2024-096M 「ゴッドランド GODLAND」☆☆☆

Sgodland原題:Vanskabte Land
邦題:ゴッドランド GODLAND
時間:143分
公開:2024-03-30
製作年度:2022
製作国:デンマーク・アイスランド・フランス・スウェーデン
配給:セテラ・インターナショナル
製作総指揮:フリーヌル・パルマソン エリオット・クロセット・ホブ イングバール・シーグルズソン
製作:カトリン・ポルス アントン・マウニ・スバンソン エバ・ヤコブセン ミケル・イェルシン
監督:フリーヌル・パルマソン
脚本:フリーヌル・パルマソン
原作:
撮影:マリア・フォン・ハウスボルフ
音楽:アレックス・チャン・ハンタイ
出演:エリオット・クロセット・ホーヴ(ルーカス)、イングヴァール・シーグルソン(ラグナル)、ヴィクトリア・カルメン・ソンネ(アンナ)、ヤコブ・ローマン(カール)、イーダ・メッキン・フリンスドッティル(イーダ)、ワーゲ・サンド(ヴィンセント)、ヒルマー・グジョンソン(通訳)

デンマーク統治下にあった19世紀後半のアイスランドを舞台に、布教の旅に出たデンマーク人牧師の過酷な旅路と異文化の衝突をスリリングに描いた人間ドラマ。

デンマークの若き牧師ルーカスは、植民地アイスランドの辺境の村に教会を建てるため布教の旅に出る。アイスランドの浜辺から馬に乗って遥か遠い目的地を目指すが、その道程は想像を絶する厳しさだった。デンマークを嫌うガイドの老人ラグナルと対立する中、思わぬアクシデントに見舞われたルーカスは狂気の淵へと追い込まれ、瀕死の状態でようやく村にたどり着くが……。

「ウィンター・ブラザーズ」「ホワイト、ホワイト・デイ」で知られるアイスランドの気鋭フリーヌル・パルマソンが監督・脚本を手がけ、2022年・第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品されたほか、世界各地の映画祭で数々の賞を受賞した。出演は「ウィンター・ブラザーズ」でもパルマソン監督とタッグを組んだエリオット・クロセット・ホーブ、「馬々と人間たち」のイングバール・E・シーグルズソン、「ウィンター・ブラザーズ」「MISS OSAKA ミス・オオサカ」のビクトリア・カルメン・ゾンネ。

ストーリー的なダイナミックさは無く、風景のダイナミズムだけが印象的。ラストのガイドのオチは背筋が凍る。そして、どうしてこうなる?というクライマックスに共感性がゼロだ。

| | コメント (0)

2024-091M 「ゴーストバスターズ フローズン・サマー」☆☆☆★

Sghostbusters2024原題:Ghostbusters: Frozen Empire
邦題:ゴーストバスターズ フローズン・サマー
時間:115分
公開:2024-03-29
製作年度:2024
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:ダン・エイクロイド ギル・キーナン ジョアン・ペリターノ エイミー・カープ エリカ・ミルズ エリック・ライヒ
製作:アイバン・ライトマン ジェイソン・ライトマン ジェイソン・ブルーメンフェルド
監督:ギル・キーナン
脚本:ギル・キーナン ジェイソン・ライトマン
原作:ダン・エイクロイド ハロルド・ライミス
撮影:エリック・スティールバーグ
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ポール・ラッド(ゲイリー)、キャリー・クーン(キャリー)、フィン・ウォルフハード(トレヴァー)、マッケナ・グレイス(フィービー)、クメイル・ナンジアニ、セレスト・オコナー(ラッキー)、ローガン・キム(ポッドキャスト)、ビル・マーレイ(ピーター・ベンクマン)、ダン・エイクロイド(レイ・スタンツ)、アーニー・ハドソン(ウィンストン・ゼドモア)、アニー・ポッツ(ジャニーン・メルニッツ)、パットン・オズワルト

1980年代に世界的ブームを巻き起こした映画「ゴーストバスターズ」シリーズの第3作として2021年に製作された「ゴーストバスターズ アフターライフ」の続編。

真夏のニューヨーク。日差しが降り注ぐビーチで大勢の人々が海水浴を満喫するなか、海の向こう側から突如として巨大な氷柱が大量に現れ、街は一瞬にして氷に覆われてしまう。ゴーストバスターズとしてニューヨークの人々をゴーストたちから守ってきたスペングラー家は、その元凶が全てを一瞬で凍らせる「デス・チル」のパワーを持つ史上最強のゴーストであることを突き止め、事態を解決するべく立ち上がる。

キャストにはポール・ラッド、マッケンナ・グレイス、フィン・ウルフハード、キャリー・クーンら前作のメンバーや、80年代版のビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、アーニー・ハドソンらおなじみの顔ぶれが集結。「モンスター・ハウス」のギル・キーナン監督がメガホンをとり、前作で監督を務めたジェイソン・ライトマンがキーナン監督とともに脚本を手がけた。

なんかねえ、これ以上の発展は想像できないので、終わってもいいいシリーズなのだが。

| | コメント (0)

2024-085M 「コール・ジェーン 女性たちの秘密の電話」☆☆☆★

Scalljane原題:Call Jane
邦題:コール・ジェーン 女性たちの秘密の電話
時間:121分
公開:2024-03-22
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:プレシディオ
製作総指揮:ロビー・ブレナー デビッド・ウールフ ケビン・マッケオン
製作:スコット・チェスター
監督:フィリス・ナジー
脚本:ヘイリー・ショア ロシャン・セティ
原作:
撮影:グレタ・ゾズラ
音楽:イザベラ・サマーズ
出演:エリザベス・バンクス(ジョイ)、シガーニー・ウィーヴァー(バージニア)、クリス・メッシーナ(ウィル)、ウンミ・モサク(グウェン)、ケイト・マーラ(ラナ)

女性の選択の権利としての人工妊娠中絶を題材に、1960年代後半から70年代初頭にかけてアメリカで推定1万2000人の中絶を手助けしたとされる団体「ジェーン」の実話をもとに描いた社会派ドラマ。

1968年、シカゴ。裕福な主婦ジョイは何不自由ない暮らしを送っていたが、2人目の子どもの妊娠時に心臓の病気が悪化してしまう。唯一の治療法は妊娠をやめることだと担当医に言われたものの、当時の法律で中絶は許されておらず、地元病院の責任者である男性全員から手術を拒否されてしまう。そんな中、ジョイは街で目にした張り紙から、違法だが安全な中絶手術を提供するアンダーグラウンドな団体「ジェーン」にたどり着く。その後ジョイは「ジェーン」の一員となり、中絶が必要な女性たちを救うべく奔走するが……。

主人公ジョイを「ピッチ・パーフェクト」シリーズのエリザベス・バンクス、「ジェーン」のリーダー、バージニアを「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィーバーが演じる。「キャロル」の脚本家フィリス・ナジーが監督を務めた。2022年・第72回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品。

その昔、映画担当だった頃に、一緒にカンヌ映画祭で買い付けミーティングしたりした、いろいろお世話になった配給会社の作品。ケレン味のあるアクション作品が多い会社だが、こういったド正面のドラマにも目を配る。プレシディオ社は、そこが好きだ。『サード・パーソン』の出資で汗をかいたな。

| | コメント (0)

2024-084M 「籠の中の乙女」☆☆☆★

Skagokago原題:Dogtooth
邦題:籠の中の乙女
時間:96分
公開:2012-08-18
製作年度:2009
製作国:ギリシャ
配給:彩プロ
製作総指揮:イラクリス・マブロイディス
製作:ヨルゴス・ツルヤニス
監督:ヨルゴス・ランティモス
脚本:ヨルゴス・ランティモス エフティミス・フィリップ
原作:
撮影:ティミオス・バカタキス
音楽:
出演:クリストス・ステルギオグル、ミシェル・ヴァレイ、アンゲリキ・パプーリァ、マリー・ツォニ、クリストス・パサリス、アナ・カレジドゥ

2009年・第62回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でグランプリを受賞し、10年・第83回米アカデミー賞では、ギリシャ映画として史上5本目となる外国映画賞にノミネートされたサスペンスドラマ。妄執にとりつかれた両親と純真無垢な子どもたちを主人公に、極限の人間心理を描く。ギリシャ郊外に暮らすある裕福な一家は、外の汚らわしい世界から守るためと、子どもたちを家の中から一歩も出さずに育ててきた。厳格で奇妙なルールの下、子どもたちは何も知らずに成長していくが、ある日、年頃の長男のために父親が外の世界からクリスティーヌという女性を連れてきたことから、家庭の中に思わぬ波紋が広がっていく。

| | コメント (0)

2024-080M 「季節のはざまで」☆☆☆★★

Skisetsunohazamade原題:Hors saison
邦題:季節のはざまで
時間:92分
公開:2024-03-08(1993-07-10)
製作年度:1992
製作国:スイス・ドイツ・フランス
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
製作総指揮:
製作:マルセル・ホーン
監督:ダニエル・シュミット
脚本:ダニエル・シュミット マルタン・シュテール
原作:
撮影:レナート・ベルタ
音楽:ペール・ラーベン
出演:サミー・フレイ、カルロス・デベーザ、イングリット・カーフェン、アリエル・ドンバール、ジュラルディン・チャップリン、モーリス・ガレル

「ラ・パロマ」「ヘカテ」などで知られるスイスの名匠ダニエル・シュミット監督が、スイス山中の古いホテルで育った男性が少年時代を回想する姿を、シュミット監督自身の記憶を反映させながらつづったドラマ。

スイス山中でホテルを経営する祖父母に育てられた中年男性ヴァランタンは、ホテルが取り壊されることを知り、記憶を頼りに現地を訪れる。ヴァランタンは無人と化したホテル内を歩きながら、少年時代の懐かしい記憶を思い起こしていく。

「はなればなれに」「夕なぎ」のサミー・フレイが主人公ヴァランタンを好演し、「ラ・パロマ」のイングリット・カーフェン、「海辺のポーリーヌ」のアリエル・ドンバール、「チャーリー」のジェラルディン・チャップリンら豪華キャストが共演。2024年3月、デジタルリマスター版にてリバイバル公開。

| | コメント (0)

2024-068M 「コットンテール」☆☆☆★

Scottontail原題:Cottontail
邦題:コットンテール
時間:94分
公開:2024-03-01
製作年度:2023
製作国:イギリス・日本
配給:ロングライド
製作総指揮:ガブリエル・タナ
製作:押田興将 キャロリン・マークス・ブラックウッド エレーヌ・テオドリー
監督:パトリック・ディキンソン
脚本:パトリック・ディキンソン
原作:
撮影:マーク・ウルフ
音楽:ステファン・グレゴリー
出演:リリー・フランキー(兼三郎)、錦戸亮(慧)、木村多江(明子)、高梨臨(さつき)、キアラン・ハインズ(ジョン)、イーファ・ハインズ(メアリー)、恒松祐里(若いころの明子)、工藤孝生(若いころの兼三郎)

リリー・フランキー演じる妻を亡くした男の家族再生を描いた日英合作映画。

兼三郎は妻・明子の葬式でしばらく疎遠となっていた一人息子の慧(トシ)とその妻さつき、孫のエミに久しぶりに会う。酒に酔い、だらしない態度をとる喪主の兼三郎に、トシは苛立ちつつも気にかけていた。開封された明子の遺言状には、明子が子どもの頃に好きだった「ピーターラビット」の発祥地であり、夫婦で行きたいと思っていたイギリスのウィンダミア湖に散骨して欲しいという内容が描かれていた。兼三郎とトシ一家は、明子の願いをかなえるため、イギリス北部の湖水地方にあるウィンダミア湖へ旅立つ。兼三郎役のリリーのほか、錦戸亮、木村多江、高梨臨らが顔をそろえる。

監督・脚本は、英国アカデミー賞US学生映画賞とヨーロッパ人として初めて学生エミー賞をドラマ部門で受賞したパトリック・ディキンソン。

景色が美しいロードムービー。ストーリー発想が、日本的エモーションではないな。

| | コメント (0)

2024-044M 「ゴースト・トロピック」☆☆☆

Stropic原題:Ghost Tropic
邦題:ゴースト・トロピック
時間:84分
公開:2024-02-02
製作年度:2019
製作国:ベルギー
配給:サニーフィルム
製作総指揮:
製作:マルク・ゴイェンス バス・ドゥボス ナビル・ベン・ヤディル ブノワ・ロラン トマス・レイヤース
監督:バス・ドゥボス
脚本:バス・ドゥボス
原作:
撮影:グリム・バンデケルクホフ
音楽:ブレヒト・アミール
出演:サーディア・ベンタイブ、マイケ・ネーヴィレ、ノーラ・ダリ、シュテファン・ゴタ、セドリック・ルヴエゾ

美しく繊細な映像で物語を紡ぎ、カンヌ国際映画祭やベルリン国際映画祭でも注目を集めるベルギーの映画作家バス・ドゥボスの長編第3作。ブリュッセルの町を舞台に、最終電車で乗り越してしまった主人公が真夜中の町をさまよい、その中での思いがけない出会いがもたらす、心のぬくもりを描く。

清掃作業員のハディージャは、長い一日の仕事終わりに最終電車で眠りに落ちてしまう。終点で目を覚ました彼女は、家に帰る手段を探すが、もはや徒歩で帰るしか方法はないことを知る。寒風吹きすさぶ町をさまよい始めた彼女だったが、その道中では予期せぬ人々との出会いもあり、小さな旅路はやがて遠回りをはじめる。

全編を通して舞台となる夜の街の風景を、粒子の荒い16ミリカメラで撮影することで、暗闇の中に柔らかさと温かみをもたらしている。2019年・第72回カンヌ国際映画祭の監督週間出品。

| | コメント (0)

2024-030M 「カラーパープル」☆☆☆★

Scolorparple2024原題:The Color Purple
邦題:カラーパープル
時間:141分
公開:2024-02-09
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:アリス・ウォーカー レベッカ・ウォーカー クリスティ・マコスコ・クリーガー カーラ・ガーディニ マーラ・ジェイコブス アダム・フェル コートニー・バレンティ シーラ・ウォルコット マイケル・ビューグ
製作:オプラ・ウィンフリー スティーブン・スピルバーグ スコット・サンダース クインシー・ジョーンズ
監督:ブリッツ・バザウーレ
脚本:マーカス・ガードリー
原作:アリス・ウォーカー
原作ミュージカル:マーシャ・ノーマン
撮影:ダン・ローストセン
音楽:クリス・バワーズ
出演:ファンテイジア・バリー、タラジ・P・ヘンソン、ダニエル・ブルックス、コールマン・ドミンゴ、、コーリー・ホーキンズ、H.E.R.、ハリー・ベイリー

巨匠スティーブン・スピルバーグが1985年に手がけた名作映画「カラーパープル」をミュージカル映画としてリメイク。ピュリッツァー賞を受賞したアリス・ウォーカーの同名小説と、ブロードウェイでロングランヒットを記録したミュージカル版をもとに再映画化する。

横暴な父に虐待され、10代で望まぬ結婚を強いられた女性セリー。唯一の心の支えである妹とも離れ離れになり、不遇な日々を過ごしていた。そんな中、型破りな生き方の女性たちとの出会いや交流を通して自分の価値に目覚めたセリーは、不屈の精神で自らの人生を切り拓いていく。

主人公セリー役にはブロードウェイ版でも同役を演じたファンテイジア・バリーノを起用し、「ドリーム」のタラジ・P・ヘンソン、実写映画「リトル・マーメイド」のハリー・ベイリー、シンガーソングライターのH.E.R.が共演。製作総指揮にはスピルバーグをはじめ、オリジナル版に出演したオプラ・ウィンフリー、オリジナル版の音楽を手がけたクインシー・ジョーンズが名を連ね、アリス・ウォーカーのピュリッツァー賞受賞小説を原作に新鋭ブリッツ・バザウーレ監督がメガホンをとった。

 

| | コメント (0)

2024-018M 「ゴールデンカムイ」☆☆☆★★

Sgoldencamui邦題:ゴールデンカムイ
時間:128分
公開:2024-01-19
製作年度:2024
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:田代秀樹 井原多美 瓶子吉久 市川南 堂山昌司 荒木宏幸 弓矢政法 舛田淳 長嶋潤二 松橋真三
監督:久保茂昭
脚本:黒岩勉
原作:野田サトル
撮影:相馬大輔
音楽:やまだ豊
出演:山崎賢人(杉元佐一)、山田杏奈(アシリパ)、眞栄田郷敦(尾形百之助)、工藤阿須加(月島基)、柳俊太郎(二階堂浩平/洋平)、泉澤祐希(寅次)、矢本悠馬(白石由竹)、大谷亮平(谷垣源次郎)、勝矢(牛山辰馬)、高畑充希(梅子)、木場勝己(永倉新八)、大方斐紗子(フチ)、秋辺デボ(大叔父)、マキタスポーツ(後藤竹千代)、玉木宏(鶴見篤四郎)、舘ひろし(土方歳三)

明治末期の北海道を舞台にアイヌ埋蔵金争奪戦の行方を描いた野田サトルの大ヒット漫画を実写映画化。

日露戦争での鬼神のごとき戦いぶりから「不死身の杉元」の異名を持つ杉元佐一。ある目的のため一獲千金を狙う彼は、北海道の山奥で砂金採りに明け暮れていた。そんなある日、杉元はアイヌ民族から強奪された莫大な金塊の存在を知る。金塊を奪った「のっぺら坊」と呼ばれる男は、捕まる直前に金塊を隠し、その在処を暗号にした刺青を24人の囚人の身体に彫って彼らを脱獄させた。金塊を見つけ出すべく動き始めた杉元は、野生のヒグマに襲われたところをアイヌの少女アシリパに救われる。彼女は金塊を奪った男に父親を殺されており、その仇を討つため杉元と行動をともにすることに。一方、大日本帝国陸軍第七師団の鶴見篤四郎中尉と、戊辰戦争で戦死したとされていた新選組副長・土方歳三も、それぞれ金塊の行方を追っていた。

「キングダム」シリーズの山崎賢人が杉元、「彼女が好きなものは」の山田杏奈がアシリパを演じ、眞栄田郷敦、工藤阿須加、玉木宏、舘ひろしら豪華キャストが個性豊かなキャラクターたちを演じる。監督は「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭。

原作コミックは未読だが、アニメ版は見ている。その実写作品ということでチェゲラ作品だった。先日、某社経営陣から、本作のムビチケをいただき、ありがたく招待される。独特の歴史感、世界観が横溢するので、如何なる実写となったか興味津々だ。
果たして、なるほどココで終わるのか。で、次なる話は、あそこから?という予告っぽい映像もあるが、アニメ版でも感じたが、プレーヤーが多すぎて大丈夫か?となる拡散。このあたりを、どう仕上げてくるのか、楽しみだ。

| | コメント (0)

2023-338M 「枯れ葉」☆☆☆★★

Skareha原題:Kuolleet lehdet
邦題:枯れ葉
時間:81分
公開:2023-12-15
製作年度:2023
製作国:フィンランド・ドイツ
配給:ユーロスペース
製作総指揮:
製作:アキ・カウリスマキ ミーシャ・ヤーリ マーク・ルオフ ラインハルト・ブルンディヒ
監督:アキ・カウリスマキ
脚本:アキ・カウリスマキ
原作:
撮影:ティモ・サルミネン
音楽:マウステテュトット
出演:アルマ・ポウスティ(アンサ)、ユッシ・ヴァタネン(ホラッパ)、ヤンネ・フーティアイネン(フータリ)、ヌップ・コイヴ(リーサ)

フィンランドの名匠アキ・カウリスマキが5年ぶりにメガホンをとり、孤独を抱えながら生きる男女が、かけがえのないパートナーを見つけようとする姿を描いたラブストーリー。カウリスマキ監督による「パラダイスの夕暮れ」「真夜中の虹」「マッチ工場の少女」の労働者3部作に連なる4作目で、厳しい生活の中でも生きる喜びと誇りを失わずにいる労働者たちの日常をまっすぐに映し出す。

フィンランドの首都ヘルシンキ。理不尽な理由で失業したアンサと、酒に溺れながらも工事現場で働くホラッパは、カラオケバーで出会い、互いの名前も知らないままひかれ合う。しかし不運な偶然と過酷な現実が、2人をささやかな幸福から遠ざけてしまう。

「TOVE トーベ」のアルマ・ポウスティがアンサ、「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」のユッシ・バタネンがホラッパを演じ、「街のあかり」のヤンネ・フーティアイネン、「希望のかなた」のヌップ・コイブが共演。2023年・第76回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。

アキ・カウリスマキの5年ぶりの復活作品だという。
ユーロスペースが提供&配給というだけに、なんとも登場人物の佇まいまでもポンヌフの香がする。北欧のポンヌフだね。堀越謙三さんの「でしょ?」というセリフさえも聞こえそう。さまざまな映画のポスター、デートで観るジム・ジャームッシュのゾンビコメディ。映画へのリスペクトも深く、心の底から「微笑ましい」作品だった。
とはいえ、ラストカットはアイリスアウトであって欲しかった。絶対に。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧