2023-030M 「金の国 水の国」☆☆☆★★

Skinnokunimizunokuni邦題:金の国 水の国
時間:117分
公開:2027-01-27
製作年度:2023
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:
製作:谷生俊美
監督:渡邉こと乃
脚本:坪田文
原作:岩本ナオ
撮影:尾形拓哉
音楽:エバン・コール
出演:賀来賢人(ナランバヤル)、浜辺美波(サーラ)、戸田恵子(レオポルディーネ)、神谷浩史(サラディーン)、茶風林(ピリパッパ)、てらそままさき(オドゥニ・オルドゥ)、銀河万丈(ラスタバン3世)、木村昴(ジャウハラ)、丸山壮史、沢城みゆき(ライララ)

2017年「このマンガがすごい!」で第1位を獲得した岩本ナオの同名コミックをアニメーション映画化。

商業国家で水以外は何でも手に入る金の国と、豊かな水と緑に恵まれているが貧しい水の国は、隣国同士だが長年にわたりいがみ合ってきた。金の国のおっとり王女サーラと、水の国で暮らすお調子者の建築士ナランバヤルは、両国の思惑に巻き込まれて結婚し、偽りの夫婦を演じることに。自分でも気づかぬうちに恋に落ちた2人は、互いへの思いを胸に秘めながらも真実を言い出せない。そんな彼らの優しい嘘は、やがて両国の未来を変えていく。

俳優の賀来賢人がナランバヤル、浜辺美波がサーラの声を担当。「サマーウォーズ」のマッドハウスがアニメーション制作を手がけ、テレビドラマ「コウノドリ」の坪田文が脚本、人気アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」やNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のエバン・コールが音楽を担当。

 

| | コメント (0)

2023-031M 「ザ・ローブ THE HEROES HIGHT VOLTAGE」☆☆★★★

Stherobe原題:Corrective Measures
邦題:ザ・ローブ THE HEROES HIGHT VOLTAGE
時間:106分
公開:2023-01-27
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:「ザ・ローブ」上映委員会
製作総指揮:スティーブン・イーズ コーリー・ラージ ジョニー・メスナー ブライアン・オシェア ナット・マコーミック
製作:ミシェル・オライリー ショーン・パトリック・オライリー
監督:ショーン・パトリック・オライリー
脚本:ショーン・パトリック・オライリー
原作:グラント・シャステイン フラン・モヤノ
撮影:スターリング・バンクロフト
音楽:ジョージ・シュトライヒャー
出演:ブルース・ウィリス、マイケル・ルーカー、トム・キャヴァナー、ブレナン・メヒア、ケヴィン・ゼガーズ、ジョン・デサンティス

人気グラフィックノベルをブルース・ウィリス出演で映画化したSFアクション。

世界中が「パルス」と呼ばれる災害に襲われ、数十億人が死亡した。さらに遺伝子の突然変異により、特殊能力を持つ「超人」たちが誕生。その力を恐れた政府は、超人に対する法を整備して彼らを取り締まるように。軽犯罪で逮捕され超人専用の刑務所に送られたディエゴは、そこで天才能力者のザ・ローブと出会い、ある事件をきっかけに共闘することになる。

共演は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのマイケル・ルーカー。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2023」上映作品。

 

 

| | コメント (0)

2023-029M 「幻滅」☆☆☆★★★

Sgenmetsu 原題:Illusions perdues
邦題:幻滅
時間:149分
公開:2023-04-14
製作年度:2021
製作国:フランス
配給:フランス
製作総指揮:
製作:オリビエ・デルボス シドニー・デュマ
監督:グザビエ・ジャノリ
脚本:グザビエ・ジャノリ ジャック・フィエスキ
原作:オノレ・ド・バルザック
撮影:クリストフ・ボーカルヌ
音楽:
出演:バンジャマン・ヴォワザン、セシル・ドゥ・フランス、ヴァンサン・ラコスト、グザヴィエ・ドラン、サロメ・ドゥウェールズ、ジェラール・ドパルデュー、ジャンヌ・バリバール、ジャン=フランソワ・ステヴナン

19世紀フランスの文豪オノレ・ド・バルザックの小説「幻滅 メディア戦記」を、「偉大なるマルグリット」のグザビエ・ジャノリ監督が映画化。

19世紀前半。フランスでは恐怖政治が終焉を迎え、宮廷貴族たちが自由と享楽的な生活を謳歌していた。詩人としての成功を夢見る田舎町の純朴な青年リュシアンは、貴族の人妻ルイーズとパリへ駆け落ちするが、世間知らずで無作法な彼は社交界で笑いものにされてしまう。生活のため新聞記者の仕事に就いた彼は、金のために魂を売る同僚たちに影響され、当初の目的を忘れて虚飾と快楽にまみれた世界へと堕落していく。

「Summer of 85」のバンジャマン・ボワザンが主演を務め、「アマンダと僕」のバンサン・ラコスト、監督としても活躍するグザビエ・ドラン、「ヒア アフター」のセシル・ドゥ・フランスが共演。2021年・第78回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品。2022年・第47回セザール賞で作品賞を含む7部門に輝いた。

 

| | コメント (0)

2023-028M 「ホーリー・トイレット」☆☆☆★

Sholytoiret原題:Ach Du Scheisse!
邦題:ホーリー・トイレット
時間:90分
公開:2023-03-03
製作年度:2021
製作国:ドイツ
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:ルーカス・リンカー
脚本:ルーカス・リンカー
原作:
撮影:
音楽:
出演:トーマス・ニーハウス、ギデオン・ブルクハルト、

況設定を極端に限定することで緊迫感を高めるシチュエーション・スリラー。2004年公開の『ソウ』シリーズで定着したこのジャンル。公衆電話ボックス、エレベーター、プール、地中に埋められた棺桶の中など、様々な奇抜なシチュエーションが工夫されてきた。で、本作は「廃棄された簡易トイレ(汚物付き)」というゲロゲロな状況。4D上映で「臭い付き」なんて企画はいかが?

| | コメント (0)

2023-027M 「マチルダ・ザ・ミュージカル」☆☆☆★★

Smatildae原題:Roald Dahl's Matilda the Musical
邦題:マチルダ・ザ・ミュージカル
時間:116分
公開:2022-12-25
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:サラ=ジェーン・ロビンソン アメリア・グレンジャー
製作:ティム・ビーバン エリック・フェルナー ジョン・フィン ルーク・ケリー
監督:マシュー・ウォーチャス
脚本:デニス・ケリー
原作:ロアルド・ダール
原作ミュージカル:デニス・ケリー ティム・ミンチン
撮影:タト・ラドクリフ
音楽:クリストファー・ナイチンゲール
出演:アリーシャ・ウィアー、エマ・トンプソン、ラシャーナ・リンチ、スティーヴン・グレアム、アンドレア・ライズボロー、シンドゥ・ヴィー

「チャーリーとチョコレート工場の秘密」で知られるロアルド・ダールの名作児童文学「マチルダは小さな大天才」を原作とする大ヒットミュージカル舞台を映画化。

本を読むことが大好きな天才少女マチルダ。自分勝手で思いやりのない両親はテレビ番組や儲け話に熱中してばかりで、マチルダの才能に気づくことはない。やがてマチルダは小学校に入学するが、そこは乱暴で意地悪なトランチブル校長が子どもたちを恐怖で支配する場所だった。マチルダは酷い目に遭わされながらも、優しい先生ミス・ハニーや友人たちに支えられて自らの運命を切りひらいていく。

ミス・ハニーを「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」のラシャーナ・リンチ、トランチブル校長を「クルエラ」のエマ・トンプソンが演じ、製作陣には監督マシュー・ウォーチャス、脚本家デニス・ケリー、作曲家ティム・ミンチンら舞台版のメンバーが集結。Netflixで2022年12月25日から配信。

| | コメント (0)

2023-026M 「ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう」☆☆★★

Sshiroihasikafe原題:Ras vkhedavt, rodesac cas vukurebt?
邦題:ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう
時間:150分
公開:2023-04-07
製作年度:2021
製作国:ドイツ・ジョージア
配給:JAIHO
製作総指揮:
製作:
監督:アレクサンドレ・コベリゼ
脚本:アレクサンドレ・コベリゼ
原作:
撮影:
音楽:ギオルギ・コベリゼ
出演:ギオルギ・ボチョリシヴィリ、オリコ・バルバカゼ、ギオルギ・アンブロラゼ、アニ・カルセラゼ、ヴァフタング・パンチュリゼ

ジョージアの美しい都市クタイシを舞台に織りなされるファンタジックな恋の行方を描いた恋愛映画。

ヨーロッパの桃源郷と呼ばれるジョージアの古都クタイシ。街中で本を落としたリザとすれ違いざまにそれを拾ったギオルギは、夜の道で偶然にも再会する。2人は互いの名前も連絡先も聞かないまま、翌日白い橋の近くにあるカフェで会う約束をするが、翌朝、彼らは邪悪な呪いによって外見を変えられてしまう。相手も姿が変わっていることを知らず、約束のカフェで互いを待ち続けるリザとギオルギだったが……。

監督は、本作がドイツ映画・テレビアカデミーの卒業制作作品となるジョージア出身の新鋭アレクサンドレ・コベリゼ。2021年・第71回ベルリン国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞。第22回東京フィルメックスでは「見上げた空に何が見える?」のタイトルで上映され、最優秀作品賞と学生審査員賞を受賞。

| | コメント (0)

2023-025M 「ヒトラーのための虐殺会議」☆☆☆★

Sgyakusatukaigi原題:Die Wannseekonferenz
邦題:ヒトラーのための虐殺会議
時間:112分
公開:2023-01-20
製作年度:2022
製作国:ドイツ
配給:クロックワークス
製作総指揮:オリバー・ベルビン
製作:ラインホルト・エルショット フリードリヒ・ウトカー
監督:マッティ・ゲショネック
脚本:マグヌス・ファットロット パウル・モンメルツ
原作:
撮影:テオ・ビールケンズ
音楽:
出演:フィリップ・ホフマイヤー(ラインハルト・ハイドリヒ)、ヨハネス・アルマイヤー(アドルフ・アイヒマン)、マキシミリアン・ブリュックナー(カール・エバーハルト・シェーンガルト)、ジェイコブ・ディール(ハインリヒ・ミュラー)、マルクス・シュラインツァー(オットー・ホーフマン)、フレデリック・リンケマン(ルドルフ・ランゲ)、マティアス・ブントシュー(エーリッヒ・ノイマン)、ファビアン・ブッシュ(ゲルハルト・クロップファー)、ゴーデハート・ギーズ(ヴィルヘルム・シュトゥッカート)、ペーター・ヨルダン(アルフレート・マイヤー)、アルント・クラヴィッター(ローラント・フライスラー)、トーマス・ロイブル(フリードリヒ・ヴィルヘルム・クリツィンガー)、サッシャ・ネイサン(ヨーゼフ・ビューラー)、ジーモン・シュヴァルツ(マルティン・ルター)、ラファエル・シュタホヴィアク(ゲオルク・ライプブラント)、リリー・フィクナー(インゲブルク・ヴェーレマン)

第2次世界大戦時、ナチス政権が1100万人のユダヤ人絶滅政策を決定した「バンゼー会議」の全貌を、アドルフ・アイヒマンが記録した議事録に基づいて映画化。

1942年1月20日正午、ベルリンのバンゼー湖畔に建つ大邸宅にナチス親衛隊と各事務次官が集められ、「ユダヤ人問題の最終的解決」を議題とする会議が開かれた。「最終的解決」はヨーロッパにいるユダヤ人を計画的に抹殺することを意味する。国家保安部代表ラインハルト・ハイドリヒを議長とする高官15名と秘書1名により、移送、強制収容、強制労働、計画的殺害などの方策が異論すら出ることなく淡々と議決され、1100万人ものユダヤ人の運命がたったの90分で決定づけられた。

出席者たちがユダヤ人問題と大量虐殺についてまるでビジネスのように話し合う異様な光景を、ありのままに描き出す。

 

| | コメント (0)

2023-024M 「エンドロールのつづき」☆☆☆★

Sndroll原題:Last Film Show
邦題:エンドロールのつづき
時間:112分
公開:2023-01-20
製作年度:2021
製作国:インド・フランス
配給:松竹
製作総指揮:
製作:パン・ナリン ディール・モーマーヤー マルク・デュアル
監督:パン・ナリン
脚本:パン・ナリン
原作:
撮影:スワピニル・S・ソナワネ
音楽:シリル・モーリン
出演:バヴィン・ラバリ(サマイ)、バヴェーシュ・シュリマリ(ファザル)、リチャー・ミーナー(母親)、ディペン・ラヴァル(父親)

インドのチャイ売りの少年が映画監督の夢へ向かって走り出す姿を、同国出身のパン・ナリン監督自身の実話をもとに描いたヒューマンドラマ。

インドの田舎町で暮らす9歳の少年サマイは、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものと考えているが、信仰するカーリー女神の映画だけは特別だと言い、家族で映画を見に行くことに。初めて経験する映画の世界にすっかり心を奪われたサマイは再び映画館に忍び込むが、チケット代を払えず追い出されてしまう。それを見た映写技師ファザルは、料理上手なサマイの母が作る弁当と引き換えに映写室から映画を見せると提案。サマイは映写窓から見る様々な映画に圧倒され、自分も映画を作りたいと思うようになる。

主人公サマイ役には、約3000人の中から選ばれた新人バビン・ラバリを抜てき。

インドの映画事情でもあるが、残酷なまでのアナログの終焉に心が動揺する。僕はフィルム世代だからなあ。主人公サマイ役の子役がものすごく良い。それにしても何十年も前の物語かと思ったが、比較的最近のお話なんだ。

| | コメント (0)

2023-023M 「ひみつのなっちゃん。」☆☆☆★

Shimitunonatsu邦題:ひみつのなっちゃん。
時間:97分
公開:2023-01-13
製作年度:2023
製作国:日本
配給:ラヒ゛ットハウス、丸壱動画
製作総指揮:
製作:與田尚志 折上英作
監督:田中和次朗
脚本:田中和次朗
原作:
撮影:石塚将巳
音楽:鈴木俊介 田井千里 石塚徹
出演:滝藤賢一(バージン/坂下純)、渡部秀(モリリン/石野守)、前野朋哉(ズブ子/沼田治彦)、カンニング竹山、豊本明長(山田茂典)、本多力(内藤和彦)、岩永洋昭(トラックの運ちゃん)、永田薫(スーパー店員)、市ノ瀬アオ(坪井博子)、アンジェリカ、生稲晃子、菅原大吉(坪井仁)、本田博太郎(下田信之介)、松原智恵子(並木恵子)

友人の死をきっかけに集まった3人のドラァグクイーンが織りなす珍道中を描いたヒューマンコメディ。

ある夏の夜、新宿2丁目で食事処を営む元ドラァグクイーンのなっちゃんが急死した。友人のモリリン、バージン、ズブ子の3人のドラァグクイーンは、なっちゃんが故郷の家族にはゲイであることもドラァグクイーンをしていたことも隠していたと知り、慌ててなっちゃんの自宅アパートに忍び込んで証拠隠滅を図る。そこでなっちゃんの母・恵子と鉢合わせした3人はどうにかその場を誤魔化すが、恵子から葬儀に参列するよう誘われ、なっちゃんの故郷である岐阜県郡上市を目指すことになる。

滝藤賢一が映画初主演を務め、渡部秀、前野朋哉とともに3人のドラァグクイーンを演じる。なっちゃんの母・恵子役に松原智恵子。

踊りを復活しない理由が解明されないのはなぜだろう。僕が読解してないのかな?

| | コメント (0)

2023-022M 「銀河鉄道の父」☆☆☆★★

Singatetudonotiti邦題:銀河鉄道の父
時間:128分
公開:2023-05-05
製作年度:2023
製作国:日本
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:
監督:成島出
脚本:坂口理子
原作:門井慶喜
撮影:
音楽:海田庄吾
出演:役所広司(宮沢政次郎)、菅田将暉(宮沢賢治)、森七菜(宮沢トシ)、豊田裕大(清六)、坂井真紀(イチ)、田中泯(喜助)

作家・門井慶喜が直木賞を受賞した同名小説を、成島出監督が映画化した本作は、宮沢賢治の父を主人公に描かれた親子愛の物語。役所が父・宮沢政次郎、菅田が長男・賢治、森が妹・トシにふんする。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧