2023-011M 「ドリーム・ホース」☆☆☆★

Sdreamhorse原題:Dream Horse
邦題:ドリーム・ホース
時間:113分
公開:2023-01-06
製作年度:2020
製作国:イギリス
配給:ショウゲート
製作総指揮:ダニエル・バトセック オリー・マッデン スー・ブルース=スミス ピーター・タッチ スティーブン・デイリー ポーリン・バート ピアース・ベラコット ジョエリー・フェザー
製作:キャサリン・バトラー トレイシー・オリオーダン
監督:ユーロス・リン
脚本:ニール・マッケイ
原作:
撮影:エリック・アレキサンダー・ウィルソン
音楽:ベンジャミン・ウッドゲーツ
出演:トニ・コレット(ジャン・ヴォークス)、ダミアン・ルイス(ハワード・デイヴィス)、オーウェン・ティール(ブライアン・ヴォークス)、ジョアンナ・ペイジ(アンジェラ・デイヴィス)、ニコラス・ファレル(フィリップ・ホッブス)、アラン・デヴィッド(バート)、シアン・フィリップス(モーリーン)、リンダ・バロン(エルシー)、カール・ジョンソン(カービー)、ステファン・ロードリ(ガーウィン)、アンソニー・オドネル(マルドウィン)、ダイ・ボッチャー(ネリス)、ダレン・エヴァンス(グース)、リース・アプ・ウイリアム(ケヴ)、ブライアン・ドハティ(ゴードン)、アシェク・アクタル(ピーター)、ピーター・デイヴィソン(エイヴァリー卿)

イギリス・ウェールズを舞台に、片田舎の小さなコミュニティで育てた競走馬が最高峰のレースに挑んだ実話をもとに描いたヒューマンドラマ。

ウェールズの谷あいにある小さな村。無気力な夫と暮らすジャンは、パートと親の介護だけの単調な毎日に飽き飽きしていた。そんなある日、クラブで共同馬主の話を聞いた彼女は強く興味をもち、競走馬の飼育を決意。勝ったことはないが血統の良い牝馬を貯金をはたいて購入し、飼育資金を集めるため村の人々に馬主組合の結成を呼びかける。産まれた子馬は「ドリームアライアンス(夢の同盟)」と名付けられ、奇跡的にレースを勝ち進んで村の人々の人生にも変化をもたらしていく。
主人公ジャンを「ヘレディタリー 継承」のトニ・コレット、夫をドラマ「HOMELAND」のダミアン・ルイスが演じた。

イギリス映画っぽい庶民の勝利!を謳い上げる、いつもの。ウェールズ国民限定で泣けそう。

| | コメント (0)

2022-248M 「トゥモロー・モーニング」☆☆☆★

Stomoorowmorning原題:Tomorrow Morning
邦題:トゥモロー・モーニング
時間:110分
公開:2022-12-16
製作年度:2022
製作国:イギリス
配給:セテラ・インターナショナル
製作総指揮:ポール・ガラッド スティーブン・マッギル ジェニー・チョウドリー ヒラリー・ウィリアムズ
製作:ジョン・ダンバリー
監督:ニック・ウィンストン
脚本:ローレンス・マーク・ワイス
原作:ローレンス・マーク・ワイス
撮影:デイブ・ソープ
音楽:ローレンス・マーク・ワイス
出演:ラミン・カリムルー(ビル/ウィル)、サマンサ・バークス(キャサリン/キャット)、フラー・イースト(インディア)、ジョージ・マグワイア(ニック)、オリヴァー・クレイトン(ザック)、ジョーン・コリンズ(アンナ)、ハリエット・ソープ(ジョーイ)、ヘンリー・グッドマン(ジョナサン)、オミッド・ジャリリ(ダリウシュ)、アニタ・ドブソン(カレン)、アドワ・アコト(レイチェル)、アレックス・マイケル・ストール(デヴィッド)

ロンドンを舞台に、ある一組の男女の愛と人生を、結婚前夜と離婚前夜、2つの時間を交錯させて描くミュージカル映画。イギリスの作曲家のローレンス・マーク・ワイスによる脚本と音楽で2006年にロンドンで初演され、2013年には日本でも上演された同名ミュージカル舞台を映画化した。

ロンドンで画家を夢見るキャサリンと小説家を目指すビルは、大恋愛の末に結ばれる。結婚して10年が経ち、キャサリンは画家として、ビルは売れっ子コピーライターとして成功を収めていたが、いつの間にか2人の心はすれ違い、離婚を決意していた。離婚を目前に、2人は出会ったころ、そして結婚前夜の記憶をたどり始める。

舞台版および映画版「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役やウエストエンド版「アナと雪の女王」のエルサ役など、有名ミュージカルで数多くヒロインを演じてきたサマンサ・バークスがキャサリン、「オペラ座の怪人」で史上最年少28歳でファントム役に抜てきされ、「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャン役でブロードウェイデビューを飾ったラミン・カリムルーがビルをそれぞれ演じ、本格派のミュージカル俳優たちによる歌声が響き渡る。監督は、ミュージカルやオペラの演出家として活躍するニック・ウェンストン。

ミュージカルといっても、ほぼ主人公のカップルが二人で歌いまくる。モノローグの代わりに歌っている。最後の最後でちょびっとダンスシーン。なんとも不思議な作品。

| | コメント (0)

2022-228M 「チケットトゥパラダイス」☆☆★★★

Stickettoparadaice原題:Ticket to Paradise
邦題:チケット・トゥ・パラダイス
時間:104分
公開:2022-11-03
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:ジョージ・クルーニー グラント・ヘスロフ ジュリア・ロバーツ リサ・ロバーツ・ギラン マリサ・イェレス・ギル アメリア・グレンジャー サラ=ジェーン・ロビンソン サム・トンプソン ジェニファー・コーンウェル
製作:ティム・ビーバン エリック・フェルナー サラ・ハーベイ デボラ・バルダーストーン
監督:オル・パーカー
脚本:オル・パーカー ダニエル・ピプスキ
原作:
撮影:オーレ・ブラット・バークランド
音楽:ローン・バルフェ
出演:ジョージ・クルーニー(デヴィッド)、ジュリア・ロバーツ(ジョージア)、ケイトリン・デヴァー(リリー)、マキシム・プティエ(グデ)、ビリー・ロード(レン)、リュカ・ブラヴォー(ポール)

「オーシャンズ」シリーズで夫婦役を演じたジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが再共演し、娘のスピード婚を止めようと奮闘する元夫婦を演じたロマンティックコメディ。

元夫婦のデヴィッドとジョージアは20年前に離婚して以来、必要に迫られて会うことがあっても、いつもいがみ合ってばかりいた。そんな2人の愛娘リリーがロースクールを卒業し、旅行でバリ島へ向かい、数日後に「現地の彼と結婚する」という連絡が入る。弁護士になる夢を捨てて会ったばかりの男と結婚するなどあってはならないと、自分たちと同じ過ちを繰り返してほしくないデヴィッドとジョージアは、現地へ赴き、娘の結婚阻止に向けて協力することになる。

監督は「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」のオル・パーカー。「ディア・エヴァン・ハンセン」のケイトリン・デバーが娘のリリーを演じ、リリーの恋人役に本作でハリウッドデビューを果たすマキシム・ブティエ、リリーの友人役に「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」のビリー・ロード。

僕の友人の某教授のバイブル『たそがれ流星群』なるものを連想させる予告がなんとも高齢者観客の意欲をそそる。昔の名前で出ています的な、ラブロマンスのスターが共演する、カビがはえたような焼けぼっくいに火が付く?大人のファンタジーなのだろう。という前提イメージで鑑賞。究極のハリウッド式の予定調和に酔いたい!という欲求を100%叶える内容で、納得の王道ラブコメ。

| | コメント (0)

2022-214M 「ドント・ウォーリー・ダーリン」☆☆☆

Sdontworrydaring原題:Don't Worry Darling
邦題:ドント・ウォーリー・ダーリン
時間:123分
公開:2022-11-11
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:リチャード・ブレナー セリア・コン アレックス・G・スコット キャサリン・ハードウィック ケアリー・バン・ダイク シェーン・バン・ダイク
製作:オリビア・ワイルド ケイティ・シルバーマン マリ・ユーン ロイ・リー
監督:オリビア・ワイルド
脚本:ケイティ・シルバーマン
原作:ケアリー・バン・ダイク シェーン・バン・ダイク ケイティ・シルバーマン
撮影:マシュー・リバティーク
音楽:ジョン・パウエル
出演:フローレンス・ピュー(アリス)、ハリー・スタイルズ(ジャック)、オリヴィア・ワイルド(バニー)、ジェンマ・チャン(シェリー)、キキ・レイン(マーガレット)、ニック・クロール(ディーン)、クリス・パイン(フランク)

「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」で監督として高く評価された俳優オリビア・ワイルドの長編監督第2作で、「ミッドサマー」のフローレンス・ピューを主演に迎えて描いたユートピアスリラー。

完璧な生活が保証された街で夫ジャックと幸せな日々を送るアリスは、隣人が赤い服の男たちに連れ去られるところを目撃する。それ以降、彼女の周囲では不可解な出来事が続発。次第に精神が不安定となり周囲からも心配されるアリスだったが、あることをきっかけに、この街に疑問を抱くようになる。

「ダンケルク」で俳優としても注目を集めたイギリスの人気歌手ハリー・スタイルズがアリスの夫ジャックを演じ、「ワンダーウーマン」シリーズのクリス・パイン、「クレイジー・リッチ!」のジェンマ・チャンが共演。

  キャッチコピーがネタバレしていていいのか?アメリカ人の考える理想的な文化的家庭生活は現代に無くて、50年代テレビドラマが垂れ流したWASPの中産階級のそれなのか?。というのは、最近ではニコール・キッドマンが主演した同種のホラー「ステップフォワード・ワイフ」(2005年 監督フランク・オズ)が前例となっている。そんな50年代アメリカの家族を描写するテレビドラマがいかに虚構だったかは、やはりニコール・キッドマンが、往年のスターコメディアンのルシール・ボールを演じてアカデミー賞候補にもなった「愛すべき夫妻の秘密」(2021年 監督アーロン・ソーキン)を参照してもらいたい。
 ともあれ、コピーがネタバレさせている様に「夢オチ」である。ホームドラマ版の「マトリックス」かね、あの赤いのはエージェントスミスで。まあ、本作を観る時間があれば「トゥルーマン・ショー(1998年 監督ピーター・ウィアー)か「ドニー・ダーコ(2002年 監督リチャード・ケリー)を観た方が、良い映画体験になるだろう。

 

| | コメント (0)

2022-189M 「ダウントン・アビー 新たなる時代へ」☆☆☆★

Sdauntonabby2022原題:Downton Abbey: A New Era
邦題:ダウントン・アビー 新たなる時代へ
時間:125分
公開:2022-09-30
製作年度:2022
製作国:イギリス・アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:ナイジェル・マーチャント
製作:ギャレス・ニーム ジュリアン・フェロウズ リズ・トラブリッジ
監督:サイモン・カーティス
脚本:ジュリアン・フェロウズ
原作:ジュリアン・フェロウズ
撮影:アンドリュー・ダン
音楽:ジョン・ラン
出演:ヒュー・ボネヴィル(ロバート・クローリー)、ローラ・カーマイケル(レディ・イーディス)、ジム・カーター(カーソン)、ブレンダン・コイル(ベイツ)、ミシェル・ドッカリー(レディ・メアリー)、ケヴィン・ドイル(モールズリー)、ジョアン・フロガット(アンナ)、マシュー・グード、ハリー・ハデン=ペイトン(バーティ・ぺラム)、デヴィッド・ヘイグ、ジェラルディン・ジェームズ、ロブ・ジェームズ=コリアー(トーマス)、サイモン・ジョーンズ、アレン・リーチ(トム・ブランソン)、フィリス・ローガン(ヒューズ)、エリザベス・マクガヴァン(コーラ・クローリー)、ソフィー・マクシェラ(デイジー)、タペンス・ミドルトン(ルーシー・ブランソン)、スティーヴン・キャンベル・ムーア、レスリー・ニコル(パットモア)、ケイト・フィリップス、マギー・スミス(バイオレット)、イメルダ・スタウントン(モード・バグショー)、ペネロープ・ウィルトン(イザベル・マートン)、ヒュー・ダンシー(ジャック・バーバー)、ローラ・ハドック(マーナ・ダルグリーシュ)、ナタリー・バイ(先代モンミライユ侯爵夫人)、ドミニク・ウェスト(ガイ・デクスター)

イギリスの人気テレビドラマ「ダウントン・アビー」の劇場版第2作。

1928年、英国北東部ダウントン。グランサム伯爵クローリー家の亡き三女シビルの夫トムが、モード・バッグショーの娘と結婚することに。華やかな宴が繰り広げられるが、屋敷は傷みが目立ち、長女メアリーは修繕費の工面に悩んでいた。そんな折、映画会社から新作の撮影に屋敷を使用したいとの申し出が入る。高額な謝礼をもらえると知ったメアリーは、父ロバートの反対を押し切って撮影を許可。一方、ロバートは母バイオレットがモンミライユ男爵から南仏の別荘を贈られたことを知る。その寛大な申し出に疑問を抱いたロバートは、家族とともに現地へ向かう。

キャストには名優マギー・スミスらおなじみの顔ぶれに加え、ドラマ「ハンニバル」のヒュー・ダンシー、「たかが世界の終わり」のナタリー・バイらが新たに参加。シリーズの生みの親ジュリアン・フェロウズが脚本を手がけ、「マリリン 7日間の恋」のサイモン・カーティスが監督を務めた。

連続ドラマも、前作劇場版も未見なのだが(アマでもネトフリでも配信が無い)、一応予告に惹かれて観る。

| | コメント (0)

2022-166M 「デリシュ!」☆☆☆★★

Sdelish原題:Delicieux
邦題:デリシュ!
時間:112分
公開:2022-09-02
製作年度:2020
製作国:フランス・ベルギー
配給:彩プロ
製作総指揮:イブ・フランソワ=マシュエル
製作:クリストフ・ロシニョン フィリップ・ボエファール
監督:エリック・ベナール
脚本:エリック・ベナール ニコラ・ブークリエフ
原作:
撮影:ジャン=マリー・ドルージュ
音楽:クリストフ・ジュリアン
出演:グレゴリー・ガドゥボワ(マンスロン)、イザベル・カレ(ルイーズ)、バンジャマン・ラヴェルネ(シャンフォール公爵)、ギヨーム・ドゥ・トンケデック(イアサント)、クリスチャン・ブイエ(ジャコブ)、ロレンツォ・ルフェーブル(バンジャマン)、マリー=ジュリー・ボー(サン=ジュネ伯爵夫人)

フランス革命前夜の18世紀フランスを舞台に、世界で初めてレストランを作った男の実話をもとに描いた人間ドラマ。

1789年。宮廷料理人マンスロンは、創作料理「デリシュ」にジャガイモを使用したことで貴族たちの反感を買って解雇され、息子を連れて実家へ帰ることに。ある日、マンスロンのもとに謎めいた女性ルイーズが料理を習いたいと訪ねてくる。彼女の熱意に負けて料理を教えることになったマンスロンは、失っていた料理への情熱を徐々に取り戻していく。やがてマンスロンはルイーズと息子の協力を得て、一般人のために開かれた世界初のレストランを開店する。

マンスロンを「オフィサー・アンド・スパイ」のグレゴリー・ガドゥボワ、ルイーズを「ムースの隠遁」のイザベル・カレが演じる。「ブルー・レクイエム」などの脚本家エリック・ベナールが監督を務めた。

原題のデリシュは店名。当初は主人公が料理長を務める公爵家の晩餐で、予定外に出したオードブルの名前だ。しかしそれが原因で公爵家を追われてしまう。彼は故郷の田舎で家業のパン焼きに戻り、世捨て人になってしまう。しかし…。
彼が最終的に創りあげたのは、今のSA的な、田舎の食事がウリの街道の休憩所。これがフランス最初のレストランの開業物語かと思ったら、サスペンスたっぷりな復讐劇にもなり、謎の弟子志願の美魔女まで登場し、あれよあれよと波乱万丈のストーリーに引き込まれていく。18世紀末のコスチュームもので、1789年7月14日のバスチーユ占領の前日譚となっている。
エリック・ベナール監督の保守的なしっかりとした演出に加え、フランス革命後の写実主義絵画にインスパイアされたような、端正で精緻に計算されたフレーミングを魅せた撮影のジャン=マリー・ドルージュにも刮目せざるを得ない。
観ていて、眼福な映像に予断を許さないストーリー。なかなかの傑作だ。

| | コメント (0)

2022-165M 「地下室のヘンな穴」☆☆☆★

Schikasitunohennnaana原題:Incroyable mais vrai
邦題:地下室のヘンな穴
時間:74分
公開:2022-09-02
製作年度:2022
製作国:フランス・ベルギー
配給:ロングライド
製作総指揮:
製作:トマ・ベルアエジュ マチュー・ベルアエジュ
監督:カンタン・デュピュー
脚本:カンタン・デュピュー
原作:
撮影:カンタン・デュピュー
音楽:
出演:アラン・シャバ(アラン)、レア・ドリュッケール(マリー)、ブノワ・マジメル(ジェラール)、アナイス・ドゥムースティエ(ジャンヌ)

「ラバー」「ディアスキン 鹿革の殺人鬼」などの独創的な作品で知られるフランスの鬼才カンタン・デュピューが監督・脚本を手がけ、「時間が半日進んで肉体が3日分若返る」という不思議な穴に翻弄される夫婦の運命を描いた異色ドラマ。

平凡な中年夫婦アランとマリーは怪しげな不動産業者に案内され、郊外に建つモダニズム風の一軒家を下見に訪れる。不動産業者は購入すべきか迷う彼らに、奇妙なセールスポイントを教える。それは、家の地下室に空いた穴に入ると「時間が12時間進み、肉体が3日分若返る」というもの。夫婦は半信半疑でその家に引っ越すことを決めるが、やがてその穴の存在は、彼らが胸の奥深くに秘めていた欲望や衝動を呼び覚ましていく。

「恋愛睡眠のすすめ」のアラン・シャバと「ジュリアン」のレア・ドリュッケールが主人公夫婦を演じ、「ピアニスト」のブノワ・マジメル、「彼は秘密の女ともだち」のアナイス・ドゥムースティエが共演。

日本のハイテク技術を駆使した医療機器が素っ頓狂。穴の正体も不明だが、フランス的な『女の性(サガ)』の描写に、まあ、フランスの観客は許容して大笑いしたのだろうな。

| | コメント (0)

2022-099M 「トップガン マーヴェリック」☆☆☆☆

Sopgan2022原題:Top Gun: Maverick
邦題:トップガン マーヴェリック
時間:131分
公開:2022-05-27
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:東和ピクチャーズ
製作総指揮:トミー・ハーパー ダナ・ゴールドバーグ ドン・グレンジャー チャド・オマン マイク・ステンソン
製作:ジェリー・ブラッカイマー トム・クルーズ クリストファー・マッカリー デビッド・エリソン
監督:ジョセフ・コジンスキー
脚本:アーレン・クルーガー エリック・ウォーレン・シンガー クリストファー・マッカリー
原作:ピーター・クレイグ ジャスティン・マークス
撮影:クラウディオ・ミランダ
音楽:ハロルド・フォルターメイヤー ハンス・ジマー ローン・バルフェ
主題歌:レディー・ガガ
出演:トム・クルーズ(ピート・マーヴェリック・ミッチェル)、マイルズ・テラー(ブラッドリー・ルースター・ブラッドショー海軍大尉)、ジェニファー・コネリー(ペニー・ベンジャミン)、ジョン・ハム(サイクロン・シンプソン海軍中将)、グレン・パウエル(ジェイク・ハングマン・セレシン海軍大尉)、ルイス・プルマン(ロバート・ボブ・フロイド海軍大尉)、チャールズ・パーネル(ウォーロック海軍少将)、バシール・サラフディン(バーニー・ホンド・コールマン准尉)、モニカ・バルバロ(ナターシャ・フェニックス・トーレス大尉)、ジェイ・エリス(ルーベン・ペイバック・フィッチ海軍大尉)、ダニー・ラミレス(ミッキー・ファンボーイ・ガルシア海軍大尉)、グレッグ・ターザン・デイヴィス(ジャヴィ・コヨーテ・マチャド海軍大尉)、ヴァル・キルマー(トム・アイスマン・カザンスキー海軍大将)
エド・ハリス

トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編。アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校トップガンに、伝説のパイロット、マーヴェリックが教官として帰ってきた。空の厳しさと美しさを誰よりも知る彼は、守ることの難しさと戦うことの厳しさを教えるが、訓練生たちはそんな彼の型破りな指導に戸惑い反発する。その中には、かつてマーヴェリックとの訓練飛行中に命を落とした相棒グースの息子ルースターの姿もあった。ルースターはマーヴェリックを恨み、彼と対峙するが……。主人公マーヴェリックをクルーズが再び演じ、「セッション」のマイルズ・テラー、「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー、「アポロ13」のエド・ハリスが共演。さらに前作でマーヴェリックのライバル、アイスマンを演じたバル・キルマーも再出演する。「オブリビオン」のジョセフ・コジンスキーが監督を務め、「ミッション:インポッシブル」シリーズの監督や「ユージュアル・サスペクツ」の脚本家として知られるクリストファー・マッカリーが脚本に参加。
満足だ。ほぼ想像通りの物語。爽快なハリウッド娯楽の王道な結末!これでいいのだ。

| | コメント (0)

2022-095M 「トップガン」☆☆☆★

Topgun1原題:Top Gun
邦題:トップガン
時間:110分
公開:1986-12-06
製作年度:1986
製作国:アメリカ
配給:UIP
製作総指揮:ビル・バダラート
製作:ドン・シンプソン、ジェリー・ブラッカイマー
監督:トニー・スコット
脚本:ジム・キャッシュ、ジャック・エップス・Jr.
原作:
撮影:ジェフリー・キンボール
音楽:ハロルド・フォルターメイヤー
出演:トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、バル・キルマー、アンソニー・エドワーズ、トム・スケリット、マイケル・アイアンサイド、ジョン・ストックウェル、バリー・タブ、リック・ロソビッチ、ティム・ロビンス、クラレンス・ギルヤード・Jr.、ウィップ・ヒューブリー、ジェームズ・トルカン、メグ・ライアン、エイドリアン・パスダー

マーベリックを観るために、2015年以来7年ぶりに再見。

| | コメント (0)

2022-085M 「魂のまなざし」☆☆☆★

Stamashiinomanazashi原題:Helene
邦題:魂のまなざし
時間:122分
公開:2022-07-15
製作年度:2020
製作国:フィンランド・エストニア
配給:オンリー・ハーツ
製作総指揮:
製作:
監督:アンティ・ヨキネン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:ラウラ・ビルン、ヨハンネス・ホロパイネン、クリスタ・コソネン、エーロ・アホ、ピルッコ・サイシオ、ヤルッコ・ラフティ

モダニズムを代表する画家のひとりとして近年、世界的に注目を集めるフィンランドの画家ヘレン・シャルフベックを描いた伝記映画。1862年に生まれ1946年に没した彼女の生涯のうち、その後の画業と人生を決定づけた1915年から1923年の8年間の時代を描いた。1915年、高齢の母親とともに田舎で暮らす画家のヘレン・シャルフベックは、世間からはすでに忘れられた存在だったが、湧き出る情熱のために絵を描き続けていた。そんな彼女のもとに、ある画商が訪ねてきたことから、運命は大きく転換する。画商はヘレンが描きためていた159点の作品を見いだし、大きな個展開催に向けて動き出す。そして、画商が紹介した19歳年下の青年エイナル・ロイターとの出会いが、ヘレンの人生にさらなる転機をもたらす。抑圧的な家庭や男性優位の社会にも臆さず、名誉よりも内からあふれ出る情熱に従う画家の姿を、北欧の美しい自然や街並みとともに描く。主人公ヘレン・シャルフベック役は「ファブリックの女王」などに出演したラウラ・ビルン。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧