« 2018-093M 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」☆☆☆★ | トップページ | 2018-095M 「クワイエット・プレイス」☆☆☆★ »

2018-094M 「パシフィック・リム アップライジング」☆☆★★★

Pasificrimuprising 原題:Pacific Rim: Uprising
邦題:パシフィック・リム アップライジング
時間:111分
公開:2018-04-13
製作年度:2018
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:エリック・マクレオド
製作:トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、ケイル・ボイター、ギレルモ・デル・トロ、フェミ・オグンス、ジョン・ボイエガ
監督:スティーブン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーブン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
原作:
撮影:ダン・ミンデル
音楽:ローン・バルフェ
出演:ジョン・ボイエガ(ジェイク・ペントコスト)、スコット・イーストウッド(ネイト・ランバート)、カイリー・スパイニー(アマーラ・ナマーニ)、菊地凛子(森マコ)、チャーリー・デイ(ニュートン・ガイズラー博士)、ジン・ティエン(リーウェン・シャオ)、バーン・ゴーマン(ハーマン・ゴットリーブ博士)、マックス・チャン(チュアン司令官)、アドリア・アルホナ(ジュールス・レジェス)、新田真剣佑(リョーイチ)
人が乗り込み操縦する巨大ロボットのイェーガーと「KAIJU」と呼ばれる巨大モンスターの戦いを描いて話題となったSFアクション大作「パシフィック・リム」の続編。前作を手がけたギレルモ・デル・トロは製作にまわり、テレビシリーズ「Marvel デアデビル」などで知られるスティーブン・S・デナイトが長編映画初監督を務めた。前作でイドリス・エルバが演じたスタッカーの息子ジェイクが新たな主人公となり、前作から10年後、平穏が訪れたと思われた地球に再びKAIJUが現れたことをきっかけに、新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちの戦いを描いた。ジェイク役は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で一躍世界的に知られる存在となったジョン・ボイエガ。共演にスコット・イーストウッド、ジン・ティエン、前作から続投のチャーリー・デイ、菊地凛子ら。日本からは菊地のほか、新田真剣佑がパイロット訓練生のひとりとして登場する。自らの命と引き換えに人類を救った英雄スタッカーを父に持つジェイクは、父とは別の道を歩んでいたが、KAIJUに復讐心を燃やす少女アマーラと出会ったことをきっかけに、義姉である森マコと再会。マコの説得により、一度は辞めたイェーガーのパイロットに復帰することになるが……。

|

« 2018-093M 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」☆☆☆★ | トップページ | 2018-095M 「クワイエット・プレイス」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/66782240

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-094M 「パシフィック・リム アップライジング」☆☆★★★:

« 2018-093M 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」☆☆☆★ | トップページ | 2018-095M 「クワイエット・プレイス」☆☆☆★ »