2020-047M 「アンティークの祝祭」☆☆☆

Antique原題:La derniere folie de Claire Darling
邦題:アンティークの祝祭
時間:94分
公開:2020-04-24
製作年度:2018
製作国:フランス
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:イエール・フォジール レティシア・ゴンザレス
監督:ジュリー・ベルトゥチェリ
脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ マリエット・デゼール マリオン・ドゥーソ
原作:リンダ・ラトレッジ
撮影:イリナ・ルブチャンスキー
音楽:オリヴィエ・ダヴィオー
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(クレール・ダーリング)、キアラ・マストロヤンニ(マリー・ダーリング)、アリス・タグリオーニ(若いころのクレール・ダーリング)、ロール・カラミー(マルティーヌ)、サミール・ゲスミ(アミール)、オリヴィエ・ラブルダン(クロード・ダーリング)


 


フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーブの主演で、人生の終焉を悟った主人公が、半生をともにしてきたアンティークを処分することで、彼女のこれまでの人生や本当に残したい思いが浮かび上がるヒューマンドラマ。ドヌーブと娘のキアラ・マストロヤンニが、劇中でも母娘役で共演する。近頃、意識や記憶がおぼろげになることが多いクレール。ある夏の朝、今日が人生最期と確信した彼女は、長年かけて集めてきたアンティークの人形や仕時計、肖像画などのコレクションをヤードセールで処分することを決め、庭先で売り始める。そんなクレールの奇妙な行動を耳にした娘のマルティーヌは、疎遠になっていた母のもとを訪れるが……。監督は「パパの木」「バベルの学校」のジュリー・ベルトゥチェリ。


 


 

| | コメント (0)

2020-021M 「1917 命をかけた伝令」☆☆☆★★★

1917原題:1917
邦題:1917 命をかけた伝令
時間:119分
公開:2020-02-14
製作年度:2019
製作国:イギリス・アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:
製作:サム・メンデス ピッパ・ハリス ジェイン=アン・テングレン カラム・マクドゥガル ブライアン・オリバー
監督:サム・メンデス
脚本:サム・メンデス クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
原作:
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:トーマス・ニューマン
出演:ジョージ・マッケイ(スコフィールド)、ディーン=チャールズ・チャップマン(ブレイク)、マーク・ストロング(スミス大尉)、アンドリュー・スコット(レスリー中尉)、リチャード・マッデン(ブレイク中尉)、コリン・ファース(エリンモア将軍)、ベネディクト・カンバーバッチ(マッケンジー大佐)

「007 スペクター」「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」などで知られる名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に描く戦争ドラマ。若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクの2人が、兄を含めた最前線にいる仲間1600人の命を救うべく、重要な命令を一刻も早く伝達するため、さまざまな危険が待ち受ける敵陣に身を投じて駆け抜けていく姿を、全編ワンカット撮影で描いた。1917年4月、フランスの西部戦線では防衛線を挟んでドイツ軍と連合国軍のにらみ合いが続き、消耗戦を繰り返していた。そんな中、若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクは、撤退したドイツ軍を追撃中のマッケンジー大佐の部隊に重要なメッセージを届ける任務を与えられる。戦場を駆け抜ける2人の英国兵をジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ=チャップマンという若手俳優が演じ、その周囲をベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングらイギリスを代表する実力派が固めた。撮影は、「007 スペクター」でもメンデス監督とタッグを組んだ名手ロジャー・ディーキンス。第92回アカデミー賞では作品賞、監督賞を含む10部門でノミネートされ撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞した。
やっぱり変化球だよねえ。視覚効果賞、撮影賞、録音賞を受賞。

| | コメント (0)

2020-016M 「男と女 人生最良の日々」☆☆☆★★

Otokotoonnna2020原題:Les plus belles annees d'une vie
邦題:男と女 人生最良の日々
時間:90分
公開:2020-01-31
製作年度:2019
製作国:フランス
配給:ツイン
製作総指揮:ジャン=ポール・ドゥ・ビダ
製作:サミュエル・ハディダ ビクター・ハディダ クロード・ルルーシュ
監督:クロード・ルルーシュ
脚本:クロード・ルルーシュ バレリー・ペリン
原作:
撮影:ロベール・アラズラキ
音楽:フランシス・レイ カロジェロ
出演:アヌーク・エーメ(アンヌ・ゴーチエ)、ジャン=ルイ・トランティニャン(ジャン・ルイ・デュロック)、スアド・アミドゥ(フランソワーズ・ゴーチエ)、アントワーヌ・シレ(アントワーヌ・デュロック)、モニカ・ベルッチ(エレナ)

 

フランスの名匠クロード・ルルーシュ監督が1966年に手がけ、第19回カンヌ国際映画祭パルムドールとアカデミー外国語映画賞、脚本賞を受賞した名作恋愛映画「男と女」のスタッフ&キャストが再結集した続編。前作の主演アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンが同じ役柄を演じ、53年後の2人の物語を過去の映像を散りばめつつ描いた。元レーシングドライバーのジャン・ルイは、現在は老人ホームで暮らし、かつての記憶を失いかけている。ジャン・ルイの息子はそんな父のため、父がずっと追い求めている女性アンヌを捜し出すことを決意。その思いを知ったアンヌはジャン・ルイのもとを訪ね、別々の道を歩んできた2人はついに再会を果たす。

 

| | コメント (0)

2020-005M 「イーディ、83歳 はじめての山登り」☆☆☆

Edei原題:Edie
邦題:イーディ、83歳 はじめての山登り
時間:102分
公開:2020-01-24
製作年度:2017
製作国:イギリス
配給:アットエンタテインメント
製作総指揮:
製作:
監督:サイモン・ハンター
脚本:エリザベス・オハローラン
原作:
撮影:オーガスト・ジェイコブソン
音楽:デビー・ワイズマン
出演:シーラ・ハンコック(イーディ)、ケヴィン・ガスリー(ジョニー)、ポール・ブラニガン(マクローリン)、エイミー・マンソン(フィオナ)、ウェンディ・モーガン(ナンシー)

夫や子どもに人生を捧げてきた83歳の主婦が、長年の自分の夢をかなえるべくスコットランドの山を目指す姿を描いたヒューマンドラマ。ロンドンで暮らすイーディは30年間にわたって夫の介護を続けてきたが、娘にはその苦労を理解してもらえず、老人施設への入居を勧められている。そんなある日、イーディはフィッシュアンドチップス屋の店員のふとした言葉をきっかけに、かつての夢だったスコットランドのスイルベン山に登ることを決意。夜行列車でスコットランドへ向かった彼女は、偶然知り合った地元の登山用品店の青年ジョニーをトレーナーとして雇い、山頂を目指すための訓練を開始する。誇り高く頑固なイーディはジョニーと衝突を繰り返すが、彼の丁寧な指導のもと多くのことを学び、人に頼ることの大切さに気づいていく。ついに準備を終え、念願のスイルベン山に挑むイーディだったが……。主演は「縞模様のパジャマの少年」のシーラ・ハンコック。共演に「ファンタスティック・ビースト」シリーズのケビン・ガスリー、「天使の分け前」のポール・ブラニガン。

| | コメント (0)

2019-199M 「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」☆☆☆★

Ntothesky原題:The Aeronauts
邦題:イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
時間:101分
公開:2020-01-17
製作年度:2019
製作国:イギリス
配給:ギャガ
製作総指揮:ジャック・ソーン リチャード・ヒューイット
製作:トッド・リーバーマン デビッド・ホバーマン トム・ハーパー
監督:トム・ハーパー
脚本:ジャック・ソーン
原作:トム・ハーパー ジャック・ソーン
撮影:ジョージ・スティール
音楽:スティーブン・プライス
出演:フェリシティ・ジョーンズ(アメリア・レン)、エディ・レッドメイン(ジェームズ・グレーシャー)、ヒメーシュ・パテル(トルー)、トム・コートネイ

「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが再共演し、気球で前人未到の高度世界記録に挑んだコンビを演じる、実話ベースのアドベンチャードラマ。1862年、ビクトリア朝時代のロンドン。当時では予測不可能と考えられていた天気の予測が可能であると唱えていた気象学者のジェームズは、荒唐無稽だと揶揄され、実験の資金も集められずにいた。そんな中、気球操縦士のアメリアに頼み込み、ジェームズは彼女の気球飛行に同乗することを許される。最愛の夫を亡くしたアメリアにとって、その気球飛行は悲しみから立ち直るための決意の飛行でもあった。正反対の性格から対立ばかりしていたアメリアとジェームズは、飛行していく中で次第に心を通わせていくが、前人未到の高度7000メートル超えに成功した2人に想像を絶する自然の脅威が待ち受けていた。アメリア役をジョーンズ、ジェームズ役をレッドメインがそれぞれ演じる。

| | コメント (0)

2019-193M 「アイリッシュマン」☆☆☆★★★

Rishman原題:The Irishman
邦題:アイリッシュマン
時間:209分
公開:2019-11-15
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:リック・ヨーン リチャード・バラッタ ベリー・ウェルシュ ニールス・ジュール ジョージ・ファーラ ニコラス・ピレッジ ジャイ・ステファン タイラー・ザカリア チャド・A・ベルディ
製作:マーティン・スコセッシ ロバート・デ・ニーロ ジェーン・ローゼンタール エマ・ティリンガー・コスコフ アーウィン・ウィンクラー ジェラルド・シャマレス ガストン・パブロビッチ ランドール・エメット ガブリエル・イスレイロビッチ
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:スティーブン・ザイリアン
原作:チャールズ・ブラント
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:ロビー・ロバートソン
出演:
ロバート・デ・ニーロ(フランク・シーラン)、アル・パチーノ(ジミー・ホッファ)、ジョー・ペシ(ラッセル・バファリーノ)、、レイ・ロマノ、ボビー・カナヴェイル、アンナ・パキン、スティーヴン・グレアム、ハーヴェイ・カイテル、ステファニー・カーツバ、キャスリン・ナルドゥッチ、ウェルカー・ホワイト、ジェシー・プレモンス、ジャック・ヒューストン、ドメニク・ランバルドッツィ、ポール・ハーマン、ルイス・キャンセルミ、ゲイリー・バサラバ、マリン・アイルランド、セバスティアン・マニスカルコ、スティーヴン・ヴァン・ザント、ダーシャ・ポランコ、アレクサ・パラディノ、ケヴィン・オルーク、ポール・ベン=ヴィクター、ジェイク・ホフマン、バリー・プリマス、J・C・マッケンジー、ジョン・セナティエンポ、ロバート・フナーロ、ジェニファー・マッジ
「タクシードライバー」「レイジング・ブル」など数々の名作を生み出してきた巨匠マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロが、「カジノ」以来22年ぶり9度目のタッグを組み、第2次世界大戦後のアメリカ裏社会を生きた無法者たちの人生を、ひとりの殺し屋の目を通して描いた力作。伝説的マフィアのラッセル・バッファリーノに仕えた実在の殺し屋で、1975年に失踪した全米トラック運転組合委員長ジミー・ホッファをはじめ、多くの殺人事件に関与したとされるフランク・“アイリッシュマン”・シーランをデ・ニーロが演じるほか、ジミー・ホッファ役のアル・パチーノ、ラッセル・バッファリーノ役のジョー・ペシと、ハリウッドのレジェンド級俳優が豪華共演する。脚本は「シンドラーのリスト」「ギャング・オブ・ニューヨーク」のスティーブン・ザイリアン。Netflixで2019年11月27日から配信。日本では第32回東京国際映画祭のクロージング作品としても上映。配信に先立つ11月15日から一部劇場にて公開。


| | コメント (0)

2019-184M 「アナと雪の女王2」☆☆☆★★

Anayuki2原題:Frozen 2
邦題:アナと雪の女王2
時間:103分
公開:2019-11-22
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:
製作:ピーター・デル・ベッチョ
監督:クリス・バック ジェニファー・リー
脚本:
原作:
撮影:
音楽:クリステン・アンダーソン=ロペス ロバート・ロペス
出演:エルサ(松たか子)、神田沙也加(アナ)、武内駿輔(オラフ)、原慎一郎(クリストフ)、吉田羊(イドゥナ)
閉じる

 

世界中で社会現象を巻き起こし、日本でも歴代3位となる興行収入255億円を記録した大ヒットディズニーアニメ「アナと雪の女王」の続編。雪と氷に覆われたアレンデール王国に陽光を取り戻し、深い絆で結ばれた姉エルサと妹アナ。氷や雪を操る魔法の力を持つ“ありのままの自分”を受け入れたエルサと、明るいキャラクターが持ち前のアナは、仲間たちに囲まれて幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、エルサにしか聞こえない不思議な歌声により、姉妹は未知の世界へと導かれる。それは、エルサの魔法の力の秘密を解き明かす冒険の始まりだった。姉妹は仲間のオラフやクリストフとともに、数々の試練に立ち向かっていく。前作に続きエルサとアナの声をイディナ・メンゼルとクリステン・ベル、日本語吹き替え版では松たか子と神田沙也加がそれぞれ務め、監督も前作のクリス・バックとジェニファー・リーが続投。

 

 

| | コメント (0)

2019-181M 「エンジェルオブマイン」☆☆☆★

Amgelofmine原題:Angel of mine
邦題:エンジェルオブマイン
時間:97分
公開:未定
製作年度:2018
製作国:アメリカ・オーストラリア
配給:未定
製作総指揮:
製作:
監督:キム・ファラント
脚本:ルーク・デイヴィス、デイビット・リーガル
原作:
撮影:アンドリュー・スミス
音楽:
出演:ノオミ・ラパス、イヴォンヌ・ストラホフスキー、ルーク・エヴァンズ、リチャード・ロクスバーグ、ロブ・コリンズ

2008年にカトリーヌ・フロが主演した「L'empreinte de l'ange」のリメイク。生みの母の確信は強し。

| | コメント (0)

2019-165M 「アダムズ・アップル」☆☆☆★

Sadam原題:Adam's Apples
邦題:アダムズ・アップル
時間:94分
公開:2019-10-19
製作年度:2005
製作国:デンマーク・ドイツ
配給:アダムズ・アップルLLP
製作総指揮:
製作:ティビ・マグナソン ミエ・アンドレーゼン
監督:アナス・トーマス・イェンセン
脚本:アナス・トーマス・イェンセン
原作:
撮影:セバスチャン・ブレンコー
音楽:イエッペ・コース
出演:マッツ・ミケルセン(イヴァン)、ウルリク・トムセン(アダム)、パプリカ・スティーン(サラ)、ニコラス・ブロ(グナー)、アリ・カジム(カリド)、オーレ・テストラップ(コルベア医師)、ニコライ・リー・コス(ホルガ)

「しあわせな孤独」「真夜中のゆりかご」の脚本家アナス・トーマス・イェンセンが監督・脚本を手がけ、「偽りなき者」のマッツ・ミケルセンが出演したヒューマンドラマ。旧約聖書の「ヨブ記」とアダムのリンゴの寓話をモチーフに、草原の教会で繰り広げられる奇妙な人間模様をブラックユーモアたっぷりに描く。仮釈放されたスキンヘッドの男アダムが、更生施設を兼ねた田舎の教会へ送り込まれる。ネオナチ思想に染まっている彼は、指導役の聖職者イバンから目標を問われ「庭のリンゴを収穫してアップルケーキを作る」と適当な返事をする。この教会に集まる人々はどこか変で、聖職者のイバンでさえ過酷な現実から逃避し、神を妄信することで自分を守ろうとしていた。イバンの自己欺瞞を執拗に暴こうとするアダムだったが、そんな彼に奇怪な災いが次々と降りかかる。「未来を生きる君たちへ」のウルリッヒ・トムセンがアダム、ミケルセンがイバンを演じる。

| | コメント (0)

2019-161M 「イエスタディ」☆☆☆☆

Syesterday_20191016101001原題:Yesterday
邦題:イエスタデイ
時間:116分
公開:2019-10-11
製作年度:2019
製作国:イギリス
配給:東宝東和
製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイジャー
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、バーナード・ベリュー、マシュー・ジェームズ・ウィルキンソン、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
監督:ダニー・ボイル
脚本:リチャード・カーティス
原作:
撮影:
音楽:
出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン、エド・シーラン

今年のベスト映画を今回は劇場で再見。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧