« 2021-154M 「時をかける少女(2006)」 | トップページ | 2021-156M 「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」☆☆☆★★ »

2021-155M 「明日に向かって笑え!」☆☆☆★

Sasunimukatteware原題:La odisea de los Giles
邦題:明日に向かって笑え!
時間:116分
公開:2021-08-06
製作年度:2019
製作国:アルゼンチン
配給:ギャガ
製作総指揮:ハビエル・ブリア
製作:ウーゴ・シグマン リカルド・ダリン マティアス・モステイリン チノ・ダリン フェデリコ・ポステルナク レティシア・クリスティ フェルナンド・ボバイラ シモン・デ・サンティアゴ
監督:セバスティアン・ボレンステイン
脚本:セバスティアン・ボレンステイン エドゥアルド・サチェリ
原作:エドゥアルド・サチェリ
撮影:ロドリゴ・プルペイロ
音楽:フェデリコ・フシド
出演:リカルド・ダリン、ルイス・ブランドーニ、チノ・ダリン、ベロニカ・ジナス

アルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」の脚本家エドゥアルド・サチェリと主演リカルド・ダリンが再タッグを組み、金融危機のおかげで夢も財産も奪われた小さな町の人々の奇想天外な復讐計画を描いた痛快ヒューマンドラマ。2001年、アルゼンチンの寂れた田舎町。元サッカー選手のフェルミンら住民たちは、放置されていた農業施設を復活させるため、貯金を出し合うことに。しかしその金を銀行に預けた翌日、金融危機で預金が凍結されてしまう。しかもこの状況を悪用した銀行と弁護士に預金を騙し取られ、住民たちは一文無しに。奪われた夢と財産を取り戻すべく、驚きの作戦を練る彼らだったが……。リカルド・ダリンの息子で、「永遠に僕のもの」で知られるチノ・ダリンが出演し、父子共演を果たした。
原題は『発電所の夜』という思いっきりネタバレなタイトル。とはいえ、今ひとつな邦題。いろいろ内容への思いも感じるが、余計に意味不明になってる。集団強盗計画モノとさては一見の価値あり。小品だけどね。あの秘書の最初のお断りが謎。ストレートにフリーにすりゃいいのに。オーシャンズ11は言い過ぎ。

|

« 2021-154M 「時をかける少女(2006)」 | トップページ | 2021-156M 「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2021-154M 「時をかける少女(2006)」 | トップページ | 2021-156M 「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」☆☆☆★★ »