2023-250M 「ヒンターラント」☆☆☆★★

Shinterland原題:Hinterland
邦題:ヒンターラント
時間:99分
公開:2023-09-08
製作年度:2021
製作国:オーストリア・ルクセンブルク
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:オリバー・ノイマン ザビーネ・モーザー バディ・ミンク アレクサンダー・ドゥムライヒャー=イバンチヤヌ
監督:ステファン・ルツォビツキー
脚本:ロバート・ブッフシュベンター ハンノ・ピンター ステファン・ルツォビツキー
原作:ハンノ・ピンター
撮影:ベネディクト・ノイエンフェルス
音楽:キャン・バヤニ
出演:ムラタン・ムスル、リヴ・リサ・フリース、マックス・フォン・デル・グローベン、マルク・リンパッハ、マルガレーテ・ティーゼル、アーロン・フリエス

「ヒトラーの贋札」のステファン・ルツォビツキー監督が、残酷な戦争が生んだ悲劇を全編ブルーバック撮影による美しい悪夢のような映像で描き、2021年・第74回ロカルノ国際映画祭で観客賞を受賞したミステリー。

第1次世界大戦後、ロシアでの長い捕虜収容所生活からようやく解放された元刑事ペーターと戦友たち。しかし帰還した彼らを待ち受けていたのは、敗戦国となり変わり果てた祖国の姿だった。ペーターは帰宅したものの家族の姿はなく、行き場を失ってしまう。そんな中、ペーターの元戦友が河原で遺体となって発見される。遺体には相手に苦痛を与えるために仕掛けられた拷問の跡があり、その痕跡から犯人も彼らと同じ帰還兵であると思われた。ペーターは自らの心の闇と向きあうため、事件の真相を追い始めるが……。

出演は「7500」のムラタン・ムスル、テレビドラマ「バビロン・ベルリン」のリブ・リサ・フリース。

 映画マーケットに行くと、毎日10本近い作品を見続ける。夜もミーティングと称して美酒美食に溺れ、そこから深夜にスタートするスクリーニングに朦朧としながら参加する。
 そんな状態で、この作品を見たら、目眩と共に、かなり精神を直撃してくるだろう。すべて暗く歪んだ主人公のトラウマの反映のような風景。そこで巻き起こる猟奇的な暗示的連続殺人。やや、コイツは東欧の『セブン』ではないか?と、酩酊の中で、心を震わせる。そんな作品である。

| | コメント (0)

2023-238M 「PATHAAN パターン」☆☆☆★★

Spathaan原題:Pathaan
邦題:PATHAAN パターン
時間:146分
公開:2023-09-01
製作年度:2023
製作国:インド
配給:ツイン
製作総指揮:
製作:アディティア・チョープラー
監督:シッダールト・アーナンド
脚本:シュリーダル・ラーガバン アッバス・ティレワラ
原作:シッダールト・アーナンド
撮影:
音楽:ビシャール=シェーカル
出演:シャー・ルク・カーン(パターン)
ディーピカー・パードゥコーン(ルビナ・モシン)、ジョン・アブラハム(ジム)、ディンプル・カパディア(ナンディニ・グレーワール)、サルマーン・カーン(アヴィナーシュ・シン・ラートール)

「マイネーム・イズ・ハーン」「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」などで知られるインド映画界のスター、シャー・ルク・カーンが主演したスパイアクション。

インドやパキスタンにまたがるカシミール地方の自治権をインド政府がはく奪し、それに怒ったパキスタンの将軍カーディルは、元インド軍人のジムと手を組みテロ攻撃を企てる。インドの諜報機関RAW (Research Analysis Wing of India) に所属するパターンは、ジムが計画する生物兵器での攻撃を阻止するため動き出すが、デリーの上空を飛行中の飛行機に生物兵器が仕掛けられたことが判明。残された時間はわずか6分という絶体絶命の状況下で、インド最高のエージェントであるパターンは、母国を守るため奮闘する。

同じインドの諜報機関RAWが登場する「タイガー 伝説のスパイ」でサルマーン・カーンが演じたスパイのタイガーが、本作の主人公パターンと同僚という設定になっており、話題に。監督は「WAR ウォー!!」「バンバン!」のシッダールト・アーナンド。「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」「チェンナイ・エクスプレス 愛と勇気のヒーロー参上」などでもシャー・ルク・カーンと共演しているディーピカー・パードゥコーンが、ヒロインのルバイ役を務めた。

インド版『ミッションインポッシブル』。カーチェイスあり、列車バトルで鉄橋破壊ハラハラあり、大量殺戮兵器の奪い合いあり。本家と違うのは、歌あり、群舞の踊りありってとこ。某レジェンドアクションスターがゲスト登場も大拍手!
ああ、楽しかった!

| | コメント (0)

2023-228M 「ふたりのマエストロ」☆☆☆★

Sfutarinomaesutoro原題:La Scala
邦題:ふたりのマエストロ
時間:88分
公開:2023-08-18
製作年度:2022
製作国:フランス
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:フィリップ・ルスレ
監督:ブリュノ・シッシュ
脚本:ブリュノ・シッシュ ヤエル・ラングマン クレモン・ペニ
原作:ヨセフ・シダー
撮影:ドゥニ・ルーダン
音楽:フロレンシア・ディ・コンシリオ
出演:イヴァン・アタル(ドニ・デュマール)、ピエール・アルディティ(フランソワ・デュマール)、ミュウ=ミュウ(エレーヌ)、キャロリーヌ・アングラーデ(ヴィルジニー)、パスカル・アルビロ(ジャンヌ)、ニルス・オトナン=ジラール(マシュー)

パリの華やかなクラシック界でそれぞれ指揮者として活躍する父フランソワと息子ドニ。ある日フランソワのもとに、世界最高峰のミラノ・スカラ座の音楽監督への就任を依頼する電話が掛かってくる。ドニはライバルでもある父の成功を素直に喜べずにいたが、翌日、今度はドニがスカラ座総裁から呼び出しを受ける。実は就任を依頼されたのはドニで、父フランソワへの連絡は誤りだったのだ。父に真実を伝えなければならず葛藤するドニだったが……。

カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞し、アカデミー外国語映画賞にもノミネートされたイスラエル映画「フットノート」の設定を変えてリメイク。「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」のイバン・アタルが息子ドニ、「巴里の恋愛協奏曲」のピエール・アルディティが父フランソワを演じ、「読書する女」のミュウ=ミュウが共演。俳優としても活動するブリュノ・シッシュが監督を務めた。

 

 

| | コメント (0)

2023-223M 「ハート・オブ・ストーン」☆☆☆★

Sheartofstone原題:Heart of Stone
邦題:ハート・オブ・ストーン
時間:125分
公開:2023-08-11
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:デビッド・エリソン ダナ・ゴールドバーグ ドン・グレンジャー トム・ハーパー グレッグ・ルッカ パトリシア・ウィッチャ
製作:ボニー・カーティス ジュリー・リン ヤロン・バルサノ ガル・ギャドット
監督:トム・ハーパー
脚本:グレッグ・ルッカ アリソン・シュローダー
原作:
撮影:ジョージ・スティール
音楽:スティーブン・プライス
出演:ガル・ガドット、ジェイミー・ドーナン、アーリヤー・バット、ソフィー・オコネドー、マティアス・シュヴァイクホファー、ポール・レディ、B・D・ウォン

「ワンダーウーマン」「レッド・ノーティス」のガル・ギャドットが世界屈指の敏腕スパイを演じるアクションエンタテインメント。

高い身体能力と天才的な頭脳を持ち合わせるレイチェル・ストーンは、イギリスの諜報機関MI6と世界平和のために活動する秘密組織チャーターという2つの組織を掛け持ちする超一流のエージェント。ある時、彼女の仲間が謎の武装組織に殺されてしまう。組織の目的は、世界中のシステムを操作できる「ハート」と呼ばれるシステムを手に入れること。スマートフォンから航空機まで、あらゆる機械にアクセスできる「ハート」が悪用されれば、世界は多大な危機に陥る。レイチェルは組織の足取りを追うが、その中で予想を超える事態と黒幕の存在を知る。

レイチェルの同僚のエージェント、パーカー役で「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のジェレミー・ドーナン、敵組織の一員でレイチェルと「ハート」をめぐってバトルを繰り広げるケヤ役を「RRR」「ブラフマーストラ」のアーリアー・バットが演じる。監督は「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」「ワイルド・ローズ」のトム・ハーパー。Netflixで2023年8月11日から配信。

| | コメント (0)

2023-221M 「ぼくは君たちを憎まないことにした」☆☆☆★

Sbokuhakimitachiwonikumanai原題:ous n'aurez pas ma haine
邦題:ぼくは君たちを憎まないことにした
時間:102分
公開:2023-11-10
製作年度:2022
製作国:ドイツ・フランス・ベルギー
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:サラ・ナーゲル イザベル・ビーガント
製作:ヤニーネ・ヤツコフスキー ヨナス・ドルンバッハ マーレン・アーデ
監督:キリアン・リートホーフ
脚本:キリアン・リートホーフ
原作:アントワーヌ・レリス
撮影:マニュエル・ダコッセ
音楽:
出演:ピエール・ドゥラドンシャン、カメリア・ジョルダーナ、ゾーエ・イオリオ、トマ・ミュスタン、クリステル・コルニル、アン・アズレイ、ファリダ・ラウアジ、ヤニック・ショワラ

2015年11月13日金曜日の朝。ジャーナリストのアントワーヌ・レリスは息子のメルヴィルと一緒に、仕事に急ぐ妻のエレーヌを送り出した。息子のために健康的な朝食を手作りして体調管理に気を配り、おしゃれでユーモアのセンスもある。最高の母であり、最愛の妻が、突然、天国へ行ってしまった。そんな時でも息子はお腹を空かせ、砂で遊び、絵本の読み聞かせをねだる。誰とも悲しみを共有できない苦しみと、これから続くワンオペ育児への不安をはねのけるように、アントワーヌは手紙を書き始めた。妻の命を奪ったテロリストへの手紙は、息子と二人でも「今まで通りの生活を続ける」との決意表明であり、亡き妻への誓いのメッセージ。一晩で20万人以上がシェアし、新聞の一面を飾ったアントワーヌの「憎しみを贈らない」詩的な宣言は、動揺するパリの人々をクールダウンさせ、テロに屈しない団結力を芽生えさせていく。

| | コメント (0)

2023-220M 「フラッシュオーバー 炎の消防隊」☆☆☆★

Sflashover原題:驚天救援 Flashover
邦題:フラッシュオーバー 炎の消防隊
時間:115分
公開:2023-10-06
製作年度:2023
製作国:中国
配給::アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:オキサイド・パン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:ドゥー・ジアン、ワン・チェンユエン、ドン・リーヤー、ハン・シュエ、ユー・ハミオン、エルビス・ハン、ワン・ゴー

江東省灌城市で、マグニチュード3.1の地震が発生。トンネル付近で危険物を積んだタンクローリーが衝突事故を起こしたが、ジャオ消防
署長らの活躍で事態は収束し、事なきを得たかにみえた。しかし、天宜化学工場で化学物質が爆発。周囲の工業団地へも引火し、一
帯の住居や公共施設を巻き込んだ前代未聞の大規模爆発事故が発生する。ジャオや通信員のハンらが現場に急行するが、建物は崩
壊し要救助者は多数、まさに阿鼻叫喚の様相を呈していた。時を同じくして、ジャオの婚約者ジャンは、半壊した学校に子供たちと閉じ
込められていた。煙が校内に充満しなんとか屋上に避難するが、そこには想像を絶する惨状が広がっていた―。

| | コメント (0)

2023-219M 「バービー」☆☆★★★

Sbarbie原題:Barbie
邦題:バービー
時間:114分
公開:2023-08-11
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:マイケル・シャープ ジョージー・マクナマラ イノン・クライツ コートニー・バレンティ トビー・エメリッヒ ケイト・アダムス
製作:デビッド・ハイマン マーゴット・ロビー トム・アカーリー ロビー・ブレナー
監督:グレタ・ガーウィグ
脚本:グレタ・ガーウィグ ノア・バームバック
原作:
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:マーゴット・ロビー、ライアン・ゴズリング、ウィル・フェレル

世界中で愛され続けるアメリカのファッションドール「バービー」を、マーゴット・ロビー&ライアン・ゴズリングの共演で実写映画化。さまざまなバービーたちが暮らす完璧な世界「バービーランド」から人間の世界にやってきたひとりのバービーが、世界の真実に直面しながらも大切なことは何かを見つけていく姿を描く。

ピンクに彩られた夢のような世界「バービーランド」。そこに暮らす住民は、皆が「バービー」であり、皆が「ケン」と呼ばれている。そんなバービーランドで、オシャレ好きなバービーは、ピュアなボーイフレンドのケンとともに、完璧でハッピーな毎日を過ごしていた。ところがある日、彼女の身体に異変が起こる。困った彼女は世界の秘密を知る変わり者のバービーに導かれ、ケンとともに人間の世界へと旅に出る。しかしロサンゼルスにたどり着いたバービーとケンは人間たちから好奇の目を向けられ、思わぬトラブルに見舞われてしまう。

「レディ・バード」「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」のグレタ・ガーウィグが監督を務め、「マリッジ・ストーリー」のノア・バームバックとガーウィグ監督が共同で脚本を手がける。

イロイロかもした物議も仕掛けられたパブリシティのひとつじゃやないか?と話題の作品。
しっかし、全米で記録的大ヒットの理由がさっぱり理解できないバカ映画だった。というか、アメリカ人にとってのバービーの在り方は、日本人には想像もつかないのだろう

| | コメント (0)

2023-211M 「パラダイス 人生の値段」☆☆☆

Sparadice原題:Paradise
邦題:パラダイス 人生の値段
時間:118分
公開:2023-07-27
製作年度:2023
製作国:ドイツ
配給:Netflix
製作総指揮:
製作:サイモン・アンバーガー
監督:ボリス・クンツ
脚本:ピーター・コチラ ボリス・クンツ サイモン・アンバーガー
原作:サイモン・アンバーガー コービニアン・ドフター ラファエル・パレンテ
撮影:クリスティアン・シュタンガッシンガー
音楽:
出演:コスティア・ウルマン、コリンナ・キルヒホッフ、マルレーネ・タンチク、イリス・ベルベン、リサ・マリエ・コロール、ローナ・イシェマ、ヌーマン・アチャル、アリーナ・レフシン、トム・ベッチャー、ギゼム・エムレ、リーサ・ローヴェン・コングスリ

近未来、人間の寿命を他者に譲渡できる技術が開発され、バイオベンチャー企業のAEONは大規模な製薬会社へと成長を遂げた。そんな折、マックスとエレナ夫妻(コスティア・ウルマン、マルレーネ・タンチク)は保険会社から高額な請求を受け、多額の借金を背負う。返済のためにエレナの40年分の寿命を差し出さねばならなくなり、夫婦の生活は一変する。

似た発想のハリウッド映画で「タイム」というのがあるが、まあある意味使い古されたディストピアもの。
不老不死の霊薬(エリクサー)を手に入れるために日本に徐福を送り込んだ秦の始皇帝の時代から、時間を我が物にしたいという欲望は人類共通のもの。

| | コメント (0)

2023-199M 「裸足になって」☆☆☆★

Shadashininatte原題:Houria
邦題:裸足になって
時間:99分
公開:2023-07-21
製作年度:2022
製作国:フランス・アルジェリア
配給:ギャガ
製作総指揮:トロイ・コッツァー
製作:ザビエ・ジャン グレゴワール・ジャンソラン パトリック・アンドレ ムニア・メドゥール
監督:ムニア・メドゥール
脚本:ムニア・メドゥール
原作:
撮影:レオ・ルフェーブル
音楽:ヤスミン・メドゥール マクサンス・ドゥセール
出演:リナ・クードリ(フーリア)、ラシダ・ブラクニ(サブリナ)、ナディア・カシ(ハリマ)、アミラ・イルダ・ドゥアウダ(ソニア)、メリエム・ムジカネ(アメル)、ザーラ・ドゥモンディ(サナ)、サラ・グエンドゥス(ナスラ)

 

「パピチャ 未来へのランウェイ」のムニア・メドゥールが監督・脚本を手がけ、声と夢を理不尽に奪われた少女の再生をみずみずしく描いたヒューマンドラマ。

 

内戦の傷跡が残る北アフリカのイスラム国家アルジェリア。バレエダンサーを夢見る少女フーリアは、男に階段から突き落とされて大ケガを負い、踊ることも声を出すこともできなくなってしまう。失意の底にいた彼女がリハビリ施設で出会ったのは、それぞれ心に傷を抱えるろう者の女性たちだった。フーリアは彼女たちにダンスを教えることで、生きる情熱を取り戻していく。

 

「オートクチュール」「パピチャ 未来へのランウェイ」のリナ・クードリが主人公フーリアを演じ、「女はみんな生きている」のラシダ・ブラクニが共演。「コーダ あいのうた」でろう者の俳優として初めてオスカー像を手にした俳優トロイ・コッツァーが製作総指揮を務めた。

 

| | コメント (0)

2023-185M 「Pearl パール」☆☆☆★

Spearl原題:Pearl
邦題:Pearl パール
時間:103分
公開:2023-07-07
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:ミア・ゴス ピーター・ポーク サム・レビンソン アシュリー・レビンソン スコット・メスカディ デニス・カミングス カリーナ・マナシル
製作:ジェイコブ・ジャフク タイ・ウェスト ケビン・チューレン ハリソン・クライス
監督:タイ・ウェスト
脚本:タイ・ウェスト ミア・ゴス
原作:タイ・ウェスト
撮影:エリオット・ロケット
音楽:タイラー・ベイツ ティム・ウィリアムズ
出演:ミア・ゴス、デヴィッド・コレンスウェット、タンディ・ライト、マシュー・サンダーランド、エマ・ジェンキンズ=プーロ

タイ・ウェスト監督、ミア・ゴス主演のホラー「X エックス」のシリーズ第2作で、1970年代が舞台だった「X エックス」の60年前を描く前日譚。「X エックス」に登場した極悪老婆パールの若き日を描き、夢見る少女だったパールがいかにしてシリアルキラーへと変貌したかが明らかにされる。

スクリーンの中で歌い踊る華やかなスターに憧れるパールは、厳格な母親と病気の父親と人里離れた農場で暮らしている。若くして結婚した夫は戦争へ出征中で、父親の世話と家畜たちの餌やりの毎日に鬱屈とした気持ちを抱えていた。ある日、父親の薬を買いにでかけた町で、母親に内緒で映画を見たパールは、ますます外の世界へのあこがれを強めていく。そして、母親から「お前は一生農場から出られない」といさめられたことをきっかけに、抑圧されてきた狂気が暴発する。

前作で主人公マキシーンとパールの2役を演じたミア・ゴスが今作でも主演を務め、若かりし日のパールを演じてるほか、脚本と製作総指揮にも名を連ねている。

製作会社のA24がブランド化して、一定の固定客を掴むようになったようだ。「X」のハワードとパールの前日譚。というより60年前のビギニング作品。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧