2019-014M 「シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下」☆☆☆☆

Sakuranomori 邦題:シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下
時間:133分
公開:2019-04-05
製作年度:2019
製作国:日本
配給:松竹
製作総指揮:
製作:
演出:野田秀樹
脚本:野田秀樹
原作:坂口安吾
撮影:
音楽:田中傳左衛門
出演:中村勘九郎(耳男)、市川染五郎(オオアマ)、中村七之助(夜長姫)、中村梅枝(早寝姫)、坂東巳之助(ハンニャ)、坂東新悟(アナマロ)、中村児太郎(ビッコの女)、中村虎之介(左カタメ)、市川弘太郎(右カタメ)、中村芝のぶ(エナコ)、中村梅花(マネマロ)、中村吉之丞(青名人)、市川猿弥(マナコ)、片岡亀蔵(赤名人)、坂東彌十郎(エンマ)、中村扇雀(ヒダの王)
歌舞伎の舞台を映画館でデジタル上映する「シネマ歌舞伎」シリーズ第33弾。坂口安吾の「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」をベースに、安吾作品のエッセンスを盛り込み完成させた、野田秀樹の戯曲「贋作 桜の森の満開の下」。1998年の初演以来、92年、2001年と再演を重ね、2018年にも上演された野田の代表作の一つを、2017年8月に歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」で野田自身の演出で歌舞伎版として上演。十八世中村勘三郎と野田秀樹が歌舞伎版の上演企画をあたためてきた作品に、中村勘九郎、市川染五郎(現・松本幸四郎)、中村七之助らが顔をそろえた舞台をスクリーン上映。
コップの水に青インクを一滴たらすと、その水は青いのか。いや一滴じゃ青くないのか。しかし確実に青インクの要素は加わっている。さらに加える。どこから青い水となっていくのだろうか。その主観的基準は水でもインクでもなく、それを観察する者のものだ。野田演劇が歌舞伎役者の中村勘三郎と化学変化の実験を始めてから、生み出されてきた舞台はどちらの色をしているのだろうか。一方の雄が鬼籍に入った今、その実験はその息子たちに継がれている。平成29年に結果された本作をスクリーンで見ることができるのは嬉しい。坂口安吾の「耳長と夜長姫」の物語軸を「桜の森の満開の下」の舞台で、日本史的な背景では壬申の乱の大海人皇子が天武天皇となる時代の物語。主人公耳長の勘九郎をはじ、夜長姫の七之助が素晴らしくいい。マナコの市川猿弥が野田演劇を体現して見事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-226M 「シネマ歌舞伎 め組の喧嘩」

Megumi 邦題:シネマ歌舞伎 め組の喧嘩
時間:103分
公開:2017-11-25
製作年度:2017
製作国:日本
配給:松竹
製作総指揮:
出演:中村勘三郎(め組辰五郎)、中村扇雀(辰五郎女房お仲)、中村橋之助(四ツ車大八)、中村錦之助(露月町亀右衛門)、中村勘九郎(柴井町藤松)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代舞踊公演 2007-03-02

Inoue070302 2007都民芸術フェスティバル

Tokyo Performing Arts Festival 2007

井上恵美子/曽我辺靖子/石黒節子

東京芸術劇場 中ホール

井上恵美子グループの「かもめ食堂」がいい感じ。曽我辺靖子グループのフラメンコも格好良くて素敵だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007 OSCAR

Oscar2007作品賞はおもいっきり納得がいかない。どう考えても「インファナル・アフェア」を超えてないのに。

【作品賞】
「ディパーテッド」

【監督賞】
マーティン・スコセッシ  「ディパーテッド」

【主演男優賞】
フォレスト・ウィッテカー  「ラストキング・オブ・スコットランド」

【主演女優賞】
ヘレン・ミレン  「クィーン」

【助演男優賞】
アラン・アーキン  「リトル・ミス・サンシャイン」

【助演女優賞】
ジェニファー・ハドソン  「ドリームガールズ」

【オリジナル脚本賞】
「リトル・ミス・サンシャイン」

【脚色賞】
「ディパーテッド」

【外国映画賞】
「善き人のためのソナタ」(ドイツ)

【撮影賞】
「パンズ・ラビリンス」

【編集賞】
「ディパーテッド」

【歌曲賞】
"I Need To Wake Up" 「不都合な真実」

【作曲賞】
「バベル」

【長編ドキュメンタリー賞】
「不都合な真実」

【視覚効果賞】
「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」

【衣裳デザイン賞】
「マリー・アントワネット」

【メイクアップ賞】
「パンズ・ラビリンス」

【美術賞】
「パンズ・ラビリンス」

【長編アニメ賞】
「ハッピー フィート」

【録音賞】
「ドリームガールズ」

【音響効果賞】
「硫黄島からの手紙」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

flor-花-  2006-12-26

Florhana演目 flor-花-
作・演出 井上恵美子ダンスカンパニー
劇場 スペース・ゼロ

ストーリーやテーマを言葉を使わずにダンスだけ、群舞や井上さんのソロだけで描く。やっぱり難解だわ。ある程度の「語られるはずの内容」っていう前知識がなければね。わたしは残念ながらそこまで敏感に繊細じゃないもの。でもクライマックスのラインは綺麗だったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロープ 2006-12-15

Ropes演目 ロープ
作・演出 野田秀樹
出演 宮沢りえ、藤原竜也、渡辺えり子、宇梶剛士、橋本じゅん、三宅弘城、松村武、中村まこと、明星真由美、野田秀樹
劇場 文化村シアターコクーン

プロレスのリングの中では何が起きても、起きなかったことになる、っていう「導入設定」から、そのリングの中の「死」さえ起きておらず、そのリングとしての「ミライ村」、ベトナム戦争時に4時間で消えた(住民皆殺し)村の唯一の生き残りが。という相変わらずの綾織のような、導入部からは想像もつかない「全体の模様」が現れてくるっていう野田秀樹さんの「世界の作り方」。宮沢りえが頑張ってたけど、もうちょっと「早口が出来て、声の通りがいい」女優のほうがよかったかも。渡辺えり子が生き生きしてた。やっぱり、ユダヤ人の社長ってキーワード?21世紀の地球では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シザーハンズ 2006-09-01

Scissorhandsシザーハンズ

会場 ゆうぽうと簡易保険ホール
演出・振付 マシュ・ボーン
オリジナル脚本 ティム・バートン
出演者 リチャード・ウィンザー、サム・アーチャー、ニュー・アドベンチャーz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANNES 2006

【パルム・ドール】
 「The Wind That Shakes the Barley」 ケン・ローチ監督

【審査員特別グランプリ】
 「Flandres」 ブリュノ・デュモン監督

【監督賞】
 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督 「バベル(原題)」

【女優賞】
 ペネロペ・クルスら女優陣のアンサンブルに対して 「ボルベール(原題)」(ペドロ・アルモドバル監督)

【男優賞】
 ジャメル・ドゥブーズら男優陣のアンサンブルに対して 「Indigenes」(ラシッド・ブシャール監督)

【脚本賞】
 ペドロ・アルモドバル 「ボルベール(原題)」

【審査員賞】
 「Red Road」 Andrea Arnold 監督

Cannes2006_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANNES 2006

Cannes2006

カンヌ映画際のコンペ作品が発表になったけど、日本映画はなし。さてさて今年はどんなサプライズがあるんだろう。わたし的にはソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」が気になるなぁ。審査委員長はウォン・カーウァイ監督。・・・今年のポスターは素敵ね。去年はシンプルすぎたもの。

Pedro ALMODモVAR VOLVER 2h01
Andrea ARNOLD RED ROAD 1st Film 1h40
Lucas BELVAUX LA RAISON DU PLUS FAIBLE 1h30
Rachid BOUCHAREB INDIGネNES 1h50
Nuri Bilge CEYLAN IKLIMLER 1h37
Sofia COPPOLA MARIE-ANTOINETTE 2h03
Pedro COSTA JUVENTUDE EM MARCHA 2h20
Guillermo DEL TORO EL LABERINTO DEL FAUNO (Pan's Labyrinth) 1h50
Bruno DUMONT FLANDRES 1h30
Nicole GARCIA SELON CHARLIE 2h20
Xavier GIANNOLI QUAND J'ノTAIS CHANTEUR 1h50
Alejandro Gonz疝ez IムチRRITU BABEL 2h15
Aki KAURISMトKI LAITAKAUPUNGIN VALOT 1h20
Richard KELLY SOUTHLAND TALES 2h31
Richard LINKLATER FAST FOOD NATION 1h44
Ken LOACH THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY 2h04
LOU Ye SUMMER PALACE 2h20
Nanni MORETTI IL CAIMANO 1h52
Paolo SORRENTINO L'AMICO DI FAMIGLIA 1h50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわせみ座『キラの森』 2006-03-23

kira_poster 新作公演『キラの森』
2006年3月23日(木)~26日(日)中野ポケット

キャスト:山本由也 ナカヤマカズコ 益村泉 充湖すすき 冬木
スタッフ:脚本・演出/ナカヤマカズコ(しずくまち♭)
     人形美術・舞台美術・演出/山本由也
     音楽/侘美秀俊  アドバイザー/辰巳次郎

kira_img

| | コメント (0) | トラックバック (0)