« 2020-117M 「ぶあいそうな手紙」☆☆☆★ | トップページ | 2020-119M 「リトル・ジョー」☆☆☆★ »

2020-118M 「バルーン 奇蹟の脱出飛行」☆☆☆★

Sbaroon原題:Ballon
邦題:バルーン 奇蹟の脱出飛行
時間:125分
公開:2020-07-10
製作年度:2018
製作国:ドイツ
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ
監督:ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ
脚本:キット・ホプキンス ティロ・レーシャイゼン ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ
原作:
撮影:トルステン・ブロイアー
音楽:ラルフ・ヴェンゲンマイアー
出演:フリードリヒ・ミュッケ(ペーター・シュトレルツィク)、カロリーヌ・シュッヘ(ドリス・シュトレルツィク)、デヴィッド・クロス(ギュンター・ヴェッツェル)、アリシア・フォン・リットベルク(ペトラ・ヴェッツェル)、トーマス・クレッチマン(ザイデル中佐)

東西冷戦下の東ドイツを舞台に、手作りの熱気球で西ドイツへの亡命を目指す家族の脱出劇を、実話をもとに描いたサスペンスドラマ。1979年。東ドイツで抑圧された日常を送る電気技師ペーターとその家族は、手作りの熱気球で西ドイツを目指すが、国境まであと数百メートルの地点に不時着してしまう。準備に2年を費やした計画の失敗に落胆するペーターだったが、家族の後押しもあり、親友ギュンターの家族も巻き込んで新たな気球作りに着手する。ギュンターが兵役を控えているため、決行までのタイムリミットはわずか6週間。不眠不休の作業を続ける彼らに、秘密警察の捜査の手が迫る。出演は「ルートヴィヒ」のフリードリヒ・ミッケ、「愛を読むひと」のデビッド・クロス、「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマン。「小さなバイキング ビッケ」のミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ監督がメガホンをとった。

|

« 2020-117M 「ぶあいそうな手紙」☆☆☆★ | トップページ | 2020-119M 「リトル・ジョー」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020-117M 「ぶあいそうな手紙」☆☆☆★ | トップページ | 2020-119M 「リトル・ジョー」☆☆☆★ »