« 2020-093M 「ファイナル・カット」☆☆☆★ | トップページ | 2020-095M 「今宵、212号室で」☆☆☆ »

2020-094M 「ペイン・アンド・グローリー」☆☆☆★★

Sdolorygloria原題:Dolor y gloria
邦題:ペイン・アンド・グローリー
時間:113分
公開:2020-06-19
製作年度:2019
製作国:スペイン
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:ペドロ・アルモドバル
製作:アグスティン・アルモドバル
監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
原作:
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
音楽:アルベルト・イグレシアス
出演:アントニオ・バンデラス(サルバドール)、アシエル・エチェアンディア(アルベルト)、レオナルド・スバラーリャ(フェデリコ)、ノラ・ナバス(メルセデス)、フリエタ・セラーノ(年老いたハシンタ)、セザール・ヴィセンテ(エデュアルド)、アシエル・フローレス(子供時代のサルバドール)、ペネロペ・クルス(若いころのハシンタ)、セシリア・ロス(スレマ)、スシ・サンチェス(敬虔な女性)、ラウール・アレバロ(ヴェナンシオ)、ペドロ・カサブランク(ドクター・ガリンド)、フリアン・ロペス(撮影監督)、ロザリア(ロザリア)

スペインの名匠ペドロ・アルモドバルが長年にわたってタッグを組んできたアントニオ・バンデラスを主演に迎え、自伝的要素を織り交ぜつつ描いた人間ドラマ。世界的な映画監督サルバドールは、脊椎の痛みから生きがいを見いだせなくなり、心身ともに疲れ果てていた。引退同然の生活を送る彼は、幼少時代と母親、その頃に移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局など、自身の過去を回想するように。そんな彼のもとに、32年前に手がけた作品の上映依頼が届く。思わぬ再会が、心を閉ざしていたサルバドールを過去へと翻らせていく。バンデラスが主人公の映画監督を繊細に演じ、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞。第92回アカデミー賞でも主演男優賞、国際長編映画賞にノミネートされた。アルモドバル作品のミューズ、ペネロペ・クルスが家族を明るく支える母親を演じる。

 アルモドバルが20年前の「オール・アバウト・マイ・マザー」へ回帰していく。おずおずとカムアウトの声を大きくし、パンクロックのように叫んだ2010年代の狂乱が静まり、いまいちど<母>を描きなおすことを試みる。そして、それはラストカットの美しさと、静かに叫ぶ<作品>の再生の種明かしで、深く観客の心を震わせる。

 

|

« 2020-093M 「ファイナル・カット」☆☆☆★ | トップページ | 2020-095M 「今宵、212号室で」☆☆☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020-093M 「ファイナル・カット」☆☆☆★ | トップページ | 2020-095M 「今宵、212号室で」☆☆☆ »