« 2022-134M 「キャメラを止めるな!」☆☆☆★ | トップページ | 2022-136M 「クリーン ある殺し屋の献身」☆☆☆ »

2022-135M 「オルガの翼」☆☆☆

Soruganotubasa原題:Olga
邦題:オルガの翼
時間:90分
公開:2022-09-03
製作年度:2021
製作国:フランス・スイス・ウクライナ
配給:パンドラ
製作総指揮:
製作:トム・デルクール
監督:エリ・グラップ
脚本:エリ・グラップ ラファエル・デプレシャン
原作:
撮影:
音楽:
出演:アナスタシア・ブジャシキナ、サブリナ・ルフツォワ

ウクライナのユーロマイダン革命を背景に、生きるため祖国を去った体操選手の少女が自らの運命を切り拓いていく姿を描いたドラマ。2013年、キーウ。15歳の体操選手オルガは欧州選手権出場を目指し練習に励んでいたが、ヤヌコービチ大統領の汚職を追及するジャーナリストの母とともに何者かに命を狙われ、ウクライナを離れることに。父の故郷であるスイスのナショナルチームに入った彼女は、変わり果てていく故郷の様子をSNSを通じて目撃する。家族や友人が傷つく姿を遠くから見ることしかできない中、オルガ自身は欧州選手権出場のためウクライナの市民権を手放さなければならず……。欧州選手権出場歴のある現役アスリートの主演アナスタシア・ブジャシキナをはじめ、選手役のキャストにはプロのアスリートたちを起用。マイダン革命の映像は、実際にデモ参加者がスマートフォンで撮影したものを使用した。スイス出身のエリ・グラップが監督・脚本を手がけ、初長編作品にしてカンヌ国際映画祭SACD賞を受賞。
 
 2014年のマイダン革命で、ヤヌコーヴィッチ大統領追放にむかうウクライナのキーウから、スイスに体操亡命したオルガが主人公。キーウの惨状とともに彼女のアスリートとしての葛藤が描かれていく。しかし、本作が製作されている時は、まさかロシアの侵略が現実のものになるとは思われなかっただろう。クライマックスは、マイダン革命が成って民主化を手にした後の2020年、ウクライナの平和な風景が描写される。映画完成の2年後に、侵略軍に蹂躙されるとは。

|

« 2022-134M 「キャメラを止めるな!」☆☆☆★ | トップページ | 2022-136M 「クリーン ある殺し屋の献身」☆☆☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-134M 「キャメラを止めるな!」☆☆☆★ | トップページ | 2022-136M 「クリーン ある殺し屋の献身」☆☆☆ »