2020-124M 「アスファルト」☆☆☆★★

Sasfaruto原題:Asphalte
邦題:アスファルト
時間:100分
公開:2016-09-06
製作年度:2015
製作国:フランス
配給:ミモザフィルムズ
製作総指揮:
製作:イバン・タイエブ マリー・サバレ ジュリアン・マドン
監督:サミュエル・ベンシェトリ
脚本:サミュエル・ベンシェトリ ガボール・ラッソブ
原作:
撮影:ピエール・アイム
音楽:ラファエル
出演:イザベル・ユペール(ジャンヌ・メイヤー)、ギュスタヴ・ケルヴァン(スタンコヴィッチ)、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(看護師)、タサディット・マンディ(マダム・ハミダ)、ジュール・ベンシェトリ(シャルリ)、マイケル・ピット(ジョン・マッケンジー)、ミカエル・グラーリング(デデ)、ラルーシ・ディディ(ムルー)、アブデルマドジッド・バルジャ(マジッド)、ティエリー・ヒメレス(ジロザ)

 

「歌え! ジャニス★ジョプリンのように」の監督を務め、俳優や作家としても活躍するサミュエル・ベンシェトリが、パリ郊外で過ごした子ども時代の経験をつづった自身の小説をベースに、イザベル・ユペールらの出演で描く群像劇。フランス郊外のとある寂れた団地に集まった、サエない中年男、夜勤の看護師、母親が留守がちな鍵っ子のティーンエイジャー、落ちぶれた女優、不時着したNASAの宇宙飛行士、服役中の息子を持つアルジェリア系移民の女性。たまたま団地に集った孤独を抱えた6人の男女に、3つの予期せぬ出会いが訪れる。ユペールのほか、バレリア・ブルーニ・テデスキ、マイケル・ピット、監督の息子でジャン=ルイ・トランティニャンの孫にあたるジュール・ベンシェトリらが出演

| | コメント (0)

2020-120M 「WAR ウォー!!」☆☆☆★

Swar原題:War
邦題:WAR ウォー!!
時間:151分
公開:2020-07-17
製作年度:2019
製作国:インド
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
製作総指揮:
製作:アディティア・チョープラー
監督:シッダールト・アーナンド
脚本:シュリーダル・ラーガバン シッダールト・アーナンド
原作:アディティア・チョープラー シッダールト・アーナンド
撮影:ベンジャミン・ジャスパー
音楽:ビシャール=シェーカル
出演:リティック・ローシャン、タイガー・シュロフ、ウ゛ァーニー・カプール、アーシュトーシュ・ラナー、アヌプリヤーニー・ゴーエンカー
インドで大ヒットを記録したスパイアクション。国際的なイスラム教過激派テロリストを追ったインドの対外諜報機関RAWのナンバーワンの腕利きスパイ、カビールが味方の高官を射殺して逃亡した。RAWはカビールを抹殺することを決定。優秀な若手スナイパーのハリードがカビール抹殺のミッションに名乗りを挙げる。しかし、カビールはハリードの憧れの存在で、チームの指揮官と部下として数々の作戦を遂行した師のような人物でもあった。ハリードは任務遂行を固く決意するが、それでもカビールの起こした行動に疑問の気持ちを拭いきれないまま、カビールの行方を追う。カビール役のリティク・ローシャン、ハリード役のタイガー・シュロフと、インドの人気スターが顔をそろえる。

とりあえず続編希望。そしてシリーズ化も希望。MI、WS、007、とにかく全部入りのマシマシ。ダンスもれなく。

 


 

| | コメント (0)

2020-102M 「おもかげ」☆☆☆★

Somokage原題:Madre
邦題:おもかげ
時間:129分
公開:2020-10
製作年度:2019
製作国:スペイン・フランス
配給:ハピネット
製作総指揮:
製作:マリア・デル・プイ・アルバラド
監督:ロドリゴ・ソロゴイェン
脚本:ロドリゴ・ソロゴイェン イサベル・ペーニャ
原作:
撮影:アレックス・デ・パブロ
音楽:オリビエ・アルソン
出演:マルタ・ニエト、ジュール・ポリエ、アレックス・ブレンデミュール、アンヌ・コンシニ、フレデリック・ピエロ

 

幼い息子を失った女性の希望と再生の旅路を描いたミステリードラマ。エレナは元夫と旅行中の6歳の息子から「パパが戻ってこない」という電話を受ける。人気のないフランスの海辺から掛かってきたその電話が、息子の声を聞いた最後だった。10年後、エレナはその海辺のレストランで働いていた。ある日、彼女の前に息子の面影を持つ少年ジャンが現れる。エレナを慕うジャンは彼女のもとを頻繁に訪れるようになるが、2人の関係は周囲に混乱と戸惑いをもたらしていく。スペインの新鋭ロドリゴ・ソロゴイェン監督が、2017年に製作しアカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされた短編「Madre」をオープニングシーンとして使用し、息子を失った女性の“その先”の物語を描き出す。第76回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門に出品され、エレナ役のマルタ・ニエトが主演女優賞を受賞。
現代の「madre」=「お母さん」のほうが映画的にはピンとくる。邦題だと、ちと昭和のメロドラマなイメージとなてしまう。ミステリー、スリラーのカテゴリにされているが、どうだろう。失われた息子、ではないのは確実なので、あとは母性の心理劇になっていく。音楽がイーストウッド的な落ち着いた旋律で良い。

 

 

| | コメント (0)

2020-087M 「ANNA アナ」☆☆☆★★

Sanna原題:ANNA
邦題:ANNA アナ
時間:119分
公開:2020-06-05
製作年度:2019
製作国:フランス・アメリカ
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:マーク・シュミューガー リュック・ベッソン
監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン
原作:
撮影:ティエリー・アルボガスト
音楽:エリック・セラ
出演:サッシャ・ルス(アナ)、ルーク・エヴァンス(アレクセイ(アレックス)・チェンコフ)、キリアン・マーフィ(レナード(レニー)・ミラー)、ヘレン・ミレン(オルガ)、レラ・アボヴァ(モード)、エリック・ゴドン(ワシリコフ長官)

「ニキータ」「レオン」「LUCY ルーシー」など、戦うヒロインを主人公にした作品を数多く手がけてきたリュック・ベッソン監督がロシア出身のスーパーモデル、サッシャ・ルスを主演に迎えてメガホンを取ったアクション。1990年、ソ連の諜報機関KGBによって造り上げられた最強の殺し屋アナ。ファッションモデルやコールガールなどさまざまな顔を持つ彼女の最大の使命は、国家にとって危険な人物を消し去ることだった。アナは明晰な頭脳と身体能力を駆使し、国家間の争いをも左右する一流の暗殺者へと成長していく。そんな中、アメリカCIAの巧妙なワナにはめられ危機に陥ったアナは、さらに覚醒。KGBとCIAがともに脅威する究極の存在へと変貌していく。アナ役のルスのほか、オスカー女優のヘレン・ミレン、「ワイルド・スピード」シリーズのルーク・エバンス、「ダークナイト」のキリアン・マーフィらが脇を固める。

| | コメント (0)

2020-082M 「悪人伝」☆☆☆★

Sakuninden原題:The Gangster, the Cop, the Devil
邦題:悪人伝
時間:110分
公開:2020-07-17
製作年度:2019
製作国:韓国
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:
監督:イ・ウォンテ
脚本:イ・ウォンテ
原作:
撮影:パク・セスン
音楽:チョ・ヨンウク
出演:マ・ドンソク、キム・ムヨル、キム・ソンギュ、ユ・スンモク、チェ・ミンチョル、キム・ユンソン

2019年・第32回東京国際映画祭の「シン・ファンタ/復活!?東京国際ファンタスティック映画祭ナイト」(19年11月2日)で上映。
暴力団組長と熱血刑事が連続殺人鬼を追い詰める。

| | コメント (0)

2020-081M 「男と女」☆☆☆★★

Otokotoonna原題:UN HOMME ET UNE FEMME
邦題:男と女
時間:104分
公開:1966-10
製作年度:1966
製作国:フランス
配給:UA
製作総指揮:
製作:クロード・ルルーシュ
監督:クロード・ルルーシュ
脚本:クロード・ルルーシュ、ピエール・ユイッテルヘーベン
原作:クロード・ルルーシュ
撮影:クロード・ルルーシュ、パトリス・プージェ
音楽:フランシス・レイ
出演:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、ピエール・バルー、バレリー・ラグランジェ

BSの録画。10数度目。

| | コメント (0)

2020-071M 「イエスタディ」☆☆☆☆

Syester原題:Yesterday
邦題:イエスタデイ
時間:116分
公開:2019-10-11
製作年度:2019
製作国:イギリス
配給:東宝東和
製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイジャー
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、バーナード・ベリュー、マシュー・ジェームズ・ウィルキンソン、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
監督:ダニー・ボイル
脚本:リチャード・カーティス
原作:
撮影:
音楽:
出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン、エド・シーラン

予約していたDVDが届いたので早速見る。未公開シーンが興味深い。

| | コメント (0)

2020-059M 「エルヴィスとニクソン ~写真に隠された真実~」☆☆☆★

Selnix原題:ELVIS & NIXON
邦題:エルヴィスとニクソン ~写真に隠された真実~
時間:86分
公開:
製作年度:2016
製作国:アメリカ
配給:アマゾン
製作総指揮:
製作:
監督:リザ・ジョンソン
脚本:
原作:
撮影:テリー・ステイシー
音楽: エド・シェアマー
出演:マイケル・シャノン, ケヴィン・スペイシー, アレックス・ペティファー

アマゾン視聴。
米国立公文書館の画像資料の中で最多の閲覧回数を誇る写真とともに永遠に語り継がれる、キング・オブ・ロックンロールとニクソン大統領との面会に隠された、衝撃的かつユーモラスな語られざる真実の物語。

| | コメント (0)

2020-058M 「愛がこわれるとき」☆☆☆

Aikoware原題:SLEEPING WITH THE ENEMY
邦題:愛がこわれるとき
時間:98分
公開:1991-04
製作年度:1990
製作国:アメリカ
配給:FOX
製作総指揮:ジェフリー・チャーノフ
製作:レナード・ゴールドバーグ
監督:ジョセフ・ルーベン
脚本:ロナルド・バス
原作:ナンシー・プライス
撮影:ジョン・リンドレー
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
出演:ジュリア・ロバーツ(サラ&ローラ)、パトリック・バーギン(マーティン)、ケヴィン・アンダーソン(ベン)、エリザベス・ローレンス

アマゾン視聴。

| | コメント (0)

2020-047M 「アンティークの祝祭」☆☆☆

Antique原題:La derniere folie de Claire Darling
邦題:アンティークの祝祭
時間:94分
公開:2020-04-24
製作年度:2018
製作国:フランス
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:イエール・フォジール レティシア・ゴンザレス
監督:ジュリー・ベルトゥチェリ
脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ マリエット・デゼール マリオン・ドゥーソ
原作:リンダ・ラトレッジ
撮影:イリナ・ルブチャンスキー
音楽:オリヴィエ・ダヴィオー
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(クレール・ダーリング)、キアラ・マストロヤンニ(マリー・ダーリング)、アリス・タグリオーニ(若いころのクレール・ダーリング)、ロール・カラミー(マルティーヌ)、サミール・ゲスミ(アミール)、オリヴィエ・ラブルダン(クロード・ダーリング)


 


フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーブの主演で、人生の終焉を悟った主人公が、半生をともにしてきたアンティークを処分することで、彼女のこれまでの人生や本当に残したい思いが浮かび上がるヒューマンドラマ。ドヌーブと娘のキアラ・マストロヤンニが、劇中でも母娘役で共演する。近頃、意識や記憶がおぼろげになることが多いクレール。ある夏の朝、今日が人生最期と確信した彼女は、長年かけて集めてきたアンティークの人形や仕時計、肖像画などのコレクションをヤードセールで処分することを決め、庭先で売り始める。そんなクレールの奇妙な行動を耳にした娘のマルティーヌは、疎遠になっていた母のもとを訪れるが……。監督は「パパの木」「バベルの学校」のジュリー・ベルトゥチェリ。


 


 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧