« 2022-025M 「愛すべき夫妻の秘密」☆☆☆★★ | トップページ | 2022-027M 「バーニング・ダウン 爆発都市」☆☆☆★★ »

2022-026M 「リアリティのダンス」☆☆☆★★★

Srearitydance原題:La danza de la realidad
邦題:リアリティのダンス
時間:130分
公開:2014-07-12
製作年度:2013
製作国:チリ・フランス
配給:アップリンク
製作総指揮:
製作:ミシェル・セドゥー モイゼス・コシオ アレハンドロ・ホドロフスキー
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:ジャン=マリー・ドルージェ
音楽:アダン・ホドロフスキー
出演:ブロンティス・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、イェレミアス・ハースコヴィッツ、アレハンドロ・ホドロフスキー、バスティアン・ボーデンホーファー、アンドレス・コックス、アダン・ホドロフスキー、クリストバル・ホドロフスキー

1970年代に発表した「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」などでカルト的人気を誇るアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、「The Rainbow Thief」(93/日本未公開)以来23年ぶりに手がけた監督作。自伝「リアリティのダンス」(文遊社刊)を自ら映画化し、1920年代の軍事政権下にあったチリの田舎町を舞台に、幼少期のホドロフスキーと権威的な父親、息子を自身の父親の生まれ変わりだと信じるオペラ歌手の母親との暮らしや、ロシア系ユダヤ人であるがゆえに学校でいじめられて苦しんだ逸話などを、チリの鮮やかな風景と、現実と空想が交錯した幻想的な映像で描く。
公開当初話題になったのだろうか。寺山修司との相似形であることに。自らのルーツを偽悪的に見世物小屋的に描き、その因習たる血の彷徨を魂のロードムービーに描いていく。さまざまな家的なものの呪縛から、育った故郷を捨てて大人への門をくぐっていくクライマックス。くりかえし寺山が商業映画で(実験映画ではなく)描いたモチーフでもある。

|

« 2022-025M 「愛すべき夫妻の秘密」☆☆☆★★ | トップページ | 2022-027M 「バーニング・ダウン 爆発都市」☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-025M 「愛すべき夫妻の秘密」☆☆☆★★ | トップページ | 2022-027M 「バーニング・ダウン 爆発都市」☆☆☆★★ »