2021-232M 「ダ・ヴィンチは誰に微笑む」☆☆☆★★

Savinchi原題:The Savior for Sale
邦題:ダ・ヴィンチは誰に微笑む
時間:100分
公開:2021-11-26
製作年度:2021
製作国:フランス
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:ポール・ローゼンベルグ セリーヌ・ヌッセ
監督:アントワーヌ・ビトキーヌ
脚本:
原作:
撮影:グザビエ・リバーマン
音楽:ジュリアン・ドゥギン
出演:

レオナルド・ダ・ビンチの最後の傑作とされる絵画「サルバトール・ムンディ」が史上最高額の510億円で落札された2017年の出来事をもとに、アート界の闇を暴いたドキュメンタリー。ある美術商が名もなき競売会社のカタログから13万円で落札した1枚の絵。彼らはロンドンのナショナル・ギャラリーに接触し、その絵は専門家の鑑定を経てダ・ビンチの作品として展示される。お墨付きを得たこの絵に、投資目的の大財閥や手数料を騙し取ろうとする仲介人、大衆を利用して絵の価値を釣り上げるマーケティングマンと利用されるハリウッドスター、国際政治での暗躍が噂される某国の王子など、それぞれ思惑を抱えた人々が世界中から集まってくる。その一方で、「ダ・ビンチの弟子による作品だ」と断言する権威も出現。そしてついに510億円の出所が明かされるが、それはルーブル美術館を巻き込んだ新たな謎の始まりだった。今なお謎が深まるばかりのこの絵画にまつわる疑問をひも解いていくと共に、知られざるアート界のからくりや闇の金銭取引の実態を生々しく描き出す。

誰も本当のことを、知らない、言えない、言わない。答えられるのはダ・ヴィンチだけ。現在進行中の、永遠に解けない謎。

 

 

| | コメント (0)

2021-227M 「tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!」☆☆☆★

Sticticboon原題:tick, tick...Boom!
邦題:tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!
時間:115分
公開:2021-11-12
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:Netflix配信
製作総指揮:セリア・コスタス ジュリー・ラーソン スティーブン・レベンソン
製作:ブライアン・グレイザー ロン・ハワード リン=マニュエル・ミランダ
監督:リン=マニュエル・ミランダ
脚本:スティーブン・レベンソン
原作:ジョナサン・ラーソン
撮影:アリス・ブルックス
音楽:ジョナサン・ラーソン
出演:アンドリュー・ガーフィールド、アレクサンドラ・シップ、ロビン・デ・ヘスス、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジョシュア・ヘンリー

大ヒットミュージカル「イン・ザ・ハイツ」「ハミルトン」などの原作者として作詞や作曲なども手がけ、ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」では音楽を担当するなど、現代ミュージカル界を代表する才能として知られるリン=マニュエル・ミランダの長編映画初監督作。名作ミュージカル「RENT レント」を生んだ作曲家ジョナサン・ラーソンの自伝ミュージカルを映画化した。1990年のニューヨーク。食堂のウェイターとして働きながらミュージカル作曲家としての成功を夢見るジョナサンは、オリジナルのロックミュージカルの楽曲を書いては直しを繰り返していた。もうすぐ30歳を迎え、これまでともに夢を見てきた仲間たちも現実に目を向け始め、焦りを覚えるジョナサン。自分の夢に価値はあるのか、時間を無駄にしているだけではないかと自らに問いかけながらも、時だけが過ぎていき……。主人公ジョナサン役は「アメイジング・スパイダーマン」「ハクソー・リッジ」のアンドリュー・ガーフィールド。Netflixで2021年11月19日から配信。11月12日から一部劇場で公開。

| | コメント (0)

2021-219M 「ディア・エヴァン・ハンセン」☆☆☆★

Sdearevan 原題:Dear Evan Hansen
邦題:ディア・エヴァン・ハンセン
時間:137分
公開:2021-11-26
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:マイケル・ベダーマン スティーブン・レベンソン ベンジ・パセック ジャスティン・ポール
製作:マーク・プラット アダム・シーゲル
監督:スティーブン・チョボウスキー
脚本:スティーブン・レベンソン
原作:
撮影:
音楽:ベンジ・パセック ジャスティン・ポール
出演:ベン・プラット(エヴァン・ハンセン)、ジュリアン・ムーア(ハイディ・ハンセン)、ケイトリン・デヴァー(ゾーイ・マーフィー)、エイミー・アダムス(シンシア・マーフィー)、ダニー・ピノ(ラリー・モーラ)、アマンドラ・ステンバーグ(アラナ・ベック)、コルトン・ライアン(コナー・マーフィー)、ニック・ドダーニ(ジャレッド・カルワニ)

トニー賞で6部門を受賞し、グラミー賞、エミー賞にも輝いたブロードウェイミュージカルを映画化。監督を「ワンダー 君は太陽」のスティーブン・チョボウスキーが務め、音楽を「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」「アラジン」など大ヒットミュージカル映画に携わってきたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが担当。学校に友達もなく、家族にも心を開けずにいるエヴァン・ハンセンが自分宛に書いた「Dear Evan Hansen(親愛なるエヴァン・ハンセンへ)」から始まる手紙を、同級生のコナーに持ち去られてしまう。後日、コナーは自ら命を絶ち、手紙を見つけたコナーの両親は息子とエヴァンが親友だったと思い込む。悲しみに暮れるコナーの両親をこれ以上苦しめたくないと、エヴァンは話を合わせ、コナーとのありもしない思い出を語っていく。エヴァンの語ったエピソードが人々の心を打ち、SNSを通じて世界中に広がっていく。エヴァン役をミュージカル版でも主役を演じたベン・プラットが演じるほか、ケイトリン・デバー、ジュリアン・ムーア、エイミー・アダムスらが脇を固める。

 

| | コメント (0)

2021-199M 「DUNE デューン 砂の惑星」☆☆☆★★

Sdune2021原題:DUNE
邦題:DUNE デューン 砂の惑星
時間:155分
公開:2021-10-15
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース
製作総指揮:タニヤ・ラポワンテ ジョシュア・グローデ ハーバート・W・ゲインズ ジョン・スパイツ トーマス・タル ブライアン・ハーバート バイロン・メリット キム・ハーバート
製作:メアリー・ペアレント ドゥニ・ビルヌーブ ケイル・ボイター ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr.
監督:ドゥニ・ビルヌーブ
脚本:ジョン・スパイツ ドゥニ・ビルヌーブ エリック・ロス
原作:フランク・ハーバート
撮影:グレイグ・フレイザー
音楽:ハンス・ジマー
出演:ティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ゼンデイヤ、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデム

「ブレードランナー2049」「メッセージ」のドゥニ・ビルヌーブ監督が、かつてデビッド・リンチ監督によって映画化もされたフランク・ハーバートのSF小説の古典を新たに映画化したSFスペクタクルアドベンチャー。人類が地球以外の惑星に移住し、宇宙帝国を築いていた西暦1万190年、1つの惑星を1つの大領家が治める厳格な身分制度が敷かれる中、レト・アトレイデス公爵は通称デューンと呼ばれる砂漠の惑星アラキスを治めることになった。アラキスは抗老化作用を持つ香料メランジの唯一の生産地であるため、アトレイデス家に莫大な利益をもたらすはずだった。しかし、デューンに乗り込んだレト公爵を待っていたのはメランジの採掘権を持つハルコンネン家と皇帝が結託した陰謀だった。やがてレト公爵は殺され、妻のジェシカと息子のポールも命を狙われることなる。主人公となるポール役を「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメが務めるほか、「スパイダーマン」シリーズのゼンデイヤ、「アクアマン」のジェイソン・モモア、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、オスカー・アイザック、レベッカ・ファーガソンら豪華キャストが集結した。

| | コメント (0)

2021-193M 「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」☆☆☆★★

S007notimetodie原題:No Time to Die
邦題:007 ノー・タイム・トゥ・ダイ
時間:164分
公開:2021-10-01
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:クリス・ブリガム
製作:マイケル・G・ウィルソン バーバラ・ブロッコリ
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
脚本:ニール・パービス ロバート・ウェイド キャリー・ジョージ・フクナガ フィービー・ウォーラー=ブリッジ
原作:ニール・パービス ロバート・ウェイド キャリー・ジョージ・フクナガ
撮影:リヌス・サンドグレン
音楽:ハンス・ジマー
出演:ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ロリー・キニア、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、アナ・デ・アルマス、ダリ・ベンサーラ、デヴィッド・デンシック、ラシャーナ・リンチ、ビリー・マグヌッセン、ラミ・マレック

ジェームズ・ボンドの活躍を描く「007」シリーズ25作目。現役を退きジャマイカで穏やかな生活を送っていたボンドのもとに、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めにやってきたことから、平穏な日常は終わりを告げる。誘拐された科学者を救出するという任務に就いたボンドは、その過酷なミッションの中で、世界に脅威をもたらす最新技術を有した黒幕を追うことになるが……。ダニエル・クレイグが5度目のボンドを演じ、前作「007 スペクター」から引き続きレア・セドゥー、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ロリー・キニア、レイフ・ファインズらが共演。新たに「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のアナ・デ・アルマス、「キャプテン・マーベル」のラシャーナ・リンチらが出演し、「ボヘミアン・ラプソディ」のフレディ・マーキュリー役でアカデミー主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として登場する。監督は、「ビースト・オブ・ノー・ネーション」の日系アメリカ人キャリー・ジョージ・フクナガ。
確かにダニエル・クレイグのは終わらせたっぽい。というか、終わらせる計算をした企画なのだろう。がしかし、映画史に残るドル箱シリーズはキープしたいようで、クレジットラストに一言あった。まあ致し方ないが。たぶんビギニング、ヤングジェームズ、って安直だが想像できるしね。

| | コメント (0)

2021-168M 「沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家」☆☆☆★

Schinmokunorejisutansu原題:Resistance
邦題:沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家
時間:120分
公開:2021-08-27
製作年度:2020
製作国:アメリカ・イギリス・ドイツ
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:ニコラス・サンドラー シルビア・シュミット クリステル・コナン クレメンス・ホールマン クリスティアン・アンガーマイヤー ニコラス・パールソフ チー・リン ウェイ・ハン シモン・ハップ フランク・クーシェ シュテファニー・シュナイダー ディーパック・ネイヤー ニック・バウアー
製作:ジョナタン・ヤクボウィッツ パトリック・ゾラー カルロス・ガルシア・デ・パレデス トーステン・シューマッハー ダン・マーグ クロディン・ヤクボウィッツ
監督:ジョナタン・ヤクボウィッツ
脚本:ジョナタン・ヤクボウィッツ
原作:
撮影:ミゲル・I・リッティン=メンツ
音楽:アンジェロ・ミィリ
出演:ジェシー・アイゼンバーグ(マルセル・マルソー)、クレマンス・ポエジー(エマ)、マティアス・シュヴァイクホファー(クラウス・バルビー)、フェリックス・モアティ(アラン)、ルーリグ・ゲーザ(ジョルジュ)、カール・マルコヴィクス(マルセルの父シャルル)、ヴィカ・ケレケシュ(ミラ)、ベラ・ラムジー(エルスベート)、エド・ハリス(ジョージ・S・パットン)、エドガー・ラミレス(シグムンド)

「パントマイムの神様」と呼ばれたフランスのアーティスト、マルセル・マルソーが第2次世界大戦中にユダヤ人孤児123人を救ったエピソードを映画化。1938年、フランス。アーティストを夢見る青年マルセルは、兄アランや従兄弟のジョルジュ、思いを寄せるエマと共に、ナチスに親を殺されたユダヤ人の子どもたちの世話をしていた。パントマイムを通して子どもたちの笑顔を取り戻し、彼らと固い絆を結ぶマルセルだったが、ナチスは日ごとに勢力を増していく。そして1942年、ついにドイツ軍がフランス全土を占領。マルセルは子どもたちを安全なスイスへ逃がすため、危険なアルプスの山を越えることを決意する。「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグが主演を務め、「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー、「めぐりあう時間たち」のエド・ハリスが共演。「ハンズ・オブ・ストーン」のジョナタン・ヤクボウィッツが監督・脚本を手がけた。
マルセル・マルソーのレジスタンス秘話。知らなかった。ただ、映画的な創作エピソードがかなりありそうな感じ。

| | コメント (0)

2021-140M 「トゥモロー・ウォー」☆☆☆★★

Stomorrowwar原題:The Tomorrow War
邦題:トゥモロー・ウォー
時間:138分
公開:2021-07-02
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:アマゾンプライム
製作総指揮:ロブ・コーワン クリス・プラット ブライアン・オリバー ブラッドリー・J・フィッシャー
製作:デビッド・エリソン ダナ・ゴールドバーグ ドン・グレンジャー ジュールズ・ダリー デビッド・ゴイヤー アダム・コルブレナー
監督:クリス・マッケイ
脚本:ザック・ディーン
原作:
撮影:ラリー・フォン
音楽:ローン・バルフェ
出演:クリス・プラット、イヴォンヌ・ストラホフスキー、ベティ・ギルピン、サム・リチャードソン、エドウィン・ホッジ、J・K・シモンズ

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ジュラシック・ワールド」シリーズのクリス・プラットが主演を務め、地球を脅かすエイリアンと人類の戦いを描いたSFアクション。ある日、2051年からのタイムトラベラーが現代に突然現れ、人類は30年後に未知の生物と戦争になり、やがて敗北するという衝撃の事実を告げる。人類が生き残るための唯一の希望は、現代から民間人と兵士を未来に送り込み、戦いに参加することだという。その1人として選ばれた、元軍人で高校教師のダン・フォレスターは、まだ幼い娘のために世界を救うことを決意。優秀な科学者や疎遠になっていた父親とともに、地球の運命を変えるべく立ち上がる。共演にテレビドラマ「CHUCK チャック」のイボンヌ・ストラホフスキー、「セッション」のJ・K・シモンズ。監督は「レゴバットマン ザ・ムービー」のクリス・マッケイ。Amazon Prime Videoで2021年7月2日から配信。

| | コメント (0)

2021-137M 「TOVE トーベ」☆☆☆★

Sotve原題:Tove
邦題:TOVE トーベ
時間:103分
公開:2021-10-01
製作年度:2020
製作国:フィンランド・スウェーデン
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:
監督:ザイダ・バリルート
脚本:エーバ・プトロ
原作:エーバ・プトロ
撮影:アレクシ・バルディ
音楽:マッティ・バイ
出演:アルマ・ポウスティ、クリスタ・コソネン、シャンティ・ローニー、ヨアンナ・ハールッティ、ロベルト・エンケル

「ムーミン」の原作者として知られる、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生をつづったドラマ。日本をはじめ各国で愛されるキャラクターのムーミンたちがいかに生み出され、成長していったか、そしてトーベ・ヤンソン自身の人生のあり方や創作への情熱を描いていく。1944年のヘルシンキ。戦時中、防空壕の中でおびえる子どもたちに語った物語からムーミンの世界を作ったトーベ・ヤンソンは、爆風で窓が吹き飛んだアトリエで暮らしを始める。彫刻家の厳格な父の教えとは相反する型破りな彼女の生活。そして、自分の表現と美術界の潮流とのズレが生じていることへの葛藤、めまぐるしいパーティや恋愛を経て、トーベとムーミンは成長していく。そして、トーベは舞台演出家のヴィヴィカ・バンドラーと出会い、互いに惹かれ合っていく。
ユリビッチ。

| | コメント (0)

2021-113M 「テーラー 人生の仕立て屋」☆☆☆★

Staler原題:Tailor
邦題:テーラー 人生の仕立て屋
時間:101分
公開:2021-09-03
製作年度:2020
製作国:ギリシャ・ドイツ・ベルギー
配給:松竹
製作総指揮:フェニア・コッソビッツァ クヌート・ローゼン
製作:
監督:ソニア・リザ・ケンターマン
脚本:ソニア・リザ・ケンターマン トレイシー・サンダーランド
原作:
撮影:
音楽:ニコス・キポロゴス
出演:ディミトリス・イメロス、タミラ・クリエヴァ

移動式のスーツの仕立屋を営む主人公が、初めてのウェディングドレス作りに奮闘する姿を通して、人と人とのつながりや人生の希望を描いたドラマ。ギリシャ最大規模のテッサロニキ国際映画祭では、ギリシャ国営放送協会賞、青年審査員賞、国際映画批評家連盟賞の3冠に輝いた。アテネで36年間、高級スーツの仕立て屋店を父と営んできた寡黙なニコス。そんな中、不況がギリシャを襲い、店は銀行に差し押さえられ、ショックで父は倒れてしまう。途方に暮れたニコスは、手作り屋台で、移動式の仕立て屋を始めることを思いつく。しかし、道端で高級スーツはまったく売れることはなかった。そんなある日、ウェディングドレスの注文がニコスに飛び込んでくる。紳士服一筋だったニコスは、隣人の母子に手伝ってもらい、女性服の仕立てを学びながら、人生初めてのウェディングドレス作りに挑むことになるが……。主演はギリシャのベテラン俳優、ディミトリス・イメロス。監督は本作が長編初作品となるソニア・リザ・ケンターマン。

 

| | コメント (0)

2021-075M 「ドクター・ドリトル」☆☆☆

Sdritole原題:Dolittle
邦題:ドクター・ドリトル
時間:101分
公開:2020-06-19
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:ロバート・ダウニー・Jr. サラ・ブラッドショウ ザカリー・ロス ジョナサン・リーベスマン
製作:ジョー・ロス ジェフ・キルシェンバウム スーザン・ダウニー
監督:スティーブン・ギャガン
脚本:スティーブン・ギャガン ダン・グレゴール ダグ・マンド
原作:ヒュー・ロフティング
撮影:ギレルモ・ナバロ
音楽:ダニー・エルフマン
出演:ロバート・ダウニー・Jr(ジョン・ドリトル先生)、アントニオ・バンデラス
マイケル・シーン、エマ・トンプソン(ポリネシア/ポリー)

100年以上にわたり世界中で愛読されているヒュー・ロフティングの児童文学作品で、過去にもエディ・マーフィ主演版などで映画化された「ドリトル先生」シリーズを、「アイアンマン」「シャーロック・ホームズ」のロバート・ダウニー・Jr.主演で新たに映画化したアクションアドベンチャー。名医ではあるが変わり者で、動物と話せるドリトル先生は、世間から遠ざかり、さまざまな動物たちとひっそり暮らしていた。しかし、若き女王が重い病に倒れたことを耳にしたドリトル先生は女王を救うことができる唯一の治療法を求めて、頑固なオウム、臆病なゴリラら個性的な仲間たちと伝説の島へと出発する。冒険を続ける中で、先生の過去、国を揺るがす陰謀など、さまざまな事実が明らかとなっていく。ダウニー・Jr.がドリトル先生を演じるほか、エマ・トンプソン、ラミ・マレック、トム・ホランドら豪華俳優陣が動物たちのボイスキャストとして出演。監督は「トラフィック」でアカデミー脚色賞を受賞したスティーブン・ギャガン。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧