2018-191M 「ビール・ストリートの恋人たち」☆☆☆★★

Streettalk 原題:If Beale Street Could Talk
邦題:ビール・ストリートの恋人たち
時間:119分
公開:2019-02-22
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ロングライド
製作総指揮:ミーガン・エリソン、ブラッド・ピット、サラ・エスバーグ、チェルシー・バーナード、ジリアン・ロングネッカー、キャロライン・ヤーツコー
製作:アデル・ロマンスキー、サラ・マーフィ、バリー・ジェンキンス、デデ・ガードナー、ジェレミー・クレイマー
監督:バリー・ジェンキンス
脚本:バリー・ジェンキンス
原作:ジェームズ・ボールドウィン
撮影:ジェームズ・ラクストン
音楽:ニコラス・ブリテル
出演:キキ・レイン、ステファン・ジェームス、コールマン・ドミンゴ、テヨナ・パリス、マイケル・ビーチ、デイブ・フランコ、ディエゴ・ルナ、ペドロ・パスカル、エド・スクレイン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、レジーナ・キング
「ムーンライト」でアカデミー作品賞を受賞したバリー・ジェンキンス監督が、1970年代ニューヨークのハーレムに生きる若い2人の愛と信念を描いたドラマ。ドキュメンタリー映画「私はあなたのニグロではない」の原作でも知られる米黒人文学を代表する作家ジェームズ・ボールドウィンの小説「ビール・ストリートに口あらば」を映画化し、妊娠中の黒人女性が、身に覚えのない罪で逮捕された婚約者の無実を晴らそうと奔走する姿を描いた。オーディションで抜てきされた新人女優キキ・レインと、「栄光のランナー 1936ベルリン」のステファン・ジェームスが主人公カップルを演じ、主人公を支える母親役でレジーナ・キングが出演。
久しぶりに見終わった後に心に響く作品に出会った。静かに静かに淡々と、1970年初頭の黒人らのありさまと怒りを描いたラブストーリー。これは拾い物。弦楽重奏をメインとしたアコスティックな音楽の使い方が素晴らしい。主人公らとその家族があまりに善人すぎるのがどうかな、とは思うが。カラードである諦観と、その結果の運命を受け入れてしまう<時代>の背景ゆえの物語か。ある世代までのオトナの黒人たちには切なさ満点な作品なんだろう。が、しかし21世紀を超えた世代では全然ピンとこないかもしれないのも事実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-185M 「ボス・ベイビー」☆☆☆★

Bossbaby 原題:The Boss Baby
邦題:ボス・ベイビー
時間:97分
公開:2018-03-21
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:
製作:ラムジー・アン・ナイトー
監督:トム・マクグラス
脚本:マイケル・マッカラーズ
原作:
撮影:
音楽:スティーブ・マッツァーロ
ハンス・ジマー
出演:アレック・ボールドウィン、スティーブ・ブシェーミ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、マイルズ・バクシ
外見はかわいらしい赤ちゃんだけど中身はおっさんな「ボス・ベイビー」が巻き起こす騒動を描き、全米大ヒットを記録したアニメーション映画。「怪盗グルー」シリーズのユニバーサル・スタジオと「シュレック」のドリームワークス・アニメーションが初タッグを組み、マーラ・フレイジーの絵本「あかちゃん社長がやってきた」をもとに、「マダガスカル」シリーズのトム・マクグラスが監督を務めた。パパとママと暮らす7歳の少年ティムの家に、黒いスーツに黒いネクタイを締めた赤ちゃん「ボス・ベイビー」がやって来た。ティムの弟だというその赤ちゃんは、まるで大人のように話すことができ、口が悪くて人使いも荒い。実は彼には、ある秘密の任務があり……。アレック・ボールドウィンがボス・ベイビーの声を演じるほか、スティーブ・ブシェーミ、トビー・マグワイアといった人気俳優が声の出演。日本語吹き替え版ではボス・ベイビーの声をムロツヨシ、兄ティムの声を芳根京子がそれぞれ演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-184M 「ヘレディタリー 継承」☆☆☆

Hereditary 原題:Hereditary
邦題:ヘレディタリー 継承
時間:127分
公開:2018-11-30
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ファントム・フィルム
製作総指揮:ライアン・クレストン、ジョナサン・ガードナー、トニ・コレット
ガブリエル・バーン
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
監督:アリ・アスター
脚本:アリ・アスター
原作:
撮影:パベウ・ポゴジェルスキ
音楽:コリン・ステットソン
出演:トニ・コレット(アニー・グラハム)、アレックス・ウルフ(ピーター・グラハム)、ミリー・シャピロ(チャーリー・グラハム)、アン・ダウド(ジョーン)、ガブリエル・バーン(スティーブ・グラハム)
家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。祖母エレンが亡くなったグラハム家。過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持ってた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発。最悪な事態に陥った一家は修復不能なまでに崩壊してしまうが、亡くなったエレンの遺品が収められた箱に「私を憎まないで」と書かれたメモが挟まれていた。「シックス・センス」「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレットがアニー役を演じるほか、夫役をガブリエル・バーン、息子役をアレックス・ウルフ、娘役をミリー・シャピロが演じる。監督、脚本は本作で長編監督デビューを果たしたアリ・アスター。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-183M 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」☆☆☆★★

Fantbeast2018 原題:Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald
邦題:ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
時間:134分
公開:2018-11-23
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:ティム・ルイス、ニール・ブレア、リック・セナト、ダニー・コーエン
製作:デビッド・ハイマン、J・K・ローリング、スティーブ・クローブス、ライオネル・ウィグラム
監督:デビッド・イェーツ
脚本:J・K・ローリング
原作:J・K・ローリング
撮影:フィリップ・ルースロ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、ジョニー・デップ(ゲラート・グリンデルバルド)、エズラ・ミラー(クリーデンス・ベアボーン)、ゾーイ・クラビッツ(リタ・レストレンジ)、カラム・ターナー(テセウス・スキャマンダー)、クローディア・キム(ナギニ)、ウィリアム・ナディラム(ユスフ・カーマ)、ブロンティス・ホドロフスキー(ニコラス・フラメル)、ケビン・ガスリー
大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当し、同シリーズと同じ魔法ワールドを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描いた「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」から続く物語。アメリカからイギリスに戻ってきたニュートは、アメリカ合衆国魔法議会が捕らえた強大な魔法使いグリンデルバルドが逃げ出したことを知る。恩師のダンブルドアから特命を受け、パリに向かったニュートは、仲間の魔法生物たちとともにグリンデンバルドの行方を追う。前作に続きデビッド・イェーツ監督がメガホンをとり、ニュート役の主演エディ・レッドメインほかメインキャストが続投。若き日のダンブルドア役をジュード・ロウが演じる。
広げる広げる!大風呂敷!さてあと何作品でこの物語が完結していくのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-179M 「フロントランナー」☆☆☆★

Frontrunner 原題:The Front Runner
邦題:フロントランナー
時間:分
公開:2019-02-01
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:マット・バイ、ジェイ・カーソン、マイケル・ビューグ、ジェイソン・ブルーメンフェルド、ジョージ・ウルフ、ジェイソン・クロス、クリス・コノバー、エドワード・カーペッツィ
製作:ジェイソン・ライトマン、ヘレン・エスタブルック、アーロン・L・ギルバート
監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:マット・バイ、ジェイ・カーソン、ジェイソン・ライトマン
原作:マット・バイ
撮影:エリック・スティールバーグ
音楽:ロブ・シモンセン
出演:ヒュー・ジャックマン、ベラ・ファーミガ、J・K・シモンズ、アルフレッド・モリーナ
日本の観客の顔が見えない。だいたい主人公の名前を知っているかどうかすら疑わしい。そこから宣伝を開始せねばならないのだから、興行は難しいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-176M 「バハールの涙」☆☆☆★★

Baharu 原題:Les filles du soleil
邦題:バハールの涙
時間:111分
公開:2019-01
製作年度:2018
製作国:フランス・ベルギー・ジョージア・スイス
配給:コムストック・グループ、ツイン
製作総指揮:
製作:
監督:エバ・ユッソン
脚本:エバ・ユッソン
原作:
撮影:
音楽:
出演:ゴルシフテ・ファラハニ、エマニュエル・ベルコ
「パターソン」のゴルシフテ・ファラハニが、捕虜となった息子の救出のためISと戦うこととなったクルド人女性を演じるドラマ。「青い欲動」のエバ・ウッソン監督が、自らクルド人自治区に入り、女性戦闘員たちの取材にあたって描いた。弁護士のババールは夫と息子と幸せな生活を送っていたが、ある日クルド人自治区の町でISの襲撃を受ける。襲撃により、男性は皆殺しとなり、バハールの息子は人質としてISの手に渡ってしまう。その悲劇から数カ月後、バハールはクルド人女性武装部隊「太陽の女たち」のリーダーとして戦いの最前線にいた。そんなバハールの姿を、同じく小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルドの目を通して映し出していく。2018年・第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。
女性戦場ジャーナリストとクルド女性兵士を軸にISとの地方戦を描く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-175M 「ファースト・マン」☆☆☆★★

Firstman 原題:First Man
邦題:ファースト・マン
時間:141分
公開:2018-02-08
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、アイザック・クラウスナー、アダム・メリムズ、ジョシュ・シンガー
製作:ウィク・ゴッドフリー、マーティ・ボーウェン、アイザック・クラウスナー、デイミアン・チャゼル
監督:デイミアン・チャゼル
脚本:ジョシュ・シンガー
原作:ジェームズ・R・ハンセン
撮影:
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ
出演:ライアン・ゴズリング(ニール・アームストロング)、クレア・フォイ(ジャネット・アームストロング)、ジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー、パトリック・フュジット、キアラン・ハインズ、イーサン・エンブリー、シェー・ウィガム、コリー・ストール、ブロ・シュレイバー
「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いたドラマ。ジェームズ・R・ハンセンが記したアームストロングの伝記「ファーストマン」を原作に、ゴズリングが扮するアームストロングの視点を通して、人類初の月面着陸という難業に取り組む乗組員やNASA職員たちの奮闘、そして人命を犠牲にしてまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意でプロジェクトに挑むアームストロング自身の姿が描かれる。アームストロングの妻ジャネット役に、「蜘蛛の巣を払う女」やテレビシリーズ「ザ・クラウン」で活躍するクレア・フォイ。そのほかの共演にジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー。脚本は「スポットライト 世紀のスクープ」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のジョシュ・シンガー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-168M 「ボヘミアン・ラプソディ」☆☆☆☆

Bohemian 原題:Bohemian Rhapsody
邦題:ボヘミアン・ラプソディ
時間:135分
公開:2018-11-09
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
製作総指揮:アーノン・ミルチャン、デニス・オサリバン、ジャスティン・ヘイザ、デクスター・フレッチャー、ジェーン・ローゼンタール
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ
監督:ブライアン・シンガー
脚本:アンソニー・マッカーテン
原作:アンソニー・マッカーテン、ピーター・モーガン
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
出演:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボーイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)
世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-159M 「パウロ 愛と赦しの物語」☆☆★★

Pole 原題:Paul, Apostle of Christ
邦題:パウロ 愛と赦しの物語
時間:108分
公開:2018-11-03
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:エリック・グロス、リック・ジャクソン、ハリソン・パウエル、ジム・カビーゼル
製作:T・J・バーデン、デビッド・ゼロン
監督:アンドリュー・ハイアット
脚本:アンドリュー・ハイアット
原作:アンドリュー・ハイアット、T・J・バーデン
撮影:ヘラルド・マドラソ
音楽:ヤン・A・P・カチュマレク
出演:ジム・カビーゼル(ルカ)、オリビエ・マルティネス(マウリティウス)、ジョアンヌ・ウォーリー(プリスカ)、ジョン・リンチ(アキラ)、ジェームズ・フォークナー(パウロ)
新約聖書に収めらたパウロ書簡で知られ、キリスト教を迫害する立場から回心した使徒パウロの物語を、パウロの言葉を書き記し続けた医者ルカの目を通して描いた歴史ドラマ。「アトミック・ブロンド」などに出演するイギリスの俳優ジェームズ・フォークナーがパウロ役、「パッション」でイエス・キリストに扮したジム・カビーゼルがルカ役を務めた。紀元67年、ローマの街が大火事に見舞われる。皇帝ネロはキリスト教徒による放火であるとし、タルソのサウロ(パウロ)を首謀者として逮捕する。パウロは投獄されるが、そんな彼を医者のルカが訪ね、パウロの言葉を民衆に伝えるため筆記していく。ネロのキリスト教徒に対する迫害は激しさを増していき、そんななかでもパウロは、匿われているキリスト教徒たちに愛を持って戦うことを伝えるが、血気にはやった一部の者たちが剣を取ってローマ軍に立ち向かおうとする。そしてパウロも、回心前の自分が迫害していたキリスト教徒たちの夢を見て苦悩する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-158M 「パッドマン 5億人の女性を救った男」☆☆☆★★

Padman 原題:Padman
邦題:パッドマン 5億人の女性を救った男
時間:137分
公開:2018-12-07
製作年度:2018
製作国:インド
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:
製作:
監督:R・バールキ
脚本:R・バールキ
原作:
撮影:P・C・スリーラム
音楽:アミット・トリベディ
出演:アクシャイ・クマール(ラクシュミ)、ソーナム・カプール(パリー)、ラーディカー・アープテー(ガヤトリ)、アミターブ・バッチャン
現代のインドで、安全で安価な生理用品の普及に奔走した男の実話を映画化したヒューマンドラマ。インドの小さな村で最愛の妻と新婚生活を送るラクシュミは、貧しくて生理用品が買えず不衛生な布を使用している妻のため、清潔で安価なナプキンを手作りすることに。生理用品の研究とリサーチに明け暮れるラクシュミは、村人たちから奇異な目を向けられ、数々の誤解や困難に直面する。そんな彼の熱意に賛同した女性パリーの協力もあり、ついに低コストで大量生産できる製造機の発明に成功。農村の女性たちに、ナプキンだけでなく、その製造機を使って働く機械も与えようと奮闘するラクシュミだったが……。主演は「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」のアクシャイ・クマール。共演に「ミルカ」のソーナム・カプール。
ソーナム・カプール(パリー)、ラーディカー・アープテー(ガヤトリ)がとにかく美しい。この二人のために★をひとつ追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧