« 2022-196M 「スペンサー ダイアナの決意」☆☆☆★ | トップページ | 2022-198M 「モリコーネ 映画が恋した音楽家」☆☆☆☆ »

2022-197M 「もっと超越した所へ。」☆☆☆★★

Smottochoetsu邦題:もっと超越した所へ。
時間:119分
公開:2022-10-14
製作年度:2022
製作国:日本
配給:ハピネットファントム・スタジオ
製作総指揮:
製作:中西一雄 小西啓介 石井毅 久保田修
監督:山岸聖太
脚本:根本宗子
原作:根本宗子
撮影:ナカムラユーキ
音楽:王舟
出演:前田敦子(岡崎真知子)、菊池風磨(朝井怜人)、伊藤万理華(安西美和)、オカモトレイジ(万城目泰造)、黒川芽以(北川七瀬)、三浦貴大(飯島慎太郎)、趣里(櫻井鈴)、千葉雄大(星川富)

劇作家の根本宗子が脚本・演出を手がけた2015年上演の同名舞台を、根本自ら脚本を担当して映画化。前田敦子が主演を務め、ダメ男を引き寄せる女たちの恋愛模様を描く。

2020年、デザイナーの真知子はバンドマン志望の怜人と、元子役でバラエティタレントの鈴はあざとかわいい男子の富と、金髪ギャルの美和はハイテンションなフリーターの泰造と、風俗嬢の七瀬はプライドの高い元子役の慎太郎と付き合っていた。それぞれ彼氏に不満を抱きながらも幸せな日々を過ごす彼女たちだったが、男たちは彼女に甘えて増長し、ついに別れの時がやって来る。

前田扮する真知子の彼氏・怜人を「Sexy Zone」の菊池風磨が演じ、「生きてるだけで、愛。」の趣里、「スマホを落としただけなのに」の千葉雄大、「サマーフィルムにのって」の伊藤万理華、ロックバンド「OKAMOTO’S」のオカモトレイジが共演。監督は「傷だらけの悪魔」の山岸聖太。
クライマックスセンテンスが演劇的すぎて、醒める。もっとほかの手法はなかったのか。そこまでが映画的リアルな空間だったものが、最後に瓦解して演劇的空間に転換する。これは、おそらくライブな舞台なら相当なカタルシスなのだろうが(「赤テント」の屋台崩しのように)、果たして映画ではどうだろうか。「田園に死す」(寺山修司監督)では新宿恐山の表現で成功はしていたが。

|

« 2022-196M 「スペンサー ダイアナの決意」☆☆☆★ | トップページ | 2022-198M 「モリコーネ 映画が恋した音楽家」☆☆☆☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画まやらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-196M 「スペンサー ダイアナの決意」☆☆☆★ | トップページ | 2022-198M 「モリコーネ 映画が恋した音楽家」☆☆☆☆ »