« 2022-084M 「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」☆☆☆★ | トップページ | 2022-086m「流浪の月」☆☆☆★★ »

2022-085M 「魂のまなざし」☆☆☆★

Stamashiinomanazashi原題:Helene
邦題:魂のまなざし
時間:122分
公開:2022-07-15
製作年度:2020
製作国:フィンランド・エストニア
配給:オンリー・ハーツ
製作総指揮:
製作:
監督:アンティ・ヨキネン
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:ラウラ・ビルン、ヨハンネス・ホロパイネン、クリスタ・コソネン、エーロ・アホ、ピルッコ・サイシオ、ヤルッコ・ラフティ

モダニズムを代表する画家のひとりとして近年、世界的に注目を集めるフィンランドの画家ヘレン・シャルフベックを描いた伝記映画。1862年に生まれ1946年に没した彼女の生涯のうち、その後の画業と人生を決定づけた1915年から1923年の8年間の時代を描いた。1915年、高齢の母親とともに田舎で暮らす画家のヘレン・シャルフベックは、世間からはすでに忘れられた存在だったが、湧き出る情熱のために絵を描き続けていた。そんな彼女のもとに、ある画商が訪ねてきたことから、運命は大きく転換する。画商はヘレンが描きためていた159点の作品を見いだし、大きな個展開催に向けて動き出す。そして、画商が紹介した19歳年下の青年エイナル・ロイターとの出会いが、ヘレンの人生にさらなる転機をもたらす。抑圧的な家庭や男性優位の社会にも臆さず、名誉よりも内からあふれ出る情熱に従う画家の姿を、北欧の美しい自然や街並みとともに描く。主人公ヘレン・シャルフベック役は「ファブリックの女王」などに出演したラウラ・ビルン。

|

« 2022-084M 「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」☆☆☆★ | トップページ | 2022-086m「流浪の月」☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-084M 「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」☆☆☆★ | トップページ | 2022-086m「流浪の月」☆☆☆★★ »