« 2021-085M 「街の上で」☆☆☆★ | トップページ | 2021-087M 「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」☆☆☆★★★ »

2021-086M 「プロミシング・ヤング・ウーマン」☆☆☆★★

Spromissingyoungwoman原題:Promising Young Woman
邦題:プロミシング・ヤング・ウーマン
時間:113分
公開:2021-07-16
製作年度:2020
製作国:アメリカ
配給:パルコ
製作総指揮:キャリー・マリガン グレン・バスナー アリソン・コーエン ミラン・ポペルカ
製作:マーゴット・ロビー ジョージー・マクナマラ トム・アッカーリー ベン・ブラウニング アシュリー・フォックス エメラルド・フェネル
監督:エメラルド・フェネル
脚本:エメラルド・フェネル
原作:
撮影:ベンジャミン・クラカン
音楽:アンソニー・ウィリス
出演:キャリー・マリガン、ボー・バーナム、ラヴァーン・コックス、アリソン・ブリー
Netflixオリジナルシリーズ「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子の妻カミラ夫人役を演じ、テレビシリーズ「キリング・イヴ Killing Eve」では製作総指揮や脚本を担当するなど、俳優・クリエイターとして幅広く活躍するエメラルド・フェネルが、自身のオリジナル脚本でメガホンをとった長編映画監督デビュー作。ごく平凡な生活を送っているかに見える女性キャシー。実はとてつもなく切れ者でクレバーな彼女には、周囲の知らないもうひとつの顔があり、夜ごと外出する謎めいた行動の裏には、ある目的があった。明るい未来を約束された若い女性(=プロミシング・ヤング・ウーマン)だと誰もが信じていた主人公キャシーが、ある不可解な事件によって約束された未来をふいに奪われたことから、復讐を企てる姿を描く。主人公キャシーを「17歳の肖像」「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンが演じ、「スキャンダル」「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」や「スーサイド・スクワッド」で知られる女優マーゴット・ロビーが製作を務めている。2021年・第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など5部門にノミネートされた。

|

« 2021-085M 「街の上で」☆☆☆★ | トップページ | 2021-087M 「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」☆☆☆★★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2021-085M 「街の上で」☆☆☆★ | トップページ | 2021-087M 「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」☆☆☆★★★ »