« 2018-186M 「マスカレード・ホテル」☆☆☆★ | トップページ | 2018-188M 「フォルトゥナの瞳」☆☆☆ »

2018-187M 「七つの会議」☆☆☆★★

Nanatunokaigi 邦題:七つの会議
時間:120分
公開:2019-02-01
製作年度:2019
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:伊與田英徳
監督:福澤克雄
脚本:丑尾健太郎、李正美
原作:池井戸潤
撮影:
音楽:服部隆之
出演:野村萬斎(八角民夫)、香川照之(北川誠)、及川光博(原島万二)、片岡愛之助(坂戸宣彦)、音尾琢真(三沢逸郎)、藤森慎吾(新田雄介)、朝倉あき(浜本優衣)、岡田浩暉(佐野健一郎)、木下ほうか(田部)、吉田羊(淑子)、土屋太鳳(三沢奈々子)、小泉孝太郎(奈倉翔平)、溝端淳平(星野)、春風亭昇太(飯山孝実)、立川談春(江木恒彦)、勝村政信(加茂田久司)、世良公則(村西京助)、鹿賀丈史(梨田元就)、橋爪功(宮野和広)、北大路欣也(徳山郁夫)
テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名企業犯罪小説を、野村萬斎主演で映画化。中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の八角民夫は、いわゆる「ぐうたら社員」。トップセールスマンで、八角の年下である課長の坂戸からは、そのなまけぶりを叱責され、営業部長・北川誠が進める結果主義の方針の下、部員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。そんなある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた原島が新しい課長として一課に着任するが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。八角役を自身初のサラリーマン役となる萬斎が演じ、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、立川談春、北大路欣也といった池井戸ドラマ常連俳優が顔をそろえる。監督は「陸王」「下町ロケット」「半沢直樹」など、一連の池井戸ドラマの演出を手がけた福澤克雄。

|

« 2018-186M 「マスカレード・ホテル」☆☆☆★ | トップページ | 2018-188M 「フォルトゥナの瞳」☆☆☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画たなは行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/67455400

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-187M 「七つの会議」☆☆☆★★:

« 2018-186M 「マスカレード・ホテル」☆☆☆★ | トップページ | 2018-188M 「フォルトゥナの瞳」☆☆☆ »