2020-035M 「デッド・ドント・ダイ」☆☆☆★

Sdddie原題:The Dead Don't Die
邦題:デッド・ドント・ダイ
時間:104分
公開:2020-04-03
製作年度:2019
製作国:スウェーデン・アメリカ
配給:ロングライド
製作総指揮:ノリオ・ハタノ フレデリック・W・グリーン
製作:ジョシュア・アストラカン カーター・ローガン
監督:ジム・ジャームッシュ
脚本:ジム・ジャームッシュ
原作:
撮影:フレデリック・エルムス
音楽:スクワール
出演:ビル・マーレイ(クリフ・ロバートソン)、アダム・ドライヴァー(ロニー・ピーターソン)、ティルダ・スウィントン(ゼルダ・ウィンストン)、クロエ・セヴィニー(ミンディ・モリソン)、スティーヴ・ブシェミ(フランク・ミラー)、ダニー・グローヴァー(ハンク・トンプソン)、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(ボビー・ウィギンズ)、ロージー・ペレス(ポージー・フアレス)、イギー・ポップ(コーヒー・ゾンビ)、サラ・ドライヴァー(コーヒー・ゾンビ)、RZA(ディーン)、キャロル・ケイン(マロリー・オブライエン)、オースティン・バトラー(ジャック)、ルカ・サバト(ザック)、セレーナ・ゴメス(ゾーイ)、トム・ウェイツ(ハーミット・ボブ)

鬼才ジム・ジャームッシュがビル・マーレイとアダム・ドライバーを主演にメガホンをとったゾンビコメディ。アメリカの田舎町センターヴィルにある警察署に勤務するロバートソン署長とピーターソン巡査、モリソン巡査は、他愛のない住人のトラブルの対応に日々追われていた。しかし、ダイナーで起こった変死事件から事態は一変。墓場から死者が次々とよみがえり、ゾンビが町にあふれかえってしまう。3人は日本刀を片手に救世主のごとく現れた葬儀屋のゼルダとともにゾンビたちと対峙していくが……。ジャームッシュ作品常連のマーレイ、「パターソン」に続きジャームッシュ組参加となるドライバーのほか、ティルダ・スウィントン、クロエ・セビニー、スティーブ・ブシェーミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・クローバー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、イギー・ポップらが顔をそろえる。2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。
映画作家として<ゾンビ>ものもコミットしたよ。という自己確認、アリバイ、キャリアイニシエーション。まあヴァンパイアもモノにしているしね。でも、ジャームッシュのインディなポジションには似合わない気がする。

| | コメント (0)

2020-017M 「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」☆☆☆★

Donkihote原題:The Man Who Killed Don Quixote
邦題:テリー・ギリアムのドン・キホーテ
時間:133分
公開:2020-01-24
製作年度:2018
製作国:スペイン・ベルギー・フランス・イギリス・ポルトガル
配給:ショウゲート
製作総指揮:アレッサンドラ・ロ・サビオ ジョルジャ・ロ・サビオ ジェレミー・トーマス ピーター・ワトソン ハビエル・ロペス・ブランコ フランソワ・トゥウェード
製作:マリエラ・ベスイェフシ ヘラルド・エレーロ エイミー・ギリアム グレゴワール・メラン セバスチャン・デロワ
監督:テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム トニー・グリゾーニ
原作:
撮影:ニコラ・ペコリーニ
音楽:ロケ・バニョス
出演:アダム・ドライヴァー(トビー)、ジョナサン・プライス(ドン・キホーテ)、ステラン・スカルスガルド(ボス)、オルガ・キュリレンコ(ジャッキ)、ジョアナ・ヒベイロ(アンジェリカ)、オスカル・ハエナダ(ジプシー)、ジェイソン・ワトキンス(ルパート)、セルジ・ロペス(農夫)、ロッシ・デ・パルマ(農夫の妻)、ホヴィク・ケウチケリアン(ラウル)、ジョルディ・モリャ(アレクセイ・ミシュキン)

 

「未来世紀ブラジル」の鬼才テリー・ギリアムが映画化を試みるも、そのたびに製作中止などの憂き目に遭い、幾度も頓挫してきた企画で、構想から30年を経て完成にこぎつけた、ギリアム念願の一作。自らをドン・キホーテと信じる老人と若手映画監督の奇妙な旅路を描く。仕事への情熱を失っていた若手CM監督のトビーはスペインの田舎での撮影中、謎めいた男からDVDを渡される。それはトビーが10年前の学生時代に監督し、賞にも輝いた「ドン・キホーテを殺した男」だった。映画の舞台となった村が近くにあることを知ったトビーは、現地を訪れるが、ドン・キホーテを演じた靴職人の老人ハビエルが自分を本物の騎士だと信じ込むなど、村の人々はトビーの映画のせいですっかり変わり果てていた。トビーをドン・キホーテの忠実な従者サンチョだと思い込んだハビエルは、トビーを無理やり連れ出し、冒険の旅へ出るが……。自らをドン・キホーテと思い込む老人ハビエルを「2人のローマ教皇」のジョナサン・プライス、トビー役を「スター・ウォーズ」シリーズのカイロ・レン役で知られるアダム・ドライバーが演じた。

 

| | コメント (0)

2020-012M 「チャーリーズ・エンジェル」☆☆★★

Cangel2020原題:Charlie's Angels
邦題:チャーリーズ・エンジェル
時間:118分
公開:2020-02-21
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:マシュー・ハーシュ レナード・ゴールドバーグ ドリュー・バリモア ナンシー・ジュボネン
製作:ダグ・ベルグラッド エリザベス・カンティロン マックス・ハンデルマン エリザベス・バンクス
監督:エリザベス・バンクス
脚本:エリザベス・バンクス
原作:エバン・スピリオトポウロス デビッド・オーバーン
撮影:ビル・ポープ
音楽:ブライアン・タイラー
出演:クリステン・スチュワート(サビーナ)、ナオミ・スコット(エレーナ)、エラ・バリンズカ(ジェーン)、パトリック・スチュワート(ジョン・ボスレー)、エリザベス・バンクス(ボスレー)

1976~81年にテレビドラマとして人気を博し、2000年にはキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューという人気女優が集結した映画版も大ヒットを記録した「チャーリーズ・エンジェル」をスタッフ&キャストを一新して再映画化。「トワイライト」シリーズなどで人気のクリステン・スチュワート、「アラジン」のジャスミン役でブレイクしたナオミ・スコット、イギリスの新星エラ・バリンスカが新たなエンジェルたちを演じる。国際機密企業チャーリー・タウンゼント社の女性エージェント組織=通称「チャーリーズ・エンジェル」のサビーナ、エレーナ、ジェーンのもとに、「新開発のエネルギーが兵器化される」という情報がもたらされ、それを阻止すべく3人は命を懸けた戦いに挑む。「ピッチ・パーフェクト」のエリザベス・バンクスが監督を務め、自らも出演。姿を見せないチャーリーに代わり、エンジェルたちに指令を出すボスレー役を務める。

| | コメント (0)

2020-004M 「ティン・カップ」☆☆☆★

Tincup_20200110151801原題:Tin Cup
邦題:ティン・カップ
時間:135分
公開:1996-09-14
製作年度:1996
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:アーノン・ミルチャン
製作:ゲイリー・フォスター デビッド・レスター
監督:ロン・シェルトン
脚本:ジョン・ノービル ロン・シェルトン
原作:
撮影:ラッセル・ボイド
音楽:ウィリアム・ロス
出演:ケヴィン・コスナー、レネ・ルッソ、ドン・ジョンソン、チーチ・マリン、デニス・バークレイ、ルー・マイヤーズ、レックス・リン

 

挫折したゴルファーが、愛する女性のために再生を賭けて全米オープンに挑戦する姿を描いたラブ・ストーリー。主演は「ボディガード(1992)」以来5年ぶりに恋愛ものに挑んだケヴィン・コスナーで、代役は一切なしでこなした見事なスウィングが見もの。監督は、コスナーとは「さよならゲーム」で組み、「ハード・ウェイ」「タイ・カップ」とスポーツ映画を得意とするロン・シェルトンがあたった。脚本は、ゴルフ仲間であるシェルトンとジョン・ノーヴィルの共同。製作はゲイリー・フォスターとデイヴィッド・レスター、エグゼクティヴ・プロデューサーは「コピーキャット」のアーノン・ミルチャン。撮影は「タイ・カップ」のラッセル・ボイド、音楽は「フォレスト・ガンプ 一期一会」などの編曲を手掛けたウィリアム・ロス、美術はジェームズ・D・ビッセル、編集はポール・セイダーとキンバリー・レイ。共演は「ゲット・ショーティ」のレネ・ルッソ、「ギルティ 罪深き罪」のドン・ジョンソン、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のチーチ・マリンほか。

原稿用に再見。

 

| | コメント (0)

2019-192M 「ドクター・スリープ」☆☆☆★

Drsleep原題:Doctor Sleep
邦題:ドクター・スリープ
時間:152分
公開:2019-11-29
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:ロイ・リー スコット・ランプキン アキバ・ゴールズマン ケビン・マコーミック
製作:トレバー・メイシー ジョン・バーグ
監督:マイク・フラナガン
脚本:マイク・フラナガン
原作:スティーブン・キング
撮影:マイケル・フィモナリ
音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ
出演:ユアン・マクレガー(ダン・トランス)、レベッカ・ファーガソン(ローズ・ザ・ハット)、カイリー・カラン(アブラ・ストーン)、クリフ・カーティス(ビリー・フリーマン)、カール・ランブリー(ディック・ハロラン)、ザーン・マクラーノン(クロウ・ダディ)、エミリー・アリン・リンド(スネークバイト・アンディ)

スタンリー・キューブリック監督がスティーブン・キングの小説を原作に描いた傑作ホラー「シャイニング」の40年後を描いた続編。雪山のホテルでの惨劇を生き残り大人へと成長したダニーを主人公に、新たな恐怖を描く。40年前、狂った父親に殺されかけるという壮絶な体験を生き延びたダニーは、トラウマを抱え、大人になったいまも人を避けるように孤独に生きていた。そんな彼の周囲で児童ばかりを狙った不可解な連続殺人事件が発生し、あわせて不思議な力をもった謎の少女アブラが現れる。その力で事件を目撃してしまったというアブラとともに、ダニーは事件を追うが、その中で40年前の惨劇が起きたホテルへとたどり着く。大人になったダニーを演じるのはユアン・マクレガー。監督・脚本は「オキュラス 怨霊鏡」「ソムニア 悪夢の少年」やキング原作のNetflix映画「ジェラルドのゲーム」といった作品を手がけてきたマイク・フラナガン。

| | コメント (0)

2019-179M 「ターミネーター ニュー・フェイト」☆☆☆★★

Tm2019原題:Terminator: Dark Fate
邦題:ターミネーター ニュー・フェイト
時間:129分
公開:2019-11-08
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:ダナ・ゴールドバーグ ドン・グレンジャー エドワード・チェン ジョン・J・ケリー ティム・ミラー ボニー・カーティス ジュリー・リン
製作:ジェームズ・キャメロン デビッド・エリソン
監督:ティム・ミラー
脚本:デビッド・ゴイヤー ジャスティン・ローズ ビリー・レイ
原作:ジェームズ・キャメロン チャールズ・イグリー ジョシュ・フリードマン デビッド・ゴイヤー ジャスティン・ローズ
撮影:ケン・セング
音楽:トム・ホルケンボルフ
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)、リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、マッケンジー・デイヴィス(グレース)、ナタリア・レイエス(ダニー)、ガブリエル・ルナ(REV-9)、ディエゴ・ボネータ

ジェームズ・キャメロンが生み出したSFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目で、キャメロンが直接手がけ、名作として人気の高い「ターミネーター2」の正当な続編として描かれる。キャメロンがプロデューサーとなり、「ターミネーター2」以来にシリーズの製作へ復帰。「デッドプール」を大ヒットさせたティム・ミラー監督が新たにメガホンをとった。人類滅亡の日である「審判の日」は回避されたが、まだ危機は去っていなかった。メキシコシティで父と弟とごく普通の生活を送っていた21歳の女性ダニーのもとに、未来から最新型ターミネーター「REV-9」が現れ、彼女の命を狙う。一方、同じく未来からやってきたという女性戦士グレースが、ダニーを守るためにREV-9と壮絶な戦いを繰り広げる。何度倒しても立ち上がってくるREV-9にダニーとグレースは追いつめられるが、そこへ、かつて人類を滅亡の未来から救ったサラ・コナーが現れる。リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーも28年ぶりにカムバックし、シリーズの顔であるT-800を演じるアーノルド・シュワルツェネッガーも出演。グレース役に「ブレードランナー 2049」のマッケンジー・デイビス、ダニー役にコロンビア出身の新鋭女優ナタリア・レイエス。

| | コメント (0)

2019-177M 「逃走迷路」☆☆★★★

Tosomeiro原題:Saboteur
邦題:逃走迷路
時間:108分
公開:1979
製作年度:1942
製作国:アメリカ
配給:
製作総指揮:
製作:フランク・ロイド ジャック・H・スカーボール
監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ピーター・ヴィアテル、ジョーン・ハリソン、ドロシー・パーカー
原作:
撮影:ジョセフ・バレンタイン
音楽:チャールズ・プレビン フランク・スキナー
出演: ロバート・カミングス、プリシラ・レイン、ノーマン・ロイド、オットー・クルーガー、アラン・バクスター

無実の罪を着せられた男が真相を突き止めるべく奔走する姿を描いたヒッチコック監督作。カリフォルニアの航空機工場で大規模な火災が発生し、男性従業員が命を落とす。被害者の同僚であるバリー・ケインは、事件現場でガソリン入りの消火器を持っていたことから容疑者とみなされ、警察から追われる身となってしまう。ケインは自分に消火器を手渡した男フライが真相を知っていると考え、行方を追うが……。

| | コメント (0)

2019-158M 「ダークナイト」☆☆☆★★★

Darkknight原題:THE DARK KNIGHT
邦題:ダークナイト
時間:152分
公開:2008-08-09
製作年度:2008
製作国:アメリカ
配給:WB
製作総指揮:ベンジャミン・メルニカー 、マイケル・E・ウスラン 、ケヴィン・デラノイ 、トーマス・タル
製作:チャールズ・ローヴェン、エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン 、クリストファー・ノーラン
原作:クリストファー・ノーラン、デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影:ウォーリー・フィスター
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード 、ハンス・ジマー
出演:クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)、マイケル・ケイン(アルフレッド)、ヒース・レジャー(ジョーカー)、ゲイリー・オールドマン(ゴードン警部補)、アーロン・エッカート(ハーベイ・デント検事/トゥーフェイス)、マギー・ギレンホール(レイチェル・ドーズ)、モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)、エリック・ロバーツ(マローニ)、ネスター・カーボネル(ゴッサム市長)、モニーク・カーネン(ラミレス)
2008年に丸の内ピカデリーで観て以来。「ジョーカー」の検証でアマゾンプライムチェック。

| | コメント (0)

2019-150M 「テルアビブ・オン・ファイア」☆☆☆★★★

Teruabibu原題:Tel Aviv on Fire
邦題:テルアビブ・オン・ファイア
時間:97分
公開:2019-11-22
製作年度:2018
製作国:ルクセンブルク・フランス・イスラエル・ベルギー
配給:アットエンタテインメント
製作総指揮:
製作:ミレナ・ポワヨ ジル・サクト アミール・ハレル バーナード・ミショー
監督:サメフ・ゾアビ
脚本:ダン・クレインマン サメフ・ゾアビ
原作:
撮影:ロラン・ブリュネ
音楽:アンドレ・ジェジュク
出演:カイス・ナシェフ、ルブナ・アザバル、ヤニーヴ・ビトン

パレスチナ系イスラエル人のサメフ・ゾアビ監督が、複雑なパレスチナ情勢を皮肉とユーモアに包んで描いたコメディドラマ。1960年代の第3次中東戦争前夜を舞台にした人気メロドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」。その制作現場でインターンとして働くパレスチナ人の青年サラムは、撮影所へ通うため毎日イスラエルの検問所を通らなくてはならない。ある日、妻がドラマの大ファンだという検問所の主任アッシから脚本のアイデアをもらったサラムは、制作現場でそのアイデアを認められて脚本家へと出世するが……。主人公サラム役に「パラダイス・ナウ」のカイス・ナシェフ。2018年・第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。

 インディ映画をこまめに観ていると、思わぬ拾い物がある。これはそんな一本。いや、傑作の部類に入れてもよい作品だ。おそらくシネマライズが残っていれば8週間くらいは興行をうてるクオリティだ。ダメ青年が叔父さんのコネで、ソープドラマのシナリオ手伝いを始める。そのテレビドラマはイスラエルとパレスチナにまたがる世紀の恋愛(スパイ)ドラマというシュールな設定。ともあれ、ヒューマントラスト渋谷やシネマカリテが公開劇場ということで、作品のビジネス的なレベル感はお判りだろう。今年もそんな単館アート系レベルの作品も多数観てきたが、やはり作品の質もそんなレベルでがっかりするケースが多かった。しかし、本作は「観て損はしない。いや逆に今年必見の単館系作品の一本」と自信を持って断言できる。面白いよ!

 

 

| | コメント (0)

2019-107M 「トイ・ストーリー4」☆☆☆★★

Toy4原題:Toy Story 4
邦題:トイ・ストーリー4
時間:100分
公開:2019-07-12
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ、ピート・ドクター
製作:ジョナス・リベラ、マーク・ニールセン
監督:ジョシュ・クーリー
脚本:ステファニー・フォルソム、アンドリュー・スタントン
原作:
撮影:
音楽:ランディ・ニューマン
出演:唐沢寿明(ウッディ)、所ジョージ(バズ・ライトイヤー)、戸田恵子(ボー・ピープ)、竜星涼(フォーキー)

おもちゃの世界を舞台に描くピクサー・アニメーションの大ヒットシリーズ「トイ・ストーリー」の第4作。ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが……。ボー・ピープが「トイ・ストーリー2」以来19年ぶりに再登場を果たすほか、物語の鍵を握るフォーキー、ふわもふコンビのダッキー&バニー、かわいいアンティークのおもちゃギャビー・ギャビーなど新キャラクターたちも続々と登場。数々のピクサー作品でストーリーボードアーティストを担当し、「インサイド・ヘッド」では脚本にも参加したジョシュ・クーリーが長編初監督を務める。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧