2022-180M 「LAMB/ラム」☆☆☆

Slamb原題:Lamb
邦題:LAMB/ラム
時間:106分
公開:2022-09-23
製作年度:2021
製作国:アイスランド・スウェーデン・ポーランド
配給:クロックワークス
製作総指揮:ノオミ・ラパス タル・ベーラ ホーカン・ペッテルソン ヨン・マンケル マルチン・ドラビンスキ ピーター・ポッスン ズザンナ・ヘンチュ
製作:フロン・クリスティンスドッティル サラ・ナッシム ピオドール・グスタフソン エリク・リデル クラウディア・シュミエヤ ヤン・ナシェフスキ
監督:バルディミール・ヨハンソン
脚本:ショーン バルディミール・ヨハンソン
原作:
撮影:イーライ・アレンソン
音楽:ソーラリン・グドナソン
出演:ノオミ・ラパス(マリア)、ヒルミル・スナイル・グドゥナソン(イングヴァル)、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン(ペートゥル)、イングヴァール・E・シーグルソン(テレビに登場する男)

アイスランドの田舎で暮らす羊飼いの夫婦が、羊から産まれた羊ではない何かを育て、やがて破滅へと導かれていく様を描いたスリラー。「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」などの特殊効果を担当したバルディミール・ヨハンソンの長編監督デビュー作。

山間に住む羊飼いの夫婦イングヴァルとマリアが羊の出産に立ち会うと、羊ではない何かが産まれてくる。子どもを亡くしていた2人は、その「何か」に「アダ」と名付け育てることにする。アダとの生活は幸せな時間だったが、やがてアダは2人を破滅へと導いていく。

「プロメテウス」「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが主人公マリアを演じ、製作総指揮も務めた。アイスランドの作家・詩人として知られ、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の歌劇脚本を手がけたショーンがヨハンソンとともに共同脚本を担当。

ギリシア神話の牧神?夫婦の不幸が癒やされるために産まれた「奇跡」。あまりに切ない物語のクライマックスは、背筋が凍る。公開初日だが平日も、ほぼ満席。予告では伝奇ホラー的なウリをしていたので、若いカップルが多かったが、さすがにカンヌコンペ作品。大半の観客に催眠術をかけていた。

| | コメント (0)

2022-178M 「雨を告げる漂流団地」☆☆☆★

Shyoryudanchi邦題:雨を告げる漂流団地
時間:120分
公開:2022-09-16
製作年度:2022
製作国:日本
配給:ツインエンジン、ギグリーボックス
製作総指揮:
製作:
監督:石田祐康
脚本:森ハヤシ 石田祐康
原作:
撮影:町田啓
音楽:阿部海太郎
出演:田村睦心(熊谷航祐)、瀬戸麻沙美(兎内夏芽)、村瀬歩(のっぽ)、山下大輝(橘譲)、小林由美子(小祝太志)、水瀬いのり(羽馬令依菜)、花澤香菜(安藤珠理)、島田敏(熊谷安次)、水樹奈々(兎内里子)

「ペンギン・ハイウェイ」「泣きたい私は猫をかぶる」を手がけたスタジオコロリドによる長編アニメーション第3作。取り壊しの進む団地に入り込み、不思議な現象によって団地ごと海を漂流することになった小学6年生の少年少女たちが繰り広げるひと夏の別れの旅を描く。

姉弟のように育った幼なじみの航祐と夏芽は小学6年生になり、近頃は航祐の祖父・安次が亡くなったことをきっかけに関係がギクシャクしていた。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。その団地はかつて航祐と夏芽が育った、思い出の家だった。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、のっぽという名の謎の少年の存在について聞かされる。すると突然、不思議な現象が起こり、気が付くと周囲は一面の大海原になっていた。海を漂流する団地の中で、航祐たちは力を合わせてサバイバル生活を送ることになるが……。

監督はこれが長編2作目となる、「ペンギン・ハイウェイ」の石田祐康。2022年9月16日から劇場公開と同時にNetflixで配信。劇場と配信のほぼ同時公開のアニメ、昨今はこのパターンが多いな。

| | コメント (0)

2022-178M 「ヘルドッグス」☆☆☆★★★

Shelldogs邦題:ヘルドッグス
時間:138分
公開:2022-09-22
製作年度:2022
製作国:日本
配給:東映、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:
製作:ウィリアム・アイアトン 村松秀信 勝股英夫 藤島ジュリーK.
監督:原田眞人
脚本:原田眞人
原作:深町秋生
撮影:柴主高秀
音楽:土屋玲子
出演:岡田准一(兼高昭吾)、坂口健太郎(室岡秀喜)、松岡茉優(吉佐恵美裏)、金田哲(三神國也)、木竜麻生(勝所杏南)、中島亜梨沙(ルカ)、大場泰正(大前田忠治)、酒向芳(阿内将)、MIYAVI(十朱義孝)、吉原光夫(熊沢伸雄)、村上淳(番犬)、尾上右近(サロンの常連客)、杏子(恭子)、田中美央(俵谷)、北村一輝(土岐勉)、大竹しのぶ(衣笠典子)

岡田准一が「関ヶ原」「燃えよ剣」に続き原田眞人監督と3度目のタッグを組んだクライムアクション。深町秋生の小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」を映画化した。

愛する人が殺される事件を止められなかったことから闇に落ち、復讐のみに生きてきた元警官・兼高昭吾。その獰猛さから警察組織に目をつけられた兼高は、関東最大のヤクザ「東鞘会(とうしょうかい)」への潜入という危険なミッションを強要される。兼高の任務は、組織の若きトップ・十朱が持つ秘密ファイルを奪取すること。警察はデータ分析により、兼高との相性が98%という東鞘会のサイコパスなヤクザ・室岡秀喜に白羽の矢を立て、兼高と室岡が組織内でバディとなるよう仕向ける。かくしてコンビを組むことになった2人は、猛スピードで組織を上り詰めていく。

兼高役を岡田、室岡役を坂口健太郎が演じるほか、松岡茉優、北村一輝、大竹しのぶ、MIYAVIらが顔をそろえる。

| | コメント (0)

2022-177M 「さかなのこ」☆☆☆★

Ssakananoko邦題:さかなのこ
時間:139分
公開:2022-09-01
製作年度:2022
製作国:日本
配給:東京テアトル
製作総指揮:
製作:河野聡 太田和宏 伊藤はやと 鳥羽乾二郎 今田圭介 森田圭 玉井雄大 広田勝己
監督:沖田修一
脚本:沖田修一 前田司郎
原作:さかなクン
撮影:佐々木靖之
音楽:パスカルズ
出演:のん(ミー坊)、柳楽優弥(ヒヨ)、夏帆(モモコ)、磯村勇斗(総長)
岡山天音(籾山)、三宅弘城(ジロウ)、井川遥(ミチコ)、西村瑞季(ミー坊(幼少期))、宇野祥平(「海人」の店長)、前原滉(田村)、島崎遥香(谷崎ゆりえ)、豊原功補(歯科医)、賀屋壮也(酒井)、朝倉あき(浜野庄子)、長谷川忍(木戸まさし)、さかなクン(ギョギョおじさん)、鈴木拓(鈴木先生)

魚類に関する豊富な知識でタレントや学者としても活躍するさかなクンの半生を、沖田修一監督がのんを主演に迎えて映画化。「横道世之介」でも組んだ沖田監督と前田司郎がともに脚本を手がけ、さかなクンの自叙伝「さかなクンの一魚一会 まいにち夢中な人生!」をもとに、フィクションを織り交ぜながらユーモアたっぷりに描く。

小学生のミー坊は魚が大好きで、寝ても覚めても魚のことばかり考えている。父親は周囲の子どもとは少し違うことを心配するが、母親はそんなミー坊を温かく見守り、背中を押し続けた。高校生になっても魚に夢中なミー坊は、町の不良たちとも何故か仲が良い。やがてひとり暮らしを始めたミー坊は、多くの出会いや再会を経験しながら、ミー坊だけが進むことのできる道へ飛び込んでいく。

幼なじみの不良ヒヨを柳楽優弥、ひょんなことからミー坊と一緒に暮らすシングルマザーのモモコを夏帆、ある出来事からミー坊との絆を深める不良の総長を磯村勇斗が演じる。原作者のさかなクンも出演。
テレビチャンピオンの『さかな通選手権』が語られていない。

| | コメント (0)

2022-176M 「沈黙のパレード」☆☆☆★★

Schinmokunopaade邦題:沈黙のパレード
時間:130分
公開:2022-09-16
製作年度:2022
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:大多亮 荒木宏幸 中部嘉人
監督:西谷弘
脚本:福田靖
原作:東野圭吾
撮影:山本英夫
音楽:菅野祐悟 福山雅治
出演:福山雅治(湯川学)、柴咲コウ(内海薫)、北村一輝(草薙俊平)、飯尾和樹(並木祐太郎)、戸田菜穂(並木真智子)、田口浩正(戸島修作)、酒向芳(増村栄治)、岡山天音(高垣智也)、川床明日香(並木佐織)、出口夏希(並木夏美)、村上淳(蓮沼寛一)、吉田羊(宮沢麻耶)、檀れい(新倉留美)、椎名桔平(新倉直紀)

東野圭吾のベストセラー小説を原作に、福山雅治演じる天才物理学者・湯川学が難事件を鮮やかに解決していく姿を描く大ヒット作「ガリレオ」シリーズの劇場版第3作。

数年前から行方不明になっていた女子高生が、遺体となって発見された。警視庁捜査一課の刑事・内海によると事件の容疑者は、湯川の大学時代の同期でもある刑事・草薙がかつて担当した少女殺害事件の容疑者で、無罪となった男だった。男は今回も黙秘を貫いて証拠不十分で釈放され、女子高生が住んでいた町に戻って来る。憎悪の空気が町全体を覆う中、夏祭りのパレード当日、さらなる事件が起こる。

キャストには内海役の柴咲コウ、草薙役の北村一輝らおなじみのメンバーが集結。前2作に続いて西谷弘が監督、福田靖が脚本を手がけた。

 

 

| | コメント (0)

2022-175M 「ナイトライド 時間は嗤う」☆☆☆★

Snightride原題:Nightride
邦題:ナイトライド 時間は嗤う
時間:97分
公開:2022-11-18
製作年度:2021
製作国:イギリス
配給:ミッドシップ
製作総指揮:フレデリック・フィオール モー・ダンフォード
製作:ジョン・シルク ポール・ケネディ
監督:スティーブン・フィングルトン
脚本:ベン・コンウェイ
原作:
撮影:デビッド・バード
音楽:フィル・キーラン
出演:モー・ダンフォード、ジョアナ・リベイロ、ジェラルド・ジョーダン、キアラン・フリン、スティーブン・レイ

| | コメント (0)

2022-174M 「耳をすませば」☆☆★★★

Smimiwosumaseba2022邦題:耳をすませば
時間:分
公開:2022-10-14
製作年度:2022
製作国:日本
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、松竹
製作総指揮:
製作:高橋敏弘 ウィリアム・アイアトン
監督:平川雄一朗
脚本:平川雄一朗
原作:柊あおい
撮影:中山光一
音楽:高見優
出演:清野菜名、松坂桃李、山田裕貴、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、音尾琢真、松本まりか、中田圭祐、小林隆、森口瑤子、田中圭、近藤正臣

スタジオジブリの人気アニメ映画の原作として知られる柊あおいの名作漫画を、清野菜名と松坂桃李の主演で実写映画化。原作漫画とアニメ映画で描かれた中学時代の物語に加え、主人公2人が大人になった10年後をオリジナルストーリーで描く。読書好きな中学生・月島雫は、図書貸出カードでよく名前を見かけていた天沢聖司と最悪の出会いを果たす。しかし雫は聖司に大きな夢があることを知り、次第に彼にひかれていく。そんな聖司に背中を押され自身も夢を持つようになる雫だったが、聖司は夢をかなえるためイタリアへ渡ることに。2人は離れ離れになってもそれぞれの夢を追い、10年後に再会することを誓い合う。それから10年が過ぎた1999年。出版社で働きながら夢を追い続ける雫は、イタリアで奮闘する聖司を想うことで自分を奮い立たせていたが……。大人になった雫と聖司を清野と松坂が演じ、中学時代の2人には映画初出演の安原琉那と「光を追いかけて」の中川翼を起用。監督・脚本は「ツナグ」「約束のネバーランド」の平川雄一朗。

意識しなければならないのが、1988年から10年後の1998年が背景ということ。

 

 

 

| | コメント (0)

2022-173M 「川っぺりムコリッタ」☆☆☆★

Skawapperimukorita邦題:川っぺりムコリッタ
時間:120分
公開:2022-09-16
製作年度:2021
製作国:日本
配給:KADOKAWA
製作総指揮:
製作:堀内大示 五老剛 多湖慎一 中西一雄 益田祐美子 亀山暢央 竹内力 五十嵐淳之 鈴木貴幸 川村岬 中西修 駒澤信雄
監督:荻上直子
脚本:荻上直子
原作:荻上直子
撮影:安藤広樹
音楽:パスカルズ
出演:松山ケンイチ(山田たけし)、ムロツヨシ(島田幸三)、満島ひかり(南詩織)、江口のりこ(中島)、柄本佑(堤下靖男)、田中美佐子(大橋)、薬師丸ひろ子、笹野高史、緒形直人(沢田)、吉岡秀隆(溝口健一)

「かもめ食堂」「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督が2019年に発表したオリジナル長編小説を、自身の脚本・監督で映画化。松山ケンイチ主演、ムロツヨシの共演で、孤独な青年がアパートの住人との交流を通して社会との接点を見つけていく姿を描く。

北陸の小さな町にある小さな塩辛工場で働き口を見つけた山田は、社長から紹介された古い安アパート「ハイツムコリッタ」で暮らし始める。できるだけ人と関わることなく、ひっそりと生きたいと思っていた山田の静かな日常が、隣の部屋に住む島田が「風呂を貸してほしい」と山田を訪ねてきたことから一変する。山田と島田は、少しずつ友情のようなものが芽生え始め、楽しい日々を送っていた。しかし、山田がこの町にやってきた秘密が、島田に知られてしまい……。

主人公・山田役を松山、島田役をムロがそれぞれ演じる。タイトルの「ムコリッタ(牟呼栗多)」は仏教の時間の単位のひとつ(1/30日=48分)を表す仏教用語で、ささやかな幸せなどを意味する。

なんか、仏話のような作品。あらゆる登場人物や巻き起こる事象やら、語り合われる台詞が、仏教的な『意味』を多重に象徴してそうで、居心地があまりよろしくない。

 

| | コメント (0)

2022-172M 「靴ひものロンド」☆☆☆★

Skutsuhimonolond原題:Lacci
邦題:靴ひものロンド
時間:100分
公開:2022-09-09
製作年度:2020
製作国:イタリア・フランス
配給:樂舎
製作総指揮:
製作:ベッペ・カスケット
監督:ダニエレ・ルケッティ
脚本:ダニエレ・ルケッティ フランチェスコ・ピッコロ
原作:ドメニコ・スタルノーネ
撮影:イバン・カサルグランディ
音楽:
出演:アルバ・ロルヴァケル、ルイジ・ロ・カーショ、ラウラ・モランテ、シルヴィオ・オルランド、ジョヴァンナ・メッゾジョルノ、アドリアーノ・ジャンニーニ、リンダ・カリーディ、フランチェスカ・デ・サピオ

「ワン・モア・ライフ!」「ローマ法王になる日まで」などで知られるイタリアの名匠ダニエレ・ルケッティが、ドメニコ・スタルノーネの小説「靴ひも」を映画化した家族ドラマ。

1980年代の初頭。ナポリで暮らす4人家族の平穏な日々は、父アルドの浮気によって一変した。両親の激しい口論や父の魅力的な愛人、壊れていく母ヴァンダの姿を見つめながら、子どもたちはローマとナポリを行き来する。数年後、離散していた家族はふとしたきっかけで再び一緒に暮らすことに。それからさらに月日は流れ、アルドとヴァンダは夏のバカンスへ出かけるが、帰宅すると家は激しく荒らされており、飼い猫がいなくなっていた。

アルドとヴァンダの若き日を「幸福なラザロ」のアルバ・ロルバケルと「輝ける青春」のルイジ・ロ・カーショ、老年期を「息子の部屋」のラウラ・モランテと「ボローニャの夕暮れ」のシルビオ・オルランドがそれぞれ演じた。「イタリア映画祭2021」では「靴ひも」のタイトルで上映。
テキトーでその場限りの思いつきで行動する男。縋る妻の深謀遠慮。いつからか、仮面を被った子どもたち。なんとも背筋が凍る家族の物語が、時系列を錯綜させてコメディータッチで描かれてゆく。しかし大詰めで、舌を噛み切りたくなるような事が数十秒後に発生する予感で、エンドクレジット。うーむ、欧州映画だ。
60年前なら、妻役は絶対にソフィア・ローレンだったろうなあ。

| | コメント (0)

2022-171M 「マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説」☆☆☆★

Smaryquant原題:Quant
邦題:マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
時間:90分
公開:2022-11-26
製作年度:2021
製作国:イギリス
配給:アットエンタテインメント
製作総指揮:フィル・マッケンジー スペンサー・ポラード
製作:ベン・チャールズ・エドワーズ クリスティ・ベル
監督:サディ・フロスト
脚本:
原作:
撮影:ジョン・ブレザートン
音楽:アンガス・コリンズ
出演:ケイト・モス、ヴィヴィアン・ウエストウッド、デイヴ・デイヴィス、ピート・タウンゼント、ポール・シムノン

ザ・ビートルズやツイッギーらと並んで1960年代スウィンギング・ロンドンのムーブメントを牽引した伝説のデザイナー、マリー・クワントに迫ったドキュメンタリー。

戦争の爪痕と階級差別が残るロンドンで、若者たちは自由を求めていた。1955年、それまでの優雅で女性らしいファッションに窮屈さを感じていたマリー・クワントは、夫アレキサンダー・プランケット・グリーンらとともに、自分が着たい服をクリエイトした小さなブティック「BAZAAR」をチェルシーのキングス・ロードにオープンする。彼女がデザインした服は開店直後から奪い合いとなり、60年代初頭にはミニスカートが世界中で大ブームに。ファッションに革命を起こしたマリー・クワントの知られざる素顔とデザインの秘密を、当時の熱狂を知る人々へのインタビューやアーカイブ映像を通してひも解いていく。

ファッションモデルのケイト・モス、デザイナーのビビアン・ウエストウッド、ザ・フーのピート・タウンゼントらが出演。ロンドン出身の俳優サディ・フロストが監督を務めた。
いろいろ勉強になったな。ミニスカのデザイナーなのは知っていたが。あと、そこら中にショップがあるのもね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧