« 2020-116M 「劇場」☆☆☆★ | トップページ | 2020-118M 「バルーン 奇蹟の脱出飛行」☆☆☆★ »

2020-117M 「ぶあいそうな手紙」☆☆☆★

Sbuaisou原題:Aos olhos by Ernesto
邦題:ぶあいそうな手紙
時間:123分
公開:2020-07-18
製作年度:2019
製作国:ブラジル
配給:ムヴィオラ
製作総指揮:ノラ・グラール
製作:
監督:アナ・ルイーザ・アゼベード
脚本:アナ・ルイーザ・アゼベード ジョルジ・フルタード セネル・パス
原作:
撮影:グラウコ・フィルポ
音楽:レオ・ヘンキン
出演:ホルヘ・ボラーニ(エルネスト)、ガブリエラ・ポエステル(ビア)、ジュリオ・アンドラーヂ(ラミロ)、ホルヘ・デリア(ハビエル)、グロリア・デマシ(ルシア)、アウレア・バチスタ(クリスティナ)、マルコス・コントレーラス(グスタボ)

手紙の代読と代筆を通して交流を深めていく老人と娘の姿を、おかしくも温かく描いたブラジル発のハートウォーミングストーリー。ブラジル南部のポルトアレグレに暮らす78歳のエルネスト。隣国ウルグアイからブラジルにやって来て46年になるエルネストは、頑固で融通がきかず、うんちく好きの独居老人だ。老境を迎え、視力をほとんど失ってしまったため大好きな読書もままならなくなってしまった彼のもとに一通の手紙が届く。手紙の差出人はウルグアイ時代の友人の妻だった。手紙が読めないエルネストは、偶然知り合ったブラジル娘のビアに手紙を読んでくれるように頼む。手紙の代読と手紙の代筆のため、ビアがエルネストの部屋に出入りするようになるが……。主人公エルネスト役をウルグアイ映画「ウィスキー」に主演した名優ホルヘ・ボラーニが演じる。ブラジル・サンパウロ国際映画祭批評家賞、ウルグアイ・プンタデルエステ国際映画祭では観客賞と最優秀男優賞を受賞。

|

« 2020-116M 「劇場」☆☆☆★ | トップページ | 2020-118M 「バルーン 奇蹟の脱出飛行」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020-116M 「劇場」☆☆☆★ | トップページ | 2020-118M 「バルーン 奇蹟の脱出飛行」☆☆☆★ »