« 2022-085M 「魂のまなざし」☆☆☆★ | トップページ | 2022-087M 「シン・ウルトラマン」☆☆☆ »

2022-086m「流浪の月」☆☆☆★★

Srurohnotuki邦題:流浪の月
時間:150分
公開:2022-05-13
製作年度:2022
製作国:日本
配給:ギャガ
製作総指揮:宇野康秀
製作:依田巽,森田篤
監督:李相日
脚本:李相日
原作:凪良ゆう
撮影:ホン・ギョンピョ
音楽:原摩利彦
出演:広瀬すず(家内更紗)、松坂桃李(佐伯文)、横浜流星(中瀬亮)、多部未華子(谷あゆみ)、趣里(安西佳菜子)、三浦貴大(湯村店長)、白鳥玉季(10歳時の更紗)、増田光桜(安西梨花)、内田也哉子(佐伯音葉)、柄本明(阿方)

2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうのベストセラー小説を、「怒り」の李相日監督が広瀬すずと松坂桃李の主演で映画化。ある日の夕方、雨の公園でびしょ濡れになっていた10歳の少女・家内更紗に、19歳の大学生・佐伯文が傘をさしかける。伯母に引き取られて暮らす更紗は家に帰りたがらず、文は彼女を自宅に連れて帰る。更紗はそのまま2カ月を文の部屋で過ごし、やがて文は更紗を誘拐した罪で逮捕される。“被害女児”とその“加害者”という烙印を背負って生きることとなった更紗と文は、事件から15年後に再会するが……。更紗の現在の恋人・中瀬亮を横浜流星、心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じる。「パラサイト 半地下の家族」のホン・ギョンピョが撮影監督を担当。
原作を刊行当時読んでいる作品の映画化。USENの宇野康秀氏が自身の製作会社で制作、そして依田巽氏のギャガが配給。六本木の有線ギャガ時代の豪華すぎる天空の試写室に、思いを馳せる。時間は、甘美で残酷で、その激流はすべてを漂白していく。
広瀬すずを見つめる2時間。ヒロインの子供時代の少女も存在感があって良い。李相日監督は、うまい。

|

« 2022-085M 「魂のまなざし」☆☆☆★ | トップページ | 2022-087M 「シン・ウルトラマン」☆☆☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画まやらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-085M 「魂のまなざし」☆☆☆★ | トップページ | 2022-087M 「シン・ウルトラマン」☆☆☆ »