2021-124M 「ベル・エポックでもう一度」☆☆☆

Sbellepoq原題:La Belle Epoque
邦題:ベル・エポックでもう一度
時間:115分
公開:2021-06-12
製作年度:2019
製作国:フランス・ベルギー
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:フランソワ・クラウス ドゥニ・ピノ=バランシエンヌ
監督:ニコラ・ブドス
脚本:ニコラ・ブドス
原作:
撮影:ニコラ・ボルデュク
音楽:ニコラ・ブドス アン=ソフィ・ベルスネヤン
出演:ダニエル・オートゥイユ、ギヨーム・カネ、ドリヤ・ティリエ、ファニー・アルダン、ピエール・アルディティ、ドゥニ・ポダリデス

大切な思い出を映画撮影セットで再現する体験型サービスを巡る人間模様を描いたヒューマンドラマ。世の中の変化についていけない元人気イラストレーターのヴィクトルは、仕事を失い、妻からも見放されてしまう。息子はそんな父を元気づけようと、友人アントワーヌが始めた“タイムトラベルサービス”をプレゼントすることに。それは映画制作の技術を応用し、利用客の大切な過去を再現する体験型サービスだ。ヴィクトルは「1974年5月16日のリヨン」をリクエスト。指定されたセットを訪れると、そこには当時そのままのリヨンの街並みがあった。用意された70年代ファッションに着替えたヴィクトルは、今はなき思い出のカフェで、アントワーヌの恋人である女優マルゴが演じる“運命の女性”と出会う。ヴィクトルを「隠された記憶」のダニエル・オートゥイユ、妻マリアンヌを「8人の女たち」のファニー・アルダンが演じる。監督・脚本・音楽は、「タイピスト!」などに俳優として出演し、本作が監督第2作となるニコラ・ブドス。

| | コメント (0)

2021-114M 「ホロコーストの罪人」☆☆☆

Shorokosutonozainin原題:Den storste forbrytelsen
邦題:ホロコーストの罪人
時間:126分
公開:2021-08-27
製作年度:2020
製作国:ノルウェー
配給:STAR CHANNEL MOVIES
製作総指揮:
製作:マーティン・サンドランド
監督:エイリーク・スベンソン
脚本:ハラール・ローセンローブ=エーグ ラーシュ・ギュドゥメスタッド
原作:
撮影:
音楽:ヨハン・セデルクビスト
出演:ヤーコブ・オフテブロ、クリスティン・クヤトゥ・ソープ、シルエ・ストルスティンシルエ・ストルスティン、ピーヤ・ハルボルセン

第2次世界大戦時、ノルウェーの秘密国家警察がホロコーストに加担していた事実をもとに、あるユダヤ人家族が直面する悲劇と運命を描いたドラマ。第2次世界大戦中のノルウェー。ユダヤ人一家のブラウデ家はボクサーの息子チャールズが結婚し、幸せな空気に包まれていた。しかし、ナチスドイツがノルウェーに侵攻したことで状況は一変する。チャールズたちユダヤ人男性はベルグ収容所に連行され、過酷な労働を強制される。一方、残された妻や母たちはチャールズらの帰りを待ちながら、スウェーデンへ逃亡する準備も進めていた。しかし、1942年11月、ノルウェー秘密国家警察によってユダヤ人全員がオスロ埠頭へ移送される。そこには、ユダヤ人を乗せてアウシュビッツへと向かう船が待ち構えていた。出演は「獣は月夜に夢を見る」「トム・オブ・フィンランド」のヤーコブ・オフテブロ、「ソフィーの世界」のシルエ・ストルスティン、「ミレニアム」シリーズのミカリス・コウトソグイアナキスら。監督は「HARAJUKU」のエイリーク・スベンソン。

 

| | コメント (0)

2021-100M 「白頭山大噴火」☆☆☆★

Shakutousandaifunka原題:Ashfall
邦題:白頭山大噴火
時間:128分
公開:2021-08-27
製作年度:2019
製作国:韓国
配給:ツイン
製作総指揮:
製作:
監督:イ・ヘジュン キム・ビョンウ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソク、チョン・ヘジン、ペ・スジ

イ・ビョンホンとハ・ジョンウが初共演を果たしたディザスターパニックアクション。北朝鮮と中国の国境付近に位置する火山・白頭山で、観測史上最大の噴火が発生した。大地震によりソウルでもビルが崩壊し、漢江は荒れ陸橋が崩壊。パニックに陥る中、政府は白頭山の地質分野の権威であるカン教授に協力を要請する。カン教授は朝鮮半島を崩壊させるほどのさらなる大噴火が75時間後に起こると予測し、韓国軍爆発物処理班のチョ・インチャン大尉率いる部隊が、北朝鮮へ潜入し火山の沈静化を図る極秘作戦に乗り出す。インチャンは作戦成功の鍵を握る北朝鮮人民武力部の工作員リ・ジュンピョンを探し出すべく奔走するが……。インチャンをジョンウ、ジュンピョンをビョンホンが演じ、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソクが共演。「彼とわたしの漂流日記」のイ・ヘジュン監督と、「神と共に」シリーズの撮影監督キム・ビョンウが共同でメガホンをとった。

| | コメント (0)

2021-097M 「ファーザー」☆☆☆★★★

Sther原題:The Father
邦題:ファーザー
時間:97分
公開:2021-05-14
製作年度:2020
製作国:イギリス・フランス
配給:ショウゲート
製作総指揮:オリー・マッデン ダニエル・バトセック ティム・ハスラム ヒューゴ・グランバー
製作:デビッド・パーフィット ジャン=ルイ・リビ サイモン・フレンド
監督:フロリアン・ゼレール
脚本:クリストファー・ハンプトン フロリアン・ゼレール
原作:フロリアン・ゼレール
撮影:ベン・スミサード
音楽:ルドビコ・エイナウディ
出演:アンソニー・ホプキンス(アンソニー)、オリヴィア・コールマン(アン)、マーク・ゲイティス(男)、イモージェン・プーツ(ローラ)、ルーファス・シーウェル(ポール)、オリヴィア・ウィリアムズ(女)

名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役を演じ、「羊たちの沈黙」以来、2度目のアカデミー主演男優賞を受賞した人間ドラマ。日本を含め世界30カ国以上で上演された舞台「Le Pere 父」を基に、老いによる喪失と親子の揺れる絆を、記憶と時間が混迷していく父親の視点から描き出す。ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは認知症により記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配した介護人を拒否してしまう。そんな折、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられる。しかしアンソニーの自宅には、アンと結婚して10年以上になるという見知らぬ男が現れ、ここは自分とアンの家だと主張。そしてアンソニーにはもう1人の娘ルーシーがいたはずだが、その姿はない。現実と幻想の境界が曖昧になっていく中、アンソニーはある真実にたどり着く。アン役に「女王陛下のお気に入り」のオリビア・コールマン。原作者フロリアン・ゼレールが自らメガホンをとり、「危険な関係」の脚本家クリストファー・ハンプトンとゼレール監督が共同脚本を手がけた。第93回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、助演女優賞など計6部門にノミネート。ホプキンスの主演男優賞のほか、脚色賞を受賞した。

| | コメント (0)

2021-096M 「返校 言葉が消えた日」☆☆☆★

Shenkou原題:返校 Detention
邦題:返校 言葉が消えた日
時間:103分
公開:2021-07-30
製作年度:2019
製作国:台湾
配給:ツイン
製作総指揮:
製作:
監督:ジョン・スー
脚本:ジョン・スー
原作:
撮影:チョウ・イーシェン
音楽:
出演:(ファン・レイシン)ワン・ジン、(ウェイ・ジョンティン)ツォン・ジンファ、チャンフー・モンボー、チョイ・シーワン、チュウ・ホンジャン

2017年に発売された台湾の大ヒットホラーゲーム「返校」を実写映画化。国民党政権下の白色テロ時代を題材に描いたダークミステリーで、第56回金馬奨で最優秀新人監督賞など5部門を受賞した。1962年、台湾では中国国民党による独裁政権のもと、市民に相互監視と密告が強制されていた。ある日、翠華高校の女子生徒ファンが放課後の教室で眠りから目を覚ますと、周囲から人の気配が消えていた。誰もいない校内をさまよう彼女は、政府によって禁じられた本を読む読書会メンバーで、密かにファンを慕う男子生徒ウェイに遭遇。一緒に学校からの脱出を図るが、どうしても外に出ることができない。やがて2人は、学校で起きた政府による迫害事件と、その原因をつくった密告者の悲しい真相にたどり着く。
全ての世界がぶっ壊れてもいい。という嫉妬は怖い。

| | コメント (0)

2021-094M 「復讐者たち」☆☆☆

Sfukushuushatati原題:Plan A
邦題:復讐者たち
時間:110分
公開:2021-07-23
製作年度:2020
製作国:ドイツ・イスラエル
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:モリー・コナーズ アマンダ・バワーズ ジェーン・オスター ビンセント・モラーノ
製作:スカディ・リス アブラハム・ピルヒ ヒリック・ミハエリ シャロム・アイゼンバフ
監督:ドロン・パズ ヨアブ・パズ
脚本:ドロン・パズ ヨアブ・パズ
原作:
撮影:
音楽:タル・ヤルデーニ
出演:アウグスト・ディール、シルヴィア・フークス

1945年、敗戦直後のドイツ。ホロコーストを生き延びたユダヤ人マックスは妻子をナチスに殺されたことで復讐心を煮えたぎらせ、ナチス残党を密かに処刑しているユダヤ旅団と行動を共にするが、より過激な報復活動をしていたユダヤ人組織“ナカム”に参加したことで、“プランA”と呼ばれるドイツ人600万人を標的にした驚くべき復讐計画があることを知る・・・。
なんだ失敗の妄想かよ。

| | コメント (0)

2021-088M 「ブックセラーズ」☆☆★★★

Sbookselars原題:The Booksellers
邦題:ブックセラーズ
時間:99分
公開:2021-04-23
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ムヴィオラ、ミモザフィルムズ
製作総指揮:パーカー・ポージー
製作:ジュディス・ミズラキー ダン・ウェクスラー D・W・ヤング
監督:D・W・ヤング
脚本:
原作:
撮影:ピーター・ボルテ
音楽:デビッド・ウルマン
出演:フラン・レボウィッツ

世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側からブックセラーたちの世界を捉えたドキュメンタリー。業界で名を知られるブックディーラー、書店主、コレクターや伝説の人物まで、本を探し、本を売り、本を愛する個性豊かな人々が登場。さらに、ビル・ゲイツが史上最高額で競り落としたレオナルド・ダ・ビンチのレスター手稿、「不思議の国のアリス」のオリジナル原稿、「若草物語」のルイザ・メイ・オルコットが偽名で執筆したパルプ小説といった希少本も多数紹介する。ニューヨーク派の作家フラン・レボウィッツが辛辣ながらユーモアあふれる語り口でガイド役を務め、「カフェ・ソサエティ」などの女優パーカー・ポージーが製作総指揮とナレーションを担当。

| | コメント (0)

2021-086M 「プロミシング・ヤング・ウーマン」☆☆☆★★

Spromissingyoungwoman原題:Promising Young Woman
邦題:プロミシング・ヤング・ウーマン
時間:113分
公開:2021-07-16
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:パルコ
製作総指揮:キャリー・マリガン グレン・バスナー アリソン・コーエン ミラン・ポペルカ
製作:マーゴット・ロビー ジョージー・マクナマラ トム・アッカーリー ベン・ブラウニング アシュリー・フォックス エメラルド・フェネル
監督:エメラルド・フェネル
脚本:エメラルド・フェネル
原作:
撮影:ベンジャミン・クラカン
音楽:アンソニー・ウィリス
出演:キャリー・マリガン、ボー・バーナム、ラヴァーン・コックス、アリソン・ブリー
Netflixオリジナルシリーズ「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子の妻カミラ夫人役を演じ、テレビシリーズ「キリング・イヴ Killing Eve」では製作総指揮や脚本を担当するなど、俳優・クリエイターとして幅広く活躍するエメラルド・フェネルが、自身のオリジナル脚本でメガホンをとった長編映画監督デビュー作。ごく平凡な生活を送っているかに見える女性キャシー。実はとてつもなく切れ者でクレバーな彼女には、周囲の知らないもうひとつの顔があり、夜ごと外出する謎めいた行動の裏には、ある目的があった。明るい未来を約束された若い女性(=プロミシング・ヤング・ウーマン)だと誰もが信じていた主人公キャシーが、ある不可解な事件によって約束された未来をふいに奪われたことから、復讐を企てる姿を描く。主人公キャシーを「17歳の肖像」「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンが演じ、「スキャンダル」「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」や「スーサイド・スクワッド」で知られる女優マーゴット・ロビーが製作を務めている。2021年・第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など5部門にノミネートされた。

| | コメント (0)

2021-078M 「ホース・ガール」☆☆★★

Shorsegairl原題:Horse Girl
邦題:ホース・ガール
時間:103分
公開:2020-02-07
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:ジェイ・デュプラス マーク・デュプラス
製作:メル・エスリン アラナ・キャリザーズ ジェフ・バエナ アリソン・ブリー
監督:ジェフ・バエナ
脚本:ジェフ・バエナ アリソン・ブリー
原作:
撮影:ショーン・マケルウィー
音楽:ジョサイア・スタインブリック ジェレミー・ザッカーマン
出演:アリソン・ブリー | デビー・ライアン | ジョン・レイノルズ ...

テレビドラマ「GLOW ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」のアリソン・ブリーが主演・共同脚本を手がけたNetflixオリジナル映画の異色ドラマ。手芸店で働く若い女性サラ。仕事のない時には、かつて乗っていた愛馬に会いに行ったり、大好きな超常現象ドラマを見たりして過ごしている。そんなある日、彼女はルームメイトに紹介された青年ダレンと親しくなり、デートの約束をする。しかしサラは不思議な夢を見たことをきっかけに、現実と妄想の区別がつかなくなっていく。共演に「グリンチ」のモリー・シャノン。「ライフ・アフター・ベス」のジェフ・バエナが監督・共同脚本を務めた。Netflixで2020年2月7日から配信。
これは意味不明な電波系な珍作。

| | コメント (0)

2021-074M 「パーム・スプリングス」☆☆☆★★

Sparm原題:Palm Springs
邦題:パーム・スプリングス
時間:90分
公開:2021-04-09
製作年度:2020
製作国:アメリカ・香港
配給:プレシディオ
製作総指揮:アレックス・ドン ギャビー・レビリャ・ルゴ
製作:アンディ・サムバーグ アキバ・シェイファー ベッキー・スロビター ヨーマ・タコンヌ クリス・パーカー ディラン・セラーズ
監督:マックス・バーバコウ
脚本:アンディ・シアラ
原作:
撮影:クィエン・“Q”・トラン
音楽:マシュー・コンプトン
出演:アンディ・サムバーグ(ナイルス)、クリスティン・ミリオティ(サラ)、J・K・シモンズ(ロイ)、メレディス・ハグナー(ミスティ)、カミラ・メンデス(タラ)、タイラー・ホークリン(エイ)、ピーター・ギャラガー(ハワート)

カリフォルニアの砂漠のリゾート地パーム・スプリングスを舞台にしたタイムループ・ラブコメディ。パーム・スプリングスで行われた結婚式に出席したナイルズと花嫁の介添人のサラ。ナイルズのサラへの猛烈なアタックから2人は次第にロマンティックなムードになるが、謎の老人に突然弓矢で襲撃され、ナイルズが肩を射抜かれてしまう。近くの洞窟へと逃げ込むナイルズとサラは、洞窟の中で赤い光に包まれ、目覚めると結婚式当日の朝に戻っていた。状況を飲み込むことができないサラがナイルズを問いただすと、彼はすでに何十万回も「今日」を繰り返しているという。「ブリグズビー・ベア」のアンディ・サムバーグが主人公サム役を演じ、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に出演したクリスティン・ミリオティ、「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズらが顔をそろえる。監督は本作が長編監督デビューとなるマックス・バーバコウ。
タイムループものとしては秀作の部類。エンドロールなかばのオチも嬉しい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧