2018-142M 「おかえり、ブルゴーニュへ」☆☆☆★

Okaeri 原題:Ce qui nous lie
邦題:おかえり、ブルゴーニュへ
時間:113分
公開:2018-11-17
製作年度:2017
製作国:フランス
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:
監督:セドリック・クラピッシュ
脚本:セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ
原作:
撮影:アレクシ・カビルシーヌ
音楽:ロイク・デュリー、クリストフ・“ディスコ”・ミンク
出演:ピオ・マルマイ(ジャン)、アナ・ジラルド(ジュリエット)、フランソワ・シビル(ジェレミー)
「猫が行方不明」「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラピッシュ監督が、フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリーを舞台にした人間模様を描いたドラマ。フランス・ブルゴーニュ地方のワイン生産者=ドメーヌの家の長男として生まれ育ったジャンは、世界を旅するため故郷を飛び出したが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへ戻ってくる。家業を継ぎ、ワイン作りに励む妹のジュリエット、そして別のドメーヌの婿養子となった弟のジェレミーと兄弟3人の久しぶりの再会を果たすが、間もなく父親が亡くなってしまう。残された葡萄畑や相続などさまざまな課題に直面する中、父親が亡くなってから最初の葡萄の収穫時期を迎え、兄弟たちは自分たちなりのワインを作るため協力し合う。その一方で、長男は離婚問題、長女は醸造家としての方向性、次男は義父問題と、それぞれが打ち明けづらい悩みや問題を抱えていた。
■日本ならさしずめ米農家が舞台になりそうな、フランスならではのワイン一家の物語。かなり長い撮影期間だったのだろう。原題は「私たちを束縛するもの」。まあ、歴史あるワイン畑に生きるという意味なのだろう。ワイン愛とともに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-133M 「嘘はフィクサーのはじまり」☆☆☆★★

Usofixer 原題:Norman
邦題:嘘はフィクサーのはじまり
時間:110分
公開:2018-10
製作年度:2016
製作国:イスラエル・アメリカ
配給:ハーク
製作総指揮:ジム・カウフマン、アマンダ・マーシャル、キャロライン・カプラン、マイケル・グレイディ
製作:オーレン・ムーバーマン、ギデオン・タドモア、エヤル・リモン、デビッド・マンディル、ミランダ・ベイリー、ローレンス・イングリー
監督:ヨセフ・シダー
脚本:ヨセフ・シダー
原作:
撮影:ヤロン・シャーフ
音楽:三宅純
出演:リチャード・ギア(ノーマン・オッペンハイマー)、リオル・アシュケナージ(ミカ・エシェル)、マイケル・シーン(フィリップ)、スティーブ・ブシェーミ(ラビ・ブルメンソール)、シャルロット・ゲンズブール(アレックス・グリーン)、ダン・スティーブンス(ビル・カヴィシュ)、ハンク・アザリア(スルール・カッツ)、ハリス・ユーリン(ジョー・ウィルフ)、ジョシュ・チャールズ(アーサー・タウブ)
リチャード・ギア扮する自称フィクサーの男が、国際的な大騒動を巻き起こす姿を描いたブラックコメディ。自身をフィクサーと称するノーマンは、小さな嘘の数々を積み重ね、人脈を広げてきた。ある日、ノーマンが偶然を装い高価な革靴をプレゼントすることに成功したイスラエルのカリスマ政治家エシェルが、3年後に首相に就任した。首相となったエシェルとの再会にこぎつけたノーマンは、「首相のお墨付き」という武器を利用して暗躍を始めるが……。ノーマン役をギア、「運命は踊る」のイスラエル人俳優リオル・アシュケナージが首相役を演じるほか、マイケル・シーン、スティーブ・ブシェーミ、シャルロット・ゲンズブールらが脇を固める。監督は「ボーフォート レバノンからの撤退」「フットノート」がアカデミー外国語映画賞にノミネートされたヨセフ・シダー。2016年のリオデジャネイロ五輪閉会式で「君が代」のアレンジを手がけた三宅純が音楽を担当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-130M 「オーシャンズ8」☆☆☆★

Ocean8 原題:Ocean's Eight
邦題:オーシャンズ8
時間:110分
公開:2018-08-10
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:マイケル・タドロス、ダイアナ・アルバレス、ジェシー・アーマン、ブルース・バーマン
製作:スティーブン・ソダーバーグ、スーザン・イーキンス
監督:ゲイリー・ロス
脚本:ゲイリー・ロス、オリビア・ミルチ
原作:ゲイリー・ロス
撮影:エイジル・ブリルド
音楽:ダニエル・ペンバートン
出演:サンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)、ケイト・ブランシェット(ルー)、アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)、ミンディ・カリング(アミータ)、オークワフィナ(コンスタンス)、サラ・ポールソン(タミー)、リアーナ(ナインボール)、ヘレナ・ボナム・カーター(ローズ・ワイル)、ジェームズ・コーデン(ジョン・フレイジャー)、リチャード・アーミテージ(クロード・ベッカー)
スティーブン・ソダーバーグ監督が手がけ、主演のジョージ・クルーニーほかオールスターキャスト共演で話題を集めた「オーシャンズ」シリーズを、新たにオール女性キャストで描くクライムエンタテインメント。クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャンが主人公となり、女性版オーシャンズが結成される。史上最強の犯罪ドリームチーム「オーシャンズ」を率いたカリスマ的リーダー、ダニー・オーシャンの妹デビーが仮釈放された。出所したデビーは犯罪プロフェッショナルである7人の女性に声をかけ、ニューヨークで開催される世界的ファッションイベント「メットガラ」の会場で1億5000万ドルの宝石を盗み出すという前代未聞の計画を実行に移す。デビー役のサンドラ・ブロックほか、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、歌手のリアーナら豪華女優陣が顔をそろえる。ソダーバーグがプロデュースを務め、「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロスがメガホンをとった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-123M 「アンダー・ザ・シルバーレイク」☆☆★★★

Under 原題:Under the Silver Lake
邦題:アンダー・ザ・シルバーレイク
時間:140分
公開:2018-10-13
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:
監督:デビッド・ロバート・ミッチェル
脚本:デビッド・ロバート・ミッチェル
原作:
撮影:マイケル・ジオラキス
音楽:
出演:アンドリュー・ガーフィールド(サム)、ライリー・キーオ(サラ)、トファー・グレイス
脚本の段階で自家撞着に陥ってしまい、もうクレージーとしか。途中までは、かつてのシネヴィヴァンやライズな趣があったが、どんどん破綻していき観客を置いてきぼりにしていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-120M 「運命は躍る」☆☆☆★★

Unmeihaodoru 原題:Foxtrot
邦題:運命は踊る
時間:113分
公開:2018-09-29
製作年度:2017
製作国:イスラエル・ドイツ・フランス・スイス
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:
製作:ミヒャエル・ベバー、ビオラ・フーゲン、チェドミール・コラール
監督:サミュエル・マオス
脚本:サミュエル・マオス
原作:
撮影:ジオラ・ビヤック
音楽:アミット・ポズナンスキ
出演:リオル・アシュケナージ(ミハエル)、サラ・アドラー(ダフナ)、ヨナタン・シライ
「レバノン」で第66回ベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したイスラエルの名匠サミュエル・マオス監督が、実体験をもとに運命の不条理や人生のやるせなさを描いたミステリードラマ。テルアビブのアパートで暮らすミハエルとダフナ夫妻のもとに、軍の役人が息子ヨナタンの戦死を知らせにやってくる。ダフナはショックのあまり気を失い、ミハエルは平静を装いながらも役人の対応にいら立ちを覚える。やがて、戦死は誤報だったことが判明。ミハエルは怒りを爆発させ、息子を呼び戻すよう要求する。一方、ヨナタンは戦う相手のいない前哨基地の検問所で、どこか間延びした時間を過ごしていた。ある日、ヨナタンは若者たちの乗る車を取り調べするが……。第74回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-114M 「エンジェル、見えない恋人」☆☆☆

Monange 原題:Mon ange
邦題:エンジェル、見えない恋人
時間:79分
公開:2018-10-13
製作年度:2016
製作国:ベルギー
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:ジャコ・バン・ドルマル、オリビエ・ローサン、ダニエル・マルケ
監督:ハリー・クレフェン
脚本:ハリー・クレフェン、トマ・グンジグ
原作:
撮影:
音楽:
出演:フルール・ジフリエ、エリナ・レーベンソン、マヤ・ドリー、ハンナ・ブードロー、フランソワ・バンサンテッリ
目に見えない存在として生まれた青年と盲目の少女の愛の姿を描いたラブロマンス。パートナーの突然の失踪により、絶望を味わったルーズは精神病院に収容され、誰に知られることなく、1人の男の子を出産する。エンジェルと名づけられたその子どもは、目に見えない存在であるという、特別な特性をもっていた。そんなエンジェルを、ルイーズは世間との接触を絶ち、施設の中で育てていった。そしてある日、エンジェルは盲目のマドレーヌという少女と出会う。目が見えないマドレーヌはエンジェルの秘密に気がつくことはなく、2人は次第に惹かれあい、愛を育んでいくが、ある時、マドレーヌが視力を取り戻すため目の手術を受けることになり……。製作は「神様メール」「トト・ザ・ヒーロー」のジャコ・バン・ドルマル。監督は俳優としてドルマル作品などに出演し、多くのテレビシリーズなども手がけているハリー・クレフェン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-091M 「女と男の観覧車」☆☆☆★★

Kanransha 原題:Wonder Wheel
邦題:女と男の観覧車
時間:101分
公開:2018-06-23
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:ロングライド
製作総指揮:アダム・B・スターン、マーク・アタナシオ、ロナルド・L・シェ
製作:レッティ・アロンソン、エリカ・アロンソン、エドワード・ワルソン
監督:ウッディ・アレン
脚本:ウッディ・アレン
原作:
撮影:ビットリオ・ストラーロ
音楽:
出演:ケイト・ウィンスレット(ジニー)、ジャスティン・ティンバーレイク(ミッキー)、ジム・ベルーシ(ハンプティ)、ジュノー・テンプル(キャロライナ)、ジャック・ゴア(リッチー)、デビッド・クラムホルツ(ジェイク)、マックス・カセラ(ライアン)
ウッディ・アレン監督がケイト・ウィンスレットを主役に迎え、1950年代ニューヨークのコニーアイランドを舞台に、ひと夏の恋に溺れていくひとりの女性の姿を描いたドラマ。コニーアイランドの遊園地内にあるレストランで働いている元女優のジニーは、再婚同士で結ばれた回転木馬操縦係の夫・ハンプティと、ジニーの連れ子である息子のリッチーと3人で、観覧車の見える安い部屋で暮らしている。しかし、ハンプティとの平凡な毎日に失望しているジニーは夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしながら劇作家を目指している若い男ミッキーと不倫していた。ミッキーとの未来に夢を見ていたジニーだったが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナの出現により、すべてが大きく狂い出していく。ウィンスレットが主人公のジニーを演じるほか、ミッキー役を歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイク、ハンプティ役をジム・ベルーシ、キャロライナ役をジュノー・テンプルがそれぞれ演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-083M 「犬ヶ島」☆☆☆★★

Inugasima 原題:Isle of Dogs
邦題:犬ヶ島
時間:101分
公開:2018-05-25
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
製作総指揮:クリストフ・フィッサー、ヘニング・モルフェンター、チャーリー・ウォーケン
製作:ウェス・アンダーソン、スコット・ルーディン、スティーブン・レイルズ、ジェレミー・ドーソン
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン
原作:ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン、野村訓市
撮影:トリスタン・オリバー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:コーユー・ランキン(小林アタリ)、リーブ・シュレイバース(ポッツ)、ブライアン・クランストン(チーフ)、エドワード・ノートン(レックス)、ボブ・バラバン(キング)、ビル・マーレイ(ボス)、ジェフ・ゴールドブラム(デューク)、スカーレット・ヨハンソン(ナツメグ)、F・マーレイ・エイブラハム(ジュピター)、ティルダ・スウィントン(オラクル)、野村訓市(小林市長)、高山明(メイジャー・ドウモ)、伊藤晃(渡辺教授)、オノ・ヨーコ(科学者助手ヨーコ・オノ)、グレタ・ガーウィグ(トレイシー・ウォーカー)、村上虹郎(ヒロシ編集員)、フランシス・マクドーマンド(通訳ネルソン)、野田洋次郎(ニュースキャスター)、渡辺謙(筆頭執刀医)、夏木マリ(おばさん)、ハーベイ・カイテル(ゴンド)、フィッシャー・スティーブンス(スクラップ)、コートニー・B・バンス(ナレーター)
「グランド・ブダペスト・ホテル」のウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に、「犬インフルエンザ」の蔓延によって離島に隔離された愛犬を探す少年と犬たちが繰り広げる冒険を描いたストップモーションアニメ。近未来の日本。メガ崎市で犬インフルエンザが大流行し、犬たちはゴミ処理場の島「犬ヶ島」に隔離されることに。12歳の少年・小林アタリは愛犬スポッツを捜し出すため、たった1人で小型機を盗んで犬ヶ島へと向かう。声優陣にはビル・マーレイ、エドワード・ノートンらアンダーソン監督作品の常連俳優のほか、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、オノ・ヨーコら多彩な豪華メンバーが集結。日本からも、「RADWIMPS」の野田洋次郎や夏木マリらが参加。第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映され、コンペティション部門で監督賞(銀熊賞)を受賞した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-081M 「女は二度決断する」☆☆☆★

Onnanidoketudan 原題:Aus dem Nichts
邦題:女は二度決断する
時間:100分
公開:2018-04-14
製作年度:2017
製作国:ドイツ
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:
製作:ヌアハン・シェケルチ=ポルスト、ファティ・アキン、ヘルマン・バイゲル
監督:ファティ・アキン
脚本:ファティ・アキン、ハーク・ボーム
原作:
撮影:ライナー・クラウスマン
音楽:ジョシュア・ホーミ
出演:ダイアン・クルーガー(カティヤ・シェケルジ)、デニス・モシット(ダニーロ)、ヨハネス・クリシュハー(バーベック)、サミア・シャンクラン(ビルギット)、ヌーマン・アチャル(ヌーリ・シェケルジ)、ヘニング・ペカー(レーツ警部)
「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」「ソウル・キッチン」でカンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭それぞれで受賞歴を誇るドイツの名匠ファティ・アキン監督が、ダイアン・クルーガーを主演に迎え、突然の悲劇で家族を奪われた主人公の女性が絶望の中で下す決断を描いたドラマ。ハリウッドはもちろん、フランスなどヨーロッパ映画でも活躍し、英語、フランス語、ドイツ語を操るクルーガーが、ドイツ語を使った演技に初挑戦し、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。ドイツ、ハンブルグ。トルコ移民のヌーリと結婚したカティヤは幸せな家庭を築いていたが、ある日、白昼に起こった爆発事件に巻き込まれ、ヌーリと息子のロッコが犠牲になってしまう。警察は当初、トルコ人同士の抗争を疑っていたが、やがて人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明。愛する家族を奪われたカティヤは、憎しみと絶望を抱えてさまようが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-079M 「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」☆☆☆★★

Ave2018 原題:Avengers: Infinity War
邦題:アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
時間:150分
公開:2018-04-27
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:ルイス・デスポジート、ビクトリア・アロンソ、マイケル・グリロ、トリン・トラン、ジョン・ファブロー、ジェームズ・ガン、スタン・リー
製作:ケビン・ファイギ
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
脚本:クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー
原作:
撮影:トレント・オパロック
音楽:アラン・シルベストリ
出演:ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・ヘムズワース(ソー)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・エバンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ベネディクト・カンバーバッチ(スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー)、ダナイ・グリラ(オコエ)、レティーシャ・ライト(シュリ)、トム・ヒドルストン(ロキ)、イドリス・エルバ(ヘイムダル)、ピーター・ディンクレイジ、ベネディクト・ウォン(ウォン)、ポム・クレメンティエフ(マンティス)、カレン・ギラン(ネビュラ)、デイブ・バウティスタ(ドラックス)、ゾーイ・サルダナ(ガモーラ)、ビン・ディーゼル(グルート(声))、ブラッドリー・クーパー(ロケット(声))、グウィネス・パルトロウ(ペッパー・ポッツ)、ベニチオ・デル・トロ(コレクター)、ジョシュ・ブローリン(サノス)、クリス・プラット(ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード)
「アイマンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」などマーベルコミック原作で、世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する各作品からヒーローが集結するアクション大作「アベンジャーズ」シリーズの第3作。アイマンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクといったシリーズ当初からのヒーローたちに加え、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ドクター・ストレンジ」「スパイダーマン ホームカミング」「ブラックパンサー」からも主要ヒーローが参戦。6つ集めれば世界を滅ぼす無限の力を手にすると言われる「インフィニティ・ストーン」を狙い地球に襲来した宇宙最強の敵サノスに対し、アベンジャーズが全滅の危機に陥るほどの激しい戦いを強いられる。監督は「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」を手がけたアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧