« 2019-018M 「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」☆☆☆★ | トップページ | 2019-020M 「妻たちの落とし前」☆☆☆★ »

2019-019M 「おみおくりの作法」☆☆☆★★

Omiokuri 原題:Still Life
邦題:おみおくりの作法
時間:91分
公開:2015-01-24
製作年度:2013
製作国:イギリス・イタリア
配給:ビターズ・エンド
製作総指揮:
製作:ウベルト・パゾリーニ、フェリックス・ボッセン、クリストファー・サイモン
監督:ウベルト・パゾリーニ
脚本:ウベルト・パゾリーニ
原作:
撮影:ステファーノ・ファリベーネ
音楽:レイチェル・ポートマン
出演:エディ・マーサン(ジョン・メイ)、ジョアンヌ・フロガット(ケリー)、カレン・ドルーリー(メアリー)、アンドリュー・バカン(プラチェット氏)、キアラン・マッキンタイア(ジャンボ)、ニール・ディスーザ(シャクティ)、ポール・アンダーソン(ホームレスの男)、ティム・ポッター(ホームレスの男)
孤独死した人を弔う仕事をする民生係の男が、故人の人生を紐解き、新たな人々との出会いから、生きることとは何かを見つめ直していく姿を描いたイギリス製ヒューマンドラマ。「フル・モンティ」「パルーカヴィル」などのプロデューサーとして知られるウベルト・パゾリーニが監督・脚本を手がけ、「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」「戦火の馬」のエディ・マーサンが主演。人気ドラマ「ダウントン・アビー」のジョアンヌ・フロガットらが共演した。ロンドンに暮らすジョン・メイは、孤独死した人を弔う民生係として働いてきが、人員整理で解雇を言い渡され、自宅の真向かいに住むビリーの弔いが最後の案件になる。これまでも誠実に故人と向き合い、弔いをしてきたジョンだったが、最後の仕事にはいつも以上に熱心になり、故人を知る人を訪ね、葬儀に招く旅を経て、心の中に変化が生じていく。

|

« 2019-018M 「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」☆☆☆★ | トップページ | 2019-020M 「妻たちの落とし前」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019-019M 「おみおくりの作法」☆☆☆★★:

« 2019-018M 「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」☆☆☆★ | トップページ | 2019-020M 「妻たちの落とし前」☆☆☆★ »