2021-125M 「5月の花嫁学校」☆☆☆

Shanayomegakkou原題:La bonne epouse
邦題:5月の花嫁学校
時間:109分
公開:2021-05-28
製作年度:2020
製作国:フランス
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:フランソワ・クラウス ドゥニ・ピノ=バランシエンヌ
監督:マルタン・プロボ
脚本:マルタン・プロボ セブリーヌ・ベルバ
原作:
撮影:ギョーム・シフマン
音楽:グレゴワール・エッツェル
出演:ジュリエット・ビノシュ(ポーレット・ヴァン・デル・ベック)、ヨランド・モロー(ジルベルト・ヴァン・デル・ベック)、ノエミ・ルヴォフスキー(シスター・マリー=テレーズ)、エドゥアール・ベール(アンドレ・グランヴァルド)、フランソワ・ベルレアン(ロベール・ヴァン・デル・ベック)、マリー・ザブコヴェック(アニー・フックス)、アナマリア・ヴァルトロメイ(アルバーヌ・デ=ドゥ=ポン)、リリー・タイエブ(イヴェット・ズィグラー)、ポーリーン・ブリアン(コリン・シュヴァルツ)、アルメール(クリスティアーヌ・ルジェモン)

 

フランスを代表するオスカー女優ジュリエット・ビノシュ主演、「ルージュの手紙」のマルタン・プロボ監督によるコメディ。1967年。フランスのアルザス地方にある花嫁学校、ヴァン・デル・ベック家政学校には今年も18人の少女たちが入学してきた。経営者である夫の突然の死をきっかけに、校長のポーレットは学校が破産寸前であることを知る。ポートレットが、なんとか窮地から抜け出そうと奔走する中、パリで5月革命が勃発する。抗議運動がフランス全土に広がってゆくのを目の当たりにしたポーレットや生徒たちは、これまでの自分たちの考えに疑問を抱き始め、ある行動に出ることを決意する。ビノシュがポーレット役を演じるほか、「セラフィーヌの庭」のヨランド・モロー、「カミーユ、恋はふたたび」のノエミ・ルボフスキーらが顔をそろえる。
クライマックスのミュージカル仕立てはいかがなものか。ミゼラブルのクライマックスのような高揚感を期待したのか。フェミが絶叫してるにすぎないように思える。

 

| | コメント (0)

2021-120M 「グリーンランド 地球最後の2日間」☆☆☆★

Sgreenland原題:Greenland
邦題:グリーンランド 地球最後の2日間
時間:119分
公開:2021-06-04
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:ポニーキャニオン
製作総指揮:ダニエル・ロビンソン ニック・バウアー ディーパック・ネイヤー
製作:ジェラルド・バトラー アラン・シーゲル セバスティアン・レボ ベイジル・イバニク
監督:リック・ローマン・ウォー
脚本:クリス・スパーリング
原作:
撮影:デイナ・ゴンザレス
音楽:デビッド・バックリー
出演:ジェラルド・バトラー(ジョン・ギャリティ)、モリーナ・バッカリン(アリソン・ギャリティ)、デヴィッド・デンマン(ラルフ・ヴェント)、ホープ・デイヴィス(ジュディ・ヴェント)、ロジャー・デイル・フロイド(ネイサン・ギャリティ)、アンドリュー・バチェラー(コリン)、メリン・ダンジー(ブリーン少佐)、ホルト・マッキャラニー(トム)、スコット・グレン(デイル)

突如現れた彗星による世界崩壊までの48時間を、普通の一家の目線で描いたディザスタームービー。突如現れた彗星の破片が隕石となり地球に衝突した。さらなる巨大隕石による世界崩壊まで残り48時間に迫る中、政府に選ばれた人々の避難が始まる。建築技師の能力を見込まれたジョン・ギャリティ、そして妻のアリソンと息子のネイサンも避難所を目指して輸送機に駆けつけた。しかし、ネイサンの持病により受け入れを拒否され、家族は離れ離れになってしまう。人々がパニックに陥り、無法地帯と化していく中、生き残る道を探すギャリティ一家が目にしたのは、非常事態下での人間の善と悪だった。「エンド・オブ・ホワイトハウス」シリーズのヘラルド・バトラー、「デッドプール」シリーズのモリーナ・バッカリン、「ドクター・スリープ」のロジャー・デイル・フロイドがギャリティ一家を演じる。監督は「エンド・オブ・ステイツ」でバトラーとタッグを組んだリック・ローマン・ウォー。
ローランド・エメリッヒが得意とする人類滅亡ディザスター。絶滅方法はいろいろあるも、ほぼ常に破壊と希望の定番クライマックス。

| | コメント (0)

2021-116M 「恋の病 潔癖なふたりのビフォーアフター」☆☆☆★★

Skoinoyamai原題:怪胎 I WeirDO
邦題:恋の病 潔癖なふたりのビフォーアフター
時間:100分
公開:2021-08-20
製作年度:2020
製作国:台湾
配給:エスピーオー、フィルモット
製作総指揮:
製作:
監督:リャオ・ミンイー
脚本:リャオ・ミンイー
原作:
撮影:
音楽:
出演:リン・ボーホン、ニッキー・シエ

潔癖症の男女が織り成す予測不能な恋の行方を描いた台湾発のラブストーリー。重度の潔癖症である青年ボーチンは、一般的な社会生活を送ることができず疎外感を抱えていた。ある日、いつものように防塵服に手袋とマスクの完全武装で外出した彼は、電車内で同じような格好をした女性ジンを発見する。彼女も重度の潔癖症で、さらにスーパーマーケットで万引きを重ねる窃盗症まで抱えていた。運命の出会いを果たした2人は、他人から疎外される恐れのない安心感に満ちた関係を築いていく。しかしボーチンから突然、潔癖の症状が消えてしまったことで、2人の思いは次第にすれ違っていく。ボーチンを「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」のリン・ボーホン、ジンを「パラダイス・ネクスト」のニッキー・シエが演じる。
アメリテイストな様式的舞踏的な演技と独白説明のラブコメディ。短編小説のようなサクッとした読後感あって、なかでもラスト数分に用意された効き目のある転回が気に入った。

| | コメント (0)

2021-110M 「カムバック・トゥ・ハリウッド!!」☆☆☆★★

Scombackholliwood原題:The Comeback Trail
邦題:カムバック・トゥ・ハリウッド!!
時間:104分
公開:2021-06-04
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:パトリック・マルドゥーン サイモン・ウィリアムズ ジョー・シンプソン ピーター・タッチ ジョージ・ギャロ ベン・ルェディンガー ジェイソン・アリソン マイケル・S・スミス フランチェスカ・ランツ アンドレア・チュン カイル・ストラウド ルーク・ダニエルズ アラン・パオ マーティン・スプロック ライアン・R・ジョンソン ジョエル・マイケリー ジェフ・ウォールナー ジェフ・ライス ロブ・モラン チャンドラー・リアソン チャールズ・アンドロス
製作:フィリップ・キム パトリック・ヒブラー ジョイ・シロット・ハーウィッツ ジュリー・ロット・ギャロ リチャード・サルバトーレ デビッド・E・オーンストン
監督:ジョージ・ギャロ
脚本:ジョージ・ギャロ ジョシュ・ポスナー
原作:ハリー・ハーウィッツ
撮影:ルーカス・ビエラン
音楽:アルド・シュラク
出演:ロバート・デ・ニーロ(マックス・バーバー)、トミー・リー・ジョーンズ(デューク・モンタナ)、モーガン・フリーマン(レジー・フォンテイン)、ザック・ブラフ(ウォルター・クレイソン)、エミール・ハーシュ(ジェームス・ムーア)、ケイト・カッツマン(メーガン・アルバート)

ロバート・デ・ニーロ、トミー・リー・ジョーンズ、モーガン・フリーマンとオスカー受賞の名優たちが顔をそろえたコメディ。1970年代のハリウッド。B級映画プロデューサーのマックスは、ギャングのレジーからの借金返済に頭を悩ませていた。そんなマックスが苦し紛れに思いついたのが、危険なスタント撮影での死亡事故で保険金を手にするというとんでもないトリックだった。マックスは往年のスターであるデュークを老人ホームから担ぎ出し、西部劇の撮影をスタートさせる。撮影の本当の目的は映画を絶対に完成させずに、撮影中にデュークに死んでもらうこと。しかし、マックスの目論見ははずれ、デュークが思いのほかしぶとかったために撮影は順調に進んでしまう。マックス役をデ・ニーロ、デューク役をジョーンズ、レジー役をフリーマンがそれぞれ演じる。監督はデ・ニーロ主演のコメディ「ミッドナイト・ラン」で脚本を手がけたジョージ・ギャロ。
肩に力がこれっぼっちも入らない、ライトなコメディを名優が楽しんで演じている。モーガン・フリーマンの映画オタクっぷりが素敵。背景がボクシングジムというのもくすぐられる。オスカーはこいつで獲ったのだものね。映画愛のかたまりの良作。

| | コメント (0)

2021-104M 「クルエラ」☆☆☆★★

Scruera原題:Cruella
邦題:クルエラ
時間:138分
公開:2021-05-27
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:エマ・ストーン ミシェル・ライト ジャレッド・レボフ グレン・クローズ
製作:アンドリュー・ガン マーク・プラット クリスティン・バー
監督:クレイグ・ギレスピー
脚本:デイナ・フォックス トニー・マクナマラ
原作:ドディ・スミス
原案:アライン・ブロッシュ・マッケンナ ケリー・マーセル スティーブ・ジシス
撮影:ニコラス・カラカトサニス
音楽:ニコラス・ブリテル
出演:エマ・ストーン(クルエラ)、エマ・トンプソン(バロネス)、ジョエル・フライ(ジャスパー)、ポール・ウォルター・ハウザー(ホーレス)、エミリー・ビーチャム(キャサリン)、カービー・ハウエル=バプティスト(アニタ)、ジョン・マクリー(アーティ)、マーク・ストロング(ジョン)

ディズニーアニメ「101匹わんちゃん」に登場した悪役クルエラの誕生秘話を、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン主演で実写映画化。パンクムーブメント吹き荒れる70年代のロンドンに、デザイナーを志す少女エステラがやってくる。情熱と野心に燃える彼女は、裁縫やデザイン画の制作に打ち込み、デザイナーへの道を駆けあがるため切磋琢磨する。そのままデザイナーへの道を進んでいくと思われたエステラだったが、カリスマ的ファッションデザイナーのバロネスとの出会いが、エステラの運命を大きく変えることとなる。夢と希望にあふれた若きエステラが、なぜ狂気に満ちたクルエラとなったのか。その秘密が明らかにされる。エステラの運命を大きく変えるカリスマデザイナーのバロネス役を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「美女と野獣」のエマ・トンプソンが演じ、「キングスマン」シリーズのマーク・ストロングらが共演。「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」「ラースと、その彼女」のクレイグ・ギレスピーがメガホンをとった。2021年5月27日から劇場公開され、5月28日からDisney+でも配信(追加料金が必要なプレミアアクセスで公開)。
こんなメジャー映画がカリテだなんて。ファンタジックなプラダ悪魔な物語。けっこう良い出来でした。もっと大々的にロードショーすれば二桁億の興収は見えるのに。コロナを恨むというより、政治対応を恨むよね。ディズニーは東京都を相手に逸失利益を要求して訴訟してもいいな。

 

| | コメント (0)

2021-081M 「コンティニュー」☆☆☆★★

Sbosslevel原題:BOSS LEVEL
邦題:コンティニュー
時間:94分
公開:2021-06-04
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:
監督:ジョー・カーナハン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:メル・ギブソン、フランク・グリロ、ナオミ・ワッツ、セリーナ・ロー

本作もまた「タイムループ」もの。復活するたびに、迫りくる敵のパターンを覚えていて対処し、生き残り続ける。アクションゲームで熟達するのと同じプロセス。で、目的は世界を崩壊させるマシンを止め、愛する妻や息子を救うこと。最終局面はラスボスを討ち果たすこと。というわけで、この原題なのだろう。まあ邦題も気持ちはわかる。それにしてもタイムループ企画が増殖している。

| | コメント (0)

2021-063M 「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」☆☆☆★

Sgranpawars原題:The War with Grandpa
邦題:グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告
時間:94分
公開:2021-04-23
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:パルコ
製作総指揮:デビッド・C・グラッサー デビッド・ハッキン ボブ・ヤーリ リチャード・バーナー グラント・クレイマー ガイ・フィエリ ソウル・P・“ソニー”・シュワルツ ケン・ロス クリスティーナ・パパジーカ マシュー・サロウェイ エリザベス・クリー エリック・マクマナス ランドール・エメット ジョージ・ファーラ ジョー・ゲルシオン マイルズ・ネステル クレイグ・チャップマン チャールズ・オーティ ジェーン・ローゼンタール ベリー・ウェルシュ トレ・ピアート
製作:マービン・ピアート ローザ・モリス・ピアート フィリップ・グラッサー
監督:ティム・ヒル
脚本:トム・J・アッスル マット・エンバー
原作:ロバート・キンメル・スミス
撮影:グレッグ・ガーディナー
音楽:アーロン・ジグマン
出演:ロバート・デ・ニーロ(エド)、ユマ・サーマン(サリー)、ロブ・リグル(アーサー)、オークス・フェグリー(ピーター)、クリストファー・ウォーケン(ジェリー)、チーチ・マリン(ダニー)、ローラ・マラーノ(ミア)、ジェーン・シーモア(ダイアン)

祖父と孫が部屋とプライドをかけたバトルを展開する、ロバート・デ・ニーロ主演のコメディ。妻を亡くしたことから、娘一家の家に越してきたエド。孫のピーターは、おじいちゃんと暮らせることを喜んでいたが、自分の部屋がエドのものになり、自分は屋根裏部屋で暮らさなければいけないことを知ったことから態度を急変。激怒したピーターはエドが部屋を明け渡すよう、さまざまな攻撃をしかける。あまりにも度を越したイタズラに怒り心頭となったエドは悪友ジェリーの悪知恵を借り、ピーターに報復を開始。孫と祖父の部屋をかけた小さな戦争は、やがて隣人をも巻き込んだ大騒動へと発展していく。エド役をデ・ニーロ、ピーター役を「ピートと秘密の友達」のオークス・フェグリーが演じるほか、ユマ・サーマン、ロブ・リグル、「ディア・ハンター」以来のデ・ニーロとの共演となるクリストファー・ウォーケンらが脇を固める。監督は「アルビン 歌うシマリス3兄弟」のティム・ヒル。

 

 

| | コメント (0)

2021-062M 「グリード ファストファッション帝国の真実」☆☆☆★

Sgreed原題:Greed
邦題:グリード ファストファッション帝国の真実
時間:104分
公開:2021-06
製作年度:2019
製作国:イギリス
配給:ツイン
製作総指揮:ダニエル・バトセック オリー・マッデン
製作:ダミアン・ジョーンズ メリッサ・パーメンター
監督:マイケル・ウィンターボトム
脚本:マイケル・ウィンターボトム
原作:
撮影:ジャイルズ・ナットジェンズ
音楽:
出演:スティーヴ・クーガン | アイラ・フィッシャー | シャーリー・ヘンダーソン

 

「グリード=強欲」の意味を持つ本作は、ファストファッションブランドを経営し、業界トップにまで上り詰めた主人公リチャード・マクリディ卿のセレブ生活に隠された、ファッションビジネスの闇を描き出すブラックエンターテインメント。主人公のモデルは「TOPSHOP」などのファストファッションブランドを保有し、昨年に破産申請をしたアルカディア・グループのオーナー、フィリップ・グリーン卿。イギリスのカリスマ的コメディー俳優スティーヴ・クーガンが、日焼けした肌と不自然なまでに白い歯という、富裕層特有の外見に近づけるために肌を小麦色に塗り、付け歯をして役に挑んだ。

 

| | コメント (0)

2021-037M 「この世界に残されて」☆☆☆★

Skonosekainihokosarete原題:Akik maradtak
邦題:この世界に残されて
時間:88分
公開:2020-12-08
製作年度:2019
製作国:ハンガリー
配給:シンカ
製作総指揮:
製作:モニカ・メーチ エルヌー・メシュテルハーズィ
監督:バルナバーシュ・トート
脚本:バルナバーシュ・トート クラーラ・ムヒ
原作:ジュジャ・F・バールコニ
撮影:ガーボル・マロシ
音楽:ラースロ・ピリシ
出演:カーロイ・ハイデュク(アラダール・ケルネル(アルド))、アビゲール・スーケ(クララ)、マリ・ナジ(オルギ)、カタリン・シムコー(エルジ)、バルバナーシュ・ホルカイ(ペペ)

 

ナチスドイツにより約56万人ものユダヤ人が虐殺されたと言われるハンガリーを舞台に、ホロコーストで心に深い傷を負った孤独な男女が年齢差を超えて痛みを分かち合い、互いに寄り添いながら希望を見いだしていく姿を描いたハンガリー映画。1948年。ホロコーストを生き延びたものの家族を失った16歳の少女クララは、42歳の寡黙な医師アルドと出会う。クララはアルドの心に自分と同じ欠落を感じ取り、父を慕うように彼に懐く。同じくホロコーストの犠牲者だったアルドも、クララを保護することで人生を取り戻そうとする。しかしソ連がハンガリーで権力を掌握すると、世間は彼らに対してスキャンダラスな誤解を抱くように。そして2人の関係も、時の流れと共に変化していく。
倫理をぶっ飛ばしそうで、自制に自信がなくベッドを分ける夜の描写がいい。もう本当に解る。孤独な魂が、孤独が故に惹かれあう。

 

| | コメント (0)

2021-011M 「キンキーブーツ(ブロードウェイ舞台版)」☆☆☆★★★

Skinki原題:Kinky Boots: The Musical
邦題:キンキーブーツ
時間:122分
公開:2021-03-05
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:松竹
製作総指揮:スチュアート・レーン ボニー・カムリー
製作:ダリル・ロス ハル・ルフティグ オースティン・ショウ
監督:ブレット・サリバン
演出:ジェリー・ミッチェル
脚本:ハーベイ・ファイアスタイン
原作:
振付:ジェリー・ミッチェル
音楽:シンディ・ローパー
作詞:シンディ・ローパー
撮影:
出演:マット・ヘンリー(ローラ)、キリアン・ドネリー(チャーリー・プライス)、ナタリー・マックイーン(ローレン)、ショーン・ニーダム(ドン)、コーデリア・ファーンワース(ニコラ)、アントニー・リード(ジョージ)

実話を元にしたイギリスの同名映画を、ハーベイ・ファイアスタインの脚本とシンディ・ローパーの作詞・作曲で舞台化し、ブロードウェイでも上演されてトニー賞を受賞したミュージカル。日本でも小池徹平と三浦春馬の主演で上演された大ヒットミュージカルのオリジナル版の模様を映像に収め、スクリーン上映。自分の意思に反して、倒産しそうな靴工場の跡継ぎとなったチャーリーは経営困難に苦しんでいた。そんな中、チャーリーは外見も振る舞いも違うドラァグクィーンのローラと仲間たちに出会う。そんな2人には思いがけない共通点があった。ニューヨーク・ブロードウェイの傑作舞台を映画館で上映する「松竹ブロードウェイシネマ」シリーズの1作。
ブロードウェイでライブで観たいが、コロナ禍ではまあ無理。そういう点では、この舞台収録は嬉しい。最高峰のパフォーマンスを見せてくれる。マット・ヘンリー(ローラ)、キリアン・ドネリー(チャーリー・プライス)が凄すぎる。ただ、映画版に比べ、テーマがいかにもアメリカ民主党的なリベラリズムに溢れいて、その押しつけがましさが嫌味だった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧