2018-064M 「ピーターラビット」☆☆☆★★

Peterrabitt 原題:Peter Rabbit
邦題:ピーターラビット
時間:95分
公開:2018-05-18
製作年度:2018
製作国:オーストラリア・アメリカ・イギリス
配給:SPE
製作総指揮:
製作:ウィル・グラック、ザレー・ナルバンディアン
監督:ウィル・グラック
脚本:ロブ・ライバー、ウィル・グラック
原作:ビアトリクス・ポター
原案:ロブ・ライバー、ウィル・グラック
撮影:ピーター・メンジース・Jr.
音楽:ドミニク・ルイス
出演:ローズ・バーンビア、ドーナル・グリーソン、サム・ニール、デイジー・リドリー、エリザベス・デビッキ、マーゴット・ロビー、ジェームズ・コーデン
ビアトリクス・ポターによるイギリスの名作絵本「ピーターラビット」をハリウッドで初めて実写映画化。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという優しい親友もいるウサギのピーター。ある日、ビアのお隣さんとして大都会のロンドンから潔癖症のマクレガーが引っ越してくる。マクレガーの登場により、ピーターの幸せな生活は一変。動物たちを追い払いたいマクレガーとピーターの争いは日に日にエスカレートしていき、ビアをめぐる恋心も絡んで事態は大騒動に発展していく。ビア役は「ANNIE アニー」「X-MEN:アポカリプス」のローズ・バーン、マクレガー役は「スター・ウォーズ」シリーズのドーナル・グリーソン。CGで描かれるピーターの声を「ワン チャンス」「イントゥ・ザ・ウッズ」のジェームズ・コーデンが担当し、デイジー・リドリー、マーゴット・ロビーら人気俳優が声の出演で参加。「ANNIE アニー」「ステイ・フレンズ」のウィル・グラッグ監督がメガホンをとった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-063M 「フローズン・タイム」☆☆☆★★

Cashback 原題:Cashback
邦題:フローズン・タイム
時間:102分
公開:2008-01-26
製作年度:2006
製作国:イギリス
配給:CKエンタテインメント
製作総指揮:
製作:レネ・バウセガー、ショーン・エリス
監督:ショーン・エリス
脚本:ショーン・エリス
原作:
撮影:アンガス・ハドソン
音楽:ガイ・ファーレイ
出演:ショーン・ビガースタッフ、エミリア・フォックス、ショーン・エバンス、ミシェル・ライアン
ファッション誌のフォトグラファーとしても活躍するイギリスの俊英ショーン・エリスが、アカデミー賞にノミネートされた自身の短編作品を長編映画化。失恋によるショックから不眠症になった画家志望の青年ベンは、仕方なく24時間営業のスーパーでアルバイトをはじめる。ところが、そこで働いているのは変わり者ばかり。相変わらず眠ることができず精神的に限界に達したベンは、ある日自分以外の世界の時間が止まっていることに気付き……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-062M 「僕と彼女とオーソン・ウェルズ」☆☆☆

Meandow 原題:Me and Orson Welles
邦題:僕と彼女とオーソン・ウェルズ
時間:114分
公開:未公開
製作年度:2008
製作国:アメリカ
配給:
製作総指揮:スティーブ・クリスチャン、ジョン・スロス、スティーブ・ノリス、エド・ハート、ブルース・ランスフォード
製作:リチャード・リンクレイター、アン・カーリ、マーク・サミュエルソン
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:ホリー・ジェント・パルモ、ビンス・パルモ
原作:ロバート・カプロウ
撮影:ディック・ポープ
音楽:マーク・マロット
出演:ザック・エフロン、クレア・デーンズ、クリスチャン・マッケイ、ベン・チャップリン、ゾーイ・カザン、エディ・マーサン、ケリー・ライリー、ジェームズ・タッパー
「恋人までの距離」「スクール・オブ・ロック」のリチャード・リンクレイター監督が、俳優志望の高校生の目を通して若き日のオーソン・ウェルズの姿を描いた青春ドラマ。1937年、ニューヨーク。ブロードウェイを訪れた俳優志望の高校生リチャードは、劇場の前で新進演出家オーソン・ウェルズに出くわす。リチャードはすぐにウェルズに気に入られ、彼の新作舞台「ジュリアス・シーザー」に端役として出演することに。リチャードはウェルズの横暴な振る舞いに驚きながらも、彼の圧倒的な才能とカリスマ性にひきつけられていく。主人公リチャード役に「ハイスクール・ミュージカル」のザック・エフロン。クリスチャン・マッケイがウェルズ役を熱演した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-050M 「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」☆☆☆★

Bostonstrong 原題:Stronger
邦題:ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた
時間:120分
公開:2018-05-11
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:ポニーキャニオン
製作総指揮:ゲイリー・マイケル・ウォルターズ、リバ・マーカー、ピーター・マクギガン、ニコラス・スターン、ジェフリー・ストット
製作:トッド・リーバーマン、デビッド・ホバーマン、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・リトバク、スコット・ステューバー
監督:デビッド・ゴードン・グリーン
脚本:ジョン・ポローノ
原作:ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター
撮影:ショーン・ボビット
音楽:マイケル・ブルック
出演:ジェイク・ギレンホール、タチアナ・マズラニー、ミランダ・リチャードソン、クランシー・ブラウン
2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件で両脚を失う被害を受けた実在の人物ジェフ・ボーマンの実話を映画化。テロ事件の犯人特定に一役買ったことで一躍脚光を浴びるも、両脚を失うという大きな傷を追ったボーマンが、恋人や家族に支えられ、困難を乗り越えて再生していく姿を、「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホール主演、「スモーキング・ハイ」「セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅」のデビッド・ゴードン・グリーン監督のメガホンで描いた。ボストンで暮らしていたジェフ・ボーマンは、元恋人エリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するボストンマラソンの応援に駆けつけるが、ゴール地点付近で発生した爆弾テロに巻き込まれ、両脚を失う大ケガを負ってしまう。意識を取り戻したボーマンは警察に協力し、ボーマンの証言をもとに犯人が特定されると一躍ヒーローとして脚光を浴びるが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-048M 「パティ・ケイク$」☆☆☆★

Patticakes 原題:Patti Cake$
邦題:パティ・ケイク$
時間:109分
公開:2018-04-27
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:カルチャヴィル、GEM Partners
製作総指揮:ロウレンソ・サンターナ、ソフィー・マス、エレノア・コロンバス、ジョシュ・ペン、ジョナサン・ブロンフマン、ビル・ベネンソン
製作:マイケル・ゴットワルド、ノア・スタール、ホドリゴ・テイシェイラ、ダン・ジャンビー、ダニエラ・タップリン・ランドバーグ、クリス・コロンバス
監督:ジェレミー・ジャスパー
脚本:ジェレミー・ジャスパー
原作:
撮影:
音楽:ジェレミー・ジャスパー
出演:ダニエル・マクドナルド、ブリジット・エバレット、シッダルタ・ダナンジェイ、ママドゥ・アティエ、ワス・スティーブンス、サー・ンガウジャ、MCライト、キャシー・モリアーティ
困難な状況に置かれながらもラップで成功を収めようと奮闘する女性を描き、サンダンス映画祭で話題を集めた青春音楽ドラマ。ニュージャージーで飲んだくれの母や車椅子の祖母と3人で暮らす23歳のパティは、憧れのラップ歌手O-Zのように音楽で成功して地元から抜け出すことを夢見ていた。しかし現実は金も仕事もなく、周囲からは見た目を嘲笑されるつらい日々。ある日、駐車場で行われていたフリースタイルラップバトルに参加した彼女は、渾身のライムで対戦相手を破り、諦めかけていた夢に再び挑戦するべく立ち上がる。そんな彼女のもとに、正式なオーディションに出場するチャンスが舞い込んでくる。「シークレット・デイ」のダニエル・マクドナルドが主演を務め、本作のためにラップを猛特訓。母親役を「エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方」のブリジット・エバレット、祖母役を「レイジング・ブル」のキャシー・モリアーティが演じる。本作が長編デビューとなる新鋭ジェレミー・ジャスパーが監督・脚本のほか劇中音楽も全て手がけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-047M 「ビューティフル・デイ」☆☆☆★

Youwareneverreallyhere 原題:You Were Never Really Here
邦題:ビューティフル・デイ
時間:90分
公開:2018-06-
製作年度:2017
製作国:イギリス・フランス・アメリカ
配給:クロックワークス
製作総指揮:ジョナサン・エイムズ、ベン・ロバーツ、リジー・フランク、スー・ブルース=スミス、ローズ・ガーネット
製作:パスカル・コーシュトゥー、ジェームズ・ウィルソン、レベッカ・オブライエン、リン・ラムジー
監督:リン・ラムジー
脚本:リン・ラムジー
原作:ジョナサン・エイムズ
撮影:トム・タウネンド
音楽:ジョニー・グリーンウッド
出演:ホアキン・フェニックス、ジュディス・ロバーツ、エカテリーナ・サムソノフ、ジョン・ドーマン、アレックス・マネット、アレッサンドロ・ニボラ
第70回 カンヌ国際映画祭(2017)。コンペ出品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-031M 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」☆☆☆★★★

Pengagon 原題:The Post
邦題:ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
時間:116分
公開:2018-03-30
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:ティム・ホワイト、トレバー・ホワイト、アダム・ソムナー、トム・カーノウスキー、ジョシュ・シンガー
製作:エイミー・パスカル、スティーブン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
原作:
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:メリル・ストリープ(キャサリン・グラハム)、トム・ハンクス(ベン・ブラッドリー)、サラ・ポールソン(トニー・ブラッドリー)、ボブ・オデンカーク(ベン・バグディキアン)、トレイシー・レッツ(フリッツ・ビーブ)、ブラッドリー・ウィットフォード(アーサー・パーソンズ)、ブルース・グリーンウッド(ロバート・マクナマラ)、マシュー・リス(ダニエル・エルズバーグ)、アリソン・ブリー(ラリー・グラハム・ウェイマウス)
巨匠スティーブン・スピルバーグ監督のもとで、メリル・ストリープとトム・ハンクスという2大オスカー俳優が初共演を果たした社会派ドラマ。ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年、政府がひた隠す真実を明らかにすべく立ち上がった実在の人物たちを描いた。71年、ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を、ニューヨーク・タイムズがスクープする。ライバル紙でもあるワシントン・ポスト紙の発行人キャサリン・グラハムは、部下で編集主幹のベン・ブラッドリーらとともに、報道の自由を統制し、記事を差し止めようとする政府と戦うため、ニューヨーク・タイムズと時に争いながら連携し真実を世に出すため奮闘する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-022M 「ヒューマン・ハンター」☆☆★★

Humanhunter 原題:The Humanity Bureau
邦題:ヒューマン・ハンター
時間:95分
公開:2018-03-03
製作年度:2017
製作国:カナダ
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:ガイ・グリフィス、アンドレ・レリス、フランク・ホワイト、ジェイソン・ブルックス、アリソン・タイラー、ウェイン・マーク・ゴッドフリー、ロバート・ジョーンズ、ダグラス・ファルコナー
製作:ケビン・デウォルト、ケリー=ラエ・ブキャン、ダニエル・マスターズ
監督:ロブ・キング
脚本:デイブ・シュルツ
原作:
撮影:マーク・ドブレスク
音楽:トッド・ブライアントン
出演:ニコラス・ケイジ、サラ・リンド、ヒュー・ディロン、ジェイコブ・デイビス、ビセラス・シャノン、カート・マックス・ルンテ、ローン・カーディナル
近未来の管理社会で人間を狩る「ヒューマン・ハンター」の男が、ある理由から反体制の道へと進む姿を、ニコラス・ケイジ主演で描いたSFサスペンスアクション。西暦2030年、資源の枯渇や食糧危機で世界の文明が崩壊。アメリカは国境を閉鎖し、「人民省」を設立して国民を管理するようになっていた。政府が指定する排除対象者を収容地区に強制移住させる任務を担う「ヒューマン・ハンター」のノア・クロスは、ある時、レイチェルという女性とその息子ルーカスを追跡する任務に就く。しかし、何の罪もない彼女たちとの接触を通じて、ノアの中に変化が兆しが芽生える。やがて政府の命令に背くことを決意したノアは、2人を逃がすために追手と戦いながらカナダとの国境を目指す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-238M 「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」☆☆☆

Beguiled 原題:The Beguiled
邦題:The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
時間:98分
公開:2017-02-23
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:アスミック・エース、STAR CHANNEL MOVIES
製作総指揮:フレッド・ルース、アン・ロス、ロマン・コッポラ
製作:ユーリー・ヘンリー、ソフィア・コッポラ
監督:ソフィア・コッポラ
脚本:ソフィア・コッポラ
原作:トーマス・カリナン
撮影:フィリップ・ル・スール
音楽:
出演:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニング
「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「ネオン・デーモン」のエル・ファニング、「マリー・アントワネット」のキルスティン・ダンスト、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のコリン・ファレルら豪華キャスト共演で撮りあげた長編監督第6作。1971年のクリント・イーストウッド主演作「白い肌の異常な夜」の原作であるトーマス・カリナンの小説「The Beguiled」を女性視点で映画化し、第70回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。南北戦争期のアメリカ南部。世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女たちの前に、怪我を負った北軍兵士の男が現われる。女性に対し紳士的で美しいその兵士を介抱するうちに、全員が彼に心を奪われていく。やがて情欲と危険な嫉妬に支配されるようになった女たちは、ある決断を下す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-230M 「フロム・ダスク・ティル・ドーン」☆☆☆★

Mdusktilldawn 原題:From Dusk till Dawn
邦題:フロム・ダスク・ティル・ドーン
時間:119分
公開:1996-06-15
製作年度:1996
製作国:アメリカ
配給:松竹富士(アミューズ=松竹提供)
製作総指揮:ローレンス・ベンダー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ
製作:ジャンニ・ヌナリ、マイアー・テパー
監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:クエンティン・タランティーノ
原作:ロバート・カーツマン
撮影:ギレルモ・ナバロ
音楽:グレーム・レベル
出演:ハーベイ・カイテル(Jacob Fuller)、ジョージ・クルーニー(Seth Gecko)、クエンティン・タランティーノ(Richard Gecko)、ジュリエット・ルイス(Kate Fuller)、チーチ・マリン(Border Guard)、チーチ・マリン(Carlos)、チーチ・マリン(Chet Pussy)、フレッド・ウィリアムソン(Frost)、サルマ・ハエック(Santanico Pandemonium)、マイケル・パークス(Texas Ranger Earl McGraw)、ケリー・プレストン(Newscaster Kelly Houge)、トム・サビーニ(Sex Machine)、ジョン・サクソン(FBI Agent Stanley Chase)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧