2017-076M 「アトラクション」☆☆☆

Atraction 原題:Prityazhenie
邦題:アトラクション
時間:132分
公開:2017
製作年度:2017
製作国:ロシア
配給:プレシディオ
製作総指揮:
製作:
監督:フュードル・ボンダルチュク
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:アレクサンダー・ペトロフ、イリーナ・スターゼンバウム、ライナル・ムハメトフ、オレグ・メンシコフ、ニキータ・タクシキン、セルゲイ・ガルマッシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-075M 「ありがとう、トニ・エルドマン」☆☆☆

Tonieldman 原題:Toni Erdmann
邦題:ありがとう、トニ・エルドマン
時間:162分
公開:2017-06-24
製作年度:2016
製作国:ドイツ・オーストリア
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:
製作:ヤニーネ・ヤツコフスキー、ヨナス・ドルンバッハ、マーレン・アーデ、ミヒェル・メルクト
監督:マーレン・アーデ
脚本:マーレン・アーデ
原作:
撮影:パトリック・オルト
音楽:
出演:ペーター・シモニスチェク(ヴィンフリート/トニ・エルドマン)、サンドラ・フラー(イネス)、ミヒャエル・ビッテンボルン(ヘンネベルク)、トーマス・ピュッター(ゲラルト)、ハデビック・ミニス(タチアナ)、ルーシー・ラッセル(ステフ)、イングリッド・ビス(アンカ)、ブラド・イバノフ(イリエスク)、ビクトリア・コチアシュ(フラヴィア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-061M 「おとなの恋の測り方」☆☆☆★

Otonanokoinohakarikata 原題:Un homme a la hauteur
邦題:おとなの恋の測り方
時間:98分
公開:2017-06-17
製作年度:2016
製作国:フランス
配給:松竹
製作総指揮:
製作:
監督:ローラン・ティラール
脚本:ローラン・ティラール、グレゴワール・ビニュロ
原作:
撮影:
音楽:エリック・ヌブー
出演:ジャン・デュジャルダン、ビルジニー・エフィラ、セドリック・カーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-045 「アサシン クリード」☆☆★★★

Asasin 原題:Assassin's Creed
邦題:アサシン クリード
時間:116分
公開:2017-03-03
製作年度:2016
製作国:イギリス・フランス・アメリカ・香港
配給:20世紀フォックス
製作総指揮:マーカス・バーメットラー、フィリップ・リー
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、マイケル・ファスベンダー、コナー・マッコーン、アーノン・ミルチャン
監督:ジャスティン・カーゼル
脚本:マイケル・レスリー、アダム・クーパー、ビル・コラージュ
原作:
撮影:アダム・アーカポー
音楽:ジェド・カーゼル
出演:マイケル・ファスベンダー(カラム・リンチ/アギラール)、マリオン・コティヤール(ソフィア・リッキン博士)、ジェレミー・アイアンズ(アラン・リッキン)、ブレンダン・グリーソン(ジョセフ)、マイケル・K・ウィリアムズ(ムサ)、アリアンヌ・ラベッド(マリア)、シャーロット・ランプリング(エレン・ケイ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-040 「イップ・マン 継承」☆☆★★★

Ipman3 原題:葉問3 Ip Man 3
邦題:イップ・マン 継承
時間:105分
公開:2017-04-22
製作年度:2015
製作国:中国・香港
配給:ギャガ・プラス
製作総指揮:
製作:レイモンド・ウォン
監督:ウィルソン・イップ
脚本:エドモンド・ウォン
原作:
撮影:ツェー・チュントー
音楽:川井憲次
出演:ドニー・イェン(イップ・マン)、リン・ホン(ウィンシン)、マックス・チャン(チョン・ティンチ)、マイク・タイソン(フランク)、パトリック・タム(サン)、ケント・チェン(ポー)、チャン・クォックワン(ブルース・リー)
とにかくカンフーものならなんでもOKというファンのためだけの映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-027 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」☆☆☆

Amenohiha 原題:Demolition
邦題:雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
時間:101分
公開:2017-02-18
製作年度:2015
製作国:アメリカ
配給:ファントム・フィルム
製作総指揮:サッド・ラッキンビル、エレン・H・シュワルツ、カーラ・ハッケン、ブルース・トール、ネイサン・ロス、ジョン・マルコビッチ、ジェイソン・ライトマン、ヘレン・エスタブルック
製作:リアンヌ・ハルフォン、ラッセル・スミス、モリー・スミス、トレント・ラッキンビル、シドニー・キンメル、ジャン=マルク・バレ
監督:ジャン=マルク・バレ
脚本:ブライアン・サイプ
原作:
撮影:イブ・ベランジェ
音楽:スーザン・ジェイコブス
出演:ジェイク・ギレンホール(デイヴィス・ミッチェル)、ナオミ・ワッツ(カレン・モレノ)、クリス・クーパー(フィル・イーストマン)、ジュダ・ルイス
邦題の意味が不明だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-016 「イエスマン “YES”は人生のパスワード」☆☆☆★

Yesman 原題:Yes Man
邦題:イエスマン “YES”は人生のパスワード
時間:104分
公開:2009-03-20
製作年度:2008
製作国:アメリカ
配給:WB
製作総指揮:マーティ・ユーイング、デイナ・ゴールドバーグ、ブルース・バーマン
製作:リチャード・D・ザナック、デビッド・ハイマン、ダニー・ウォレス
監督:ペイトン・リード
脚本:ニコラス・ストーラー、ジャレッド・ポール、アンドリュー・モーゲル
原作:ダニー・ウォレス
撮影:ロバート・イェーマン
音楽:ライル・ワークマン、マーク・オリバー・エバレット
出演:ジム・キャリー(カール・アレン)、ズーイー・デシャネル(アリソン)、ブラッドリー・クーパー(ピーター)、リス・ダービー(ノーム)、ジョン・マイケル・ヒギンズ(ニック)、ダニー・マスターソン(ルーニー)、テレンス・スタンプ(テレンス・バンドリー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-011 「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」☆☆☆★

Ihimanoe 原題:Der Staat gegen Fritz Bauer
邦題:アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
時間:105分
公開:2017-01-07
製作年度:2015
製作国:ドイツ
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:トマス・クフス
監督:ラース・クラウメ
脚本:ラース・クラウメ、オリビエ・グエズ
原作:
撮影:イェンス・ハラント
音楽:ユリアン・マース、クルストフ・M・カイザー
出演:ブルクハルト・クラウスナー(フリッツ・バウアー)、ロナルト・ツェアフェルト(カール・アンガーマン)、セバスチャン・ブロムベルグ(ウルリヒ・クライトラー)、イェルク・シュットアウフ(パウル・ゲプハルト)、リリト・シュタンゲンベルク(ヴィクトリア)、ローラ・トンケ(シュット嬢)、ゲッツ・シューベルト(ゲオルク=アウグスト・ツィン)、マイケル・シェンク(アドルフ・アイヒマン)
このサブタイトル的な説明タイトルは不要なのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-256M 「エゴン・シーレ 死と乙女」☆☆★★

Egonseare 原題:Egon Schiele: Tod und Madchen
邦題:エゴン・シーレ 死と乙女
時間:109分
公開:2017-01-28
製作年度:2016
製作国:オーストリア・ルクセンブルク
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:フランツ・ノボトニー、アレクサンダー・グレール、バディ・ミンク、アレクサンダー・ドゥムライヒャー=イバンチヤヌ
監督:ディーター・ベルナー
脚本:ヒルデ・ベルガー、ディーター・ベルナー
原作:
撮影:カーステン・ティーレ
音楽:アンドレ・ジェジュク
出演:ノア・サーベト(ラエゴン・シーレ)、マレシ・リーグナー(ゲルティ・シーレ)、ファレリエ・ペヒナー(ヴァリ・ノイツェル)、ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ(モア・マンドゥ)、マリー・ユンク(エディット・ハルムス)、エリーザベト・ウムラウフト(アデーレ・ハルムス)、トーマス・シューベルト(アントン・ペシュカ)、ダニエル・シュトレーサー(ドム・オーゼン)、コーネリウス・オボンバ(グスタフ・クリムト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-252M 「エヴォリューション」☆☆☆

Vorution 原題:Evolution
邦題:エヴォリューション
時間:81分
公開:2016-11-26
製作年度:2015
製作国:フランス
配給:アップリンク
製作総指揮:
製作:シルビー・ダントン、ブノワ・ケノン、ジェローム・ビダル
監督:ルシール・アザリロビック
脚本:ルシール・アザリロビック、アランテ・カバイテ
原作:
撮影:マニュ・ダコッセ
音楽:ザカリアス・M・デ・ラ・リバ、ヘスス・ディアス
出演:マックス・ブラバン(ニコラ)、ロクサーヌ・デュラン(ステラ)、ジュリー=マリー・パルマンティエ
「ミネハハ」を原作として「エコール」という作品を2004年に発表した女性監督ルシール・アザリロビックの新作だ。「エコール」は当時ライズシネマでひっそりと公開されていた記憶がある。「エヴォリューション」の前に「ネクター」という18分の短編を監督しているようだが未見。筋立てを読むと、「エコール」から継続する<隔絶された特殊なルールに基づいた世界での不可思議な儀式的な>物語が進むという作風は変わっていないようだ。本作もそうだ。ホラーであり、ファンタジーであり、サイエンスフィクションであり。舞台はディストピアとしか言いようのない、自由を喪失した<場所>である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧