2022-075M 「戦争と女の顔」☆☆☆★

Sdyilda原題:Dylda
邦題:戦争と女の顔
時間:137分
公開:2022-07-15
製作年度:2019
製作国:ロシア
配給:アットエンタテインメント
製作総指揮:
製作:アレクサンドル・ロドニャンスキー セルゲイ・メルクモフ
監督:カンテミール・バラーゴフ
脚本:カンテミール・バラーゴフ アレクサンドル・チェレホフ
原作:スベトラーナ・アレクシエービチ
撮影:クセニア・セレダ
音楽:エフゲニー・ガルペリン
出演:ビクトリア・ミロシニチェンコ、バシリサ・ベレリギナ、アンドレイ・バイコフ、イーゴリ・シローコフ

ベラルーシのノーベル賞作家スベトラーナ・アレクシエービッチによるノンフィクション「戦争は女の顔をしていない」を原案に、第2次世界大戦後のソ連(現ロシア)で生きる2人の女性の運命を描き、第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門で監督賞と国際批評家連盟賞を受賞した人間ドラマ。第2次世界大戦に女性兵士として従軍したイーヤは、終戦直後の1945年、荒廃したレニングラード (現サンクトペテルブルク)の街の病院で、PTSDを抱えながら看護師として働いていた。しかし、ある日、PTSDによる発作のせいで面倒をみていた子どもを死なせてしまう。そこに子どもの母親で戦友でもあるマーシャが戦地から帰還。彼女もまた、イーヤと同じように心に大きな傷を抱えていた。心身ともにボロボロになった2人の元女性兵士は、なんとか自分たちの生活を再建しようとし、そのための道のりの先に希望を見いだすが……。監督は、巨匠アレクサンドル・ソクーロフの下で映画制作を学んだ新鋭カンテミール・バラーゴフ。主演はともに新人のビクトリア・ミロシニチェンコとバシリサ・ペレリギナ。
勝ったはずの戦争も、男も女も取り返しようのない、ぶっ壊れた人生を強いる。というこの上なく不幸な「戦争のありさま」を2019年のカンヌで高く評価された作品は、ロシア映画。3年経った2022年のロシアは?
英語原題は「ノッポ」という意味。主人公はそう呼ばれ続ける。

| | コメント (0)

2022-064M 「親愛なる同志たちへ」☆☆☆★

Sshinainarudoshitatihe原題:Dorogie Tovarischi
邦題:親愛なる同志たちへ
時間:121分
公開:2022-04-08
製作年度:2020
製作国:ロシア
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:オレサ・ヒュドラ
製作:アンドレイ・コンチャロフスキー
監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
脚本:アンドレイ・コンチャロフスキー エレナ・キセリョワ
原作:
撮影:アンドレイ・ナイジョーノフ
音楽:ポリーナ・ボリンキナ
出演:ユリア・ヴィソトスカヤ(リューダ)、アンドレイ・グセフ(ヴィクトル)、ヴラジスラフ・コマロフ(ロギノフ)、ユリヤ・ブロワ(スヴェッカ)、セルゲイ・アーリッシュ(リューダの父)

「暴走機関車」などで知られるロシアの巨匠アンドレイ・コンチャロフスキーが、冷戦下のソ連で30年間も隠蔽された民衆弾圧事件を題材に撮りあげた社会派サスペンス。1962年6月1日、ソ連南部ノボチェルカッスクの機関車工場で大規模なストライキが発生した。フルシチョフ政権が目指した豊かな共産主義統治にも陰りが見え始め、生活に困窮した労働者たちが物価高騰や給与カットに抗議の意思を示したのだ。危機感を抱いたフルシチョフ政権は、スト鎮静化と情報遮断のために現地へ高官を派遣。そして翌日、約5000人のデモ隊や市民に対して無差別に銃撃が行われる。広場がすさまじいパニックに陥る中、熱心な共産党員として長らく国家に忠誠を誓ってきたリューダは、18歳の愛娘スヴェッカの行方を捜して奔走する。リューダを演じるのは、コンチャロフスキー監督作「パラダイス」でも主演を務めたユリア・ビソツカヤ。2020年・第77回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。
観客の年齢層が、団塊メイン。

| | コメント (0)

2022-063M 「シャドウ・イン・クラウド」☆☆☆★

Sshadowinclowd原題:Shadow in the Cloud
邦題:シャドウ・イン・クラウド
時間:83分
公開:2022-04-01
製作年度:2021
製作国:ニュージーランド・アメリカ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
製作総指揮:パリス・カシドコスタス=ラトシス テリー・ダガス ジャン=リュック・デ・ファンティ サンドラ・イー・リン アニー・マーター
製作:ブライアン・カバナー=ジョーンズ ケリー・マコーミック トム・ハーン フレッド・バーガー
監督:ロザンヌ・リャン
脚本:マックス・ランディス ロザンヌ・リャン
原作:
撮影:キット・フレイザー
音楽:マフイヤ・ブリッジマン=クーパー
出演:クロエ・グレース・モレッツ(モード・ギャレット)、ニック・ロビンソン(スチュ・ベッケル)、ビューラ・コアレ(アントン・ウィリアムズ)、テイラー・ジョン・スミス(ウォルター・クエイド)


クロエ・グレース・モレッツが主演を務め、第2次世界大戦で極秘任務に挑む女性パイロットの戦いを描いたサスペンスアクション。1943年。ニュージーランドからサモアへ最高機密を運ぶ密命を受けた連合国空軍の女性大尉モード・ギャレットは、B-17爆撃機フールズ・エランド号に乗って空へ飛び立つ。モードは男性乗組員たちから心無い言葉を浴びせられながらも、ひたむきに任務を遂行しようとする。やがて彼女は高度2500メートルの上空で、自機の右翼にまとわりつく謎の生物を目撃する。次から次へと想像を絶する試練に見舞われる中、大切な荷物を守りながら決死の戦いを繰り広げるモードだったが……。新鋭女性監督ロザンヌ・リャンがメガホンをとり、第2次世界大戦に従軍した女性兵士たちへのリスペクトを込めながら描き出す。2020年・第45回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞を受賞。

90分以下のシチュエーションホラーとの触れ込み。クロエ・グレース・モレッツ、または彼女のエージェントか、なにゆえこの企画への出演をデシジョンしたのか。まあこの脚本で、クロエを説得したらのってくるだろうなあ。超カッコいい役回りが、尻尾の先までアンコがみっしりだもの。シチュエーション構築の説得力のヘナチョコなとこは、どうでもいい力技。なんとも形容しがたい活劇一人芝居は、はるか昔のジャンジャンの不条理なアングラ演劇を想起した。

 

| | コメント (0)

2022-061M 「SING シング ネクストステージ」☆☆☆★★

Ssing2022原題:Sing 2
邦題:SING シング ネクストステージ
時間:110分
公開:2022-03-18
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:
製作:クリス・メレダンドリ ジャネット・ヒーリー
監督:ガース・ジェニングス
脚本:ガース・ジェニングス
原作:
撮影:
音楽:ジョビィ・タルボット
出演:内村光良(バスター)、MISIA(ミーナ)、長澤まさみ(アッシュ)、大橋卓弥(ジョニー)、斎藤司(グンター)、大地真央(ナナ)、坂本真綾(ロジータ)、田中真弓(ミス・クローリー)、ジェシー(アルフォンゾ)、アイナ・ジ・エンド(ポーシャ)

「ミニオンズ」のイルミネーション・エンターテインメントが手がけ、誰もが知る名曲やヒットソングを満載して描いたミュージカルコメディアニメ「SING シング」の続編。コアラのバスター・ムーンが再建に成功した「ニュー・ムーン・シアター」は地元で人気となり、連日満席の活気にあふれていた。しかし、バスターには、世界的なエンタテインメントの中心地レッド・ショア・シティにあるクリスタル・タワー・シアターで新しいショーを披露するという、さらなる夢があった。そのためには、クリスタル・エンターテインメント社の冷酷な経営者ジミーのオーディションに通過しなければならない。どうすればジミーの気を引くことができるか考えたバスターと仲間たちは、伝説のロック歌手で、今は隠遁生活を送っているクレイ・キャロウェイを自分たちのショーに出演させることを思いつくが……。声優にはマシュー・マコノヒー、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、リース・ウィザースプーンら前作同様の豪華キャストが集い、伝説のロック歌手、ライオンのクレイ役は「U2」のボノが務めた。日本語吹き替え版もバスター役の内村光良をはじめ、坂本真綾、斎藤司、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥、大地真央、田中真弓と変わらず、クレイ役で「B'z」の稲葉浩志が声優初挑戦した。
吹替版での鑑賞。前作も観ているので続編はお付き合い。クオリティの高さも安心だしね。今回もハリネズミがカッコいい。稲葉は賛否ありそうだな。

| | コメント (0)

2022-049M 「THE BATMAN ザ・バットマン」☆☆☆★★

Sbatman2022原題:The Batman
邦題:THE BATMAN ザ・バットマン
時間:175分
公開:2022-03-11
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:マイケル・E・ウスラン ウォルター・ハマダ シャンタル・ノン・ボ サイモン・エマニュエル
製作:ディラン・クラーク マット・リーブス
監督:マット・リーブス
脚本:マット・リーブス ピーター・クレイグ
原作:ボブ・ケイン ビル・フィンガー
撮影:グレイグ・フレイザー
音楽:マイケル・ジアッキノ
出演:ロバート・パティンソン(ブルース・ウェイン/バットマン)、コリン・ファレル(オズワルド・コブルポット/ペンギン)、ポール・ダノ(リドラー)、ゾーイ・クラヴィッツ(キャットウーマン)、ジョン・タートゥーロ(ファルコーネ)、アンディ・サーキス(アルフレッド・ペニーワース)、ジェフリー・ライト(ジェームズ・ゴードン)、ルーク・ロバーツ(トーマス・ウェイン)

クリストファー・ノーランが手がけた「ダークナイト」トリロジーなどで知られる人気キャラクターのバットマンを主役に描くサスペンスアクション。青年ブルース・ウェインがバットマンになろうとしていく姿と、社会に蔓延する嘘を暴いていく知能犯リドラーによってブルースの人間としての本性がむき出しにされていく様を描く。両親を殺された過去を持つ青年ブルースは復讐を誓い、夜になると黒いマスクで素顔を隠し、犯罪者を見つけては力でねじ伏せる「バットマン」となった。ブルースがバットマンとして悪と対峙するようになって2年目になったある日、権力者を標的とした連続殺人事件が発生。史上最狂の知能犯リドラーが犯人として名乗りを上げる。リドラーは犯行の際、必ず「なぞなぞ」を残し、警察やブルースを挑発する。やがて権力者たちの陰謀やブルースにまつわる過去、ブルースの亡き父が犯した罪が暴かれていく。「TENET テネット」のロバート・パティンソンが新たにブルース・ウェイン/バットマンを演じ、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」のマット・リーブス監督がメガホンをとった。
 『忠臣蔵』や『太閤記』は時代劇の定番。しかし主人公像の解釈は、大石内蔵助に比べて豊臣秀吉の方が自由度が髙く、映画、舞台、テレビての秀吉のヴァリエーションは無数にある。演出家や役者も、過去にないオリジナルな秀吉像はコレだ、と気合いをいれる。ともあれ、日本人の遺伝子に染み付いたような、この二本のご存知時代劇は、ストーリーは自明。どの役者がどう演じるか、を楽しむ境地にある。
 欧州でもオペラやシェイクスピアといった歴史を重ねた古典舞台があり、豊かなヴァリエーションに驚嘆する。翻って、若い国アメリカはどうだろう。アメリカが生んだオリジナルストーリーコミック。スーパーマンやバットマンらの孤児ヒーローが、様々な解釈で描かれ、演じられてきた。滅亡した惑星の唯一の生き残り、という「孤児」であるスーパーマンという設定。ゴッサム市の富豪で市長候補のウェインの一人息子ブルースが、両親を殺され「孤児」となる設定。両親が殺された原因である、街に巣食う悪と戦うバットマンとして孤高の存在となる。両者とも歌舞伎的には『実ハ』と表現される二面性を持っているのも共通だ。
 今回のバットマンも、オリジナルのブルース青年の背景などの基本は押えつつ、ロバート・パティンソンとマット・リーブス監督が、新たな解釈で描き出した。3時間弱と長尺で、ほぼ全編が夜、さらに雨、という鬱陶しい舞台だ。ここまで撮影にストレスをかけないと、今作のバットマンの世界観を表現できなかったのだろう。今後もこのテイストでシリーズ化されるかはわからないが、主要なヴィランは垣間見えた(声だけとか)。

| | コメント (0)

2022-029M 「355」☆☆☆

S355_20220214082301原題:The 355
邦題:355
時間:122分
公開:2022-02-04
製作年度:2022
製作国:イギリス
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:リチャード・ヒューイット エスモンド・レン ワン・ルイ・ファン
製作:ジェシカ・チャステイン ケリー・カーマイケル サイモン・キンバーグ
監督:サイモン・キンバーグ
脚本:テレサ・レベック サイモン・キンバーグ
原作:テレサ・レベック
撮影:ティム・モーリス=ジョーンズ
音楽:トム・ホルケンボルフ
出演:ジェシカ・チャステイン(メイソン・“メイス”・ブラウン)、ペネロペ・クルス(ドクター・グラシエラ(グラシー))、ファン・ビンビン(リン・ミーシェン)、ダイアン・クルーガー(マリー)、ルピタ・ニョンゴ(ハディージャ)、エドガー・ラミレス(ルイス)、セバスチャン・スタン(ニック)


ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴら豪華キャストが集結し、世界各国の凄腕エージェントによるドリームチームの活躍を描いたスパイアクション。格闘術を得意とするCIAのメイス、トラウマを抱えるドイツ連邦情報局のマリー、コンピューターのスペシャリストであるMI6のハディージャ、優秀な心理学者であるコロンビア諜報組織のグラシー、中国政府で働くリン・ミーシェン。秘密兵器を求めて各国から集まった彼女たちは、ライバル同士だったが互いの手を取り、コードネーム「355(スリー・ファイブ・ファイブ)」と呼ばれるチームを結成。世界を混乱に陥れるテクノロジーデバイスの利用を画策する国際テロ組織を阻止するべく立ち上がる。「X-MEN:ダーク・フェニックス」のサイモン・キンバーグ監督がメガホンをとった。

中国資本もガッツリ入っていて、中共の工作員美女が上海舞台で大活躍。西側(CIAやMI6といった)連中と対テロで思想超越して「仲間」をアピールする。そんなお花畑なシチュエーションを臆面もなく「正義」に仕立て、アクションで本質を紛らす、鼻持ちならない、いわゆる軍団もの。だから、醒める。ジェシカのフェミっぷりに。

 

| | コメント (0)

2022-018M 「シラノ」☆☆☆★

Scyrano原題:Cyrano
邦題:シラノ
時間:分
公開:2022-02-25
製作年度:2021
製作国:イギリス・アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:エリカ・シュミット サラ=ジェーン・ロビンソン シーラズ・シャア ルーカス・ウェブ マット・バーニンガー カーリン・ベッセル アーロン・デスナー ブライス・デスナー ケビン・ウルリッヒ アーロン・L・ギルバート ジェイソン・クロス
製作:ティム・ビーバン エリック・フェルナー ガイ・ヒーリー
監督:ジョー・ライト
脚本:エリカ・シュミット
原作:エドモン・ロスタン
撮影:シーマス・マッガーベイ
作詞:マット・バーニンガー カーリン・ベッセル
作曲:アーロン・デスナー ブライス・デスナー
音楽:ブライス・デスナー アーロン・デスナー
出演:ピーター・ディンクレイジ、ヘイリー・ベネット、ケルヴィン・ハリソン・Jr、ベン・メンデルソーン

1897年の初演以降、世界中で映画化やミュージカル化されている不朽の名作「シラノ・ド・ベルジュラック」を、「つぐない」「プライドと偏見」のジョー・ライト監督が再構築して描くロマンティックミュージカル。シラノ役を「ゲーム・オブ・スローンズ」のピーター・ディンクレイジ、ロクサーヌ役を「マグニフィセント・セブン」のヘイリー・ベネット、クリスチャン役を「ルース・エドガー」のケルビン・ハリソン・Jr.が演じた。17世紀のフランス。剣の腕前だけでなく、すぐれた詩を書く才能を持つフランス軍きっての騎士シラノは、自身の外見に自信が持てず、思いを寄せるロクサーヌにその気持ちを告げることができずにいた。そんな彼の思いを知らないロクサーヌは、シラノと同じ隊のクリスチャンに惹かれ、シラノは2人の恋の仲立ちをすることに。愛する人の願いをかなえるため、シラノはクリスチャンに代わって、自身の思いを込めたラブレターをロクサーヌに書くことになるのだが……。

 

| | コメント (0)

2022-003M 「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」☆☆☆★★

Spidernowayhome原題:Spider-Man: No Way Home
邦題:スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム
時間:149分
公開:2022-01-07
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ ジョアン・ペリターノ レイチェル・オコナー アビ・アラド マット・トルマック
製作:ケビン・ファイギ エイミー・パスカル
監督:ジョン・ワッツ
脚本:クリス・マッケンナ エリック・ソマーズ
原作:スタン・リー スティーブ・ディッコ
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:マイケル・ジアッキノ
出演:トム・ホランド(スパイダーマン/ピーター・パーカー)、ゼンデイヤ(MJ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、ジョン・ファヴロー(ハッピー・ホーガン)、ジェイコブ・バタロン(ネッド)、マリサ・トメイ(メイおばさん)、アルフレッド・モリナ(ドック・オク)、ウィレム・デフォー(グリーン・ゴブリン)、ジェイミー・フォックス(エレクトロ)

「スパイダーマン ホームカミング」「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」に続く、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に属する「スパイダーマン」シリーズの第3弾。MCU作品の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ エンドゲーム」でもスパイダーマンと共闘した、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジが登場する。前作でホログラム技術を武器に操るミステリオを倒したピーターだったが、ミステリオが残した映像をタブロイド紙の「デイリー・ビューグル」が世界に公開したことでミステリオ殺害の容疑がかけられてしまったうえ、正体も暴かれてしまう。マスコミに騒ぎ立てられ、ピーターの生活は一変。身近な大切な人にも危険が及ぶことを恐れたピーターは、共にサノスと闘ったドクター・ストレンジに助力を求め、魔術の力で自分がスパイダーマンだと知られていない世界にしてほしいと頼むが……。サム・ライミ監督版「スパイダーマン」シリーズに登場したグリーン・ゴブリンやドック・オク、マーク・ウェブ監督版「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのエレクトロなど、過去のシリーズ作品から悪役たちが時空を超えて登場。それぞれウィレム・デフォー、アルフレッド・モリーナ、ジェイミー・フォックスら当時のキャストが再登板した。
歴代のスパイダーマンが全員登場という荒唐無稽。過去清算。で、ストレンジが最強なのじゃないかなというくらいハチャメチャ。

| | コメント (0)

2021-229M 「スティルウォーター」☆☆☆★

Sstiolwater原題:Stillwater
邦題:スティルウォーター
時間:139分
公開:2022-01
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:パルコ
製作総指揮:ジェフ・スコール デビッド・リンド ロバート・ケッセル マリ=ジョー・ウィンクラー=イヨフレダ
製作:スティーブ・ゴリン トム・マッカーシー ジョナサン・キング ライザ・チェイシン
監督:トム・マッカーシー
脚本:トム・マッカーシー マーカス・ヒンチー トーマス・ビデガン ノエ・ドゥブレ
原作:
撮影:マサノブ・タカヤナギ
音楽:マイケル・ダナ
出演:マット・デイモン、アビゲイル・ブリスベン、カミーユ・コッタン、リル・シュヴォ、イディル・アズーリ

 

| | コメント (0)

2021-224M 「さがす」☆☆☆★★

Ssagasu邦題:さがす
時間:123分
公開:2022-01-21
製作年度:2022
製作国:日本
配給:アスミック・エース
製作総指揮:豊島雅郎 仲田桂祐 土川勉
製作:井手陽子 山野晃 原田耕治
監督:片山慎三
脚本:片山慎三 小寺和久 高田亮
原作:
撮影:池田直矢
音楽:高位妃楊子
出演:佐藤二朗(原田智)、伊東蒼、清水尋也、森田望智

「岬の兄妹」の片山慎三監督が佐藤二朗を主演に迎え、姿を消した父親と、必死に父を捜す娘の姿を描いたヒューマンサスペンス。大阪の下町に暮らす原田智と中学生の娘・楓。「指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」と言う智の言葉を、楓はいつもの冗談だと聞き流していた。しかし、その翌朝、智が忽然と姿を消す。警察からも「大人の失踪は結末が決まっている」と相手にされない中、必死に父親の行方を捜す楓。やがて、とある日雇い現場の作業員に父の名前を見つけた楓だったが、その人物は父とは違う、まったく知らない若い男だった。失意に沈む中、無造作に貼りだされていた連続殺人犯の指名手配チラシが目に入った楓。そこには、日雇い現場で出会った、あの若い男の顔があった。智役を佐藤が、「湯を沸かすほどの熱い愛」「空白」の伊東蒼が楓役を演じるほか、清水尋也、森田望智らが顔をそろえる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧