« 2018-167M 「ビブリア古書堂の事件手帖」☆☆☆ | トップページ | 2018-169M 「特捜部Q 檻の中の女」☆☆☆★ »

2018-168M 「ボヘミアン・ラプソディ」☆☆☆☆

Bohemian 原題:Bohemian Rhapsody
邦題:ボヘミアン・ラプソディ
時間:135分
公開:2018-11-09
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
製作総指揮:アーノン・ミルチャン、デニス・オサリバン、ジャスティン・ヘイザ、デクスター・フレッチャー、ジェーン・ローゼンタール
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ
監督:ブライアン・シンガー
脚本:アンソニー・マッカーテン
原作:アンソニー・マッカーテン、ピーター・モーガン
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
出演:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボーイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)
世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。

|

« 2018-167M 「ビブリア古書堂の事件手帖」☆☆☆ | トップページ | 2018-169M 「特捜部Q 檻の中の女」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/67362728

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-168M 「ボヘミアン・ラプソディ」☆☆☆☆:

« 2018-167M 「ビブリア古書堂の事件手帖」☆☆☆ | トップページ | 2018-169M 「特捜部Q 檻の中の女」☆☆☆★ »