« 2018-120M 「運命は躍る」☆☆☆★★ | トップページ | 2018-122M 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」☆☆☆★★★ »

2018-121M 「検察側の罪人」☆☆☆★★

Kensatugawa 邦題:検察側の罪人
時間:123分
公開:2018-08-24
製作年度:2018
製作国:日本
配給:東宝
製作総指揮:
製作:市川南
監督:原田眞人
脚本:原田眞人
原作:雫井脩介
撮影:柴主高秀
音楽:富貴晴美、土屋玲子
出演:木村拓哉(最上毅)、二宮和也(沖野啓一郎)、吉高由里子(橘沙穂)、平岳大(丹野和樹)、大倉孝二(弓岡嗣郎)、八嶋智人(小田島誠司)、音尾琢真(千鳥)、大場泰正(前川直之)、谷田歩(青戸公成)、酒向芳(松倉重生)、矢島健一(高島進)、キムラ緑子(桜子)、芦名星(運び屋の女)、山崎紘菜(最上奈々子)、松重豊(諏訪部利成)、山崎努(白川雄馬)
木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。

|

« 2018-120M 「運命は躍る」☆☆☆★★ | トップページ | 2018-122M 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」☆☆☆★★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画あかさ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/67012274

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-121M 「検察側の罪人」☆☆☆★★:

« 2018-120M 「運命は躍る」☆☆☆★★ | トップページ | 2018-122M 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」☆☆☆★★★ »