2024-095M 「成功したオタク」☆☆☆★★

Sseikoshitaotaku原題:Fanatic
邦題:成功したオタク
時間:85分
公開:2024-03-30
製作年度:2021
製作国:韓国
配給:ALFAZBET
製作総指揮:
製作:
監督:オ・セヨン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:オ・セヨン

韓国芸能界を揺るがせた性加害事件を背景に、「推し」が犯罪者になってしまったファンの人々にスポットを当てたドキュメンタリー。

あるK-POPスターの熱狂的なファンだったオ・セヨン監督は、「推し」に認知されテレビ共演も果たした“成功したオタク”の1人だった。ところがある日、その人物が性犯罪の加害者として逮捕されてしまう。“犯罪者のファン”になってしまった彼女は受け入れ難いその事実に苦悩し、同じような経験をした友人たちに話を聞くことに。

「推し活」が人生の全てだったセヨン監督が自身の過去を振り返って傷を直視するとともに、「自分は被害者なのか加害者なのか」「かつて彼を思って過ごした幸せな時間までも否定しなくてはならないのか」などと葛藤するさまざまな立場のファンの声を聞いて語り合い、その社会的意味を考える。

『推し』という用語が理解されるようになって、「熱狂的おっかけ」のような狂信的なイメージから、マイルドなレッテル貼りになったことが、本作の「邦題」およびスクリーン内の「日本語字幕」にスイート風味な少女性が加わったために、日本で興行が成立したのだろう。中身は熱狂的にオッカケしてたアイドルグループのメンバーが性犯罪をおかし、逮捕懲役となったことによる、唖然・茫然・憤怒・後悔・贖罪・悲観・諦観・再生という千々乱れる心を、一定の腑に落とすための儀式のドキュメンタリーである。まあそれを商業映画として発表する監督もしたたかではあるが。その迫力は十分伝わってきた。その点では、最近には稀に見る、剛腕なるドキュメンタリー作品になっている。

| | コメント (0)

2024-087M 「シド・バレット 独りぼっちの狂気」☆☆☆★

Sshido原題:Have You Got It Yet? The Story of Syd Barrett and Pink Floyd
邦題:シド・バレット 独りぼっちの狂気
時間:94分
公開:2024-05-17
製作年度:2023
製作国:イギリス
配給:カルチャヴィル
製作総指揮:ルーク・ソーントン リズ・シルバー ジェフ・ケンピン ポール・ロースビー アリス・ウェブ
製作:ロディ・ボグワナ ルパート・トルーマン オライアン・ウィリアムズ
監督:ロディ・ボグワナ ストーム・トーガソン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:シド・バレット ピンク・フロイド
ナレーション:ジェイソン・アイザックス
出演:ロジャー・ウォーターズ、デビッド・ギルモア、ニック・メイスン、ピート・タウンゼント、グレアム・コクソン、ミック・ロック、ダギー・フィールズ、ノエル・フィールディング、トム・ストッパード、アンドリュー・バヌィンガーデン

| | コメント (0)

2024-083M 「12日の殺人」☆☆☆★

S12nichinosatujin原題:La nuit du 12
邦題:12日の殺人
時間:121分
公開:2024-03-15
製作年度:2022
製作国:フランス
配給:STAR CHANNEL MOVIES
製作総指揮:
製作:カロリーヌ・ベンジョー バルバラ・レテリエ キャロル・スコッタ シモン・アルナル
監督:ドミニク・モル
脚本:ジル・マルシャン ドミニク・モル
原作:ポーリーヌ・ゲナ
撮影:パトリック・ギリンジェリ
音楽:オリビエ・マリゲリ
出演:バスティアン・ブイヨン(ヨアン)、ブーリ・ランネール(マルソー)、テオ・ショルビ(ウィリー)、ジョアン・ディオネ(フレッド)、ティヴー・エヴェラー(ロイック)、ポリーン・セリエ(ナニー)、ルーラ・コットン=フラピエ(クララ)

「悪なき殺人」で話題を集めたフランスのドミニク・モル監督によるサスペンススリラー。ポーリーヌ・ゲナによる2020年のノンフィクション書籍をもとに、モル監督とジル・マルシャンが共同で脚本を手がけ、未解決事件の闇に飲み込まれていく刑事の姿を描き出す。

10月12日の夜、女子大学生クララが焼死体となって発見された。捜査を担当するのは、昇進したばかりの刑事ヨアンとベテラン刑事マルソー。2人はクララの周囲の容疑者となり得る関係者に聞き込みをするが、男たちは全員クララと関係を持っていたことが判明する。殺害は明らかに計画的な犯行であるにも関わらず、容疑者を特定することができない。捜査が行き詰まるなか、ヨアンは事件の闇へと飲み込まれていく。

主人公の刑事ヨアンを「恋する遊園地」のバスティアン・ブイヨン、相棒マルソーを「君と歩く世界」のブーリ・ランネールが演じた。2023年・第48回セザール賞で作品賞・監督賞・助演男優賞・有望若手男優賞・脚色賞・音響賞を受賞。

迷宮入りになってしまった事件の顛末を淡々と描いていく。どこにそんなストーリーの需要があるのか不明だが、まあフランス映画っぽいというか。それでも映画賞を作品賞はじめ獲得しているのだから、不思議だ。どのくらいの興行成績だったんだろう。

| | コメント (0)

2024-057M 「ジャン=リュック・ゴダール 遺言 奇妙な戦争」☆☆☆

Sjlg2024原題:Film annonce du film qui n'existera jamais: 'Droles de guerres'
邦題:ジャン=リュック・ゴダール 遺言 奇妙な戦争
時間:20分
公開:2024--02-23
製作年度:2023
製作国:フランス・スイス
配給:ファインフィルムズ、コムストック・グループ
製作総指揮:
製作:
監督:ジャン=リュック・ゴダール
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
原作:
撮影:
音楽:
出演:ジャン=リュック・ゴダール

2022年9月に他界したフランスの巨匠ジャン=リュック・ゴダールの遺作となった短編映画。

ゴダール自身による手書きの文字、絵、写真、映像のコラージュに音楽やナレーションをあわせ、比類なき独創性とインパクトで描いたゴダール芸術の集大成的作品で、音楽とサウンドトラックの切れ目にはゴダール自身の老いた、穏やかな、そして激しく震える声を聴くことができる。

フランスの世界的メゾン、サンローランが設立した映画制作会社・サンローランプロダクションが製作を手がけた。2023年・第76回カンヌ国際映画祭クラシック部門選出作品。

| | コメント (0)

2024-040M 「ストリートダンサー」☆☆☆★

Sstreetdancer原題:Street Dancer 3D
邦題:ストリートダンサー
時間:142分
公開:2024-03-01
製作年度:2022
製作国:インド
配給:SPACEBOX
製作総指揮:
製作:
監督:レモ・デソウザ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:ヴァルン・ダワン、シュラッダー・カプール、プラブ・デーヴァ、ノーラー・ファテーヒー

ロンドンを舞台に、ダンス大会優勝を目指すインド系・パキスタン系の若者たちの情熱と友情を描いた青春ドラマ。

インド系の青年サヘージ率いるヒップホップダンスグループ「ストリートダンサー」と、パキスタン系の女性イナーヤト率いる「ルール・ブレイカーズ」はライバル同士で、街で遭遇するたびにダンスバトルで火花を散らしていた。ある日イナーヤトは、レストラン店主ラームが南アジア系の路上生活者に食事を無償提供していることを知り、その活動を応援する資金を得るため、優勝金10万ポンドのダンスバトル「グラウンド・ゼロ」に挑戦することを決意。一方サヘージは仲間と別れてイギリスのグループ「ザ・ロイヤルズ」に加入し、グラウンド・ゼロに挑む。

「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!」のバルン・ダワンがサヘージ、「きっと、またあえる」のシュラッダー・カプールがイナーヤトを演じ、インド映画界の伝説的ダンサー&コレオグラファーのプラブ・デーバが共演。


| | コメント (0)

2024-037M 「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」☆☆☆

Sjannnedubarry原題:Jeanne du Barry
邦題:ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人
時間:116分
公開:2024-02-02
製作年度:2023
製作国:フランス
配給:ロングライド
製作総指揮:
製作:
監督:マイウェン
脚本:マイウェン テディ・ルシ=モデステ ニコラ・リベッチ?
原作:
撮影:ローラン・ダイアン
音楽:スティーブン・ウォーベック
出演:マイウェン(ジャンヌ・ドゥ・バリー)、ジョニー・デップ(ルイ15世)、バンジャマン・ラヴェルネ(ラ・ボルド)、ピエール・リシャール(リシュリュー公爵)、メルヴィル・プポー(バリー伯爵)、パスカル・グレゴリー(エギュイヨン公爵)、インディア・エール(アデライード)、シュザンヌ・ドゥ・ベーク(ヴィクトワール)、キャピュシーヌ・ヴァルマリー(ルイーズ)、ディエゴ・ル・フュール(王太子)、ポーリン・ポールマン(マリー・アントワネット)、ミシャ・レスコー(メルシー)、ノエミ・ルヴォフスキー(ノアイユ伯爵夫人)、マリアンヌ・バスレール(アン)、ロバン・ルヌーチ(ムッシュ デュムソー)

18世紀フランスで59年間にわたり在位した国王ルイ15世の最後の公妾ジャンヌ・デュ・バリーの波乱に満ちた生涯を映画化。

貧しいお針子の私生児として生まれたジャンヌは、類まれな美貌と知性で貴族の男たちを虜にし、社交界で注目を集めるように。ついにベルサイユ宮殿に足を踏み入れた彼女は、国王ルイ15世とまたたく間に恋に落ちる。生きる活力を失っていた国王の希望の光となり、彼の公妾の座に就いたジャンヌ。しかし労働者階級の庶民が国王の愛人となるのはタブーであり、さらに堅苦しいマナーやルールを平然と無視するジャンヌは宮廷内で嫌われ者となってしまう。王太子妃マリー・アントワネットも、そんな彼女を疎ましく思っていた。

「パリ警視庁 未成年保護特別部隊」「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」の監督としても知られる俳優マイウェンが監督・脚本・主演を務め、ジョニー・デップがルイ15世を全編フランス語で演じた。シャネルによる衣装提供やベルサイユ宮殿での大規模撮影により、豪華絢爛なフランス宮廷を再現。

マイウェンの主演、脚本、監督作品。役者としては、場末の演歌歌手のような容貌なので「?」と思ったが、主人公ジャンヌのキャリアから『これはこれでいいのか』と思い直した。映画的なリアルなのだろう。

| | コメント (0)

2024-026M 「ジミー・クリフ/ボンゴ・マン(デジタルリマスター版)」☆☆☆★

Sjimmycrif原題:Jimmy Cliff/Bongo Man
邦題:ジミー・クリフ/ボンゴ・マン(デジタルリマスター版)
時間:93分
公開:1992-12-19
製作年度:1981
製作国:ドイツ
配給:パルコ=アスミック
製作総指揮:
製作:
監督:ステファン・パウル
脚本:ステファン・パウル
原作:
撮影:マイク・コンデ、ウド・ヒッツラー、ハインツ・レクサー、ヘリベルト・シュースター
音楽:ジミー・クリフ
出演:ジミー・クリフ、ナディーン・サザーランド、ムタバルーカ、バーバラ・ジョーンズ、ミリアム・マケバ、ボブ・マーリー

1980年に行われたレゲエ・ミュージックのスーパー・スター、ジミー・クリフのコンサート・ツアーの模様を収めたドキュメンタリー。監督・脚本は「ボブ・マーリー ラスト・ライブ・イン・ジャマイカ レゲエ・サンスプラッシュ'79」のステファン・パウル。カメラは、ジミーの故郷であるジャマイカのサマートンを皮切りに、南アフリカ・ソウェトのゲットーでのステージをハイライトに、ドイツ・ハンブルグへと至るツアーを追いかけていく。

| | コメント (0)

2024-017M 「サン・セバスチャンへ、ようこそ」☆☆☆★★★

Ssansevastianheyoukoso原題:Rifkin's Festival
邦題:サン・セバスチャンへ、ようこそ
時間:88分
公開:2024-01-19
製作年度:2020
製作国:スペイン・アメリカ・イタリア
配給:ロングライド
製作総指揮:アダム・B・スターン ハビエル・メンデス マリオ・ジャナーニ ロレンツォ・ミエーリ ロレンツォ・ガンガロッサ
製作:レッティ・アロンソン ハウメ・ロウレス
監督:ウッディ・アレン
脚本:ウッディ・アレン
原作:
撮影:ビットリオ・ストラーロ
音楽:ステファーヌ・レンブル
出演:ウォーレス・ショーン(モート・リフキン)、ジーナ・ガーション(スー)、ルイ・ガレル(フィリップ)、エレナ・アナヤ(ジョー)、セルジ・ロペス(パコ)、クリストフ・ヴァルツ(死神)、リチャード・カインド(モートの父)、タミー・ブランチャード(ドリス)、ダグラス・マクグラス(ギル・ブレナー)、スティーヴ・グッテンバーグ(モートの兄)

ウッディ・アレン監督が、スペイン最大の国際映画祭であるサン・セバスチャン国際映画祭を舞台に、妻の浮気を疑う映画学の大学教授が体験する不思議な出来事を描いたコメディ。

ニューヨークの大学の映画学を専門とする教授で、売れない作家のモート・リフキンは、有名なフランス人監督フィリップの広報を担当している妻のスーに同行して、サン・セバスチャン映画祭にやってくる。リフキンはいつも楽しそうな妻とフィリップの浮気を疑っているが、そんな彼が街を歩くと、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」の世界が突然目の前に現れる。さらには、夢の中でオーソン・ウェルズ監督の「市民ケーン」、ジャン=リュック・ゴダール監督の「勝手にしやがれ」の世界に自身が登場するなど、クラシック映画の世界に没入する不思議な体験が次々と巻き起こる。

アレン作品の常連俳優ウォーレス・ショーンがリフキンを演じるほか、ジーナ・ガーション、エレナ・アナヤ、ルイ・ガレルが顔をそろえる。

久しぶりのウディ・アレン監督作品。それにしても2020年の作品。ずいぶんと待たされたものだ。2023年に『Coup de chancel』を発表したが日本公開は未定だ。しかしもう88歳。イーストウッドとともに「まだ大丈夫かぁ?」と心配な名匠だ。
 スペインのサン・セバスチャン国際映画祭を舞台に、妻の浮気を疑う売れない小説家がさまざまな妄想夢とともに、プチ恋愛をするライトコメディ。88歳になるウディ・アレン監督の、肩に力を入れず、映画のマーケットに阿るようなケレンを皆無とした、独特の枯れた演出芸で魅せきる逸品だ。特に、映画祭という祝祭空間に集う「映画で儲けることしか考えてない俗物ども」を冷笑しまくる。イケメンの新進監督の広報担当である妻が、その監督によろめいているのも達観しつつも、しかし偶然出会った美人の女医に心を惹かれていくという、アレン流の「恋愛は倫理より熱情」なテーマはきちんと提示している。アウォーレス・ショーン演じる主人公はアレンを投影しただろう、ハゲでチビでデブなユダヤ人というルッキング。それでも堂々と女医への恋心を示すのは立派。アレン監督が若い時代なら自らが演じたかった役柄だろう。特に早口で畳みかけるような台詞廻しの技は、ウォーレスでは再現できていなかった。
 本作で目玉は、主人公が夢見る、妄想する過去のヨーロッパ映画の名作のシーンだ。「市民ケーン」「8 1/2」「突然炎のごとこ」「男と女」「勝手にしやがれ」「仮面/ペルソナ」「野いちご」「皆殺しの天使」「第七の封印」の有名な象徴シーンをモチーフに、突然モノクロスタンダード画角となって登場する。音楽さえもニーノ・ロータであったりフランシス・レイであったり。それが全てパロディとして爆笑ものだ。「第七の封印」に至ってはチェスをする死神が、主人公に長生きの秘訣を語って消えていく。古き良き20世紀中盤の、作家の想いが強烈に描かれていた名作へ夢を見て、その憧れで一杯になりつつも、現実は「興行収入の話題」しかしない映画祭のミーティングへ主人公は背を向けていく。もちろん、コマーシャルなハリウッド的なるアメリカ映画界に失望し続け決別し、遂にはニューヨークを根城に製作を続けたたウディ・アレンの生きざまが、この作品のテーマでもあるのだ。

| | コメント (0)

2023-333M 「ショータイム!」☆☆☆★

Sshowtime原題:Les Folies fermieres
邦題:ショータイム!
時間:109分
公開:2023-12-01
製作年度:2022
製作国:フランス
配給:彩プロ
製作総指揮:
製作:ソフィ・レビール ドゥニ・カロ
監督:ジャン=ピエール・アメリス
脚本:ジャン=ピエール・アメリス マリオン・ミショー ジャン・リュック・ガジェ ミュリエル・マジェラン
原作:
撮影:ビルジニー・サン=マルタン
音楽:カンタン・シリャック
出演:アルバン・イヴァノフ(ダヴィッド)、サブリナ・ウアザニ(ボニー)、ベランジェール・クリエフ(レティシア)、ギイ・マルシャン(レオ)、ミシェル・ベルニエ(ミレーユ)

経営難に陥った農場を立て直すべく納屋にキャバレーをつくった驚きの実話をもとに描いたフランス製ヒューマンドラマ。

酪農家のダビッドは、一家が3代にわたって続けてきた農場を経営危機で差し押さえられそうになってしまう。民事裁判所の判事から2カ月の猶予を与えられた彼は、途方に暮れながら訪れたキャバレーでボニーというダンサーの魅力的なパフォーマンスに出会い、農場の納屋をキャバレーに改装して勝負に出ようと思いつく。折しも仕事を失ったばかりのボニーに、ダビッドはショーへの出演と演出を持ちかける。ボニーは最初こそ不審に思いながらも、ダビッドが集めた訳ありパフォーマーたちを厳しく鍛えあげてステージを完成させていく。しかしオープン前日、思わぬ事態が起きてしまう。

「セラヴィ!」のアルバン・イワノフがダビッド、「TAXi ダイヤモンド・ミッション」のサブリナ・ウアザニがボニーを演じた。監督・脚本は「奇跡のひと マリーとマルグリット」のジャン=ピエール・アメリス。

 

| | コメント (0)

2023-329M 「ソウルメイト」☆☆☆★★

原題:Soulmate
Ssoulmate邦題:ソウルメイト
時間:124分
公開:2024-02-24
製作年度:2023
製作国:韓国
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:
監督:ミン・ヨングン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:キム・ダミ、チョン・ソニ、ピョン・ウソク

デレク・ツァン監督作「ソウルメイト/七月と安生」を、韓国・済州島を舞台にリメイクした本作。小学生からの大親友ミソとハウンは、いつも一緒に過ごす大切な“ソウルメイト”だった。2人の生活はずっと続いていくように思えたが、ジヌとの出会いをきっかけに急激に変化。すれ違い、疎遠になっていた16年目のある日、ハウンはミソに“ある秘密”を残して姿を消してしまう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧