« 2024年6月 | トップページ

2024-210M 「越境者たち」☆☆☆★★

Sekkyoshatachi_20240725184201原題:Les survivants
邦題:越境者たち
時間:93分
公開:2024-07-19
製作年度:2022
製作国:フランス
配給:プルーク、エクストリーム
製作総指揮:
製作:フレデリック・ジューブ
監督:ギョーム・レヌソン
脚本:クレモン・ペニ ギョーム・レヌソン
原作:
撮影:
音楽:ロブ
出演:ザール・アミール=エブラヒミ、ドゥニ・メノーシェ、ヴィクトワール・デュボワ、オスカー・コップ、ロクサーヌ・バラズー

極寒のアルプスを舞台に、大自然の脅威と不寛容な人間たちの狂気を描いたサスペンススリラー。

イタリアの国境を越えたアルプスにある別荘の山小屋。妻を事故で亡くして失意の中にいたフランス人サミュエルは、娘を友人に預け、この山小屋で週末を静かに過ごそうと考えていた。その山小屋には、山を越えてフランス側にある難民施設へ亡命のため向かおうとしているアフガニスタン人女性チェレーが避難していた。翌朝、サミュエルはフランスに向かうチェレーを放っておけずに道案内を引き受ける。しかし、そんなふたりの前に立ちはだかるのは、雪山の脅威だけではなかった。

チェレー役は、イランからフランスに亡命後、「聖地には蜘蛛が巣を張る」で第75回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞したザーラ・アミール・エブラヒミ。サミュエル役を「苦い涙」「理想郷」などのフランスの名優ドゥニ・メノーシェが務めた。監督は本作が長編デビュー作となるギョーム・レヌソン。

| | コメント (0)

2024-209M 「細い目」☆☆☆★★

Shosoime原題:Sepet
邦題:細い目
時間:107分
公開:2019-10-11
製作年度:2004
製作国:マレーシア
配給:ムヴィオラ
製作総指揮:
製作:ロスナ・モハマド・カシム エリナ・シュクリ
監督:ヤスミン・アフマド
脚本:ヤスミン・アフマド
原作:
撮影:ロウ・スン・キョン
音楽:
出演:シャリファ・アマニ、ン・チューセン、ライナス・チュン、タン・メイ・リン、ハイス・イスカンダル

2009年に51歳で他界したマレーシアの名匠ヤスミン・アフマド監督が04年に手がけた長編第2作で、アフマド監督作品ではおなじみとなるオーキッドという名の少女が登場する“オーキッド3部作”の第1作。マレーシアの多民族社会を背景に、マレー系の少女と中国系の少年の初恋を大胆かつ繊細な描写で描き、マレーシア・アカデミー賞でグランプリをはじめ6部門、東京国際映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞した。香港の映画スター・金城武が大好きなマレー系の少女オーキッドは、露店で海賊版のCDやDVDを売る中国系の少年ジェイソンと出会い、恋に落ちる。民族も宗教も異なる2人だったが、互いの家族に温かく見守られながら、かけがえのない初恋を育んでいく。しかし、民族的出自が原因で大学進学の道が閉ざされているジェイソンは、裏稼業の元締めであるジミーやその妹マギーとの関係を断ち切ることができない。一方、オーキッドにはイギリス留学の日が近づいてきて……。19年7月「伝説の監督 ヤスミン・アフマド 没後10周年記念 特集上映」(19年7月20日~8月23日、東京・シアター・イメージフォーラム)での上映されたのち、同年10月から全国で単独劇場公開。

| | コメント (0)

2024-208M 「墓泥棒と失われた女神」☆☆☆★

Shakadorobohtousinawasetemegami_20240725184201原題:La chimera
邦題:墓泥棒と失われた女神
時間:131分
公開:2024-07-19
製作年度:2023
製作国:イタリア・フランス・スイス
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:イーライ・ブッシュ ジェフ・ドイッチマン アレッシオ・ラッツァレスキ トム・クイン ミヒャエル・ベバー
製作:カルロ・クレスト=ディナ パオロ・デル・ブロッコ アレクサンドラ・エノクシベール グレゴリー・ガヨス
監督:アリーチェ・ロルバケル
脚本:アリーチェ・ロルバケル
原作:
撮影:エレーヌ・ルバール
音楽:
出演:ジョシュ・オコナー(アーサー)、イザベラ・ロッセリーニ(フローラ)、アルバ・ロルヴァケル(スパルタコ)、カロル・ドゥアルテ(イタリア)、ヴィンチェンツォ・ネモラート(ピッロ)

「幸福なラザロ」「夏をゆく人々」などで高く評価されるイタリアのアリーチェ・ロルバケルが監督・脚本を手がけ、愛の幻想にとらわれた墓泥棒の数奇な運命を描いたドラマ。

1980年代、イタリア・トスカーナ地方の田舎町。忘れられない恋人の影を追う考古学愛好家の青年アーサーには、紀元前に繁栄した古代エトルリア人の遺跡を発見できるという不思議な力があった。アーサーはその能力を利用して墓泥棒の仲間たちと埋葬品を掘り起こしては売りさばいて日銭を稼いでいる。そんなある日、アーサーたちは希少価値を持つ美しい女神像を発見するが、事態は闇のアート市場をも巻き込んだ騒動へと発展していく。

「ゴッズ・オウン・カントリー」のジョシュ・オコナーがアーサー役で主演を務め、「ブルーベルベット」のイザベラ・ロッセリーニ、「ハングリー・ハーツ」のアルバ・ロルバケルが共演。2023年・第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

| | コメント (0)

2024-207M 「デッドプール&ウルヴァリン」☆☆☆★

Sdeadpoolanduruvarin原題:Deadpool & Wolverine
邦題:デッドプール&ウルヴァリン
時間:128分
公開:2024-07-24
製作年度:2024
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:ルイス・デスポジート ジョージ・デューイ サイモン・キンバーグ ジョナサン・コマック・マーティン レット・リース ポール・ワーニック ウェンディ・ジェイコブソン メアリー・マクラグレン ジョシュ・マクラグレン
製作:ケビン・ファイギ ライアン・レイノルズ ショーン・レビ ローレン・シュラー・ドナー
監督:ショーン・レビ
脚本:ライアン・レイノルズ レット・リース ポール・ワーニック ゼブ・ウェルズ ショーン・レビ
原作:
撮影:ジョージ・リッチモンド
音楽:ロブ・シモンセン
出演:ライアン・レイノルズ、ヒュー・ジャックマン、エマ・コリンmマシュー・マクファディン、モリーナ・バッカリン、レスリー・アガムズ、ステファン・カピチッチ、ブリアナ・ヒルデブランド、忽那汐里、カラン・ソーニ、ロブ・ディレイニー

マーベルコミック原作の異色ヒーローアクション「デッドプール」のシリーズ第3弾。ライアン・レイノルズ演じる型破りで無責任なヒーロー、デッドプールに加え、同じくマーベルコミック原作の「X-MEN」シリーズで活躍した、ヒュー・ジャックマン扮するウルヴァリンがスクリーンにカムバックし、2大ヒーローの共演が実現した。

不治の病の治療のために受けた人体実験で、自らの容姿と引き換えに不死身の肉体を手に入れた元傭兵のウェイド・ウィルソンは、日本刀と拳銃を武器に過激でアクロバティックな戦闘スタイルのデッドプールとして戦いを続けてきた。戦う理由はあくまで超個人的なものだったが、そんな彼が世界の命運をかけた壮大なミッションに挑むことになってしまう。この予測不可能なミッションを成功させるため、デッドプールはウルヴァリンに助けを求める。獣のような闘争本能と人間としての優しい心の間で葛藤しながらも、すべてを切り裂く鋼鉄の爪を武器に戦ってきたウルヴァリンは、とある理由で、いまは戦いから遠ざかっていたが……。

主人公デッドプールをライアン・レイノルズが演じ、ヒュー・ジャックマンが2017年の「LOGAN ローガン」以来となるウルヴァリン役に復帰。メガホンをとったのは、「ナイト ミュージアム」シリーズやライアン・レイノルズとタッグを組んだ「フリー・ガイ」「アダム&アダム」、大ヒットドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」などで知られるショーン・レビ。

 

 

| | コメント (0)

2024-206M 「アビゲイル」☆☆★★★

Savigail原題:Abigail
邦題:アビゲイル
時間:109分
公開:2024-099-13
製作年度:2024
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:ロン・リンチ マクダラ・ケレハー
製作:ウィリアム・シェラック ポール・ナインスタイン ジェームズ・バンダービルト トリップ・ビンソン チャド・ビレラ
監督:マット・ベティネッリ=オルピン タイラー・ジレット
脚本:スティーブン・シールズ ガイ・ビューシック
原作:
撮影:
音楽:
出演:メリッサ・バレラ、ダン・スティーヴンス、キャスリン・ニュートン、ウィル・キャトレット、ケヴィン・デュランド、アンガス・クラウド、アリーシャ・ウィアー、マシュー・グード、ジャンカルロ・エスポジート

吸血鬼の少女が惨劇を引き起こすホラー。ある令嬢を誘拐した犯罪グループが、吸血鬼だった令嬢に次々と襲われていく。監督は『スクリーム』シリーズなどのマット・ベティネッリ=オルピン、タイラー・ジレット。オルピン、ジレット監督作『スクリーム6』などのメリッサ・バレラ、『ゴジラxコング 新たなる帝国』などのダン・スティーヴンス、『ザ・スイッチ』などのキャスリン・ニュートンのほか、ウィル・キャトレット、ケヴィン・デュランドらが出演する。
5000万ドルの身代金を得ようと、バレリーナでもある12歳の令嬢アビゲイル(アリーシャ・ウィアー)の誘拐をもくろむ6人の男女。お互いの年齢や経歴などは知らされず、指示役によって通信手段も制限されていた彼らだったが、手際よくアビゲイルの誘拐に成功する。郊外の邸宅に彼女を運び、一晩監視すれば5000万ドルの身代金が手に入ると聞かされていた6人だったが、アビゲイルの正体は吸血鬼だった。アビゲイルは優雅に踊りながら、誘拐犯たちを一人また一人と襲い始める。

 

| | コメント (0)

2024-205M 「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」☆☆☆★★

Sfrymetothemoon原題:Fly Me to the Moon
邦題:フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
時間:132分
公開:2024-07-19
製作年度:2024
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:ロバート・J・ドーマン
製作:キーナン・フリン サラ・シェクター スカーレット・ヨハンソン ジョナサン・リア
監督:グレッグ・バーランティ
脚本:ローズ・ギルロイ
原作:ビル・カースタイン キーナン・フリン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:ダニエル・ペンバートン
出演:スカーレット・ヨハンソン(ケリー)、チャニング・テイタム(コール)、ウディ・ハレルソン(モー)、レイ・ロマノ(ヘンリー)、ジム・ラッシュ(ランス)、アンナ・ガルシア(ルビー)

スカーレット・ヨハンソンとチャニング・テイタムが共演し、人類初の月面着陸にまつわる噂をモチーフに、奇想天外な極秘プロジェクトの行方をユーモラスに描いたドラマ。

1969年、アメリカ。人類初の月面着陸を目指す国家的プロジェクト「アポロ計画」の開始から8年が過ぎ、失敗続きのNASAに対して国民の関心は薄れつつあった。ニクソン大統領の側近モーは悲惨な状況を打開するべく、PRマーケティングのプロフェッショナルであるケリーをNASAに雇用させる。ケリーは月面着陸に携わるスタッフにそっくりな役者たちをメディアに登場させて偽のイメージ戦略を仕掛けていくが、NASAの発射責任者コールはそんな彼女のやり方に反発する。ケリーのPR作戦によって月面着陸が全世界の注目を集めるなか、「月面着陸のフェイク映像を撮影する」という前代未聞の極秘ミッションがケリーに告げられる。

ケリーをヨハンソン、コールをテイタムが演じ、物語の鍵を握る政府関係者モー役でウッディ・ハレルソンが共演。「Love, サイモン 17歳の告白」のグレッグ・バーランティが監督を務めた。

アポロ11号の月面着陸の生放送は、スタンリー・キューブリックが依頼されてフェイク映像を仕立てた、という都市伝説(笑)を、まんまエンターテイメントしちまった、ハリウッドの恥知らず(褒めてる)作品。そういやその昔、メル・ギブソン主演で『陰謀のセオリー』(1997年 リチャード・ドナー監督)というベタな陰謀論系都市伝説映画の傑作もあったよね。

| | コメント (0)

2024-204M 「クレオの夏休み」☆☆☆

Screononatsuyasumi原題:Ama Gloria
邦題:クレオの夏休み
時間:83分
公開:2024-07-12
製作年度:2023
製作国:フランス
配給:トランスフォーマー
製作総指揮:
製作:ベネディクト・クーブルール
監督:マリー・アマシュケリ
脚本:マリー・アマシュケリ ポーリーヌ・ゲナ
原作:
撮影:イネス・タバラン
音楽:ファニー・マルタン
出演:イーズ・モーロワ=パンザニ(クレオ)、イルサ・モレノ・ゼーゴ(グロリア)、アブナラ・ゴメス・バレーラ(フェルナンダ(ナンダ))、フレディ・ゴメス・タバレス(セザール)、アルノー・ルボチーニ(アルノー)、ドミンゴス・ボルゼス・アルメイダ(ヨアキン)

6歳の少女と乳母の血のつながりを超えた愛の絆を、少女の目線からみずみずしくつづったフランス発のヒューマンドラマ。

パリで父親と暮らす6歳のクレオは、いつもそばにいてくれる乳母グロリアのことが大好きだった。ところがある日、グロリアは遠く離れた故郷アフリカへ帰ることになってしまう。突然の別れに戸惑うクレオを、グロリアは自身の子どもたちと住むアフリカの家に招待する。そして夏休み、クレオはグロリアと念願の再会を果たすべく、ひとり海を渡ってアフリカへ向けて旅に出る。

主人公クレオ役には、撮影当時5歳半だった演技未経験のルイーズ・モーロワ=パンザニを抜てき。監督は、共同監督を務めた前作「Party Girl」でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞し、本作が長編単独監督デビューとなる新鋭マリー・アマシュケリ。2023年・第76回カンヌ国際映画祭「批評家週間」のオープニング作品に選出された。

| | コメント (0)

2024-203M 「ストレンジ・ウェイ・オブ・ライフ」☆☆☆★

Sstrangewayoflife原題:Extrana forma de vida
邦題:ストレンジ・ウェイ・オブ・ライフ
時間:31分
公開:2024-07-12
製作年度:2023
製作国:スペイン・フランス
配給:ハーク
製作総指揮:
製作:アグスティン・アルモドバル
監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
原作:
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
音楽:アルベルト・イグレシアス
出演:イーサン・ホーク、ペドロ・パスカル

スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが、「ビフォア・サンセット」「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークと、「マンダロリアン」「THE LAST OF US」のペドロ・パスカルを主演に迎えて手がけた短編作品。男性社会で生きるクイアの保安官たちの切ない愛を濃密に描いた西部劇ドラマ。

1910年。若き日にともに雇われガンマンとして働いていた旧友の保安官ジェイクを訪ねるため、シルバは馬に乗って砂漠を横断する。メキシコ出身のシルバはしっかり者で感情的、つかみどころがないが温かい心の持ち主だ。一方、アメリカ出身のジェイクは厳格な性格をしており、冷淡で不可解で、シルバとは正反対だった。出会ってから25年が経つ2人は酒を酌み交わし、再会を祝い愛し合う。しかし翌朝、ジェイクは前日とは打って変わり、シルバがここへ来た本当の目的を探ろうとする。

メゾンとして初めて本格的に映画製作に参入したイヴ・サンローランの子会社サンローラン・プロダクションズが製作に参加した作品で、サンローランのクリエイティブディレクターとして知られるファッションデザイナーのアンソニー・バカレロが手がけた色鮮やかな衣装も見どころ。アルモドバル監督が短編を手がけるのは「ヒューマン・ボイス」に続いて2作目。

ジョン・ウェインが握りこぶしを震わせて、泣いて抗議しそうな、マッチョな『カウボーイがゲイ満開』な映画。2005年に『ブロークバック・マウンテン』でアン・リー監督がオスカー。さらに2022年には『パワー・オブ・ザ・ドッグ』でジェーン・カンピオン監督がオスカー。そんなわけだか、かなり昔にカムアウトして、その手の作品を作り続けているペドロ・アルモドバル監督。放ってはいられない、ということで、イブ・サンローランの資金で、マッチョなゲイカウボーイ作品を実現。スペイン人なのにね。『ブロークバック・マウンテン』のアンサーになってると言われる本作のゲイっぷり。さすがだ。30分の短編映画、木戸銭は1000円。

| | コメント (0)

2024-202M 「大いなる不在」☆☆☆★

Soinarufuzai邦題:大いなる不在
時間:133分
公開:2024-07-12
製作年度:2023
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:近浦啓 堀池みほ
監督:近浦啓
脚本:近浦啓 熊野桂太
原作:
撮影:山崎裕
音楽:糸山晃司
出演:森山未來(遠山卓)、真木よう子(遠山夕希)、原日出子(遠山直美)、藤竜也(遠山陽二)、三浦誠己、神野三鈴、利重剛、塚原大助、市原佐都子

長編デビュー作「コンプリシティ 優しい共犯」がトロント、ベルリン、釜山などの国際映画祭に招待され高い評価を得た近浦啓監督の第2作。森山未來が主演を務め、藤竜也と親子役で初共演を果たしたヒューマンサスペンス。

幼い頃に自分と母を捨てた父が事件を起こして警察に捕まった。知らせを受けて久しぶりに父である陽二のもとを訪ねることになった卓(たかし)は、認知症で別人のように変わり果てた父と再会する。さらに、卓にとっては義母になる、父の再婚相手である直美が行方をくらましていた。一体、彼らに何があったのか。卓は、父と義母の生活を調べ始める。父の家に残されていた大量の手紙やメモ、そして父を知る人たちから聞く話を通して、卓は次第に父の人生をたどっていくことになるが……。

主人公・卓を森山未來が演じ、父・陽二役は「コンプリシティ 優しい共犯」でも近浦監督とタッグを組んだ藤竜也が務めた。卓の理解者となる妻の夕希役は真木よう子、行方知れずの義母・直美役は原日出子。第71回サン・セバスチャン国際映画祭のコンペティション部門で藤竜也がシルバー・シェル賞(最優秀俳優賞)を受賞。第67回サンフランシスコ国際映画祭では最高賞のグローバル・ビジョンアワードを受賞。

| | コメント (0)

2024-201M 「密輸 1970」☆☆☆★

Smitsuyu1970原題:Smugglers
邦題:密輸 1970
時間:129分
公開:2024-07-12
製作年度:2023
製作国:韓国
配給:KADOKAWA、KADOKAWA Kプラス
製作総指揮:
製作:
監督:リュ・スンワン
脚本:リュ・スンワン キム・ジョンヨン チェ・チャウォン
原作:
撮影:チェ・ヨンファン
音楽:
出演:キム・ヘス(チュンジャ)、ヨム・ジョンア(ジンスク)、チョ・インソン(クォン軍曹)、パク・ジョンミン(ドリ)、キム・ジョンス(ジャンチュン)、コ・ミンシ(オップン)

海を舞台に巨額の金塊を巡って繰り広げられる騙し合いの行方を実話に着想を得て描き、2023年・第44回青龍映画賞で最優秀作品賞など4冠に輝いたクライムアクション。

1970年代半ば。韓国の漁村クンチョンでは海が化学工場の廃棄物で汚染され、海女たちは失業の危機に瀕していた。リーダーのジンスクは仲間たちの生活を守るため、海底から密輸品を引きあげる仕事を請け負うことに。しかし作業中に税関の摘発に遭ってジンスクは逮捕され、親友チュンジャだけが現場から逃亡する。2年後、ソウルからクンチョンに戻ってきたチュンジャは、出所したジンスクに新たな密輸の儲け話を持ちかける。密輸王クォン、チンピラのドリ、税関のジャンチュンらさまざまな者たちの思惑が入り乱れるなか、海女たちは人生の再起をかけた大勝負に身を投じる。

「国家が破産する日」のキム・ヘスがチュンジャ役、「完璧な他人」のヨム・ジョンアがジンスク役を務め、「モガディシュ 脱出までの14日間」のリュ・スンワンが監督を務めた。

| | コメント (0)

2024-200M 「メイ・ディセンバー ゆれる真実」☆☆☆

Smaydesenber原題:May December
邦題:メイ・ディセンバー ゆれる真実
時間:117分
公開:2024-07-05
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:マデリン・K・ルーディン トーマス・K・リチャーズ リー・ブローダ ジェフ・ライス ジョナサン・モンテペア サミー・バーチ アレックス・ブラウン トーステン・シューマッハー クレア・テイラー
製作:ナタリー・ポートマン ソフィー・マス パメラ・コフラー クリスティーン・ベイコン グラント・S・ジョンソン タイラー・W・コニー ジェシカ・エルバウム ウィル・フェレル
監督:トッド・ヘインズ
脚本:サミー・バーチ
原作:サミー・バーチ アレックス・メヒャニク
撮影:クリストファー・ブロベルト
音楽:マーセロ・ザーボス
出演:ナタリー・ポートマン(エリザベス)、ジュリアン・ムーア(グレイシー)、チャールズ・メルトン(ジョー)

「キャロル」「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督がメガホンをとり、アメリカで実際にあったスキャンダルを題材に、ナタリー・ポートマンとジュリアン・ムーアという実力派俳優が豪華共演を果たしたサスペンスドラマ。

20年前、当時36歳の女性グレイシーは、23歳年下の13歳の少年ジョーと運命的な恋に落ちるが、2人の関係は大きなスキャンダルとなり、連日タブロイド紙を賑わせる。グレイシーは未成年と関係をもったことで罪に問われて服役し、獄中でジョーとの間にできた子どもを出産。出所後に晴れて2人は結婚する。それから20年以上の月日が流れ、いまだ嫌がらせを受けることがあっても、なにごともなかったかのように幸せに過ごすグレイシーとジョー。そんな2人を題材にした映画が製作されることになり、グレイシー役を演じるハリウッド女優のエリザベスが、役作りのリサーチのために彼らの近くにやってくる。エリザベスの執拗な観察と質問により、夫婦は自らの過去とあらためて向き合うことになり、同時に役になり切ろうとするエリザベスも夫婦の深い沼へと落ちていく。

ナタリー・ポートマンがエリザベス、ジュリアン・ムーアがグレイシーをそれぞれ演じ、ジョー役は「バッドボーイズ フォー・ライフ」やテレビシリーズ「リバーデイル」で活躍するチャールズ・メルトンが務めた。2023年・第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。第81回ゴールデングローブ賞では作品賞、主演女優賞、助演女優賞、助演男優賞に、第96回アカデミー賞では脚本賞にノミネートされた。

ふんわりとしていて、何がどうしたかったのか、トッド・ヘインズの意図がキャッチできませんでした。「解った気にさせる」というのがスクリーンの中と観客とへのダブルミーニングな仕掛けならば「解った気になれなかった」僕は置いてけぼりでした。

| | コメント (0)

2024-199M 「ブリーディング・ラブ はじまりの旅」☆☆☆★

Sbleedinglove原題:Bleeding Love
邦題:ブリーディング・ラブ はじまりの旅
時間:102分
公開:2024-07-05
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:ロングライド
製作総指揮:ユアン・マクレガー タイラー・ボーム エマ・ウェステンバーグ ブレント・モリス
製作:マーク・アミン クリスティーン・ベイコン クララ・マクレガー ベラ・バルダー グレッグ・ロリターノ メイソン・プロッツ カミ・ウィニコフ
監督:エマ・ウェステンバーグ
脚本:ルビー・キャスター
原作:ルビー・キャスター クララ・マクレガー ベラ・バルダー
撮影:クリストファー・リプリー
音楽:レイブン・アーツセン
出演:ユアン・マクレガー(父親)、クララ・マクレガー(娘)、キム・ジマー(エルシー)、デヴィン・マクダウェル(幼少期の娘)、サッシャ・アレクサンダー(ミシェル)、ジェイク・ウィアリー(キップ)、ヴェラ・バルダー(トミー)

ユアン・マクレガーと実娘で俳優・プロデューサーのクララ・マクレガーが親子役で共演し、父と娘の愛と回復への旅をつづったドラマ。

長い間疎遠だった娘のある出来事をきっかけに、父は彼女をニューメキシコ州へと向かう旅に連れ出す。関係を修復したくても、どうすれば溝を埋められるのかわからない。娘は父との美しい過去を思い出しながらも、自分を捨てた父を許すことができずに反発してしまう。目的地が近づくなか、父娘はお互いが抱える問題と向き合うことになり……。

実生活でも、長年連れ添った妻との離婚や再婚によってクララとの親子関係に問題を抱えていたユアン。クララがユアンとの親子間の問題や大切な記憶を、同世代の女性脚本家たちと共にオリジナルストーリーとして描き、ジャネール・モネイ「PYNK」のMVでグラミー賞にノミネートされたオランダ出身の気鋭エマ・ウェステンバーグが長編初メガホンをとった。

| | コメント (0)

2024-198M 「YOLO 百元の恋」☆☆☆★★

Syolo100gen原題:熱辣滾? Yolo
邦題:YOLO 百元の恋
時間:129分
公開:2024-07-05
製作年度:2024
製作国:中国
配給:東映ビデオ
製作総指揮:
製作:
監督:ジア・リン
脚本:
原作:足立紳
撮影:
音楽:
出演:ジア・リン(ドゥ・ローイン)、ライ・チァイン(ハオ・クン)

安藤サクラ主演による2014年の日本映画「百円の恋」を、中国の国民的コメディアンで女優のジア・リンが監督・主演を務めてリメイクし、中国国内や海外でもヒットを記録したヒューマンドラマ。

32歳の女性ドゥ・ローインは無職で実家に引きこもる日々を過ごしていたが、実家に戻ってきた妹と大ゲンカしたことをきっかけに、家を出ることになってしまう。そんな折、偶然出会ったボクサーのハオ・クンに一目ぼれしたローインは自らもボクシングを始めるが、試合に負けたクンはジムを辞め、彼女の前から姿を消してしまう。すべてを失ったローインは「一度は勝ってみたい」という思いから、ボクシング大会への出場を決意する。

「百円の恋」の脚本家・足立紳と監督・武正晴、プロデューサー・佐藤現も監修として参加。邦題の「YOLO」はアメリカ公開時のタイトルで、「You Only Live Once」の頭文字をとった「人生は一度きり」という意味の言葉。

安藤サクラ主演の日本映画『百円の恋』を中国でリメイクしたもの。
主人公が百均で仕事していたので「百円の恋」というタイトルがついていたのだろうが、翻案作品では焼き肉屋。リメイクで中国だから100元としたのだろうが、これじゃあ2000円。邦題によせてはいるが、「百元の恋」は連想させるためだけで、作品には何ら関係がない。まあ、日本で公開するにはしかたがないのだろうが、やっぱり違うだろう!と言いたい。

| | コメント (0)

2024-197M 「The Moon」☆☆☆★★★

Sthemoon原題:The Moon
邦題:THE MOON
時間:129分
公開:2024-07-05
製作年度:2023
製作国:韓国
配給:クロックワークス
製作総指揮:
製作:
監督:キム・ヨンファ
脚本:キム・ヨンファ
原作:
撮影:キム・ヨンファ
音楽:イ・ジェハク
出演:ソル・ギョング(キム・ジェグク)、ド・ギョンス(ファン・ソヌ)、キム・ヒエ(ユン・ムニョン)、チョ・ハンチョル(キム・インシク)、パク・ビョンウン(チョン・ミンギュ)、チェ・ビョンモ(オ・ギュソク)、ホン・スンヒ(カン・ハンビョル)、イ・ソンミン(ファン・ギュテ)、キム・レウォン(イ・サンウォン)、イ・イギョン(チョ・ユンジョン)

「神と共に」シリーズのキム・ヨンファ監督が、たった1人で月面探査ミッションに挑む新人宇宙飛行士の奮闘を描いたSFアドベンチャー。

韓国のロケット「ウリ号」は月面の有人探査をかなえるため、3人のクルーを乗せて宇宙へ飛び立つ。しかし月周回軌道への進入を前に太陽風の影響で地球との通信が途絶え、修理のため船外に出たクルー2人が事故で命を落としてしまう。ひとり残された新人宇宙飛行士ソヌを救出するため、5年前の有人探査機爆発事故の責任を取って組織を去ったジェグクが呼び戻される。一方、仲間の遺志を継ぐことを決意したソヌは、月面への着陸を成功させる。NASAの月周回宇宙ステーションが近づくまで48時間、月面探査を成功させて無事帰還を果たすべく奮闘するソヌだったが……。

人気K-POPグループ「EXO」のド・ギョンスが宇宙飛行士ソヌ役で兵役後初の長編映画出演を果たして話題を集めたほか、「ペパーミント・キャンディー」のソル・ギョング、「ユンヒへ」のキム・ヒエが共演。

気合の入った韓国映画は凄まじく面白い。見事としか言えないエンタテインメントだ。国家をあげて映画人を養成してきた成果が素晴らしい。翻って日本の文化への投資は、国立劇場さえ建てられない貧弱さだ。芸術やエンターテイメントを真に理解して、投資、育成していく思想が、日本の政治家には無いのだろう。票にならないしね。哀しい。

| | コメント (0)

2024-196M 「キングダム 大将軍の帰還」☆☆☆★★★

Skingdom2024daisyogunkikan邦題:キングダム 大将軍の帰還
時間:145分
公開:2024-07-12
製作年度:2024
製作国:日本
配給:東宝、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作総指揮:大好誠 飯沼伸之
製作:瓶子吉久 澤桂一 桑原勇蔵 門屋大輔 市川南 松本拓也 松橋真三 弓矢政法 杉浦修 名倉健司 本間道幸 舛田淳
監督:佐藤信介
脚本:黒岩勉 原泰久
原作:原泰久
撮影:佐光朗
音楽:やまだ豊
出演:山崎賢人(信)、吉沢亮(エイ政)、橋本環奈(河了貂)、清野菜名(羌カイ)、山田裕貴(万極)、岡山天音(尾平)、三浦貴大(尾到)、新木優子(摎)、吉川晃司(?煖)、高嶋政宏(昌文君)、要潤(騰)、加藤雅也(肆氏)、高橋光臣(干央)、平山祐介(蒙武)、山本耕史(趙荘)、草刈正雄(昭王)、長澤まさみ(楊端和)、玉木宏(昌平君)、佐藤浩市(呂不韋)、小栗旬(李牧)、大沢たかお(王騎)

原泰久の同名人気漫画を実写映画化した大ヒット作「キングダム」シリーズの第4作。

春秋戦国時代の中国。馬陽の戦いで、隣国・趙の敵将を討った秦国の飛信隊の信(しん)たちの前に趙軍の真の総大将・ほう煖(ほうけん)が突如現れた。自らを「武神」と名乗るほう煖の急襲により部隊は壊滅的な痛手を追い、飛信隊の仲間たちは致命傷を負った信を背負って決死の脱出劇を試みる。一方、その戦局を見守っていた総大将・王騎は、ほう煖の背後に趙のもう一人の化け物、天才軍師・李牧(りぼく)の存在を感じ取っていた。

信役の山崎賢人、えい政役の吉沢亮、楊端和(ようたんわ)役の長澤まさみ、王騎役の大沢たかおらレギュラーキャストに加え、前作から参加したほう煖役の吉川晃司、李牧役の小栗旬らが続投。新木優子が謎多き武将・摎(きょう)役で新たに出演する。監督も引き続き佐藤信介が務め、原作者の原も1作目から通して脚本に参加している。

初作から見続けているシリーズ。いちおう、王騎将軍推しである。存在に怪しさ満点の将軍だが、過去の因縁が全て解き明かされていく。そしてそれらが収束していくが故に、本作は悲しい結末となる。ともあれ、世界に通用するレベルのスペクタクルを見せてくれる本シリーズだが、今回も期待通りの娯楽大作、クオリティ高い最新作だった。嬉しいことに、さらなる続編のアナウンスもあるようだ。楽しみだ。

| | コメント (0)

2024-195M 「SCRAPPER スクラッパー」☆☆☆★

Sscrapper原題:Scrapper
邦題:SCRAPPER スクラッパー
時間:84分
公開:2024-07-05
製作年度:2023
製作国:イギリス
配給:ブロードメディア
製作総指揮:エバ・イェーツ ファルハナ・ブーラ マイケル・ファスベンダー コナー・マッコーン ダニエル・エマーソン ジム・リーブ
製作:テオ・バロウクラフ
監督:シャーロット・リーガン
脚本:シャーロット・リーガン
原作:
撮影:モリー・マニング・ウォーカー
音楽:パトリック・ジョンソン
出演:ローラ・キャンベル(ジョージー)、ハリス・ディキンソン(ジェイソン)、アリ・ウズン

母を亡くした少女と音信不通だった父のぎこちなくも愛おしい共同生活を描いたイギリス発のヒューマンドラマ。

母を亡くし、ロンドン郊外のアパートにひとりぼっちで暮らす12歳のジョージー。親友アリと自転車を盗んでは転売して日銭を稼ぎながら、母が遺したホームビデオを見て孤独と悲しみを耐え忍ぶ日々を送っていた。そんなジョージーのもとに、12年間ずっと行方がわからなかった父ジェイソンが突然訪ねてくる。父に対して複雑な気持ちを抱くジョージーだったが、父娘は別々に過ごしてきた年月を埋めるかのように、ぎこちないながらもともに時間を紡いでいく。

本作でスクリーンデビューを果たしたローラ・キャンベルが主人公ジョージーを好演し、「逆転のトライアングル」のハリス・ディキンソンが不器用な父ジェイソン役で共演。10代の頃からミュージックビデオの監督として活躍してきた新鋭シャーロット・リーガンが長編初監督・脚本を手がけた。

| | コメント (0)

2024-194M 「レ・ミゼラブル(1995)」☆☆☆★★

Sremize1995a原題:Les Miserables
邦題:レ・ミゼラブル(1995)
時間:175分
公開:1996年8月3日
製作年度:1995
製作国:フランス
配給:エデン
製作総指揮:
製作:クロード・ルルーシュ
監督:クロード・ルルーシュ
脚本:クロード・ルルーシュ
原作:ビクトル・ユーゴー
撮影:クロード・ルルーシュ フィリップ・パバン・ド・セカッティ
音楽:フランシス・レイ フィリップ・サーベイン エリック・ベルショー ミシェル・ルグラン ディディエ・バルベリビエン
出演:ジャン=ポール・ベルモンド、ミシェル・ブジュナー、アレサンドラ・マルティネス、アニー・ジラルド、クレマンティーヌ・セラリエ、フィリップ・レオタール、ティッキー・オルガド

「あの愛をふたたび」「ライオンと呼ばれた男」の名匠クロード・ルルーシュと主演ジャン=ポール・ベルモンドが3度目のタッグを組み、ビクトル・ユーゴーの名作小説を大胆にアレンジして激動の20世紀を舞台に描いた大河ロマン。

映画が誕生した1895年。アンリ・フォルタンが5歳の時、父親が無実の罪を着せられて獄中で無念の死を遂げ、母親もその後を追って自ら命を絶った。フォルタンはノルマンディーの漁村で居酒屋兼宿屋を営む夫婦に育てられ、過酷な少年時代を過ごす。1931年、ボクシングのチャンピオンになっていたフォルタンは引退して運送業を始める。第2次世界大戦が勃発すると、彼はユダヤ人の弁護士ジマン一家の逃亡を手伝うが、ナチスに協力する警察に逮捕されてしまう。その後脱獄したフォルタンは強盗団に加入、そして終戦間近にはレジスタンスに身を投じる。

ベルモンドが主人公とその父、さらに劇中劇のジャン・バルジャンの3役を務めた。2024年、ベルモンド主演作をリマスター版で上映する「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選グランドフィナーレ」(24年6月28日~、東京・新宿武蔵野館ほか)にて28年ぶりに劇場公開。

1995年の公開当時は、放送開始2年目の『開運!なんでも鑑定団』のプロデュース業務でゴリゴリに忙しく、映画なんぞを観る余裕がなかった。クロード・ルルーシュ監督というシネフィル心を刺激する作品だったが未見のままだった。まさか30年後にスクリーンで観ることができる、という幸せに涙する。武蔵野館に感謝だ。作品の良し悪しは全く別で。
「愛と哀しみのボレロ」のような趣のルルーシュ風な年代記ドラマ、しかもミゼラブルに沿って構成。なかなか実験的だ。

| | コメント (0)

2024-193M 「言えない秘密」☆☆☆★

Sienaihimitsu邦題:言えない秘密
時間:114分
公開:2024-06-28
製作年度:2024
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:依田巽 中村浩子 松下幸生 高見洋平 渡辺和則
監督:河合勇人
脚本:松田沙也
原作:ジェイ・チョウ
撮影:足立真仁
音楽:富貴晴美
出演:京本大我(樋口湊人)、古川琴音(内藤雪乃)、横田真悠(浅野ひかり)、三浦りょう太(棚橋順也)、坂口涼太郎(広瀬慎之介)、皆川猿時(山本修治)、西田尚美(内藤敦子)、尾美としのり(樋口透)

アイドルグループ「SixTONES」の京本大我と「偶然と想像」の古川琴音が共演したラブストーリー。アジア圏で大ヒットを記録した2007年の同名台湾映画を原案に、「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」の河合勇人監督がメガホンをとった。

ピアノ留学から帰国して伝統ある音楽大学に編入した湊人は、過去のトラウマのせいで思うようにピアノが弾けなくなってしまっていた。そんなある日、湊人は、取り壊しが迫った旧講義棟の演奏室で、神秘的なピアノを奏でる雪乃と出会う。美しい旋律に強くひかれた湊人は曲名を尋ねるが、雪乃は秘密だという。2人は自然とひかれ合い、湊人は雪乃の明るく純粋なピアノの演奏に触れるうちに、再び音楽と向き合うことができるようになっていく。かけがえのない日々を過ごす2人だったが、ある日突然、雪乃は湊人の前から姿を消してしまう。

その他の出演に「鯨の骨」の横田真悠、「彼女が好きなものは」の三浦りょう太、「ちはやふる」シリーズの坂口涼太郎。

17年前の台湾映画をリメイクしたラブストーリー。しかし台湾映画はすぐれた「タイムリープ」ものがあるね。「一秒先・・」もそうだったし。若干の矛盾は強引に無視して、ストーリーの落としどころへ突破していく。

| | コメント (0)

2024-192M 「美食家ダリのレストラン」☆☆☆★★

Sdarinoresutoran原題:Esperando a Dali
邦題:美食家ダリのレストラン
時間:115分
公開:2024-08-16
製作年度:2023
製作国:スペイン
配給:ファインフィルムズ、コムストック・グループ
製作総指揮:ティム・ハスラム ヒューゴ・グランバー ベアトリス・レビン ロイド・レビン
製作:ロジャー・コルビ ヤン・フィッシャー デビッド・オーティス
監督:ダビッド・プジョル
脚本:ダビッド・プジョル
原作:
撮影:
音楽:
出演:ジョゼ・ガルシア、ポル・ロペス、クララ・ポンソ

画家サルバドール・ダリの住むスペインの海辺の街を舞台に、若き天才シェフによる革命的なレストランの誕生を描いたドラマ。

1974年、フランコ政権末期のスペイン。大都市バルセロナの一流フレンチレストランを追われた料理人フェルナンドとその弟アルベルトは、友人フランソワの伝手で海辺の街カダケスにやってくる。彼らを迎え入れたのは魅力的な海洋生物学者ロラと、その父でレストラン「シュルレアル」を営むジュールズ。この街に住む画家ダリを崇拝するジュールズは、いつかダリにディナーを食べてもらうことを目標に、ありとあらゆる無謀な試みに挑戦し続けていた。そんな彼らの存在は、フェルナンドの料理の世界に唯一無二のインスピレーションをもたらしていく。

「プラットフォーム」のイバン・マサゲがフェルナンド、「シティーコップ 余命30日?!のヒーロー」のホセ・ガルシアがジュールズを演じた。監督・脚本は、ダリや伝説的レストラン「エル・ブジ」についてのドキュメンタリー映画を手がけた実績を持つダビッド・プジョル。

ダリマニアのレストランオーナーがダリに来店して欲しいという「夢」を叶える物語。ほのぼのヨーロッパ映画の佳作。ニコニコしてしまう。

| | コメント (0)

2024-191M 「先生の白い嘘」☆☆☆

Ssenseinoshiroiuso邦題:先生の白い嘘
時間:117分
公開:2024-07-05
製作年度:2024
製作国:日本
配給:松竹ODS事業室/イノベーション推進部
製作総指揮:井上貴弘
製作:久野達士 五老剛
監督:三木康一郎
脚本:安達奈緒子
原作:鳥飼茜
撮影:板倉陽子
音楽:コトリンゴ
出演:奈緒(原美鈴)、猪狩蒼弥(新妻祐希)、三吉彩花(渕野美奈子)、田辺桃子、井上想良、小林涼子、森レイ子、吉田宗洋、板谷由夏、ベンガル、風間俊介(早藤雅巳)

男女間の性の格差を描いて反響を呼んだ鳥飼茜の同名漫画を実写映画化。自らの性に対して抱える矛盾した感情や、男女間に存在する性の格差に向き合う女性の姿を通して、人の根底にある醜さと美しさを描き出す。

高校教師の原美鈴は、女であることの不平等さを感じながらも、そのことから目を背けて生きている。そんなある日、親友の渕野美奈子から、早藤雅巳と婚約したことを告げられるが、早藤こそ美鈴に女であることの不平等さの意識を植え付けた張本人だった。早藤を忌み嫌いながらも、彼との行為を通して性への欲望や快楽への渇望が芽生え、呼び出しに応じてしまう美鈴。そんなある日、担当クラスの男子生徒・新妻祐希から性の悩みを打ち明けられた彼女は、思わず本音を漏らしてしまう。新妻は自分に対して本音をさらけ出してくれた美鈴にひかれていくが……。

主人公の美鈴を奈緒が演じ、物語の鍵を握る男子生徒の新妻役を人気グループ「HiHi Jets」の猪狩蒼弥、親友の美奈子役を三吉彩花、美奈子の婚約者で表向きは人当たりの良いエリートサラリーマンだが、裏では女を見下し暴力をふるう早藤役を風間俊介が担当した。監督は「弱虫ペダル」「植物図鑑 運命の恋拾いました」の三木康一郎、脚本は「きのう何食べた?」「おかえりモネ」などのテレビドラマで高い評価を受ける安達奈緒子。

鑑賞プライオリティでは低かったが、あまりに不評なので怖いもの見たさ。あと特別料金の『3面ライブスクリーン』上映の見物でもある。まあ本作がこのプラットフォームに相応しい作品かどうかは別だ。僕らの時代『昭和』では、シネラマや70ミリが、スペシャル感満点な巨大画面のウリだったな。ともあれ、旗艦館の丸の内ピカデリーに仮設の3面スクリーンは違和感満点だ。
で、見終わったが、3面マルチを前提とした作品らしく、シーンのフレーム構成を、3面強調したくだりも。でも、この『普通の人間ドラマ作品』でいいのか?というと違うだろう。普通に考えて、スポーツものや、音楽ものがピッタリと合うのだろう。となると、日本映画にはこのジャンルは不得意な分野だ。というわけで、この新機軸の『松竹の投資』は、劇場に人を呼びたい、という意欲の空回り。始めたので後に引けなかったであろう、日本の古い会社の体質の徒花だろう。BSチャンネルもそうだが、どうも斜め上にしか向かっていない気がする。大丈夫か?松竹!

| | コメント (0)

2024-190M 「Shirley シャーリイ」☆☆☆★

Sshirley原題:Shirley
邦題:Shirley シャーリイ
時間:107分
公開:2024-07-05
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:サンリスフィルム
製作総指揮:マーティン・スコセッシ アリソン・ローズ・カーター アリサ・テイガー シャー・ホーリシュ
製作:エリザベス・モス ジェフリー・ソロス サイモン・ホースマン スー・ネイグル サラ・ガビンズ クリスティーン・ベイコン ダビド・イノホサ
監督:ジョセフィン・デッカー
脚本:サラ・ガビンズ
原作:スーザン・スカーフ・メレル
撮影:シュトゥルラ・ブラント・グロブレン
音楽:タマール=カリ
出演:エリザベス・モス(シャーリイ・ジャクスン)、マイケル・スタールバーグ(スタンリー・ハイマン)、ローガン・ラーマン(フレッド)、オデッサ・ヤング(ローズ)

アメリカの怪奇幻想作家シャーリイ・ジャクスンの伝記を基に、現代的で斬新な解釈を加えて現実と虚構を交錯させながら描いた心理サスペンス。

1948年、短編小説「くじ」で一大センセーションを巻き起こしたシャーリイは、女子大生行方不明事件を題材にした新作長編に取り組むもスランプに陥っていた。大学教授の夫スタンリーは引きこもって寝てばかりいるシャーリイを執筆へ向かわせようとするが上手くいかず、移住を計画している若い夫妻フレッドとローズを自宅に居候させて彼女の世話や家事を任せることに。当初は他人との共同生活を嫌がるシャーリイだったが、懲りずに自分の世話を焼くローズの姿から執筆のインスピレーションを得るようになる。一方、ローズはシャーリイの魔女的なカリスマ性にひかれ、2人の間には奇妙な絆が芽生え始める。

ドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」のエリザベス・モスがシャーリイを演じ、「君の名前で僕を呼んで」のマイケル・スタールバーグ、「帰らない日曜日」のオデッサ・ヤング、「ウォールフラワー」のローガン・ラーマンが共演。マーティン・スコセッシが製作総指揮を手がけ、「空はどこにでも」のジョセフィン・デッカーが監督を務めた。

アメリカの怪奇幻想作家シャーリイ・ジャクスンの伝記を元にしたドラマ。2019年の製作。何で5年も放置されていたのか謎だ。

| | コメント (0)

2024-189M 「リッチランド」☆☆☆

Srichland原題:Richland
邦題:リッチランド
時間:93分
公開:2024-07-06
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:ノンデライコ
製作総指揮:ドーン・ボンダー ダニエル・J・チャルフェン マーシー・ワイズマン
製作:アイリーン・ルスティック サラ・アーシャンボー
監督:アイリーン・ルスティック
脚本:
原作:
撮影:ヘルキ・フランツェン
音楽:
出演:

第2次世界大戦下のアメリカ、マンハッタン計画のもとで生まれた町の知られざる歴史と現在を描いたドキュメンタリー。

ワシントン州南部にある平和で美しい郊外の町リッチランド。ここは、1942年からのマンハッタン計画における核燃料生産拠点「ハンフォード・サイト」で働く人々とその家族が生活するために作られた町である。「原爆は戦争の早期終結を促した」と町の歴史を誇りに思う者がいる一方で、多くの命を奪った原爆に関与したことに逡巡する者もいる。また、暮らしやすい町に満足している人々も「川の魚は食べない」と語り、現在も核廃棄物による放射能汚染への不安を抱えながら暮らしている。さまざまな声が行き交うなか、被曝3世であるアーティストの川野ゆきよが町を訪れ、住民たちとの対話を試みる。

リッチランドの誕生と発展の歴史をひも解きながら、人々の何気ない日常の背景に常に“原爆”が横たわっていた町の姿を映し出し、近代アメリカの精神性、そして科学の進歩がもたらした、人類の“業”を重層的に浮かび上がらせていく。

まあ「かぶれた」やからがこの町にも生れてしまうという20%原理。恐ろしや。

| | コメント (0)

2024-188M 「ナミビアの砂漠」☆☆☆★

Smamibia邦題:ナミビアの砂漠
時間:137分
公開:2024-09-06
製作年度:2024
製作国:日本
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:
製作:小西啓介 小川真司 山田真史 鈴木徳至
監督:山中瑶子
脚本:山中瑶子
原作:
撮影:
音楽:
出演:河合優実、金子大地、寛一郎、新谷ゆづみ、中島歩、唐田えりか、渋谷采郁、澁谷麻美、倉田萌衣、伊島空、堀部圭亮、渡辺真紀子

初監督作「あみこ」でベルリン国際映画祭フォーラム部門に史上最年少で招待されるなど高く評価された山中瑶子が監督・脚本を手がけ、「あんのこと」の河合優実を主演に迎えて撮りあげた青春ドラマ。現代日本の若者たちの恋愛や人生を鋭い視点で描き、2024年・第77回カンヌ国際映画祭の監督週間で国際映画批評家連盟賞を受賞した。

21歳のカナにとって将来について考えるのはあまりにも退屈で、自分が人生に何を求めているのかさえわからない。何に対しても情熱を持てず、恋愛ですらただの暇つぶしに過ぎなかった。同棲している恋人ホンダは家賃を払ったり料理を作ったりして彼女を喜ばせようとするが、カナは自信家のクリエイター、ハヤシとの関係を深めていくうちに、ホンダの存在を重荷に感じるようになる。

「猿楽町で会いましょう」「サマーフィルムにのって」の金子大地がハヤシ、「せかいのおきく」「プロミスト・ランド」の寛一郎がホンダを演じ、新谷ゆづみ、中島歩、唐田えりか、渋谷采郁が共演。

| | コメント (0)

2024-187M 「怪談晩餐」☆☆☆★

Skaidanbansan原題:Tastes of Horror
邦題:怪談晩餐
時間:118分
公開:2024-07-19
製作年度:2023
製作国:韓国
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:アン・サンフン ユン・ウンギョン キム・ヨンギュン イム・デウン チェ・ヨジュン
脚本:アン・サンフン ユン・ウンギョン キム・ヨンギュン イム・デウン チェ・ヨジュン
原作:
撮影:
音楽:
出演:チャン・スンヨン、オ・スンヒ、チャン・イェウン、シン・ウンス、キム・ホジュン、キム・テフン、チョ・ジュユン、ユン・ヒョウミン、チャン・グァン、イ・ジョヨン、キム・ジュリョン、パク・ジナ、チェ・スイム

韓国で活躍する5人の気鋭監督が、カカオページの人気ウェブトゥーン「Tastes of Horror」で連載されたホラー漫画を原作に、日常に潜む6つの恐怖を描いたオムニバス映画。

アイドルになる夢をかなえるべく挑んだ危険な「踊ってみた」チャレンジの恐るべき代償を描いた「ディンドンチャレンジ」、ドッペルゲンガーが受験生に教えてくれた成績アップの秘訣を描く「四足獣」、ギャンブルで大儲けした人物が謎の運転手に案内されてたどり着いたモーテルの秘密を描く「ジャックポット」、絶対に破ってはいけないルールが存在する高級マンション併設のスポーツジムを舞台に描く「入居者専用ジム」、名誉の負傷をした消防士が臨床試験で課されたリハビリの残酷な真実を描く「リハビリ」、大食い系ライブ配信者がライバルを蹴落とすために仕掛けた罠の顛末を描いた「モッパン」の6本で構成。

「ブラインド」のアン・サンフン、「ホテルレイク」のユン・ウンギョン、「殺人漫画」のキム・ヨンギュン、「時間回廊の殺人」のイム・デウン、「シャーク 覚醒」のチェ・ヨジュンが監督を務めた。

| | コメント (0)

2024-186M 「ぼくが生きてる、ふたつの世界」☆☆☆★★

Sbokugaikiterufutatunosekai邦題:ぼくが生きてる、ふたつの世界
時間:105分
公開:2024-09-20
製作年度:2024
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:小山洋平 依田巽 伊藤義彦 野村弘幸 荒木宏幸 一力雅彦 藤ノ木正哉 鳥居明夫
監督:呉美保
脚本:港岳彦
原作:五十嵐大
撮影:田中創
音楽:田中拓人
出演:吉沢亮(五十嵐大)、忍足亜希子(五十嵐明子)、今井彰人(五十嵐陽介)、ユースケ・サンタマリア(河合幸彦)、烏丸せつこ(鈴木広子)、でんでん(鈴木康雄)

「そこのみにて光輝く」「きみはいい子」などで国内外から高く評価されてきた呉美保監督が9年ぶりに長編映画のメガホンをとり、作家・エッセイストの五十嵐大による自伝的エッセイ「ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと」を映画化。「キングダム」シリーズの吉沢亮が主演を務め、きこえない母ときこえる息子が織りなす物語を繊細なタッチで描く。

宮城県の小さな港町。耳のきこえない両親のもとで愛情を受けて育った五十嵐大にとって、幼い頃は母の“通訳”をすることもふつうの日常だった。しかし成長するとともに、周囲から特別視されることに戸惑いやいら立ちを感じるようになり、母の明るさすら疎ましくなっていく。複雑な心情を持て余したまま20歳になった大は逃げるように上京し、誰も自分の生い立ちを知らない大都会でアルバイト生活を始めるが……。

母役の忍足亜希子や父役の今井彰人をはじめ、ろう者の登場人物にはすべてろう者の俳優を起用。「正欲」の港岳彦が脚本を手がけた。

自叙伝であることの「強い説得力」に圧倒される。
ここ数年各国で、聾唖がテーマや、必然的に手話、という作品が高評価されているが、本作は十分日本代表として世に問える作品だ。
聾唖の俳優たちによる「飲み会」の飛び交う手話による会話に驚いた。これほど饒舌だったのだと。

| | コメント (0)

2024-185M 「ヒットマン」☆☆☆★

Shitman原題:Hit man
邦題:ヒットマン
時間:115分
公開:2024-09-13
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA
製作総指揮:スチュアート・フォード ザック・ギャレット ミゲル・A・パロス・Jr. シバニ・ラワット ジュリー・ゴールドスタイン ビッキー・パテル スティーブ・バーネット アラン・パウエル ジョン・スロス スコット・ブラウン
製作:マイク・ブリザード リチャード・リンクレイター グレン・パウエル ジェイソン・ベイトマン マイケル・コスティガン
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター グレン・パウエル
原作:スキップ・ホランズワース
撮影:シェーン・F・ケリー
音楽:グレアム・レイノルズ
出演:グレン・パウエル、アドリア・アルホナ、オースティン・アメリオ、レタ

「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイター監督と「トップガン マーヴェリック」のグレン・パウエルがタッグを組んだクライムコメディ。警察への捜査協力のため偽の殺し屋を演じていた大学教授が、殺しを依頼してきた女性と恋に落ちたことから運命を狂わせていく様を描いた。

ニューオーリンズで2匹の猫と静かに暮らすゲイリー・ジョンソンは大学で心理学と哲学を教える一方、地元警察に技術スタッフとして協力していた。ある日、おとり捜査で殺し屋役となるはずの警官が職務停止となり、ゲイリーが急きょ代わりを務めることに。さまざまな姿や人格になりきる才能を思いがけず発揮したゲイリーは、その後も偽の殺し屋を演じて警察の捜査に協力する。そんなある時、マディソンという女性が夫の殺害を依頼してくるが、支配的な夫との生活に傷つき、追い詰められた様子の彼女に、ゲイリーは思わず手を差し伸べる。この出会いで2人は恋に落ちるが、後日、マディソンの夫が何者かに殺害され……。

1990年代に偽の殺し屋として警察のおとり捜査に協力していた人物の実話をもとにした作品で、主人公ゲイリー役のパウエルがリンクレイター監督とともに脚本も手がけた。マディソン役は「モービウス」のアドリア・アルホナ。

| | コメント (0)

2024-184M 「ビバリーヒルズ・コップ アクセル・フォーリー」☆☆☆★

Sbcop2024原題:Beverly Hills Cop: Axel F
邦題:ビバリーヒルズ・コップ アクセル・フォーリー
時間:117分
公開:2024-07-03
製作年度:2024
製作国:アメリカ
配給:Netflix
製作総指揮:レイ・アンジェリク シャリース・ヒューイット=ウェブスター メリッサ・リード ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ
製作:ジェリー・ブラッカイマー エディ・マーフィ チャド・オマン
監督:マーク・モロイ
脚本:ウィル・ビール トム・ゴーミカン ケビン・エッテン
原作:ウィル・ビール
撮影:エドゥ・グラウ
音楽:ローン・バルフェ
出演:エディ・マーフィ(アクセル・フォーリー)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ボビー)、テイラー・ペイジ、ケヴィン・ベーコン(ケイド)、ジャッジ・ラインホルド(ビリー)、ジョン・アシュトン(ジョン)、ポール・ライザー、ブロンソン・ピンチョット

エディ・マーフィ主演による大ヒットアクション映画「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズの30年ぶりの続編となる第4作。

かつて高級住宅街ビバリーヒルズで数々の難事件に挑んだデトロイト市警の型破りな刑事アクセル・フォーリーは、娘の命が危険にさらされたことから、新たな相棒と組んで事件を追うことに。時代の変化によって以前と同じような捜査ができないアクセルだったが、ビリー・ローズウッドやジョン・タガートら旧知の仲間たちの力を借りながら、持ち前の行動力と正義感で事件の真相を暴いていく。

アクセルの新たな相棒をジョセフ・ゴードン=レビットが演じ、テイラー・ペイジ、ケビン・ベーコンが共演。さらに、ビリー・ローズウッド役のジャッジ・ラインホルドやジョン・タガート役のジョン・アシュトンら過去作でおなじみのメンバーも集結した。シリーズ1作目と2作目を手がけたジェリー・ブラッカイマーがプロデューサーに名を連ね、「アクアマン」のウィル・ビールが脚本を担当。Netflixで2024年7月3日から配信。

このての「昔のブランド」の数十年ぶりの新作、てのは配信業者の定番になるかもしれない。

| | コメント (0)

« 2024年6月 | トップページ