2020-051M 「三つ数えろ」☆☆☆★

Sthelongsleep原題:The Big Sleep
邦題:三つ数えろ
時間:114分
公開:1955-04-07
製作年度:1944
製作国:
配給:
製作総指揮:
製作:ハワード・ホークス
監督:ハワード・ホークス
脚本:ウィリアム・フォークナー、リー・ブラケット、ジュールス・ファースマン
原作:レイモンド・チャンドラー
撮影:シド・ヒコックス
音楽:マックス・スタイナー
出演:ハンフリー・ボガート、ローレン・バコール、ジョン・リッジリー、マーサ・ヴィッカーズ、レジス・トゥーミイ、ペギー・クヌードセン、ドロシー・マローン、エリシャ・クック・Jr

私立探偵フィリップ・マーロウは百万長者スターンウッドの依頼を受ける。依頼内容はガイガーという男からの恐喝に関するものだったが、時を同じくして使用人のリーガンが姿を消していた。早速マーロウは張り込みを始めるが、そのガイガーは自宅で殺されてしまう……。「脱出」の大好評を受けて、同じボガートとバコールの主演コンビで作られた探偵映画。

| | コメント (0)

2020-032M 「魔術師」☆☆☆

Smajutusi原題:Ansiktet
邦題:魔術師
時間:99分
公開:1975-07-05
製作年度:1958
製作国:スウェーデン
配給:ザジフィルムズ
製作総指揮:
製作:
監督:イングマール・ベルイマン
脚本:イングマール・ベルイマン
原作:
撮影:グンナール・フィッシェル
音楽:エリック・ノードグレーン
出演:マックス・フォン・シドー、イングリッド・チューリン、ナイマ・ウィフストランド、ビビ・アンデショーン、グンナール・ビョルンストランド、ビルギッタ・ペテルスン
スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが、魔術師の旅芸人一座と彼らのトリックを暴こうとする役人たちが繰り広げる騒動を描き、ベルイマン初期の到達点とされる傑作喜劇。19世紀スウェーデン。魔術師フォーグラー率いる旅芸人一座が、ある町にたどり着く。暇を持て余していた領事エガーマンは彼らを屋敷に拘束し、警察署長や医師らの前で芸を披露させてそのトリックを見破ろうとするが……。ベルイマン作品の常連俳優マックス・フォン・シドーとイングリッド・チューリンがフォーグラーとその妻を演じた。第20回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞。日本では1975年に劇場初公開。2018年の「ベルイマン生誕100年映画祭」(18年7月~、YEBISU GARDEN CINEMAほか)でリバイバル上映。

| | コメント (0)

2020-029M 「ミッドサマー」☆☆★★★

Midsummer原題:Midsommar
邦題:ミッドサマー
時間:147分
公開:2020-02-21
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ファントム・フィルム
製作総指揮:
製作:パトリック・アンデション ラース・クヌードセン
監督:アリ・アスター
脚本:アリ・アスター
原作:
撮影:パベウ・ポゴジェルスキ
音楽:ボビー・クルリック
出演:フローレンス・ピュー(ダニー)、ジャック・レイナー(クリスチャン)、ウィル・ポールター(マーク)、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー(ジョシュ)、ヴィルヘルム・ブロングレン(ペレ)、アーチー・マデクウィ(サイモン)、エローラ・トルキア(コニー)、ビョルン・アンドレセン(ダン)

 

長編デビュー作「ヘレディタリー 継承」が高い評価を集めたアリ・アスター監督の第2作。不慮の事故により家族を失ったダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人たち5人でスウェーデンを訪れた。彼らの目的は奥地の村で開催される「90年に一度の祝祭」への参加だった。太陽が沈むことがないその村は、美しい花々が咲き誇り、やさしい住人たちが陽気に歌い踊る、楽園としか形容できない幸福な場のように思えた。しかし、そんな幸せな雰囲気に満ちた村に不穏な空気が漂い始め、妄想やトラウマ、不安、そして恐怖により、ダニーの心は次第にかき乱されていく。ダニー役を「ファイティング・ファミリー」のフローレンス・ピューが演じるほか、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「パターソン」のウィリアム・ジャクソン・ハーパー、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールターらが顔をそろえる。

 

 

| | コメント (0)

2020-025M 「マリッジ・ストーリー」☆☆☆★★

Marigestory原題:Marriage Story
邦題:マリッジ・ストーリー
時間:136分
公開:2019-11-27
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:クレイグ・シャイロウィッチ
製作:デビッド・ハイマン ノア・バームバック
監督:ノア・バームバック
脚本:ノア・バームバック
原作:
撮影:ロビー・ライアン
音楽:ランディ・ニューマン
出演:スカーレット・ヨハンソン(ニコール)、アダム・ドライヴァー(チャーリー)、ローラ・ダーン、アラン・アルダ、レイ・リオッタ、ジュリー・ハガティ、メリット・ウェヴァー、アジー・ロバートソン

「イカとクジラ」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」のノア・バームバック監督が、スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーを主演に迎えて描いたNetflixオリジナル映画。女優のニコールと夫で舞台演出家のチャーリーが結婚生活に葛藤を抱え、離婚に向かっていく姿を描いたヒューマンドラマ。結婚生活がうまくいかなくなり、円満な協議離婚を望んでいた2人だったが、それまで溜め込んでいた積年の怒りがあらわになり、弁護士をたてて争うことになってしまう。第92回アカデミー賞では作品賞のほか主演男優、主演女優、脚本など計6部門でノミネートされ、ニコールを助ける女性弁護士ノラを演じたローラ・ダーンが助演女優賞を受賞した。そのほかの共演にアラン・アルダ、レイ・リオッタら。Netflixで2019年12月6日から配信。日本では配信に先立つ11月29日から、一部劇場にて公開。
儲かるのは弁護士ばかりなり。不毛なる離婚劇。

| | コメント (0)

2020-011M 「バンド・ワゴン」☆☆☆★

Bandwagon2原題:The Band Wagon
邦題:バンド・ワゴン
時間:112分
公開:1953-12-15
製作年度:1953
製作国:アメリカ
配給:MGM映画会社
製作総指揮:
製作:アーサー・フリード
監督:ビンセント・ミネリ
脚本:ベティ・コムデン アドルフ・グリーン
原作:
撮影:ハリー・ジャクソン
音楽:アドルフ・ドイッチ
出演:フレッド・アステア、シド・チャリシー、ジャック・ブキャナン、オスカー・レヴァント、ナネット・ファブレイ

「巴里のアメリカ人」のコンビ、製作アーサー・フリード、監督 ヴィンセント・ミネリの手になるテクニカラーのミュージカル1953年作品である。主演は「イースター・パレード」のフレッド・アステアと「雨に唄えば」のシッド・シャリッシという新チーム。オリジナル・シナリオは「雨に唄えば」のライター・チーム、ベティ・カムデン=アドルフ・グリーンの共作で、音楽監督は、「ショウ・ボート(1951)」のアドルフ・ドイッチェ、撮影は「彼女は2挺拳銃」のハリイ・ジャクスンの担当。歌曲はハワード・ディーツ作詞、アーサー・シュワルツ作曲で、ミュージカル場面の振付にはマイケル・キッドがあたった。アステア、チャリッシをめぐって、オスカー・レヴァント(「巴里のアメリカ人」)、ブロードウェイのミュージカル・スタア、ナネット・ファブレイ、ジャック・ブキャナンらが助演。

| | コメント (0)

2019-157M 「マレフィセント2」☆☆★★★

Smare2原題:Maleficent: Mistress of Evil
邦題:マレフィセント2
時間:119分
公開:2019-10-18
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:マット・スミス ジェフ・キルシェンバウム マイケル・ビエイラ
製作:ジョー・ロス アンジェリーナ・ジョリー ダンカン・ヘンダーソン
監督:ヨアヒム・ローニング
脚本:リンダ・ウールバートン ノア・ハープスター ミカ・フィッツァーマン=ブルー
原作:リンダ・ウールバートン
撮影:ヘンリー・ブラハム
音楽:ジェフ・ザネリ
出演:アンジェリーナ・ジョリー(マレフィセント)、エル・ファニング(オーロラ姫)、ミシェル・ファイファー(イングリス王妃)、ハリス・ディキンソン(フィリップ王子)、サム・ライリー(ディアヴァル)

名作ディズニーアニメ「眠れる森の美女」でオーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかけたマレフィセントを主人公に、アンジェリーナ・ジョリー主演で実写化した「マレフィセント」の続編。前作に続き、マレフィセントをジョリー、オーロラ姫をエル・ファニングが演じる。マレフィセントがオーロラ姫との間に、恋愛でも血の繋がりでもない“真実の愛”を見つけてから数年後。オーロラ姫とフィリップ王子は、めでたく結婚することに。しかし婚礼の日、フィリップ王子の母イングリス王妃が仕かけた罠によってマレフィセントとオーロラ姫の絆は引き裂かれ、究極の愛が試されることになる。イングリス役に「アントマン&ワスプ」のミシェル・ファイファー。「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のヨアヒム・ローニングが監督を務める。

| | コメント (0)

2019-153M 「マチネの終わりに」☆☆☆

Machine邦題:マチネの終わりに
時間:124分
公開:2019-11-01
製作年度:2019
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:石原隆 畠中達郎 市川南 佐渡島庸平
監督:西谷弘
脚本:井上由美子
原作:平野啓一郎
撮影:重森豊太郎
音楽:菅野祐悟
出演:福山雅治、石田ゆり子、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行

東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化。パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者である新藤の存在があった。そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれない蒔野は洋子へ愛を告げる。しかし、40代の2人をとりまくさまざまな現実を前に、蒔野と洋子の思いはすれ違っていく……。蒔野役を福山、洋子役を石田がそれぞれ演じ、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は「容疑者Xの献身」「昼顔」の西谷弘。
*単なるメロドラマ。

| | コメント (0)

2019-142M 「マイ・フーリッシュ・ハート」☆☆★★★

Myforish原題:My Foolish Heart
邦題:マイ・フーリッシュ・ハート
時間:87分
公開:2019-11-08
製作年度:2018
製作国:オランダ
配給:ブロードメディア・スタジオ
製作総指揮:
製作:アイリス・オッテン サンダー・バン・ミュルス ピートル・カイパース
監督:ロルフ・バン・アイク
脚本:ロルフ・バン・アイク ルロフ・ジャン・ミンボー
原作:
撮影:マルテイン・ファン・ブルックハイゼン
音楽:デビッド・ドラン
出演:スティーブ・ウォール、ハイス・ナバーハイス・ナバー、レイモンド・ティリー

 

1950年代にトランペット奏者、そしてボーカリストとしてジャズシーンを席巻し、1988年に謎の転落死を遂げたチェット・ベイカーの最後の数日間に焦点をあてたドラマ。88年5月13日午前3時、アムステルダムに滞在中のチェット・ベイカーが宿泊先のホテルの窓から落下して死亡した。うつ伏せの状態で頭部から血を流している遺体を確認した刑事ルーカスは、ベイカーが落ちたと思われるホテルの窓辺に謎めいた人影を目撃する。しかし、ホテルの部屋には誰もおらず、殺風景なその部屋の机にはドラッグ用の注射器などが散乱し、床にはトランペットが転がっていた。捜査を開始したルーカスは、前夜に出演予定だったライブ会場に姿を見せなかったベイカーの身に何が起こったのかを調べ始め、ベイカーの傷ついた心の闇に触れていく。ロックバンドでボーカルとしても活躍するスティーブ・ウォールがチェット・ベイカー役を演じる。監督は本作が長編デビューとなるロルフ・バン・アイク。

 

 

 

| | コメント (0)

2019-100M 「マイ・エンジェル」☆☆★★★

Myangel原題:Angel Face
邦題:マイ・エンジェル
時間:108分
公開:2019-08-10
製作年度:2018
製作国:フランス
配給:ブロードメディア・スタジオ
製作総指揮:
製作:マルク・ミソニエ
監督:バネッサ・フィロ
脚本:バネッサ・フィロ
原作:
撮影:ギョーム・シフマン
音楽:
出演:マリオン・コティヤール、エイリーヌ・アクソイ=エテックス、アルバン・ルノワール、ステファーヌ・リドー

ビッチ母が美少女娘をネグレクト。

 

 

| | コメント (0)

2019-096M 「マーウェン」☆☆☆★★

Marwen原題:Welcome To Marwen
邦題:マーウェン
時間:116分
公開:2019-07-19
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:パルコ
製作総指揮:ジャクリーン・レビン、ジェフ・モームバーグ
製作:ロバート・ゼメキス、ジャック・ラプケ、スティーブ・スターキー、シェリラン・マーティン
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ロバート・ゼメキス、キャロライン・トンプソン
原作:
撮影:C・キム・マイルズ
音楽:アラン・シルベストリ
出演:スティーブ・カレル、レスリー・マン、ダイアン・クルーガー、メリット・ウェバー、ジャネール・モネイ、エイザ・ゴンザレス、グウェンドリン・クリスティー、レスリー・ゼメキス、ニール・ジャクソン

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロバート・ゼメキス監督が、「バイス」「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のスティーブ・カレルを主演に迎え、暴行を受けて心身ともに大きな傷を負った主人公が、独自の世界観でカメラマンとして認められ、現実と向き合う勇気を獲得していく姿を、実話をもとに描いたヒューマンドラマ。5人の男たちから暴行を受け、瀕死の重症を負ったマーク・ホーガンキャンプ。昏睡状態から目覚めた彼は、自分の名前も覚えておらず、歩くこともままならない状態だった。脳に障害を抱え、PTSDにも苦しむマークは、リハビリのためフィギュアの撮影を始め、自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使って空想の世界「マーウェン」を作り上げる。マーウェンの中では、G.I.ジョーのホーギー大佐と5人のバービー人形がナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げ、その様子を撮影したマークの写真は次第に評価され、やがて個展が開かれることになるが……。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧