« 2018-117M 「皇帝ペンギン ただいま」☆☆☆★ | トップページ | 2018-119M 「コーヒーが冷めないうちに」☆☆☆★ »

2018-118M 「泣き虫しょったんの奇跡」☆☆☆★

Nakimusi 邦題:泣き虫しょったんの奇跡
時間:127分
公開:2018-09-07
製作年度:2018
製作国:日本
配給:東京テアトル
製作総指揮:
製作:
監督:豊田利晃
脚本:豊田利晃
原作:瀬川晶司
撮影:
音楽:照井利幸
出演:松田龍平(瀬川晶司)、野田洋次郎(鈴木悠野)、永山絢斗(新藤和正)、染谷将太(村田康平)、渋川清彦(山川孝)、駒木根隆介(畑中良一)、新井浩文(清又)、早乙女太一(加東大介)、妻夫木聡(冬野渡)、上白石萌音(真理子)、石橋静河(南咲子)、板尾創路(山口)、松たか子(鹿島澤佳子)、美保純(瀬川千香子)、イッセー尾形(工藤一男)、小林薫(藤田守)、國村隼(瀬川敏雄)、窪塚愛流(中学時代の晶司)、後藤奏祐人(中学時代の悠野)
「青い春」「ナイン・ソウルズ」「I'M FLASH!」などでタッグを組んできた豊田利晃監督と松田龍平が、棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説「泣き虫しょったんの奇跡」を映画化。おとなしくて何の取り柄もなかった「しょったん」こと瀬川晶司は、将棋で初めて周囲から認められたことをきっかけに棋士の道を目指す。ライバルや師匠との出会いを経て着々と実力をつけた彼は、プロ棋士の登竜門である奨励会に入会。しかし「26歳までに四段昇格できなければ退会」という規定へのプレッシャーに負け、退会を余儀なくされてしまう。大きな挫折を味わい絶望に打ちひしがれる晶司だったが、将棋を愛する気持ちや仲間たちに支えられ、再びプロ棋士を目指すべく立ち上がる。松田が主人公の瀬川晶司を演じ、共演にも永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子ら豪華キャストが集結。

|

« 2018-117M 「皇帝ペンギン ただいま」☆☆☆★ | トップページ | 2018-119M 「コーヒーが冷めないうちに」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画たなは行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/66978375

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-118M 「泣き虫しょったんの奇跡」☆☆☆★:

« 2018-117M 「皇帝ペンギン ただいま」☆☆☆★ | トップページ | 2018-119M 「コーヒーが冷めないうちに」☆☆☆★ »