« 2022-143M 「魔女見習いをさがして」☆☆☆★ | トップページ | 2022-145M 「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」☆☆☆★★ »

2022-144M 「アプローズ、アプローズ! 囚人たちの大舞台」☆☆☆

Saprose原題:Un triomphe
邦題:アプローズ、アプローズ! 囚人たちの大舞台
時間:105分
公開:2022-07-29
製作年度:2020
製作国:フランス
配給:リアリーライクフィルムズ
製作総指揮:
製作:ダニー・ブーン ロベール・ゲディギャン
監督:エマニュエル・クールコル
脚本:エマニュエル・クールコル ティエリー・ド・カルボニエ
原作:
撮影:ヤン・マリトー
音楽:フレッド・アブリル
出演:カド・メラッド(エチエンヌ)、マリナ・ハンズ(アリアンヌ)、ワビレ・ナビエ(ムサ)、ソフィアン・カメス(カメル)、ダヴィッド・アヤラ(パトリック)、ピエール・ロタン(ジョルダン)、ラミネ・シソコ(アレックス)、アレクサンドル・メドベージェフ(ボイコ)

刑務所の囚人たちに演技を教えることになった俳優の奮闘を描いたフランス発のヒューマンドラマ。スウェーデンの俳優ヤン・ジョンソンの実体験をもとに、実在の刑務所で撮影を敢行した。売れない俳優エチエンヌは、刑務所の囚人たちを対象とした演技ワークショップの講師を依頼される。サミュエル・ベケットの戯曲「ゴドーを待ちながら」を演目に選んだ彼は、一癖も二癖もある囚人たちに演技を指導していく。エチエンヌの情熱はいつしか囚人たちや刑務所管理者の心を動かし、実現は困難とされていた刑務所外での公演にこぎつける。彼らの舞台は予想以上の好評を呼んで再演を重ねることになり、ついには大劇場パリ・オデオン座から最終公演のオファーが届く。「クイーンズ・オブ・フィールド」のカド・メラッドが主演を務め、「アルゴンヌ戦の落としもの」のエマニュエル・クールコルがメガホンをとった。2020年・第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション。

 

|

« 2022-143M 「魔女見習いをさがして」☆☆☆★ | トップページ | 2022-145M 「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-143M 「魔女見習いをさがして」☆☆☆★ | トップページ | 2022-145M 「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」☆☆☆★★ »