2021-223M 「エターナルズ」☆☆★★

Setarnals原題:Eternals
邦題:エターナルズ
時間:156分
公開:2021-11-05
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ ケビン・デラノイ
製作:ケビン・ファイギ ネイト・ムーア
監督:クロエ・ジャオ
脚本:クロエ・ジャオ パトリック・バーリー ライアン・フィルポ カズ・フィルポ
原作:ライアン・フィルポ カズ・フィルポ
撮影:ベン・デイビス
音楽:ラミン・ジャワディ
出演:ジェンマ・チャン(セルシ)、リチャード・マッデン(イカリス)、アンジェリーナ・ジョリー(セナ)、サルマ・ハエック(エイジャック)、クメイル・ナンジアニ(キンゴ)、リア・マクヒュー(スプライト)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ファストス)、ローレン・リドロフ(マッカリ)、バリー・コーガン(ドルイグ)、マ・ドンソク(ギルガメッシュ)、キット・ハリントン(デイン)

「アベンジャーズ」シリーズをはじめとしたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で知られるマーベル・スタジオが送り出すヒーローアクション大作。太古から人類を見守ってきた「エターナルズ」と呼ばれる者たちの活躍を、「ノマドランド」でアカデミー賞を受賞したクロエ・ジャオ監督が描く。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、これまで人知れず人類を守ってきたエターナルズが姿を現し、未曽有の危機に立ち向かう。遙かな昔から地球に存在し、7000年もの間、陰から人類を見守ってきたエターナルズ。最凶最悪の敵サノスによって半分が消滅させられた全宇宙の生命は、アベンジャーズの戦いによって復活したが、その時の強大なエネルギーによって新たな脅威が誕生し、地球に迫っていた。その脅威に立ち向かうべく、これまで身を潜めていたエターナルズが再び集結する。10年ぶりのアクション作品への出演となるアンジェリーナ・ジョリーをはじめ、「クレイジー・リッチ!」のジェンマ・チェン、「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデン、キット・ハリントン、これがハリウッドデビューとなる「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソクらが出演。
もう世界観がブッとんでる。地球支配を企む怪人が幼稚園を襲ってるほうが、説得力あるぞ。多分、いろいろあって、自由にできなかったんだろうなあ、とジャオ監督に同情する。メジャーが潰す新進気鋭才能、の典型か?それともキャパの限界か?

| | コメント (0)

2021-213M 「ヴェラは海の夢を見る」☆☆☆

Sverahaumi原題:Vera andrron detin
邦題:ヴェラは海の夢を見る
時間:87分
公開:第34回東京国際映画祭
製作年度:2021
製作国:コソボ・北マケドニア・アルバニア
配給:
製作総指揮:
製作:
監督:カルトリナ・クラスニチ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:テウタ・アイディニ・イェゲニ、アルケタ・スラ、アストリッド・カバシ

2021年・第34回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。

夫の突然の自殺の後、ヴェラは家がギャンブルの借金の抵当になっていたことを知らされる。男性優位の環境に抵抗する女性を力強く描いたコソボの女性監督のデビュー作。
意外な遺産相続サスペンス。

| | コメント (0)

2021-212M 「ある詩人」☆☆★★★

Sarsijin原題:Akyn(POET)
邦題:ある詩人
時間:105分
公開:第34回東京国際映画祭
製作年度:2021
製作国:カザフスタン
配給:
製作総指揮:
製作:
監督:ダルジャン・オミルバエフ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:
監督:エルドス・カナエフ、クララ・カビルガジナ、グルミラ・ハサノバ

2021年・第34回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。
文壇に認められない詩人の男は、権力に抗って処刑された19世紀の詩人に思いを馳せる…。現代社会における芸術の困難さを描いた、カザフ映画の旗手オミルバエフの最新作。
過去の伝説的詩人と現代の詩人のシンクロする人生メタファー。

| | コメント (0)

2021-203M 「アイス・ロード」☆☆☆★

Siceroad原題:The Ice Road
邦題:アイス・ロード
時間:109分
公開:2021-11-12
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ギャガ
製作総指揮:デビッド・ビューロウ キース・レイ・プットマン ジャレッド・D・アンダーウッド アンドリュー・C・ロビンソン アダム・レボビッツ ジュリー・ゴールドスタイン コナー・フラナガン リサ・ウィルソン マイルズ・ネステル ジョナサン・ダナ モニカ・レビンソン
製作:アル・コーレイ バート・ローゼンブラット ユージン・マッソ シバニ・ラワット リー・ネルソン デビッド・ティッシュ
監督:ジョナサン・ヘンズリー
脚本:ジョナサン・ヘンズリー
原作:
撮影:トム・スターン
音楽:マックス・アルジ
出演:リーアム・ニーソン、マーカス・トーマス、ローレンス・フィッシュバーン、アンバー・ミッドサンダー

「96時間」シリーズのリーアム・ニーソンが主演を務め、地下に閉じ込められた26人の命を救うため巨大トラックで危険な氷の道を走り抜けるドライバーの戦いを描いたレスキューアクション。カナダのダイヤモンド鉱山で爆発事故が起こり、作業員26人が地下に閉じ込められた。事故現場に充満したガスを抜くための30トンもの救出装置をトラックで運ぶため、4人の凄腕ドライバーが集められる。鉱山への最短ルートは厚さ80センチの氷の道「アイス・ロード」で、スピードが速すぎれば衝撃で、遅すぎれば重量で、氷が割れて水に沈んでしまう。地下の酸素が尽きる30時間以内に装置を届けるべく、命がけでトラックを走らせる彼らだったが、事故には危険な陰謀が隠されていた。共演に「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーン、「リンカーン 秘密の書」のベンジャミン・ウォーカー。「アルマゲドン」などの脚本家ジョナサン・ヘンズリーが監督・脚本を手がけた。
タイムリミットあるミッション達成型ロードムービー。こういうのは最後の畳み掛け疾走が大事。演出も撮影も編集も音楽も、雪崩れ込むゴールに向かって行かねばならない。

| | コメント (0)

2021-197M 「アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド」☆☆☆★

Simyourman原題:Ich bin dein Mensch
邦題:アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド
時間:107分
公開:2022-01-14
製作年度:2021
製作国:ドイツ
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:マリア・シュラーダー ダン・スティーブンス
製作:
監督:マリア・シュラーダー
脚本:マリア・シュラーダー
原作:
撮影:ベネディクト・ノイエンフェルス
音楽:トビアス・ワグナー
出演:マレン・エッゲルト | ダン・スティーヴンス | ザンドラ・ヒュラー

2021年・第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品。マレン・エッゲルトが主演俳優賞(銀熊賞)を受賞。
ベルリンのペルガモン博物館で楔形文字の研究に没頭する学者アルマは、研究資金を稼ぐため、とある企業が極秘で行う特別な実験に参加することに。そこに現れたのは紺碧の瞳でアルマを熱く見つめるハンサムなトム。初対面にもかかわらず積極的に口説いてくる彼は、実は、全ドイツ人女性の恋愛データ及び、アルマの性格とニーズに完璧に応えられるようプログラムされた高性能AIアンドロイドだった――。
人類の終わりの始まり。倫理論理では否定しつつも感情が拒否できない、恋物語。

| | コメント (0)

2021-181M 「1941 モスクワ攻防戦80年目の真実」☆☆☆

S1941原題:The Last Frontier
邦題:1941 モスクワ攻防戦80年目の真実
時間:142分
公開:2021-11-19
製作年度:2020
製作国:ロシア
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:イゴール・ウゴルニコフ バディム・ザドロジニ
監督:バディム・シメリェフ
脚本:バディム・シメリェフ イゴール・ウゴルニコフ
原作:
撮影:アンドレイ・ガーキン
音楽:ユーリ・ポテイェンコ
出演:アルチョム・グビン、リュボフ・コンスタンティノワ、イゴール・ユディン、アレクセイ・バルドゥコフ、エフゲニー・ディアトロフ、セルゲイ・ベズルコフ、ロマン・マディアノフ、エカテリーナ・レドニコワ、セルゲイ・ボンダルチュク、グラム・バブリシヴィリ

 

ナチスドイツの侵攻からモスクワを防衛し、第2次世界大戦の流れを変えたとも言われる「モスクワ攻防戦」を描いたロシア製戦争大作。第2次世界大戦下の1941年10月、ソ連に侵攻したドイツの大軍は、モスクワを目指して進軍する。首都が陥落すれば、ソ連の敗北とナチスの勝利が決定的になる。モスクワを死守するため、兵力不足のソ連軍は訓練中の学生兵を戦場に送り出すことを決め、ポドリスク兵学校士官候補生のラヴロフやディミトリ、看護師のマーシャら3500人に及ぶ若者たちが過酷な最前線に送られる。撮影にあたり、激戦の地となったイリンスコエ防衛ラインのあった土地に、村や道路、川や橋なども正確に再現。ソ連・ドイツ両軍の戦車なども博物館に保管されていた本物を使用するなど、壮大なスケールと臨場感で、ロシアの歴史に残る戦いを描いた。
なんか昔懐かしいオーソドックスな戦争映画。大昔に「ヨーロッパの解放 三部作」を観たが、あの頃はソ連映画界が威信を懸けて、ソビエト連邦軍が総力あげた物量スペクタクルで見せた。ドラマというより、都合のいいプロパガンダ再現フィルム。ドキュメンタリー的な退屈を感じる大長編だった。本作は2時間半と長尺だが、恋愛ネタも加え、登場人物のドラマをいろいろ掘り下げる努力をしている。ロシアの描くモスクワ攻防戦のエピソード、隔世の感がある。

| | コメント (0)

2021-177M 「アナザーラウンド」☆☆☆★

Sanotherraund題:Druk
邦題:アナザーラウンド
時間:115分
公開:2021-09-03
製作年度:2020
製作国:デンマーク
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:シーセ・グラウム・ヨルゲンセン キャスパー・ディシン
監督:トマス・ビンターベア
脚本:トマス・ビンターベア トビアス・リンホルム
原作:
撮影:シュトゥルラ・ブラント・グロブレン
音楽:
出演:マッツ・ミケルセン(マーティン)、トマス・ボー・ラーセン(トミー)、マグナス・ミラン(ニコライ)、ラース・ランゼ(ピーター)、マリア・ボネヴィー(アニカ)、ヘレン・ラインハルト・ノイマン(アマリー)、スーセ・ウォルド(校長)

デンマークを代表する人気実力派俳優のマッツ・ミケルセンが、アカデミー外国語映画賞にノミネートされた「偽りなき者」のトマス・ビンターベア監督と再タッグを組んだ主演作。冴えない高校教師のマーティンと3人の同僚は、ノルウェー人の哲学者が提唱した「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論を証明するため、実験をすることに。朝から酒を飲み続け、常に酔った状態を保つと授業も楽しくなり、生き生きとするマーティンたち。生徒たちとの関係も良好になり、人生は良い方向に向かっていくと思われた。しかし、実験が進むにつれて次第に制御がきかなくなり……。「偽りなき者」でもミケルセンと共演したトマス・ボー・ラーセンやラース・ランゼらがマーティンとともに実験を行う同僚教師を演じた。脚本に「偽りなき者」「ある戦争」のトビアス・リンホルム。新型コロナウイルスの影響で通常開催が見送られた2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選出されたほか、第78回ゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞にノミネート、第93回アカデミー賞でも監督賞と国際長編映画賞の候補に挙がり、国際長編映画賞を受賞した。

| | コメント (0)

2021-170M 「オールド」☆☆☆★★

Sold_20210906185001原題:OLD
邦題:オールド
時間:108分
公開:2021-08-27
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:スティーブン・シュナイダー
製作:M・ナイト・シャマラン アシュウィン・ラジャン マーク・ビエンストック
監督:M・ナイト・シャマラン
脚本:M・ナイト・シャマラン
原作:ピエール=オスカル・レビ フレデリック・ペータース
撮影:マイケル・ジオラキス
音楽:スーザン・ジェイコブス
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル(ガイ)、ヴィッキー・クリープス、ルーファス・シーウェル(チャールズ)、アレックス・ウルフ(トレント)、トーマシン・マッケンジー(マドックス)、アビー・リー(クリスタル)、ニキ・アムカ=バード、ケン・レオン、エリザ・スカンレン(カーラ)、アーロン・ピエール、エンベス・デイヴィッツ、イーモン・エリオット

「シックス・センス」「スプリット」のM・ナイト・シャマラン監督が、異常なスピードで時間が流れ、急速に年老いていくという不可解な現象に見舞われた一家の恐怖とサバイバルを描いたスリラー。人里離れた美しいビーチに、バカンスを過ごすためやってきた複数の家族。それぞれが楽しいひと時を過ごしていたが、そのうちのひとりの母親が、姿が見えなくなった息子を探しはじめた。ビーチにいるほかの家族にも、息子の行方を尋ねる母親。そんな彼女の前に、「僕はここにいるよ」と息子が姿を現す。しかし、6歳の少年だった息子は、少し目を離したすきに青年へと急成長していた。やがて彼らは、それぞれが急速に年老いていくことに気づく。ビーチにいた人々はすぐにその場を離れようとするが、なぜか意識を失ってしまうなど脱出することができず……。主人公一家の父親役をガエル・ガルシア・ベルナルが演じ、「ファントム・スレッド」のビッキー・クリーブス、「ジョジョ・ラビット」のトーマシン・マッケンジー、「ジュマンジ」シリーズのアレックス・ウルフらが共演する。
そういう事でしたか。なるほど。と、これまでシャマラン監督のジャストアイデア映画、その底の浅さに辟易していたが、これまギリOKってことで。

| | コメント (0)

2021-155M 「明日に向かって笑え!」☆☆☆★

Sasunimukatteware原題:La odisea de los Giles
邦題:明日に向かって笑え!
時間:116分
公開:2021-08-06
製作年度:2019
製作国:アルゼンチン
配給:ギャガ
製作総指揮:ハビエル・ブリア
製作:ウーゴ・シグマン リカルド・ダリン マティアス・モステイリン チノ・ダリン フェデリコ・ポステルナク レティシア・クリスティ フェルナンド・ボバイラ シモン・デ・サンティアゴ
監督:セバスティアン・ボレンステイン
脚本:セバスティアン・ボレンステイン エドゥアルド・サチェリ
原作:エドゥアルド・サチェリ
撮影:ロドリゴ・プルペイロ
音楽:フェデリコ・フシド
出演:リカルド・ダリン、ルイス・ブランドーニ、チノ・ダリン、ベロニカ・ジナス

アルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」の脚本家エドゥアルド・サチェリと主演リカルド・ダリンが再タッグを組み、金融危機のおかげで夢も財産も奪われた小さな町の人々の奇想天外な復讐計画を描いた痛快ヒューマンドラマ。2001年、アルゼンチンの寂れた田舎町。元サッカー選手のフェルミンら住民たちは、放置されていた農業施設を復活させるため、貯金を出し合うことに。しかしその金を銀行に預けた翌日、金融危機で預金が凍結されてしまう。しかもこの状況を悪用した銀行と弁護士に預金を騙し取られ、住民たちは一文無しに。奪われた夢と財産を取り戻すべく、驚きの作戦を練る彼らだったが……。リカルド・ダリンの息子で、「永遠に僕のもの」で知られるチノ・ダリンが出演し、父子共演を果たした。
原題は『発電所の夜』という思いっきりネタバレなタイトル。とはいえ、今ひとつな邦題。いろいろ内容への思いも感じるが、余計に意味不明になってる。集団強盗計画モノとさては一見の価値あり。小品だけどね。あの秘書の最初のお断りが謎。ストレートにフリーにすりゃいいのに。オーシャンズ11は言い過ぎ。

| | コメント (0)

2021-149M 「イン・ザ・ハイツ」☆☆☆★★

Sinthehaits原題:In the Heights
邦題:イン・ザ・ハイツ
時間:143分
公開:2020-07-30
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:デビッド・ニックセイ ケビン・マコーミック
製作:リン=マニュエル・ミランダ キアラ・アレグリア・ヒューディーズ スコット・サンダース アンソニー・ブレグマン マーラ・ジェイコブス
監督:ジョン・M・チュウ
脚本:キアラ・アレグリア・ヒューディーズ
原作:リン=マニュエル・ミランダ
撮影:アリス・ブルックス
作詞:リン=マニュエル・ミランダ
作曲:リン=マニュエル・ミランダ
音楽:スティーブン・ギジッキ
出演:アンソニー・ラモス(ウスナビ)、コーリー・ホーキンズ(ベニー)、レスリー・グレイス(ニーナ・ロザリオ)、メリッサ・バレラ(バネッサ)、オルガ・メレディス(アブエラ・クラウディア)、ダフネ・ルービン=ヴェガ(ダニエラ)、グレゴリー・ディアス四世(ソニー)、ステファニー・ベアトリス(カルラ)、ダーシャ・ポランコ(キョカ)、リン=マヌエル・ミランダ(ピラグア売り)、ジミー・スミッツ(ケビン・ロザリオ)

ミュージカル「ハミルトン」でも注目を集めるリン=マニュエル・ミランダによるブロードウェイミュージカルで、トニー賞4冠とグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞した「イン・ザ・ハイツ」を映画化。変わりゆくニューヨークの片隅に取り残された街ワシントンハイツ。祖国を遠く離れた人々が多く暮らすこの街は、いつも歌とダンスであふれている。そこで育ったウスナビ、ヴァネッサ、ニーナ、ベニーの4人の若者たちは、それぞれ厳しい現実に直面しながらも夢を追っていた。真夏に起きた大停電の夜、彼ら4人の運命は大きく動き出す。「クレイジー・リッチ」のジョン・M・チュウ監督がメガホンをとり、「アリー スター誕生」のアンソニー・ラモス、「ストレイト・アウタ・コンプトン」のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライターのレスリー・グレイスらが出演。
カリブからの移民のコミュニティが舞台。ワシントンハイツの一角は不法移民の巣窟。ブロードウェイのヒットミュージカルの映画化。若いカップルのビル壁面のダンスシーンはあまりにも美しい映画の魔法。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧