2024-204M 「クレオの夏休み」☆☆☆

Screononatsuyasumi原題:Ama Gloria
邦題:クレオの夏休み
時間:83分
公開:2024-07-12
製作年度:2023
製作国:フランス
配給:トランスフォーマー
製作総指揮:
製作:ベネディクト・クーブルール
監督:マリー・アマシュケリ
脚本:マリー・アマシュケリ ポーリーヌ・ゲナ
原作:
撮影:イネス・タバラン
音楽:ファニー・マルタン
出演:イーズ・モーロワ=パンザニ(クレオ)、イルサ・モレノ・ゼーゴ(グロリア)、アブナラ・ゴメス・バレーラ(フェルナンダ(ナンダ))、フレディ・ゴメス・タバレス(セザール)、アルノー・ルボチーニ(アルノー)、ドミンゴス・ボルゼス・アルメイダ(ヨアキン)

6歳の少女と乳母の血のつながりを超えた愛の絆を、少女の目線からみずみずしくつづったフランス発のヒューマンドラマ。

パリで父親と暮らす6歳のクレオは、いつもそばにいてくれる乳母グロリアのことが大好きだった。ところがある日、グロリアは遠く離れた故郷アフリカへ帰ることになってしまう。突然の別れに戸惑うクレオを、グロリアは自身の子どもたちと住むアフリカの家に招待する。そして夏休み、クレオはグロリアと念願の再会を果たすべく、ひとり海を渡ってアフリカへ向けて旅に出る。

主人公クレオ役には、撮影当時5歳半だった演技未経験のルイーズ・モーロワ=パンザニを抜てき。監督は、共同監督を務めた前作「Party Girl」でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞し、本作が長編単独監督デビューとなる新鋭マリー・アマシュケリ。2023年・第76回カンヌ国際映画祭「批評家週間」のオープニング作品に選出された。

| | コメント (0)

2024-187M 「怪談晩餐」☆☆☆★

Skaidanbansan原題:Tastes of Horror
邦題:怪談晩餐
時間:118分
公開:2024-07-19
製作年度:2023
製作国:韓国
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:アン・サンフン ユン・ウンギョン キム・ヨンギュン イム・デウン チェ・ヨジュン
脚本:アン・サンフン ユン・ウンギョン キム・ヨンギュン イム・デウン チェ・ヨジュン
原作:
撮影:
音楽:
出演:チャン・スンヨン、オ・スンヒ、チャン・イェウン、シン・ウンス、キム・ホジュン、キム・テフン、チョ・ジュユン、ユン・ヒョウミン、チャン・グァン、イ・ジョヨン、キム・ジュリョン、パク・ジナ、チェ・スイム

韓国で活躍する5人の気鋭監督が、カカオページの人気ウェブトゥーン「Tastes of Horror」で連載されたホラー漫画を原作に、日常に潜む6つの恐怖を描いたオムニバス映画。

アイドルになる夢をかなえるべく挑んだ危険な「踊ってみた」チャレンジの恐るべき代償を描いた「ディンドンチャレンジ」、ドッペルゲンガーが受験生に教えてくれた成績アップの秘訣を描く「四足獣」、ギャンブルで大儲けした人物が謎の運転手に案内されてたどり着いたモーテルの秘密を描く「ジャックポット」、絶対に破ってはいけないルールが存在する高級マンション併設のスポーツジムを舞台に描く「入居者専用ジム」、名誉の負傷をした消防士が臨床試験で課されたリハビリの残酷な真実を描く「リハビリ」、大食い系ライブ配信者がライバルを蹴落とすために仕掛けた罠の顛末を描いた「モッパン」の6本で構成。

「ブラインド」のアン・サンフン、「ホテルレイク」のユン・ウンギョン、「殺人漫画」のキム・ヨンギュン、「時間回廊の殺人」のイム・デウン、「シャーク 覚醒」のチェ・ヨジュンが監督を務めた。

| | コメント (0)

2023-183M 「このろくでもない世界で」☆☆☆

Skonorokudemonaisekaide原題:Hopeless
邦題:このろくでもない世界で
時間:123分
公開:2024-07-26
製作年度:2023
製作国:韓国
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:
製作:
監督:キム・チャンフン
脚本:キム・チャンフン
原作:
撮影:
音楽:
出演:ソン・ジュンギ、ホン・サビン、キム・ヒョンソ

荒んだ毎日を送る少年と裏社会に生きる孤独な男の運命が交錯する様子を描いた韓国発のクライムドラマ。

とある地方の暴力がはびこる町。貧しい家庭で育った18歳のヨンギュは、継父からの暴力に耐える日々を過ごしていた。そんな彼にとって、義理の妹ハヤンと悪態をつきながら一緒にハンバーガーを食べる時間が唯一の救いだった。しかしある日、ヨンギュはハヤンを守るために暴力沙汰を起こして高校を停学になり、示談金を請求されてしまう。生き抜く術を持たないヨンギュは、地元の犯罪組織のリーダーであるチゴンを頼り、彼のもとで働くことに。憧れのチゴンに徐々に認められていくヨンギュだったが、ある日、組織の非情な掟に背いてしまい……。

「私のオオカミ少年」などの人気俳優ソン・ジュンギが裏社会に生きる男チゴンを大胆かつ繊細に演じ、映画初主演のホン・サビンがヨンギュ、同じく新人のキム・ヒョンソがヨンギュの義妹ハヤンを演じた。監督・脚本は、本作が初長編となるキム・チャンフン。第76回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門出品。

| | コメント (0)

2024-181M 「画家ボナール ピエールとマルト」☆☆☆★

Sgakabonale原題:Bonnard, Pierre et Marthe
邦題:画家ボナール ピエールとマルト
時間:123分
公開:2024-09-20
製作年度:2023
製作国:フランス
配給:オンリー・ハーツ
製作総指揮:
製作:フランソワ・クラウス ドゥニ・ピノ=バランシエンヌ
監督:マルタン・プロボ
脚本:マルタン・プロボ
原作:
撮影:ギョーム・シフマン
音楽:マイケル・ガラッソ
出演:セシル・ドゥ・フランス、ヴァンサン・マケーニュ、ステイシー・マーティン、アヌーク・グランベール、アンドレ・マルコン

フランス人画家ピエール・ボナールとその妻マルトの知られざる半生を美しい映像で描いた伝記映画。

1888年に結成された「ナビ派」を代表する画家で、印象派とポスト印象派との間を結ぶ架け橋とみなされるピエール・ボナール。彼は生涯の伴侶となる女性マルトに出会ったとき、彼女が自分の人生と仕事になくてはならない存在になるとは思いもしなかった。「幸福の画家」であるボナールにとって、マルトは単なるミューズをはるかに超えた存在となる。2人は当時の常識からかけ離れた破天荒な愛の形を営みながら、その生涯をかけて充実した芸術的成果を生み出していく。

「セラヴィ!」「夜明けの祈り」のバンサン・マケーニュがピエール、「ヒアアフター」「少年と自転車」のセシル・ドゥ・フランスがマルトを演じ、「グッバイ・ゴダール!」のステイシー・マーティン、「メルシー・ラ・ヴィ」のアヌーク・グランベールが共演。「5月の花嫁学校」「ルージュの手紙」のマルタン・プロボが監督・脚本を手がけた。

| | コメント (0)

2024-180M 「クワイエット・プレイス DAY 1」☆☆☆★★

Squietplaceday1原題:A Quiet Place: Day One
邦題:クワイエット・プレイス DAY 1
時間:100分
公開:2024-06-28
製作年度:2024
製作国:アメリカ
配給:東和ピクチャーズ
製作総指揮:アリソン・シーガー ビッキー・ディー・ロック
製作:マイケル・ベイ アンドリュー・フォーム ブラッド・フラー ジョン・クラシンスキー
監督:マイケル・サルノスキ
脚本:マイケル・サルノスキ
原作:ジョン・クラシンスキー マイケル・サルノスキ
撮影:
音楽:
出演:ルピタ・ニョンゴ、ジョセフ・クイン、アレックス・ウルフ、ジャイモン・フンスー

音に反応して人間を襲う“何か”によって人類滅亡の危機に瀕した世界で、沈黙を守って生き延びる一家の姿を描いた人気サバイバルホラー「クワイエット・プレイス」のシリーズ第3作。田舎の町を舞台にした前2作と変わり、今作では大都会のニューヨークが舞台となり、これまで語られてこなかった“何か”が地球に襲来した最初の日を描く。

飼い猫のフロドとともにニューヨークに暮らすサミラ。大都会ゆえに不寛容な人もいるが、そんな街での日々も、愛する猫がいれば乗り切ることができる。そんなある日、突如として空から多数の隕石が降り注ぎ、周囲は一瞬にして阿鼻叫喚に包まれる。そして隕石とともに襲来した凶暴な“何か”が人々を無差別に襲い始める。何の前触れもなく日常は破壊され、瓦礫の山となった街の中を逃げ惑うサミラは、路地裏に身を隠して息をひそめ、同じように逃げてきたエリックという男性とともにニューヨークからの脱出を計画するが……。

前2作で監督や脚本を務めたジョン・クラシンスキーは、今作では製作や脚本を担当。ニコラス・ケイジ主演のリベンジスリラー「PIG ピッグ」で注目された新鋭監督マイケル・サルノスキがメガホンをとった。主人公のサミラ役に「ブラックパンサー」「それでも夜は明ける」のルピタ・ニョンゴ、サミラと行動をともにするエリック役に「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のジョセフ・クイン。また、シリーズ第2作「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」でジャイモン・フンスーが演じた謎の生存者も登場する。

| | コメント (0)

2024-169M 「コンセント 同意」☆☆☆★

Sdoi原題:Le consentement
邦題:コンセント 同意
時間:118分
公開:2024-08-02
製作年度:2023
製作国:フランス・ベルギー
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:
監督:バネッサ・フィロ
脚本:バネッサ・フィロ バネッサ・スプリンゴラ フランソワ・フィロ
原作:バネッサ・スプリンゴラ
撮影:ギョーム・シフマン
音楽:
出演:キム・イジュラン、ジャン=ポール・ルーヴ、レティシア・カスタ、エロディ・ブシェーズ

フランスの作家ガブリエル・マツネフと14歳で性的関係を持っていた女性バネッサ・スプリンゴラがその事実を告発した著書「同意」を映画化。

文学が好きな13歳の少女バネッサは、50歳の有名作家ガブリエル・マツネフと出会う。彼は自身の小児性愛嗜好を隠すことなく文学作品に仕立て上げ、既存の道徳や倫理への反逆者として注目を集めた人物だった。やがて14歳になったバネッサはマツネフと同意の上で性的関係を結ぶが、そのいびつな関係はその後の彼女の人生に暗い影を落とすことになる。

映画初出演のキム・イジュランがバネッサ役で主演を務め、第49回セザール賞女性新人賞にノミネート。「ローラとふたりの兄」など監督としても活躍する俳優ジャン=ポール・ルーブがマツネフを演じ、「ゲンズブールと女たち」のレティシア・カスタ、「天使が見た夢」のエロディ・ブシェーズが共演。「マイ・エンジェル」のバネッサ・フィロが監督・脚本を手がけ、原作者バネッサ・スプリンゴラが脚本に協力。

少女役がどうもタイプじゃないので、共感できず。

| | コメント (0)

2024-139M 「関心領域」☆☆☆★★★

Skanshinryoiki原題:The Zone of Interest
邦題:関心領域
時間:106分
公開:2024-05-24
製作年度:2023
製作国:アメリカ・イギリス・ポーランド
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:レノ・アントニアデス レン・ブラバトニック ダニー・コーエン テッサ・ロス オリー・マッデン
製作:ジェームズ・ウィルソン エバ・プシュチンスカ
監督:ジョナサン・グレイザー
脚本:ジョナサン・グレイザー
原作:マーティン・エイミス
撮影:ウカシュ・ジャル
音楽:ミカ・レビ
出演:クリスティアン・フリーデル(ルドルフ・ヘス)、ザンドラ・ヒュラー(ヘートヴィヒ・ヘス)

「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」のジョナサン・グレイザー監督がイギリスの作家マーティン・エイミスの小説を原案に手がけた作品で、2023年・第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でグランプリ、第96回アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞。ホロコーストや強制労働によりユダヤ人を中心に多くの人びとを死に至らしめたアウシュビッツ強制収容所の隣で平和な生活を送る一家の日々の営みを描く。

タイトルの「The Zone of Interest(関心領域)」は、第2次世界大戦中、ナチス親衛隊がポーランド・オシフィエンチム郊外にあるアウシュビッツ強制収容所群を取り囲む40平方キロメートルの地域を表現するために使った言葉で、映画の中では強制収容所と壁一枚隔てた屋敷に住む収容所の所長とその家族の暮らしを描いていく。

カンヌ国際映画祭ではパルムドールに次ぐグランプリに輝き、第96回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞、音響賞の5部門にノミネートされ、国際長編映画賞と音響賞の2部門を受賞した。出演は「白いリボン」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」のクリスティアン・フリーデル、主演作「落下の解剖学」が本作と同じ年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したサンドラ・ヒュラー。

| | コメント (0)

2024-131M 「恋するプリテンダー」☆☆☆★

Speitender原題:Anyone But You
邦題:恋するプリテンダー
時間:103分
公開:2024-05-10
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:アリッサ・アルトマン ジャクリーン・モネッタ キャサリン・ビショップ ナタリー・セラーズ チャーリー・コーウィン シドニー・キンメル マーク・オコナー シドニー・スウィーニー ジョナサン・ダビノ
製作:ウィル・グラック ジョー・ロス ジェフ・キルシェンバウム
監督:ウィル・グラック
脚本:イラナ・ウォルパート ウィル・グラック
原作:イラナ・ウォルパート
撮影:ダニー・ルールマン
音楽:
出演:シドニー・スウィーニー(ビー)、グレン・パウエル(ベン)、ダーモット・マローニー(レオ)、ブライアン・ブラウン(ロジャー)

オーストラリアのきらめくリゾートを舞台に、大人の男女が意地とプライドを懸けて繰り広げる恋の駆け引きを描いたラブコメディ。

弁護士を目指してロースクールに通うビーは、街角のカフェで知り合った金融マンのベンと最高の初デートをするが、ちょっとした行き違いが原因で燃え上がった恋心も一気に凍りついてしまう。数年後、そんな2人がオーストラリアで同じ結婚式に出席して偶然に再会。真夏のリゾートウェディングに皆が心躍らせる中、険悪なムードを漂わせる2人。しかし、復縁を迫る元カレから逃げたいビーと元カノの気を引いてヨリを戻したいベンは、互いの望みをかなえるために恋人のフリをすることになり……。

ビー役はドラマ「ユーフォリア EUPHORIA」や映画「リアリティ」で注目を集めるシドニー・スウィーニー、ベン役は「トップガン マーヴェリック」のハングマン役でブレイクしたグレン・パウエル。監督は「小悪魔はなぜモテる?!」「ANNIE アニー」で知られるウィル・グラック。

ヒットしたのは、ここまでベタで王道のラブコメが珍しいからだろう。それなりに需要がある『ボーイ・ミーツ・ガール』。とはいえ、舞台は今様なLGBTQ、ダイバーシティだ。コアラに懺悔するシニカルなシーンに爆笑した。それにしてもなぜラブコメのヒロインは(ほぼいつも)、ブロンドでサル顔なのだろう。

| | コメント (0)

2024-116M 「ゴジラ×コング 新たなる帝国」☆☆☆★

Sgozirakong原題:Godzilla x Kong: The New Empire
邦題:ゴジラ×コング 新たなる帝国
時間:117分
公開:2024-04-26
製作年度:20224
製作国:アメリカ
配給:東宝
製作総指揮:アダム・ウィンガード ジェン・コンロイ ジェイ・アシェンフェルター 坂野義光 奥平謙二
製作:メアリー・ペアレント アレックス・ガルシア エリック・マクレオド トーマス・タル ブライアン・ロジャース
監督:アダム・ウィンガード
脚本:テリー・ロッシオ サイモン・バレット ジェレミー・スレイター
原作:テリー・ロッシオ アダム・ウィンガード サイモン・バレット
撮影:ベン・セレシン
音楽:トム・ホルケンボルフ アントニオ・ディ・イオーリオ
出演:レベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、ダン・スティーヴンス、ケイリー・ホトル、アレックス・ファーンズ、レイチェル・ハウス、ファラ・チェン

2014年の「GODZILLA ゴジラ」から始まったハリウッド版「ゴジラ」シリーズと「キングコング:髑髏島の巨神」の世界観をクロスオーバーさせた「モンスターバース」シリーズの通算5作目。

怪獣と人類が共生する世界。未確認生物特務機関「モナーク」が異常なシグナルを察知したことを発端に、ゴジラが君臨する地上世界とコングが生きる地底世界の2つのテリトリーが交錯し、ゴジラとコングが激突する。しかし、その先には人類にとってさらなる未知の脅威が待ち受けており、怪獣たちの歴史と起源、さらには人類の存在そのものの謎に迫る新たな冒険が繰り広げられる。

監督は、前作「ゴジラvsコング」でもメガホンをとったアダム・ウィンガード。出演は、こちらも「ゴジラvsコング」から続投となるレベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、ケイリー・ホトルのほか、「美女と野獣」のダン・スティーブンス、「シャン・チー テン・リングスの伝説」のファラ・チェンらが顔をそろえる。

なんかもう、昭和の東宝ゴジラのリメイク状態だが、モスラが虫らしさがイマイチ。そんなこと関係無く強引なストーリー。猿が強制労働させられてるが、なぜなのか意味不明。壮大な子供だましが痛快である。

| | コメント (0)

2024-111M 「貴公子」☆☆☆★

Skikoshi原題:The Childe
邦題:貴公子
時間:118分
公開:2024-04-12
製作年度:2023
製作国:韓国
配給:シンカ
製作総指揮:
製作:パク・フンジョン
監督:パク・フンジョン
脚本:パク・フンジョン
原作:
撮影:
音楽:モグ
出演:キム・ソンホ、カン・テジュ、キム・ガンウ、コ・アラ

「THE WITCH 魔女」シリーズのパク・フンジョン監督が、巨額の遺産を巡って繰り広げられる攻防戦を予測不能な展開で描いた韓国ノワールアクション。

フィリピンで暮らす貧しい青年マルコは病気の母のため、地下格闘で日銭を稼いでいた。ある日、マルコはこれまで一度も会ったことのない韓国人の父が自分を捜していると聞き、韓国へ向けて旅立つ。マルコは飛行機の機内で、自らを「友達(チング)」と呼ぶ怪しい男「貴公子」と出会う。美しい顔立ちで不気味に笑う貴公子に恐怖を感じて逃げ出すマルコだったが、執拗に追われ徐々に追い詰められていく。

ドラマ「海街チャチャチャ」でブレイクしたキム・ソンホが映画初出演にして主演を務め、魅惑的かつユーモラスな貴公子を熱演。ドラマ「こんにちは?私だよ!」のカン・テジュがマルコを演じ、「君だけが知らない」のキム・ガンウ、ドラマ「ヘチ 王座への道」や映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」のコ・アラが共演。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧