« 2019-090M 「風をつかまえた少年」☆☆☆★ | トップページ | 2019-092M 「存在のない子供たち」☆☆☆★★★ »

2019-091M 「アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲」☆☆☆★★

Ironsky2019原題:Iron Sky The Coming Race
邦題:アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲
時間:93分
公開:2019-07-12
製作年度:2019
製作国:フィンランド・ドイツ・ベルギー
配給:ツイン
製作総指揮:
製作:
監督:ティモ・ブオレンソラ
脚本:ダラン・マッソン、ティモ・ブオレンソラ
原作:
撮影:
音楽:ライバッハ、トゥオマス・カンテリネン
出演:ララ・ロッシ(オビ)、ウラジミール・ブルラコフ、キット・デイル、ユリア・ディーツェ(レナーテ・リヒター)、ステファニー・ポール、トム・グリーン、ウド・キア

 

月の裏側に潜伏していたナチスが、UFOの大群を率いて地球を侵略するという大胆な設定で注目され、有志から資金を募って製作されたことでも話題を集めたSF映画「アイアン・スカイ」の7年ぶりとなる続編。月面ナチスの侵略を退けた人類だったが、その後、自ら引き起こした核戦争によって地球は荒廃。それから30年後、人々はナチスが建設した月面基地で生き延びていたが、月面基地のエネルギーが枯渇し、人類は絶滅の危機にあった。そんな状況に胸を痛めていた月面基地の機関士オビは、地球の深部には未開の世界「ロスト・ワールド」が広がっており、そこに新たなエネルギー資源があることを知り、仲間とともに「ロスト・ワールド」へと旅立つが……。前作を生み出したフィンランドのティモ・ボレンソラ監督が、今作でもクラウドファンディングでファンから資金を調達し、製作した。

 

7年も練り上げた?だけに狂気ぶりは前作を思いっきり凌ぐ。というより前作はワンイシュー・ワンアイデアを膨らませたものだったけど、新作はそのあたりの世界観が構築され終わっている前提で、そこにアイデアを盛り付けてあるのでなかなか見せる。もうムー的オタクな舞台とともに周辺のカルトな集団がもう腹筋崩壊。で、かなり次回作を作りたい!という最終カットまで満足させてくれる超C級SF作品。

 

|

« 2019-090M 「風をつかまえた少年」☆☆☆★ | トップページ | 2019-092M 「存在のない子供たち」☆☆☆★★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019-090M 「風をつかまえた少年」☆☆☆★ | トップページ | 2019-092M 「存在のない子供たち」☆☆☆★★★ »