2018-068M 「レッド・スパロー」☆☆☆★

Redsparow 原題:Red Sparrow
邦題:レッド・スパロー
時間:140分
公開:2018-03-30
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
製作総指揮:メアリー・マクラグレン、ギャレット・バッシュ
製作:ピーター・チャーニン、スティーブン・ザイリアン、ジェンノ・トッピング、デビッド・レディ
監督:フランシス・ローレンス
脚本:ジャスティン・ヘイス
原作:ジェイソン・マシューズ
撮影:ジョー・ウィレムズ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ジェニファー・ローレンス(ドミニカ・エゴロワ)、ジョエル・エドガートン(ネイト・ナッシュ)、マティアス・スーナールツ(ワーニャ・エゴロフ)、シャーロット・ランプリング(監督官)、メアリー=ルイーズ・パーカー(ステファニー・ブーシェ)、ジェレミー・アイアンズ(コルチノイ)
アカデミー賞女優のジェニファー・ローレンスが、「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督と再タッグを組んだスパイサスペンス。元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説が原作で、捜査対象を美貌で誘惑する「スパロー」と呼ばれる女スパイの活躍を描く。事故でバレリーナになる道を絶たれたドミニカは、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員となり、自らの肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になるための訓練を受ける。やがて組織の中で頭角を現したドミニカは、ロシアの機密情報を探っていたCIA捜査官ナッシュに近づくというミッションを与えられる。接近したドミニカとナッシュは互いに惹かれあいながらも、それぞれのキャリアや忠誠心、国家の安全をかけてだまし合いを繰り広げていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-052M 「レディ・バード」☆☆☆★★

Ladybird 原題:Lady Bird
邦題:レディ・バード
時間:94分
公開:2018-06-01
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:リラ・ヤコブ
製作:スコット・ルーディン、イーライ・ブッシュ、エブリン・オニール
監督:グレタ・ガーウィグ
脚本:グレタ・ガーウィグ
原作:
撮影:サム・レビ
音楽:ジョン・ブライオン
出演:シアーシャ・ローナン(クリスティン(レディ・バード))、ローリー・メトカーフ(マリオン)、トレイシー・レッツ(ラリー)、ルーカス・ヘッジズ(ダニー)、ティモシー・シャラメ(カイル)、ビーニー・フェルドスタイン(ジュリー)、スティーブン・マッキンレー・ヘンダーソン、ロイス・スミス、オデイア・ラッシュ(ジェナ)、ジョーダン・ロドリゲス(ミゲル)、マリエル・スコット(シェリー)、ジェイク・マクドーマン(ブルーノ先生)
「フランシス・ハ」「20センチュリー・ウーマン」などで知られる女優のグレタ・ガーウィグが、自身の出身地でもある米カリフォルニア州サクラメントを舞台に、自伝的要素を盛り込みながら描いた青春映画。「フランシス・ハ」や「ハンナだけど、生きていく!」などでは脚本も手がけ、「Nights and Weekends」(日本未公開)では共同監督を務めた経験もあるガーウィグが、初の単独監督作としてメガホンをとった。カリフォルニア州のサクラメント。閉塞感漂う片田舎の町でカトリック系の女子高に通い、自らを「レディ・バード」と呼ぶ17歳のクリスティンが、高校生活最後の年を迎え、友人やボーイフレンド、家族、そして自分の将来について悩み、揺れ動く様子を、みずみずしくユーモアたっぷりに描いた。主人公クリスティンを「ブルックリン」「つぐない」でアカデミー賞候補にもなった若手実力派のシアーシャ・ローナン、母親マリオン役をテレビや舞台で活躍するベテラン女優のローリー・メトカーフが演じた。第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネート。ガーウィグも女性として史上5人目の監督賞候補になった。
クリスティンが見栄を張るサンフランシスコはパリやソウルや大阪といった大都市主要都市と姉妹都市。ところが彼女が住むサクラメントは愛媛県松山市!その程度の田舎町というコンプレックスがあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-041M 「リメンバー・ミー」☆☆☆★★

Rememberme 原題:Coco
邦題:リメンバー・ミー
時間:105分
公開:2018-03-16
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:ジョン・ラセター
製作:ダーラ・K・アンダーソン
監督:リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ
脚本:エイドリアン・モリーナ、マシュー・オルドリッチ
原作:リー・アンクリッチ、ジェイソン・カッツ、マシュー・オルドリッチ、エイドリアン・モリーナ
撮影:
音楽:マイケル・ジアッキノ
出演:アンソニー・ゴンサレス(ミゲル)、ガエル・ガルシア・ベルナル(ヘクター)、ベンジャミン・ブラット(エルネスト・デラクルス)、アランナ・ウバック(イメルダ)、レニー・ビクター(エレナ)、ジェイミー・カミル(パパ)、アナ・オフェリア・ムルギア(ココ)、ナタリア・コルドバ=バックリー(フリーダ・カーロ)、ソフィア・エスピノーサ(ママ)
「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督が、陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。日本におけるお盆の風習にあたるメキシコの祝日「死者の日」を題材に、音楽を禁じられたギター少年ミゲルの冒険や家族との強い絆を、数々の謎と音楽を散りばめながら描く。天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルはミュージシャンを夢見ているが、過去の悲しい出来事が原因で、彼の一族には音楽禁止の掟が定められていた。ある日ミゲルは、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい「死者の国」へと迷いこんでしまう。ミゲルはそこで出会った陽気で孤独なガイコツのヘクターに協力してもらい、元の世界へ戻る方法を探るが……。物語の鍵を握る劇中歌「リメンバー・ミー」の作詞・作曲を、「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー ありのままで」を手がけたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスが担当した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-039M 「ローズの秘密の頁」☆☆☆★

Rose 原題:The Secret Scripture
邦題:ローズの秘密の頁
時間:108分
公開:2018-02-03
製作年度:2016
製作国:アイルランド
配給:彩プロ
製作総指揮:ギャビン・プールマン、アンドレア・スカルソ、ニコラス・シャルティエ、ジョナサン・デクター、コーマック・クロフォード、ジェレ・ハリス、オーウェン・コルファー
製作:ノエル・ピアソン、ジム・シェリダン、ロブ・クイグリー
監督:ジム・シェリダン
脚本:ジム・シェリダン、ジョニー・ファーガソン
原作:セバスチャン・バリー
撮影:ミハイル・クリチマン
音楽:ブライアン・バーン
出演:ルーニー・マーラ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ジャック・レイナー、テオ・ジェームズ、エリック・バナ
「ドラゴン・タトゥーの女」「キャロル」のルーニー・マーラ主演、「父の祈りを」で第44回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したアイルランドの巨匠ジム・シェリダン監督がメガホンを取った人間ドラマ。取り壊しが決まった精神病院から転院する患者たちを診察するため、病院を訪れた精神科医のスティーブン・グリーンは、赤ん坊殺しの罪で精神障害犯罪者として40年もの間病院に収容されている老女ローズ・F・クリアを看ることに。自分の名が「ローズ・マクナリティ」であると訴え続ける彼女は、赤ん坊殺しの罪を否認し続け、大切にしている聖書の中に何十年にもわたって密かに日記を書きつづっていた。興味を抱いたグリーン医師に、彼女は半世紀前からの自分の人生を語り始める。マーラが若き日のローズを、老年のローズをイギリスを代表する大女優バネッサ・レッドグレーブがそれぞれ演じるほか、エリック・バナ、テオ・ジェームズ、ジャック・レイナーらが脇を固める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-032M 「ロンドン、人生はじめます」☆☆☆

Ondonjinsei 原題:Hampstead
邦題:ロンドン、人生はじめます
時間:102分
公開:2018-05
製作年度:2017
製作国:イギリス
配給:シンカ、STAR CHANNEL MOVIES
製作総指揮:レオン・クラランス、マーク・ウーリー、ロール・ベッセ、ジョー・モンク、アリソン・トンプソン、マーク・グーダー
製作:ロバート・バーンスタイン、ダグラス・レイ
監督:ジョエル・ホプキンス
脚本:ロバート・フェスティンガー
原作:
撮影:フェリックス・ビーデマン
音楽:スティーブン・ウォーベック
出演:ダイアン・キートン(エミリー)、ブレンダン・グリーソン(ドナルド)、レスリー・マンビル(フィオナ)、ジェイソン・ワトキンス(ジェームズ)、ジェームズ・ノートン(フィリップ)、アリスター・ペトリ、フィル・デイビス、サイモン・キャロウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-023M 「恋愛睡眠のすすめ」☆☆★★

Rensui 原題:a Science Des Reves
邦題:恋愛睡眠のすすめ
時間:105分
公開:20207-04-28
製作年度:2005
製作国:フランス
配給:アスミック・エース
製作総指揮:
製作:ジョルジュ・ベルマン
監督:ミシェル・ゴンドリー
脚本:ミシェル・ゴンドリー
原作:
撮影:ジャン=ルイ・ボンポワン
音楽:ジャン=ミシェル・ベルナール
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル, シャルロット・ゲンズブール, アラン・シャバ
「ヒューマンネイチュア」「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が、シャイで引っ込み思案の男の恋愛妄想をコミカルに描くラブコメディ。父親の死をきっかけにメキシコから母親のいるパリに引っ越してきたばかりのステファンは、隣人のステファニーに恋心を抱く。だがシャイな性格が災いして、理想の夢ばかり見るようになり、やがて現実と夢の区別がつかなくなっていく……。
ゴンドリーはかいかぶられすぎている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-021M 「ラブレス」☆☆☆★★

Loceless 原題:Nelyubov
邦題:ラブレス
時間:127分
公開:2018-04-07
製作年度:2017
製作国:ロシア・フランス・ドイツ・ベルギー
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
製作総指揮:エカテリーナ・マラクーリナ、バンサン・マラバル、パスカル・コーシュトゥー
製作:アレクサンドル・ロドニャンスキー
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
脚本:オレグ・ネギン、アンドレイ・ズビャギンツェフ
原作:
撮影:ミハイル・クリチマン
音楽:エフゲニー・ガルペリン、サーシャ・ガルペリン
出演:マルヤーナ・スピバク、アレクセイ・ロズィン
「父、帰る」「裁かれるは善人のみ」などで世界的に高く評価されたロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督が、失踪した息子の行方を追う身勝手な両親の姿を美しくも冷ややかな映像で描き、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したサスペンスドラマ。一流企業で働くボリスと美容院を経営するイニヤの夫婦。離婚協議中の2人にはすでにそれぞれ別々のパートナーがおり、新たな生活のため一刻も早く縁を切りたいと考えていた。2人には12歳の息子アレクセイがいたが、どちらも新生活に息子を必要としておらず、ある日激しい罵り合いの中で息子を押し付け合ってしまう。その翌朝、学校に行ったはずの息子がそのまま行方不明になり、彼らは必死でその行方を捜すが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-010M 「ラザール」☆☆☆

Lazare 原題:Lazare
邦題:ラザール
時間:27分
公開:未公開
製作年度:2016
製作国:フランス
配給:
製作総指揮:
製作:
監督:トリスタン・ロム
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:コズメ・カストロ、パオラ・ヴァランタン、レオ・プレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-246M 「(r)adius ラディウス」☆☆☆

Radius 原題:Radius
邦題:(r)adius ラディウス
時間:93分
公開:2018-01-16
製作年度:2017
製作国:カナダ
配給:アットエンタテインメント
製作総指揮:
製作:アン=マリー・ゲリナス
監督:キャロライン・ラブレシュ、スティーブ・レナード
脚本:キャロライン・ラブレシュ、スティーブ・レナード
原作:
撮影:サイモン・ビルヌーブ
音楽:ブノワ・シャレスト
出演:ディエゴ・クラテンホフ、シャーロット・サリバン
半径15メートル以内に近づいた者を即死させてしまう男の運命を描いたSFシチュエーションスリラー。交通事故に遭い記憶を失ったまま目覚めたリアムは、助けを求めるため近くの町に向かう。しかし目に入るの...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-243M 「ロスト・シティZ 失われた黄金都市」☆☆★★★

Lostcityz 原題:The Lost City of Z
邦題:ロスト・シティZ 失われた黄金都市
時間:141分
公開:2018-01-27
製作年度:2016
製作国:アメリカ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
製作総指揮:ブラッド・ピット、マーク・バタン
製作:デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、アンソニー・カタガス、ジェームズ・グレイ、デイル・アーミン・ジョンソン
監督:ジェームズ・グレイ
脚本:ジェームズ・グレイ
原作:デビッド・グラン
撮影:ダリウス・コンジ
音楽:クリストファー・スペルマン
出演:チャーリー・ハナム、ロバート・パティンソン、シエナ・ミラー、トム・ホランド
ブラッド・ピット率いる映画製作会社PLAN Bプロデュースのもと、「キング・アーサー」のチャーリー・ハナムが主演を務め、インディ・ジョーンズのモデルになったと言われる伝説の探検家パーシー・フォーセットの冒険を描いたアドベンチャー映画。「エヴァの告白」のジェームズ・グレイが監督・脚本を手がけ、デビッド・グランのノンフィクション小説「ロスト・シティZ 探検史上、最大の謎を追え」を映画化した。20世紀初頭のイギリス。アマゾン奥地にあるという黄金の古代都市エル・ドラードの存在を信じる探検家フォーセットは、危険なジャングルで何度も命の危機にさらされながらも、資金とクルーを集めては探検を繰り返していた。はじめのうちは協力的だった家族や仲間たちも、次第にフォーセットに愛想を尽かすようになっていく。それでもアマゾンに執着し、夢を追い続けるフォーセットだったが……。共演にも「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソン、「アメリカン・スナイパー」のシエナ・ミラー、「スパイダーマン ホームカミング」のトム・ホランドら豪華キャストが集結。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧