2018-101M 「スターリンの葬送狂騒曲」☆☆☆★

Stasoso 原題:The Death of Stalin
邦題:スターリンの葬送狂騒曲
時間:106分
公開:2018-08-03
製作年度:2017
製作国:イギリス・カナダ・フランス・ベルギー
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:
監督:アーマンド・イアヌッチ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:スティーブ・ブシェーミ、サイモン・ラッセル・ビール、パディ・コンシダイン、ルパート・フレンド、ジェイソン・アイザックス、マイケル・ペイリン、アンドレア・ライズボロー、ジェフリー・タンバー、オルガ・キュリレンコ
字幕も入って、公開日、邦題も決まって再見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-080M 「セラヴィ!」☆☆☆★

Serabi 原題:Le sens de la fete
邦題:セラヴィ!
時間:117分
公開:2018-07-06
製作年度:2017
製作国:フランス
配給:パルコ
製作総指揮:
製作:
監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ
脚本:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ
原作:
撮影:
音楽:
出演:ジャン=ピエール・バクリ、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーブ、バンサン・マケーニュ
「最強のふたり」のエリック・トレダノ&オリビエ・ナカシュ監督が、パリ郊外の古城で開かれる結婚式を舞台に、人々の人生や思惑が交差していく様子を軽妙なタッチで描いたコメディドラマ。30年間にわたり数多くの結婚式を手がけてきたベテラン・ウェディングプランナーのマックスは、近頃、引退を考え始めていた。そんなある日、ピエールとヘレナというカップルからの依頼で、17世紀の城を式場にした豪華絢爛な結婚式をプロデュースすることに。いつも通り、式を成功させるため様々な準備を整えて当日に臨むマックスだったが、ウェイターはシワシワなシャツに奇妙なヒゲ、スタッフのひとりは新婦を口説き始め、オーケストラはワンマンショー気取りだったりと、トラブルが続発。マックスの努力は全て泡と消え、感動的になるはずの式は大惨事と化してしまう。主人公マックス役に「みんな誰かの愛しい人」のジャン=ピエール・バクリ。共演に「この愛のために撃て」のジル・ルルーシュ、「愛しき人生のつくりかた」のジャン=ポール・ルーブ、「夜明けの祈り」のバンサン・マケーニュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-078M 「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」☆☆☆★★

Seinaru 原題:The Killing of a Sacred Deer
邦題:聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
時間:121分
公開:2018-03-03
製作年度:2017
製作国:イギリス・アイルランド
配給:ファインフィルムズ
製作総指揮:アンドリュー・ロウ、ダニエル・バトセック、サム・ラベンダー、デビッド・コッシ、ニッキー・ハッティング、アミット・パンディヤ、アン・シーアン、ピーター・ワトソン、マリー=ガブリエル・スチュワート
製作:エド・ギニー、ヨルゴス・ランティモス
監督:ヨルゴス・ランティモス
脚本:ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ
原作:
撮影:ティミオス・バカタキス
音楽:
出演:コリン・ファレル(スティーブン)、ニコール・キッドマン(アナ)、バリー・コーガン(マーティン)、ラフィー・キャシディ(キム)、サニー・スリッチ(ボブ)、アリシア・シルバーストーン(マーティンの母)、ビル・キャンプ
「ロブスター」「籠の中の乙女」のギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、幸せな家庭が1人の少年を迎え入れたことで崩壊していく様子を描き、第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したサスペンススリラー。郊外の豪邸で暮らす心臓外科医スティーブンは、美しい妻や可愛い子どもたちに囲まれ順風満帆な人生を歩んでいるように見えた。しかし謎の少年マーティンを自宅に招き入れたことをきっかけに、子どもたちが突然歩けなくなったり目から血を流したりと、奇妙な出来事が続発する。やがてスティーブンは、容赦ない選択を迫られ……。ある理由から少年に追い詰められていく主人公スティーブンを「ロブスター」でもランティモス監督と組んだコリン・ファレル、スティーブンの妻を「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、謎の少年マーティンを「ダンケルク」のバリー・コーガンがそれぞれ演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-070M 「死の谷間」☆☆☆★

Sinotanima 原題:Z for Zachariah
邦題:死の谷間
時間:98分
公開:2018-06-23
製作年度:2015
製作国:アイスランド・スイス・アメリカ
配給:ハーク
製作総指揮:ゲイリー・ロス、クレイグ・ゾベル、クローディア・ブリュームフーバー、フローリアン・ダーゲル、ロバート・ウィリアムズ、ティモシー・クリスチャン、ライアン・R・ジョンソン、バリー・ブルッカー、スタン・ワートリーブ、ジム・セイベル、ビル・ジョンソン、アラ・ケシシアン
製作:シガージョン・サイバッツォン、ソール・シグルヨンソン、スクーリ・Fr・マルムクィスト、ソフィア・リン、マシュー・プルーフ、トビー・マグワイア
監督:クレイグ・ゾベル
脚本:
原作:ロバート・C・オブライエン
撮影:ティム・オアー
音楽:ヘザー・マッキントッシュ
出演:マーゴット・ロビー(アン・バーデン)、キウェテル・イジョフォー(ジョン・ルーミス)、クリス・パイン(ケイレブ)
ロバート・C・オブライエンのSFサスペンス小説「死の影の谷間」を、「スーサイド・スクワッド」「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビー主演で映画化。核戦争により死の灰に覆われた世界。アン・バーデンは放射能汚染を免れた小さな谷で愛犬とともに暮らしている。ある日、彼女は宇宙服のような防護服を着たジョンと遭遇する。ジョンは汚染された滝壺で水浴びをして体調を崩してしまうが、アンの救護によって一命を取り留める。2人は自然な流れで共同生活をスタートさせ、互いの距離を縮めていった。しかし、もう1人の生存者であるケイレブが2人の前に現れたことからその生活は一変していく。主人公のアン・バーデン役をロビー、ジョン役を「それでも夜は明ける」のキウェテル・イジョフォー、ケイレブ役を「スター・トレック」シリーズ、「ワンダーウーマン」のクリス・パインがそれぞれ演じる。監督は「コンプライアンス 服従の心理」のクレイグ・ゾベル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-059M 「サバービコン 仮面を被った街」☆☆☆★

Sababikon 邦題:サバービコン 仮面を被った街
時間:104分
公開:2018-05-04
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
製作総指揮:ジョエル・シルバー、ハル・サドフ、イーサン・アーウィン、バーバラ・A・ホール、ダニエル・ステインマン
製作:グラント・ヘスロフ、ジョージ・クルーニー、テディ・シュワルツマン
監督:ジョージ・クルーニー
脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロフ
原作:
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:マット・デイモン、ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザック
コーエン兄弟が脚本にからみ、クルーニーが監督、デイモンが主演という、お友達映画。で、全員がヒッチコックごっこをしたかったのさ!というブラックジョークなクライムコメディ。
黒人の一家の通奏低音はどんな暗喩なのか。もうひとつ理解不能でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-056M 「散歩する侵略者」☆☆☆

Posuru 邦題:散歩する侵略者
時間:129分
公開:2017-09-09
製作年度:2017
製作国:日本
配給:松竹、日活
製作総指揮:
製作:
監督:黒沢清
脚本:田中幸子、黒沢清
原作:前川知大
撮影:芦澤明子
音楽:林祐介
出演:長澤まさみ(加瀬鳴海)、松田龍平(加瀬真治)、高杉真宙(天野)、恒松祐里(立花あきら)、長谷川博己(桜井)、前田敦子(加瀬明日美)、満島真之介(丸尾)、児嶋一哉(車田)、光石研(鈴木)、東出昌大(牧師)、小泉今日子(医者)、笹野高史(品川)
カンヌ国際映画祭ある視点部門で監督賞を受賞した「岸辺の旅」の黒沢清監督が長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己ら豪華キャストを迎え、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日にわたって行方がわからなくなっていた夫・真治が、まるで別人のように優しくなって帰ってきたことに戸惑う妻・鳴海。それ以来、真治は毎日どこかへ散歩に出かけるようになる。同じ頃、町で一家惨殺事件が発生し、不可解な現象が続発。取材を進めるジャーナリストの桜井は、ある事実に気づく。不穏な空気が町中を覆う中、鳴海は真治から「地球を侵略しに来た」という衝撃的な告白を受ける。長澤と松田が主人公の夫婦役で初共演し、長谷川がジャーナリスト役を演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-033M 「シャス・ロワイヤル」☆☆☆★

Chasseroyale 原題:Chasse Royale
邦題:シャス・ロワイヤル
時間:28分
公開:
製作年度:2016
製作国:フランス
配給:ユニフランス・フィルムズ
製作総指揮:
製作:
監督:ロマーヌ・ゲレ/リーズ・アコカ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:アンジェリーク・ジェルネーズ/エディ・デュポン/エレオノール・ギュレー
ユニフランスのmyFFFで配信している短編映画から。13 歳の少女アンジェリックは、ヴァランシエンヌ郊外の子供の多い家庭に生まれ育った。学校ではある日、映画のキャスティングの話を持ちかけられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-029M 「ストローク」☆☆☆★

S7 原題:La Caressecc
邦題:ストローク
時間:9分
公開:
製作年度:2017
製作国:フランス
配給:ユニフランス・フィルムズ
製作総指揮:
製作:
監督:モルガン・ポランスキ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:セルジュ・リアブキヌ
アゴラフォビア(広場恐怖)の青年。殻に閉じこもった不毛な環境の中で、何不自由なく幸せに過ごしていた。ところが黒猫が窓辺にやって来るようになり、追い払おうとするのだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-025M 「ザ・スクエア 思いやりの聖域」☆☆☆★

Sukuea 原題:The Square
邦題:ザ・スクエア 思いやりの聖域
時間:151分
公開:2018-04-28
製作年度:2017
製作国:スウェーデン・ドイツ・フランス・デンマーク
配給:トランスフォーマー
製作総指揮:ダン・フリードキン、ブラッドリー・トーマス
製作:エリク・ヘンメンドルフ、フィリップ・ボベール
監督:リューベン・オストルンド
脚本:リューベン・オストルンド
原作:
撮影:フレデリック・ウェンツェル
音楽:
出演:クレス・バング、エリザベス・モス、ドミニク・ウェスト、テリー・ノタリー
「フレンチアルプスで起きたこと」で注目されたスウェーデンのリューベン・オストルンド監督が、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したヒューマンドラマ。アート界で成功を収めた男性がさまざまなトラブルに見舞われる様子をエレガントかつ痛烈な笑いを込めて描き、他社への無関心や欺瞞、階層間の断絶といった現代社会の問題を浮き彫りにした。現代アート美術館のキュレーターとして周囲から尊敬を集めるクリスティアンは、離婚歴があるものの2人の娘の良き父親で、電気自動車に乗り、慈善活動を支援している。彼が次に手がける展示「ザ・スクエア」は、通りかかる人々を利他主義へと導くインスタレーションで、他人を思いやる人間としての役割を訴えかけるものだ。そんなある日、携帯電話と財布を盗まれたクリスティアンは、その犯人に対して取った愚かな行動によって予想外の状況に陥ってしまう。出演にテレビシリーズ「マッドメン」のエリザベス・モス、「300 スリーハンドレッド」のドミニク・ウェスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-020M 「サマーフィルム」☆☆★★

Summerfilms 原題:Le Film de l'ete
邦題:サマーフィルム
時間:30分
公開:
製作年度:2016
製作国:フランス
配給:ユニフランス・フィルムズ
製作総指揮:
製作:
監督:
エマニュエル・マレ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:ジャン=ブノワ・ウジュー/バルタザール・モンフェ/ヴァンサン・ミンヌ
これはロードムービーである。風景は、移動生活のツーリストたち、コンクリートのピクニックテーブル、トイレ待ちの長蛇の列、生温かくなったメロン、洗車……などなど。出発しようとすると、ひきとめる少年。それが「サマーフィルム」、夏の映画というもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧