2018-190M 「スキャナーズ」☆☆☆

Scanaers 原題:Scanners
邦題:スキャナーズ
時間:103分
公開:1981-09
製作年度:1981
製作国:カナダ
配給:コムストック・グループ
製作総指揮:
製作:クロード・エロー
監督:デビッド・クローネンバーグ
脚本:デビッド・クローネンバーグ
原作:
撮影:
音楽:ハワード・ショア
出演:スティーブン・ラック、マイケル・アイアンサイド、ジェニファー・オニール、パトリック・マクグーハン
デビッド・クローネンバーグ監督が超能力者たちの戦いを描くSFスリラーで、のちにシリーズ化もされたヒット作。浮浪者のべイルは自分がスキャナーと呼ばれる超能力者であることを知らされる。その頃、もうひとりのスキャナー、レボックがコンセック社の会議場で人の頭蓋骨を破裂させるという事件が起こる。自らの能力を使って、世界征服をたくらむレボック。女性スキャナー、キムとともにレボックを追うベイルは、やがて自分とレボックにまつわる秘密を知ることに……。2013年、クローネンバーグ監督の新作「コズモポリス」(12)公開にあわせた特集上映「コンセプション オブ デヴィッド・クローネンバーグ 受胎」でリストア版が公開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-181M 「女王陛下のお気に入り」☆☆☆★★★

Jooheikanookiniiri 原題:The Favourite
邦題:女王陛下のお気に入り
時間:120分
公開:2019-02
製作年度:2018
製作国:アイルランド・アメリカ・イギリス
配給:20世紀フォックス映画
製作総指揮:
製作:セシ・デンプシー、エド・ギニー、リー・マジデイ、ヨルゴス・ランティモス
監督:ヨルゴス・ランティモス
脚本:デボラ・デイビス、トニー・マクナマラ
原作:
撮影:
音楽:
出演:オリビア・コールマン(アン女王)、エマ・ストーン(アビゲイル)、レイチェル・ワイズ(レディ・サラ)、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィン
「ロブスター」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」で注目を集めるギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、18世紀イングランドの王室を舞台に描いた歴史サスペンス。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリを受賞し、王女アンを演じたオリビア・コールマンも女優賞を受賞した。18世紀初頭、フランスとの戦争下にあるイングランド。女王アンの幼なじみレディ・サラは、病身で気まぐれな女王を動かし絶大な権力を握っていた。そんな中、没落したサラの従妹アビゲイルが召使いとして参内し、レディ・サラもアン女王も彼女の魅力に惹きつけられる。レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を狙っていた。戦争をめぐる政治的駆け引きが繰り広げられる中、サラとの友情を通してチャンスをつかもうとするアビゲイルだったが……。出演はコールマンのほか、「ラ・ラ・ラ・ンド」のエマ・ストーン、「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルトほか。
過剰なまでのサウンドとピクチャー。魚眼、超広角、標準、望遠、さまざまなレンズを駆使した映像の情報量の洪水に圧倒される。そして重層的に音を重ね塗りした音圧の凄さ。静寂である状況でさえ大音圧を感じる。それらが鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が描く物語の<演出>の一翼を担っている。ランティモス監督が前作「聖なる鹿殺し」で描いた、絶妙なバランスで保たれ安定していた人間関係に対して、異物としての登場人物が加わると、あたかも熱湯を一滴づつ滴り落された砂糖菓子の城郭の崩壊のように<状況>が崩れていく悲劇。本作では18世紀のフランスと泥沼の戦争が続くイングランドが舞台。アン女王(オリビア・コールマン)と側近のレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)によって戦争は継続され議会は疲弊している。そこへサラの従妹と称するアビゲイル(エマ・ストーン)が落ちぶれてサラを頼ってくる。という人間関係で言えば異物がアビゲイルなのだが、彼女が女王を誑し込み、サラを罠に嵌め、遂にはイングランドの未来まで改変しようとしていく怪物ぶりを描くホラー作品。黒板を爪でひっかくような軋む人間関係のドラマをさらに音と映像の厚塗りが禍々しさを増幅していく。豪華絢爛なセットと衣装で繰り広げられる、美しくも腐乱臭が漂うスクリーンに釘付けにされる。三人の女優らの、映画全編で徐々に変貌していく力関係に、表情と佇まいを表現する演技力が光を放ち、圧倒される。今年のベネチア映画祭で審査員グランプリを受賞しているが、オリビア・コールマンも女優賞を受賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-177M 「30年後の同窓会」☆☆☆★

30nengo 原題:Last Flag Flying
邦題:30年後の同窓会
時間:125分
公開:2018-06-08
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:ショウゲート
製作総指揮:ハリー・ギッテス、トーマス・リー・ライト、カレン・ルース・ゲッチェル製作:ジンジャー・スレッジ、リチャード・リンクレイター、ジョン・スロス
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター、ダリル・ポニックサン
原作:ダリル・ポニックサン
撮影:シェーン・ケリー
音楽:グレアム・レイノルズ
出演:スティーブ・カレル(ラリー・“ドク”・シェパード)、ブライアン・クランストン(サル・ニーロン)、ローレンス・フィッシュバーン(リチャード・ミューラー牧師)、J・クイントン・ジョンソン(ワシントン)、ユール・バスケス、シシリー・タイソン
「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイター監督が、「さらば冬のかもめ」でも知られるダリル・ポニックサンの小説を原作に、30年ぶりに再会した男たちの再生の旅路を描いたロードムービー。男ひとりで酒浸りになりながらバーを営むサルと、過去を捨てて牧師となったミューラーのもとに、ある日、30年にわたって音信不通だった旧友のドクが突然現れる。ドクは1年前に妻に先立たれ、2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、死んだ息子を故郷に連れ帰る旅に同行してほしいと依頼する。30年前のある事件で大きく人生が変わってしまっていた3人は、ともに旅をし、語り合うことで、人生に再び輝きを取り戻していく。主人公の3人をスティーブ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンという、いずれもアカデミー主演男優賞にノミネートされた経験を持つ実力派が演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-173M 「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」☆☆☆★★

Je2018 原題:Johnny English Strikes Again
邦題:ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲
時間:89分
公開:2018-11-09
製作年度:2018
製作国:イギリス
配給:東宝東和
製作総指揮:ライザ・チェイシン、ウィリアム・デイビス
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、クリス・クラーク
監督:デビッド・カー
脚本:ウィリアム・デイビス
原作:
撮影:フロリアン・ホーフマイスター
音楽:ハワード・グッドオール
出演:ローワン・アトキンソン(ジョニー・イングリッシュ)、ベン・ミラー(ボフ)、オルガ・キュリレンコ(オフィーリア)、ジェイク・レイシー(ヴォルタ)、エマ・トンプソン(首相)、マシュー・ビアード(P)、アダム・ジェームズ(ペガサス)、ミランダ・ヘネシー(タラ)
「Mr.ビーン」で世界的に知られるイギリスの人気コメディアン、ローワン・アトキンソン主演によるスパイアクションコメディ「ジョニー・イングリッシュ」の7年ぶりとなるシリーズ第3作。大規模なサイバー攻撃によってイギリスの諜報機関「MI7」の現役スパイたちの情報が漏洩してしまい、残された最後の頼みの綱として、隠居状態だったジョニー・イングリッシュが呼び出される。早速、事件を裏で操るハッカーを見つけだそうと任務に就くジョニーだったが、限られたスキルしかなく、アナログ人間な彼にとって、最先端テクノロジーこそが最大の脅威だった。アトキンソンが「007」のジェームズ・ボンドを彷彿させるが、時代遅れで変なおじさんのジョニー・イングリッシュに扮したほか、「007 慰めの報酬」でボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコ、イギリスの名女優エマ・トンプソンらが共演した。
以外にツボにはまって楽しんでしまった。昭和時代のスパイ映画への完全なるオマージュとパロディ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-171M 「スウィッチ 素敵な彼女?」☆☆☆

Switch_2 原題:Switch
邦題:スウィッチ 素敵な彼女?
時間:103分
公開:1991-09-07
製作年度:1991
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:アーノン・ミルチャン、パトリック・ワックスバーガー
製作:トニー・アダムス
監督:ブレイク・エドワーズ
脚本:ブレイク・エドワーズ
原作:
撮影:ディック・ブッシュ
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:エレン・バーキン(Steve Amanda Brooks)、ペリー・キング(Steve)、ジミー・スミッツ(Walter)、ジョベス・ウィリアムズ(Margo)、ロレイン・ブラッコ(Sheila)、トニー・ロバーツ(Arnold)
死んだプレイボーイが女性になって現世に復活、名誉挽回を図るファンタジー・コメディ。監督は「ティファニーで朝食を」「ピンクパンサー」シリーズのブレイク・エドワーズ、製作はトニー・アダムス、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノン・ミルチャンとパトリック・ワックスバーガー、撮影はディック・ブッシュ、音楽は「ティファニーで朝食を」ほかエドワーズ監督の諸作品を手掛けているヘンリー・マンシーニ、編集はロバート・パーガメント、美術はロジャー・マウスがそれぞれ担当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-155M 「スカイスクレイパー」☆☆☆★

Skycraper 原題:Skyscraper
邦題:スカイスクレイパー
時間:102分
公開:2018-09-21
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:ダニー・ガルシア
ウェンディ・ジェイコブソン
エリック・マクレオド
エリック・ヘダヤート
製作:ボー・フリン
ドウェイン・ジョンソン
ローソン・マーシャル・サーバー
ハイラム・ガルシア
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
脚本:ローソン・マーシャル・サーバー
原作:
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー
出演:ドウェイン・ジョンソン(ウィル・ソーヤー)、ネーブ・キャンベル(サラ・ソーヤー)、チン・ハン(ジャオ)、ローランド・ムーラー(コレス・ボタ)
「ワイルド・スピード」シリーズや「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」などの大ヒット作で活躍する人気アクション俳優ドウェイン・ジョンソンが、高さ1000メートルを超える超高層ビルを舞台に、犯罪組織が巻き起こした火災から家族を救出するため孤軍奮闘する主人公を演じたアクション大作。かつてFBIの人質救出部隊のリーダーとして活躍していたウィルは、ある事件で左脚が義足になる大怪我を負い辞職するが、それから10年を経た今は、愛する家族も得て、危機管理コンサルタントとして働いていた。香港に建設された高さ3500フィート(1066メートル)の史上最大のビル「ザ・パール」の本格開業に向け、ビルのオーナーのジャオから安全管理のチェックを任されたウィルは、家族を伴ってザ・パールに滞在するが、ビルに隠されたある秘密を狙う犯罪組織もまた、ザ・パールに侵入しており……。監督・脚本は、「セントラル・インテリジェンス」でもジョンソンとタッグを組んだローソン・マーシャル・サーバー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-129M 「search サーチ」☆☆☆★★

Search 原題:Searching
邦題:search サーチ
時間:102分
公開:2018-10-26
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:マリヤ・ザトゥロフスカヤ
製作:ティムール・ベクマンベトフ、セブ・オハニアン、アダム・シドマン
監督:アニーシュ・チャガンティ
脚本:アニーシュ・チャガンティ、セブ・オハニアン
原作:
撮影:
音楽:トリン・バロウデイル
出演:ジョン・チョウ、デブラ・メッシング、ジョセフ・リー、ミシェル・ラー
物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間が経過する。娘の無事を信じたい父親のデビッドは、マーゴットのPCにログインして、Instagram、Facebook、Twitterといった娘が登録しているSNSにアクセスを試みる。だがそこには、いつも明るくて活発だったはずの娘とは別人の、デビッドの知らないマーゴットの姿が映し出されていた。「スター・トレック」シリーズのスールー役で知られるジョン・チョウが、娘を捜す父親デビッド役を演じた。製作に「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ。Googleグラスだけで撮影したYouTube動画で注目を集めた27歳のインド系アメリカ人、アニーシュ・チャガンティが監督を務めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-116M 「ジュラシック・ワールド 炎の王国」☆☆☆★★

Juraworld2018 原題:Jurassic World: Fallen Kingdom
邦題:ジュラシック・ワールド 炎の王国
時間:129分
公開:2018-07-13
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンザ
監督:J・A・バヨナ
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
原作:マイケル・クライトン
撮影:オスカル・ファウラ
音楽:マイケル・ジアッキノ
出演:クリス・プラット(オーウェン・グレイディ)、ブライス・ダラス・ハワード(クレア・ディアリング)、レイフ・スポール(イーライ・ミルズ)、ジャスティス・スミス(フランクリン・ウェブ)、ダニエラ・ピネダ(ジア・ロドリゲス)、ジェームズ・クロムウェル(ベンジャミン・ロックウッド)、トビー・ジョーンズ(エヴァーソル)、テッド・レビン(ケン・ウィートリー)、ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム)、B・D・ウォン(ヘンリー・ウー)、ジェラルディン・チャップリン(アイリス)、イザベラ・サーモン(メイジー・ロックウッド)
シリーズ14年ぶりの新作として2015年に公開され、記録的な大ヒットとなった「ジュラシック・ワールド」の続編。前作でハイブリッド恐竜のインドミナス・レックスとT-REXが激闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有したイスラ・ヌブラル島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うべく行動を開始するが、その矢先に島の火山で大噴火が発生する。恐竜と心を通わせるオーウェンを演じるクリス・プラット、クレア役のブラウス・ダラス・ハワードらメインキャストが続投。監督は前作のコリン・トレボロウに代わり、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」などで注目されたスペインの出身のJ・A・バヨナが新たに務める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-106M 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」☆☆☆★★

Sunny2018 邦題:SUNNY 強い気持ち・強い愛
時間:119分
公開:2018-08-31
製作年度:2018
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:市川南、川村元気
監督:大根仁
脚本:大根仁
原作:
撮影:阿藤正一、橋本桂二
音楽:小室哲哉
出演:篠原涼子(奈美)、広瀬すず(奈美(高校生時代))、小池栄子(裕子)、ともさかりえ(心)、渡辺直美(梅)、池田エライザ(奈々)、山本舞香(芹香(高校生時代))、野田美桜(裕子(高校生時代))、田辺桃子(心(高校生時代))、富田望生(梅(高校生時代))、三浦春馬(藤井渉)、リリー・フランキー(中川)、板谷由夏(芹香)、新井浩文(新井)
011年に製作され、日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を篠原涼子、広瀬すずの主演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画。90年代、青春の真っ只中にあった女子高生グループ「サニー」。楽しかったあの頃から、20年以上という歳月を経て、メンバーの6人はそれぞれが問題を抱える大人の女性になっていた。「サニー」の元メンバーで専業主婦の奈美は、かつての親友・芹香と久しぶりに再会する。しかし、芹香の体はすでに末期がんに冒されていた。「死ぬ前にもう一度だけみんなに会いたい」という芹香の願いを実現するため、彼女たちの時間がふたたび動き出す。現在の奈美役を篠原、高校時代の奈美役を広瀬が演じるほか、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美らが顔をそろえる。90年代の音楽シーンを牽引した大ヒットメーカー、小室哲哉が音楽を担当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-101M 「スターリンの葬送狂騒曲」☆☆☆★

Stasoso 原題:The Death of Stalin
邦題:スターリンの葬送狂騒曲
時間:106分
公開:2018-08-03
製作年度:2017
製作国:イギリス・カナダ・フランス・ベルギー
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:
監督:アーマンド・イアヌッチ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:スティーブ・ブシェーミ、サイモン・ラッセル・ビール、パディ・コンシダイン、ルパート・フレンド、ジェイソン・アイザックス、マイケル・ペイリン、アンドレア・ライズボロー、ジェフリー・タンバー、オルガ・キュリレンコ
字幕も入って、公開日、邦題も決まって再見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧