« 2019-017M 「ペンギン・ハイウェイ」☆☆☆★★ | トップページ | 2019-019M 「おみおくりの作法」☆☆☆★★ »

2019-018M 「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」☆☆☆★

Hitopicaso 原題:Hitler contro Picasso e gli altri
邦題:ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ
時間:97分
公開:2019-04-19
製作年度:
製作国:イタリア・フランス・ドイツ
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:クラウディオ・ポリ
脚本:
原作:ディディ・ニョッキ
撮影:
音楽:
出演:トニ・セルビッロ
ナチスドイツにより奪われた美術品と、それに関わる人々の運命を描いたドキュメンタリー。1933年から45年にかけて、ナチスがヨーロッパ各地で略奪した美術品の総数は約60万点にものぼり、戦後70年以上が過ぎた現在でも10万点が行方不明と言われている。権力は芸術をも支配できると盲信するナチスによる美術史上最悪の略奪と、今なお続く奪還をめぐる戦いを、歴史家や美術研究家、関係者らの証言をもとに描き、ヒトラーの思想の背景と略奪品がたどった闇の美術史を浮かび上がらせていく。「グレート・ビューティー 追憶のローマ」などで知られるイタリアの名優トニ・セルビッロが案内人を務める。ベストセラー「怖い絵」シリーズの著者・中野京子が日本語字幕監修を担当。
ナチスに奪われた絵画についての作品では、贋作をナチスに渡した画商を描いた「ミケランジェロの暗号」や、美術品奪還を標的にした専門家軍団を組織したアメリカ軍を描いた「ミケランジェロ・プロジェクト」、逆にナチスに奪われた名画を取り戻す遺族の奮闘を描いた「黄金のアデーレ 名画の帰還」が記憶に新しい。そんな作品が生まれることになったのは、本作で語られたナチスによる芸術品強奪の実態である。

|

« 2019-017M 「ペンギン・ハイウェイ」☆☆☆★★ | トップページ | 2019-019M 「おみおくりの作法」☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019-018M 「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」☆☆☆★:

« 2019-017M 「ペンギン・ハイウェイ」☆☆☆★★ | トップページ | 2019-019M 「おみおくりの作法」☆☆☆★★ »