2022-089M 「新章パリ・オペラ座 特別なシーズンの始まり」☆☆☆★

Soperaza2022原題:Une saison (tres) particuliere
邦題:新章パリ・オペラ座 特別なシーズンの始まり
時間:73分
公開:2022-08-19
製作年度:2021
製作国:フランス
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:
監督:プリシラ・ピザート
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:アマンディーヌ・アルビッソン、レオノール・ボラック、ヴァランティーヌ・コラサント、ドロテ・ジルベール、リュドミラ・パリエロ、パク・セウン、マチュー・ガニオ、マチアス・エイマン、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、ポール・マルク
アレクサンダー・ネーフ(パリ・オペラ座総裁)、オレリー・デュポン(バレエ団芸術監督)

世界的パンデミック禍、バレエの殿堂に訪れた葛藤と静寂
新エトワール誕生までの軌跡を追った情熱のドキュメンタリー

世界的パンデミック禍、パリ・オペラ座も静寂が支配していた。「1日休めば自分が気づき、2日休めば教師が気づく。3日休めば観客が気づく―」と言われるダンサーたちにとって、1日6~10時間踊っていた日常から突如切り離された日々は、過酷な試練であった。2020年6月15日、3か月の自宅待機を経てクラスレッスンが再開。
世界的パンデミック禍、パリ・オペラ座も例外なく閉鎖。ダンサーたちは、1日6~10時間踊っていた日常から突如切り離され、過酷な試練と向き合っていた。2020年6月15日、3か月の自宅待機を経てクラスレッスンが再開。かつてない状況下、 最高位のエトワールたちは、“オペラ座の宝”といわれる演目、ヌレエフ振付の超大作「ラ・バヤデール」の年末公演に向け稽古を重ねていく。しかし、再びの感染拡大に伴い、開幕目前に無観客配信となり、初日が千秋楽となる幻の公演となってしまう。心技体が揃う絶頂期が短く、42歳でバレエ団との契約が終了となる彼らにとって、それは落胆の決断であったが、そんな激動の中で新エトワールが誕生する――。

| | コメント (0)

2022-088M 「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」☆☆☆★

Sbillted2022原題:ill & Ted Face the Music
邦題:ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!
時間:91分
公開:2020-12-18
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:ファントム・フィルム
製作総指揮:スティーブン・ソダーバーグ パトリック・W・ドゥーガン
製作:スコット・クルーフ アレックス・ルボビッチ デビッド・ハリング スティーブ・ポンス エド・ソロモン アレックス・ウィンター
監督:ディーン・パリソット
脚本:クリス・マシスン エド・ソロモン
原作:
撮影:シェリー・ジョンソン
音楽:マーク・アイシャム
出演:キアヌ・リーヴス(テッド)、アレックス・ウィンター(ビル)、クリステン・シャール(ケリー)、サマラ・ウィーヴィング(ティア)、ブリジェット・ランディ=ペイン(ビリー)、ウィリアム・サドラー(死神)、アンソニー・キャリガン(ロボット)、エリン・ヘイズ(エリザベス)、ジェイマ・メイズ(ジョアンナ)、キッド・カディ(キッド・カディ)、ホーランド・テイラー(偉大なるリーダー)

「スピード」や「マトリックス」でトップスターとなり、近年も「ジョン・ウィック」シリーズなど活躍を続けるキアヌ・リーブスが若かりし日に主演し、ロックスターにあこがれる高校生のビルとテッドが時空を超えた冒険を繰り広げる姿を描いたコメディ「ビルとテッドの大冒険」のシリーズ第3作。前作から29年ぶりの新作となった今作では、主演のリーブスとアレックス・ウィンターの2人が、ミュージシャンになった大人のいまも少年の心を忘れないビルとテッドを三度演じ、タイムマシンで新たな冒険に出る姿を描く。自分たちの音楽が将来世界を救うと予言されたビルとテッドは、曲作りに励み、その時を待ち続けて早30年。人気も年月とともに落ち込み、いまや応援してくれるのは家族だけだった。そんな彼らのもとに未来からの使者が現れ、時空の歪みによって人類滅亡まであと77分25秒しかないという驚きべき事実を伝える。ビルとテッドは世界の消滅を防ぐため、そして「世界を救う音楽」を完成させるため、伝説のミュージシャンを集めて史上最強のバンドを結成しようと、過去や未来を駆け巡る。監督は「ギャラクシー・クエスト」のディーン・パリソット。

| | コメント (0)

2022-083M 「ホリック xxxHOLiC」☆☆☆★

Solic邦題:ホリック xxxHOLiC
時間:110分
公開:2022-04-29
製作年度:2022
製作国:日本
配給:松竹、アスミック・エース
製作総指揮:
製作:高橋敏弘 佐野真之 小西啓介 玉井雄大 金谷英剛 松本智 井田寛 藤倉博 鵜野久美子 西野亮廣
監督:蜷川実花
脚本:吉田恵里香
原作:CLAMP
撮影:相馬大輔
音楽:渋谷慶一郎
出演:神木隆之介(四月一日君尋)、柴咲コウ(壱原侑子)、松村北斗(百目鬼静)、玉城ティナ(九軒ひまわり)、趣里(美咲)、DAOKO(マルダシ)、モトーラ世理奈(モロダシ)、西野七瀬(猫娘)、大原櫻子(ミセの客)、てんちむ(ミセの客)、橋本愛(座敷童)、磯村勇斗(アカグモ)、吉岡里帆(女郎蜘蛛)

創作集団「CLAMP」の大ヒットコミック「xxxHOLiC」を、「Diner ダイナー」「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督が実写映画化。人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が見えてしまう男子高校生・四月一日君尋(ワタヌキ・キミヒロ)。その能力のせいで孤独な人生を歩んできた彼は、能力を消し去って普通の生活を送りたいと願っていた。そんなある日、一匹の蝶に導かれて不思議な“ミセ”にたどり着いた彼は、妖しく美しい女主人・壱原侑子(イチハラ・ユウコ)に出会う。侑子は四月一日のどんな願いでもかなえてくれると言い、その対価として彼の“一番大切なもの”を差し出すよう話す。侑子のもとで暮らしながらミセを手伝うことになった四月一日は、様々な悩みを抱えた人たちと出会ううちに、思わぬ大事件に巻き込まれていく。孤独な高校生・四月一日を神木隆之介、ミセの女主人・侑子を柴咲コウが演じる。「センセイ君主」の吉田恵里香が脚本、「ミッドナイトスワン」の渋谷慶一郎が音楽を担当。
蜷川実花監督、相変わらず、動く錦絵を指向しているね。怪しいセンス・オブ・ワンダーの『動く絵』師のテイストは不変ですね。

| | コメント (0)

2022-078M 「バッドマン」☆☆☆★

Sbadoman原題:Superwho?
邦題:バッドマン
時間:83分
公開:2022-07-15
製作年度:2021
製作国:フランス、
配給:アルバトロス
製作総指揮:
製作:フィリップ・ラショー、ジュリアン・デリス、デヴィッド・ゴーキエ
監督:フィリップ・ラショー
脚本:フィリップ・ラショー
原作:
撮影:ヴァンサン・リシャール
音楽:マキシム・デプレ、ミカエル・トルディマン
出演:フィリップ・ラショー、ジュリアン・アルッティ、タレク・ブダリ、エロディ・フォンタン、アリス・デュフォア

警察署長の父親の反対を押し切り、役者として夢を追い続けているセドリック。実は心が折れかけていたその時、新作映画「バッドマン」の主役に抜擢される。そう、「バットマン」ではなく「バッドマン」だ。“バッドモービル”に乗り、宿敵“ピエロ”と戦うヒーロー映画。このチャンスを逃してはならないと、セドリックは体を鍛え上げ、武術を学び撮影にむ。戸惑いながらも撮影初日が順調に終わろうとする中、妹から父親が倒れたという知らせが入る。焦ったセドリックは、バッドスーツのままバッドモービルに乗り病院へと急ぐが、その途中で事故に遭い気絶してしまう。そして目を覚ますと、自分の名前や過去の記憶を失っていた―。
マーベルやDCの名シーンやキャラクターを弄んで、笑い倒していくフレンチコメディ。ルイ・ド・フィネスがどっかで顔をだしているかもと妄想してしまう、テンポのオフビート感が素敵。

| | コメント (0)

2022-076M 「ベルイマン島にて」☆☆☆★

Sberuimantonite原題:Bergman Island
邦題:ベルイマン島にて
時間:113分
公開:2022-04-22
製作年度:2021
製作国:フランス・ベルギー・ドイツ・スウェーデン
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:シャルル・ジリベール ホドリゴ・テイシェイラ
監督:ミア・ハンセン=ラブ
脚本:ミア・ハンセン=ラブ
原作:
撮影:ドニ・ルノワール
音楽:
出演:ヴィッキー・クリープス(クリス)、ティム・ロス(トニー)、ミア・ワシコウスカ(エイミー)、アンデルシュ・ダニエルセン・リー(ヨセフ)

「未来よ こんにちは」のミア・ハンセン=ラブ監督が、スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが数々の傑作を生んだ島を舞台に、映画監督のカップルが織りなすひと夏の物語をつづったドラマ。映画監督として認められ始めたばかりのクリスと、彼女のパートナーである有名監督トニーは、アメリカからスウェーデンのフォーレ島へやって来る。創作活動にも互いの関係にも行き詰まっていた2人は、敬愛するベルイマンが愛したこの島でひと夏を過ごし、インスピレーションを得ようと考えていた。やがて島の不思議な力がクリスに働きかけ、彼女は自身の実らなかった初恋を投影した脚本を書き始めるが……。「ファントム・スレッド」のビッキー・クリープスと「海の上のピアニスト」のティム・ロスが主人公カップルを演じ、クリスの次回作を映像化した劇中劇には「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカと「パーソナル・ショッパー」のアンデルシュ・ダニエルセン・リーが出演。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。
 映画史に輝く名作「カサブランカ」のヒロイン、イングリット・バーグマン。彫りの深いエキゾチックな北欧美人女優で、世界中で愛された。監督として映画史に残るベルイマン。ハリウッド的に呼ぶならバーグマンなのだ。というより、日本での呼称が原語に対して複数あるわけだ。やはり映画史を代表する妖精オードリー・ヘップバーンは、日本ではヘボン式ローマ字を教えた、ヘボン博士と同じ綴りなのは有名な話。閑話休題。
 さて、ベルイマン監督が、彼が愛して止まず、終焉の地とした通称ベルイマン島が主役の本作。著名な映画監督(男)とパートナーの脚本家(女)がそれぞれ自分の作品を創作するため、この島を訪れるところから物語は始まる。二人はベルイマンが暮らした家を一夏借りて住むようだ。が、しかし観客が驚かされるのは、ベルイマンがとてつもなく「島の(スウェーデンの)主要な産業」として存在するところだ。ベルイマンの様々な映画作品にまつわる「聖地」をめぐるバスツアーや、そこに世界中から参加するベルイマンオタクの面々、そして名作上映専門劇場の存在に目を剥く。
 ともあれ、メインの二人の創作活動や、脚本家が説明する執筆中の作品の劇中劇が進行しながら、不可解なクライマックスを迎える。これは僕の読解力不足なのか。虚構と現実と、さらに時制が飛んだ現実が錯綜する。誰か整理して教えて欲しい。

| | コメント (0)

2022-074M 「パリ13区」☆☆☆

Spris13原題:Les Olympiades
邦題:パリ13区
時間:105分
公開:2022-04-22
製作年度:2021
製作国:フランス
配給:ロングライド
製作総指揮:
製作:バレリー・シェアマン
監督:ジャック・オーディアール
脚本:ジャック・オーディアール セリーヌ・シアマ レア・ミシウス
原作:エイドリアン・トミネ
撮影:ポール・ギローム
音楽:ローン
出演:ルーシー・チャン、マキタ・サンバ、ノエミ・メルラン、ジェニー・ベス、カミーユ・レオン=フュシアン、オセアーヌ・カイラティ、アナイド・ロザム、ポル・ホワイト、ジュヌヴィエーヴ・ドアング

「ディーパンの闘い」「預言者」などで知られるフランスの名監督ジャック・オーディアールが、「燃ゆる女の肖像」で一躍世界から注目される監督となったセリーヌ・シアマと、新進の監督・脚本家レア・ミシウスとともに脚本を手がけ、デジタル化された現代社会を生きるミレニアル世代の男女の孤独や不安、セックス、愛について描いたドラマ。再開発による高層マンションやビルが並び、アジア系移民も多く暮らすなど、パリの中でも現代を象徴する13区を舞台に、都市に生きる者たちの人間関係を、洗練されたモノクロームの映像と大胆なセックスシーンとともに描き出していく。コールセンターでオペレーターとして働く台湾系フランス人のエミリーのもとに、ルームシェアを希望するアフリカ系フランス人の高校教師カミーユが訪れる。2人はすぐにセックスする仲になるが、ルームメイト以上の関係になることはない。同じ頃、法律を学ぶためソルボンヌ大学に復学したノラは、年下のクラスメイトたちに溶け込めずにいた。金髪ウィッグをかぶり、学生の企画するパーティに参加したことをきっかけに、元ポルノスターのカムガール(ウェブカメラを使ったセックスワーカー)だと勘違いされてしまったノラは、学内の冷やかしの対象となってしまう。大学を追われたノラは、教師を辞めて不動産会社に勤めていたカミーユの同僚となるが……。グラフィックノベル作家エイドリアン・トミネの短編集「キリング・アンド・ダイング」「サマーブロンド」に収録されている3編からストーリーの着想を得た。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。
先日公開された「ガガーリン」でも書いたが、ここまでパリは移民の町になっているのか。「オートクチュール」でも主人公は移民の娘だったし。本作も、移民2世?のボーイミーツガール。そして決定的に孤独であることに病んでいる(純粋なる)二人のフランス女性の描写。マクロンが再選され、ペロシが敗退する現実。グローバリズムの進んだ結末が、ユートビアなのだろうか。僕は、否定せざるを得ない。この地は、誰のものなのか!?

 

| | コメント (0)

2022-071M 「ハッチング 孵化」☆☆★★★

Shactingranka原題:Pahanhautoja
邦題:ハッチング 孵化
時間:91分
公開:2022-04-15
製作年度:2021
製作国:フィンランド
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:ミカ・リタラハティ ニコ・リタラハティ ニマ・ユーセフィ
監督:ハンナ・ベルイホルム
脚本:イリヤ・ラウチ
原作:
撮影:ヤルッコ・T・ ライネ
音楽:スタイン・ベルグ・スベンドセン
出演:シーリ・ソラリンナ(ティンヤ)、ソフィア・ヘイッキラ(母親)、ヤニ・ヴォラネン(父親)、レイノ・ノルディン(テロ)

長女が見つけた謎の卵の孵化をきっかけに起こる恐ろしい事件により、家族の真の姿が浮き彫りになっていく様を描いたフィンランド製ホラー。北欧フィンランドで家族と暮らす12歳の少女ティンヤ。完璧で幸せな家族の動画を世界へ発信することに夢中な母親を喜ばすため、すべてを我慢し自分を抑えるようになった彼女は、体操の大会優勝を目指す日々を送っていた。ある夜、ティンヤは森で奇妙な卵を見つける。ティンヤが家族には内緒で、自分のベッドで温め続けた卵は、やがて大きくなり、遂には孵化する。卵から生まれた「それ」は、幸福に見える家族の仮面を剥ぎ取っていく。監督は世界の映画祭で短編作品が高い評価を受け、今回が長編デビューとなる新鋭女性監督ハンナ・ベルイホルム。
くええ、気持ち悪い。こんなものエサにするなよ。

| | コメント (0)

2022-068M 「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」☆☆☆★

Sfantabi2022原題:Fantastic Beasts: The Secrets of Dumbledore
邦題:ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
時間:143分
公開:2022-04-08
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:ニール・ブレア ダニー・コーエン ジョシュ・バーガー コートニー・バレンティ マイケル・シャープ
製作:デビッド・ハイマン J・K・ローリング スティーブ・クローブス ライオネル・ウィグラム ティム・ルイス
監督:デビッド・イェーツ
脚本:J・K・ローリング スティーブ・クローブス
原作:J・K・ローリング
撮影:ジョージ・リッチモンド
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:エディ・レッドメイン 、ジュード・ロウ、 エズラ・ミラー

大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズの前日譚で、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描く「ファンタスティック・ビースト」シリーズの第3弾。魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいな魔法使いニュートが、恩師のアルバス・ダンブルドアや魔法使いの仲間たち、そして人間(マグル)と寄せ集めのチームを結成し、史上最悪の黒い魔法使いグリンデルバルドに立ち向かう。その中で、ダンブルドアと彼の一族に隠された秘密が明らかになる。ホグワーツ城やホグズミード村など、「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみの場所も多数登場。原作者J・K・ローリングが引き続き自ら脚本を手がけ、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」以降の全シリーズ作品を手がけるデビッド・イェーツ監督がメガホンをとる。ニュート役のエディ・レッドメイン、若き日のダンブルドアを演じるジュード・ロウほか、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、カラム・ターナーら「ファンタビ」シリーズおなじみのキャストも集結。グリンデルバルド役は前作までのジョニー・デップに代わり、デンマークの名優マッツ・ミケルセンが新たに演じる。
ファンタビ過去作の予習が必要な相関関係に加えて、ハリポタシリーズの知識の再確認や伏線回収らしき事も。しかし時の流れは残酷で、おっさんぽくなったレッドメインは、ちと無惨。

| | コメント (0)

2022-065M 「ぼくの歌が聴こえたら」☆☆★★★

Sbokunoutagakikoetara原題:The Box
邦題:ぼくの歌が聴こえたら
時間:93分
公開:2022-06-10
製作年度:2021
製作国:韓国
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:ヤン・ジョンウン
脚本:ヤン・ジョンウン
原作:
撮影:
音楽:
出演:チャンヨル、チョ・ダルファン

韓国の人気ダンスボーカルグループ「EXO」のチャンヨルが映画初主演を果たし、音楽だけが共通点の2人の男が、それぞれの人生を変えるために旅する姿を描いた音楽ロードムービー。新人発掘の才能はあるが運に見放され、借金まみれとなってしまった音楽プロデューサーのミンスは、ある日、ギター片手に歌う青年チフンと出会う。その歌声に感動したミンスは、躊躇するチフンを半ば強引にスカウトし、10回のライブ出演を契約させてしまう。しかしチフンは、天才的な歌の才能があるものの、少年時代のある出来事がトラウマになり、人前では歌えないという。ミンスはそんなチフンのために、冷蔵庫用の大きな段ボール箱を用意する。その箱の中でなら歌うことができるチフンを連れて、ミンスはライブツアーに出発するが……。

| | コメント (0)

2022-027M 「バーニング・ダウン 爆発都市」☆☆☆★★

Sshockwawe2原題:Shock Wave 2
邦題:バーニング・ダウン 爆発都市
時間:120分
公開:2022-04-15
製作年度:2020
製作国:中国・香港
配給:
製作総指揮:
製作:
監督:ハーマン・ヤウ
脚本:ハーマン・ヤウエリカ・リーエリック・リー
原作:
撮影:
音楽:
出演:アンディ・ラウ、チンワンラウ、Ni Ni

| | コメント (0)

より以前の記事一覧