役の吉川晃司、李牧役の小栗旬らが続投。新木優子が謎多き武将・摎(きょう)役で新たに出演する。監督も引き続き佐藤信介が務め、原作者の原も1作目から通して脚本に参加している。

初作から見続けているシリーズ。いちおう、王騎将軍推しである。存在に怪しさ満点の将軍だが、過去の因縁が全て解き明かされていく。そしてそれらが収束していくが故に、本作は悲しい結末となる。ともあれ、世界に通用するレベルのスペクタクルを見せてくれる本シリーズだが、今回も期待通りの娯楽大作、クオリティ高い最新作だった。嬉しいことに、さらなる続編のアナウンスもあるようだ。楽しみだ。

| | コメント (0)

2024-193M 「言えない秘密」☆☆☆★

Sienaihimitsu邦題:言えない秘密
時間:114分
公開:2024-06-28
製作年度:2024
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:依田巽 中村浩子 松下幸生 高見洋平 渡辺和則
監督:河合勇人
脚本:松田沙也
原作:ジェイ・チョウ
撮影:足立真仁
音楽:富貴晴美
出演:京本大我(樋口湊人)、古川琴音(内藤雪乃)、横田真悠(浅野ひかり)、三浦りょう太(棚橋順也)、坂口涼太郎(広瀬慎之介)、皆川猿時(山本修治)、西田尚美(内藤敦子)、尾美としのり(樋口透)

アイドルグループ「SixTONES」の京本大我と「偶然と想像」の古川琴音が共演したラブストーリー。アジア圏で大ヒットを記録した2007年の同名台湾映画を原案に、「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」の河合勇人監督がメガホンをとった。

ピアノ留学から帰国して伝統ある音楽大学に編入した湊人は、過去のトラウマのせいで思うようにピアノが弾けなくなってしまっていた。そんなある日、湊人は、取り壊しが迫った旧講義棟の演奏室で、神秘的なピアノを奏でる雪乃と出会う。美しい旋律に強くひかれた湊人は曲名を尋ねるが、雪乃は秘密だという。2人は自然とひかれ合い、湊人は雪乃の明るく純粋なピアノの演奏に触れるうちに、再び音楽と向き合うことができるようになっていく。かけがえのない日々を過ごす2人だったが、ある日突然、雪乃は湊人の前から姿を消してしまう。

その他の出演に「鯨の骨」の横田真悠、「彼女が好きなものは」の三浦りょう太、「ちはやふる」シリーズの坂口涼太郎。

17年前の台湾映画をリメイクしたラブストーリー。しかし台湾映画はすぐれた「タイムリープ」ものがあるね。「一秒先・・」もそうだったし。若干の矛盾は強引に無視して、ストーリーの落としどころへ突破していく。

| | コメント (0)

2024-191M 「先生の白い嘘」☆☆☆

Ssenseinoshiroiuso邦題:先生の白い嘘
時間:117分
公開:2024-07-05
製作年度:2024
製作国:日本
配給:松竹ODS事業室/イノベーション推進部
製作総指揮:井上貴弘
製作:久野達士 五老剛
監督:三木康一郎
脚本:安達奈緒子
原作:鳥飼茜
撮影:板倉陽子
音楽:コトリンゴ
出演:奈緒(原美鈴)、猪狩蒼弥(新妻祐希)、三吉彩花(渕野美奈子)、田辺桃子、井上想良、小林涼子、森レイ子、吉田宗洋、板谷由夏、ベンガル、風間俊介(早藤雅巳)

男女間の性の格差を描いて反響を呼んだ鳥飼茜の同名漫画を実写映画化。自らの性に対して抱える矛盾した感情や、男女間に存在する性の格差に向き合う女性の姿を通して、人の根底にある醜さと美しさを描き出す。

高校教師の原美鈴は、女であることの不平等さを感じながらも、そのことから目を背けて生きている。そんなある日、親友の渕野美奈子から、早藤雅巳と婚約したことを告げられるが、早藤こそ美鈴に女であることの不平等さの意識を植え付けた張本人だった。早藤を忌み嫌いながらも、彼との行為を通して性への欲望や快楽への渇望が芽生え、呼び出しに応じてしまう美鈴。そんなある日、担当クラスの男子生徒・新妻祐希から性の悩みを打ち明けられた彼女は、思わず本音を漏らしてしまう。新妻は自分に対して本音をさらけ出してくれた美鈴にひかれていくが……。

主人公の美鈴を奈緒が演じ、物語の鍵を握る男子生徒の新妻役を人気グループ「HiHi Jets」の猪狩蒼弥、親友の美奈子役を三吉彩花、美奈子の婚約者で表向きは人当たりの良いエリートサラリーマンだが、裏では女を見下し暴力をふるう早藤役を風間俊介が担当した。監督は「弱虫ペダル」「植物図鑑 運命の恋拾いました」の三木康一郎、脚本は「きのう何食べた?」「おかえりモネ」などのテレビドラマで高い評価を受ける安達奈緒子。

鑑賞プライオリティでは低かったが、あまりに不評なので怖いもの見たさ。あと特別料金の『3面ライブスクリーン』上映の見物でもある。まあ本作がこのプラットフォームに相応しい作品かどうかは別だ。僕らの時代『昭和』では、シネラマや70ミリが、スペシャル感満点な巨大画面のウリだったな。ともあれ、旗艦館の丸の内ピカデリーに仮設の3面スクリーンは違和感満点だ。
で、見終わったが、3面マルチを前提とした作品らしく、シーンのフレーム構成を、3面強調したくだりも。でも、この『普通の人間ドラマ作品』でいいのか?というと違うだろう。普通に考えて、スポーツものや、音楽ものがピッタリと合うのだろう。となると、日本映画にはこのジャンルは不得意な分野だ。というわけで、この新機軸の『松竹の投資』は、劇場に人を呼びたい、という意欲の空回り。始めたので後に引けなかったであろう、日本の古い会社の体質の徒花だろう。BSチャンネルもそうだが、どうも斜め上にしか向かっていない気がする。大丈夫か?松竹!

| | コメント (0)

2024-176M 「朽ちないサクラ」☆☆☆★★

Skuchinaisakura邦題:朽ちないサクラ
時間:119分
公開:2024-06-21
製作年度:2024
製作国:日本
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
製作総指揮:
製作:遠藤里紗 宮川宗生
監督:原廣利
脚本:我人祥太 山田能龍
原作:柚月裕子
撮影:橋本篤志
音楽:森優太
出演:杉咲花(森口泉)、萩原利久(磯川俊一)、豊原功補(梶山浩介)、森田想、坂東巳之助、駿河太郎、遠藤雄弥、和田聰宏、藤田朋子、安田顕(富樫隆幸)

「孤狼の血」シリーズの柚月裕子による警察ミステリー小説を杉咲花の主演で映画化。杉咲演じる県警の広報職員が、親友の変死事件の謎を独自に調査する中で、事件の真相と公安警察の存在に迫っていくサスペンスミステリー。

たび重なるストーカー被害を受けていた愛知県平井市在住の女子大生が、神社の長男に殺害された。女子大生からの被害届の受理を先延ばしにした警察が、その間に慰安旅行に行っていたことが地元新聞のスクープ記事で明らかになる。県警広報広聴課の森口泉は、親友の新聞記者・津村千佳が記事にしたと疑うが、身の潔白を証明しようとした千佳は一週間後に変死体で発見される。後悔の念に突き動かされた泉は、捜査する立場にないにもかかわらず、千佳を殺した犯人を自らの手で捕まえることを誓うが……。

泉役を杉咲が演じるほか、安田顕、萩原利久、豊原功補らが顔をそろえる。監督は「帰ってきた あぶない刑事」の監督に抜てきされた原廣利。

| | コメント (0)

2024-173M 「Ryuichi Sakamoto | Opus」☆☆☆★

Ssakamotor邦題:Ryuichi Sakamoto | Opus
時間:103分
公開:2024-05-10
製作年度:2023
製作国:日本
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:
製作:空里香 アルバート・トーレン 増渕愛子 エリック・ニアリ
監督:空音央
脚本:
原作:
撮影:ビル・キルスタイン
音楽:坂本龍一
出演:坂本龍一

2023年3月に他界した世界的音楽家・坂本龍一の最後のピアノソロ演奏をモノクロ映像で記録したコンサート映画。

22年9月、東京のNHK509スタジオで行われた坂本龍一のソロコンサート。闘病生活を続けていた坂本は最後の力を振り絞り、自身のためにカスタムメイドされ長年コンサートで愛用してきたヤマハのグランドピアノだけで演奏に臨んだ。坂本の代表作として知られる楽曲「Merry Christmas Mr. Lawrence」、23年に発表した最後のアルバム「12」の収録曲、初めてピアノソロで演奏するYMO時代の名曲「Tong Poo」など、坂本が自ら選曲した20曲で構成。空音央監督をはじめ坂本が全面的に信頼を寄せたスタッフ陣が入念に撮影プランを練り上げ、親密かつ厳密な映像を生み出した。

2023年・第80回ベネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門出品作品。

| | コメント (0)

2024-170M 「九十歳。何がめでたい」☆☆☆★

S90medetai邦題:九十歳。何がめでたい
時間:99分
公開:2024-06-21
製作年度:2024
製作国:日本
配給:松竹
製作総指揮:
製作:岡田有正
監督:前田哲
脚本:大島里美
原作:佐藤愛子
撮影:山本英夫
音楽:富貴晴美
出演:草笛光子(佐藤愛子)、唐沢寿明(吉川真也)、藤間爽子(杉山桃子)、片岡千之助(水野秀一郎)、中島瑠菜(吉川美優)、オダギリジョー、清水ミチコ、LiLiCo、宮野真守(倉田拓也)、石田ひかり、三谷幸喜、木村多江(吉川麻里子)、真矢ミキ(杉山響子)

作家・佐藤愛子が日々の暮らしと世の中への怒りや戸惑いを独特のユーモアでつづったベストセラーエッセイ集を、草笛光子主演で映画化。

これまで数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言して人づきあいも減り、鬱々とした日々を過ごしていた。そんな彼女のもとに、中年の冴えない編集者・吉川がエッセイの執筆依頼を持ち込んでくる。生きづらい世の中への怒りを歯に衣着せぬ物言いでつづったエッセイは思いがけず大反響を呼び、愛子の人生は90歳にして大きく変わり始める。

編集者・吉川を唐沢寿明、愛子の娘・響子を真矢ミキ、孫・桃子を藤間爽子、吉川の妻・麻里子を木村多江、娘・美優を中島瑠菜が演じる。「老後の資金がありません!」などの前田哲監督がメガホンをとり、「水は海に向かって流れる」でも前田監督と組んだ大島里美が脚本を担当。

| | コメント (0)

2024-161M 「違国日記」☆☆☆★

Sikokunikki邦題:違国日記
時間:139分
公開:2024-06-07
製作年度:2024
製作国:日本
配給:東京テアトル 、ショウゲート
製作総指揮:
製作:太田和宏 小山洋平 桑原佳子 奥村景二
監督:瀬田なつき
脚本:瀬田なつき
原作:ヤマシタトモコ
撮影:四宮秀俊
音楽:高木正勝
出演:新垣結衣(高代槙生)、早瀬憩(田汲朝)、夏帆(醍醐奈々)、小宮山莉渚(楢えみり)、中村優子(高代実里)、伊礼姫奈(森本千世)、滝澤エリカ(三森)、染谷将太(塔野和成)、銀粉蝶(高代京子)、瀬戸康史(笠町信吾)

コミック誌「FEEL YOUNG」で2017年から2023年まで連載されたヤマシタトモコの同名漫画を映画化し、人見知りな女性小説家と人懐っこい姪の奇妙な共同生活を描いたヒューマンドラマ。

大嫌いだった姉を亡くした35歳の小説家・高代槙生は、姉の娘である15歳の田汲朝に無神経な言葉を吐く親族たちの態度に我慢ならず、朝を引き取ることに。他人と一緒に暮らすことに戸惑う不器用な槙生を、親友の醍醐奈々や元恋人の笠町信吾が支えていく。対照的な性格の槙生と朝は、なかなか理解し合えない寂しさを抱えながらも、丁寧に日々を重ね生活を育むうちに、家族とも異なるかけがえのない関係を築いていく。

新垣結衣が槙生役、オーディションで抜てきされた新人・早瀬憩が朝役でダブル主演を務め、槙生の友人・醍醐を夏帆、元恋人・笠町を瀬戸康史、朝の親友・楢??えみりを小宮山莉渚がそれぞれ演じる。監督・脚本は「PARKS パークス」「ジオラマボーイ・パノラマガール」の瀬田なつき。

| | コメント (0)

2024-159M 「かくしごと」☆☆☆

Skakussigoto邦題:かくしごと
時間:128分
公開:2024-06-07
製作年度:2024
製作国:日本
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:松岡雄浩 津嶋敬介 小西啓介
製作:
監督:関根光才
脚本:関根光才
原作:北國浩二
撮影:上野千蔵
音楽:Aska Matsumiya
出演:杏(里谷千紗子)、中須翔真(犬養洋一/里谷拓未)、佐津川愛美(野々村久江)、酒向芳(亀田義和)、木竜麻生、和田聰宏、丸山智己、河井青葉、安藤政信(犬養安雄)、奥田瑛二(里谷孝蔵)

長編デビュー作「生きてるだけで、愛。」で注目を集めた映像クリエイターの関根光才が杏を主演に迎え、作家・北國浩二の小説「嘘」を映画化したヒューマンミステリー。

絵本作家の千紗子は、長年にわたって絶縁状態となっていた父・孝蔵が認知症を発症したため、仕方なく故郷へ戻って介護をすることに。他人のような父との同居に辟易する日々を過ごしていたある日、彼女は事故で記憶を失った少年を助ける。その少年の身体に虐待の痕跡を見つけた千紗子は少年を守るため、自分が母だと嘘をついて一緒に暮らし始める。認知症が進む父と3人で、最初はぎこちないながらも次第に心を通わせ、新しい家族のかたちを育んでいく千紗子たちだったが……。

千紗子の父・孝蔵を奥田瑛二、少年を中須翔真が演じ、安藤政信、佐津川愛美、酒向芳が共演。

まあ、大人の身勝手な都合で、子供がかわいそう!な物語。登場する大人たちに、ぜんぜん共感できない。

| | コメント (0)

2024-153M 「告白 コンフェッション」☆☆☆★

Skokuhakuconfeshon邦題:告白 コンフェッション
時間:74分
公開:2024-05-31
製作年度:2024
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:宮川朋之 小林智 依田巽 永山雅也 高見洋平 中村浩子
監督:山下敦弘
脚本:幸修司 高田亮
原作:福本伸行 かわぐちかいじ
撮影:木村信也
音楽:宅見将典
出演:生田斗真(浅井啓介)、ヤン・イクチュン(リュウ・ジヨン)、奈緒(西田さゆり)

「賭博黙示録カイジ」の福本伸行が原作、「沈黙の艦隊」のかわぐちかいじが作画を手がけた漫画「告白 コンフェッション」を、「土竜の唄」シリーズの生田斗真と「息もできない」のヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化。

大学山岳部のOBで親友の浅井とジヨンは、16年前の大学卒業登山中に行方不明となり事故死とされた同級生・西田さゆりの17回忌の慰霊登山に出かけるが、猛吹雪で遭難してしまう。脚に大怪我を負ったジヨンは自分の死を確信し、16年前に自分がさゆりを殺害したと浅井に告白。自身の犯した罪に苛まれ続けてきたジヨンは苦しみから解放され安堵するが、その直後、眼前に山小屋が出現し、2人は命を取り留める。親友の最期の告白を聞いてしまった男と、うっかり言ってしまった男。薄暗い山小屋で救助隊の到着を待つなか、2人の間には気まずく不穏な空気が流れ始める。

「リンダ リンダ リンダ」「カラオケ行こ!」の山下敦弘監督がメガホンをとった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧