2022-180M 「LAMB/ラム」☆☆☆

Slamb原題:Lamb
邦題:LAMB/ラム
時間:106分
公開:2022-09-23
製作年度:2021
製作国:アイスランド・スウェーデン・ポーランド
配給:クロックワークス
製作総指揮:ノオミ・ラパス タル・ベーラ ホーカン・ペッテルソン ヨン・マンケル マルチン・ドラビンスキ ピーター・ポッスン ズザンナ・ヘンチュ
製作:フロン・クリスティンスドッティル サラ・ナッシム ピオドール・グスタフソン エリク・リデル クラウディア・シュミエヤ ヤン・ナシェフスキ
監督:バルディミール・ヨハンソン
脚本:ショーン バルディミール・ヨハンソン
原作:
撮影:イーライ・アレンソン
音楽:ソーラリン・グドナソン
出演:ノオミ・ラパス(マリア)、ヒルミル・スナイル・グドゥナソン(イングヴァル)、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン(ペートゥル)、イングヴァール・E・シーグルソン(テレビに登場する男)

アイスランドの田舎で暮らす羊飼いの夫婦が、羊から産まれた羊ではない何かを育て、やがて破滅へと導かれていく様を描いたスリラー。「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」などの特殊効果を担当したバルディミール・ヨハンソンの長編監督デビュー作。

山間に住む羊飼いの夫婦イングヴァルとマリアが羊の出産に立ち会うと、羊ではない何かが産まれてくる。子どもを亡くしていた2人は、その「何か」に「アダ」と名付け育てることにする。アダとの生活は幸せな時間だったが、やがてアダは2人を破滅へと導いていく。

「プロメテウス」「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが主人公マリアを演じ、製作総指揮も務めた。アイスランドの作家・詩人として知られ、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の歌劇脚本を手がけたショーンがヨハンソンとともに共同脚本を担当。

ギリシア神話の牧神?夫婦の不幸が癒やされるために産まれた「奇跡」。あまりに切ない物語のクライマックスは、背筋が凍る。公開初日だが平日も、ほぼ満席。予告では伝奇ホラー的なウリをしていたので、若いカップルが多かったが、さすがにカンヌコンペ作品。大半の観客に催眠術をかけていた。

| | コメント (0)

2022-156M 「ランディ・ローズ」☆☆☆★

Srandyrose原題:Randy Rhoads: Reflections of a Guitar Icon
邦題:ランディ・ローズ
時間:92分
公開:2022-11-11
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:アンドレ・レリス JD・ボーフィス
製作:ジェシカ・ベネット アンドレ・レリス
監督:アンドレ・レリス
脚本:マイケル・ブルーイニン
原作:
撮影:リッチ・バーマン
音楽:
出演:ランディ・ローズ

25歳の若さで天国に旅立った、あの悲劇から40年。オジー・オズボーンに最も愛された天才ギタリストの栄光と哀しみの物語。貴重なライブ映像やオジー・オズボーン、エディ・ヴァン・ヘイレンほか、貴重なインタビューも多数収録。

 

| | コメント (0)

2022-124M 「リコリス・ピザ」☆☆☆

Slcorlispiza原題:Licorice Pizza
邦題:リコリス・ピザ
時間:134分
公開:2022-07-01
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ビターズ・エンド、パルコ
製作総指揮:ジョアン・セラー ダニエル・ルピ スーザン・マクナマラ アーロン・L・ギルバート ジェイソン・クロス
製作:サラ・マーフィ ポール・トーマス・アンダーソン アダム・ソムナー
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
原作:
撮影:マイケル・バウマン ポール・トーマス・アンダーソン
音楽:ジョニー・グリーンウッド
出演:アラナ・ハイム(アラナ・ケイン)、クーパー・ホフマン(ゲイリー・バレンタイン)、ショーン・ペン(ジャック・ホールデン)、トム・ウェイツ(レックス・ブロウ)、ブラッドリー・クーパー(ジョン・ピーターズ)、ベニー・サフディ(ジョエル・ワックス)

「マグノリア」でベルリン国際映画祭の金熊賞を受賞したほか、カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭の全てで監督賞を受賞しているポール・トーマス・アンダーソン監督が、自身の出世作「ブギーナイツ」と同じ1970年代のアメリカ、サンフェルナンド・バレーを舞台に描いた青春物語。主人公となるアラナとゲイリーの恋模様を描く。サンフェルナンド・バレー出身の3人姉妹バンド「HAIM(ハイム)」のアラナ・ハイムがアラナ役を務め、長編映画に初主演。また、アンダーソン監督がデビュー作の「ハードエイト」から「ブギーナイツ」「マグノリア」「パンチドランク・ラブ」など多くの作品でタッグを組んだ故フィリップ・シーモア・ホフマンの息子クーパー・ホフマンが、ゲイリー役を務めて映画初出演で初主演を飾っている。主演の2人のほか、ショーン・ペン、ブラッドリー・クーパー、ベニー・サフディらが出演。音楽は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」以降のポール・トーマス・アンダーソン作品すべてを手がけている、「レディオヘッド」のジョニー・グリーンウッドが担当。2022年・第94回アカデミー賞で作品、監督、脚本の3部門にノミネート。

いわゆるピンナップ的な美男美女が一人も出てこない。主人公のイモ兄ちゃん(15歳)の造形が成された世界観に入れなければ、辛い。僕はムリだった。

 

 

| | コメント (0)

2022-123M 「ザ・ロストシティ」☆☆★★★

Slastcity原題:The Lost City
邦題:ザ・ロストシティ
時間:112分
公開:2022-06-24
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:東和ピクチャーズ
製作総指揮:J・J・フック デイナ・フォックス ジュリア・ガン マーガレット・チャーニン
製作:ライザ・チェイシン サンドラ・ブロック セス・ゴードン
監督:アダム・ニー アーロン・ニー
脚本:オーレン・ウジエル デイナ・フォックス アダム・ニー アーロン・ニー
原作:セス・ゴードン
撮影:ジョナサン・セラ
音楽:パイナー・トプラク
出演:サンドラ・ブロック(ロレッタ・セイジ)、チャニング・テイタム(アラン/ダッシュ)、ダニエル・ラドクリフ(アビゲイル・フェアファックス)、ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ(ベス・ハッテン)、ブラッド・ピット(ジャック・トレイナー)、オスカー・ヌニェス(オスカー)、パティ・ハリソン(アリソン)、ボウエン・ヤン(モデレーターのレイ)

サンドラ・ブロックが主演とプロデュースを手がけ、チャニング・テイタム、ダニエル・ラドクリフ、ブラッド・ピットら豪華キャストが集結したアクションアドベンチャー。恋愛小説家のロレッタは、新作であるロマンティックな冒険小説の宣伝ツアーに強引に駆り出される。作品の主人公を演じるセクシーなモデル、アランの軽薄な態度にいら立ちを募らせるロレッタの前に、謎の大富豪フェアファックスが出現。フェアファックスはロレッタの小説を読んで彼女が伝説の古代都市の場所を知っていると確信し、彼女を南の島へと連れ去ってしまう。ロレッタを救うべく島へ向かったアランは彼女を発見し、ともに脱出を目指すが、大自然の過酷な環境の中で思わぬトラブルに次々と見舞われる。
甚だ凡庸なトレジャーハント映画。ダイアログも饒舌すぎて、煩い。大いに失望した。というより期待してた己が恥ずかしい。見どころはブラピのみ。

| | コメント (0)

2022-121M 「レッド・ノーティス」☆☆☆★

Srednotice原題:Red Notice
邦題:レッド・ノーティス
時間:117分
公開:2021-11-12
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:スコット・シェルドン デビッド・B・ハウスホルター
製作:ボー・フリン ドウェイン・ジョンソン ローソン・マーシャル・サーバー ハイラム・ガルシア ダニー・ガルシア
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
脚本:ローソン・マーシャル・サーバー
原作:
撮影:マルクス・フェルデナー
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー
出演:ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ

「ワイルド・スピード」「ジュマンジ」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「デッドプール」「フリー・ガイ」のライアン・レイノルズj「ワンダーウーマン」「ジャスティス・リーグ」のガル・ギャドットという豪華キャストが共演し、FBI捜査官と詐欺師と泥棒が手を組み、かつてない強盗計画に挑む姿を描いたアクションエンタテインメント。「レッド・ノーティス」とは、インターポール(国際刑事警察機構)が世界の最重要指名手配犯を逮捕するためにのみ発令する、特別な国際手配書のこと。重大犯罪者を追うFBIのトップ捜査官ジョン・ハートリーは、大規模な美術品泥棒計画を仕かける世界最高の詐欺師ノーラン・ブースと凄腕の大泥棒ビショップと出会い、とある理由から彼らと手を組むことになる。立場が全く異なる3人は、それぞれの目的のために前代未聞の強盗計画に挑むことになるが……。ハートリーをドウェイン・ジョンソン、ノーランをライアン・レイノルズ、ビショップをガル・ギャドットが演じる。監督は「スカイスクレイパー」「セントラル・インテリジェンス」などのドウェイン・ジョンソン主演作を手がけてきたローソン・マーシャル・サーバー。Netflixで2021年11月12日から配信。
王道の宝探し物。ベタすぎて最近のメジャーは手を出せない企画かもしれない。ライアン・レイノルズがレイダースのテーマをハミングする場面に笑。そうなんだよね、臆面もなく作ってるって自覚満点で娯楽映画しているのだもの。

| | コメント (0)

2022-050M 「林檎とポラロイド」☆☆☆★

Sapples原題:Mila
邦題:林檎とポラロイド
時間:90分
公開:2022-03-11
製作年度:2020
製作国:ギリシャ・ポーランド・スロベニア
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:ニコス・スムピリリス ケイト・ブランシェット ココ・フランチーニ アンドリュー・アプトン
製作:イラクリス・マブロイディス アンゲロス・ベネティス アリス・ダヨス マリウシュ・ブロダルスキ クリストス・ニク
監督:クリストス・ニク
脚本:クリストス・ニク スタブロス・ラプティス
原作:
撮影:バルトシュ・シュフィニャルスキ
音楽:ザ・ボーイ
出演:アリス・セルヴェタリス(男)、ソフィア・ゲオルゴヴァシリ(女)、アナ・カレジドゥ、アルギリス・バキルジス

ギリシャの新鋭クリストス・ニクが長編初メガホンをとり、記憶喪失を引き起こす奇病が蔓延する世界を舞台に描いたドラマ。ある日突然記憶を失った男は、治療のための回復プログラム「新しい自分」に参加する。彼は毎日送られてくるカセットテープに吹き込まれた内容をもとに、自転車に乗る、仮装パーティで友だちをつくる、ホラー映画を観るなど様々なミッションをこなしていく。そんな中、男は同じく回復プログラムに参加する女と出会い、親しくなっていく。男が新しい日常に慣れてきた頃、彼はそれまで忘れていた、以前住んでいた番地をふと口にする。新しい思い出を作るためのミッションによって、男の過去が徐々にひも解かれていくが……。ケイト・ブランシェットが絶賛し、製作総指揮に名を連ねた。
映画のハシゴ2本目。突発性記憶喪失症が蔓延するギリシアの街。主人公は突然バスの中で記憶喪失者として発見される。身よりもない彼は、新しい人生を作る社会復帰治療を受けるが…。奇妙な味わいの作品だが、困ったことに別のシンクロニシティもあった。バットマンとキャットウーマンとシューベルトのアヴェ・マリアが記号的に本作でも登場する。適当に選択した2本だが、この偶然には鳥肌。

| | コメント (0)

2022-026M 「リアリティのダンス」☆☆☆★★★

Srearitydance原題:La danza de la realidad
邦題:リアリティのダンス
時間:130分
公開:2014-07-12
製作年度:2013
製作国:チリ・フランス
配給:アップリンク
製作総指揮:
製作:ミシェル・セドゥー モイゼス・コシオ アレハンドロ・ホドロフスキー
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:ジャン=マリー・ドルージェ
音楽:アダン・ホドロフスキー
出演:ブロンティス・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、イェレミアス・ハースコヴィッツ、アレハンドロ・ホドロフスキー、バスティアン・ボーデンホーファー、アンドレス・コックス、アダン・ホドロフスキー、クリストバル・ホドロフスキー

1970年代に発表した「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」などでカルト的人気を誇るアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、「The Rainbow Thief」(93/日本未公開)以来23年ぶりに手がけた監督作。自伝「リアリティのダンス」(文遊社刊)を自ら映画化し、1920年代の軍事政権下にあったチリの田舎町を舞台に、幼少期のホドロフスキーと権威的な父親、息子を自身の父親の生まれ変わりだと信じるオペラ歌手の母親との暮らしや、ロシア系ユダヤ人であるがゆえに学校でいじめられて苦しんだ逸話などを、チリの鮮やかな風景と、現実と空想が交錯した幻想的な映像で描く。
公開当初話題になったのだろうか。寺山修司との相似形であることに。自らのルーツを偽悪的に見世物小屋的に描き、その因習たる血の彷徨を魂のロードムービーに描いていく。さまざまな家的なものの呪縛から、育った故郷を捨てて大人への門をくぐっていくクライマックス。くりかえし寺山が商業映画で(実験映画ではなく)描いたモチーフでもある。

| | コメント (0)

2021-233M 「リスペクト」☆☆☆★★

Sespct原題:Respect
邦題:リスペクト
時間:146分
公開:2021-11-05
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ギャガ
製作総指揮:ジェニファー・ハドソン リーズル・トミー スー・ベイドン=パウエル アーロン・L・ギルバート ジェイソン・クロス
製作:ハービー・メイソン・Jr. スコット・バーンスタイン ジョナサン・グリックマン ステイシー・シェア
監督:リーズル・トミー
脚本:トレイシー・スコット・ウィルソン
原作:カーリー・クーリ トレイシー・スコット・ウィルソン
撮影:クレイマー・モーゲンソー
音楽:クリス・バワーズ
出演:ジェニファー・ハドソン(アレサ・フランクリン)、フォレスト・ウィテカー(C・L・フランクリン師)、マーロン・ウェイアンズ(テッド・ホワイト)、オードラ・マクドナルド(バーバラ・フランクリン)、メアリー・J・ブライジ(ダイナ・ワシントン)、マーク・マロン(ジェリー・ウェクスラー)、タイタス・バージェス(ジェームズ・クリーヴランド師)、ヘイリー・キルゴア(キャロリン・フランクリン)、セイコン・セングロー(アーマ・フランクリン)、ヘザー・ヘッドリー(クララ・ウォード)、スカイ・ダコタ・ターナー(幼少期のアレサ)

「ドリームガールズ」でアカデミー助演女優賞受賞し、歌手としても第51回グラミー賞を受賞したジェニファー・ハドソンが、ソウルの女王アレサ・フランクリンの半生を演じた伝記ドラマ。少女の頃から、その抜群の歌唱力で天才と称されたアレサは、ショービズ界でスターとしての成功を収めた。しかし、彼女の成功の裏には、尊敬する父、愛する夫からの束縛や裏切りがあった。すべてを捨て、彼女自身の力で生きていく覚悟を決めたアレサの魂の叫びを込めた圧倒的な歌声が、世界中を歓喜と興奮で包み込んでいく。アレサ本人から生前に指名されたハドソンがアレサ役を演じるほか、フォレスト・ウィテカー、マーロン・ウェイアンズ、メアリー・J・ブライジらが顔をそろえる。

夏前に公開された教会ライブ録音の記録映画「アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン」と両方観たいね。この教会ライブのシーンがクライマックスだ。両方とも配給はギャガ。

 

| | コメント (0)

2021-221M 「ラストナイト・イン・ソーホー」☆☆☆★

Slastnightinsoho原題:Last Night in Soho
邦題:ラストナイト・イン・ソーホー
時間:105分
公開:2021-12-10
製作年度:2021
製作国:イギリス
配給:パルコ
製作総指揮:
製作:ティム・ビーバン ナイラ・パーク エドガー・ライト エリック・フェルナー
監督:エドガー・ライト
脚本:エドガー・ライト クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
原作:
撮影:チョン・ジョンフン
音楽:スティーブン・プライス
出演:トーマシン・マッケンジー(エロイーズ)、アニャ・テイラー=ジョイ(サンディ)、マット・スミス(ジャック)、ダイアナ・リグ(ミズ・コリンズ)、テレンス・スタンプ(銀髪の男)、リタ・トゥシンハム(ペギー)、シノーヴ・カールセン(ジョカスタ)、マイケル・アジャオ(ジョン)、ジェシー・メイ・リー(ララ)、カシウス・ネルソン(カミ)、レベッカ・ハロルド(アシュリー)

「ベイビー・ドライバー」のエドガー・ライト監督によるタイムリープ・ホラー。ファッションデザイナーを夢見て、ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学したエロイーズは、寮生活になじめずアパートで一人暮らしを始める。ある時、夢の中できらびやかな1960年代のソーホーで歌手を目指す美しい女性サンディに出会い、その姿に魅了されたエロイーズは、夜ごと夢の中でサンディを追いかけるようになる。次第に身体も感覚もサンディとシンクロし、夢の中での体験が現実世界にも影響を与え、充実した毎日を送れるようになったエロイーズ。夢の中で何度も60年代ソーホーに繰り出すようになった彼女だったが、ある日、夢の中でサンディが殺されるところを目撃してしまう。さらに現実では謎の亡霊が出現し、エロイーズは徐々に精神をむしばまれていく。エロイーズ役を「ジョジョ・ラビット」「オールド」のトーマシン・マッケンジー、サンディ役をNetflixの大ヒットシリーズ「クイーンズ・ギャンビット」のアニヤ・テイラー=ジョイがそれぞれ演じる。
レトロポップなテイストのホラー。主人公となる二人の女優がキュートでいい。「ハロウィン」のように喜劇に寄ってしまうのを、ギリギリ耐えてホラーとしての格を保っている。

| | コメント (0)

2021-190M 「ライダーズ・オブ・ジャスティス」☆☆☆★

Sridersofjustelice原題:Retfaerdighedens ryttere
邦題:ライダーズ・オブ・ジャスティス
時間:116分
公開:2022-01-21
製作年度:2020
製作国:デンマーク・スウェーデン・フィランド
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:シーセ・グラウム・ヨルゲンセン
監督:アナス・トーマス・イェンセン
脚本:アナス・トーマス・イェンセン
原作:
撮影:キャスパー・タクセン
音楽:イエッペ・コース
出演:マッツ・ミケルセン、ニコライ・リー・コス、アンドレア・ヘイク・ゲーゼベウ、ラーシュ・ブリグマン、ニコラス・ブロ、グスタフ・リンド、ローラン・ド・ムーラー

「アナザーラウンド」のマッツ・ミケルセンが主演を務め、列車事故で失った妻の復讐に燃える軍人の姿を描いたアクション。「アダムズ・アップル」をはじめ、数多くの作品でミケルセンとタッグを組むアナス・トーマス・イェンセン監督がメガホンをとった。アフガニスタンでの任務に就いていた軍人のマークスは、妻が列車事故で亡くなったという報せを受け、悲しみに暮れる娘の元に帰国する。そんなマークスのもとに数学者のオットーが訪ねてくる。妻と同じ列車に乗っていたというオットーは、事故は「ライダーズ・オブ・ジャスティス」という犯罪組織が、殺人事件の重要証人を暗殺するために計画された事件だとマークスに告げる。怒りに震えるマークスは妻の無念を晴らすため、オットーらの協力を得て復讐に身を投じる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧