« 2019-050M 「ROMA ローマ」☆☆☆★★★ | トップページ | 2019-052M 「長いお別れ」☆☆☆★★★ »

2019-051M 「誰もがそれを知っている」☆☆☆

Daredemosorewo原題:Todos lo saben
邦題:誰もがそれを知っている
時間:133分
公開:2019-06-01
製作年度:2018
製作国:スペイン・フランス・イタリア
配給:ロングライド
製作総指揮:
製作:アレクサンドル・マレ=ギィ、アルバロ・ロンゴリア
監督:アスガー・ファルハディ
脚本:アスガー・ファルハディ
原作:
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
音楽:ハビエル・リモン
出演:ペネロペ・クルス(ラウラ)、ハビエル・バルデム(パコ)、リカルド・ダリン(アレハンドロ)、エドゥアルド・フェルナンデス(フェルナンド)、バルバラ・レニー(ベア)、インマ・クエスタ(アナ)、エルビラ・ミンゲス(マリアナ)、ラモン・バレ(アアントニオ)

「別離」「セールスマン」でアカデミー外国語映画賞を2度受賞しているほか、カンヌやベルリンといった国際映画祭でも高い評価を受けているイランの名匠アスガー・ファルハディが、スペインの田舎町を舞台に全編スペイン語で撮り上げたミステリードラマ。主演をペネロペ・クルスとハビエル・バルデムが務め、実生活で夫婦の2人が共演した。アルゼンチンで夫と2人の子どもと暮らすラウラが、妹アナの結婚式に出席するため、故郷スペインの小さな村に子どもたちを連れて帰ってくる。地元でワイン農園を営む幼なじみのパコや家族と再会し、ともに喜ばしい日を迎えるラウラたちだったが、結婚式のアフターパーティのさなか、ラウラの娘イレーネが姿を消してしまう。やがて何者かから巨額の身代金を要求するメールが届き、イレーネが誘拐されたことが判明。それぞれが事件解決のために奔走するなかで、家族の間にも疑心暗鬼が広がり、長年に隠されていた秘密があらわになっていく。2018年・第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。
なんともテンポが悪く、登場人物がグズグズと右往左往しているだけに思える。おっと刈り込んだ脚本でああるべきでしょう。

|

« 2019-050M 「ROMA ローマ」☆☆☆★★★ | トップページ | 2019-052M 「長いお別れ」☆☆☆★★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019-050M 「ROMA ローマ」☆☆☆★★★ | トップページ | 2019-052M 「長いお別れ」☆☆☆★★★ »