« 2018-102M 「未来のミライ」☆☆☆★★ | トップページ | 2018-104M 「告白小説、その結末」☆☆☆★ »

2018-103M 「追想」☆☆☆

Isou 原題:On Chesil Beach
邦題:追想
時間:110分
公開:2018-08-10
製作年度:2018
製作国:イギリス
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
製作総指揮:ジョー・オッペンハイマー、ベス・パッティンソン、ノーマン・メリー、ピーター・ハンプデン、イアン・マキューアン、トーステン・シューマッハー、ジギー・カマサ
製作:エリザベス・カールセン、スティーブン・ウーリー
監督:ドミニク・クック
脚本:イアン・マキューアン
原作:イアン・マキューアン
撮影:ショーン・ボビット
音楽:ダン・ジョーンズ
出演:シアーシャ・ローナン、ビリー・ハウル、アンヌ=マリー・ダフ、エイドリアン・スカーボロー、エミリー・ワトソン、サミュエル・ウェスト
「つぐない」「Jの悲劇」などの映画化作品でも知られるブッカー賞受賞作家イアン・マキューアンの小説「初夜」を、シアーシャ・ローナン主演で映画化した異色のラブストーリー。1960年代のイギリスを舞台に、海辺のホテルで新婚初夜を迎えた若い夫婦の心の機微を描いた。62年夏、結婚式を終えた歴史学者を目指すエドワードと若きバイオリニストのフローレンスは新婚旅行で、ドーセット州のチェジル・ビーチを訪れていた。ビーチ近くのホテルの部屋で食事をする新婚の2人は、初夜の興奮や歓喜、そして不安とさまざまな感情に襲われる。会話が緊迫してしまい、空気が気まずくなり、2人は口論を始めてしまう。ホテルを飛び出してしまったフローレンスをエドワードは追いかけるが……。「つぐない」でアカデミー賞にノミネートされ、同作が出世作となったローナンが、フローレンス役を演じた。監督はドラマ「嘆きの王冠 ホロウ・クラウン」など手がけ、本作が初の長編映画監督作となるドミニク・クック。
決定的に主演男優が悪い。ぎこちなさすぎる演技に醒める。お話は成田離婚。

|

« 2018-102M 「未来のミライ」☆☆☆★★ | トップページ | 2018-104M 「告白小説、その結末」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/66871313

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-103M 「追想」☆☆☆:

« 2018-102M 「未来のミライ」☆☆☆★★ | トップページ | 2018-104M 「告白小説、その結末」☆☆☆★ »