2021-215M 「モーリタニアン 黒塗りの記録」☆☆☆★★

Smoritanian原題:The Mauritanian
邦題:モーリタニアン 黒塗りの記録
時間:129分
公開:2021-10-29
製作年度:2021
製作国:イギリス
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:マイカ・グリーン ダニエル・ステインマン ダン・フリードキン マイケル・ブルーム マリア・ザッカーマン ライアン・ヘラー ザック・キルバーグ ラッセル・スミス ロバート・ハルミ ジム・リーブ ローズ・ガーネット ロバート・シモンズ アダム・フォーゲルソン ジョン・フリードバーグ
製作:アダム・アクランド リア・クラーク ベネディクト・カンバーバッチ ロイド・レビン ベアトリス・レビン マーク・ホルダー クリスティーン・ホルダー ブランウェン・プレストウッド・スミス マイケル・ブロナー
監督:ケビン・マクドナルド
脚本:M・B・トレイブン ローリー・ヘインズ ソフラブ・ノシルバニ
原作:モハメドゥ・ウルド・スラヒ
原案:M・B・トレイブン
撮影:アルウィン・H・カックラー
音楽:トム・ホッジ
出演:ジョディ・フォスター(ナンシー・ホランダー)、タハール・ラヒム(モハメドゥ・アルド・スラヒ)、ザカリー・リーヴァイ(ニール・バックランド)、サーメル・ウスマニ(アージュン)、シェイリーン・ウッドリー(テリー・ダンカン)、ベネディクト・カンバーバッチ(スチュアート・カウチ中佐)

悪名高きグアンタナモ収容所に収監されたモーリタニア人の青年と、彼を救うべく奔走する弁護士たちの姿を、実話を基に描いた法廷サスペンスドラマ。モハメドゥ・ウルド・スラヒの著書「グアンタナモ収容所 地獄からの手記」を題材に、「ラストキング・オブ・スコットランド」のケビン・マクドナルド監督がメガホンをとった。弁護士のナンシー・ホランダーとテリー・ダンカンは、モーリタニア人青年モハメドゥの弁護を引き受ける。アメリカ同時多発テロに関与した疑いで逮捕された彼は、裁判すら受けられないまま、拷問と虐待が横行するキューバのグアンタナモ米軍基地で地獄の日々を送っていた。真相を明らかにするべく調査に乗り出すナンシーたちだったが、正義を追求していくうちに、恐るべき陰謀によって隠された真実が浮かび上がる。ジョディ・フォスターが敏腕弁護士ナンシーを演じ、第78回ゴールデングローブ賞で助演女優賞を受賞。軍の弁護士ステュアート中佐をベネディクト・カンバーバッチ、モハメドゥを「預言者」のタハール・ラヒム、テリーを「ダイバージェント」シリーズのシャイリーン・ウッドリーが演じた。
共和党も民主党も残虐な有様に目を瞑り続けたアメリカの闇。

| | コメント (0)

2021-210M 「MONSOON モンスーン」☆☆☆

Smonsoon原題:MONSOON
邦題:MONSOON モンスーン
時間:85分
公開:2022-01-14
製作年度:2019
製作国:イギリス・香港
配給:イオンエンターテイメント
製作総指揮:リジー・フランク ローズ・ガーネット
製作:トレイシー・オリオーダン
監督:ホン・カウ
脚本:ホン・カウ
原作:
撮影:ベンジャミン・クラカン
音楽:ジョン・カミングス
出演:ヘンリー・ゴールディング、パーカー・ソーヤーズ、デイビット・トラン、モリー・ハリス

難民としてイギリスに渡った男性が、久しぶりに故郷のベトナムに戻る旅路を描く人間ドラマ。様変わりしたかつてのサイゴンで、主人公が過去の面影を探し求める。監督と脚本を手掛けるのは『追憶と、踊りながら』などのホン・カウ。『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』などのヘンリー・ゴールディングをはじめ、『モンスターズ/新種襲来』などのパーカー・ソーヤーズ、デヴィッド・トラン、モリー・ハリスらが出演する。
家族と共にベトナム戦争の混乱を逃れたキット(ヘンリー・ゴールディング)は、6歳で難民としてイギリスに渡る。彼は両親の遺灰を埋葬するために、30年ぶりにベトナムに帰郷することになる。経済発展を遂げ、現在はホーチミンと呼ばれているかつてのサイゴンを訪れたキットは埋葬場所を探すものの、事は思ったように進まなかった。

| | コメント (0)

2021-196M 「モスル あるSWAT部隊の戦い」☆☆☆

Smosulu_20211013125301原題:Mosul
邦題:モスル あるSWAT部隊の戦い
時間:109分
公開:2021-11-19
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ポニーキャニオン
製作総指揮:ワン・チョンジュン ワン・チョンレイ フー・ジュンイー パトリック・ニュウォール トッド・マクラス クリストファー・マルクス スティーブン・マクフィーリー モハメド・アルダラジー
製作:ジョー・ルッソ アンソニー・ルッソ マイク・ラロッカ ドーン・オストロフ ジェレミー・ステックラー
監督:マシュー・マイケル・カーナハン
脚本:マシュー・マイケル・カーナハン
原作:
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:ヘール・ダッバーシ、アダム・ベッサ、イスハーク・エリヤス、クタイバ・アブデル=ハック、アフマド・ガーネム

IS(イスラム過激派組織)によって何もかもを奪われた男たちが、命がけでゲリラ戦を仕掛ける姿を実話ベースで描いた戦争アクション。「アベンジャーズ」シリーズのルッソ兄弟がプロデュース。監督は「ワールド・ウォーZ」「キングダム 見えざる敵」などの脚本を手がけてきたマシュー・マイケル・カーナハン。長引く紛争により、荒廃したイラク第二の都市モスル。21歳の新米警察官カーワは重武装したISに襲われたところを、ジャーセム少佐率いるSWAT部隊に救われる。カーワが身内をISに殺されたと聞いたジャーセムは、その場で彼をSWATの一員に招き入れる。少佐を頂点に統制が取られ、十数名の元警察官から構成されるその部隊は、本部からの命令を無視して独自の戦闘をおこない、カーワには明かされないある使命でつながっていた。激しい戦闘で仲間を失い、絶望的な状況に直面しつつも、部隊はISの要塞に向かう決断をする。その決断の裏には、彼らの隠されたある任務があった。

| | コメント (0)

2021-138M 「マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”」☆☆☆★

SmarutannjpgSmargera原題:Martin Margiela: In His Own Words
邦題:マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”
時間:90
公開:2021-09-17
製作年度:2019
製作国:ドイツ・ベルギー
配給:アップリンク
製作総指揮:
製作:
監督:ライナー・ホルツェマー
脚本:ライナー・ホルツェマー
原作:
撮影:ライナー・ホルツェマー トゥーン・イレハム
音楽:dEUS
出演:マルタン・マルジェラ(声のみ)、ジャン=ポール・ゴルチエ、カリーヌ・ロワトフェルド、リドヴィッジ・エデルコート、キャシー・ホリン、オリヴィエ・サイヤール

謎に包まれた天才デザイナー、マルタン・マルジェラに迫ったドキュメンタリー。これまで公の場に一切登場せず、あらゆる取材や撮影を断わり続けてきたマルジェラが、「このドキュメンタリーのためだけ」「顔は映さない」という条件のもと制作に協力。初公開のドローイングや膨大な量のメモ、幼少時に作ったバービー人形の服などのプライベートな記録を見せながら、ドレスメーカーだった祖母からの影響、ジャン=ポール・ゴルチエのアシスタント時代、ヒット作となった足袋ブーツの誕生、エルメスのデザイナーへの就任、そして51歳での突然の引退など、キャリアやクリエイティビティについてマルジェラ本人が語る。監督は「マグナム・フォト 世界を変える写真家たち」「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」などで知られるドキュメンタリーの名手ライナー・ホルツェマー。

| | コメント (0)

2021-136M 「MINAMATA ミナマタ」☆☆☆

Sminamata原題:Minamata
邦題:MINAMATA ミナマタ
時間:115分
公開:2021-09-23
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:ロングライド、アルバトロス・フィルム
製作総指揮:ジェイソン・フォーマン ピーター・タッチ スティーブン・スペンス ピーター・ワトソン マリー=ガブリエル・スチュワート フィル・ハント コンプトン・ロス ノーマン・メリー ピーター・ハンプデン ノブ・ハセガワ ジョー・ハセガワ
製作:ビル・ジョンソン ガブリエル・タナ ケビン・バン・トンプソン デビッド・ケスラー ザック・エイバリー アンドリュー・レビタス ジョニー・デップ
監督:アンドリュー・レビタス
脚本:デビッド・ケスラー アンドリュー・レビタス ジェイソン・フォーマン
原作:
撮影:ブノワ・ドゥローム
音楽:坂本龍一
出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、キャサリン・ジェンキンス、ビル・ナイ

日本における水俣病の惨事を世界に伝えたアメリカの写真家、ユージン・スミス氏の日本での取材を描くヒューマンドラマ。1971年から1974年の3年間にわたり、水俣で暮らしながら公害に苦しむ人々の日常と、闘いの日々を撮影した写真家を描く。『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』などの製作を務めたアンドリュー・レヴィタスが監督を手掛け、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのジョニー・デップが主演を務め、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮らが共演する。

| | コメント (0)

2021-082M 「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」☆☆☆★★

Smissinglink原題:Missing Link
邦題:ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒
時間:95分
公開:2020-11-13
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:アリアンヌ・サトナー トラビス・ナイト
監督:クリス・バトラー
脚本:クリス・バトラー
原作:
撮影:クリス・ピーターソン
音楽:カーター・バーウェル
出演:ヒュー・ジャックマン(ライオネル・フロスト卿)、ザック・ガリフィナーキス(Mr.リンク/スーザン)、ゾーイ・サルダナ(アデリーナ・フォートナイト)、エマ・トンプソン(長老)、ティモシー・オリファント(ウィラード・ステンク)、デヴィッド・ウォリアムズ(レミュエル・リント)、スティーヴン・フライ(ピゴット・ダンスビー卿)、マット・ルーカス(コリック)、アムリタ・アチャリア(アマ・ラーム)、チン・バルデス=アラン(ガム)

「KUBO クボ 二本の弦の秘密」や「コララインとボタンの魔女」などで知られるアメーションスタジオのライカが手がけたストップモーションアニメ。「神話と怪獣研究の第一人者」を自称するライオネル卿は、伝説の生き物を発見して自らの才能を世に示そうと旅に出る。その途上で、人類の遠い祖先である生きた化石=ミッシング・リンクと遭遇したライオネル卿は、種族で唯一の生き残りだというミッシング・リンクの親族を探すため、伝説のシャングリラを目指すことになるが……。ライオネル卿の声をヒュー・ジャックマンが担当したほか、ザック・ガリフィアナキス、ゾーイ・サルダナ、エマ・トンプソンらが声優を務めた。監督はライカの「パラノーマン ブライス・ホローの謎」を手がけたクリス・バトラー。第77回ゴールデングローブ賞で最優秀長編アニメーション映画賞を受賞。第92回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネート。
なかなか拾いものの秀作。ドラマのテンポも素晴らしい。神業のストップモーションアニメは必見だ。エンドクレジットがまた素晴らしく見惚れてしまった。

| | コメント (0)

2021-071M 「モンスターハンター」☆☆☆

Smonhan原題:Monster Hunter
邦題:モンスターハンター
時間:104分
公開:2021-03-26
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:東宝、東和ピクチャーズ
製作総指揮:エドワード・チェン ハワード・チェン 松岡宏泰
製作:ジェレミー・ボルト ポール・W・S・アンダーソン デニス・ベラルディ ロバート・クルツァー マーティン・モスコウィック
監督:ポール・W・S・アンダーソン
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
原作:
撮影:グレン・マクファーソン
音楽:ポール・ハスリンジャー
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ(アルテミス)、トニー・ジャー(ハンター)、ティップ・“T.I.”・ハリス、ミーガン・グッド、ディエゴ・ボネータ、山崎紘菜、ロン・パールマン

2004年の第1作発売以降シリーズ累計6500万本を売り上げるカプコンの大ヒットゲームシリーズ「モンスターハンター」を、ハリウッドで実写映画化したアクションアドベンチャー。同じくカプコンの人気ゲームを原作に大ヒットを記録した「バイオハザード」シリーズの主演ミラ・ジョボビッチ&監督ポール・W・Sアンダーソンが再タッグを組んだ。エリート特殊部隊を率いる軍人アルテミスは砂漠を偵察中、突如発生した超巨大な砂嵐に襲われ、必死に逃げるものの一瞬にして巻き込まれてしまう。強烈な突風と激しい稲光の中で気を失ったアルテミスが目を覚ますと、そこは元いた場所とは違う見知らぬ異世界だった。その世界には近代兵器の通用しない巨大なモンスターが跋扈(ばっこ)し、そんなモンスターの狩猟を生業とするハンターがいた。アルテミスは元の世界に戻るため、次々と迫りくる巨大モンスターと激闘を繰り広げていく。「ワイルド・スピード SKY MISSION」などのハリウッド作品でも活躍するタイのアクション俳優トニー・ジャーや、「ヘルボーイ」のロン・パールマンが共演。日本からも山崎紘菜が参加し、ハリウッドデビューを飾った。

| | コメント (0)

2021-069M 「ミナリ」☆☆☆★★

Sminari原題:Minari
邦題:ミナリ
時間:115分
公開:2021-03-19
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:ギャガ
製作総指揮:ブラッド・ピット ジョシュ・バーチョフ スティーブン・ユァン
製作:デデ・ガードナー ジェレミー・クレイマー クリスティーナ・オー
監督:リー・アイザック・チョン
脚本:リー・アイザック・チョン
原作:
撮影:ラクラン・ミルン
音楽:エミール・モッセリ
出演:スティーヴン・ユァン(ジェイコブ)、ハン・イェリ(モニカ)、アラン・キム(デビッド)、ネイル・ケイト・チョー(アン)、ユン・ヨジョン(スンジャ)、ウィル・パットン(ポール)

1980年代のアメリカ南部を舞台に、韓国出身の移民一家が理不尽な運命に翻弄されながらもたくましく生きる姿を描いた家族映画。2020年・第36回サンダンス映画祭でグランプリと観客賞をダブル受賞した。農業での成功を目指し、家族を連れてアーカンソー州の高原に移住して来た韓国系移民ジェイコブ。荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを目にした妻モニカは不安を抱くが、しっかり者の長女アンと心臓を患う好奇心旺盛な弟デビッドは、新天地に希望を見いだす。やがて毒舌で破天荒な祖母スンジャも加わり、デビッドと奇妙な絆で結ばれていく。しかし、農業が思うように上手くいかず追い詰められた一家に、思わぬ事態が降りかかり……。父ジェイコブを「バーニング 劇場版」のスティーブン・ユァン、母モニカを「海にかかる霧」のハン・イェリ、祖母スンジャを「ハウスメイド」のユン・ヨジョンが演じた。韓国系アメリカ人のリー・アイザック・チョンが監督・脚本を手がけた。第78回ゴールデングローブ賞では、アメリカ映画だが大半が韓国語のセリフであることから外国語映画賞にノミネートされ、受賞を果たす。第93回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞など計6部門にノミネート。

| | コメント (0)

2021-040M 「Mank マンク」☆☆☆★★★

Smank原題:Mank
邦題:Mank マンク
時間:132分
公開:2020-11-20
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:
製作:セアン・チャフィン エリック・ロス ダグラス・アーバンスキー
監督:デビッド・フィンチャー
脚本:ジャック・フィンチャー
原作:
撮影:エリック・メッサーシュミット
音楽:トレント・レズナー アティカス・ロス
出演:ゲイリー・オールドマン、アマンダ・セイフライド、リリー・コリンズ、チャールズ・ダンス、タペンス・ミドルト、トム・ペルフリー、トム・バーク

 

「ソーシャル・ネットワーク」「ゴーン・ガール」の鬼才デビッド・フィンチャーがメガホンをとり、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のオスカー俳優ゲイリー・オールドマンが、不朽の名作「市民ケーン」の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツを演じたNetflixオリジナル映画。フィンチャー監督の父ジャック・フィンチャーの遺稿を映画化した。1930年代のハリウッド。脚本家マンクはアルコール依存症に苦しみながら、新たな脚本「市民ケーン」の仕上げに追われていた。同作へのオマージュも散りばめつつ、機知と風刺に富んだマンクの視点から、名作誕生の壮絶な舞台裏と、ハリウッド黄金期の光と影を描き出す。「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド、「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のチャールズ・ダンスら豪華キャストが個性豊かな登場人物たちを演じる。Netflixで2020年12月4日から配信。一部の映画館で11月20日から劇場公開。
これだけの意欲的なテーマを、これだけのキャスティングと、これだけのクオリティをもって、ハリウッドの煌めく映画史上の「事件」を描く傑作が<配信業者のネットフリックスで製作されてインターネット配信される>という、映画興行界において悲劇的なブラックジョークに震撼する。大スターを招いてチャイニーズシアターでプレミアをするような、かつての夢の国はもう無いのかな。おそらく2021の映画賞シーズンでは台風の目になるだろう。

 

| | コメント (0)

2020-007M 「マ・レイニーのブラックボトム」☆☆☆★★

Sblackbottom原題:Ma Rainey's Black Bottom
邦題:マ・レイニーのブラックボトム
時間:94分
公開:2020-12-18
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:コンスタンザ・ロメロ
製作:デンゼル・ワシントン トッド・ブラック ダニー・ウルフ
監督:ジョージ・C・ウルフ
脚本:ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
原作:オーガスト・ウィルソン
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:ブランフォード・マルサリス
出演:ヴィオラ・デイヴィス(マ・レイニー)、チャドウィック・ボーズマン(レヴィー)、グリン・ターマン、コールマン・ドミンゴ、マイケル・ポッツ、ジョニー・コイン、テイラー・ペイジ、ジェレミー・シェイモス、ドゥーサン・ブラウン、ジョシュア・ハート

1920年代のシカゴを舞台に、「ブルースの母」と称される実在の歌手マ・レイニーと彼女を取り巻く人々を描いたNetflixオリジナル映画。「フェンス」の原作者としても知られる劇作家オーガスト・ウィルソンの戯曲を、「サヨナラの代わりに」のジョージ・C・ウルフ監督のメガホンで映画化した。1927年。シカゴの録音スタジオで、人気歌手マ・レイニーのレコーディングが始まろうとしていた。4人組バックバンドのひとりであるトランペット奏者レヴィーは野心に燃え、他のメンバーたちと揉め事を起こす。やがて遅れて到着したマ・レイニーは白人のプロデューサーらと主導権を巡って激しく対立し、スタジオは緊迫した空気に包まれる。マ・レイニー役に「フェンス」のオスカー女優ビオラ・デイビス。「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマンがレヴィーを演じ、彼の遺作となった。Netflixで2020年12月18日から配信。
舞台劇だけに役者たちによる丁々発止の名演技が見どころ。アリアのようなカデンツァのような描かれ方での彼らの独白が、怨念を絞り出すような悲しき物語であることが、心を抉る。黒人たちが、その原点に怒りを込めて振り返っている。そういう点で、これは音楽映画ではなく政治映画である。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧