« 2019-014M 「シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下」☆☆☆☆ | トップページ | 2019-016M 「運び屋」☆☆☆★★★ »

2019-015M 「移動都市 モータル・エンジン」☆☆☆

Motaee 原題:Mortal Engines
邦題:移動都市 モータル・エンジン
時間:129分
公開:2019-03-01
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:フィリッパ・ボウエン、ケン・カミンズ
製作:ゼイン・ウェイナー、アマンダ・ウォーカー、デボラ・フォルテ、フラン・ウォルシュ、ピーター・ジャクソン
監督:クリスチャン・リバース
脚本:フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ピーター・ジャクソン
原作:フィリップ・リーブ
撮影:サイモン・ラビー
音楽:トム・ホルケンボルフ
出演:ヘラ・ヒルマー(ヘスター・ショウ)、ロバート・シーハン(トム・ナッツワーシー)、ヒューゴ・ウィービング(サディアス・ヴァレンタイン)、ジヘ(アナ・ファン)、ローナン・ラフテリー(ベヴィス)、レイア・ジョージ(キャサリン・ヴァレンタイン)、パトリック・マラハイド(マグナス・クローム)、スティーブン・ラング(シュライク)
フィリップ・リーブのファンタジー小説「移動都市」を「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン製作・脚本で映画化した冒険ファンタジー。最終戦争から数百年の時が過ぎ、わずか残された人類は地を這う移動型の都市で生活することを余儀なくされた。巨大移動都市ロンドンは、都市同士が捕食しあう弱肉強食の荒れ果てた地でその支配を拡大させ、小さな都市を捕食することで成長を続けていた。迫り来る巨大都市を前に、小さな都市と人びとが逃げるようにして絶望的な日々を送る中、1人の少女へスターが反撃ののろしを上げる。へスター役を「アンナ・カレーニナ」のヘラ・ヒルマー、へスターとともに冒険へと身を投じるトム役をプロデューサーとしても活躍するロバート・シーアンが演じるほか、ヒューゴ・ウィービング、スティーブン・ラングらが顔をそろえる。監督は「キング・コング」でアカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リバーズ。

|

« 2019-014M 「シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下」☆☆☆☆ | トップページ | 2019-016M 「運び屋」☆☆☆★★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019-015M 「移動都市 モータル・エンジン」☆☆☆:

« 2019-014M 「シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下」☆☆☆☆ | トップページ | 2019-016M 「運び屋」☆☆☆★★★ »