2018-196M 「グリーンブック」☆☆☆★★★

Greenbook 原題:Green Book
邦題:グリーンブック
時間:130分
公開:2019-03-01
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ギャガ
製作総指揮:ジェフ・スコール、ジョナサン・キング、オクタビア・スペンサー、クワミ・L・パーカー、ジョン・スロス、スティーブン・ファーネス
製作:ジム・バーク、チャールズ・B・ウェスラー、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー、ニック・バレロンガ
監督:ピーター・ファレリー
脚本:ニック・バレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー
原作:
撮影:ショーン・ポーター
音楽:パトリック・J・ドン・ビト
出演:ビゴ・モーテンセン(トニー・リップ)、マハーシャラ・アリ(ドクター・シャーリー)、リンダ・カーデリニ、ディミテル・D・マリノフ、P・J・バーン
アカデミー賞の有力な前哨戦として知られる第41回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞したロードムービー。人種差別が残る1960年代のアメリカ南部で、黒人ジャズピアニストと白人運転手の2人が繰り広げる旅を描いた。「メリーに首ったけ」や「愛しのローズマリー」といったコメディ映画を生み出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー監督がメガホンをとり、「イースタン・プロミス」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたビゴ・モーテンセンと、「ムーンライト」でアカデミー助演男優賞に輝いたマーシャハラ・アリが共演した。1962年、アメリカ南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドン・シャーリーは、粗野で無教養なイタリア系のトニー・リップを用心棒兼運転手として雇う。全く正反対の2人は、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに旅を始めるが……。
スタンリー・クレイマーの「手錠のまゝの脱獄」(1958)が有名な設定だが、白人と黒人のバディ系ロードムービーだ。トロントで観客賞ということで、オスカーの有力候補とされている。前哨戦のゴールデングローブでも主要部門にノミネートされていて、関係者はドキドキワクワクの数か月だろう。ヴィゴ・モーテッセンがいい。粗野なイタリア系をきっちりと丁寧に演じている。その家族たちの描写もいい。同時代を背景にした「ドライビング Miss デイジー」(1989)という秀作は運転手が黒人である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-193M 「蜘蛛の巣を払う女」☆☆☆★★

Kumonosuonnna 原題:The Girl in the Spider's Web
邦題:蜘蛛の巣を払う女
時間:115分
公開:2019-01-11
製作年度:2018
製作国:イギリス・ドイツ・スウェーデン・カナダ・アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:アーノン・ミルチャン、ロバート・J・ドーマン、デビッド・フィンチャー、リーネ・ビンテル・スクイユム・フンク、ヨハンネス・イェンセン、アンニ・ファウルビー・フェルナンデス
製作:スコット・ルーディン、イーライ・ブッシュ、オーレ・ソンドベルイ、エイミー・パスカル、エリザベス・カンティロン
監督:フェデ・アルバレス
脚本:ジェイ・バス、フェデ・アルバレス、スティーブン・ナイト
原作:ダビド・ラーゲルクランツ
撮影:ペドロ・ルケ
音楽:ロケ・バニョス
出演:クレア・フォイ(リスベット)、スベリル・グドナソン(ミカエル)、ラキース・スタンフィールド、シルビア・フークス(カミラ)、スティーブン・マーチャント、クレス・バング、クリストファー・コンベリー、シヌーブ・マコディ・ルンド、ビッキー・クリープス
世界的ベストセラーのミステリー小説「ミレニアム」シリーズの第4作を映画化。デビッド・フィンチャー監督&ルーニー・マーラ主演でシリーズ第1作を映画化した「ドラゴン・タトゥーの女」に続く物語となり、主人公のリスベット役をテレビドラマ「ザ・クラウン」や映画「ファースト・マン」などで活躍するクレア・フォイが演じ、監督を「ドント・ブリーズ」で注目されたフェデ・アルバレスが務めるなど、メインスタッフ&キャストは新たな顔ぶれに。前作を手がけたフィンチャーは製作総指揮に名を連ねている。特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、背中にあるドラゴンのタトゥーが特徴のリスベットは、AIの世界的権威であるバルデル教授から、図らずも開発してしまった核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局(NAS)から取り戻してほしいと頼まれる。依頼を受けて陰謀の裏を探っていたリスベットは、やがて16年前に別れた双子の姉妹カミラの存在にたどり着き、カミラが仕かけた罠にはまってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-183M 「クリード 炎の宿敵」☆☆☆★

Kuridohonoo 原題:Creed II
邦題:クリード 炎の宿敵
時間:130分
公開:2019-01-11
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:ライアン・クーグラー、マイケル・B・ジョーダン、ガイ・リーデル
製作:シルベスター・スタローン、ケビン・キング・テンプルトン、チャールズ・ウィンクラー、ウィリアム・チャートフ、デビッド・ウィンクラー、アーウィン・ウィンクラー
監督:スティーブン・ケイプル・Jr.
脚本:シルベスター・スタローン、ジュエル・テイラー
原作:シルベスター・スタローン
撮影:クレイマー・モーゲンソー
音楽:ルドウィグ・ゴランソン
出演:マイケル・B・ジョーダン(アドニス・ジョンソン)、シルベスター・スタローン(ロッキー・バルボア)、テッサ・トンプソン(ビアンカ)、ウッド・ハリス、フィリシア・ラシャド、ドルフ・ラングレン(イワン・ドラゴ)、フロリアン・ムンテアヌ(ヴィクトル・ドラゴ)
「ロッキー」シリーズを新たな主人公アドニス・ジョンソンの物語として復活させ、世界中で好評を博した「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、ロッキーの盟友だったアポロ・クリードを葬ったイワン・ドラコの息子ヴィクトルが登場し、アドニスが因縁の対決に挑む姿を描く。ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは、かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターと対戦することになる。ヴィクターの反則行為により試合には勝利したものの、納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、心身ともに不調に陥ってしまう。やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、しばらく一線から遠のくことに。しかし、「ボクシングこそが自分そのもの」と気づいたアドニスは、ヴィクターとの再戦を決意する。前作から続いてアドニス役をマイケル・B・ジョーダン、ロッキー役をシルベスター・スタローンが演じ、スタローンは原案や脚本も担当。「ロッキー4」でイワン・ドラコを演じたドルフ・ラングレンも同役で出演。監督は新鋭スティーブン・ケイプル・Jr.が務めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-174M 「喜望峰の風に乗せて」☆☆★★

Kiboho 原題:The Mercy
邦題:喜望峰の風に乗せて
時間:101分
公開:2019-01
製作年度:2017
製作国:イギリス
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:オリビエ・クールソン、ロン・ハルパーン、ジェニー・ボーガーズ、ダン・マクレイ、クリスティーン・ランガン、ダーモット・マキヨン、ジョニー・パーシー
製作:グレアム・ブロードベント、ピート・チャーニン、スコット・Z・バーンズ、ニコラ・モベルネ
ジャック・ペラン
監督:ジェームズ・マーシュ
脚本:スコット・Z・バーンズ
原作:
撮影:エリック・ゴーティエ
音楽:ヨハン・ヨハンソン
出演:コリン・ファース、レイチェル・ワイズ、デビッド・シューリス、ケン・ストット
「博士と彼女のセオリー」のジェームズ・マーシュ監督が「英国王のスピーチ」のコリン・ファースを主演に迎え、実話をもとに描いた海洋冒険ドラマ。1968年、イギリス。ヨットによる単独無寄港世界一周を競うゴールデン・グローブ・レースが開催されることに。華々しい経歴を持つセーラーたちが参加する中、航海計器の会社を経営するビジネスマン、ドナルド・クロウハーストが名乗りをあげる。アマチュアの果敢な挑戦にスポンサーも現われ、家族や周囲の期待に押されながら出航するドナルド。そんな彼を待ち受けていたのは、過酷な自然と耐え難い孤独、そして自分自身の思いがけない行動だった。共演に「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、「ワンダーウーマン」のデビッド・シューリス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-160M 「華氏119」☆☆☆★

119 原題:ahrenheit 11/9
邦題:華氏119
時間:分
公開:2018-11-02
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ギャガ
製作総指揮:ティア・レッシン
製作:マイケル・ムーア
カール・ディール
メーガン・オハラ
監督:マイケル・ムーア
脚本:マイケル・ムーア
原作:
撮影:ジェイミー・ロイ
ルーク・ガイスビューラー
音楽:
出演:マイケル・ムーア
ドナルド・トランプ
アメリカの銃社会に風穴を開けた「ボウリング・フォー・コロンバイン」や医療問題を取り上げた「シッコ」など、巨大な権力に対してもアポなし突撃取材を敢行するスタイルで知られるドキュメンタリー監督のマイケル・ムーアが、アメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプを題材に手がけたドキュメンタリー。タイトルの「華氏119(原題:Fahrenheit 11/9)」は、トランプの大統領当選が確定し、勝利宣言をした2016年11月9日に由来。ムーア監督の代表作であり、当時のジョージ・W・ブッシュ政権を痛烈に批判した「華氏911(Fahrenheit 9/11)」に呼応するものになっている。16年の大統領選の最中からトランプ当選の警告を発していたムーア監督は、トランプ大統領を取材するうちに、どんなスキャンダルが起こってもトランプが大統領の座から降りなくてもすむように仕組まれているということを確信し、トランプ大統領を「悪の天才」と称する。今作では、トランプ・ファミリー崩壊につながるというネタも暴露しながら、トランプを当選させたアメリカ社会にメスを入れる。
コロンバイン高校の事件から20年弱。結局のところ、何も変わらない、いや、より悪くなっているアメリカの救いようのなさが、強烈に伝わる。変わったのは、ムーアが恐れられ疎まれる存在になっているという、いささかパーソナルな環境変化くらいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-146M 「顔たち、ところどころ」☆☆☆★

Kaotati 原題:Visages Villages
邦題:顔たち、ところどころ
時間:89分
公開:2018-09-15
製作年度:2017
製作国:フランス
配給:アップリンク
製作総指揮:
製作:ロザリー・バルダ、チャールズ・S・コーエン、ジュリー・ガイエ、ナディア・ターインセブ、ニコル・フ、エチエンヌ・コマール
監督:アニエス・バルダ、JR
脚本:アニエス・バルダ、JR
原作:
撮影:
音楽:マチュー・シェディッド
出演:アニエス・バルダ、JR
フランス映画界の名匠アニエス・バルダと若手アーティストのJRが共同監督を務めたロードムービースタイルのドキュメンタリー。「ヌーベルバーグの祖母」とも呼ばれ、女性監督の先駆者としてカンヌ国際映画祭やアカデミー賞の名誉賞も受賞している88歳のバルダと、参加型アートプロジェクト「Inside Out」で知られる34歳のアーティスト、JR。親子ほども年の離れた2人がフランスの田舎をトラックで巡りながら、市井の人々と接し、作品をともに作り、残していくいく旅の様子を記録した。2017年・第70回カンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞し、トロント国際映画祭の最高賞である観客賞など、各国の映画祭で受賞を重ねる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-141M 「ガンジスに還る」☆☆☆

Gandis 原題:Hotel Salvation
邦題:ガンジスに還る
時間:99分
公開:2010-10-27
製作年度:2016
製作国:インド
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:ディナ・ダッタニ
製作:サンジャイ・ブティアニ、サジダ・シャルマ、シュバシシュ・ブティアニ
監督:シュバシシュ・ブティヤニ
脚本:シュバシシュ・ブティヤニ
原作:
撮影:マイケル・マクスウィーニー、デビッド・フーラー
音楽:タジダール・ジュネイド
出演:アディル・フセイン(ラジーヴ)、ラリット・ベヘル(ダヤ)、ギータンジャリ・クルカルニ(ラタ)、パロミ・ゴーシュ(スニタ)、ナブニンドラ・ベヘル(ヴィムラ)、アニル・ラストーギー(ミシュラ)
インドの新鋭シュバシシュ・ブティアニ監督が弱冠27歳で手がけ、ベネチア国際映画祭などで賞賛されたヒューマンドラマ。雄大なガンジス河を背景に、誰にでもいつか訪れる「死」というテーマを、ユーモアと人情味を交えて描いた。ある日、不思議な夢を見て自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシに行くと宣言する。家族の反対にも決意を曲げないダヤに、仕方なく仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに。安らかな死を求める人々が集う施設「解脱の家」にたどり着き、ダヤは残された時間を施設の仲間とともに心穏やかに過ごそうとするが、ラジーヴとは何かと衝突してしまう。しかし、雄大なガンジス河の流れが、次第に父子の関係を解きほぐしていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-117M 「皇帝ペンギン ただいま」☆☆☆★

Kouteicall 原題:L'empereur
邦題:皇帝ペンギン ただいま
時間:85分
公開:2018-08-25
製作年度:2017
製作国:フランス
配給:ハピネット
製作総指揮:
製作:イブ・ダロンド、クリストフ・リウー、エマニュエル・プリウー
監督:リュック・ジャケ
脚本:
原作:
撮影:ジェローム・ブビエ、ヤニック・ジャンティ、リュック・ジャケ、ロラン・シャレ、ジェローム・メゾン
音楽:シリル・オフォール
出演:ランベール・ウィルソン
アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した「皇帝ペンギン」の12年ぶりとなる続編。ペンギン全種の中で最も寒冷な環境に適応しており、親鳥は餌を採るため150~1000キロも移動するなど、最も過酷な子育てをする鳥とされる皇帝ペンギン。まだ子どもの羽毛に覆われている若い皇帝ペンギンたちの初めての旅を追い、南極の過酷な自然の中で懸命に生きる姿と親子の絆を感動的に描く。最新鋭のデジタル4Kカメラやドローンを駆使して撮影を敢行し、なめらかな羽毛や、空の青さをそのままに反射する氷山など、美しい映像を鮮明に映し出す。さらに南極海では史上初となる水深70メートルの水中撮影に挑み、透き通る海中を飛ぶように狩りをするペンギンたちや、氷海下に生息する様々な生物たちの貴重な姿を捉えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-112M 「500ページの夢の束」☆☆☆★

500page_2 原題:Please Stand By
邦題:500ページの夢の束
時間:93分
公開:2018-09-07
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:マーク・キューバン、ティム・クレイン
製作:ダニエル・ダビッキ、ララ・アラメディン、トッド・ワグナー、ベン・コスグローブ
監督:ベン・リューイン
脚本:マイケル・ゴラムコ
原作:マイケル・ゴラムコ
撮影:ジェフリー・シンプソン
音楽:ヘイター・ペレイラ
出演:ダコタ・ファニング(ウェンディ)、トニ・コレット(スコッティ)、アリス・イブ(オードリー)
ダコタ・ファニングが自閉症を抱える少女を演じ、ある思いを胸に500ページの脚本を届けるためハリウッドを目指す旅の中で、少しずつ変わっていく少女の姿を描いたハートフルストーリー。自閉症のウェンディは「スター・トレック」が大好きで、自分なりの「スター・トレック」の脚本を書くことが趣味だった。ある日、「スター・トレック」の脚本コンテストが開かれることを知った彼女は、渾身の一作を書き上げる。しかし、郵送では締め切りに間に合わないことに気づき、愛犬ビートとともにハリウッドを目指して旅に出る。ダコタ・ファニングが主人公ウェンディを演じ、ウェンディを支えるソーシャルワーカーのスコッティ役でトニ・コレット、ウェンディを案じながらも訳あって離れて暮らしている姉オードリー役でアリス・イブが共演。監督は「セッションズ」のベン・リューイン。
「レインマン」におけるダスティン・ホフマンを連想させる。天才少女ダコタ・ファニングが、子役時代を名演技で名を馳せ、ティーンズ時代を大ヒットヤングシネマシリーズで疾走し、二十歳を超えてから、本格的に大人の演技で真価を問われることになった。そういう点で、今回の出演は、彼女の冷静なキャリア構築のためには必須だったのかもしれない。監督のリズム感の無さに苦労しているようだが、子役のナチュラルな名演技ではなく、大人の女優としての計算した演技を試行錯誤しているような感じがする。手さぐり中か。ともあれ、今後のダコタ・ファニングの成長を期待するのに、ギリギリ合格点という作品か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-110M 「かごの中の瞳」☆☆☆

Alliseeisyou 原題:All I See Is You
邦題:かごの中の瞳
時間:109分
公開:2018-09
製作年度:2016
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:レネー・ウルフ、ロン・パールマン、ブライアン・ウィルキンス
製作:マーク・フォースター、クレイグ・ボームガーテン、ジリアン・クーグラー
監督:マーク・フォースター
脚本:ショーン・コンウェイ、マーク・フォースター
原作:
撮影:
音楽:マルク・ストライテンフェルト
出演:ブレイク・ライブリー、ジェイソン・クラーク、アナ・オライリー、イボンヌ・ストラホフスキー、ウェス・チャサム、ダニー・ヒューストン
A blind woman's relationship with her husband changes when she regains her sight and discovers disturbing details about themselves.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧