« 2022-227M 「ザリガニの鳴くところ」☆☆☆★★ | トップページ | 2022-229M 「ベネデッタ」☆☆☆ »

2022-228M 「チケットトゥパラダイス」☆☆★★★

Stickettoparadaice原題:Ticket to Paradise
邦題:チケット・トゥ・パラダイス
時間:104分
公開:2022-11-03
製作年度:2022
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:ジョージ・クルーニー グラント・ヘスロフ ジュリア・ロバーツ リサ・ロバーツ・ギラン マリサ・イェレス・ギル アメリア・グレンジャー サラ=ジェーン・ロビンソン サム・トンプソン ジェニファー・コーンウェル
製作:ティム・ビーバン エリック・フェルナー サラ・ハーベイ デボラ・バルダーストーン
監督:オル・パーカー
脚本:オル・パーカー ダニエル・ピプスキ
原作:
撮影:オーレ・ブラット・バークランド
音楽:ローン・バルフェ
出演:ジョージ・クルーニー(デヴィッド)、ジュリア・ロバーツ(ジョージア)、ケイトリン・デヴァー(リリー)、マキシム・プティエ(グデ)、ビリー・ロード(レン)、リュカ・ブラヴォー(ポール)

「オーシャンズ」シリーズで夫婦役を演じたジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが再共演し、娘のスピード婚を止めようと奮闘する元夫婦を演じたロマンティックコメディ。

元夫婦のデヴィッドとジョージアは20年前に離婚して以来、必要に迫られて会うことがあっても、いつもいがみ合ってばかりいた。そんな2人の愛娘リリーがロースクールを卒業し、旅行でバリ島へ向かい、数日後に「現地の彼と結婚する」という連絡が入る。弁護士になる夢を捨てて会ったばかりの男と結婚するなどあってはならないと、自分たちと同じ過ちを繰り返してほしくないデヴィッドとジョージアは、現地へ赴き、娘の結婚阻止に向けて協力することになる。

監督は「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」のオル・パーカー。「ディア・エヴァン・ハンセン」のケイトリン・デバーが娘のリリーを演じ、リリーの恋人役に本作でハリウッドデビューを果たすマキシム・ブティエ、リリーの友人役に「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」のビリー・ロード。

僕の友人の某教授のバイブル『たそがれ流星群』なるものを連想させる予告がなんとも高齢者観客の意欲をそそる。昔の名前で出ています的な、ラブロマンスのスターが共演する、カビがはえたような焼けぼっくいに火が付く?大人のファンタジーなのだろう。という前提イメージで鑑賞。究極のハリウッド式の予定調和に酔いたい!という欲求を100%叶える内容で、納得の王道ラブコメ。

|

« 2022-227M 「ザリガニの鳴くところ」☆☆☆★★ | トップページ | 2022-229M 「ベネデッタ」☆☆☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-227M 「ザリガニの鳴くところ」☆☆☆★★ | トップページ | 2022-229M 「ベネデッタ」☆☆☆ »