2022-085M 「魂のまなざし」☆☆☆★

Stamashiinomanazashi原題:Helene
邦題:魂のまなざし
時間:122分
公開:2022-07-15
製作年度:2020
製作国:フィンランド・エストニア
配給:オンリー・ハーツ
製作総指揮:
製作:
監督:アンティ・ヨキネン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:ラウラ・ビルン、ヨハンネス・ホロパイネン、クリスタ・コソネン、エーロ・アホ、ピルッコ・サイシオ、ヤルッコ・ラフティ

モダニズムを代表する画家のひとりとして近年、世界的に注目を集めるフィンランドの画家ヘレン・シャルフベックを描いた伝記映画。1862年に生まれ1946年に没した彼女の生涯のうち、その後の画業と人生を決定づけた1915年から1923年の8年間の時代を描いた。1915年、高齢の母親とともに田舎で暮らす画家のヘレン・シャルフベックは、世間からはすでに忘れられた存在だったが、湧き出る情熱のために絵を描き続けていた。そんな彼女のもとに、ある画商が訪ねてきたことから、運命は大きく転換する。画商はヘレンが描きためていた159点の作品を見いだし、大きな個展開催に向けて動き出す。そして、画商が紹介した19歳年下の青年エイナル・ロイターとの出会いが、ヘレンの人生にさらなる転機をもたらす。抑圧的な家庭や男性優位の社会にも臆さず、名誉よりも内からあふれ出る情熱に従う画家の姿を、北欧の美しい自然や街並みとともに描く。主人公ヘレン・シャルフベック役は「ファブリックの女王」などに出演したラウラ・ビルン。

| | コメント (0)

2022-082M 「ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス」☆☆☆★

Sdrstrange2022原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness
邦題:ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス
時間:126分
公開:2022-05-04
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ エリック・ホイサーマン・キャロル スコット・デリクソン ジェイミー・クリストファー
製作:ケビン・ファイギ
監督:サム・ライミ
脚本:マイケル・ウォルドロン
原作:
撮影:ジョン・マシソン
音楽:ダニー・エルフマン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)、ベネディクト・ウォン(ウォン)、レイチェル・マクアダムス(クリスティーン・パーマー)、キウェテル・イジョフォー(モルド)、ソーチー・ゴメス(アメリカ・チャベス)

元天才外科医で最強の魔術師ドクター・ストレンジの活躍を描くマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の「ドクター・ストレンジ」シリーズ第2作。2016年に公開されたシリーズ第1作以降も、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(18)、「アベンジャーズ エンドゲーム」(19)、そして「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」(21)など一連のMCU作品で活躍してきたドクター・ストレンジが、禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったことによって直面する、かつてない危機を描く。マルチバースの扉を開いたことで変わりつつある世界を元に戻すため、アベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチに助けを求めるストレンジ。しかし、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類に迫っていた。その脅威の存在は、ドクター・ストレンジと全く同じ姿をした、もう一人の自分だった。ドクター・ストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチをはじめ、ストレンジの盟友ウォン役のベネディクト・ウォン、元恋人クリスティーン役のレイチェル・マクアダムス、兄弟子モルド役のキウェテル・イジョフォーら前作のキャストが再結集。物語の鍵を握る新キャラクターのアメリカ・チャベス役でソーチー・ゴメス、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ役でエリザベス・オルセンも出演。「スパイダーマン」3部作(02、04、07)を大ヒットさせたサム・ライミが監督を務め、「オズ はじまりの戦い」(13)以来となる長編映画のメガホンをとった。
指パッチン後に展開されてるマルチバース設定は、もうワケガワカラナイヨ(いちいち相関を記憶してるわけじゃないから!ボクだって忙しいんだからね!)という状況なのだが、お付き合い。九龍城砦のように入り組んだシリーズ構成、世界観の構築と矛盾への問い合わせを論破するための理論武装など、MCUの担当セクションは大変だなあと、同情する。今回は、ストレンジ博士がやらかす話。サム・ライミ監督の力瘤の入った「描写」に酔ってみる。

| | コメント (0)

2022-060M 「チタン」☆☆☆★

Stitan原題:Titane
邦題:TITANE チタン
時間:108分
公開:2022-04-01
製作年度:2021
製作国:フランス・ベルギー
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:ジャン=クリストフ・レイモン
監督:ジュリア・デュクルノー
脚本:ジュリア・デュクルノー
原作:
撮影:ローリー・コールソン
音楽:ジム・ウィリアムズ
出演:ヴァンサン・ランドン(ヴィンセント)、アガト・ルセル(アレクシア)、ギャランス・マリリエ(ジャスティン)、ライ・サラメ(ライアン)

「RAW 少女のめざめ」で鮮烈なデビューを飾ったフランスのジュリア・デュクルノー監督の長編第2作。頭にチタンを埋め込まれた主人公がたどる数奇な運命を描き、2021年・第74回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた。幼少時に交通事故に遭い、頭蓋骨にチタンプレートを埋め込まれたアレクシア。それ以来、彼女は車に対して異常なほどの執着心を抱き、危険な衝動に駆られるようになってしまう。自身の犯した罪により行き場を失ったアレクシアは、消防士ヴィンセントと出会う。ヴィンセントは10年前に息子が行方不明となり、現在はひとり孤独に暮らしていた。2人は奇妙な共同生活を始めるが、アレクシアの体には重大な秘密があった。ヴィンセント役に「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のバンサン・ランドン。
「RAW 少女のめざめ」のジュリア・デュクルノー監督の長編第2作。2021年のカンヌ映画祭でパルムドール。前作もけっこう狂っていたが、本作はもう人類の進化に手を付け始めた。可能ならば、RAWを先に観ておくことをお薦めする。しかし、カンヌってのは、こういう監督好きだよなあ。

| | コメント (0)

2022-042M 「ドリームプラン」

Sreamplan原題:King Richard
邦題:ドリームプラン
時間:144分
公開:2022-02-23
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:イーシャ・プライス セリーナ・ウィリアムズ ビーナス・ウィリアムズ ジェームズ・ラシター ジェイダ・ピンケット・スミス アダム・メリムズ リン・ハリス アラン・マンデルバーン
製作:ティム・ホワイト トレバー・ホワイト ウィル・スミス
監督:レイナルド・マーカス・グリーン
脚本:ザック・ベイリン
原作:
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:クリス・バワーズ
出演:ウィル・スミス(リチャード・ウィリアムズ)、アーンジャニュー・エリス(オラシーン・ウィリアムズ)、サナイヤ・シドニー(ビーナス・ウィリアムズ)、デミ・シングルトン(セリーナ・ウィリアムズ)、トニー・ゴールドウィン(ポール・コーエン)、ジョン・バーンサル(リック・メイシー)

ウィル・スミスが主演・製作を務め、世界最強のテニスプレイヤーと称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を世界チャンピオンに育てあげたテニス未経験の父親の実話を基に描いたドラマ。リチャード・ウィリアムズは優勝したテニスプレイヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿をテレビで見て、自分の子どもをテニスプレイヤーに育てることを決意する。テニスの経験がない彼は独学でテニスの教育法を研究して78ページにも及ぶ計画書を作成し、常識破りの計画を実行に移す。ギャングがはびこるカリフォルニア州コンプトンの公営テニスコートで、周囲からの批判や数々の問題に立ち向かいながら奮闘する父のもと、姉妹はその才能を開花させていく。2022年・第94回アカデミー賞では作品賞、主演男優賞(ウィル・スミス)、助演女優賞(アーンジャニュー・エリス)ほか計6部門にノミネートされた。

| | コメント (0)

2021-253M 「ドント・ルック・アップ」☆☆☆★★★

Sdontlookup原題:Don't Look Up
邦題:ドント・ルック・アップ
時間:145分
公開:2021-12-10
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:ジェフ・ワックスマン
製作:アダム・マッケイ ケビン・メシック
監督:アダム・マッケイ
脚本:アダム・マッケイ
原作:アダム・マッケイ デビッド・シロタ
撮影:リヌス・サンドグレン
音楽:ニコラス・ブリテル
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ローレンス、ロブ・モーガン、ジョナ・ヒル、マーク・ライランス、タイラー・ペリー、ティモシー・シャラメ、ロン・パールマン、アリアナ・グランデ、スコット・メスカディ、ヒメーシュ・パテル、メラニー・リンスキー、マイケル・チクリス、トメル・シスレー、ケイト・ブランシェット、メリル・ストリープ

レオナルド・ディカプリオとジェニファー・ローレンスが主演し、彗星衝突という地球の危機を察知した落ちこぼれの天文学者と教え子が、世界中にその事実を伝えようと奔走する姿を、「バイス」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイ監督が描いたコメディドラマ。落ちこぼれ気味の天文学者ランドール・ミンディ教授はある日、教え子の大学院生ケイトとともに、地球に衝突する恐れがある巨大彗星の存在を発見し、世界中の人々に迫りくる危機を知らせようと躍起になる。仲間の協力も得て、オーリアン大統領とその息子で大統領補佐官のジェイソンと対面する機会を得たり、陽気な朝のテレビ番組「デイリー・リップ」に出演するなどして、熱心に危機を訴えてまわる2人。しかし人類への警告は至難の業で、空回りしてばかり。そのうちに事態は思わぬ方向へと転がっていき……。ランドールをディカプリオ、ケイトをローレンスが演じるほか、大統領役のメリル・ストリープ、テレビ司会者役のケイト・ブランシェット、補佐官役のジョナ・ヒルをはじめ、ティモシー・シャラメ、アリアナ・グランデ、マーク・ライランスら豪華キャストが集結した。Netflixで2021年12月24日から配信。それに先立つ12月10日から一部劇場で公開。
ネットフリックスが本気でハリウッドメジャースタジオをぶっ潰しに来ている。キャスティングもスケールも超A級の作品だ。いまや企画枯渇のスタジオにおけるDCコミックやディズニーばっかりなのに、あらゆる映画人種は嫌気がさしてる。

| | コメント (0)

2021-251M 「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」☆☆☆★

Sdarkwaters原題:Dark Waters
邦題:ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男
時間:126分
公開:2021-12-17
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:ジェフ・スコール ジョナサン・キング ロバート・ケッセル
製作:マーク・ラファロ クリスティーン・ベイコン パメラ・コフラー
監督:トッド・ヘインズ
脚本:マリオ・コレア マシュー・マイケル・カーナハン
原作:
撮影:エドワード・ラックマン
音楽:マーセロ・ザーボス
出演:マーク・ラファロ(ロブ・ビロット)、アン・ハサウェイ(サラ・バーレイジ・ビロット)、ティム・ロビンス(トム・タープ)、ビル・キャンプ(ウィルバー・テナント)、ヴィクター・ガーバー(フィル・ドネリー)、メア・ウィニンガム、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ルイーザ・クラウゼ、ビル・プルマン(ハリー・ディーツラー)

環境汚染問題をめぐって1人の弁護士が十数年にもわたり巨大企業との闘いを繰り広げた実話を、環境保護の活動家という一面も持つマーク・ラファロの主演・プロデュース、「キャロル」のトッド・ヘインズ監督のメガホンで映画化。1998年、オハイオ州の名門法律事務所で働く企業弁護士ロブ・ビロットが受けた思いがけない調査依頼。それはウェストバージニア州の農場が、大手化学メーカー・デュポン社の工場からの廃棄物によって土地が汚され、190頭もの牛が病死したというものだった。ロブの調査により、デュポン社が発ガン性のある有害物質の危険性を40年間も隠蔽し、その物質を大気中や土壌に垂れ流し続けた疑いが判明する。ロブは7万人の住民を原告団とする一大集団訴訟に踏み切るが、巨大企業を相手にする法廷闘争は、真実を追い求めるロブを窮地に陥れていく。ロブの妻役をアン・ハサウェイが演じるほか、ティム・ロビンス、ビル・プルマンらが顔をそろえる。
対デュポンのテフロン訴訟の物語。ザッツ・ハリウッド。

| | コメント (0)

2021-248M 「TWO」☆☆★★

Stwo原題:Dos
邦題:TWO
時間:71分
公開:2021-12-10
製作年度:2021
製作国:スペイン
配給:netflix
製作総指揮:
製作:
監督:マル・タルガローナ
脚本:キュカ・カナルス
原作:
撮影:
音楽:
出演:パブロ・デルキ、マリナ・ガテル

あらすじ:ダビドとサラはとある部屋のベッドで、裸で腹を結合された状態で目覚めます。お互いを知らず、なぜ自分たちがこんな目にあわされているのかわからずパニックになり…。

| | コメント (0)

2021-241M 「天才ヴァイオリニストと消えた旋律」☆☆☆★★

Ssongofname原題:The Song of Names
邦題:天才ヴァイオリニストと消えた旋律
時間:113分
公開:2021-12-0
製作年度:2019
製作国:イギリス・カナダ・ハンガリー・ドイツ
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:マーク・マセルマン ジョー・ヤーコノ ピーター・タッチ ランディ・レノックス スティーブン・スペンス アナント・シン
製作:ロバート・ラントス リズ・ラフォンティーヌ ニック・ハーシュコーン
監督:フランソワ・ジラール
脚本:ジェフリー・ケイン
原作:ノーマン・レブレヒト
撮影:デビッド・フランコ
音楽:ハワード・ショア
出演:ティム・ロス(マーティン)、クライヴ・オーウェン(ドヴィドル)、キャサリン・マコーマック(ヘレン)、ジョナ・ハウアー=キング(ドヴィドル(青年期))、ゲラン・ハウエル(マーティン(青年期))、ルーク・ドイル(ドヴィドル(少年期))、ミシャ・ハンドリー(マーティン(少年期))、スタンリー・タウンゼント(ギルバート)、マグダレナ・チェレツカ(アンナ)、エディ・イザード(ラジオアナウンサー)、マリナ・ハンブロ(ヘレン(青年期))、ダニエル・ムトル(ラビ)、シュウォルツ・ゾルタン(ユゼフ・ヴェスクラー)

「海の上のピアニスト」のティム・ロスと「トゥモロー・ワールド」のクライブ・オーウェンが共演した音楽ミステリー。1938年、ロンドンに住む9歳のマーティンの家に、類まれなバイオリンの才能を持つポーランド系ユダヤ人の少年ドヴィドルがやって来る。マーティンと兄弟のように育ったドヴィドルは、21歳でデビューコンサートの日を迎えるが、当日になってこつ然と姿を消してしまう。35年後、コンサートの審査員をしていたマーティンは、ある青年のバイオリンの音色を聴き、がく然とする。その演奏はドヴィドルにしか教えられないものだったのだ。マーティンは長い沈黙を破ってドヴィドルを捜す旅に出る。監督は「レッド・バイオリン」「シルク」のフランソワ・ジラール。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのハワード・ショアが音楽を手がけ、21世紀を代表するバイオリニストのレイ・チェンがバイオリン演奏を担当。


 

| | コメント (0)

2021-232M 「ダ・ヴィンチは誰に微笑む」☆☆☆★★

Savinchi原題:The Savior for Sale
邦題:ダ・ヴィンチは誰に微笑む
時間:100分
公開:2021-11-26
製作年度:2021
製作国:フランス
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:ポール・ローゼンベルグ セリーヌ・ヌッセ
監督:アントワーヌ・ビトキーヌ
脚本:
原作:
撮影:グザビエ・リバーマン
音楽:ジュリアン・ドゥギン
出演:

レオナルド・ダ・ビンチの最後の傑作とされる絵画「サルバトール・ムンディ」が史上最高額の510億円で落札された2017年の出来事をもとに、アート界の闇を暴いたドキュメンタリー。ある美術商が名もなき競売会社のカタログから13万円で落札した1枚の絵。彼らはロンドンのナショナル・ギャラリーに接触し、その絵は専門家の鑑定を経てダ・ビンチの作品として展示される。お墨付きを得たこの絵に、投資目的の大財閥や手数料を騙し取ろうとする仲介人、大衆を利用して絵の価値を釣り上げるマーケティングマンと利用されるハリウッドスター、国際政治での暗躍が噂される某国の王子など、それぞれ思惑を抱えた人々が世界中から集まってくる。その一方で、「ダ・ビンチの弟子による作品だ」と断言する権威も出現。そしてついに510億円の出所が明かされるが、それはルーブル美術館を巻き込んだ新たな謎の始まりだった。今なお謎が深まるばかりのこの絵画にまつわる疑問をひも解いていくと共に、知られざるアート界のからくりや闇の金銭取引の実態を生々しく描き出す。

誰も本当のことを、知らない、言えない、言わない。答えられるのはダ・ヴィンチだけ。現在進行中の、永遠に解けない謎。

 

 

| | コメント (0)

2021-227M 「tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!」☆☆☆★

Sticticboon原題:tick, tick...Boom!
邦題:tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!
時間:115分
公開:2021-11-12
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:Netflix配信
製作総指揮:セリア・コスタス ジュリー・ラーソン スティーブン・レベンソン
製作:ブライアン・グレイザー ロン・ハワード リン=マニュエル・ミランダ
監督:リン=マニュエル・ミランダ
脚本:スティーブン・レベンソン
原作:ジョナサン・ラーソン
撮影:アリス・ブルックス
音楽:ジョナサン・ラーソン
出演:アンドリュー・ガーフィールド、アレクサンドラ・シップ、ロビン・デ・ヘスス、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジョシュア・ヘンリー

大ヒットミュージカル「イン・ザ・ハイツ」「ハミルトン」などの原作者として作詞や作曲なども手がけ、ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」では音楽を担当するなど、現代ミュージカル界を代表する才能として知られるリン=マニュエル・ミランダの長編映画初監督作。名作ミュージカル「RENT レント」を生んだ作曲家ジョナサン・ラーソンの自伝ミュージカルを映画化した。1990年のニューヨーク。食堂のウェイターとして働きながらミュージカル作曲家としての成功を夢見るジョナサンは、オリジナルのロックミュージカルの楽曲を書いては直しを繰り返していた。もうすぐ30歳を迎え、これまでともに夢を見てきた仲間たちも現実に目を向け始め、焦りを覚えるジョナサン。自分の夢に価値はあるのか、時間を無駄にしているだけではないかと自らに問いかけながらも、時だけが過ぎていき……。主人公ジョナサン役は「アメイジング・スパイダーマン」「ハクソー・リッジ」のアンドリュー・ガーフィールド。Netflixで2021年11月19日から配信。11月12日から一部劇場で公開。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧