2024-179M 「ルックバック」☆☆☆★★

Slookback邦題:ルックバック
時間:58分
公開:2024-06-28
製作年度:2024
製作国:日本
配給:
製作総指揮:
製作:
監督:押山清高
脚本:押山清高
原作:藤本タツキ
撮影:出水田和人
音楽:haruka nakamura
出演:河合優実、吉田美月喜

「チェンソーマン」で知られる人気漫画家・藤本タツキが、2021年に「ジャンプ+」で発表した読み切り漫画「ルックバック」を劇場アニメ化。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」や「君たちはどう生きるか」などさまざまな話題のアニメに携わってきた、アニメーション監督でアニメーターの押山清高が、監督・脚本・キャラクターデザインを手がけ、ひたむきに漫画づくりを続ける2人の少女の姿を描く青春ストーリー。

学生新聞で4コマ漫画を連載し、クラスメイトからも称賛されている小学4年生の藤野。そんなある日、先生から、同学年の不登校の生徒・京本の描いた4コマ漫画を新聞に載せたいと告げられる。自分の才能に自信を抱く藤野と、引きこもりで学校にも来られない京本。正反対な2人の少女は、漫画へのひたむきな思いでつながっていく。しかし、ある時、すべてを打ち砕く出来事が起こる。

ドラマ「不適切にもほどがある!」や映画「四月になれば彼女は」「ひとりぼっちじゃない」などで活躍する河合優実が藤野役、映画「あつい胸さわぎ」「カムイのうた」などで主演を務めた吉田美月喜が京本役を担当し、それぞれ声優に初挑戦した。

| | コメント (0)

2024-157M 「範馬刃牙VSケンガンアシュラ」☆☆☆

Sbakishu邦題:範馬刃牙VSケンガンアシュラ
時間:62分
公開:2024-06-06
製作年度:2024
製作国:日本
配給:Netflix
製作総指揮:
製作:
監督:平野俊貴
脚本:イシノアツオ
原作:板垣恵介 サンドロビッチ・ヤバ子 だろめおん
撮影:野口龍生
音楽:藤澤健至 高梨康治
出演:島崎信長(範馬刃牙)、大塚明夫(範馬勇次郎/加納アギト)、江口拓也(花山薫)、三宅健太(ジャック・ハンマー)、麦人(徳川光成)、菅生隆之(愚地独歩)、島田敏(渋川剛気)、小山力也(烈海王/阿古谷清秋)

秋田書店「週刊少年チャンピオン」にて連載中の「刃牙」シリーズ(原作:板垣恵介)と、小学館によるWEBサイト「裏サンデー」とコミックアプリ「マンガワン」にて配信中の「ケンガンアシュラ」(原作:サンドロビッチ・ヤバ子、作画:だろめおん)を原作とするNetflixアニメ2作品がコラボレーションを果たしたアニメ映画。「刃牙」シリーズの地下闘技場と「ケンガンアシュラ」の拳願会という2つの裏格闘技団体が拳を交える姿を活写する。

第1試合では「ケンガンアシュラ」に登場するミャンマーの伝統武術ラウェイの達人・鎧塚サーパインと、「刃牙」で15歳にして花山組2代目を襲名した日本一の喧嘩師・花山薫の激闘を描き、第2試合では「ケンガンアシュラ」の暗殺集団呉一族で歴代最凶とされる呉雷庵と、「刃牙」で常識はずれの鍛錬とドーピングにより究極の肉体を手に入れたジャック・ハンマーが対決。そして第3試合では、「ケンガンアシュラ」の主人公である謎の格闘家・十鬼蛇王馬と、「刃牙」シリーズの主人公である若き地下闘技場チャンピオン・範馬刃牙が壮絶な死闘を繰り広げる。

| | コメント (0)

2024-147M 「さよならの朝に約束の花をかざろう」☆☆☆★★

Ssayonaranoasani邦題:さよならの朝に約束の花をかざろう
時間:115分
公開:2018-02-24
製作年度:2018
製作国:日本
配給:ショウゲート
製作総指揮:
製作:遠藤直子 京谷知美 竹中信広 菊池宣広
監督:岡田麿里
脚本:岡田麿里
原作:Iorph
撮影:並木智
音楽:川井憲次
出演:石見舞菜香(マキア)、入野自由(エリアル)、茅野愛衣(レイリア)、梶裕貴(クリム)、沢城みゆき(ラシーヌ)、細谷佳正(ラング)、佐藤利奈(ミド)、日笠陽子(ディタ)、久野美咲(メドメル)、杉田智和(イゾル)、平田広明(バロウ)

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」などで知られる脚本家の岡田麿里が初監督を務めたオリジナルの長編アニメーション映画。10代半ばで外見の成長が止まり、数百年生き続けることから「別れの一族」と呼ばれるイオルフの民の少女マキアと、歳月を重ねて大人へと成長していく孤独な少年エリアルの絆の物語が描かれる。人里離れた土地で、ヒビオルと呼ばれる布を織りながら静かに暮らすイオルフの民の少女マキア。ある日、イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる獣にまたがるメザーテ軍が攻め込んできたことから、マキアとイオルフの民の平穏な日々は崩壊する。親友や思いを寄せていた少年、そして帰る場所を失ったマキアは森をさまよい、そこで親を亡くしたばかりの孤児の赤ん坊を見つける。やがて時は流れ、赤ん坊だったエリアルは少年へと成長していくが、マキアは少女の姿のままで……。

2024年には似た設定の「葬送のフリーレン」が評判になる。(メモ)

| | コメント (0)

2024-145M 「好きでも嫌いなあまのじゃく」☆☆☆★

Ssukidemokirai邦題:好きでも嫌いなあまのじゃく
時間:112分
公開:2024-05-24
製作年度:2024
製作国:日本
配給:ツインエンジン、ギグリーボックス
製作総指揮:
製作:
監督:柴山智隆
脚本:柿原優子 柴山智隆
原作:
撮影:町田啓
音楽:窪田ミナ
出演:小野賢章、富田美憂、浅沼晋太郎、山根綺、塩田朋子、斎藤志郎、田中美央、ゆきのさつき、佐々木省三、日高のり子、三上哲、京田尚子

「ペンギン・ハイウェイ」「雨を告げる漂流団地」のスタジオコロリドが手がけるオリジナル長編アニメ。同スタジオの長編「泣きたい私は猫をかぶる」も手がけた柴山智隆監督が、人間の少年と鬼の少女の交流を描いた青春ファンタジー。

山形県に暮らす高校1年生の八ッ瀬柊は、人に嫌われたくないという思いのあまり、気づけば頼まれごとを断れない性格になっていた。しかし、自ら進んで他人のために何かをやってもうまくいかず、親友と呼べる友だちもいない。そんな柊が、いつものように頼まれごとを引き受けて、なんだかうまくいかなかったある夏の日。季節外れの雪が降るなか、柊は、人間の世界に母親を捜しに来たという鬼の少女ツムギと出会う。ツムギは自分勝手な性格で、柊とは何もかもが正反対だったが……。

柊役は「泣きたい私は猫をかぶる」でも柴山監督とタッグを組んだ小野賢章、ツムギ役は「メイドインアビス」「アイカツスターズ!」の富田美憂。脚本にはテレビアニメ「ちはやふる」「薬屋のひとりごと」などで知られる柿原優子が参加。2024年5月24日から劇場公開と同時にNetflixで配信。劇場公開版は配信版とは異なる特別演出のエンドールが流れる。

| | コメント (0)

2024-138M 「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章」☆☆☆★

Sdededeadato邦題:デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章
時間:120分
公開:2024-05-24
製作年度:2024
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:依田巽 川崎由紀夫 沢辺伸政 村松俊亮 稲葉貢一
監督:黒川智之
脚本:吉田玲子
原作:浅野いにお
撮影:師岡拓磨
音楽:梅林太郎
出演:幾田りら(小山門出)、あの(中川凰蘭)、種崎敦美、島袋美由利、大木咲絵子、和氣あず未、白石涼子、入野自由、内山昂輝、坂泰斗、諏訪部順一、津田健次郎

地球外からの侵略者が日常に溶け込んだ世界で青春を謳歌する少女たちを描いた浅野いにお原作の同名コミックをアニメーション映画化した2部作の後編。

入試に合格して亜衣や凛と同じ大学に通い始めた門出と凰蘭は、竹本ふたばや田井沼マコトという新しい友だちもでき、尾城先輩が会長を務めるオカルト研究会に入ることに。一方、宇宙からの侵略者は東京各地で目撃され、自衛隊が駆除活動を繰り広げていた。上空の母艦は傾いて煙が立ち上り、政府転覆を狙って侵略者狩りを続ける過激派グループ「青共闘」も暗躍。世界の終わりに向かってカウントダウンが始まるなか、凰蘭は不思議な少年・大葉に再び遭遇する。

音楽ユニット「YOASOBI」のボーカル・ikuraとしても活動するシンガーソングライターの幾田りらが門出、歌手・タレントとして活躍するあのが凰蘭の声をそれぞれ演じるほか、浅野いにお原作の映画「零落」の監督を務めた俳優の竹中直人が“侵略者の議長役”の声優として友情出演。

テレビ東京出資アニメの後編。そしてカタストロフにまさる友情。

| | コメント (0)

2024-112M 「劇場版ブルーロック EPISODE 凪」☆☆☆★

Sbluerock邦題:劇場版ブルーロック EPISODE 凪
時間:91分
公開:2024-04-19
製作年度:2024
製作国:日本
配給:バンダイナムコフィルムワークス
製作総指揮:
製作:有澤亮哉 佐藤尚哉 川勝宥典 柳井寛史
監督:石川俊介
脚本:岸本卓
原作:金城宗幸
撮影:浅黄康裕
音楽:村山☆潤
出演:島崎信長(凪誠士郎)、内田雄馬(御影玲王)、興津和幸(剣城斬鉄)、浦和希(潔世一)、海渡翼(蜂楽廻)、小野友樹(國神錬介)、斉藤壮馬(千切豹馬)、諏訪部順一(馬狼照英)、内山昂輝(糸師凛)、木村昴(舐岡了)、神谷浩史(絵心甚八)

講談社「週刊少年マガジン」連載の人気サッカー漫画を原作に、「ブルーロック(青い監獄)」に集められた300人の高校生FW(フォワード)が世界一のストライカーを目指して戦う姿を描くテレビアニメ「ブルーロック」の劇場版。スピンオフ漫画「ブルーロック EPIOSODE 凪」をもとに、シリーズ屈指の人気キャラクターである天才ストライカー・凪誠士郎の視点からブルーロックでの戦いを描く。

「めんどくさい」が口癖の無気力な高校2年生・凪誠士郎は、W杯優勝を夢見る同級生・御影玲王にサッカーの才能を見いだされ、彼に誘われるがままサッカーを始めることに。圧倒的なサッカーセンスを発揮した凪のもとに、ブルーロックプロジェクトの招待状が届く。そこで彼を待ち受けていたのは、潔世一、蜂楽廻、糸師凛ら、全国から集められたストライカーたちとの出会いだった。

テレビアニメに続いてエイトビットがアニメーション制作を担い、テレビアニメの副監督を担当した石川俊介が監督を務めた。

| | コメント (0)

2024-106M 「クラユカバ」☆☆☆★★

Skurayukaba  邦題:クラユカバ
時間:61分
公開:2024-04-12
製作年度:2023
製作国:日本
配給:東京テアトル、ツインエンジン
製作総指揮:
製作:
監督:塚原重義
脚本:塚原重義
原作:塚原重義
撮影:
音楽:アカツキチョータ
出演:神田伯山(荘太郎)、黒沢ともよ(タンネ)、芹澤優(サキ)、坂本頼光(稲荷坂)、佐藤せつじ(指揮班長)、狩野翔、西山野園美(トメオミ)

長年にわたり個人映像作家として活動してきた塚原重義監督が初めて手がけた長編アニメーション映画で、集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れる私立探偵の活躍を唯一無二のレトロな世界観で描いた。

探偵社を営む荘太郎は、近頃世間を騒がせている集団失踪事件の捜査に乗り出す。目撃者はおらず、犯人の意図も不明、その足取りには必ず不気味な轍(わだち)が現れる。手がかりを求めて街の地下領域「クラガリ」へ向かった荘太郎は、黒がねの装甲列車とその指揮官タンネに出会い、運命を大きく動かされていく。

「最もチケットが取れない講談師」と言われる六代目・神田伯山が主人公・荘太郎の声優を務め、アニメ「響け!ユーフォニアム」の黒沢ともよが装甲列車の指揮官タンネ役、アニメ「彼女、お借りします」の芹澤優が情報屋の少女サキ役で共演。2023年ファンタジア国際映画祭の長編アニメーション部門で観客賞・金賞を受賞。

 

| | コメント (0)

2024-105M 「クラメルカガリ」☆☆☆★★

Skuramerukagari邦題:クラメルカガリ
時間:61分
公開:2024-04-12
製作年度:2024
製作国:日本
配給:東京テアトル、ツインエンジン
製作総指揮:
製作:
監督:塚原重義
脚本:塚原重義
原作:塚原重義
撮影:
音楽:アカツキチョータ
出演:佐倉綾音(カガリ)、榊原優希(ユウヤ)、大塚剛央(伊勢屋)、細谷佳正(栄和島)、森なな子(シイナ)、悠木碧(飴屋)、川井田夏海(ササラ)、寺田農(朽縄翁)

2023年ファンタジア国際映画祭の長編アニメーション部門で観客賞・金賞を受賞した「クラユカバ」の塚原重義監督が、作家・成田良悟による同作のスピンオフ小説を原案に手がけた長編アニメーション。日々迷宮のように変化する炭鉱の町を舞台に、地図屋を営む少女カガリが風変わりな町の人々と織りなす物語を、幻想と現実が入り混じったレトロな世界観で描く。

零細採掘業者がひしめく炭鉱町「箱庭」で生まれ育った少女カガリは、刻々と変化していく町並みを地図に書き留める「箱庭紡ぎ」を生業としている。一方、少年ユウヤは箱庭からの脱却を夢みていた。やがて2人は個性豊かな住民たちとともに、この町全体を揺るがす陰謀に巻き込まれていく。

アニメ「僕のヒーローアカデミア」シリーズの佐倉綾音が主人公カガリの声優を務める。

| | コメント (0)

2024-101M 「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」☆☆☆★★

Snolife 邦題:ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
時間:106分
公開:2017-07-15
製作年度:2017
製作国:日本
配給:角川ANIMATION
製作総指揮:
製作:
監督:いしづかあつこ
脚本:花田十輝
原作:榎宮祐
撮影:川下裕樹 伏原あかね
音楽:藤澤慶昌
出演:松岡禎丞(リク)、茅野愛衣(シュヴィ)、日笠陽子(コローネ・ドーラ)、田村ゆかり(ジブリール)、井口裕香(ノンナ・ツェル)、能登麻美子(シンク・ニルヴァレン)、沢城みゆき(初瀬いづな)、釘宮理恵(テト)

榎宮祐によるライトノベルを原作に、2014年に放送されたテレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」の劇場版。テレビシリーズでは、一切の争いを禁じ、全てをゲームで決める異世界「盤上の世界(ディス・ボード)」に召喚された天才ゲーマーの兄妹・空と白が、さまざまなゲームを勝ち抜いていく姿を描いた。劇場版となる今作では、テレビシリーズから約6000年前、「盤上の世界」が創造される以前の、世界を統べる唯一神の座をめぐって大戦が続いていた時代を舞台に、知られざる物語が明らかにされる。様々な種族に追いやられ、存亡の危機にあった人間の若きリーダー、リクは、ある日、打ち捨てられた森霊種(エルフ)の都で機械仕掛けの少女シュヴィと出会う。心を持ったために機械としてはエラーが発生し、仲間から見捨てられたシュヴィは、エラーを修正するためにリクに「人間の心」を教えてほしいと頼むが……。

 

| | コメント (0)

2024-086M 「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章」☆☆☆★

Sdeddede1邦題:デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章
時間:120分
公開:2024-03-22
製作年度:2024
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:依田巽 川崎由紀夫 沢辺伸政 村松俊亮 稲葉貢一
監督:黒川智之
脚本:吉田玲子
原作:浅野いにお
撮影:師岡拓磨
音楽:梅林太郎
出演:幾田りら(小山門出)、あの(中川凰蘭)、種崎敦美、島袋美由利、大木咲絵子、和氣あず未、白石涼子、入野自由、内山昂輝、坂泰斗、諏訪部順一、津田健次郎

地球外からの侵略者が日常に溶け込んだ世界で青春を謳歌する少女たちの姿を描いた浅野いにおの同名コミックをアニメーション映画化した2部作の前編。

3年前の8月31日、巨大な宇宙船「母艦」が突如として東京に襲来し、世界は終わりを迎えるかに見えた。その後、絶望的な状況は次第に日常に溶け込み、上空に母艦が浮遊する異様な光景が当たり前となっていた。そんな中、女子高生の小山門出と「おんたん」こと中川凰蘭は、担任教師の渡良瀬や仲の良い友人たちとともに何気ない学生生活を送っていたが……。

音楽ユニット「YOASOBI」のボーカル・ikuraとしても活動するシンガーソングライターの幾田りらが門出、歌手やタレントとして若い世代を中心に人気を集めるあのがおんたんの声をそれぞれ演じる。「ぼくらのよあけ」の黒川智之がアニメーションディレクター、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズの吉田玲子がシリーズ構成・脚本を手がけ、「地球外少年少女」のProduction +h.がアニメーション制作を担当。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧