« 2021-234M 「ちょっと思い出しただけ」☆☆☆★★ | トップページ | 2021-236M 「ハウス・オブ・グッチ」☆☆☆★★★ »

2021-235M 「老後の資金がありません!」☆☆☆★

Srohgonoshikingaarimasen邦題:老後の資金がありません!
時間:115分
公開:2021-10-30
製作年度:2021
製作国:日本
配給:東映
製作総指揮:
製作:平野隆
監督:前田哲
脚本:斉藤ひろし
原作:垣谷美雨
撮影:佐光朗
音楽:富貴晴美
出演:天海祐希(後藤篤子)、松重豊(後藤章)、新川優愛(後藤まゆみ)、瀬戸利樹(後藤勇人)、加藤諒(松平琢磨)、柴田理恵(神田サツキ)、石井正則(桜井秀典)、若村麻由美(桜井志津子)、友近(本間)、クリス松村(城ケ崎君彦)、高橋メアリージュン(レイナ)、佐々木健介(松平金造)、北斗晶(松平美和)、荻原博子(荻原博子)、竜雷太(太平)、藤田弓子(波子)、哀川翔(天馬)、毒蝮三太夫(大泉健三)、三谷幸喜(森口)、草笛光子(後藤芳乃)

垣谷美雨の同名ベストセラー小説を「狗神」(2001)以来20年ぶりとなる天海祐希の単独主演作として映画化。家計に無頓着な夫の章、フリーターの娘まゆみ、大学生の息子・勇人と暮らす平凡な主婦・後藤篤子は、あこがれのブランドバッグも我慢して、夫の給料と彼女がパートで稼いだお金をやり繰りし、コツコツと老後の資金を貯めてきた。しかし、亡くなった舅(しゅうと)の葬式代、パートの突然の解雇、娘の結婚相手が地方実業家の御曹司で豪華な結婚式を折半で負担、さらには夫の会社が倒産と、節約して貯めた老後の資金を目減りさせる出来事が次々と降りかかる。そんな中、章の妹・志津子とのやりとりの中で、篤子は夫の母・芳乃を引き取ることを口走ってしまう。芳乃を加えた生活がスタートするが、芳乃の奔放なお金の使い方で予期せぬ出費がかさみ、篤子はさらなる窮地に立たされてしまう。監督は「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の前田哲。
鑑賞予定ではなかったが、時間が余ったので。三谷幸喜のシーンが抱腹絶倒。SKD草笛とヅカ天海のクライマックスのデュエットが素敵。結末のまとめ方は楽天的すぎるので嫌。

|

« 2021-234M 「ちょっと思い出しただけ」☆☆☆★★ | トップページ | 2021-236M 「ハウス・オブ・グッチ」☆☆☆★★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画まやらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2021-234M 「ちょっと思い出しただけ」☆☆☆★★ | トップページ | 2021-236M 「ハウス・オブ・グッチ」☆☆☆★★★ »