« 2019-080M 「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」☆☆☆★★★ | トップページ | 2019-082M 「三大怪獣 地球最大の決戦」☆☆☆ »

2019-081M 「X-MEN:ダーク・フェニックス」☆☆★★★

Xmendarkfenix原題:X-Men: Dark Phoenix 邦題:X-MEN:ダーク・フェニックス 時間:114分 公開:2019-06-21 製作年度:2019 製作国:アメリカ 配給:20世紀フォックス映画 製作総指揮: 製作:サイモン・キンバーグ、ハッチ・パーカー、ローレン・シュラー・ドナー、トッド・ハロウェル 監督:サイモン・キンバーグ 脚本:サイモン・キンバーグ 原作: 撮影: 音楽: 出演:ソフィー・ターナー(ジーン・グレイ/フェニックス)、ジェームズ・マカボイ(プロフェッサーX)、マイケル・ファスベンダー(マグニートー)、ジェニファー・ローレンス(ミスティーク)、ニコラス・ホルト(ビースト)、タイ・シェリダン(サイクロップス)、アレクサンドラ・シップ(ストーム)、コディ・スミット=マクフィー(ナイトクローラー)、エバン・ピーターズ(クイックシルバー)、ジェシカ・チャステイン(謎の女)、コタ・エバーハード(セレーネ)、アンドリュー・ステリン(レッド・ロータス) マーベルコミック原作の大ヒット作「X-MEN」シリーズの7作目で、原作コミックでも重要な作品として名高い「ダーク・フェニックス サーガ」を映画化。X-MENのリーダーであるプロフェッサーXの右腕として、メンバーからの信頼も厚い優等生のジーン・グレイだったが、ある宇宙ミッションでの事故をきっかけに、抑え込まれていたもうひとつの人格「ダーク・フェニックス」が解放されてしまう。ジーン自身にも制御不能なダーク・フェニックスは暴走をはじめ、地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れる。大ヒットテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で注目され、前作「X-MEN:アポカリプス」でジーン役に抜てきされたソフィー・ターナーが、今作でも再び同役を演じる。そのほか、プロフェッサーX役のジェームズ・マカボイ、マグニートー役のマイケル・ファスベンダー、ミスティーク役のジェニファー・ローレンスら、おなじみの豪華キャストが出演。これまでの「X-MEN」シリーズや「デッドプール」「LOGAN ローガン」などで製作や脚本を務めてきたサイモン・キンバーグがメガホンをとり、長編映画監督デビューを果たした。

|

« 2019-080M 「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」☆☆☆★★★ | トップページ | 2019-082M 「三大怪獣 地球最大の決戦」☆☆☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019-080M 「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」☆☆☆★★★ | トップページ | 2019-082M 「三大怪獣 地球最大の決戦」☆☆☆ »