« 2018-160M 「華氏119」☆☆☆★ | トップページ | 2018-162M 「ナチス第三の男」☆☆★★★ »

2018-161M 「現代やくざ 人斬り与太」☆☆☆★

Hitokiri 邦題:現代やくざ 人斬り与太
時間:92分
公開:1972-05-06
製作年度:1972
製作国:日本
配給:東映
製作総指揮:
製作:俊藤浩滋、吉田達、高村賢治
監督:深作欣二
脚本:石松愛弘、深作欣二
原作:
撮影:仲沢半次郎
音楽:津島利章
出演:菅原文太(沖田勇)、安藤昇(矢頭俊介)、渚まゆみ(君代)、小池朝雄(木崎)、三谷昇(谷口)
やくざ組織に挑戦する愚連隊と組織の中で巧みに泳ぐ二人の男を通して“暴力”のナマの姿を描く。技術的には、ノーライト、ノーレフ、手持ちカミラ、望遠レンズ一〇〇ミリを主体にし、また全篇四倍増感現像で粒子の荒れた画像を出している。脚本は「博徒斬り込み隊」の石松愛弘、監督は脚本も執筆している「軍旗はためく下に」の深作欣二。撮影は「喜劇 セックス攻防戦」の仲沢半次郎。

|

« 2018-160M 「華氏119」☆☆☆★ | トップページ | 2018-162M 「ナチス第三の男」☆☆★★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画あかさ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/67304791

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-161M 「現代やくざ 人斬り与太」☆☆☆★:

« 2018-160M 「華氏119」☆☆☆★ | トップページ | 2018-162M 「ナチス第三の男」☆☆★★★ »