2021-222M 「皮膚を売った男」☆☆☆★

Shifuwouttaotoko原題:L'Homme qui a vendu sa peau
邦題:皮膚を売った男
時間:104分
公開:2021-11-12
製作年度:2020
製作国:チュニジア・フランス・ベルギー・スウェーデン・ドイツ・カタール・サウジアラビア
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:
監督:カウテール・ベン・ハニア
脚本:カウテール・ベン・ハニア
原作:
撮影:クリストファー・アウン
音楽:アミン・ブーハファ
出演:ヤヤ・マヘイニ(サム)、ディア・リアン(アビール)、ケーン・デ・ボーウ(ジェフリー)、モニカ・ベルッチ(ソラヤ)、サード・ロスタン(ジアッド)、ダリナ・アル・ジュンディ(サムの母)、ヴィム・デルボア(保険業者)

チュニジアの女性監督カウテール・ベン・ハニアが、「もしも生身の人間が芸術作品となり、売買の対象になったら」という設定のもと、移民・難民問題をめぐる偽善や現代アートに関する知的欺瞞を風刺し、理不尽な世界の在りようをユーモアたっぷりに描いた人間ドラマ。内戦の続くシリアから脱出し、難民となったサムは、現代アートの巨匠から驚くべき提案を受ける。それは、サム自身がアート作品になるというものだった。大金と自由を手に入れる代わりに背中にタトゥーを施し、「アート作品」なったサムは、高額で取引される身となる。売買され国境を越えたサムは、やがて恋人に会いに行くのだが……。第77回ベネチア国際映画祭のオリゾンティ部門男優賞受賞。第93回アカデミー国際長編映画賞ノミネート。

| | コメント (0)

2021-220M 「ボブという名の猫2幸せのギフト」☆☆☆

Sbobcat2原題:A Christmas Gift from Bob
邦題:ボブという名の猫2幸せのギフト
時間:92分
公開:2022-02-25
製作年度:2020
製作国:イギリス
配給:コムストック・グループ
製作総指揮:フィリップ・バーギン マーティン・マッケイブ ミック・サウスワース アダム・コバーン ピート・バリー ルーク・トレッダウェイ ジェームズ・ボーウェン ギャリー・ジェンキンス ニコラ・ペアシー ジギー・カマサ ブライアン・オシェア ナット・マコーミック ジョバンナ・トリシッタ
製作:アダム・ロルストン トレイシー・ジャービス スティーブン・ジャービス アンドリュー・ボスウェル サニー・ボラ マルタン・メッツ エイドリアン・ポリトウスキー
監督:チャールズ・マーティン・スミス
脚本:ギャリー・ジェンキンス
原作:ジェームズ・ボーウェン
撮影:デビッド・コネル
音楽:パトリック・ニール・ドイル
出演:ルーク・トレッダウェイ、クリスティーナ・トンテリ=ヤング、ファルダット・シャーマ、アンナ・ウィルソン=ジョーンズ

ジェームズ・ボーウェンのノンフィクションを原作に、どん底の生活を送る青年が1匹の猫との出会いを通して再生していく姿を描いた「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の続編。ホームレスのストリートミュージシャンからベストセラー作家に転身を果たしたジェームズと、彼の飼い猫の茶トラ猫ボブ。出版社のクリスマスパーティに出席した彼らは、その帰り道、路上演奏の違反で警察官に取り押さえられたホームレスの男性を助ける。ジェームズは自暴自棄になっているその男性に、路上で過ごした最後のクリスマスの話を語り出す。それはジェームズにとって、最も困難で苦しい選択を迫られた忘れられない日だった。前作に続きルーク・トレッダウェイが主演を務めた。監督は「ベラのワンダフル・ホーム」のチャールズ・マーティン・スミス。
テレビ東京出資作品。前作がそこそこ数字になったのと、コムストック!。
日本公開の背景はともあれ、冒頭から妙に説教臭いセリフが並ぶなと思ってたら、どうやら彼の最新刊の人生哲学エッセイ本を書き上げるストーリーでもあったようだ。まあ、自己啓発的なね。ボブネコの活躍もなんかイマイチ。

| | コメント (0)

2021-209M 「復讐」☆☆☆

Stiff2021原題:Payback
邦題:復讐
時間:105分
公開:2021TIFF コンペティション
製作年度:2021
製作国:フィリピン
配給:
製作総指揮:
製作:
監督:ブリランテ・メンドーサ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:ヴィンス・リロン、ナッシュ・アグアス、ジェイ・マナロ

警察に目をつけられたバイク泥棒のイサックは、ボスに庇護を頼むが冷たい扱いを受ける。イサックはボスに対する復讐を企むが…。スラム街の犯罪組織の中でもがく男を描いた作品。

| | コメント (0)

2021-205M 「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」☆☆☆★★

Sfrechdispach原題:The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun
邦題:フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
時間:107分
公開:2022-01-28
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:ロマン・コッポラ ヘニング・モルフェンター クリストフ・フィッサー チャーリー・ウォーケン
製作:ウェス・アンダーソン ジェレミー・ドーソン
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン
原作:ウェス・アンダーソン ロマン・コッポラ ヒューゴ・ギネス ジェイソン・シュワルツマン
撮影:ロバート・イェーマン
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメ、リナ・クードリ、ジェフリー・ライト、マチュー・アマルリック、スティーヴン・パーク、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、クリストフ・ヴァルツ、エドワード・ノートン、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン

「グランド・ブダペスト・ホテル」「犬ヶ島」のウェス・アンダーソン監督が、フランスの架空の街にある米国新聞社の支局で働く個性豊かな編集者たちの活躍を描いた長編第10作。国際問題からアート、ファッション、グルメに至るまで深く切り込んだ記事で人気を集めるフレンチ・ディスパッチ誌。編集長アーサー・ハウイッツァー・Jr.のもとには、向こう見ずな自転車レポーターのサゼラック、批評家で編年史家のベレンセン、孤高のエッセイストのクレメンツら、ひと癖もふた癖もある才能豊かなジャーナリストたちがそろう。ところがある日、編集長が仕事中に急死し、遺言によって廃刊が決定してしまう。キャストにはオーウェン・ウィルソン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンドらウェス・アンダーソン作品の常連組に加え、ベニチオ・デル・トロ、ティモシー・シャラメ、ジェフリー・ライトらが初参加。
もうね、映画の新作というより、異能芸術家による動くアート作品。鬼才ウェス・アンダーソンの新作。相変わらずファミリー総登場。そして、場面場面の情報量の多さに目眩。ワンカットづつスチールにして、虫眼鏡で画面隅々まで凝視していきたい。

 

| | コメント (0)

2021-183M 「ハロウィン KILLS」☆☆☆

Shollowinkills原題:Halloween Kills
邦題:ハロウィン KILLS
時間:106分
公開:2021-10-29
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:パルコ
製作総指揮:ジョン・カーペンター ジェイミー・リー・カーティス ダニー・マクブライド デビッド・ゴードン・グリーン ライアン・フレイマン
製作:マレク・アッカド ジェイソン・ブラム ビル・ブロック
監督:デビッド・ゴードン・グリーン
脚本:スコット・ティームズ ダニー・マクブライド デビッド・ゴードン・グリーン
原作:ジョン・カーペンター デブラ・ヒル
撮影:
音楽:ジョン・カーペンター コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ウィル・パットン、トーマス・マン、アンソニー・マイケル・ホール

鬼才ジョン・カーペンターが1978年に手がけた同名傑作ホラーの40年後を描いた「ハロウィン」の続編。前作に続いてデビッド・ゴードン・グリーン監督がメガホンをとり、ジョン・カーペンターのオリジナル版から主演を務めているジェイミー・リー・カーティスが、今作でも主人公となるローリーを演じた。ローリー・ストロードとブギーマンことマイケル・マイヤーズの40年におよぶ因縁の戦いは、決着がついたはずだった。しかし、まだ悪夢は終わっていなかった。ローリーが仕掛けたバーニングトラップから生還したマイケルは、過去を背負う町ハドンフィールドでさらなる凶行を重ねる。その恐怖に立ち向かいブギーマンと戦う者がいる一方、恐ろしさのあまり暴徒と化す者も現れ、ハドンフィールドは混沌としていく。ジェイミー・リー・カーティス演じるローリーに加え、ジュディ・グリアが扮するローリーの娘カレン、アンディ・マティチャック演じる孫娘アリソンも前作から続いて登場し、3世代でブギーマンに立ち向かう。シリーズ生みの親ジョン・カーペンターが製作総指揮や音楽を担当。「ゲット・アウト」「透明人間」などホラー、スリラー系のヒット作を多数送り出しているジェイソン・ブラムが製作。
「ハロウィン」は、1978年にスプラッタホラーの名作?としてジョン・カーペンター監督を僕らに発見させた。で、40年後の2018年にシリーズ復活、そして本作は2018年では完結してなかった衝撃。って、どこまでもメシの種になってるな、カーペンターさん。ともあれ、共同幻想としての、恐怖の象徴と位置づけたマイケルの造形。なんかハリウッドリベラルの臭いがする啓蒙的な寓意風語り口に、減点。

 

| | コメント (0)

2021-179M 「ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師」☆☆★★★

Slastwarrer2原題:The Last Warrior: Root of Evil
邦題:ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師
時間:121分
公開:2021-12-03
製作年度:2021
製作国:ロシア
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:ドミトリー・ディアチェンコ
脚本:ビタリー・シュリャッポ ドミトリー・ジャン ワシリー・クツェンコ パベル・ダニロフ イゴール・トゥドバセフ
原作:
撮影:パベル・カピノス
音楽:ジョージ・カリス
出演:ビクトル・ホリニャック、ミラ・シバツカヤ、エカテリナ・ビルコワ、コンスタンチン・ラブロネンココンスタンチン・ラブロネンコ、エレナ・ヤコブレワエレナ・ヤコブレワ、セルゲイ・ブルノフ

イワンの活躍によって平和を取り戻したベロゴリア王国。イワンは毎日のように魔法の剣を使い人間界と王国を行き来し、最新家電を王国に持ち込んで快適な生活を送っていた。しかし、恋人となったヴァシリーナは文明を嫌い、結婚して人間界に引っ越すことには消極的だった。そんな中、各地から戦士が集まり力比べの競技会が開催されるが、イワンは能力がなかなか目覚めず、さらには恋のライバルも現れて苛立っていた。ヴァシリーナにアピールするため一念発起して競技会に参加するが、そこにヴァルヴァラが魔法の剣を奪うために再び現れる。しかし、魔法の剣はイワンの使い過ぎで魔力を失っていた―。

| | コメント (0)

2021-178M 「ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣」☆☆★★★

Slastwarrer1 原題:The Last Warrior
邦題:ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣
時間:114分
公開:2021-11-26
製作年度:2017
製作国:ロシア
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:ドミトリー・ディアチェンコ
脚本:ビタリー・シュリャッポ ドミトリー・ジャン ワシリー・クツェンコ パベル・ダニロフ イゴール・トゥドバセフ
原作:
撮影:セルゲイ・トロフィモフ
音楽:ジョージ・カリス
出演:ヴィクトル・ホリニャック(イワン)、ミラ・シヴァツカヤ、エカテリーナ・ヴィルコワ、コンスタンチン・ラヴロネンコ、エレナ・ヤコブレワ、セルゲイ・ブルノフ

人気TV番組に魔術師として出演するイワン。もちろん魔術が使えるわけではなく、孤児院で育ち口先だけで生き抜いてきたペテン師。騙した相手は数知れず、その日も?がばれて逃走劇を繰り広げる中、プールのウォータースライダーに逃げ込む。だが、そこを抜けると全く見覚えのない世界が目の前に広がっていた―。待ち受けていた老爺から、ここはイワンが生まれたベロゴリア王国で、イワンは伝説の戦士イリヤが人間界に隠した息子だと聞かされる。そして、闇に支配されようとしている王国を救う救世主として召喚されたというが、イワンが手にしているのは電波の届かないスマートフォンだけだった―。

 

| | コメント (0)

2021-169M 「鳩の撃退法」☆☆☆★

Shaatonogekoitaihou邦題:鳩の撃退法
時間:119分
公開:2021-08-27
製作年度:2021
製作国:日本
配給:松竹
製作総指揮:
製作:高橋敏弘 藤田浩幸 潮田一 堀義貴 藤倉尚 久保雅一 有馬一昭
監督:タカハタ秀太
脚本:藤井清美 タカハタ秀太
原作:佐藤正午
撮影:板倉陽子
音楽:堀込高樹
出演:藤原竜也(津田伸一)、土屋太鳳(鳥飼なほみ)、風間俊介(幸地秀吉)、西野七瀬(沼本)、佐津川愛美(幸地奈々美)、桜井ユキ(加賀まりこ)、柿澤勇人(晴山次郎)、駿河太郎(多々良)、浜野謙太(大河内)、岩松了(川島社長)、村上淳(山下)、坂井真紀(加奈子先輩)、濱田岳(堀之内)、ミッキー・カーチス(房州老人)、リリー・フランキー(まえだ)、豊川悦司(倉田健次郎)

直木賞作家・佐藤正午の同名ベストセラーを藤原竜也主演で映画化。都内のバー。かつて直木賞を受賞した天才小説家・津田伸一は、担当編集者の鳥飼なほみに執筆中の新作小説を読ませていた。その内容に心を踊らせる鳥飼だったが、津田の話を聞けば聞くほど小説の中だけの話とは思えない。この小説が本当にフィクションなのか検証を始めた鳥飼は、やがて驚きの真実にたどり着く。謎めいた小説家・津田を藤原、津田に翻弄される担当編集者・鳥飼を土屋太鳳、津田とコーヒーショップで出会った日に失踪したバーのマスター、幸地秀吉を風間俊介、津田の行きつけのコーヒーショップ店員・沼本を西野七瀬、彼らが暮らす街の裏社会を仕切る倉田健次郎を豊川悦司が演じる。監督は「ホテル ビーナス」のタカハタ秀太。
この作品も豊川悦司がなかなかいい。どこに緊迫し、どこを面白がればいいのかイマイチ不明なまま終わる。オチを理解できない。

| | コメント (0)

2021-166M 「パリのアメリカ人」☆☆☆★★

Smericaninparis原題:An American in Paris - The Musical
邦題:パリのアメリカ人
時間:136分
公開:2021-10-15
製作年度:2018
製作国:イギリス
配給:松竹
製作総指揮:ティム・スミス ジェームズ・スウォーブリック フィル・ハント コンプトン・ロス ジョナサン・フューアー ジェームズ・スコット ボニー・コムリー スチュアート・F・レーン
製作:ジョシュア・アンドリューズ スチュアート・オーケン オースティン・ショウ
監督:ロス・マッギボン
脚本:クレイグ・ルーカス
演出:クリストファー・ウィールドン
原作:
撮影:
音楽:ジョージ・ガーシュウィン アイラ・ガーシュウィン
出演:ロバート・フェアチャイルド、リアン・コープ、ヘイドゥン・オークリー、ゾーイ・レイニー、デイヴィッド・シードン=ヤング、ジェーン・アッシャー

アメリカの名作ミュージカル映画「巴里のアメリカ人」の舞台版で、2015年・第69回トニー賞で4部門を受賞した「パリのアメリカ人」をスクリーン上映。ブロードウェイ・プロダクションとバレエダンサーのキャストによる2018年のウェストエンド公演を収録。1945年、終戦後のパリ。アメリカからやって来た退役軍人ジェリーは、希望やチャンスに満ち溢れたこの街で画家を目指していた。ある日彼は、ダンサーのリズと運命的な出会いを果たす。ニューヨーク・シティ・バレエ団でプリンシパルの経歴を持つロバート・フェアチャイルドがジェリー、英国ロイヤル・バレエ団のリャーン・コープがリズを演じた。バレエの振付師として国際的に活躍するクリストファー・ウィールドンが演出・振付を手がけ、ディズニー・ミュージカル「アラジン」などで知られるボブ・クローリーが装置・衣装デザインを担当。本場ブロードウェイの舞台を映画館で上映する「松竹ブロードウェイシネマ」の1作。
ブロードウェイステージのライブレコーディング。映画にインスパイアされたミュージカルとあるが、モダンバレーのパフォーマンスが圧巻。こんなハードでハイクオリティーなステージを、キャストは毎晩演じていたかと思うと頭が下がる。

| | コメント (0)

2021-157M 「フリー・ガイ」☆☆☆★★

Sfreeguy原題:Free Guy
邦題:フリー・ガイ
時間:115分
公開:2021-08-13
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:メアリー・マクラグレン ジョシュ・マクラグレン ジョージ・デューイ ダン・レビン マイケル・ライリー・マクグラス
製作:ライアン・レイノルズ ショーン・レビ サラ・シェクター グレッグ・バーランティ アダム・コルブレナー
監督:ショーン・レビ
脚本:マット・リーバーマン ザック・ペン
原作:マット・リーバーマン
撮影:ジョージ・リッチモンド
音楽:クリストフ・ベック
出演:ライアン・レイノルズ(ガイ)、ジョディ・カマー(モロトフ・ガール/ミリー)、リル・レル・ハウリー(バディ)、ジョー・キーリー(キーズ)、タイカ・ワイティティ(アントワン)

「ナイト ミュージアム」のショーン・レビ監督が「デッドプール」のライアン・レイノルズとタッグを組み、何でもありのゲームの世界を舞台に、平凡なモブキャラが世界の危機を救うべく戦う姿を描いたアドベンチャーアクション。ルール無用のオンライン参加型アクションゲーム「フリー・シティ」。銀行の窓口係として強盗に襲われる毎日を繰り返していたガイは、謎の女性モロトフ・ガールとの出会いをきっかけに、退屈な日常に疑問を抱きはじめる。ついに強盗に反撃した彼は、この世界はビデオゲームの中で、自分はそのモブキャラだと気づく。新しい自分に生まれ変わることを決意したガイは、ゲーム内のプログラムや設定を無視して勝手に平和を守り始める。共演にテレビドラマ「キリング・イヴ」のジョディ・カマー、「ジョジョ・ラビット」のタイカ・ワイティティ。
予告の雰囲気から、夏のティーン向けのバカ映画かと想像してたら、意外。『トゥルーマン・ショー』や『レディプレーヤー1』へのリスペクトオマージュに溢れつつ、新しいアイデアの地平を創り上げている。バカ映画になりきれなかった佳作となっている。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧