« 2023-344M 「FEAST 狂宴」☆☆☆★ | トップページ | 2024-002M 「屋根裏のラジャー」☆☆☆★ »

2024-001M 「リトル・リチャード アイ・アム・エヴリシング」☆☆☆★★

Slittlerechard原題:Little Richard: I Am Everything
邦題:リトル・リチャード アイ・アム・エヴリシング
時間:101分
公開:2024-03-01
製作年度:2023
製作国:アメリカ
配給:キングレコード
製作総指揮:マイク・パワーズ ディー・リース アニタ・メイ・ローゼンスタイン ガス・ウェナー ジェイソン・ファイン エイミー・エンテリス コートニー・セクストン
製作:ロバート・フリードマン リサ・コルテス リズ・イェール・マーシュ カリン・カポトスト
監督:リサ・コルテス
脚本:
原作:
撮影:キース・ウォーカー グレアム・ウィロビー
音楽:タマール=カリ
出演:リトル・リチャード、ミック・ジャガー、トム・ジョーンズ、ナイル・ロジャース、ノナ・ヘンドリックス、ビリー・ポーター、ジョン・ウォーターズ

ロックンロールの創始者のひとり、リトル・リチャードの知られざる真実と素顔に迫ったドキュメンタリー。

1955年、デビュー曲「トゥッティ・フルッティ」の大ヒットで彗星のように音楽シーンに現れた黒人アーティスト、リトル・リチャード。反権力志向の若者たちの心をつかんでヒット曲を連発するも突然引退を宣言し、5年間にわたる“教会への回帰”を経て、復帰後はイギリスツアーを通じて無名時代のビートルズやローリング・ストーンズに決定的な影響を与えていく。当時のアメリカでは南部を中心に人種差別が激しく、さらに彼はゲイを公言する性的マイノリティーでもあり、陽気なキャラクターを演じつつも壊れやすい繊細な魂をもつ人物だった。

差別と偏見、時代と流行、信仰と音楽活動など、さまざまな狭間の中で苦悩し闘い抜いた彼の魂の軌跡を、本人および親族・関係者、識者の証言や豊富なアーカイブ映像、さらにミック・ジャガー、ポール・マッカートニーら著名ミュージシャンの証言映像を通してひも解いていく。

|

« 2023-344M 「FEAST 狂宴」☆☆☆★ | トップページ | 2024-002M 「屋根裏のラジャー」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2023-344M 「FEAST 狂宴」☆☆☆★ | トップページ | 2024-002M 「屋根裏のラジャー」☆☆☆★ »