« 2018-148M 「バルバラ セーヌの黒いバラ」☆☆★★★ | トップページ | 2018-150M 「バグダッド・スキャンダル」☆☆☆ »

2018-149M 「マダムのおかしな晩餐会」☆☆☆

Madam 原題:Madame
邦題:マダムのおかしな晩餐会
時間:91分
公開:2018-11-30
製作年度:2016
製作国:フランス
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:
製作:シリル・コルボー=ジュスタン、ジャン=バティスト・デュポン
監督:アマンダ・ステール
脚本:アマンダ・ステール、マシュー・ロビンス
原作:アマンダ・ステール
撮影:レジス・ブロンド
音楽:マチュー・ゴネ
出演:トニ・コレット(アン)、ハーベイ・カイテル(ボブ)、ロッシ・デ・パルマ(マリア)、マイケル・スマイリー、トム・ヒューズ、スタニスラス・メラール、ジョセフィーヌ・ドゥ・ラ・ボーム
オスカー女優トニ・コレット、「スモーク」「レザボア・ドッグス」などの名優ハーベイ・カイテル、ペドロ・アルモドバル監督作でおなじみのロッシ・デ・パルマと、個性的なキャストが顔をそろえたロマンティックコメディ。パリに越してきた裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人を豪華ディナーに招待する。しかし、手違いで出席者が不吉な13人となっていたことから、急きょスペイン人メイドのマリアが14人目の出席者としてディナーに参加することに。「ミステリアスなレディ」に仕立て上げられたマリアは、緊張のあまりワインを飲みすぎて下品なジョークを連発。しかし、場違いなはずのジョークが逆にウケてしまい、マリアは英国紳士から求愛されるハメになるが……。コレットとカイテルがアメリカ人夫婦役、デ・パルマがマリア役をそれぞれ演じる。監督は新鋭アマンダ・ステール。

|

« 2018-148M 「バルバラ セーヌの黒いバラ」☆☆★★★ | トップページ | 2018-150M 「バグダッド・スキャンダル」☆☆☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/67209371

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-149M 「マダムのおかしな晩餐会」☆☆☆:

« 2018-148M 「バルバラ セーヌの黒いバラ」☆☆★★★ | トップページ | 2018-150M 「バグダッド・スキャンダル」☆☆☆ »