2023-024M 「エンドロールのつづき」☆☆☆★

Sndroll原題:Last Film Show
邦題:エンドロールのつづき
時間:112分
公開:2023-01-20
製作年度:2021
製作国:インド・フランス
配給:松竹
製作総指揮:
製作:パン・ナリン ディール・モーマーヤー マルク・デュアル
監督:パン・ナリン
脚本:パン・ナリン
原作:
撮影:スワピニル・S・ソナワネ
音楽:シリル・モーリン
出演:バヴィン・ラバリ(サマイ)、バヴェーシュ・シュリマリ(ファザル)、リチャー・ミーナー(母親)、ディペン・ラヴァル(父親)

インドのチャイ売りの少年が映画監督の夢へ向かって走り出す姿を、同国出身のパン・ナリン監督自身の実話をもとに描いたヒューマンドラマ。

インドの田舎町で暮らす9歳の少年サマイは、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものと考えているが、信仰するカーリー女神の映画だけは特別だと言い、家族で映画を見に行くことに。初めて経験する映画の世界にすっかり心を奪われたサマイは再び映画館に忍び込むが、チケット代を払えず追い出されてしまう。それを見た映写技師ファザルは、料理上手なサマイの母が作る弁当と引き換えに映写室から映画を見せると提案。サマイは映写窓から見る様々な映画に圧倒され、自分も映画を作りたいと思うようになる。

主人公サマイ役には、約3000人の中から選ばれた新人バビン・ラバリを抜てき。

インドの映画事情でもあるが、残酷なまでのアナログの終焉に心が動揺する。僕はフィルム世代だからなあ。主人公サマイ役の子役がものすごく良い。それにしても何十年も前の物語かと思ったが、比較的最近のお話なんだ。

| | コメント (0)

2023-013M 「オットーという男」☆☆☆★★

Sottotoiuotoko原題:A Man Called Otto
邦題:オットーという男
時間:129分
公開:2023-03-10
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:マーク・フォースター レネ・ウルフ ルイーズ・ロズナー デビッド・マギー ティム・キング スティーブン・シェアシアン セリア・コスタス
製作:フレドリク・ビークストレム・ニカストロ リタ・ウィルソン トム・ハンクス ゲイリー・ゴーツマン
監督:マーク・フォースター
脚本:ハンネス・ホルム、デビッド・マギー
原作:フレドリック・バックマン
撮影:
音楽:
出演:トム・ハンクス/マリアナ・トレビーニョ/レイチェル・ケラー/マヌエル・ガルシア=ルルフォ/ ジョン・ヒギンズ/トニー・ビンガム/キャメロン・ブリトン/ ピーター・ローソン・ジョーンズ/マックス・パヴェル

ピッツバーグで暮らす頑固者のオットーは愛妻を亡くしてむなしい日々を独りで送っているが、 隣に元気な家族が引っ越して暮らしが騒がしくなる。 始めはその家族との接触を拒んでいたが、次第にその家族に興味をひかれていき、心を開いて打ちとけるようになる...

孤高の老人が、周りの無原罪にも思えるピュアな人々(子供や移民家族)と出会うことによって化学反応をおこし、心が溶けてゆくモチーフ。ある意味『クリスマス・キャロル』以来のしゃぶり尽くされたテーマであり、あとは演じる老人の役者の存在感次第となる。逆に功成り名遂げたベテラン名優の「ご馳走」役なのかもしれない。
思いつくままに挙げると、『グラン・トリノ』(2008年)のクリント・イーストウッド。『ヴィンセントが教えてくれたこと』(2014年)のビル・マーレイ。ケン・ローチ監督が2度目のカンヌ・パルムドール受賞の『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年)。
本作は、2015年にフレドリック・バックマンのベストセラー小説をスウェーデンで映画化し、大ヒットした『幸せなひとりぼっち』のハリウッド版だ。
主役はトム・ハンクス、なるほど。泣かせる人情ものとして、しっかりした幹がある。原作の勝利でもあるだろうが、ハリウッドが大好きな「イマドキの社会矛盾やdiscrimination」を散りばめて2020年代の物語として構成されている。
主人公の生年が1955年!なことに、いささか心が動揺する。

| | コメント (0)

2023-004M 「イメージの本」☆☆★★

Slelivredimage原題:Le livre d'image
邦題:イメージの本
時間:84分
公開:2019-04-20
製作年度:2018
製作国:スイス・フランス
配給:コムストック・グループ
製作総指揮:
製作:ファブリス・アラーニョ ミトラ・ファラハニ
監督:ジャン=リュック・ゴダール
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
原作:
撮影:ファブリス・アラーニョ
音楽:
出演:(ナレーション)ジャン=リュック・ゴダール

ヌーベルバーグの巨匠ジャン=リュック・ゴダールが、暴力・戦争・不和に満ちた世界への怒りを、様々な絵画・映画・文章・音楽で表現した作品。過去人類がたどってきたアーカイブの断片を中心に、新たに撮り下ろした子どもたちや美しい海辺などの映像を交えながら、ゴダール特有のビビッドな色彩で巧みにコラージュ。5章で構成され、ゴダール自らがナレーションを担当した。2018年・第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、特別に設けられた「スペシャル・パルムドール」を受賞した。

2022年に安楽死したゴダールの、結果として遺作。理解不能なるイメージの断片は、カンヌにして「棚上げなる名誉賞」的に対応。おおまかには、60年代後期に毛沢東思想や原理主義的なマルクス主義思想から迷い込んだ「達成不能な理想郷を実現するために不断の革命を続ける」という、自家中毒にも似た癌化した純粋な現実否定の迷路を、フィルムに焼き付けるとこうなる。という作品だと想像する。いつかは観なければならないと思っていたので、Amazon配信に感謝。

| | コメント (0)

2023-003M 「アンカット・ダイヤモンド」☆☆☆★★

Suncutdiamond原題:Uncut Gems
邦題:アンカット・ダイヤモンド
時間:135分
公開:2020-01-31
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:マーティン・スコセッシ エマ・ティリンジャー・コスコフ オスカー・ボイソン アンソニー・カタガス デビッド・コプラン
製作:スコット・ルーディン イーライ・ブッシュ セバスチャン・ベア=マクラード
監督:ジョシュ・サフディ ベニー・サフディ
脚本:ロナルド・ブロンスタイン ジョシュ・サフディ ベニー・サフディ
原作:
撮影:ダリウス・コンジ
音楽:ダニエル・ロパティン
出演:アダム・サンドラー、ラキース・スタンフィールド、ジュリア・フォックス

「グッド・タイム」のジョシュ&ベニー・サフディ兄弟監督が、アダム・サンドラー主演で描いたクライムドラマ。ギャンブル中毒の宝石商ハワードは、借金まみれで常に取り立て屋から監視されていた。そんなある日、ハワードはエチオピアで採掘されたブラックオパールの原石を手に入れる。ハワードはその石をオークションに出品して大儲けしようと考えていたが、店を訪れたNBA選手ケビン・ガーネットが異常なほどに興味を示し、仕方なく彼と取引することに。しかし事態はさらにハワードの望まぬ方向へと転がっていく。ケビン・ガーネットとミュージシャンのザ・ウィークエンドが本人役で出演。Netflixで2020年1月31日から配信。

ダイヤじゃなくてオパールなんだけどね。ともあれ、脚本がいい。スクリューボールクライムサスペンス。クライマックスのオチもいい。

| | コメント (0)

2022-254M 「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」☆☆☆★★

Svater2022原題:Avatar: The Way of Water
邦題:アバター ウェイ・オブ・ウォーター
時間:192分
公開:2022-12-26
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:デビッド・バルデス リチャード・ベイナム
製作:ジェームズ・キャメロン ジョン・ランドー
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン リック・ジャッファ アマンダ・シルバー
原作:ジェームズ・キャメロン リック・ジャッファ アマンダ・シルバー ジョシュ・フリードマン シェーン・サレルノ
撮影:ラッセル・カーペンター
音楽:サイモン・フラングレン
出演:サム・ワーシントン(ジェイク・サリー)、ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)、ジョエル・デヴィッド・ムーア(ノーム)、スティーヴン・ラング(クオリッチ)、ジョヴァンニ・リビシ(セルフリッジ)、ケイト・ウィンスレット(ロナル)、クリフ・カーティス(トノワリ)、シガーニー・ウィーヴァー(キリ)、ジャック・チャンピオン(スパイダー)、ジェイミー・フラタース(ネティアム)、ブリテン・ダルトン(ロアク)、トリニティ・ブリス(トゥク)、ベイリー・バス(ツィレア)、フィリップ・ジョルジョ(アオヌング)、デュアン・エヴァンス・Jr(ロトソ)

ジャームズ・キャメロン監督が革新的な3D映像を生み出し、全世界興行収入歴代1位の大ヒット作となった「アバター」の約13年ぶりとなる続編。前作から約10年が経過した世界で、新たな物語が紡がれる。

地球からはるか彼方の神秘の星パンドラ。元海兵隊員のジェイクはパンドラの一員となり、先住民ナヴィの女性ネイティリと結ばれた。2人は家族を築き、子どもたちと平和に暮らしていたが、再び人類がパンドラに現れたことで、その生活は一変する。神聖な森を追われたジェイクとその一家は、未知なる海の部族のもとへ身を寄せることになる。しかし、その美しい海辺の楽園にも侵略の手が迫っていた。

ジェイク役のサム・ワーシントン、ネイティリ役のゾーイ・サルダナらおなじみのキャストが続投し、前作でグレイス・オーガスティン博士役を務めたシガニー・ウィーバーが、今作ではジェイクの養子キリ役をモーションキャプチャーによって演じている。

 

 

 

| | コメント (0)

2022-237M 「あのこと」☆☆☆★

Sanokoto原題:L'evenement
邦題:あのこと
時間:100分
公開:2022-12-02
製作年度:2021
製作国:フランス
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:エドアール・ウェイル アリス・ジラール
監督:オドレイ・ディワン
脚本:オドレイ・ディワン マルシア・ロマーノ
原作:アニー・エルノー
撮影:ロラン・タニー
音楽:エフゲニー・ガルペリン サーシャ・ガルペリン
出演:アナマリア・ヴァルトロメイ(アンヌ)、サンドリーヌ・ボネール(ガブリエル(母))、アナ・ムグラリス(リヴィエール(闇医者))、ファブリツィオ・ロンジョーネ(ラヴィンスキー医師(かかりつけ医))

2022年度のノーベル文学賞を受賞した作家アニー・エルノーが若き日の実体験をもとにつづった短編小説「事件」を映画化。「ナチス第三の男」などの脚本を手がけたオドレイ・ディワンが監督を務め、2021年・第78回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。法律で中絶が禁止されていた1960年代フランスを舞台に、望まぬ妊娠をした大学生の12週間にわたる戦いを、主人公アンヌの目線から臨場感たっぷりに描く。

労働者階級に生まれたアンヌは、貧しいながらも持ち前の知性と努力で大学に進学。未来を掴むための学位にも手が届こうとしていたが、大切な試験を前に自分が妊娠していることに気づく。中絶が違法とされる中、解決策を見いだすべく奔走するアンヌだったが……。

「ヴィオレッタ」のアナマリア・バルトロメイが主演を務め、「仕立て屋の恋」のサンドリーヌ・ボネール、「燃ゆる女の肖像」のルアナ・バイラミが共演。

ノーベル文学賞を受賞したアニー・エルノーの原作。最近『シンプルな情熱』というお洒落ポルノグラフィ映画を観た記憶がある。
テーマは望まぬ妊娠と、アンダーグラウンドな墮胎のお話。アメリカ映画では「17歳の瞳に映る世界」(2020年 エリザ・ヒットマン監督)で同様のテーマを取り扱い、ベルリン映画祭で銀熊賞を得ている。邦題が秀逸。
本作はエルノーの自伝的な小説を原作とし、女性のオドレイ・ディワンが監督したもの。60年代の墮胎が非合法だったフランスが舞台だ。ヴェネチア映画祭で金獅子賞。欧州では、正面から墮胎と向き合う作品に、宗教的な原理も含めて、刺激されるのだろうか?ディテールは、女性監督ならではの部分もあるのだろ。

| | コメント (0)

2022-223M 「エンパイア・オブ・ライト」☆☆☆★★★

Sempire_of_light原題:Empire of Light
邦題:エンパイア・オブ・ライト
時間:119分
公開:2023-02
製作年度:2022
製作国:イギリス・アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:マイケル・レーマン ジュリー・パスター
製作:ピッパ・ハリス サム・メンデス
監督:サム・メンデス
脚本:サム・メンデス
原作:
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:トレント・レズナー アティカス・ロス
出演:オリヴィア・コールマン、マイケル・ウォード、トビー・ジョーンズ、コリン・ファース

1980年のイギリス南岸の静かなリゾート地を舞台に、そこに生きる人々の絆と、映画と映画館という魔法を描くラブストーリー。監督・脚本を、『アメリカン・ビューティー』(1999)がアカデミー賞で作品賞・監督賞を含む5部門に輝き、『1917 命をかけた伝令』でも監督賞・脚本賞にノミネートされたサム・メンデスが務めた。本作を「最も個人的な思いのこもった作品」と語っている。

オリヴィア・コールマンの壮絶な演技に圧倒される。女優賞の最有力候補だろう。ロジャー・ディーキンスのカメラも凄い。なかでも、海を見渡せる廃ラウンジを、色付きガラスを通して光射す情景は、美しすぎて震えがくる。映写室のキラキラした光の粒も素敵だ。 

| | コメント (0)

2022-222M 「イニシェリン島の精霊」☆☆☆★★

Sinisherinto原題:The Banshees of Inisherin
邦題:イニシェリン島の精霊
時間:109分
公開:2023-01-27
製作年度:2022
製作国:イギリス・アメリカ・アイルランド
配給:ディズニー
製作総指揮:
製作:グレアム・ブロードベント ピーター・チャーニン マーティン・マクドナー
監督:マーティン・マクドナー
脚本:マーティン・マクドナー
原作:
撮影:ベン・デイビス
音楽:カーター・バーウェル
出演:コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドン、バリー・コーガン

「スリー・ビルボード」のマーティン・マクドナー監督が、人の死を予告するというアイルランドの精霊・バンシーをモチーフに描いた人間ドラマ。

1923年、アイルランドの小さな孤島イニシェリン島。住民全員が顔見知りのこの島で暮らすパードリックは、長年の友人コルムから絶縁を言い渡されてしまう。理由もわからないまま、妹や風変わりな隣人の力を借りて事態を解決しようとするが、コルムは頑なに彼を拒絶。ついには、これ以上関わろうとするなら自分の指を切り落とすと宣言する。

「ヒットマンズ・レクイエム」でもマクドナー監督と組んだコリン・ファレルとブレンダン・グリーソンが主人公パードリックと友人コルムをそれぞれ演じる。共演は「エターナルズ」のバリー・コーガン、「スリー・ビルボード」のケリー・コンドン。2022年・第79回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門でマーティン・マクドナーが脚本賞を、コリン・ファレルがポルピ杯(最優秀男優賞)をそれぞれ受賞した。

 一昔前、六本木WAVEにあったシネヴィヴァンあたりが上映館としてふさわしいタイプの作品。といえば、わかる人にはわかるだろう。理不尽なほど多様な、作家の世界観が前面にあるタイプの作品の数々が、六本木のスクリーンを染めた。マーティン・マクドナー脚本・監督の本作も、観る者がトラウマになりそうなメランコリックな怪作だ。

| | コメント (0)

2022-215M 「エノーラ・ホームズの事件簿2」☆☆☆★

Senorahomus2022原題:Enola Holmes 2
邦題:エノーラ・ホームズの事件簿2
時間:130分
公開:2022-11-04
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:ジョシュア・グローデ マイケル・ドライヤー ペイジ・ブラウン ジェーン・ヒューストン ハリー・ブラッドビア ジャック・ソーン
製作:メアリー・ペアレント アレックス・ガルシア アリ・メンデス ミリー・ボビー・ブラウン ロバート・ブラウン
監督:ハリー・ブラッドビア
脚本:ジャック・ソーン
原作:ナンシー・スプリンガー
撮影:ジャイルズ・ナットジェンズ
音楽:ダニエル・ペンバートン
出演:ミリー・ボビー・ブラウン、ヘンリー・カヴィル、デヴィッド・シューリス、ルイス・パートリッジ、スーザン・ウォーコマ、アディール・アクタル、シャロン・ダンカン=ブルースター、ヘレナ・ボナム・カーター

名探偵シャーロック・ホームズを兄に持つ主人公エノーラの活躍を描くミステリーアドベンチャー「エノーラ・ホームズの事件簿」の続編。

有名な兄と同じ探偵の仲間入りを果たしたエノーラは、晴れて探偵事務所を開設する。しかし物事はそう簡単にはいかず、肝心の依頼がまったくない。やっとのことで「行方不明の少女を捜してほしい」という依頼を受けたエノーラは、新米探偵として初めての事件解決に意気込むが、事態は思わぬ方向へと進んでいき、いつしか危険で強大な陰謀に巻き込まれてしまう。それでも彼女は、頼れる兄シャーロックや新たな友の助けも借りながら、知恵と勇気で事件に挑んでいく。

原作は、アメリカの作家ナンシー・スプリンガーによるヤングアダルト小説シリーズ。大ヒット作「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で一躍ブレイクしたミリー・ボビー・ブラウンがエノーラを演じ、「マン・オブ・スティール」「ジャスティス・リーグ」のスーパーマン役で知られるヘンリー・カビルが前作に続いてシャーロック・ホームズを演じた。Netflixで2022年11月4日から配信。

| | コメント (0)

2022-208M 「RRR」☆☆☆★★★

Srrr原題:RRR
邦題:RRR
時間:179分
公開:2022-10-21
製作年度:2022
製作国:インド
配給:ツイン
製作総指揮:
製作:
監督:S・S・ラージャマウリ
脚本:S・S・ラージャマウリ
原作:V・ビジャエーンドラ・プラサード
撮影:K・K・センティル・クマール
音楽:M・M・キーラバーニ
出演:N・T・ラーマ・ラオ・Jr(ビーム)、ラーム・チャラン(ラーマ)、アーリヤー・バット(シータ)、アジャイ・デーヴガン(ヴェンカタ)、シュリヤー・サラン(サロージニ)、レイ・スティーヴンソン(スコット)、アリソン・ドゥーディ(キャサリン)

日本でも大きな話題を集め、ロングランヒットとなった「バーフバリ」シリーズのS・S・ラージャマウリ監督が、英国植民地時代の激動のインドを舞台に、2人の男の友情と使命がぶつかり合う様を豪快に描くアクションエンタテインメント。

1920年、英国植民地時代のインド。英国軍にさらわれた幼い少女を救うため立ち上がったビームと、大義のため英国政府の警察となったラーマ。それぞれに熱い思いを胸に秘めた2人は敵対する立場にあったが、互いの素性を知らずに、運命に導かれるように出会い、無二の親友となる。しかし、ある事件をきっかけに、2人は友情か使命かの選択を迫られることになる。

「バードシャー テルグの皇帝」のN・T・ラーマ・ラオ・Jr.がビーム、ラージャマウリ監督の「マガディーラ 勇者転生」にも主演したラーム・チャランがラーマを演じた。タイトルの「RRR」(読み:アール・アール・アール)は、「Rise(蜂起)」「Roar(咆哮)」「Revolt(反乱)」の頭文字に由来する。

3時間の印度映画。歌あり踊りあり活劇あり。15億人を満足させる娯楽の帝王。
善玉は絶対に死なない。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧