« 2018-066M 「ラプラスの魔女」☆☆★★★ | トップページ | 2018-068M 「レッド・スパロー」☆☆☆★ »

2018-067M 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」☆☆☆★

Winston 原題:Darkest Hour
邦題:ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
時間:125分
公開:2018-03-30
製作年度:2017
製作国:イギリス
配給:ビターズ・エンド、パルコ
製作総指揮:ジェームズ・ビドル、ルーカス・ウェブ、ライザ・チェイシン
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、リサ・ブルース、アンソニー・マッカーテン、ダグラス・アーバンスキー
監督:ジョー・ライト
脚本:アンソニー・マッカーテン
原作:
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル)、クリスティン・スコット・トーマス(クレメンティーン・チャーチル)、リリー・ジェームズ(エリザベス・レイトン)、スティーブン・ディレイン(ハリファックス子爵)、ロナルド・ピックアップ(ネビル・チェンバレン)、ベン・メンデルソーン(国王ジョージ6世)
名優ゲイリー・オールドマンがイギリスの政治家ウィンストン・チャーチルを演じ、第90回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した歴史ドラマ。チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を、「つぐない」のジョー・ライト監督のメガホンで描いた。第2次世界大戦初期、ナチスドイツによってフランスが陥落寸前にまで追い込まれ、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍が北フランスの港町ダンケルクの浜辺で窮地に陥る中、就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手にヨーロッパ中の運命が委ねられることに。ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、究極の選択を迫られるチャーチルだったが……。チャーチルを支える妻クレメンティーンに「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、秘書エリザベス役に「ベイビー・ドライバー」のリリー・ジェームズ、英国王ジョージ6世役に「名もなき塀の中の王」のベン・メンデルソーン。脚本は「博士と彼女のセオリー」のアンソニー・マッカーテン。アカデミー賞では主演男優賞のほか、オールドマンの特殊メイクを担当した日本人メイクアップアーティストの辻一弘らがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した。

|

« 2018-066M 「ラプラスの魔女」☆☆★★★ | トップページ | 2018-068M 「レッド・スパロー」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/66577299

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-067M 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」☆☆☆★:

« 2018-066M 「ラプラスの魔女」☆☆★★★ | トップページ | 2018-068M 「レッド・スパロー」☆☆☆★ »