« 2018-182M 「来る」☆☆☆ | トップページ | 2018-183M 「クリード 炎の宿敵」☆☆☆★ »

2018-183M 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」☆☆☆★★

Fantbeast2018 原題:Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald
邦題:ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
時間:134分
公開:2018-11-23
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作総指揮:ティム・ルイス、ニール・ブレア、リック・セナト、ダニー・コーエン
製作:デビッド・ハイマン、J・K・ローリング、スティーブ・クローブス、ライオネル・ウィグラム
監督:デビッド・イェーツ
脚本:J・K・ローリング
原作:J・K・ローリング
撮影:フィリップ・ルースロ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、ジョニー・デップ(ゲラート・グリンデルバルド)、エズラ・ミラー(クリーデンス・ベアボーン)、ゾーイ・クラビッツ(リタ・レストレンジ)、カラム・ターナー(テセウス・スキャマンダー)、クローディア・キム(ナギニ)、ウィリアム・ナディラム(ユスフ・カーマ)、ブロンティス・ホドロフスキー(ニコラス・フラメル)、ケビン・ガスリー
大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当し、同シリーズと同じ魔法ワールドを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描いた「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」から続く物語。アメリカからイギリスに戻ってきたニュートは、アメリカ合衆国魔法議会が捕らえた強大な魔法使いグリンデルバルドが逃げ出したことを知る。恩師のダンブルドアから特命を受け、パリに向かったニュートは、仲間の魔法生物たちとともにグリンデンバルドの行方を追う。前作に続きデビッド・イェーツ監督がメガホンをとり、ニュート役の主演エディ・レッドメインほかメインキャストが続投。若き日のダンブルドア役をジュード・ロウが演じる。
広げる広げる!大風呂敷!さてあと何作品でこの物語が完結していくのだろうか。

|

« 2018-182M 「来る」☆☆☆ | トップページ | 2018-183M 「クリード 炎の宿敵」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/67431493

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-183M 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」☆☆☆★★:

« 2018-182M 「来る」☆☆☆ | トップページ | 2018-183M 「クリード 炎の宿敵」☆☆☆★ »