« 2020-014M 「恐竜が教えてくれたこと」☆☆☆★ | トップページ | 2020-016M 「男と女 人生最良の日々」☆☆☆★★ »

2020-015M 「リチャード・ジュエル」☆☆☆★★

Joel原題:Richard Jewell
邦題:リチャード・ジュエル
時間:131分
公開:2020-01-17
製作年度:2019
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:
製作:クリント・イーストウッド ティム・ムーア ジェシカ・マイヤー ケビン・ミッシャー レオナルド・ディカプリオ ジェニファー・デイビソン ジョナ・ヒル
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ビリー・レイ
原作:マリー・ブレナー
撮影:イブ・ベランジェ
音楽:アルトゥロ・サンドバル
出演:ポール・ウォルター・ハウザー(リチャード・ジュエル)、サム・ロックウェル(ワトソン・ブライアント)、キャシー・ベイツ(ボビ・ジュエル)、ジョン・ハム(トム・ショウ)、オリヴィア・ワイルド(キャシー・スクラッグス)、ニナ・アリアンダ(ナディア・ライト)、イアン・ゴメス(ダン・ベネット)

 

「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッドが、1996年のアトランタ爆破テロ事件の真実を描いたサスペンスドラマ。96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。主人公リチャード・ジュエルを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のポール・ウォルター・ハウザー、母ボビを「ミザリー」のキャシー・ベイツ、弁護士ブライアントを「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルがそれぞれ演じる。

 

|

« 2020-014M 「恐竜が教えてくれたこと」☆☆☆★ | トップページ | 2020-016M 「男と女 人生最良の日々」☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020-014M 「恐竜が教えてくれたこと」☆☆☆★ | トップページ | 2020-016M 「男と女 人生最良の日々」☆☆☆★★ »