« 2019-108M 「パリに見出されたピアニスト」☆☆☆ | トップページ | 2019-110M 「ジョン・ウィック パラベラム」☆☆☆★★ »

2019-109M 「プライベート・ウォー」☆☆☆★★

Pribvatewar原題:A Private War
邦題:プライベート・ウォー
時間:110分
公開:2019-09-13
製作年度:2019
製作国:イギリス・アメリカ
配給:ポニーキャニオン
製作総指揮:エリック・リー、ジョナサン・ファーマン、ベス・コノ、A・J・ディックス、デビッド・ディナースタイン、ジェイソン・レスニック、ウィリアム・サドラー、ウェイン・マーク・ゴッドフリー、ロバート・ジョーンズ
製作:ベイジル・イバニク、マリッサ・マクマホン、マシュー・ジョージ、マシュー・ハイネマン、シャーリーズ・セロン
監督:マシュー・ハイネマン
脚本:アラッシュ・アメル
原作:マリエ・ブレンナー
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:H・スコット・サリナス
出演:ロザムンド・パイク(メリー・コルヴィン)、ジェイミー・ドーナン(ポール・コンロイ)、トム・ホランダー(ショーン・ライアン)、スタンリー・トゥッチ(トニー・ショウ)

レバノン内戦や湾岸戦争など世界中の戦地を取材した実在の女性記者メリー・コルヴィンの半生を、「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイク主演、「カルテル・ランド」「ラッカは静かに虐殺されている」など骨太なドキュメンタリーを手がけてきたマシュー・ハイネマンの初劇映画監督作品として映画化。イギリスのサンデー・タイムズ紙の戦争特派員として活躍するアメリカ人ジャーナリスト、メリー・コルビンは、2001年のスリランカ内戦取材中に銃撃戦に巻き込まれて、左目を失明してしまう。黒い眼帯を着用し、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみながらも、人びとの関心を世界の紛争地域に向けたいという彼女の思いは強まっていく。2012年、シリアの過酷な状況下にいる市民の現状を全世界に伝えるため、砲弾の音が鳴り響く中での過酷なライブ中継がスタートする。コルビン役をパイクが演じるほか、ジェイミー・ドーナン、トム・ホランダー、スタンリー・トゥッチらが脇を固める。

|

« 2019-108M 「パリに見出されたピアニスト」☆☆☆ | トップページ | 2019-110M 「ジョン・ウィック パラベラム」☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019-108M 「パリに見出されたピアニスト」☆☆☆ | トップページ | 2019-110M 「ジョン・ウィック パラベラム」☆☆☆★★ »