2022-158M 「セイント・フランシス」☆☆☆

Ssaintfrancis 原題:Saint Frances
邦題:セイント・フランシス
時間:101分
公開:2022-08-19
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ハーク
製作総指揮:
製作:ジェームズ・チョイ ピアース・クレイブンズ イアン・カイザー エディ・リンカー ラファエル・ナッシュ アレックス・トンプソン ロジャー・ウェルプ
監督:アレックス・トンプソン
脚本:ケリー・オサリバン
原作:
撮影:ネイト・ハートセラーズ
音楽:クイン・ツァン アレクサンダー・バビット
出演:ケリー・オサリヴァン、ラモナ・エディス=ウィリアムズ、チャリン・アルバレス、マックス・リプシッツ、リリー・モジェク、ジム・トゥルー=フロスト、メアリー・ベス・フィッシャー、フランシス・ギナン、レベッカ・スペンス

30代女性と6歳の少女のひと夏の交流を描き、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭2019で観客賞と審査員特別賞を受賞したヒューマンドラマ。
大学を中退し、レストランの給仕として働きながら夏の子守りの短期仕事を必死に探す34歳の独身女性ブリジット。子守りを任された6歳の少女フランシスやその両親であるレズビアンカップルとの出会いを通し、彼女の冴えない人生に少しずつ変化が訪れる。
主演を務めるケリー・オサリバンが自伝的要素を盛り込んでオリジナル脚本を手がけ、これまでタブーとされることの多かった、生理、避妊、中絶など女性の心身にまつわる本音を、ユーモアを交えながら軽やかに描き出す。オサリバンの私生活のパートナーでもあるアレックス・トンプソンが長編初メガホンをとった。
女流監督シャロン・マグワイアが2001年に公開したコメディ「ブリジット・ジョーンズの日記」は、レニー・ゼルウィガーが、恋を求める32歳の独身女性を演じて、大ヒットした。
主人公は、イマイチ恋愛に不器用な、小太りなアラサー超えのプチブスなキャラクター設定。理想のイケメン&玉の輿へなかなか到達できないチグハグ、感情のスレ違い、間の悪さ、ゴージャス&ナイスバディ女性へのコンプレックス、など盛りだくさんの恋愛喜劇だった。当時はそれで、観客席は沸いていた。
20年後に、いみじくも『ブリジット』という同名で34歳の独身女性が主人公。彼女がナニーとして雇われる先は、黒人と白人のレズビアンカップルで、そこの黒人側の娘の子守り。白人側は子供を出産したばかりで、産後鬱に悩んでいる。一方ブリジットも行きずりの性交渉で妊娠し、中絶したばかりで体調はすぐれない。こちらのブリジットは20年前と違い、恋愛にこれっぽっちも憧れを持ってないようだ。それでも、温かみあるエンディングは(とりあえずの)ハッピーエンドなので、コメディと言って良いのだろう。
この20年の間に、ここまでアメリカの文化は変貌しているのだ、という驚き。2001年は平成なら10年以上経っている。それから考えれば、僕らにとっては、つい昨日のような「昭和」は、世の感覚では、遥か古代の歴史でしかないのだろう。

| | コメント (0)

2022-145M 「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」☆☆☆★★

Sjuraworld2022原題:Jurassic World: Dominion
邦題:ジュラシック・ワールド 新たなる支配者
時間:147分
公開:2022-07-29
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ アレクサンドラ・ダービシャー コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル パトリック・クローリー
監督:コリン・トレボロウ
脚本:エミリー・カーマイケル コリン・トレボロウ
原作:デレク・コノリー コリン・トレボロウ
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:マイケル・ジアッキノ
出演:クリス・プラット(オーウェン)、ブライス・ダラス・ハワード(クレア)、ローラ・ダーン(エリー・サトラー博士)、ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム博士)、サム・ニール(アラン・グラント博士)、ディワンダ・ワイズ(ケイラ)、マムドゥ・アチー(ラムジー)、BD・ウォン(ヘンリー・ウー博士)、オマール・シー(バリー)、イザベラ・サーモン(メイジー・ロックウッド)、キャンベル・スコット(ルイス・ドジスン)、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン(ソヨナ)、ダニエラ・ピネダ(ジア)

現代によみがえった恐竜たちの姿をリアルかつスリリングに描いて人気を集めるメガヒット作「ジュラシック・パーク」シリーズの最終章。2015年の「ジュラシック・ワールド」でメガホンをとったコリン・トレボロウが再び監督に復帰し、シリーズ生みの親であるスティーブン・スピルバーグが引き続き製作総指揮を担当。「ジュラシック・ワールド」シリーズの主演クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードに加え、「ジュラシック・パーク」初期3作で中心となったサム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラムが演じる3人の博士もカムバックする。ジュラシック・ワールドのあった島、イスラ・ヌブラルが噴火で壊滅し、救出された恐竜たちが世界中へ解き放たれて4年。人類はいまだ恐竜との安全な共存の道を見いだせずにいる。恐竜の保護活動を続けるオーウェンとクレアは、ジュラシック・パーク創設に協力したロックウッドの亡き娘から作られたクローンの少女、メイジーを守りながら、人里離れた山小屋で暮らしていた。そんなある日、オーウェンは子どもをつれたブルーと再会。しかし、その子どもが何者かによって誘拐されてしまい、オーウェンはクレアとともに救出に向かう。一方、ある目的で恐竜の研究をしている巨大バイオテクノロジー企業のバイオシンを追っていたサトラー博士のもとには、グラント博士が駆け付け、彼らはマルコム博士にも協力を求める。

中盤のチェイスシーンはかなり手に汗握る良い出来。
グレタ臭いお説教のような語りが最後の最後で鼻につく。

| | コメント (0)

2022-140M 「ソングバード」☆☆☆★

Ssongbird原題:Songbird
邦題:ソングバード
時間:84分
公開:2022-10-07
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:ポニーキャニオン
製作総指揮:ロバート・シモンズ アダム・フォーゲルソン サミュエル・J・ブラウン アダム・メイソン サイモン・ボーイス マイケル・ケイス
製作:マイケル・ベイ マルセイ・A・ブラウン ジェイソン・クラーク ジャネット・ボルトゥルノ アダム・グッドマン アンドリュー・シュガーマン エベン・デビッドソン
監督:アダム・メイソン
脚本:アダム・メイソン サイモン・ボーイス
原作:
撮影:ジャック・ジューフレ
音楽:ローン・バルフェ
出演:K・J・アパ、ソフィア・カーソン、クレイグ・ロビンソン、ブラッドリー・ウィットフォード、ピーター・ストーメア、アレクサンドラ・ダダリオ、ポール・ウォルター・ハウザー、デミ・ムーア

コロナ下の状況をさらに「邪悪なウィルスが蔓延」している環境にエスカレートして、ディストピアと化したロスを舞台にした、若い恋の物語。数少ない免疫保持者は、致死率50%を超えるウィルス禍のなか家に閉じこもっている人々のために、配送サービスがインフラとして必須となってい背景。免疫を表示するブレスレットが、偽造されて闇取引されていて、、、というお話は平凡なもの。背景がコロナパンデミックであるという、商魂たくましい作品だ。
まあ、先に作ったもの勝ちなのであろう。

| | コメント (0)

2022-130M 「ソー ラブ&サンダー」☆☆☆

Stholoveandthander原題:Thor: Love and Thunder
邦題:ソー ラブ&サンダー
時間:119分
公開:2022-07-08
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ ブライアン・チャペック トッド・ハロウェル クリス・ヘムズワース
製作:ケビン・ファイギ
監督:タイカ・ワイティティ
脚本:タイカ・ワイティティ
原作:タイカ・ワイティティ ジェニファー・ケイティン・ロビンソン
撮影:バリー・イドワーヌ
音楽:マイケル・ジアッキノ
出演:クリス・ヘムズワース(ソー)、テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)、ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター/マイティ・ソー)、クリスチャン・ベイル(ゴア)、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウ(ゼウス)、クリス・プラット、ブラッドリー・クーパー、ヴィン・ディーゼル、デイヴ・バウティスタ、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ

クリス・ヘムズワース演じる雷神ソーの活躍を描いた、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の「マイティ・ソー」シリーズ第4作。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、「神殺し」の異名を持つ悪役ゴアとの戦いを描く。サノスとの激闘の後、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々とともに宇宙へ旅立ったソー。これまでの道のりで多くの大切な人々を失った彼は、いつしか戦いを避けるようになり、自分とは何者かを見つめ直す日々を送っていた。そんなソーの前に、神々のせん滅をもくろむ最悪の敵、神殺しのゴアが出現。ソーやアスガルドの新たな王となったヴァルキリーは、ゴアを相手に苦戦を強いられる。そこへソーの元恋人ジェーンが、ソーのコスチュームを身にまとい、選ばれた者しか振るうことができないムジョルニアを手に取り現れる。ジェーンに対していまだ未練を抱いていたソーは、浮き立つ気持ちを抑えながら、新たな「マイティ・ソー」となったジェーンとタッグを組み、ゴアに立ち向かうことになる。前作「マイティ・ソー バトルロイヤル」から引き続きタイカ・ワイティティがメガホンをとり、主演のへムズワースやヴァルキリー役のテッサ・トンプソンらが続投。ジェーン役のナタリー・ポートマンが、シリーズ第2作「マイティ・ソー ダーク・ワールド」以来、およそ9年ぶりに本格的にMCU作品に復帰した。ゴアを演じるクリスチャン・ベールや、ラッセル・クロウといった豪華キャストも新たに参戦。

ソーの前作から引き続き監督のタイカ・ワイティティ。「ジョジョ・ラビット」との落差も激しいが、計算された(ダサい笑い)を堂々と、恥ずかしげもなく、観客に放り投げる勇気に感服する。

| | コメント (0)

2022-111M 「ストーリー・オブ・マイ・ワイフ」☆☆☆

Sstryofmywife2022原題:A felesegem tortenete
邦題:ストーリー・オブ・マイ・ワイフ
時間:169分
公開:2022-08-12
製作年度:2021
製作国:ハンガリー・ドイツ・フランス・イタリア
配給:彩プロ
製作総指揮:
製作:モニカ・メーチ
監督:イルディコー・エニェディ
脚本:イルディコー・エニェディ
原作:
撮影:マルツェル・レーブ
音楽:アダム・バラージュ
出演:レア・セドゥ、ハイス・ナバー、ルイ・ガレル、セルジオ・ルビーニ、ルナ・ヴェドラー、ジャスミン・トリンカ、ロマーヌ・ボーランジェ

2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。
1920年のマルタ共和国。船長のヤコブ(ハイス・ナバ―)は、カフェに最初に入ってきた女性と結婚するという賭けを友人とする。そこにリジ―(レア・セドゥ)という美しい女性が入ってくる。ヤコブは初対面のリジ―に結婚を申し込む。その週末、二人だけの結婚の儀式を行う。幸せなひと時を過ごしていたが、リジ―の友人デダン(ルイ・ガレル)の登場によりヤコブは二人の仲を怪しみ嫉妬を覚えるようになる…。
まあ、長い割には中身が薄い。レア・セドゥがエッチな雰囲気なので★増加。

 

| | コメント (0)

2022-105M 「さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について」☆☆★★★

Sfebian原題:Fabian oder Der Gang vor die Hunde
邦題:さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について
時間:178分
公開:2022-06-10
製作年度:2021
製作国:ドイツ
配給:ムヴィオラ
製作総指揮:
製作:フェリックス・フォン・ベーム
監督:ドミニク・グラフ
脚本:コンスタンティン・リープ ドミニク・グラフ
原作:エーリッヒ・ケストナー
撮影:ハンノ・レンツ
音楽:スベン・ロッセンバッハ フロリアン・ファン・フォルクセン
出演:トム・シリング(ヤーコプ・ファビアン)、アルブレヒト・シュッヘ(シュテファン・ラブーデ)、ザスキア・ローゼンダール(コルネリア・バッテンベルク)、ミヒャエル・ヴィッテンボルン(ラブーデ弁護士)、ペトラ・カルクチュケ(ファビアン夫人)、エルマー・グートマン(ファビアン氏)、アリョーシャ・シュタデルマン(マーカルト監督)、アンヌ・ベネント(ルート・ライター男爵)、メレト・ベッカー(イレーネ・モル)

ドイツの児童文学作家エーリッヒ・ケストナーが1931年に発表した大人向け長編小説「ファビアン あるモラリストの物語」を、「コーヒーをめぐる冒険」のトム・シリング主演で映画化。1931年、ベルリン。時代は狂躁と頽廃の20年代から出口の見えない不況へと移り変わり、人々の心の隙間に入り込むようにナチズムの足音が忍び寄る。作家志望の青年ファビアンは、目的のない無為な日々を過ごしていた。女優を夢見るコルネリアとの恋や、唯一の親友であるラブーデの破滅。世界が大きく変わる予感と不安の中、ファビアンはどこへ行くべきか惑い、焦りを募らせていく。やがてコルネリアは女優の夢をかなえるためファビアンのもとを離れるが……。コルネリアを演じるのは「ある画家の数奇な運命」でもシリングと共演したサスキア・ローゼンタール。監督は、ドイツでテレビ映画を中心に手がけてきたドミニク・グラフ。2021年・第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品。
178分!老人には辛い尺だ。

| | コメント (0)

2022-075M 「戦争と女の顔」☆☆☆★

Sdyilda原題:Dylda
邦題:戦争と女の顔
時間:137分
公開:2022-07-15
製作年度:2019
製作国:ロシア
配給:アットエンタテインメント
製作総指揮:
製作:アレクサンドル・ロドニャンスキー セルゲイ・メルクモフ
監督:カンテミール・バラーゴフ
脚本:カンテミール・バラーゴフ アレクサンドル・チェレホフ
原作:スベトラーナ・アレクシエービチ
撮影:クセニア・セレダ
音楽:エフゲニー・ガルペリン
出演:ビクトリア・ミロシニチェンコ、バシリサ・ベレリギナ、アンドレイ・バイコフ、イーゴリ・シローコフ

ベラルーシのノーベル賞作家スベトラーナ・アレクシエービッチによるノンフィクション「戦争は女の顔をしていない」を原案に、第2次世界大戦後のソ連(現ロシア)で生きる2人の女性の運命を描き、第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門で監督賞と国際批評家連盟賞を受賞した人間ドラマ。第2次世界大戦に女性兵士として従軍したイーヤは、終戦直後の1945年、荒廃したレニングラード (現サンクトペテルブルク)の街の病院で、PTSDを抱えながら看護師として働いていた。しかし、ある日、PTSDによる発作のせいで面倒をみていた子どもを死なせてしまう。そこに子どもの母親で戦友でもあるマーシャが戦地から帰還。彼女もまた、イーヤと同じように心に大きな傷を抱えていた。心身ともにボロボロになった2人の元女性兵士は、なんとか自分たちの生活を再建しようとし、そのための道のりの先に希望を見いだすが……。監督は、巨匠アレクサンドル・ソクーロフの下で映画制作を学んだ新鋭カンテミール・バラーゴフ。主演はともに新人のビクトリア・ミロシニチェンコとバシリサ・ペレリギナ。
勝ったはずの戦争も、男も女も取り返しようのない、ぶっ壊れた人生を強いる。というこの上なく不幸な「戦争のありさま」を2019年のカンヌで高く評価された作品は、ロシア映画。3年経った2022年のロシアは?
英語原題は「ノッポ」という意味。主人公はそう呼ばれ続ける。

| | コメント (0)

2022-064M 「親愛なる同志たちへ」☆☆☆★

Sshinainarudoshitatihe原題:Dorogie Tovarischi
邦題:親愛なる同志たちへ
時間:121分
公開:2022-04-08
製作年度:2020
製作国:ロシア
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:オレサ・ヒュドラ
製作:アンドレイ・コンチャロフスキー
監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
脚本:アンドレイ・コンチャロフスキー エレナ・キセリョワ
原作:
撮影:アンドレイ・ナイジョーノフ
音楽:ポリーナ・ボリンキナ
出演:ユリア・ヴィソトスカヤ(リューダ)、アンドレイ・グセフ(ヴィクトル)、ヴラジスラフ・コマロフ(ロギノフ)、ユリヤ・ブロワ(スヴェッカ)、セルゲイ・アーリッシュ(リューダの父)

「暴走機関車」などで知られるロシアの巨匠アンドレイ・コンチャロフスキーが、冷戦下のソ連で30年間も隠蔽された民衆弾圧事件を題材に撮りあげた社会派サスペンス。1962年6月1日、ソ連南部ノボチェルカッスクの機関車工場で大規模なストライキが発生した。フルシチョフ政権が目指した豊かな共産主義統治にも陰りが見え始め、生活に困窮した労働者たちが物価高騰や給与カットに抗議の意思を示したのだ。危機感を抱いたフルシチョフ政権は、スト鎮静化と情報遮断のために現地へ高官を派遣。そして翌日、約5000人のデモ隊や市民に対して無差別に銃撃が行われる。広場がすさまじいパニックに陥る中、熱心な共産党員として長らく国家に忠誠を誓ってきたリューダは、18歳の愛娘スヴェッカの行方を捜して奔走する。リューダを演じるのは、コンチャロフスキー監督作「パラダイス」でも主演を務めたユリア・ビソツカヤ。2020年・第77回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。
観客の年齢層が、団塊メイン。

| | コメント (0)

2022-063M 「シャドウ・イン・クラウド」☆☆☆★

Sshadowinclowd原題:Shadow in the Cloud
邦題:シャドウ・イン・クラウド
時間:83分
公開:2022-04-01
製作年度:2021
製作国:ニュージーランド・アメリカ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
製作総指揮:パリス・カシドコスタス=ラトシス テリー・ダガス ジャン=リュック・デ・ファンティ サンドラ・イー・リン アニー・マーター
製作:ブライアン・カバナー=ジョーンズ ケリー・マコーミック トム・ハーン フレッド・バーガー
監督:ロザンヌ・リャン
脚本:マックス・ランディス ロザンヌ・リャン
原作:
撮影:キット・フレイザー
音楽:マフイヤ・ブリッジマン=クーパー
出演:クロエ・グレース・モレッツ(モード・ギャレット)、ニック・ロビンソン(スチュ・ベッケル)、ビューラ・コアレ(アントン・ウィリアムズ)、テイラー・ジョン・スミス(ウォルター・クエイド)


クロエ・グレース・モレッツが主演を務め、第2次世界大戦で極秘任務に挑む女性パイロットの戦いを描いたサスペンスアクション。1943年。ニュージーランドからサモアへ最高機密を運ぶ密命を受けた連合国空軍の女性大尉モード・ギャレットは、B-17爆撃機フールズ・エランド号に乗って空へ飛び立つ。モードは男性乗組員たちから心無い言葉を浴びせられながらも、ひたむきに任務を遂行しようとする。やがて彼女は高度2500メートルの上空で、自機の右翼にまとわりつく謎の生物を目撃する。次から次へと想像を絶する試練に見舞われる中、大切な荷物を守りながら決死の戦いを繰り広げるモードだったが……。新鋭女性監督ロザンヌ・リャンがメガホンをとり、第2次世界大戦に従軍した女性兵士たちへのリスペクトを込めながら描き出す。2020年・第45回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞を受賞。

90分以下のシチュエーションホラーとの触れ込み。クロエ・グレース・モレッツ、または彼女のエージェントか、なにゆえこの企画への出演をデシジョンしたのか。まあこの脚本で、クロエを説得したらのってくるだろうなあ。超カッコいい役回りが、尻尾の先までアンコがみっしりだもの。シチュエーション構築の説得力のヘナチョコなとこは、どうでもいい力技。なんとも形容しがたい活劇一人芝居は、はるか昔のジャンジャンの不条理なアングラ演劇を想起した。

 

| | コメント (0)

2022-061M 「SING シング ネクストステージ」☆☆☆★★

Ssing2022原題:Sing 2
邦題:SING シング ネクストステージ
時間:110分
公開:2022-03-18
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:
製作:クリス・メレダンドリ ジャネット・ヒーリー
監督:ガース・ジェニングス
脚本:ガース・ジェニングス
原作:
撮影:
音楽:ジョビィ・タルボット
出演:内村光良(バスター)、MISIA(ミーナ)、長澤まさみ(アッシュ)、大橋卓弥(ジョニー)、斎藤司(グンター)、大地真央(ナナ)、坂本真綾(ロジータ)、田中真弓(ミス・クローリー)、ジェシー(アルフォンゾ)、アイナ・ジ・エンド(ポーシャ)

「ミニオンズ」のイルミネーション・エンターテインメントが手がけ、誰もが知る名曲やヒットソングを満載して描いたミュージカルコメディアニメ「SING シング」の続編。コアラのバスター・ムーンが再建に成功した「ニュー・ムーン・シアター」は地元で人気となり、連日満席の活気にあふれていた。しかし、バスターには、世界的なエンタテインメントの中心地レッド・ショア・シティにあるクリスタル・タワー・シアターで新しいショーを披露するという、さらなる夢があった。そのためには、クリスタル・エンターテインメント社の冷酷な経営者ジミーのオーディションに通過しなければならない。どうすればジミーの気を引くことができるか考えたバスターと仲間たちは、伝説のロック歌手で、今は隠遁生活を送っているクレイ・キャロウェイを自分たちのショーに出演させることを思いつくが……。声優にはマシュー・マコノヒー、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、リース・ウィザースプーンら前作同様の豪華キャストが集い、伝説のロック歌手、ライオンのクレイ役は「U2」のボノが務めた。日本語吹き替え版もバスター役の内村光良をはじめ、坂本真綾、斎藤司、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥、大地真央、田中真弓と変わらず、クレイ役で「B'z」の稲葉浩志が声優初挑戦した。
吹替版での鑑賞。前作も観ているので続編はお付き合い。クオリティの高さも安心だしね。今回もハリネズミがカッコいい。稲葉は賛否ありそうだな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧