2022-172M 「靴ひものロンド」☆☆☆★

Skutsuhimonolond原題:Lacci
邦題:靴ひものロンド
時間:100分
公開:2022-09-09
製作年度:2020
製作国:イタリア・フランス
配給:樂舎
製作総指揮:
製作:ベッペ・カスケット
監督:ダニエレ・ルケッティ
脚本:ダニエレ・ルケッティ フランチェスコ・ピッコロ
原作:ドメニコ・スタルノーネ
撮影:イバン・カサルグランディ
音楽:
出演:アルバ・ロルヴァケル、ルイジ・ロ・カーショ、ラウラ・モランテ、シルヴィオ・オルランド、ジョヴァンナ・メッゾジョルノ、アドリアーノ・ジャンニーニ、リンダ・カリーディ、フランチェスカ・デ・サピオ

「ワン・モア・ライフ!」「ローマ法王になる日まで」などで知られるイタリアの名匠ダニエレ・ルケッティが、ドメニコ・スタルノーネの小説「靴ひも」を映画化した家族ドラマ。

1980年代の初頭。ナポリで暮らす4人家族の平穏な日々は、父アルドの浮気によって一変した。両親の激しい口論や父の魅力的な愛人、壊れていく母ヴァンダの姿を見つめながら、子どもたちはローマとナポリを行き来する。数年後、離散していた家族はふとしたきっかけで再び一緒に暮らすことに。それからさらに月日は流れ、アルドとヴァンダは夏のバカンスへ出かけるが、帰宅すると家は激しく荒らされており、飼い猫がいなくなっていた。

アルドとヴァンダの若き日を「幸福なラザロ」のアルバ・ロルバケルと「輝ける青春」のルイジ・ロ・カーショ、老年期を「息子の部屋」のラウラ・モランテと「ボローニャの夕暮れ」のシルビオ・オルランドがそれぞれ演じた。「イタリア映画祭2021」では「靴ひも」のタイトルで上映。
テキトーでその場限りの思いつきで行動する男。縋る妻の深謀遠慮。いつからか、仮面を被った子どもたち。なんとも背筋が凍る家族の物語が、時系列を錯綜させてコメディータッチで描かれてゆく。しかし大詰めで、舌を噛み切りたくなるような事が数十秒後に発生する予感で、エンドクレジット。うーむ、欧州映画だ。
60年前なら、妻役は絶対にソフィア・ローレンだったろうなあ。

| | コメント (0)

2022-162M 「彼女のいない部屋」☆☆★★★

Skanojonoinaiheya原題:Serre moi fort
邦題:彼女のいない部屋
時間:97分
公開:2022-08-26
製作年度:2021
製作国:フランス
配給:ムヴィオラ
製作総指揮:
製作:レティシア・ゴンザレス ヤエル・フォギエル フェリックス・フォン・ベーム
監督:マチュー・アマルリック
脚本:マチュー・アマルリック
原作:
撮影:クリストフ・ボーカルヌ
音楽:
出演:ヴィッキー・クリープス(クラリス)、アリエ・ワルトアルテ(マルク)、アンヌ=ソフィ・ボーウェン=シャテ(リュシー)、サシャ・アルディリ(ポール)、ジュリエット・バンヴェニスト(リュシー(成長後))、オーレル・グルゼスィク(ポール(成長後))、オレリア・プティ(ガソリンスタンドの友人)、エルワン・リバール(不動産業者)、サミュエル・マチュー(マルクの同僚)、クカ・バニェレス・フロス(山荘のウェイトレス)

「007 慰めの報酬」などへの出演で国際的に知られ、「さすらいの女神たち」など監督としても活躍するフランスの俳優マチュー・アマルリックが監督・脚本を手がけた長編第4作。

本国フランスでの劇場公開前に明かされたストーリーは「家出をした女性の物語、のようだ」という1文のみで、物語の詳細は伏せらたており、主人公の女性クラリスを軸に、一見するとバラバラのピースがつなぎ合わさることで、ある真実にたどり着く。

2021年・第74回カンヌ国際映画祭の「カンヌ・プレミア部門」に選出。「ファントム・スレッド」「ベルイマン島にて」のビッキー・クリープスが主人公クラリスを演じ、「Girl ガール」のアリエ・ワルトアルテが共演。

手堅くクオリティがレベル以上と計算できるル・シネマ。時々アヴァンギャルドに振れて暴投がある。本作は、僕はちとバットを振れなかった。まお、人によってはストライクに見えるだろう。異論をの存在を認めざるをえない作品だな。
途中からカラクリの正体はどっちかな?と思い出し、後半部分で判明。あとはねえ、なにがなんやら。

| | コメント (0)

2022-142M 「クリエイション・ストーリーズ 世界の音楽シーンを塗り替えた男」☆☆☆★

Screationstories 原題:Creation Stories
邦題:クリエイション・ストーリーズ 世界の音楽シーンを塗り替えた男
時間:110分
公開:2022-10-21
製作年度:2021
製作国:イギリス
配給:ポニーキャニオン
製作総指揮:ダニー・ボイル
製作:
監督:ニック・モラン
脚本:アーヴィン・ウェルシュ&ディーン・キャヴァナー
原作:
撮影:
音楽:
出演:ユエン・ブレムナー / スーキー・ウォーターハウス / ジェイソン・フレミング / トーマス・ターグーズ / マイケル・ソーチャ / メル・レイド / レオ・フラナガン / ジェイソン・アイザックス

1990年代のブリットポップ・ムーブメントを牽引したイギリスの音楽レーベル、クリエイション・レコーズの創設者アラン・マッギーの波瀾万丈な人生を映画化。スコットランド生まれのアランはロックスターを夢見ていたが、保守的な父親と衝突してばかりいた。ついに故郷を飛び出しロンドンで暮らし始めた彼は、仲間と共にクリエイション・レコーズを設立。トラブル続きのレーベル運営の中でアランは宣伝の才能を開花させ、次々と人気バンドを輩出する。その一方で、彼はレーベル運営のプレッシャーや家庭問題によって精神的に追い詰められていく。「トレインスポッティング」の監督ダニー・ボイルが製作総指揮を手がけ、同作の原作者アービン・ウェルシュが脚本、同作に出演したユエン・ブレムナーが主演を務めた。監督は、「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」などの俳優ニック・モラン。

 

 

| | コメント (0)

2022-141M 「グレイマン」☆☆☆★★

Sgrayman原題:The Gray Man
邦題:グレイマン
時間:122分
公開:2022-07-15
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:ジョー・ロス ジェフリー・キルシェンバウム パトリック・ニュウォール ジェイク・オースト トッド・マクラス パラク・パテル ジェフリー・ヘイリー
製作:アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ マイク・ラロッカ ジョー・ロス ジェフリー・キルシェンバウム クリス・カスタルディ
監督:アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
脚本:ジョー・ルッソ クリストファー・マルクス スティーブン・マクフィーリー
原作:マーク・グリーニー
撮影:スティーブン・ウィンドン
音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:ライアン・ゴズリング、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェシカ・ヘンウィック、ワグネル・モウラ、ダヌーシュ、ビリー・ボブ・ソーントン、アルフレ・ウッダード、レゲ=ジャン・ペイジ、ジュリア・バターズ、エミ・イクワーカー、スコット・ヘイズ

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ エンドゲーム」のアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟がメガホンをとったアクションスリラー。「ブレードランナー 2049」「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングと、「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」シリーズのクリス・エバンスが初共演し、命をかけた工作員同士の攻防を描く。通称「グレイマン」と呼ばれ、その正体を誰も知らない優秀なCIAの工作員コート・ジェントリーは、ある日、組織の超重要機密を知ってしまったことから、命を狙われるはめになる。元同僚で非情な工作員のロイド・ハンセンはコートに賞金をかけ、あらゆる手段を使ってコートを仕留めようとするが……。コートをライアン・ゴズリング、ロイドをクリス・エバンスが演じるほか、「ブレードランナー 2049」「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」で2人とそれぞれ共演経験のあるアナ・デ・アルマスが、コートを援護する工作員のダニ・ミランダ役で出演。脚本を、「アベンジャーズ」や「キャプテン・アメリカ」シリーズなど、マーベル・シネマティック・ユニバース作品の脚本を数多く手がけてきたクリストファー・マルクスとスティーブン・マクフィーリーが担当。Netflixで2022年7月22日から配信。それに先立つ7月15日から一部劇場で公開。

Netflixで7月22日から配信がスタートしたようだが、あえての劇場スクリーンでの鑑賞。そして、まさにスクリーンで見るべきアクション作品だった。まあ、ボーンシリーズの香りのする超人エージェントの、マクガフィン追跡もの。しかし、配信で小さな液晶画面で見るには勿体ないスケール感のある秀作だった。どうやら続編の企画もあるようだが、回収されきれない伏線や、主要な善玉悪玉好敵手が残されているので、むべなるかな。続編を期待したいレベルの逸品ということだ。

| | コメント (0)

2022-136M 「クリーン ある殺し屋の献身」☆☆☆

Screan原題:Clean
邦題:クリーン ある殺し屋の献身
時間:94分
公開:2022-09-16
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:ポール・ソレット エリオット・ブロディ エイドリアン・ブロディ ダニエル・ソリンジャー
監督:ポール・ソレット
脚本:ポール・ソレット エイドリアン・ブロディ
原作:
撮影:ゾーラン・ポポビック
音楽:エイドリアン・ブロディ
出演:エイドリアン・ブロディ、グレン・フレシュラー、リッチー・メリット、チャンドラー・アリ・デュポン、ミケルティ・ウィリアムソン、ミシェル・ウィルソン、ジョン・ビアンコ

「戦場のピアニスト」のオスカー俳優エイドリアン・ブロディが主演するアクション。凄腕の元殺し屋で、いまは孤独なゴミ清掃員として暮らす男が、心を通わせた少女を助けるため戦いに身を投じる姿を描く。深夜の街でゴミ回収車を走らせ、廃品や廃屋の修理を趣味にしている寡黙な男。「クリーン」と呼ばれる彼は、孤独な日々の中で隣人のディアンダという少女と心を通わせていた。ある時、ディアンダが街のチンピラたちに目をつけられてしまい、クリーンはディアンダを救うためチンピラたちを打ちのめす。しかし、その中に街を牛耳る麻薬ギャングのボスの息子がいたことから、クリーンはギャングから追われる立場となってしまう。エイドリアン・ブロディが主演のほか製作、脚本、音楽も手がけた。

| | コメント (0)

2022-134M 「キャメラを止めるな!」☆☆☆★

Skametome2022原題:Coupez!
邦題:キャメラを止めるな!
時間:112分
公開:2022-07-15
製作年度:2022
製作国:フランス
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:ノエミ・ドゥビド ブラヒム・シウア ミシェル・アザナビシウス バンサン・マラバル アラン・デ・ラ・マタ ジョン・ペノッティ
監督:ミシェル・アザナビシウス
脚本:ミシェル・アザナビシウス
原作:和田亮一 上田慎一郎
撮影:ジョナタン・リケブール
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ロマン・デュリス(レミー/日暮)、ベレニス・ベジョ(ナディア/ナツミ)、グレゴリー・ガドゥボワ(フィリップ/細田)、フィネガン・オールドフィールド(ラファエル/ケン)、マチルダ・ルッツ(アヴァ/チナツ)、ジャン=パスカル・ザディ(ファティ)、竹原芳子(マダム・マツダ)

低予算ながらブームを巻き起こした2017年製作の日本映画「カメラを止めるな!」を、「アーティスト」でアカデミー賞を受賞したミシェル・アザナビシウスがメガホンをとり、フランスでリメイク。日本で大ヒットした映画「ONE CUT OF THE DEAD」がフランスでリメイクされることになり、30分間生放送のワンカット撮影を依頼された監督。監督志望だが空気の読めない彼の娘と、熱中すると現実とフィクションの区別がつかなくなってしまう妻も加わり、撮影現場は大混乱に陥っていく。全く話の噛み合わない日本人プロデューサーとのバトルも繰り広げられる中、ラストシーンまで完走するべく悪戦苦闘する彼らだったが……。「タイピスト!」のロマン・デュリスが主人公の映画監督、「ある過去の行方」のベレニス・ベジョが妻を演じる。さらにオリジナル版のプロデューサー役で強烈な印象を残した竹原芳子も出演。

| | コメント (0)

2022-119M 「カセットテープ・ダイアリーズ」☆☆☆★

Scasetdiary原題:Blinded by the Light
邦題:カセットテープ・ダイアリーズ
時間:117分
公開:2020-07-03
製作年度:2019
製作国:イギリス
配給:ポニーキャニオン
製作総指揮:トーリー・メッツガー ルネー・ウィット ピーター・タッチ スティーブン・スペンス ハンナ・リーダー トレイシー・ナース ポール・マエダ・バージェス
製作:グリンダ・チャーダ ジェーン・バークレイ ジャマル・ダニエル
監督:グリンダ・チャーダ
脚本:サルフラズ・マンズール グリンダ・チャーダ ポール・マエダ・バージェス
原作:サルフラズ・マンズール
撮影:ベン・スミサード
音楽:A・R・ラフマーン
出演:ロナック・チャーダ・バージェス(ジャベド(10歳))、ビリー・バラット(マット(10歳))、ヴィヴェイク・カルラ(ジャベド)、クルヴィンダー・ギール(マリク)、ミーラ・ガナトラ(ヌール)、ニキータ・メータ(シャジア)、タラ・ディヴィナ(ヤズミン)、ディーン=チャールズ・チャップマン(マット)、ロブ・ブライドン(マットの父)、ネル・ウィリアムズ(イライザ)、アーロン・ファグラ(ループス)、ヘイリー・アトウェル(クレイ先生)、デヴィッド・ヘイマン(エバンズ)、ロレイン・アシュボーン(キャシー)、サリー・フィリップス(アンダーソン先生)

1980年代のイギリスを舞台に、パキスタン移民の少年がブルース・スプリングスティーンの音楽に影響を受けながら成長していく姿を描いた青春音楽ドラマ。87年、イギリスの田舎町ルートン。音楽好きなパキスタン系の高校生ジャベドは、閉鎖的な町の中で受ける人種差別や、保守的な親から価値観を押し付けられることに鬱屈とした思いを抱えていた。しかしある日、ブルース・スプリングスティーンの音楽を知ったことをきっかけに、彼の人生は変わり始める。出演は「キャプテン・アメリカ」シリーズのヘイリー・アトウェル、「1917 命をかけた伝令」のディーン=チャールズ・チャップマン。監督は「ベッカムに恋して」のグリンダ・チャーダ。
ブルースの楽曲があたかもミュージカルのような使われ方をする新機軸。

| | コメント (0)

2022-107M 「ガン・ホー」☆☆☆

Sgunho原題:Gung Ho
邦題:ガン・ホー
時間:112分
公開:未公開
製作年度:1986
製作国:アメリカ
配給:パラマウント映画
製作総指揮:ロン・ハワード
製作:デボラ・ブラム トニー・ガンツ
監督:ロン・ハワード
脚本:ローウェル・ガンツ ババルー・マンデル
原作:エドウィン・ブラム ローウェル・ガンツ ババルー・マンデル
撮影:ドナルド・ピーターマン
音楽:トーマス・ニューマン
出演:マイケル・キートン, ゲディ・ワタナベ, ジョージ・ウェント, ミミ・ロジャース, 山村聡, ジョン・タートゥーロ, ロン・ハワード

のちに『ビューティフル・マインド』でアカデミー監督賞を受賞するロン・ハワードが1986年に当時バブル期だった日本を取り上げ、文化・経済面での“日米摩擦”をテーマに製作した喜劇映画。当時、アメリカで公開された際にはヒットを記録し、その後テレビドラマ版も製作されたが、日本に対する見方や日本文化に対する描写などが的確すぎたため日本ではビデオ発売のみとなっていた。作品自体に賛否両論があるが、大筋は労働者と管理職、地元とよそ者の対立と和解という展開であり、喜劇映画定番のさわやかなエンディングで締めている。
アマゾンプライムでレンタル。

| | コメント (0)

2022-102M 「君を想い、バスに乗る」☆☆☆★

Skimiwoomoibasuninoru原題:The Last Bus
邦題:君を想い、バスに乗る
時間:86分
公開:2022-06-03
製作年度:2021
製作国:イギリス
配給:HIGH BROW CINEMA
製作総指揮:フィル・ハント コンプトン・ロス ジェームズ・アザートン ジャン・ペイス ティエリー・ウェイズ=ベイリー ヘンリエット・ウォルマン ジェニファー・アーミテージ ノーマン・メリー ピーター・ハンプデン ティモシー・スポール
製作:ロイ・ボウルター ソロン・パパドプーロス
監督:ギリーズ・マッキノン
脚本:ジョー・エインズワース
原作:
撮影:ジョージ・キャメロン・ゲッデス
音楽:ニック・ロイド・ウェバー
出演:ティモシー・スポール、フィリス・ローガン

最愛の妻に先立たれた老人がイギリス縦断の旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。愛する妻メアリーを亡くしたばかりのトム・ハーパーは、かつてメアリーと出会った場所を訪れるため、ローカルバスのフリーパスを利用してイギリス縦断の旅に出ることを決める。50年暮らした家のあるスコットランド最北端の村ジョン・オ・グローツを離れ、イギリス最南端の岬ランズ・エンドを目指して、様々な人と出会い、トラブルに巻き込まれながらも、トムは妻と交わしたある約束を胸に旅を続ける。「ターナー、光に愛を求めて」「ハリー・ポッター」シリーズのティモシー・スポールが主演を務め、実年齢より30歳近く年老いた役を特殊メイクなしで演じた。亡き妻メアリー役に「ダウントン・アビー」シリーズのフィリス・ローガン。「ウイスキーと2人の花嫁」「グッバイ・モロッコ」のギリーズ・マッキノン監督がメガホンをとった。
イギリス縦断!路線バスの旅。

| | コメント (0)

2021-072M 「カモン カモン」☆☆☆★

Scmoncmon原題:C'mon C'mon
邦題:カモン カモン
時間:108分
公開:2022-04-22
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:
製作:チェルシー・バーナード リラ・ヤコブ アンドレア・ロングエーカー=ホワイト
監督:マイク・ミルズ
脚本:マイク・ミルズ
原作:
撮影:ロビー・ライアン
音楽:ブライス・デスナー アーロン・デスナー
出演:ホアキン・フェニックス(ジョニー)、ウディ・ノーマン(ジェシー)、ギャビー・ホフマン(ヴィヴ)、モリー・ウェブスター(ロクサーヌ)、ジャブーキー・ヤング=ホワイト(ファーン)

「20センチュリー・ウーマン」「人生はビギナーズ」のマイク・ミルズ監督が、ホアキン・フェニックスを主演に、突然始まった共同生活に戸惑いながらも歩み寄っていく主人公と甥っ子の日々を、美しいモノクロームの映像とともに描いたヒューマンドラマ。ニューヨークでひとり暮らしをしていたラジオジャーナリストのジョニーは、妹から頼まれて9歳の甥ジェシーの面倒を数日間みることになり、ロサンゼルスの妹の家で甥っ子との共同生活が始まる。好奇心旺盛なジェシーは、疑問に思うことを次々とストレートに投げかけてきてジョニーを困らせるが、その一方でジョニーの仕事や録音機材にも興味を示してくる。それをきっかけに次第に距離を縮めていく2人。仕事のためニューヨークに戻ることになったジョニーは、ジェシーを連れて行くことを決めるが……。「ジョーカー」での怪演でアカデミー主演男優賞を受賞したフェニックスが、一転して子どもに振り回される役どころを軽やかに演じた。ジェシー役は新星ウッディ・ノーマン。
アメリカの育児、面倒くさそう。と、昭和オヤジは感想を持った。
子供を育てる大人への自己啓発セミナーのような映画だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧