2020-119M 「リトル・ジョー」☆☆☆★

Slittlejoe原題:Little Joe
邦題:リトル・ジョー
時間:105分
公開:2020-07-17
製作年度:2019
製作国:オーストリア・イギリス・ドイツ
配給:ツイン
製作総指揮:ハインリヒ・ミス ローズ・ガーネット メアリー・バーク ビンセント・ガデル マリーナ・ペラレス・マルエンダ ミヒェル・メルクト
製作:ブルノ・ワグナー ベルトラン・フェブル フィリップ・ボベール マルティン・ゲシュラハト ジェシカ・ハウスナー ジェラルディン・オフリン
監督:ジェシカ・ハウスナー
脚本:ジェシカ・ハウスナー ジェラルディン・バヤール
原作:
撮影:マルティン・ゲシュラハト
音楽:伊藤貞司
出演:エミリー・ビーチャム(アリス)、ベン・ウィショー(クリス)、ケリー・フォックス(ベラ)、キット・コナー(ジョー)、デヴィッド・ウィルモット(カール)、フェニックス・ブロサール(リック)、ジェシー・メイ・アロンゾ(セルマ)

 

幸せになる香りを放つという新種の植物がもたらす不安を描き、主演のエミリー・ビーチャムが第72回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞した異色のスリラー。幸せになる香りを放つ新種の植物「リトル・ジョー」を開発した研究者でシングルマザーのアリスは、ワーカホリックで息子のジョーときちんと向き合えていないことに罪悪感を抱きながら、日々の研究にいそしんでいた。息子のジョーへの贈り物として、彼女にとってもう1人の息子であるリトル・ジョーを自宅に持ち帰る。しかし、リトル・ジョーの香りを嗅いだジョーが奇妙な行動をとり、花粉を吸い込んだアリスの助手クリスもいつもとは違う様子を見せ始める。監督はミヒャエル・ハネケの助手を務め、「ルルドの泉で」で注目された気鋭の女性監督ジェシカ・ハウスナー。

 

| | コメント (0)

2020-103M 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」☆☆☆★★★

Srainydayinny原題:A Rainy Day in New York
邦題:レイニーデイ・イン・ニューヨーク
時間:92分
公開:2020-07-03
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ロングライド
製作総指揮:アダム・B・スターン ハワード・フィッシャー ロナルド・L・シェ
製作:レッティ・アロンソン エリカ・アロンソン
監督:ウッディ・アレン
脚本:ウッディ・アレン
原作:
撮影:ビットリオ・ストラーロ
音楽:
出演:ティモシー・シャラメ(ギャツビー)、エル・ファニング(アシュレー)、セレーナ・ゴメス(チャン)、ジュード・ロウ(テッド・ダウィドフ)、ディエゴ・ルナ(フランシスコ・ウェガ)、リーヴ・シュレイバー(ローランド・ポラード)、アナリー・アシュフォード(リリー)、レベッカ・ホール(コニー)、チェリー・ジョーンズ(ギャツビーの母)、ウィル・ロジャース(ハンター)、ケリー・ロールバッハ(テリー)

巨匠ウッディ・アレン監督が、ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスら人気若手俳優たちをキャストに迎えメガホンをとったロマンティックコメディ。大学生のカップル、ギャツビーとアシュレーは、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。そのきっかけとなったのは、アシュレーが学校の課題で有名な映画監督ローランド・ポラードにマンハッタンでインタビューをするチャンスに恵まれたことだった。生粋のニューヨーカーのギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーにニューヨークの街を案内するためのさまざまなプランを詰め込む。しかし、その計画は狂い出し、思いもよらないさまざまな出来事が巻き起こってしまう。

アレン節がいかんなく発揮された佳作小品。もうあまりの名人芸。戦後の小津が、どんな映画撮っても小津にしかならない状態に近い。

 

 

| | コメント (0)

2020-100M 「ランボー ラスト・ブラッド」☆☆☆★

Sranbolastblood原題:Rambo: Last Blood
邦題:ランボー ラスト・ブラッド
時間:101分
公開:2020-06-26
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ギャガ
製作総指揮:リュウ・ロン チャン・クン ルイス・アリオラ ジェフリー・グリーンスタイン ジョナサン・ヤンガー クリスタ・キャンベル ラティ・グロブマン アリエル・ブロメン ジェフ・ガム
製作:アビ・ラーナー ケビン・キング・テンプルトン ヤリフ・ラーナー レス・ウェルドン
監督:エイドリアン・グランバーグ
脚本:マシュー・シラルニック シルベスター・スタローン
原作:シルベスター・スタローン
撮影:ブレンダン・ガルビン
音楽:ブライアン・タイラー
出演:シルヴェスター・スタローン(ジョン・ランボー)、パス・ベガ(カルメン)、セルヒオ・ペリス=メンチェータ(ウーゴ・マルティネス)、アドリアナ・バラーサ(マリア・ベルトラン)、イヴェット・モンレアル(ガブリエラ)、オスカル・ハエナダ(ビクトル・マルティネス)

 

シルベスター・スタローンの「ロッキー」に並ぶ代表作で、1982年に1作目が製作された人気アクション「ランボー」のシリーズ第5弾。グリーンベレーの戦闘エリートとして活躍していたジョン・ランボーは、いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれていた。ランボーは祖国アメリカへと戻り、故郷のアリゾナの牧場で古い友人のマリア、その孫娘ガブリエラとともに平穏な日々を送っていた。しかし、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されたことで、ランボーの穏やかだった日常が急転する。娘のように愛していたガブリエラ救出のため、ランボーはグリーンベレーで会得したさまざまなスキルを総動員し、戦闘準備をスタートさせる。監督はメル・ギブソン主演作「キック・オーバー」を手がけたエイドリアン・グランバーグ。

 

| | コメント (0)

2020-050M 「ロング・トレイル!」☆☆☆

Swalkinthewoods原題:A Walk in the Woods
邦題:ロング・トレイル!
時間:104分
公開:2016-07-30
製作年度:2015
製作国:
配給:
製作総指揮:ジェレマイア・サミュエルズ ジェイク・エバーツ ジェイ・スターン ラッセル・レビン
製作:ロバート・レッドフォード ビル・ホルダーマン チップ・ディギンス
監督:ケン・クワピス
脚本:ビル・ホルダーマン
原作:ビル・ブライソン
撮影:ジョン・ベイリー
音楽:ネイサン・ラーソン ロード・ヒューロン
出演:ロバート・レッドフォード(ビル・ブライソン)、ニック・ノルティ(スティーヴン・カッツ)、エマ・トンプソン(キャサリン・ブライソン)、メアリー・スティーンバージェン(ジェニー)、クリステン・シャール(メアリー)

名優ロバート・レッドフォードが主演・製作を務め、北アメリカ有数の自然歩道「アパラチアン・トレイル」踏破を目指すシニア男性2人組の旅を描いたロードムービー。欧米で人気の作家ビル・ブライソンが実話をもとにつづった著書「A Walk in the Woods」を、「だれもがクジラを愛してる。」のケン・クワピス監督が映画化した。かつて紀行作家として世界各地を旅したビルは、現在は故郷で家族と共に穏やかな毎日を送っていた。そんな日常に物足りなさを感じたビルは、全長3500kmにおよぶ アパラチアン・トレイルを旅することを思いつく。40年ぶりに再会した破天荒な友人カッツと一緒に出発したものの、予想外のハプニングが次々と2人の身に降りかかる。主人公の旅の相棒カッツ役を個性派俳優ニック・ノルティ、妻役をオスカー女優エマ・トンプソンがそれぞれ演じた。
コロナでアマゾン。

| | コメント (0)

2020-015M 「リチャード・ジュエル」☆☆☆★★

Joel原題:Richard Jewell
邦題:リチャード・ジュエル
時間:131分
公開:2020-01-17
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:
製作:クリント・イーストウッド ティム・ムーア ジェシカ・マイヤー ケビン・ミッシャー レオナルド・ディカプリオ ジェニファー・デイビソン ジョナ・ヒル
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ビリー・レイ
原作:マリー・ブレナー
撮影:イブ・ベランジェ
音楽:アルトゥロ・サンドバル
出演:ポール・ウォルター・ハウザー(リチャード・ジュエル)、サム・ロックウェル(ワトソン・ブライアント)、キャシー・ベイツ(ボビ・ジュエル)、ジョン・ハム(トム・ショウ)、オリヴィア・ワイルド(キャシー・スクラッグス)、ニナ・アリアンダ(ナディア・ライト)、イアン・ゴメス(ダン・ベネット)

 

「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッドが、1996年のアトランタ爆破テロ事件の真実を描いたサスペンスドラマ。96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。主人公リチャード・ジュエルを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のポール・ウォルター・ハウザー、母ボビを「ミザリー」のキャシー・ベイツ、弁護士ブライアントを「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルがそれぞれ演じる。

 

| | コメント (0)

2019-200M 「レ・ミゼラブル」☆☆☆★★

Lemiserable原題:Les miserables
邦題:レ・ミゼラブル
時間:104分
公開:2020-02-28
製作年度:2019
製作国:フランス
配給:東北新社
製作総指揮:
製作:
監督:ラジ・リ
脚本:ラジ・リ ジョルダーノ・ジェデルリーニ
原作:
撮影:
音楽:
出演:ダミアン・ボナール、アレクシ・マナンティ、ジブリル・ゾンガ、ジャンヌ・バリバール

2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で審査員賞を受賞。犯罪が多発しているパリ郊外の地域を舞台に、少年が起こした小さな事件が思いがけない展開を見せる。ダミアン・ボナール、アレクシ・マナンティ、ジブリル・ゾンガのほか、『バルバラ ~セーヌの黒いバラ~』などのジャンヌ・バリバールらが出演。ラジ・リ監督が、自身の体験も織り交ぜながら描いた。
優雅と思われるフランスでこれか?移民と宗教の格差や差異でここまで人心が荒れてしまうのか。グローバルというお題目が、国家の姿を破壊しているのが痛い。

| | コメント (0)

2019-187M 「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」☆☆☆

Lastdeal原題:Tumma Kristus
邦題:ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像
時間:95分
公開:2020-02-28
製作年度:2018
製作国:フィンランド
配給:アルバトロス・フィルム、クロックワークス
製作総指揮:
製作:
監督:クラウス・ハロ
脚本:アナ・ヘイナマー
原作:
撮影:トゥオーモ・フートリ
音楽:マッティ・バイ
出演:ヘイッキ・ノウシアイネン、ピルヨ・ロンカ、アモス・ブロテルス、ステファン・サウク

 

「こころに剣士を」のクラウス・ハロ監督が、作者不明の「運命の絵」に魅せられた老美術商とその家族を描いたフィンランド発のヒューマンドラマ。年老いた美術商オラヴィは、家族よりも仕事を優先して生きてきた。そんな彼のもとに、音信不通だった娘から電話がかかってくる。その内容は、問題児の孫息子オットーを、職業体験のため数日間預かってほしいというお願いだった。そんな中、オラヴィはオークションハウスで1枚の肖像画に目を奪われる。価値のある作品だと確信するオラヴィだったが、絵には署名がなく、作者不明のまま数日後のオークションに出品されるという。オットーとともに作者を探し始めたオラヴィは、その画風から近代ロシア美術の巨匠イリヤ・レーピンの作品といえる証拠を掴む。「幻の名画」を手に入れるべく資金集めに奔走するオラヴィは、その過程で娘親子の思わぬ過去を知る。

 

| | コメント (0)

2019-182M 「リンドグレーン」☆☆☆★★

Rindgren原題:Unge Astrid
邦題:リンドグレーン
時間:123分
公開:2019-12-07
製作年度:2018
製作国:スウェーデン・デンマーク
配給:ミモザフィルムズ
製作総指揮:ヘンリク・ツェイン
製作:マリア・ダリン ラーシュ・G・リンドストロム
監督:ペアニル・フィシャー・クリステンセン
脚本:キム・フップス・オーカソン ペアニル・フィシャー・クリステンセン
原作:
撮影:エリク・モルバリ・ハンセン
音楽:ニクラス・スミット
出演:アルバ・アウグスト(アストリッド)、マリア・ボネヴィー(ハンナ)、マグヌス・クレッペル(サムエル)、トリーヌ・ディルホム(マリー)、ヘンリク・ラファエルソン(ブロムベルイ)

 

「長くつ下のピッピ」「ロッタちゃん」など数々の名作児童文学を生んだスウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーンの知られざる若き日々を描いた伝記ドラマ。スウェーデンのスモーランド地方。兄弟姉妹と自然の中で伸び伸びと育った少女アストリッドは思春期を迎え、より広い世界や社会に目を向けるように。率直で自由奔放な彼女は、次第に教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに息苦しさを覚え始める。そんな中、文才を見込まれて地方新聞社で働くことになった彼女は、そこで才能を開花させるが……。デンマークの巨匠ビレ・アウグストの娘アルバ・アウグストが主演を務め、彼女の母親を「真夜中のゆりかご」のマリア・ボネビー、父親を「ミレニアム」シリーズのマグヌス・クレッペル、里親マリーを「未来を生きる君たちへ」のトリーヌ・ディルホムが演じた。監督・脚本は、長編監督デビュー作「A SOAP」がベルリン国際映画祭で銀熊賞・最優秀新人作品賞を受賞したペアニレ・フィシャー・クリステンセン。絵本「おじいちゃんがおばけになったわけ」で知られるデンマークの作家キム・フップス・オーカソンが共同脚本を手がけた。

小学校のころにピッピや名探偵カッレのシリーズを読んだ。その作家アストレッド・リンドグレーンの若かりし時代のエピソード。クリステンセン監督の丁寧な演出と、悲しい青春を細密画のように演じる女優アルバ・アウグストの演技が清々しい。撮影のエリク・モルバリ・ハンセンがいい仕事で、美しい北欧の風景を描いていく。なかなかの逸品。春に上映していた「田園の守り人たち」から岩波ホールの作品は、逆境の人生に立ち向かって生き抜く女性と家族を描いた作品が続く。本作もそんな流れに相応しいと思う。

 

| | コメント (0)

2019-171M 「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」☆☆★★

Slongdaysjo原題:Long Day's Journey Into Night
邦題:ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ
時間:138分
公開:2020-02-28
製作年度:2018
製作国:中国・フランス
配給:リアリーライクフィルムズ、miramiru
製作総指揮:
製作:
監督:ビー・ガン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:ホアン・ジュエ、タン・ウェイ、シルヴィア・チャン

 

初監督作「凱里ブルース」で注目を集めた中国の新世代監督ビー・ガンの第2作。自分の過去をめぐって迷宮のような世界をさまようことになる男の旅路を描いた。途中に3Dのワンシークエンスショットが入るという演出があり、物語の中盤で主人公が映画館に入り、現実と記憶と夢が交錯する世界に入り込むと同時に、観客も3Dメガネを装着し、その世界を追体験することができる。父の死をきっかけに、何年も距離を置いていた故郷の凱里へ戻ったルオ・ホンウは、そこで幼なじみである白猫の死を思い起こす。そして同時に、ルオの心をずっと捉えて離れることのなった、ある女性のイメージが付きまとう。香港の有名女優と同じワン・チーウェンと名乗った彼女の面影を追い、ルオは現実と記憶と夢が交わるミステリアスな旅に出る。2018年・第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品。日本では、同年の第19回東京フィルメックスで学生審査員賞を受賞。

 

 

| | コメント (0)

2019-166M 「LORO 欲望のイタリア」☆☆★★★

Loro原題:Loro
邦題:LORO 欲望のイタリア
時間:157分
公開:2019-11-15
製作年度:2018
製作国:イタリア
配給:トランスフォーマー
製作総指揮:
製作:ニコラ・ジュリアーノ フランチェスカ・シーマ カルロッタ・カローリ ビオラ・プレスティエリ
監督:パオロ・ソレンティーノ
脚本:パオロ・ソレンティーノ ウンベルト・コンタレッロ
原作:
撮影:ルカ・ビガッツィ
音楽:レーレ・マルキテッリ
出演:トニ・セルヴィッロ(シルヴィオ・ベルルスコーニ)、エレナ・ソフィア・リッチ、リッカルド・スカマルチョ

「グレート・ビューティー 追憶のローマ」「グランドフィナーレ」などでおなじみのイタリアの名匠パオロ・ソレンティーノ監督が、スキャンダル政治家として知られるイタリアの元首相シルビオ・ベルルスコーニをモデルに描いたドラマ。2006年、因縁の政敵であるロマーノ・プローディに敗北し失脚したベルルスコーニは、首相の座に返り咲くタイミングを虎視眈々と狙っていた。セクシーな美女たちを招き、贅を極めた酒池肉林のパーティで気力を高め、得意のセールストークを武器に足場を固めていく中、大スキャンダルがぼっ発。ベルルスコーニは政治家人生最大の危機に直面するが……。「修道士は沈黙する」「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のイタリアの名優トニ・セルビッロがベルルスコーニ役を演じる。2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」部門では「彼ら」のタイトルで上映された。
イタリアの政界そのものに興味もなく、さらにベルルスコーニにも興味がなく。故にイタリア人向けに前提要件は熟知しているとの想定で作られた作品については「ついていけない」。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧