2021-072M 「カモン カモン」☆☆☆★

Scmoncmon原題:C'mon C'mon
邦題:カモン カモン
時間:108分
公開:2022-04-22
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:
製作:チェルシー・バーナード リラ・ヤコブ アンドレア・ロングエーカー=ホワイト
監督:マイク・ミルズ
脚本:マイク・ミルズ
原作:
撮影:ロビー・ライアン
音楽:ブライス・デスナー アーロン・デスナー
出演:ホアキン・フェニックス(ジョニー)、ウディ・ノーマン(ジェシー)、ギャビー・ホフマン(ヴィヴ)、モリー・ウェブスター(ロクサーヌ)、ジャブーキー・ヤング=ホワイト(ファーン)

「20センチュリー・ウーマン」「人生はビギナーズ」のマイク・ミルズ監督が、ホアキン・フェニックスを主演に、突然始まった共同生活に戸惑いながらも歩み寄っていく主人公と甥っ子の日々を、美しいモノクロームの映像とともに描いたヒューマンドラマ。ニューヨークでひとり暮らしをしていたラジオジャーナリストのジョニーは、妹から頼まれて9歳の甥ジェシーの面倒を数日間みることになり、ロサンゼルスの妹の家で甥っ子との共同生活が始まる。好奇心旺盛なジェシーは、疑問に思うことを次々とストレートに投げかけてきてジョニーを困らせるが、その一方でジョニーの仕事や録音機材にも興味を示してくる。それをきっかけに次第に距離を縮めていく2人。仕事のためニューヨークに戻ることになったジョニーは、ジェシーを連れて行くことを決めるが……。「ジョーカー」での怪演でアカデミー主演男優賞を受賞したフェニックスが、一転して子どもに振り回される役どころを軽やかに演じた。ジェシー役は新星ウッディ・ノーマン。
アメリカの育児、面倒くさそう。と、昭和オヤジは感想を持った。
子供を育てる大人への自己啓発セミナーのような映画だ。

| | コメント (0)

2022-066M 「キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性」☆☆☆★

Scastingby原題:Casting By
邦題:キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性
時間:89分
公開:2022-04-02
製作年度:2012
製作国:アメリカ
配給:テレビマンユニオン
製作総指揮:エドワード・ダーキン スティーブ・エドワーズ ジョン・バリス
製作:ケイト・レイシー トム・ドナヒュー ジョアンナ・コルバート イラン・アルボレダ
監督:トム・ドナヒュー
脚本:
原作:
撮影:ピーター・ボルテ
音楽:リー・ロバーツ
出演:マーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロ、ウディ・アレン、クリント・イーストウッド、ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマン、アル・パチーノ、メル・ギブソン

「キャスティング(配役)」の先駆者マリオン・ドハティを中心に、映画業界で最も重要な仕事のひとつでありながら、これまであまり知られることのなかったキャスティングにスポットを当てたドキュメンタリー。長年にわたってハリウッドで活躍し、キャスティングの概念を一新させたマリオン・ドハティ。絶妙なセンスと先見の明を頼りに、白人男性至上主義の根強いスタジオシステム方式から多様なアンサンブルキャストへと移行する道筋を開き、アメリカン・ニューシネマの隆盛にも大きく貢献した。ドハティ本人の映像に加え、マーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロ、ウッディ・アレン、クリント・イーストウッドら錚々たる顔ぶれの映画人が出演する。
アメリカ映画史のお勉強。

| | コメント (0)

2022-059M 「神は見返りを求める」☆☆★★★

Skamihamikaeri邦題:神は見返りを求める
時間:104分
公開:2022-06-24
製作年度:2022
製作国:日本
配給:パルコ
製作総指揮:
製作:
監督:吉田恵輔
脚本:吉田恵輔
原作:
撮影:
音楽:
出演:ムロツヨシ、岸井ゆきの、若葉竜也、吉村界人、淡梨、柳俊太郎

『BLUE/ブルー』『空白』などの吉田恵輔監督が脚本も手掛け、YouTuberを題材に描くラブストーリー。見返りを求めない優しい男性とどん底YouTuberの関係を映し出す。ドラマ「親バカ青春白書」や『マイ・ダディ』などのムロツヨシ、『ケイコ 目を澄ませて』などの岸井ゆきのをはじめ、若葉竜也、吉村界人、淡梨、柳俊太郎らが出演する。
イベント会社で働く田母神尚樹(ムロツヨシ)は、YouTuberの川合優里(岸井ゆきの)と合コンで出会う。再生回数の少なさに頭を悩ませる優里に同情した田母神は、彼女のYouTubeチャンネルを見返りを求めることなく手助けする。人気が出ないながらも彼らは前向きに努力を続け、お互い良きパートナーになっていくが、あることをきっかけに二人の関係が大きく変化する。

 

| | コメント (0)

2022-055M 「帰らない日曜日」☆☆☆★

Skaeranainichiyoubi原題:Mothering Sunday
邦題:帰らない日曜日
時間:104分
公開:2022-05-27
製作年度:2021
製作国:イギリス
配給:松竹
製作総指揮:ジュリア・オー ダニエル・バトセック オリー・マッデン ノーマン・メリー ピーター・ハンプデン ナターシャ・ワートン トーステン・シューマッハー エマ・バーコフスキー
製作:エリザベス・カールセン スティーブン・ウーリー
監督:エバ・ユッソン
脚本:アリス・バーチ
原作:グレアム・スウィフト
撮影:ジェイミー・D・ラムジー
音楽:モーガン・キビー
出演:オデッサ・ヤング、ジョシュ・オコナー、コリン・ファース、オリヴィア・コールマン


ブッカー賞作家グレアム・スウィフトの小説「マザリング・サンデー」を映画化し、第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘密の恋を描いたラブストーリー。1924年3月、イギリス中のメイドが年に一度の里帰りを許される「母の日」の日曜日。しかしニヴン家に仕えるジェーンは孤児院育ちで、帰る家はない。そんな彼女のもとに、秘密の恋人であるアプリィ家の子息ポールから密会の誘いが届く。幼なじみのエマとの結婚を控えるポールだったが、前祝いの昼食会を前に、屋敷の寝室でジェーンとひと時を過ごす。やがてニヴン家へ戻ったジェーンを、思いがけない知らせが待ち受けていた。時が経ち小説家になったジェーンは、彼女の人生を一変させたあの日のことを振り返る。「アサシネーション・ネーション」のオデッサ・ヤングと「ゴッズ・オウン・カントリー」のジョシュ・オコナーが主演を務め、オスカー俳優のコリン・ファースとオリビア・コールマンが共演。監督は「バハールの涙」のエバ・ユッソン。


ノーベル賞作家の「カズオ・イシグロが褒めた小説」を原作としたメロドラマ。「全米が泣いた」や「たけしが絶賛」な謳い文句だが、そんなフックはいらないのではないか?良い作品なのに、余計にアングルがついてしまうだろうに。

 

| | コメント (0)

2022-052M 「ガンパウダー・ミルクシェイク」☆☆☆★★

Sgunpwdermilkshake原題:Gunpowder Milkshake
邦題:ガンパウダー・ミルクシェイク
時間:114分
公開:2022-03-18
製作年度:2021
製作国:フランス・ドイツ・アメリカ
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:ロン・ハルパーン ディディエ・ルプファー シェイナ・エディ=グルーフ リュック・エチエンヌ アハロン・ケシャレス
製作:アンドリュー・ローナ アレックス・ハインマン
監督:ナボット・パプシャド
脚本:ナボット・パプシャド エフード・ラフスキ
原作:
撮影:マイケル・セレシン
音楽:フランク・イルフマン
出演:カレン・ギラン(サム)、レナ・ヘディ(スカーレット)、カーラ・グギーノ(マデリン)、クロエ・コールマン(エミリー)、ラルフ・イネソン(ジム・マカリスター)、アダム・ナガイティス(ヴァージル)、マイケル・スマイリー(リッキー医師)、ミシェル・ヨー(フローレンス)、アンジェラ・バセット(アナ・メイ)、ポール・ジアマッティ(ネイサン)

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のカレン・ギランが主演を務め、犯罪組織に立ち向かう女たちの死闘を描いたバイオレンスアクション。ネオンきらめくクライム・シティ。暗殺組織に所属する凄腕の殺し屋サムは、ターゲットの娘エミリーを匿ったせいで組織を追われ、命を狙われてしまう。次々と送り込まれる刺客たちを蹴散らしながら夜の街を駆け抜けるサムは、かつて殺し屋だった3人の女たちが仕切る図書館に飛び込む。女たちはジェーン・オースティンやバージニア・ウルフの名を冠した武器を手に、激しい戦いへと身を投じていく。3人の図書館員を「スパイキッズ」シリーズのカーラ・グギーノ、「ブラックパンサー」のアンジェラ・バセット、「グリーン・デスティニー」のミシェル・ヨー、サムの母をテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のレナ・ヘディが演じた。監督・脚本は「オオカミは嘘をつく」で注目を集めたイスラエル出身の鬼才ナボット・パプシャド。
女性の軍団もの。「355」より圧倒的にスタイリッシュでカッコよく、テンポもバッチリで娯楽満点。女子会映画の「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」のディフュージョンラインのようなイメージか。ある意味、女子版「キングスメン」のような趣もあるが、これらの原点は「チャーリーズ・エンジェル」なのだろう。もにろんヴィランに振ってるが。それにしても、もう少々評価が高くても良いと思うのだが。木下への色眼鏡かな。もうね、全員が「見得を切る見せ場」を用意されていて、その道具が「殺られる男共」ってのが、いい。

| | コメント (0)

2022-044M 「ゴヤの名画と優しい泥棒」☆☆☆★★

Stheduku原題:The Duke
邦題:ゴヤの名画と優しい泥棒
時間:95分
公開:2022-02-25
製作年度:2020
製作国:イギリス
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:キャメロン・マクラッケン ジェニー・ボーガーズ アンドレア・スカルソ ヒューゴ・ヘッペル ピーター・スカーフ クリストファー・バントン
製作:ニッキー・ベンサム
監督:ロジャー・ミッシェル
脚本:リチャード・ビーン クライブ・コールマン
原作:
撮影:マイク・エリー
音楽:ジョージ・フェントン
出演:ジム・ブロードベント(ケンプトン・バントン)、ヘレン・ミレン(ドロシー・バントン)、フィオン・ホワイトヘッド(ジャッキー・バントン)、アンナ・マックスウェル・マーティン(グロウリング夫人)、マシュー・グード(ジェレミー・ハッチンソン)

1961年に実際に起こったゴヤの名画盗難事件の知られざる真相を描いたドラマ。2021年9月に亡くなった「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル監督がメガホンを取り、本作が長編劇映画の遺作となった。1961年、世界屈指の美術館ロンドン・ナショナル・ギャラリーからゴヤの名画「ウェリントン公爵」が盗まれた。この事件の犯人はごく普通のタクシー運転手である60歳のケンプトン・バントン。長年連れ添った妻とやさしい息子と小さなアパートで年金暮らしをするケンプトンは、テレビで孤独を紛らしている高齢者たちの生活を少しでも楽にしようと、盗んだ絵画の身代金で公共放送(BBC)の受信料を肩代わりしようと企てたのだ。しかし、事件にはもうひとつのある真相が隠されていた。主人公ケンプトン役を「アイリス」のジム・ブロードベント、妻のドロシー役を「クィーン」のヘレン・ミレンが演じるほか、フィオン・ホワイトヘッド、マシュー・グードらが脇を固める。
いやあ、NHKをぶっ壊せ!の源流みたいなテーマだとは想像だにしなかった。60年代のイギリス地方都市の労働者階級の物語。もちろん労働党支持の頑固親父が主人公。実話ベースの物語だ。佳作。

| | コメント (0)

2022-019M 「ゴーストバスターズ アフターライフ」☆☆☆★★

Sgbafterlife2022原題:Ghostbusters: Afterlife
邦題:ゴーストバスターズ アフターライフ
時間:124分
公開:2022-02-04
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:ダン・エイクロイド ギル・キーナン ジェイソン・ブルーメンフェルド マイケル・ビューグ アーロン・L・ギルバート ジェイソン・クロス
製作:アイバン・ライトマン
監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:ギル・キーナン ジェイソン・ライトマン
原作:ダン・エイクロイド ハロルド・ライミス
撮影:エリック・スティールバーグ
音楽:ロブ・シモンセン
出演:マッケナ・グレイス(フィービー)、ポール・ラッド(グルーバーソン)、フィン・ウォルフハード(トレヴァー)、キャリー・クーン(キャリー)、ローガン・キム、セレスト・オコナー

幽霊退治に挑む冴えない科学者たちの奮闘をユーモラスに描き、1980年代に世界的ブームを巻き起こした「ゴーストバスターズ」「ゴーストバスターズ2」の続編。前2作の監督アイバン・ライトマンの息子で、「JUNO ジュノ」などで知られるジェイソン・ライトマンがメガホンをとり、ゴーストバスターズのメンバーの孫娘の活躍を描く。少女フィービーは母や兄とともに、祖父が遺した田舎の古い屋敷に引っ越して来る。この街では30年間にわたり、原因不明の地震が頻発していた。ある日フィービーは地下研究室でハイテク装備の数々を発見し、祖父がかつてニューヨークを救ったゴーストバスターズの一員だったことを知る。そんな中、フィービーは床下にあった装置「ゴーストトラップ」を誤って開封してしまう。すると不気味な緑色の光が解き放たれ、さらなる異変が街を襲いはじめる。フィービーを「gifted ギフテッド」のマッケンナ・グレイス、兄を「IT イット」シリーズのフィン・ウルフハードが演じる。

 

| | コメント (0)

2022-015M 「クレッシェンド 音楽の架け橋」☆☆☆★

Skureshend原題:Crescendo
邦題:クレッシェンド 音楽の架け橋
時間:112分
公開:2022-01-28
製作年度:2019
製作国:ドイツ
配給:松竹
製作総指揮:
製作:アリス・ブラウナー
監督:ドロール・ザハビ
脚本:ヨハネス・ロッター ドロール・ザハビ
原作:
撮影:ゲーロ・シュテフェン
音楽:フリッツ・ブッセ
出演:ペーター・ジモニシェック(エドゥアルト・スポルク)、ビビアナ・ベグロー(カルラ)、ダニエル・ドンスコイ(ロン)、サブリナ・アマリ(レイラ)、メディ・メスカル(オマル)、エーヤン・ピンコヴィッチ(シーラ)、ゲッツ・オットー(ベルマン)

長く紛争の続くイスラエルとパレスチナから集った若者たちがオーケストラを結成し、コンサートに向けて対立を乗り越えていく姿を、実在する楽団をモデルに描いたヒューマンドラマ。世界的に名の知られる指揮者のエドゥアルト・スポルクは、紛争中のイスラエルとパレスチナから若者たちを集めてオーケストラを編成し、平和を祈ってコンサートを開くというプロジェクトに参加する。オーケストラには、オーディションを勝ち抜き、家族の反対や軍の検問を乗り越え、音楽家になるチャンスをつかんだ20数人の若者たちが集まったが、彼らもまた、激しくぶつかり合ってしまう。そこでスポルクは、コンサートまでの21日間、彼らを合宿に連れ出す。寝食を共にし、互いの音に耳を傾け、経験を語り合うことで、少しずつ心をひとつにしていくオーケストラの若者たち。しかし、コンサート前日にある事件が起こる。世界的指揮者のダニエル・バレンボイムが、米文学者のエドワード・サイードととともに1999年に設立し、イスラエルと、対立するアラブ諸国から集まった若者たちで結成された「ウェスト=イースタン・ディバン管弦楽団」をモデルに描いた。若者たちを導くスポルク役を「ありがとう、トニ・エルドマン」のペーター・シモニスチェクが演じる。

| | コメント (0)

2022-008M 「クライ・マッチョ」☆☆☆★

Scrymacho原題:Cry Macho
邦題:クライ・マッチョ
時間:104分
公開:2022-01-14
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:デビッド・M・バーンスタイン
製作:クリント・イーストウッド アルバート・S・ラディ ティム・ムーア ジェシカ・マイヤー
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ニック・シェンク N・リチャード・ナッシュ
原作:N・リチャード・ナッシュ
撮影:ベン・デイビス
音楽:マーク・マンシーナ
出演:クリント・イーストウッド(マイク・マイロ)、ドワイト・ヨーカム(ハワード・ポルク)、エドゥアルド・ミネット(ラフォ)、ナタリア・トラヴェン(マルタ)、ホラシオ・ガルシア=ロハス(アウレリオ)、フェルナンダ・ウレホラ(レタ)

「許されざる者」「ミスティック・リバー」「アメリカン・スナイパー」など数々の名作を生み出してきたクリント・イーストウッドが監督・製作・主演を務め、落ちぶれた元ロデオスターの男が、親の愛を知らない少年とともにメキシコを旅する中で「本当の強さ」の新たな価値観に目覚めていく姿を描いたヒューマンドラマ。1975年に発刊されたN・リチャード・ナッシュによる小説を映画化した。かつて数々の賞を獲得し、ロデオ界のスターとして一世を風靡したマイク・マイロだったが、落馬事故をきっかけに落ちぶれていき、家族も離散。いまは競走馬の種付けで細々とひとり、暮らしていた。そんなある日、マイクは元の雇い主からメキシコにいる彼の息子ラフォを誘拐して連れてくるよう依頼される。親の愛を知らない生意気な不良少年のラフォを連れてメキシコからアメリカ国境を目指すことになったマイクだったが、その旅路には予想外の困難や出会いが待ち受けていた。
イーストウッドも、出演するには老いすぎてしまった。動きが高齢者すぎる。

| | コメント (0)

2022-002M 「キングスマン ファースト・エージェント」☆☆☆★★

Skingsmanfitstagent原題:The King's Man
邦題:キングスマン ファースト・エージェント
時間:131分
公開:2021-12-24
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:マーク・ミラー デイブ・ギボンズ スティーブン・マークス クローディア・シファー レイフ・ファインズ
製作:マシュー・ボーン デビッド・リード アダム・ボーリング
監督:マシュー・ボーン
脚本:マシュー・ボーン カール・ガイダシェク
原作:マシュー・ボーン、マーク・ミラー デイブ・ギボンズ
撮影:ベン・デイビス
音楽:マシュー・マージソン ドミニク・ルイス
出演:レイフ・ファインズ(オーランド・オックスフォード公)、ハリス・ディキンソン(コンラッド・オックスフォード)、ジャイモン・フンスー(ショーラ)、ジェマ・アータートン(ポリー・ワトキンズ)、リス・エヴァンス(グリゴリー・ラスプーチン)、トム・ホランダー(ドイツ皇帝ヴィルヘルム)、チャールズ・ダンス(キッチナー)、マシュー・グード(モートン)、ダニエル・ブリュール(エリック)、ヴァレリー・パフナー(マタ・ハリ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(アーチー・リード)

スタイリッシュな英国紳士が過激なアクションを繰り広げる人気スパイアクション「キングスマン」シリーズの3作目。第1次世界大戦を背景に、世界最強のスパイ組織「キングスマン」誕生の秘話を描く。表向きは高級紳士服テーラーだが実は世界最強のスパイ組織という「キングスマン」。国家に属さない秘密結社である彼らの最初の任務は、世界大戦を終わらせることだった。1914年、世界大戦を裏でひそかに操る闇の組織に対し、英国貴族のオックスフォード公と息子のコンラッドが立ち向かう。人類破滅へのカウントダウンが迫るなか、彼らは仲間たちとともに闇の組織を打倒し、戦争を止めるために奔走する。「ハリー・ポッター」シリーズでも知られる英国の名優レイフ・ファインズがオックスフォード公、「マレフィセント2」「ブルックリンの片隅で」の新鋭ハリス・ディキンソンが息子のコンラッドを演じた。彼らの前に立ちふさがる敵でもある怪僧ラスプーチンには個性派俳優のリス・エバンスが扮した。監督、脚本、製作はシリーズ全作を手がけるマシュー・ボーン。
サーベルの鍔の見た目というアングルは初体験。効果的とは思わないが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧