« 2018-115M 「散り椿」☆☆☆★ | トップページ | 2018-117M 「皇帝ペンギン ただいま」☆☆☆★ »

2018-116M 「ジュラシック・ワールド 炎の王国」☆☆☆★★

Juraworld2018 原題:Jurassic World: Fallen Kingdom
邦題:ジュラシック・ワールド 炎の王国
時間:129分
公開:2018-07-13
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンザ
監督:J・A・バヨナ
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
原作:マイケル・クライトン
撮影:オスカル・ファウラ
音楽:マイケル・ジアッキノ
出演:クリス・プラット(オーウェン・グレイディ)、ブライス・ダラス・ハワード(クレア・ディアリング)、レイフ・スポール(イーライ・ミルズ)、ジャスティス・スミス(フランクリン・ウェブ)、ダニエラ・ピネダ(ジア・ロドリゲス)、ジェームズ・クロムウェル(ベンジャミン・ロックウッド)、トビー・ジョーンズ(エヴァーソル)、テッド・レビン(ケン・ウィートリー)、ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム)、B・D・ウォン(ヘンリー・ウー)、ジェラルディン・チャップリン(アイリス)、イザベラ・サーモン(メイジー・ロックウッド)
シリーズ14年ぶりの新作として2015年に公開され、記録的な大ヒットとなった「ジュラシック・ワールド」の続編。前作でハイブリッド恐竜のインドミナス・レックスとT-REXが激闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有したイスラ・ヌブラル島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うべく行動を開始するが、その矢先に島の火山で大噴火が発生する。恐竜と心を通わせるオーウェンを演じるクリス・プラット、クレア役のブラウス・ダラス・ハワードらメインキャストが続投。監督は前作のコリン・トレボロウに代わり、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」などで注目されたスペインの出身のJ・A・バヨナが新たに務める。

|

« 2018-115M 「散り椿」☆☆☆★ | トップページ | 2018-117M 「皇帝ペンギン ただいま」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/66956968

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-116M 「ジュラシック・ワールド 炎の王国」☆☆☆★★:

« 2018-115M 「散り椿」☆☆☆★ | トップページ | 2018-117M 「皇帝ペンギン ただいま」☆☆☆★ »