2022-171M 「マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説」☆☆☆★

Smaryquant原題:Quant
邦題:マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
時間:90分
公開:2022-11-26
製作年度:2021
製作国:イギリス
配給:アットエンタテインメント
製作総指揮:フィル・マッケンジー スペンサー・ポラード
製作:ベン・チャールズ・エドワーズ クリスティ・ベル
監督:サディ・フロスト
脚本:
原作:
撮影:ジョン・ブレザートン
音楽:アンガス・コリンズ
出演:ケイト・モス、ヴィヴィアン・ウエストウッド、デイヴ・デイヴィス、ピート・タウンゼント、ポール・シムノン

ザ・ビートルズやツイッギーらと並んで1960年代スウィンギング・ロンドンのムーブメントを牽引した伝説のデザイナー、マリー・クワントに迫ったドキュメンタリー。

戦争の爪痕と階級差別が残るロンドンで、若者たちは自由を求めていた。1955年、それまでの優雅で女性らしいファッションに窮屈さを感じていたマリー・クワントは、夫アレキサンダー・プランケット・グリーンらとともに、自分が着たい服をクリエイトした小さなブティック「BAZAAR」をチェルシーのキングス・ロードにオープンする。彼女がデザインした服は開店直後から奪い合いとなり、60年代初頭にはミニスカートが世界中で大ブームに。ファッションに革命を起こしたマリー・クワントの知られざる素顔とデザインの秘密を、当時の熱狂を知る人々へのインタビューやアーカイブ映像を通してひも解いていく。

ファッションモデルのケイト・モス、デザイナーのビビアン・ウエストウッド、ザ・フーのピート・タウンゼントらが出演。ロンドン出身の俳優サディ・フロストが監督を務めた。
いろいろ勉強になったな。ミニスカのデザイナーなのは知っていたが。あと、そこら中にショップがあるのもね。

| | コメント (0)

2022-148M 「MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない」☆☆☆★

Smonday邦題:MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない
時間:82分
公開:2022-10-14
製作年度:2022
製作国:日本
配給:パルコ
製作総指揮:
製作:野呂大介 福田文香
監督:竹林亮
脚本:夏生さえり 竹林亮
原作:
撮影:幸前達之
音楽:大木嵩雄
出演:円井わん、マキタスポーツ、長村航希、三河悠冴、八木光太郎、高野春樹、島田桃依、池田良、しゅはまはるみ

長編デビュー作「14歳の栞」で注目を集めた竹林亮が監督を務め、タイムループに陥った小さなオフィスの社員たちが脱出を目指して奮闘する姿を描いたコメディドラマ。
小さな広告代理店に勤める吉川朱海は、憧れの人がいる大手広告代理店への転職を目指しながらも、仕事に追われる多忙な日々を過ごしていた。ある月曜日の朝。彼女は後輩2人組から、自分たちが同じ1週間を何度も繰り返していることを知らされる。他の社員たちも次々とタイムループに気づいていくが、脱出の鍵を握る永久部長だけが、いつまで経っても気づいてくれない。どうにか部長に気づかせてタイムループから抜け出すべく悪戦苦闘する社員たちだったが……。
主人公・吉川を「コントラ KONTORA」の円井わん、永久部長をマキタスポーツが演じる。
タイムループものでは最近では「パーム・スプリング」という佳作が記憶に新しい。
基本的には「どうループから脱出するか」がテーマで、繰り返すことの危険をどう登場人物らが回避しつつ、逆に既知の事象を利用して時間の円環を破壊するかのアイデアが勝負となる。
オフィスで上司を説得していくミッション達成が前半の円環脱出プランだが、失敗に終わった後半は、思いもよらぬ展開になっていくのに驚いた。タイムリミットに「死」を設定する類型的なサスペンスではなく、動機も解決策も結果のカタルシスも「ゆるふわ」なところが気に入った。

 

| | コメント (0)

2022-146M 「ムーンフォール」☆☆☆★

Smoonfall原題:Moonfall
邦題:ムーンフォール
時間:130分
公開:2022-07-29
製作年度:2022
製作国:アメリカ・イギリス
配給:Aamazon
製作総指揮:ジョン・ポール・“JP”・ペティナート マルコ・シェパード カーステン・ロレンツ スペンサー・コーエン ウテ・エメリッヒ ワン・チョンジュン ワン・チョンレイ フー・ジュンイー レイモンド・ハウ エドワード・チェン ビビアナ・ベッツァーニ カール・シュポエリ スチュアート・フォード アラステア・バーリンガム ゲイリー・ラスキン
製作:ハラルド・クローサー ローランド・エメリッヒ
監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ローランド・エメリッヒ ハラルド・クローサー スペンサー・コーエン
原作:
撮影:ロビー・バウムガルトナー
音楽:トーマス・ワンカー ハラルド・クローサー
出演:ハル・ベリー(ジョー・ファウラー)、パトリック・ウィルソン(ブライアン・ハーパー)、ジョン・ブラッドリー(K.C.ハウスマン)、マイケル・ペーニャ(トム・ロペス)、チャーリー・プラマー(ソニー・ハーパー)、ケリー・ユー(ミシェル)

「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」などのパニックアクション大作で知られるローランド・エメリッヒ監督が、月と地球の衝突という危機に立ち向かう人類の姿を描いたディザスタームービー。
 原因不明の力によって月が本来の軌道から弾き出され、あと数週間で地球に激突するという驚くべき事実がNASA(アメリカ航空宇宙局)にもたらされる。NASAは現地調査を試みようとするが、同時に組織内部で、とある情報が隠ぺいされていたことが発覚する。地球と月を救うため、NASAの副部長ジョー・ファウラー、過去のある事件からNASAをクビになった元宇宙飛行士のブライアン・ハーパー、天文学博士を自称するKC・ハウスマンの3人が立ち上がり、未曽有の危機に立ち向かう。
 ジョーをハル・ベリー、ブライアンをパトリック・ウィルソン、KCを「ゲーム・オブ・スローンズ」のジョン・ブラッドリーが演じた。そのほかの共演にマイケル・ペーニャ、チャーリー・プラマー、ドナルド・サザーランド。2022年7月29日からAmazon Prime Videoで配信。
 
「エメリッヒさんよ、なんか一発ディザスター無いですかね。どうやらチャイナが金だしたいようなんで、引っ張ってきましょうよ」「んじゃ、ひとつ月でも地球に落っことしてみようか、けっこう派手な絵が作れまっせ」「それイッチョおねげーします」
といって完成したっぽい、エメリッヒ流の地球ぶっ壊し映画。

| | コメント (0)

2022-093M 「モガディシュ 脱出までの14日間」☆☆☆★★

Sogadysh原題:Escape from Mogadishu
邦題:モガディシュ 脱出までの14日間
時間:121分
公開:2022-07-01
製作年度:2021
製作国:韓国
配給:ツイン
製作総指揮:
製作:チョ・ソンミン カン・へジョン キム・ヨンファ
監督:リュ・スンワン
脚本:リュ・スンワン
原作:
撮影:チェ・ヨンファン
音楽:バン・ジュンソク
出演:キム・ユンソク、ホ・ジュノ、チョ・インソン、ク・ギョファン、キム・ソジン、チョン・マンシク

「ベルリンファイル」「生き残るための3つの取引」のリュ・スンワン監督がメガホンをとり、韓国民主化から3年、ソウル五輪からわずか2年後の1990年、ソマリアで内戦に巻き込まれた韓国と北朝鮮の大使館員たちによる脱出劇を映画化。ソウル五輪を成功させた韓国は1990年、国連への加盟を目指して多数の投票権を持つアフリカ諸国でロビー活動を展開。ソマリアの首都モガディシュに駐在する韓国大使ハンも、ソマリア政府上層部の支持を取り付けようと奔走していた。一方、韓国に先んじてアフリカ諸国との外交を始めていた北朝鮮も同じく国連加盟を目指しており、両国間の妨害工作や情報操作はエスカレートしていく。そんな中、ソマリアで内戦が勃発。各国の大使館は略奪や焼き討ちにあい、外国人にも命の危険が迫る。大使館を追われた北朝鮮のリム大使は、職員と家族たちを連れ、絶対に相容れない韓国大使館へ助けを求めることを決める。ハン大使役に「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク、リム大使役に「国家が破産する日」のホ・ジュノ。第42回青龍映画賞で作品賞、監督賞ほか5部門を受賞し、韓国で大ヒットを記録した。
 実話だそうだ。ソマリア内戦に巻き込まれた韓国外交官が北朝鮮の外交官もろともイタリア大使館の協力で国外脱出したお話。そうとう盛ってるようだが、かの国ではこれが「歴史の真実」になってしまうのだろう。
 ともあれ、圧倒的な(物語る牽引力)で2時間を見せ切る韓国映画の力量は、残念ながら邦画は勝てないレベルになっている。例えば『新感染』とか日本じゃ企画は通らないし、脚本を書ける人材が思い浮かばない。
 昨年の韓国の映画賞を総なめし、ナンバーワンヒットとなっただけの良作である。

| | コメント (0)

2022-084M 「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」☆☆☆★

Smynydiary原題:My Salinger Year
邦題:マイ・ニューヨーク・ダイアリー
時間:101分
公開:2022-05-06
製作年度:2020
製作国:アイルランド・カナダ
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:フィリップ・ファラルドー ジョアンナ・ラコフ メアリー・ジェーン・スカルスキー フサイン・アマルシ エミリー・ジョルジュ ナイマ・アベド セリーヌ・ハダド
製作:リュック・デリー キム・マクロー
監督:フィリップ・ファラルドー
脚本:フィリップ・ファラルドー
原作:ジョアンナ・ラコフ
撮影:サラ・ミシャラ
音楽:マーティン・レオン
出演:マーガレット・クアリー(ジョアンナ)、シガーニー・ウィーヴァー(マーガレット)、ダグラス・ブース(ドン)、ショーナ・カースレイク(ジェニー)、ブライアン・F・オバーン(ヒュー)、コルム・フィオール(ダニエル)、テオドール・ペルラン(ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム在住の青年)、ヤニック・トゥルースデール(マックス)、ハムザ・ハク(カール)、レニ・パーカー(パム)、エレン・デヴィッド(就活エージェント)、ロマーヌ・ドゥニ(A評価が欲しい少女)、ティム・ポスト(J・D・サリンジャー)、ギャヴィン・ドレア(マーク)、マット・ホランド(クリフォード・ブラッドベリ)

「ライ麦畑でつかまえて」などで知られるアメリカの小説家J・D・サリンジャーを担当する女性エージェントと新人アシスタントを描いたジョアンナ・ラコフの自叙伝を、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のマーガレット・クアリー、「エイリアン」シリーズの名優シガニー・ウィーバーの共演で映画化。90年代のニューヨーク。作家を夢見るジョアンナは、老舗出版エージェンシーでJ・D・サリンジャー担当の女性上司マーガレットの編集アシスタントとして働き始める。ジョアンナの業務は世界中から大量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターの対応処理。心揺さぶられる手紙を連日読む彼女は、簡素な定型文を返信することに気が進まなくなり、ふとした思いつきで個人的に手紙を返し始める。そんなある日、ジョアンナは、サリンジャー本人から一本の電話を受けるが……。監督は「グッド・ライ いちばん優しい嘘」のフィリップ・ファラルドー。
サリンジャーを絶対視する?アメリカの一部の方々には、喜んでいただける作品なのだろう。ライ麦さえ、面倒で印象残ってない我としては、???ね作品だな。

| | コメント (0)

2022-080M 「マーベラス」☆☆☆

Smarberasu原題:The Protege
邦題:マーベラス
時間:109分
公開:2022-07-01
製作年度:2021
製作国:アメリカ・イギリス
配給:REGENTS
製作総指揮:アビ・ラーナー トレバー・ショート ジェフリー・グリーンスタイン ジョナサン・ヤンガー ボアズ・デビッドソン クリスタ・キャンベル ラティ・グロブマン ルーク・ダニエルズ カイル・ストラウド エウゼビオ・ムニョス・Jr. クライトン・フェルナンデス ウラジミール・フェルナンデス サイモン・ウィリアムズ ダニエル・ネグレ ブルーノ・ウー ギャレス・ウェスト アンドレイ・ボンセア ドラゴス・ブリカ
製作:モシュ・ディアマント ロブ・バン・ノーデン ヤリフ・ラーナー クリストファー・ミルバーン アーサー・サルキシアン
監督:マーティン・キャンベル
脚本:リチャード・ウェンク
原作:
撮影:デビッド・タッターサル
音楽:ルパート・パークス
出演:マイケル・キートン、マギーQ、サミュエル・L・ジャクソン、パトリック・マラバイド、デビッド・リントール、オリ・フェッファー、レイ・フィアロン

復讐に燃える暗殺者や護衛のプロフェッショナルなど、裏社会で自身の美学に従って生きる者たちが、さまざまなスキルを駆使して戦いを展開するアクション。裏社会で長年トップクラスの暗殺成功率を誇り、親子のような絆で結ばれていた師弟コンビ、アンナとムーディ。ある日、ムーディが無残に殺され、アンナは復讐に乗り出す。そんな彼女の前に、ターゲットの護衛を請け負ったプロのセキュリティ、レンブラントが現れる。レンブラントは敵対関係にあるアンナに対し、すべてを見通しているかのように柔らかな物腰で迫るなど、うかがい知れない魅力を持っていた。復讐の暗殺者と完璧な護衛者、プロフェッショナルたちがそれぞれのプライドを懸け、知力、魅力、殺しのスキルを駆使した戦いを繰り広げる。アンナ役をマギー・Q、レンブラント役をマイケル・キートン、ムーディ役をサミュエル・L・ジャクソンがそれぞれ演じる。「007 カジノ・ロワイヤル」のマーティン・キャンベル監督がメガホンをとった。
Smarberasu

| | コメント (0)

2022-077M 「女神の伝承」☆☆★★★

Smegaminokeisyou_20220501164901原題:The Medium
邦題:女神の継承
時間:131分
公開:2022-07-29
製作年度:2021
製作国:タイ・韓国
配給:シンカ
製作総指揮:キム・ドゥス ジナー・オーソットシン
製作:ナ・ホンジン バンジョン・ピサンタナクーン
監督:バンジョン・ピサンタナクーン
脚本:バンジョン・ピサンタナクーン
原作:ナ・ホンジン
撮影:ナルフォル・チョカナピタク
音楽:チャッチャン・ポンプラパーン
出演:ナルリヤ・グルモンコルベチ、サワニー・ウトーンマ、シラニ・ヤンキッティンカン

本作は、カンヌ国際映画祭に出品され、世界中の度肝を抜いた『哭声/コクソン』の続編として、ファン・ジョンミン(『ただ悪より救いたまえ』、『ベテラン』)が怪演した祈祷師・イルグァンの物語をナ・ホンジンが思いついたことから、企画がスタートしました。その構想はタイの祈祷師をモチーフに、本作へと受け継がれ、『哭声/コクソン』のアナザー・バージョンとも言える衝撃作が完成しました。タイ東北部イサーン地方を舞台にした本作は、深い森や神秘的な洞窟、エキゾチックな儀式を余すところなくカメラに収め、観る者を社会の常識が通用しない戦慄の秘境へと招き入れていく…。 

久しぶりの「臆面もない」モキュメンタリー作品である。

 

| | コメント (0)

2022-073M 「マリー・ミー」☆☆☆

Smarryme原題:Marry Me
邦題:マリー・ミー
時間:112分
公開:2022-04-22
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:アレックス・ブラウン ウィリー・マーサー パメラ・サー J・B・ロバーツ
製作:ジェニファー・ロペス エレイン・ゴールドスミス=トーマス ジョン・ロジャース ベニー・メディナ
監督:カット・コイロ
脚本:ジョン・ロジャース タミー・セイガー ハーパー・ディル
原作:ボビー・クロスビー
撮影:フロリアン・バルハウス
音楽:ジョン・デブニー
出演:ジェニファー・ロペス(カット・ヴァルデス)、オーウェン・ウィルソン(チャーリー・ギルバート)、マルーマ(バスティアン)、ジョン・ブラッドリー(コリン)、サラ・シルヴァーマン(パーカー)、クロエ・コールマン(ルー)、ミシェル・ブトー(メリッサ)、カリル・ミドルトン(コフィ)、カット・カニング(タイラ)

ジェニファー・ロペスが製作・主演を務め、ポップスターと平凡な数学教師の恋の行方を描いたラブストーリー。ボビー・クロスビーのグラフィックノベルを原作に、「ウソはホントの恋のはじまり」のカット・コイロが監督を務めた。世界的歌手カットと彼女の恋人である音楽界の新星バスティアンは、ファンの前で華々しく結婚式を挙げようとしていた。しかし式の直前、バスティアンの浮気が発覚。失意の中ステージに登壇した彼女は、客席にいた見ず知らずの数学教師チャーリーを指名し、突然プロポーズするという驚きの行動に出る。カットを取り巻くスタッフやマスコミ、ファンが大混乱に陥る中、互いを知るところから結婚生活を始める2人だったが……。数学教師チャーリー役に「ワンダー 君は太陽」のオーウェン・ウィルソン。コロンビア出身の世界的レゲトン歌手マルーマが、カットの婚約者バスティアン役で映画デビューを果たした。

| | コメント (0)

2022-058M 「モービウス」☆☆★★

Smovius原題:Morbius
邦題:モービウス
時間:104分
公開:2022-04-01
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:ジャレッド・レト ルイーズ・ロズナー エマ・ラドブルック
製作:アビ・アラド マット・トルマック ルーカス・フォスター
監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:マット・サザマ バーク・シャープレス
原作:マット・サザマ バーク・シャープレス
撮影:オリバー・ウッド
音楽:ヨン・エクストランド
出演:ジャレッド・レトー(マイケル・モービウス)、マット・スミス(マイロ)、アドリア・アルホナ(マルティーヌ)、ジャレッド・ハリス(ニコラス)、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン、マイケル・キートン

スパイダーマンの敵役として登場するマーベルコミックのキャラクター、モービウスを実写映画化。血に飢えたバンパイアと人々の命を救う医師という2つの顔を持つ主人公マイケル・モービウスを、オスカー俳優のジャレッド・レトが演じる。天才医師のマイケル・モービウスは、幼いころから血液の難病を患っている。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロのためにも、一日も早く治療法を確立したいマイケルは、コウモリの血清を投与するという危険な治療法を自らの肉体を実験台にして試す。その結果、マイケルの肉体は激変し、超人的なスピードや飛行能力、周囲の状況を察知するレーダー能力が身につくが、代償として血に対する渇望に苦しむこととなる。自らをコントロールするために人工血液を飲み、薄れゆく人間としての意識を保つマイケル。そんな彼に対し、マイロも生きるためにその血清を投与してほしいという。同じころ、ニューヨークの街では次々と全身の血が抜かれるという殺人事件が頻発する。マイロ役はテレビシリーズ「ザ・クラウン」や映画「ラストナイト・イン・ソーホー」のマット・スミス。「デンジャラス・ラン」「ライフ」のダニエル・エスピノーサ監督がメガホンを取った。
マーベル映画史上もっとも役に立たない刑事バディを眺める作品。穀潰しという言葉をググれ。

| | コメント (0)

2021-249M 「マトリックス レザレクションズ」☆☆☆★

Smatrix2021原題:The Matrix Resurrections
邦題:マトリックス レザレクションズ
時間:148分
公開:2021-12-17
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:ギャレット・グラント テリー・ニーダム マイケル・サルベン カリン・ウォシャウスキー ジェシー・アーマン ブルース・バーマン
製作:ジェームズ・マクティーグ ラナ・ウォシャウスキー グラント・ヒル
監督:ラナ・ウォシャウスキー
脚本:ラナ・ウォシャウスキー デビッド・ミッチェル アレクサンダル・ヘモン
原作:ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー
撮影:ダニエレ・マッサチェージ ジョン・トール
音楽:ジョニー・クリメック トム・ティクバ
出演:キアヌ・リーヴス、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット=スミス、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、プリヤンカー・チョープラー・ジョナス、ニール・パトリック・ハリス、ジェシカ・ヘンウィック、ジョナサン・グロフ、クリスティーナ・リッチ

1999年に公開され、革新的な映像技術とストーリーで社会現象を巻き起こしたSFアクションの金字塔「マトリックス」。2003年に公開された続編「マトリックス リローデッド」「マトリックス レボリューションズ」で3部作完結となった同シリーズの新たな物語を描く、18年ぶりとなるシリーズ新章。主人公ネオを演じるキアヌ・リーブスが過去作と変わらず同役を担当するほか、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミスらが続投。ネオを救世主と信じ、世界の真実を伝え、彼を導くモーフィアス役を「アクアマン」のブラックマンタ役で知られるヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ネオの宿敵スミス役をドラマ「マインドハンター」のジョナサン・グロフが新たに演じ、ニール・パトリック・ハリス、クリスティーナ・リッチらが扮する新キャラクターも登場する。シリーズの生みの親であり、過去の3作品を監督しているラナ・ウォシャウスキーがメガホンをとった。
本気で続編にしやがった。18年後に再覚醒するのだが、もう一丁その理由が腑に落ちないのは何故だろう。それより、30歳くらいまでの観客は置いてけぼり。過去三部作を観て予習してから臨め。と、言いたい。ウォシャウスキー兄弟も、ミズ・ウォシャウスキーになるほど、永遠に隣り合わせな時間が経ている。
ともあれ、三部作をリアルタイムで観ていたオッサンとしては、この続編は満足だ。久しぶりの同窓会みたいでね。
まあ、クライマックスはハリウッドらしく、民主党極左派なディープなメッセージが暗喩されまくり。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧