« 2022-193M 「泣いたり笑ったり」 | トップページ | 2022-195M 「KIMI サイバー・トラップ」☆☆☆★ »

2022-194M 「四畳半タイムマシンブルース」☆☆☆★★

Souhan邦題:四畳半タイムマシンブルース
時間:92分
公開:2022-09-30
製作年度:2022
製作国:日本
配給:KADOKAWA、アスミック・エース
製作総指揮:
製作:
監督:夏目真悟
脚本:上田誠
原作:森見登美彦、上田誠
撮影:伊藤ひかり 関谷能弘
音楽:大島ミチル
出演:浅沼晋太郎(「私」)、坂本真綾(明石さん)、吉野裕行(小津)、中井和哉(樋口師匠)、諏訪部順一(城ヶ崎先輩)、甲斐田裕子(羽貫さん)、佐藤せつじ(相島先輩)、本多力(田村くん)

森見登美彦のベストセラー小説「四畳半神話大系」と劇団ヨーロッパ企画の人気舞台「サマータイムマシン・ブルース」がコラボレーションした小説「四畳半タイムマシンブルース」をアニメ化。

大学生の「私」が暮らす、京都・左京区の古びた下宿「下鴨幽水荘」。ある夏の日、下鴨幽水荘で唯一のエアコンが使えなくなってしまう。悪友の小津が昨晩、エアコンを水没させてしまったのだ。「私」が映画サークル「みそぎ」の明石さんと対策を協議していると、田村という名の見知らぬ男子学生が現れる。田村は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。その話を聞いた「私」は、タイムマシンで昨日の夜に戻り、壊れる前のリモコンを持ってこようと考える。しかし、小津たちが勝手気ままに過去を改変してしまい……。

「私」役の浅沼晋太郎、明石さん役の坂本真綾、小津役の吉野裕行ら、2010年に放送されたテレビアニメ版「四畳半神話大系」のキャストが再結集。森見原作の「夜は短し歩けよ乙女」も手がけたサイエンスSARUがアニメーション制作を担当した。
うむ、見事に融合していた。

|

« 2022-193M 「泣いたり笑ったり」 | トップページ | 2022-195M 「KIMI サイバー・トラップ」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日本アニメ」カテゴリの記事

邦画まやらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-193M 「泣いたり笑ったり」 | トップページ | 2022-195M 「KIMI サイバー・トラップ」☆☆☆★ »