« 2022-029M 「355」☆☆☆ | トップページ | 2022-031M 「ツユクサ」☆☆☆★★ »

2022-030M 「ウエスト・サイド・ストーリー」☆☆☆★★★

Swss2022原題:West Side Story
邦題:ウエスト・サイド・ストーリー
時間:157分
公開:2022-02-11
製作年度:2021
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
製作総指揮:リタ・モレノ ダニエル・ルピ アダム・ソムナー トニー・クシュナー
製作:スティーブン・スピルバーグ クリスティ・マコスコ・クリーガー ケビン・マックコラム
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー
原作:アーサー・ローレンツ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:レナード・バーンスタイン
出演:アンセル・エルゴート(トニー)、レイチェル・ゼグラー(マリア)、アリアナ・デボーズ(アニータ)、マイク・フェイスト(リフ)、デヴィッド・アルヴァレス(ベルナルド)、リタ・モレノ(バレンティーナ)


スティーブン・スピルバーグ監督が、1961年にも映画化された名作ブロードウェイミュージカル「ウエスト・サイド物語」を再び映画化。1950年代のニューヨーク。マンハッタンのウエスト・サイドには、夢や成功を求めて世界中から多くの移民が集まっていた。社会の分断の中で差別や貧困に直面した若者たちは同胞の仲間と集団をつくり、各グループは対立しあう。特にポーランド系移民の「ジェッツ」とプエルトリコ系移民の「シャークス」は激しく敵対していた。そんな中、ジェッツの元リーダーであるトニーは、シャークスのリーダーの妹マリアと運命的な恋に落ちる。ふたりの禁断の愛は、多くの人々の運命を変えていく。「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートがトニー、オーディションで約3万人の中から選ばれた新星レイチェル・ゼグラーがマリアを演じ、61年版でアニタ役を演じたリタ・モレノも出演。「リンカーン」のトニー・クシュナーが脚本、現代アメリカのダンス界を牽引するジャスティン・ペックが振付を担当。2022年・第94回アカデミー賞では作品、監督賞ほか計7部門にノミネートされた。

日本では1961年に前作が公開された。というから60年前だ。結局、永遠に色褪せないのはシェイクスピアである。という結論だ。

 


 

|

« 2022-029M 「355」☆☆☆ | トップページ | 2022-031M 「ツユクサ」☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-029M 「355」☆☆☆ | トップページ | 2022-031M 「ツユクサ」☆☆☆★★ »