2024-063M 「テルマ&ルイーズ」☆☆☆★★★

Sterumaruisu原題:Thelma & Louise
邦題:テルマ&ルイーズ
時間:129分
公開:2024-02-16(1991-10-19)
製作年度:1991
製作国:アメリカ
配給:アンプラグド
製作総指揮:
製作:リドリー・スコット ミミ・ポーク・ギトリ
監督:リドリー・スコット
脚本:カーリー・クーリ
原作:
撮影:エイドリアン・ビドル
音楽:ハンス・ジマー
出演:スーザン・サランドン、ジーナ・デイヴィス、ハーベイ・カイテル、マイケル・マドセン、クリストファー・マクドナルド、スティーブン・トボロウスキー、ブラッド・ピット、ティモシー・カーハート、ルシンダ・ジェニー、ジェイソン・ベギー、マルコ・セント・ジョン、ソニー・カール・デイビス、ケン・スウォフォード

「ブレードランナー」「ブラック・レイン」のリドリー・スコット監督が女性2人の友情と逃避行を描き、「1990年代の女性版アメリカン・ニューシネマ」と評されたロードムービー。

ある週末、主婦テルマとウェイトレスのルイーズはドライブ旅行に出かけるが、途中で立ち寄った店の駐車場でテルマが男にレイプされそうになり、助けに入ったルイーズが護身用の拳銃で男を撃ち殺してしまう。ルイーズには、かつてレイプ被害を受けたトラウマがあった。警察に指名手配された2人は、さまざまなトラブルに見舞われながらメキシコへ向かって車を走らせるうちに、自分らしく生きることに目覚めていく。

ジーナ・デイビスがテルマ、スーザン・サランドンがルイーズを演じ、ハーベイ・カイテル、マイケル・マドセンが共演。キャリア初期のブラッド・ピットも短い出演時間ながら印象を残した。カーリー・クーリが脚本を手がけ、1992年・第64回アカデミー賞で脚本賞を受賞。2024年2月、スコット監督自身の監修により製作された4Kレストア版でリバイバル公開。

1991年公開といえば、崩壊始まったバブルも、ちまたでは実感無くてイケイケな雰囲気。ジュリアナ東京のオープンもこの年の5月。僕は『ギルガメッシュないと』を当てていた時代。そんな、懐かしい映画を久しぶりに。でもなぜ、今頃リバイバル上映?

| | コメント (0)

2024-034M 「違う惑星の変な恋人」☆☆☆★

Schigauwakuseino邦題:違う惑星の変な恋人
時間:116分
公開:2024-01-26
製作年度:2023
製作国:日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
製作総指揮:
製作:藤本款 直井卓俊 久保和明 玉井雄大 柳崎芳夫 前信介 水戸部晃
監督:木村聡志
脚本:木村聡志
原作:
撮影:山田笑子
音楽:渡辺雄司
出演:莉子、筧美和子、中島歩、綱啓永、みらん、村田凪、金野美穂、坂ノ上茜

「恋愛依存症の女」「階段の先には踊り場がある」の木村聡志監督による恋愛群像劇。

美容室で働くむっちゃんとグリコは音楽の趣味が合うことに気づいて以来、なんでも話し合う仲となる。ある日、グリコに未練のある元恋人モーが美容室に現れる。グリコはシンガーソングライターのナカヤマシューコのライブで旧知のベンジーと再会し、同行していたむっちゃんはベンジーに一目ぼれ。むっちゃんはグリコとモーの協力を得てベンジーと恋仲になるべく奮闘するが、ベンジーはナカヤマシューコと関係を持つ一方で、久々に会ったグリコにひかれていた。そしてグリコもむっちゃんに対し罪悪感を抱きつつ、ベンジーのことが気になってしまう。

「なのに、千輝くんが甘すぎる。」の莉子がむっちゃん、「孤狼の血 LEVEL2」の筧美和子がグリコ、「愛なのに」の中島歩がベンジー、特撮ドラマ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の綱啓永がモー、シンガーソングライターのみらんがナカヤマシューコを演じる。2023年・第36回東京国際映画祭「アジアの未来」部門出品。

| | コメント (0)

2024-034M 「違う惑星の変な恋人」☆☆☆★

Schigauwakuseino邦題:違う惑星の変な恋人
時間:116分
公開:2024-01-26
製作年度:2023
製作国:日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
製作総指揮:
製作:藤本款 直井卓俊 久保和明 玉井雄大 柳崎芳夫 前信介 水戸部晃
監督:木村聡志
脚本:木村聡志
原作:
撮影:山田笑子
音楽:渡辺雄司
出演:莉子、筧美和子、中島歩、綱啓永、みらん、村田凪、金野美穂、坂ノ上茜

「恋愛依存症の女」「階段の先には踊り場がある」の木村聡志監督による恋愛群像劇。

美容室で働くむっちゃんとグリコは音楽の趣味が合うことに気づいて以来、なんでも話し合う仲となる。ある日、グリコに未練のある元恋人モーが美容室に現れる。グリコはシンガーソングライターのナカヤマシューコのライブで旧知のベンジーと再会し、同行していたむっちゃんはベンジーに一目ぼれ。むっちゃんはグリコとモーの協力を得てベンジーと恋仲になるべく奮闘するが、ベンジーはナカヤマシューコと関係を持つ一方で、久々に会ったグリコにひかれていた。そしてグリコもむっちゃんに対し罪悪感を抱きつつ、ベンジーのことが気になってしまう。

「なのに、千輝くんが甘すぎる。」の莉子がむっちゃん、「孤狼の血 LEVEL2」の筧美和子がグリコ、「愛なのに」の中島歩がベンジー、特撮ドラマ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の綱啓永がモー、シンガーソングライターのみらんがナカヤマシューコを演じる。2023年・第36回東京国際映画祭「アジアの未来」部門出品。

| | コメント (0)

2023-317M 「ダム・マネー ウォール街を狙え!」☆☆☆★

Sdommoney原題:Dumb Money
邦題:ダム・マネー ウォール街を狙え!
時間:105分
公開:2024-02-02
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:マイケル・ハイムラー ジョン・フリードバーグ ジョニー・ホランド ベン・メズリック ローレン・シューカー・ブラム アンドリュー・スウェット レベッカ・アンジェロ ケビン・ウルリッヒ キャメロン・ウィンクルボス タイラー・ウィンクルボス
製作:アーロン・ライダー テディ・シュワルツマン クレイグ・ギレスピー
監督:クレイグ・ギレスピー
脚本:ローレン・シューカー・ブラム レベッカ・アンジェロ
原作:ベン・メズリック
撮影:
音楽:
出演:ポール・ダノ、ピート・デヴィッドソン、ヴィンセント・ドノフリオ、アメリカ・フェレーラ、ニック・オファーマン、アンソニー・ラモス、セバスチャン・スタン、シェイリーン・ウッドリー、セス・ローゲン

SNSを通じて団結した個人投資家たちが金融マーケットを席巻し社会現象を巻き起こした「ゲームストップ株騒動」の実話を映画化。ベン・メズリックのノンフィクション書籍を基に「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のクレイグ・ギレスピーが監督を務め、前代未聞の事件の内幕をユーモアたっぷりに描く。

コロナ禍の2020年、マサチューセッツ州の会社員キース・ギルは、全財産5万ドルをゲームストップ社の株に注ぎ込んでいた。アメリカ各地の実店舗でゲームソフトを販売する同社は時代遅れで倒産間近と囁かれていたが、キースは赤いハチマキにネコのTシャツ姿の「ローリング・キティ」という名で動画を配信し、同社の株が過小評価されているとネット掲示板で訴える。すると彼の主張に共感した大勢の個人投資家がゲームストップ株を買い始め、21年初頭に株価は大暴騰。同社を空売りして一儲けを狙っていた大富豪たちは大きな損失を被った。この事件は連日メディアを賑わせ、キースは一躍時の人となるが……。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・ダノが主演を務め、ピート・デビッドソン、ビンセント・ドノフリオ、アメリカ・フェレーラ、セス・ローゲンが共演。

| | コメント (0)

2023-307M 「デシベル」☆☆☆

Sdesiberu原題:Decibel
邦題:デシベル
時間:110分
公開:2023-11-10
製作年度:2022
製作国:韓国
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:
監督:ファン・イノ
脚本:
原作:
撮影:パク・ジョンチョル
音楽:モク・ヨンジン
出演:キム・レウォン(カン・ドヨン)、イ・ジョンソク(高IQテロリスト)、チョン・サンフン(オ・デオ)、パク・ビョンウン(チャ・ヨンハン)、チャウヌ(チョン・テリョン)、イ・サンヒ(チャン・ユジョン)、チョ・ダルファン(ノ曹長)、イ・ミンギ(ファン大尉)

大都会の釜山に仕掛けられた、音に反応する特殊な爆弾を用いたテロとの手に汗握る攻防を描いたパニックアクション。

韓国有数の大都会・釜山のある一軒家で、爆破事件が発生。そのニュースを目にした元海軍副長カン・ドヨンのもとに、一本の電話がかかってくる。それは爆破事件を起こした犯人からのものだった。犯人は次のターゲットがサッカースタジアムであることを知らせ、通報したり観客を避難させたりしたら、爆弾はすぐさま爆発すると脅してくる。そして、そこに仕掛けられた爆弾は普通のものではなく、周囲の騒音が一定のデシベルを超えると制限時間が半減して爆発するという特殊なものだった。ドヨンは事態を把握する間もなく、5万人の観衆で埋め尽くされたスタジアムへ急ぐ。仕掛けられた爆弾を捜索するなかで、犯人がドヨンを脅迫してきた理由や、事件の意外な真相が次第に明らかになっていく。

主人公カン・ドヨンを「江南ブルース」のキム・レウォン、爆弾魔を「THE WITCH 魔女 増殖」のイ・ジョンソクが演じる。また、人気K-POPボーイズグループ「ASTRO」のチャウヌが映画初出演を飾り、重要な役割を果たす海軍潜水艦音響探知下士官チョン・テリョンを演じている。監督は「その怪物」のファン・イノ。

| | コメント (0)

2023-291M 「ドミノ」☆☆☆★

Sdomino 原題:Hypnotic
邦題:ドミノ
時間:94分
公開:2023-10-27
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:ギャガ、ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:ウォルター・ジョステン パトリック・ジョステン ジョーダン・ワグナー ギャレス・ウェスト クリストファー・ミルバーン マーク・ウィリアムズ ピーター・タッチ クリステル・コナン マイトレーヤ・ヤスダ クリスタル・ブルボ ビンゼント・ブルッツェーゼ ベス・ブルックナー・オブライエン ジェームズ・ポートルース ジョシュア・ソーン
製作:レーサー・マックス・ロドリゲス ジェフ・ロビノフ ジョン・グラハム マーク・ギル リサ・エルジー ロバート・ロドリゲス
監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:ロバート・ロドリゲス
原作:ロバート・ロドリゲス
撮影:鍋島淳裕
音楽:渡邊崇
出演:ベン・アフレック(ダニー・ローク)、アリシー・ブラガ(ダイアナ・クルーズ)、J・D・パルド(ニックス)、ダイオ・オケニイ(リバー)、ジェフ・フェイヒー(カール)、ジャッキー・アール・ヘイリー(エレミア)、ウィリアム・フィクトナー(デルレーン)

ベン・アフレックと「アリータ バトル・エンジェル」のロバート・ロドリゲス監督がタッグを組み、行方不明になった娘を探す刑事が“絶対に捕まらない男”を追い、事態が二転三転していく様子を描いたサスペンス。

公園で一瞬目を離した隙に娘が行方不明になってしまった刑事ロークは、そのことで強迫観念にかられ、カウンセリングを受けるようになるが、正気を保つために現場の職務に復帰する。そんなある時、銀行強盗を予告するタレコミがあり、現場に向かったロークは、そこに現れた男が娘の行方の鍵を握っていると確信する。しかし男はいとも簡単に周囲の人びとを操ることができ、ロークは男を捕まえることができない。打つ手がないロークは、占いや催眠術を熟知し、世界の秘密を知る占い師のダイアナに協力を求める。ダイアナによれば、ロークの追う男は相手の相手の脳をハッキングしていると言う。彼女の話す“絶対に捕まらない男”の秘密に混乱するロークだったが……。

アフレックが主人公の刑事ダニー・ロークに扮し、“絶対に捕まらない男”を「クラッシュ」「ブラックホーク・ダウン」など様々な大作・話題作で活躍するウィリアム・フィクトナー、占い師のダイアナを「エリジウム」「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のアリシー・ブラガがそれぞれ演じる。

 

 

| | コメント (0)

2023-267M 「ティル」☆☆☆★

Still原題:Till
邦題:ティル
時間:130分
公開:2023-12-15
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:パルコ
製作総指揮:プレストン・ホームズ シノニエ・チュクウ
製作:キース・ボーチャンプ バーバラ・ブロッコリ ウーピー・ゴールドバーグ トーマス・レビン マイケル・レイリー フレデリック・ゾロ
監督:シノニエ・チュクウ
脚本:マイケル・レイリー キース・ボーチャンプ シノニエ・チュクウ
原作:
撮影:ボビー・ブコウスキー
音楽:アベル・コジェニオウスキ
出演:ダニエル・デッドワイラー、ウーピー・ゴールドバーグ、ジェイリン・ホール、ショーン・パトリック・トーマス、ジョン・ダグラス・トンプソン、ヘイリー・ベネット

1950年代アメリカで、アフリカ系アメリカ人による公民権運動を大きく前進させるきっかけとなった実在の事件「エメット・ティル殺害事件」を劇映画化。

1955年、イリノイ州シカゴ。夫を戦争で亡くしたメイミー・ティルは、空軍で唯一の黒人女性職員として働きながら、14歳の息子エメットと平穏に暮らしていた。ある日、エメットは初めて生まれ故郷を離れ、ミシシッピ州マネーの親戚宅を訪れる。しかし彼は飲食雑貨店で白人女性キャロリンに向けて口笛を吹いたことで白人の怒りを買い、8月28日、白人集団に拉致されて凄惨なリンチの末に殺されてしまう。息子の変わり果てた姿と対面したメイミーは、この陰惨な事件を世間に知らしめるべく、ある大胆な行動を起こす。

「ザ・ハーダー・ゼイ・フォール 報復の荒野」のダニエル・デッドワイラーが主人公メイミーを熱演し、ゴッサム・インディペンデント映画賞など数々の女優賞を受賞。名優ウーピー・ゴールドバーグが共演し、製作にも名を連ねる。

 

 

| | コメント (0)

2023-248M 「ダンサー イン Paris」☆☆☆★

Sdancerinparis原題:En corps
邦題:ダンサー イン Paris
時間:118分
公開:2023-09-15
製作年度:2022
製作国:フランス・ベルギー
配給:アルバトロス・フィルム、セテラ・インターナショナル
製作総指揮:
製作:ブリュノ・レビ
監督:セドリック・クラピッシュ
脚本:セドリック・クラピッシュ サンティアゴ・アミゴレーナ
原作:
撮影:アレクシ・カビルシーヌ
音楽:ホフェッシュ・シェクター
出演:マリオン・バルボー(エリーズ)、ホフェッシュ・シェクター(ホフェッシュ・シェクター)、ドゥニ・ポダリデス(アンリ、エリーズの父)、ミュリエル・ロバン(ジョジアーヌ)、ピオ・マルマイ(ロイック)、フランソワ・シヴィル(ヤン)、スエイラ・ヤクーブ(サブリナ)、メディ・バキ(メディ・バキ)、アレクシア・ジョルダーノ(アレクシア・ジョルダーノ)、ロバンソン・カサリーノ(ロバンソン・カサリーノ)

「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラピッシュ監督が、挫折した若き女性ダンサーの第二の人生を描いたヒューマンドラマ。

パリ・オペラ座バレエ団でエトワールを目指すエリーズは夢の実現を目前にしたある日、恋人の裏切りを目撃して心が乱れ、足首を負傷してしまう。医師から踊れなくなる可能性を告げられた彼女は、失意の中で新しい生き方を模索しはじめる。そんな折、料理のアシスタント係の仕事でブルターニュを訪れた彼女は、世間から注目を集めるダンスカンパニーと出会い、独創的なコンテンポラリーダンスが生み出される瞬間を目の当たりにする。誘われて練習に参加した彼女は、未知なるダンスを踊る喜びと新たな自分を見いだしていく。

パリ・オペラ座のバレエダンサーとして活躍するマリオン・バルボーが映画初主演を務め、コンテンポラリーダンス界の奇才ホフェッシュ・シェクターが本人役で出演。

| | コメント (0)

2023-209M 「トンソン荘事件の記録」☆☆★★★

Stonson原題:Marui Video
邦題:トンソン荘事件の記録
時間:87分
公開:2023-10-27
製作年度:2023
製作国:韓国
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:ユン・ジュンヒョン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:ソ・ヒョヌ、チョ。ミンギョン

残存思念、地縛霊的なるもののモキュメンタリー。

| | コメント (0)

2023-183M 「トランスフォーマー ビースト覚醒」☆☆☆★★

Strancebeast原題:Transformers: Rise of the Beasts
邦題:トランスフォーマー ビースト覚醒
時間:127分
公開:2023-08-04
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:東和ピクチャーズ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ ブライアン・ゴールドナー デビッド・エリソン ダナ・ゴールドバーグ ドン・グレンジャー ブライアン・オリバー ブラッドリー・J・フィッシャー バレリ・アン
製作:ドン・マーフィ トム・デサント ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ マイケル・ベイ マーク・バーラディアン ダンカン・ヘンダーソン
監督:スティーブン・ケイプル・Jr.
脚本:ジョビー・ハロルド ダニエル・メテイヤー ジョシュ・ピーターズ エリック・ホーバー ジョン・ホーバー
原作:ジョビー・ハロルド
撮影:エンリケ・シャディアック
音楽:ジョニック・ボンテンプス
出演:アンソニー・ラモス、ドミニク・フィッシュバック、ルナ・ローレン・ベレス、ディーン・スコット・バスケス、トベ・ンウィーグウェ、ピーター・カレン、ロン・パールマン、

2007年にマイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮による第1作が公開されて以降、世界的大ヒットを記録してきたSFアクション超大作「トランスフォーマー」のシリーズ通算7作目。動物の姿をしたビースト戦士(マクシマルズ)が初登場し、新たな物語が幕を開ける。

オプティマスプライム率いるトランスフォーマーたちが地球に来て間もない1994年。あらゆる星を食べ尽くす、惑星サイズの規格外な最強の敵「ユニクロン」が地球を次の標的に動き出した。この未曽有の危機に立ち向かうべく、プライムは仲間たちを集め、意図せず戦いに巻き込まれた人間のノアとエレーナ、そして地球を救う新たな希望であるビースト戦士たちとともに立ち上がる。

人間側の主人公となる青年ノア役を「イン・ザ・ハイツ」「アリー スター誕生」のアンソニー・ラモスが演じる。エレーナ役は「ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償」などに出演してきた新星ドミニク・フィッシュバック。「クリード 炎の宿敵」を手がけたスティーブン・ケイプル・Jr.監督がメガホンをとった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧