« 2020-218M 「ニューヨーク 親切なロシア料理店」☆☆☆★★ | トップページ | 2020-220M 「ヘルムート・ニュートンと12人の女たち」☆☆☆★ »

2020-219M 「家なき子 希望の歌声」☆☆☆★

Sienakiko原題:Remi sans famille
邦題:家なき子 希望の歌声
時間:109分
公開:2020-11-20
製作年度:2018
製作国:フランス
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
製作総指揮:
製作:エリック・ジュエルマン フィリップ・ルスレ
監督:アントワーヌ・ブロシエ
脚本:アントワーヌ・ブロシエ
原作:エクトール・マロー
撮影:ロマン・ラクールバ
音楽:ロマリック・ローレンス
出演:マローム・パカン(レミ)、ダニエル・オートゥイユ(ヴィタリス)、ジャック・ペラン(壮年期レミ)、ヴィルジニー・ルドワイヤン(ハーパー夫人)、リュディヴィーヌ・サニエ(バルブラン夫人)、ジョナサン・ザッカイ(ジェローム・バルブラン)、アルバン・マソン(リーズ)、ニコラス・ロウ(ジェームズ・ミリガン)

 

日本でも3度アニメ化されたフランスの名作児童文学「家なき子」を実写映画化。南フランスの農村で暮らす11歳の少年レミは、優しい母と貧しいながらも幸せな毎日を送っていた。そんなある日、長い間パリへ出稼ぎに出ていた義父により、レミは旅芸人の親方ヴィタリスに売り飛ばされてしまう。情の深い親方に歌の才能を見いだされたレミは、犬のカピや猿のジョリクールと親交を深めながら、ひたむきに旅を続けていく。オーディションで選出されたマロム・パキンが主人公レミを演じ、美しい歌声も披露。「隠された記憶」のダニエル・オートゥイユ、「8人の女たち」のリュディビーヌ・サニエ、「ニュー・シネマ・パラダイス」のジャック・ペランが脇を固める。

 

|

« 2020-218M 「ニューヨーク 親切なロシア料理店」☆☆☆★★ | トップページ | 2020-220M 「ヘルムート・ニュートンと12人の女たち」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020-218M 「ニューヨーク 親切なロシア料理店」☆☆☆★★ | トップページ | 2020-220M 「ヘルムート・ニュートンと12人の女たち」☆☆☆★ »